就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

体を動かす仕事はどんな職種があるの?仕事を探すポイントや将来性も解説

体を動かす仕事はどんな職種があるの?仕事を探すポイントや将来性も解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「体を動かす仕事って一体何があるの?」と、知りたい方もいるのではないでしょう。

この記事では、体を動かす仕事にはどんな職種があるのか、男女別にオススメの仕事を紹介します。体を動かす仕事のメリット・デメリットや将来性についても解説します。

また、自分だけで就職を目指すのではなく、就職率を上げることができるサービスの紹介もしていきます。 気になった方は、ぜひ最後までご覧ください。

体を動かす仕事にはどんな職種があるの?

体を動かす仕事にはどんな職種があるの?

体を動かす仕事は、大きく分けて以下3つの職種に分けられます。

  • 建設業
  • スポーツ関連
  • 第一次産業

では、それぞれの特徴や仕事内容について解説します。

建設業

建設業は、ビルや住宅などの建築工事や、土地や水路などの土木工事を行う仕事です。施工管理や職人・設計職などが建設業に当てはまり、業務内で体を動かすシーンも多いでしょう。

一つの建物や施設を完成させるため、工程によってさまざまな職種が存在します。肉体的にきついことがあるものの、自分の仕事の成果が目に見えてわかるメリットがあります。他業種よりも成果を実感しやすい仕事と言えるでしょう。

ただ、基本的に建設業はどの職種も業務内で体を動かすことが多いため、人によっては体力的に難しい可能性があるため注意が必要です。

年収ボックスの調査によると、建設業の平均年収は404万円です。肉体的に負担を感じる仕事が多いことから、10代・20代前半から平均年収額を目指せます。インフラ関係の業種であるため、景気に大きく左右されず安定した職を得られるでしょう。

参考元:年収ボックス

スポーツ関連

スポーツインストラクターやライフセーバーなど、体を動かすこと自体が仕事となるケースが多い仕事です。健康意識が高い場合や、一つのスポーツを続けている人に適しています。

スポーツ関連の職種は非常に需要が高い点が特徴です。特にフィットネス業界に関しては、業界全体で盛り上がりを見せています。仕事を通じてスポーツに関わることもできるため、スポーツが好きな人にはメリットの多い職種と言えるでしょう。

ただ、キャリアアップがしづらい点や、体調不良・高齢になると仕事につき続けられないデメリットがあります。休日が不規則になることで、土日・祝日を固定で休むことができないケースも多いでしょう。

また、求人ボックスの調査によると、スポーツインストラクターの平均年収は348万円です。一般職として働く場合は年収をあげづらい傾向にあるものの、資格やスキルを身につけることで給与アップを目指せるでしょう。

参考元:求人ボックス

第一次産業

農業や漁業などの第一次産業は、人々が豊かに生活するためには欠かせない職種であり、生産物を生み出すことで他にはない成果を感じられます。

第一次産業は常に需要のある職種となるため、仕事がなくなる可能性は低いです。しかし、肉体的疲労を感じる傾向が高く、気候状況によっては安定した収入を得られないため、若者離れが進んでいます。

また、求人ボックスの調査によると、酪農の平均年収は348万円です。平均年収が突き抜けて高いことはなく、新たに始めるには時間・コストがかかります。第一次産業に関連する知識・スキルがある場合は適していると言えるでしょう。

参考元:求人ボックス

男女別におすすめの体を動かす仕事の職種

続いては、男女別におすすめの体を動かす仕事について解説します。

男性におすすめの体を動かす仕事

男性におすすめの体を動かす仕事は、大きく分けて以下の3つです。

  • 土木作業員
  • 警備員
  • 引っ越し作業員

それぞれの特徴やおすすめの理由について解説します。

土木作業員

土木作業員とは、土木工事に関連するさまざまな作業を行う仕事です。現場の整理や土地の掘削・資材の運搬などを行います。求められる業務内容は現場によって異なり、工事規模でも実施する作業を進めます。

土木作業員は未経験でも働くことができ、学歴も重視されない点が特徴です。肉体労働がメインとなるため、体力に自信がある男性におすすめの仕事と言えます。業務内容や現場によっては危険が伴うこともあるため、給与は高めに設定される傾向にあります。体を動かし疲労を感じやすい仕事であるものの、取り組んだ分だけ報酬を得られるのは嬉しいポイントでしょう。

しかし、業務は常に外で働くため、夏は暑く・冬は寒い環境下となります。高い体力と徹底した体調管理が求められます。資材の下敷きや高所からの落下など、業務中に危険が伴うことから、身の回りにも気を配る必要があるでしょう。

