就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

ネットで始められる仕事とは?メリット・デメリットや始める方法を解説

ネットで始められる仕事とは?メリット・デメリットや始める方法を解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

ネットで始められる仕事って何かあるの?ネットで始められる仕事に就きたいけど、自分でもできるのか心配…。」と悩んでいる方も多いと思います。

この記事では、ネットで始められる仕事の種類やメリット・デメリット、ポイント・具体的な方法を解説します。

更に、自身だけでネットで始められる仕事に就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。

この記事を読んで、就職を勝ち取りましょう!

ネットで始められる仕事とは?

ネットで始められる仕事とは?

ネットで始められる仕事とは、その名の通り、インターネットを利用したビジネス全般を指します。ブロガーやフリーライター・プログラマーなど、ネットで始められる仕事は多岐にわたります。

パソコンとインターネット環境があれば誰でも始められるため、副業として挑戦する人が増えています。また、近年は大手企業も副業を解禁し始めたため、ネットで始められる仕事は注目を集めています。

さらに、ネットで始めた仕事のスキルを磨いていけば、副業として活動していた内容を専業とすることも可能です。個人事業主や起業すれば、これまでの給与以上に稼ぐこともできるでしょう。

ネットで始められる仕事の種類

ここではネットで始められる仕事を14つ紹介します。それぞれに求められるスキルは異なりますが、パソコンとインターネットがあれば誰でも始められます。興味がある方はぜひ、紹介している仕事に挑戦してみてください。

文字起こし・データ入力

文字起こし・データ入力とは、あらかじめ提示された商品情報や住所をパソコンで入力する仕事です。主にクラウドソーシングサイトで仕事が募集されており、パソコンが利用できれば特別なスキルは必要ありません。

ネットで仕事をしたことがない初心者でも、比較的始めやすい仕事と言えるでしょう。また、正確で速いタイピングが可能であれば、数をこなすことで大きな金額を稼ぐことが可能です。

文字起こしの場合はデータ1本を報酬としており、商品や住所をエクセルなどに入力する場合は、1入力1円〜3円が相場になります。各種クラウドソーシングサイトで様々な企業が募集しているため、ネットを利用した仕事で稼いだ経験がない場合はおすすめの仕事と言えるでしょう。

ブロガー

ブロガーとは、自身が運営するブログの広告やアフィリエイトを中心に稼ぐ仕事です。自分の趣味や興味がある内容をブログに投稿し、広告を表示させることで収入を得られます。無料ブログやWordPressを利用してブログを立ち上げて、記事を投稿するだけで始められます。

また、WordPressを利用してブログを立ち上げた場合でも、1ヶ月にサーバー・ドメイン料併せても数千円程度しか費用がかからないため、コストを抑えて始められる仕事と言えるでしょう。

ブログの閲覧数が増加し、記事内で紹介しているアフィリエイト商品・サービスが売れるほど収入を増やせるため、コツコツと記事を描き続けられる人におすすめです。

ブロガーとして活動している人の中には、毎月数百万円単位の広告・アフィリエイト収入を得ているケースもあります。しかし、継続的なコンテンツの作成や競合よりも検索順位が上がらなければ閲覧数を増やすことはできません。

ブロガーは成果が出るまでに時間がかかるため、長期的な運用を心がけましょう。

フリーライター

フリーライターとは、企業に属すことなくWebメディアや電子書籍でライティングを行う仕事です。依頼された内容に対して適切なリサーチを行い、文章を執筆できればすぐに始められる仕事です。

パソコンがあればスムーズに執筆できますが、保有していない場合はスマホからでも対応できます。各種クラウドソーシングサイトでは、様々なジャンルのライティング依頼を募集しており、未経験でも対応できる案件が数多く存在します。

また、ライティング依頼は1文字1円や3円など、文字単価で報酬が決められるケースが多いです。クラウドソーシングサイトで実績を積むほど、文字単価の高い案件を獲得できる傾向にあります。