体力に自信がある場合や重機やトラックの運転ができるなら、土木作業員としてキャリアアップもできるでしょう。

警備員

警備員は男性におすすめの体を動かす仕事です。警備員とは、マンションやオフィスなど特定の建物内で、日中・夜間に不審者が侵入しないよう警備を行います。建物内を歩いて見回ることが多いため、常に体を動かすことになります。

勤務中に不審者と対峙した場合、冷静な判断や周りの施設利用者・関係者を保護することになります。このことから、男性におすすめの体を動かす仕事と言えるでしょう。

また、警備員の仕事はルーティンワークが中心となるため、業務内容は比較的簡単です。体を動かすシーンは多いものの、忍耐力や集中力が求められます。施設などの屋内警備員は天候に左右されないことから、空調の効いた環境で働くことが可能です。

ただし、敬意便として勤務中は施設利用者や関係者からクレームを寄せられることがあります。クレームを適切に処理する能力や自己のメンタルケアが必要です。さらに、ルーティンワークが基本になることで、スキルが身につきづらいデメリットもあります。

毎日の業務中や業務時間外にスキルを磨くことで、キャリアアップを目指せるでしょう。

引越し作業員

引っ越し作業員は、荷物の積み込み・荷下ろし作業など体を動かす仕事です。引越し作業中は段ボールだけではなく、家電屋大型家具など力仕事が求められます。比較的女性よりも作業に適している、男性におすすめの体を動かす仕事と言えるでしょう。

また、引越し作業員は力仕事がメインとなるため、業務を続けることで体力がつきます。梱包作業や顧客との接客作業なども必要となるため、判断力や臨機応変な状況対処能力が身につく点もメリットです。

しかし、仕事を続けるうちに体に負担がかかってしまい、体力的・精神的に疲れてしまう傾向にあります。作業中は顧客の荷物を傷つけないよう運ぶため、プレッシャーを感じながら働くことになるでしょう。引越し作業員として働く際は、体力面だけではなく、プレッシャーに耐える精神力も必要といえるでしょう。

女性におすすめの体を動かす仕事

女性におすすめの体を動かす仕事は、大きく分けて以下の3つです。

  • スポーツインストラクター
  • 保育士
  • 飲食業店員

力仕事が直いとされる男性だけではなく、女性にもおすすめの体を動かす仕事は存在します。それぞれの特徴やおすすめの理由について解説します。

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターは、女性におすすめの体を動かす仕事です。スポーツインストラクターとは、スポーツジムなどで顧客に対してストレッチや器具の使い方をレクチャーし、運動をサポートします。

ジム利用者にレクチャーすることから、勤務中も体を動かすシーンが多いです。どのようなフォームで鍛えると有効なのかなど、利用者の手本となることもあります。

また、近年は女性向けジムも増加しているため、初めてスポーツインストラクターとして働きたいと考えている場合でも、就職先を見つけやすいです。フィットネス業界が盛り上がりを見せているため、非常に需要が高い状態とも言えます。

スポーツインストラクターとして事務のスタッフになれば、施設設備は無料で使えるため、自分自身の運動時も利用可能です。普段から体を動かすことが好きな人なら、おすすめの仕事といえるでしょう。

保育士

保育士は、屋内・屋外ともに体を動かす仕事の一つです。保育士とは、幼稚園や保育園などの施設で働く仕事です。屋内で働くため体を動かさないイメージの多い保育士ですが、常に子供たちの動向へ気を配り活動します。

屋外で子供たちと活動することも多いため、勤務中の大半は体を動かしているといえるでしょう。運動量は多くないものの、子供の体調変化に気を配る必要があるため、精神的な厳しさがあります。

スポーツインストラクターほど体力を消費することがないため、万全な体調で望むことにより無理なく働き続けることが可能です。子供と共に保育士として成長できるため、日々やりがいを感じられます。施設内の男女比率も女性が多いため、体を動かしながらできるおすすめの仕事と言えるでしょう。

飲食業店員

飲食店従業員は、女性におすすめの仕事です。飲食店従業員とは、その名の通りカフェやレストランなどのスタッフとして働くことを指します。業務内容は勤務する店舗によって異なりますが、常に立ち仕事になるため体力を消費します。

回転率の高い店舗であれば、腰を下ろす暇もなくホール内を動き回るため、非常に体を動かす仕事と言えます。臨機応変な対応や周りのスタッフとのコミュニケーションも必要な仕事のため、働きながらさまざまなスキルを身に着けることができます。重い荷物を持ち運んだりする力仕事がないため、女性でも体を動かしながら働くことが可能です。

しかし、客からの要望へ臨機応変に対応したり、長時間勤務すると足腰が痛くなることもあるでしょう。女性で飲食業店員として働く場合は、店舗の忙しさや状況に合わせて勤務日数の調整が必要です。

体を動かす仕事で働くメリット

体を動かす仕事は肉体労働や力仕事と考えられがちですが、男女に関わらず働くことで得られるメリットも多いです。ここでは、体を動かす仕事で働くメリットについて詳しく解説します。

仕事自体が健康維持につながる

体を動かす仕事に就くことで、業務を進めること自体が健康維持につながります。オフィスワークは椅子に座り続けて仕事を進めるため、どうしても運動不足に陥ってしまいます。一方、体を動かす仕事は働くことで、健康に良い影響が期待できます。

例えば、スポーツインストラクターとして働く場合、日頃から運動する習慣のない人でも全身を鍛えることが可能です。プライベートで無理に運動する習慣をつける必要がないため、運動不足を解消できる点は大きなメリットと言えるでしょう。

また、運動不足を解消することで、健康維持につながります。日頃の運動不足を解消したいと考えているなら、体を動かす仕事を選択すると良いでしょう。

充実感や達成感が味わえる

体を動かす仕事は、働きながら充実感や達成感を味わえます。体を動かしながら仕事を進めることで、業務の成果を実感しやすいです。成果物を見た際や仕事がひと段落したタイミングで、疲労だけではなく達成感を得られるでしょう。

デスクワークなどの体を動かさない仕事は、日々業務に従事しているにも関わらず、目の前の仕事をこなすことで精一杯になりがちです。プロジェクトが終了しても、成果を目でみて確認することがないため、達成感を得にくいでしょう。

一方、体を動かす仕事は自分の成果が目に見えてわかるため、充実感・達成感を味わえます。例えば、引越し作業員なら夏場の引越し作業は辛いものの、作業が完了した後は顧客からのお礼などで充実感や達成感を得られる傾向にあります。建設業で働いているなら、施工が完了した建物を見ることで達成感を得られるでしょう。

このように、仕事を通じて充実感・達成感を得られるのは、体を動かす仕事で働くメリットです。

特別なスキル・資格なしで働ける

体を動かす仕事の多くは、特別なスキル・資格なしで働けることが多いです。専門的なスキル・知識が必要な場合、働き始めるまでに時間がかかってしまいます。一方、体を動かす仕事は自分自身が資本となるため、未経験からでも働くことが可能です。

また、難しいスキルや資格が必要ないものの、働き続けることで身につけられるケースも多いです。例えば、引越し作業員なら大型車の運転免許証、向上であればフォークリフトなどの特殊重機の操作などが挙げられます。

業務に必要な内容であれば、入社後に資格取得を支援してくれることがあります。金銭面のサポートだけではなく、すでに資格を保有した先輩スタッフからアドバイスを受けることもできるでしょう。

これらの獲得したスキルや知識は、体を動かす仕事以外にも応用可能です。別の仕事へキャリアアップを考えている場合でも、大きなメリットと言えるでしょう。

業種によっては資格取得を目指せる

前述の通り、体を動かす仕事に就くことで、業種によっては資格取得を目指せます。資格を取得することで仕事の幅を広げることができ、仕事を辞めてもキャリアアップが可能です。

業種によっては資格を取得することで「資格手当」と呼ばれる、給与とは別の報酬を獲得できます。毎月の給与を上げることで、年収アップも目指せるでしょう。

ただし、体を動かす仕事の中には資格がなければ働けないこともあります。保育士などは、あらかじめ資格を取得していなければ、就職することができません。体を動かす仕事で働きたい場合は、事前にどのような資格・スキルが必要なのか確認しておくと良いでしょう。

体を動かす仕事で働くデメリット

体を動かす仕事には運動不足解消や達成感を得られるなどのメリットがある一方で、働くことによって発生するデメリットがあります。続いては、体を動かす仕事で働くデメリットについて解説します。

体調不良や高齢化で働けないリスクがある

体を動かす仕事は、働くだけで健康維持に繋げることができます。しかし、体調不良や自分自身の年齢が高齢になると、これまで通りに働けない可能性があります。例えば、引越し作業員として働いている場合、作業中に腰を痛めてしまうと、今後体を動かす仕事につけない可能性もあるでしょう。