さらに、インターネットとパソコンがあればどこでも働けるため、自分のペースで仕事を進めたい人におすすめの仕事と言えるでしょう。

Webデザイン

Webデザインとは、ホームページやLPのデザインを行う仕事です。プログラミングスキルとデザインソフトを使用できれば、基本的に在宅で仕事を進められます。企業に入社してスキルや経験を積めば、フリーのWebデザイナーとして活動も可能です。

また、Webデザイナーの平均年収は337万〜440万円となり、安定した収入を得られます。ただし、年収を高めるためには、基本的なプログラミングスキルだけではなく、他にはないデザイン性やSEOに関する知識が求められます。

デザインに興味があり、在宅を中心に働きたいと考えているばあはおすすめの仕事と言えるでしょう。

引用:求人ボックス

プログラマー

プログラマーとは、仕様書をもとにWebサイトやシステムのコードを記述する仕事です。複数のプログラム言語に関する知識やコーディング技術が必要とされますが、IT化が進む昨今においてはなくてはならない仕事と言えるでしょう。

近年はインターネット環境があれば対応できる環境が整ってきたため、在宅でも仕事が可能です。対応できるプログラム言語が複数ある場合や高いプログラミングスキルがあれば、大きく収入を伸ばすことができます。

しかし、プログラム言語やデータベース開発に関する技術の取得は容易ではありません。実務環境に対応できるようになるには、長期的に知識・スキルを身につける必要があります。コツコツとプログラムに関する学習を続けられる場合や、在宅で仕事をしたい人におすすめの仕事です。

イラストレーター

イラストレーターとは、雑誌や書籍・ポスターのイラストを作成する仕事です。企業に入社する場合やフリーで活動するなど、様々な働き方があります。基本的にクライアントから依頼されたデザインを作成するため、打ち合わせや作業などは在宅で行います。

また、デザインを作成する際はIllustratorやPhotoshopなど、専用ソフトを利用するスキルが必要です。イラストレーターの平均年収は267万〜356万円となり、スキルによって変動します。

クラウドソーシングサイトにて数多く案件が掲載されているため、副業としても始められます。ただし、ポートフォリオがなければ採用してもらえる可能性が低いため、あらかじめ制作物を用意しましょう。イラストレーターは、イラストや絵を描くのが好きな人におすすめの仕事です。

引用:求人ボックス

動画編集

動画編集とは、クライアントから依頼された動画を要望通り編集する仕事です。近年はYouTubeをはじめとする動画の需要が高まったことにより、動画編集は人気を集めています。

また、動画編集はパソコンと動画編集ソフトがあれば、場所を選ぶことなく仕事が可能です。しかし、動画編集は一定以上の編集スキルが求められるため、仕事を受注するまでの難易度が高いです。

基本的なパソコン操作はもちろんのこと、動画編集ソフトを使用できる必要があるため、始めた当初は稼ぐのは難しいでしょう。

編集した動画をインターネット上にアップすることで、視聴者からの反応を得られます。自分の編集した動画を見てもらいたいと考えている場合は、おすすめの仕事と言えるでしょう。

SNS運用

SNS運用とは、SNSアカウントを運用して収入を得る仕事です。フォロワーが多ければ企業からPR案件を獲得できます。案件の報酬は1フォロワーにつき約1円とも言われており、フォロワー数が多いほど収入を得られます。

個人でもSNS運用を行い、インフルエンサーとしてアカウントのフォロワー増加やPR案件を獲得できれば、コストをかけることなくスマホだけで数十万円の収益を得られるでしょう。

ただし、誰でも簡単にフォロワーを増やすことはできません。継続的な投稿の作成、魅力的なコンテンツを提供しなければ、獲得したフォロワーも減少してしまいます。

そのため、魅力的なコンテンツを作成し続ける継続力がある人や自分の好きなことや趣味を発信したいと考えている場合は、SNS運用はおすすめです。

オンラインサロンの運営

オンラインサロンの運営とは、有料会員制のコミュニティを運営する仕事です。自身が保有する知識やノウハウをコミュニティ内で発信することが主な業務内容となり、他では発信できない内容も共有できます。