デスクワークや比較的体を動かさない仕事であれば、高齢になっても働き続けることが可能です。一方、20代〜40代までは問題なく働けていたとしても、50代〜60代など高齢化に伴い働けなくなることも考えられます。

体を動かす仕事は自分自身が資本となるため、若いうちに働きすぎたり無理しすぎたりすると、体調不良によって仕事を続けられなくなるため注意しましょう。高齢化しても健康に体を動かすためには、定期的なストレッチやマッサージが重要です。

仕事がきつい場合などは、休日に疲労回復を重点的に行うと良いでしょう。意識して体を労わることにより、健康的に仕事を続けられます。

ルーティンワークの場合はスキルアップが難しい

体を動かす仕事は、ルーティンワークとなるケースが多いです。ルーティンワークは仕事を比較的早く覚えられるメリットがあるものの、スキルアップが難しいデメリットも考えられます。

体を動かす仕事は業務を覚えるまでに時間がかかる一方で、クリエイティブ職はマニュアルではなく創造性や発想力が重要です。マニュアルが完備された中で成果物を生み出すことは達成感や充実感を得られますが、高いスキルを身に付けるには難しいでしょう。

体を動かす仕事でスキルアップを目指す場合は、勤務時間外に自己学習へ時間を割くことが重要です。ルーティンワークで新たなスキルを身につけられないと感じた場合は、積極的に新たな知識・技術を身につけられるように行動すると良いでしょう。

多くの働き方が労働集約型になる

体を動かす仕事の多くの働き方は「労働集約型」です。労働集約型とは、事業活動の労働力を人的資本によって補う働き方のことを指します。例えば、飲食店従業員や建設業は、人的資本がなければ、事業を続けることはできません。

人材は企業にとって非常に重要な部分ですが、労働集約型は賃金が低い傾向にあり、比較的労働時間も長いです。労働集約型は一人ひとりの生産能力が低い傾向にあるため、得られる賃金が低くなります。

また、労働集約型の事業内容によっては、成果物を生み出すために労働時間が長くなります。クリエイティブ職に比べると、労働環境や時間・得られる賃金はデメリットと言えるでしょう。

体を動かす仕事を探すポイント

体を動かす仕事は数多く存在していますが、探す際はポイントを抑える必要があります。効率よく就活を進めなければ、時間や労力がかかりすぎる可能性が高いです。具体的に体を動かす仕事を探すポイントは、以下の通りです。

  • 自分に向いた仕事内容かどうか
  • 仕事を継続的に続けられる体力があるか
  • 体を動かす仕事に関連するスキルや資格を保有しているか
  • 関連する職種で働いていた経験があるか
  • 周りのスタッフと円滑にコミュニケーションを取れるか

上記のように、体を動かす仕事に適性があるのか事前に確認しておきましょう。体を動かす仕事は資格やスキルを保有していない場合でも比較的就職しやすいものの、適性がなければ続けられません。

特に仕事を続けられる体力や周りのスタッフと円滑にコミュニケーションを取れるかなど、一定の能力が必要です。体を動かす仕事は自分自身の体が資本となるため、体力がなければ健康的に仕事を続けることはできません。

体を動かす仕事を探すポイントを把握しておくことで、スムーズに就職を目指せるでしょう。

体を動かす仕事に将来性はあるの?

体を動かす仕事は、特別なスキルや資格を保有していない場合でも就けるメリットがあります。比較的始めやすい仕事であるものの「体を動かす仕事に将来性はあるの?」といった疑問が出てくるでしょう。

体を動かす仕事は労働集約型となるため、スキルアップしなければ将来性は低い可能性があります。そのため、体を動かす仕事は代替されやすい業種と言えるでしょう。

また、体を動かす仕事自体がなくなる可能性は低いものの、スキルや専門的な知識がなければ働き続けるのは難しいでしょう。単純に労働力のみを資本とする場合は、AIなどに代替されてしまいます。

体を動かす仕事に就き続けるためには、独自性や専門的な知識を身につけるようにしましょう。

多くの体を動かす仕事はAIに代替されてしまう

前述の通り、多くの体を動かす仕事はAIに代替されてしまう可能性があります。例えば、建設業などは多くの従業員が資材を運んだり、大工や左官などの業務サポートがメインです。このことから、近い将来にはAIを搭載した機器に代替されてしまうでしょう。

実際にオックスフォード大学などの調査結果によると、2030年には日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能になると試算されています。およそ半数の仕事は、単純作業やルーティンワークなど、比較的AIが対応しやすい誰でもできる仕事です。