また、基本的には有料のコミュニティとなるため、メンバーの数だけ一定の収入を得られます。オンラインサロン専用のサービスを利用すれば、コストをかけることなく運用できる点もメリットと言えるでしょう。

しかし、オンラインサロンを運営するためには、ある程度自分が提供するコンテンツやスキルに興味を持っているユーザーを獲得する必要があります。そのため、荒なにがじめSNSを中心に知名度を高める必要があります。

外部では話せない知識やコンテンツを発信したいと考えている場合、オンラインコミュニティの運営は最適と言えるでしょう。

ハンドメイド制作・販売

ハンドメイド制作・販売とは、オリジナルの作品を販売する仕事です。趣味で作成したハンドメイド商品をネットショップやフリマサイトを中心に販売するため、在宅で好きな時間に始められます。

得られる報酬はハンドメイド作品の質や量によって変動します。ハンドメイド作品に興味を持っているユーザーが多ければ、安定した収入を得られます。ただし、ハンドメイド作品は必ず売れるわけではありません。

購入してくれるユーザーがいなければ、自宅に貯まっていく一方です。そのため、作品には一定以上のクオリティが求められます。ハンドメイドは手先が器用で一人で黙々と作品を作り続けられる場合は、最適な仕事と言えるでしょう、

ECサイト運営

ECサイト運営とは、インターネット上に自分のオンラインショップを開設し、商品を販売する仕事です。外部から仕入れた商品を得る場合や、自分で制作した商品を販売する方法があります。

近年は、無料でオンラインショップを開設できるサービスが登場しているため、コストをかけることなく在宅でECサイト運用が可能です。しかし、ハンドメイド同様に商品が売れなければ利益は得られません。

WebサイトやSNSを活用して、ユーザーをECサイトに流入させる必要があります。自分で作成した商品を多くの人に販売したいと考えている人は、おすすめの仕事です、

せどり

せどりとは、商品を安く仕入れてオンラインショップやフリマアプリで販売する仕事です。実店舗やオンラインショップで気になる商品を仕入れて、仕入れ値より高く売るだけで利益を得られます。

また、好きな時に仕入れて、売れるのを待つだけ良いため、労力や時間を使わない点がメリットです。一方、仕入れた商品がなかなか売れない場合、仕入れ値よりも安く売らなければいけないケースがあるため注意しましょう。

せどりは、自分のペースで仕事を進めたいと考えている人におすすめの仕事です。

投資・FX

投資・FXとは、株式会社や為替に投資して資産を得る方法です。投資は国内・海外の株を購入して、販売することで利益を得ます。FXでは、各国の通貨を購入して、販売差益や金利を中心に利益を獲得します。

基本的に株式や通貨を購入した後は、購入時の価格よりも値上がりするのを待つだけですので、隙間時間で簡単に始めることが可能です。ただし、購入した株式や通貨が値下がりすると、資産が減少してしまいます。

初めて投資・FXを行う場合は、余剰資金で実施するようにしましょう。長期的に資産を増やしたいと考えている場合は、投資・FXがおすすめです。

ネットで仕事を始めるメリット

様々な種類があるネットで始められる仕事ですが、実際に始めるメリットはあるのでしょうか。ここでは、ネットで仕事を始めるメリットを4つ解説します。

場所を選ばず働ける

ネットで始められる仕事は、基本的に場所を選ぶことなく働けます。サービス業や営業職の場合、顧客と対面する仕事となるため、働く場所が限定されます。一方、ネットで始められる仕事は、インターネット環境とパソコンがあれば、オンラインで仕事を完結可能です。

オフィスやクライアント先まで外出することなく、オンライン上で仕事を済ませられる点は大きなメリットと言えるでしょう。また、子育てで外出できない主婦や外出でも仕事をしたいと考えている場合、ネットで始められる仕事が最適です。