もちろん、体を動かす仕事の中でもスポーツインストラクターや第一次産業などは、AIに代替される可能性は低いです。しかし、動画配信プラットフォームの登場により、専門性や独自性のないコンテンツは視聴者から興味を持たれることはありません。

将来性を保つためにも、自分の向いている仕事を選択し、スキルアップを目指す必要があるでしょう。

参考元:NRI 未来創発センターが「“2030 年”から日本を考える、“今”から2030 年の日本に備える。」

参考元:エス・ジャパン『ミドルの転職』コンサルタントアンケート集計結果

自分の得意・向いている仕事を探す必要がある

将来性のある仕事に長期的に就き続けるためには、自分の得意・向いてる仕事を探す必要があります。しかし、「自分の得意・向いてる仕事が何かわからない」と考える人も多いでしょう。

このような場合は、自己分析がおすすめです。自己分析とは、客観的に自分の強み・弱みを分析し、どのような業界・仕事内容が向いているのかを判断する手法です。仕事に関する適性を把握することで、スムーズに働きやすい職場を探せます。

ただし、自己分析は客観的に自分を分析するため、正しい方法や主観が混じると判断できません。自己分析や向いている仕事を見つけ出すことに不安を感じているなら、就職エージェントを利用してみましょう。

就職エージェントでは、自己分析や履歴書の書き方・面接対応までサポートしてくれます。初めて就職活動を実施する場合でも、何から始めればいいのか相談に乗ってくれるため、安心して就活を進められるでしょう。

就職カレッジ®を利用して得意な仕事にチャレンジ

就職エージェントを利用することで自己分析や初めての就活にチャレンジできるものの「就職エージェントが色々ありすぎて、どれを選べばいいのかわからない」と悩んでいる人も多いでしょう。

就職エージェント選びに悩んでいる場合は「就職カレッジ®」の利用がおすすめです。就職カレッジ®は社会人未経験や第二新卒に特化した就職エージェントで、専任のアドバイザーが就活をサポートしてくれます。

また、就職カレッジ®は上場企業がサービスを運営しているため、安心してサポートを受けられます。そのほかにも、無料の就活講座や就職後も手厚いサポートを実施しているため、始めて就職エージェントを利用する人でも、希望する就職先の泣いて威嚇を徳を目指せるでしょう。

では、就職カレッジ®のおすすめポイントを3つ解説します。

高い就職成功率を誇る

就職カレッジ®の就職成功率は80%以上です。一般的なフリーター・既卒の就職成功率は、約34.4%ですが、就職カレッジ®を利用した場合、就職成功率は約2倍となります。未経験者が多い中でも、80%以上の就職成功率は、非常に高い数値と言えるでしょう。

また、就職カレッジ®を利用している人の中には、フリーターや第二新卒・未経験者など、さまざまな背景があります。どのような状況でも就職を成功できる点は、就職カレッジ®を利用するメリットと言えるでしょう。

参考元:2020年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

上場企業がサービスを運営

就職カレッジ®は、上場企業の株式会社ジェイックが運営しています。ジェイックでは、「企業のホームドクター、人材のメンターとなり、人と組織の限りない可能性に貢献し続ける」というミッションを掲げているため、初めて就職エージェントを利用する人でも親身なサポートを心がけています。

近年、さまざまな企業が就職エージェントサービスを展開していますが、どのような企業が運営しているのかわからなければ、純粋にサポートを受けられないでしょう。しかし、就職カレッジ®は、安心・安全に就活を進められます。

就職後も手厚サービスを受けられる

就職カレッジ®は、就職に成功した後の約1年間もサポートを継続しています。就職エージェント業界の中では異例の長さを誇っており、就職後も不安や疑問点を相談可能です。

また、定期的に新入社員に特化したセミナーを開催しています。社会人としてのマナーや覚えておくべきポイントなどを学べるため、他の社員よりもスキルアップした状態で、仕事へ臨むことができるでしょう。

まとめ

体を動かす仕事にどんな職種があるのか、男女別にオススメの仕事を解説しました。

体を動かす仕事は、特別なスキルや資格が不要で、健康状態を維持しながら働き続けられるメリットがあります。ただし、労働集約型であり、ルーティンワークが多いことから、近い将来AIに代替されるリスクがあります。

将来性のある仕事につきたい場合は、就職エージェントの利用がおすすめです。特に就職カレッジ®では、専任アドバイザーが自己分析から、企業研究・面接対応までサポートしてくれます。就職カレッジ®を利用して、就職にチャレンジしてみましょう!

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等