服装・髪型が自由

ネットで始められる仕事は、服装や髪型に制限がありません。直接クライアントと対面する必要がないため、自由な服装・髪型で仕事ができます。スーツを着て仕事をする必要がないため、リラックスした状態で業務を進められます。

ただし、ネットで始められる仕事の中には、オンライン会議などで同僚や上司・クライアントと顔を出して話すことがあるため、奇抜な格好や髪型に変更するのは控えた方が良いでしょう。

特別なスキル・資格は必要ない

ネットで始められる仕事の中には、特別なスキル・資格が必要ないケースがあります。例えば、ブロガーや文字起こし・データ入力などは、パソコンとインターネット環境があれば、誰でも始められます。

特定の仕事をこなすことで、自然と知識・スキルを身につけられるため、初心者でも取り組みやすいと言えるでしょう。ただし、プログラマーやWebデザイナーなど、ネットで始められる仕事の中にも、特別なスキルが必要な場合があります。

実務だけをこなしていてもキャリアアップできないケースがあるため、継続的な学習を行い、新たな知識やスキルを身に着けることが重要です。

人間関係のストレスが減る

会社に勤めている場合、苦手な同僚や上司と顔を合わせて業務を進める必要があります。一方、ネットで始められる仕事は、クライアントと直接契約して仕事を進めるため、人間関係のストレスを減らせます。

仕事の量や内容に関しても、自分自身で選択できます。さらに、ブログやネットショップなどは、特定のクライアントを持つことがありません。人間関係に悩んでいる場合は、ネットで始められる仕事を検討してみてください。

ネットで仕事を始めるデメリット

ネットで始める仕事は、場所を選ばず人間漢検のストレスを減らしながら働けます。しかし、デメリットやリスクが存在します。続いては、ネットで仕事を始めるデメリットを3つ解説します。

インターネットにトラブルが生じると仕事ができない

ネットで始められる仕事は、在宅でも業務を進められますが、インターネットにトラブルが生じてしまうと、仕事ができなくなります。インターネット回線に関するトラブルは利用者だけでは対応が難しく。プロバイダによる復旧を待つしかありません。

そのため、新たにインターネットが接続できるエリアやオフィスに出社する必要があります。インターネットにトラブルが発生する可能性はどのプロバイダにもあるため、デメリットと言えるでしょう。

自己管理能力が必要

ネットで始められる仕事は、クライアントから提示された納期までに成果物を提出するケースが多いです。つまり、自分自身でスケジュールを管理して仕事を進める、自己管理能力が必要です。

特にクライアントと顔を合わせることなく、メッセージだけでやり取りするクラウドソーシング経由の案件は、返信や納期厳守など基本的なマナーが非常に重要です。

自己管理能力がなければ継続して仕事を獲得できない可能性があるため、スケジュール管理が苦手な方にとってはデメリットとなります。

稼ぐまでに時間がかかる

ネットで始められる仕事は、すぐに成果や収入が発生する可能性が低いです。会社やアルバイトの場合、仕事のクオリティに関わらず、出勤した日数分の給与が支払われます。

一方、ネットで仕事を始めた当初は、収入が発生しない場合や工数と利益が見合わないケースが多いです。継続的に案件をこなして、実績を積む必要があります。

特に最初の内は稼ぐまでの時間と工数が見合わないことから、挫折してしまう人が多いです。すぐに稼ぎたいと考えている場合、ネットで始められる仕事はデメリットと言えるでしょう。

ネットビジネスを始めても収益が発生しない期間は、精神的なダメージが大きいです。そのため、いきなり専業でネットの仕事を始めるのではなく、会社員として働きながら副業で始めることが重要です。

ネットで仕事を始める際のポイント

インターネット環境とパソコンを用意しただけでは、仕事を始めることはできません。ポイントを把握しておくことで、効率よくネットから収入を得られます。ここでは、ネットで仕事を始める際のポイントを3つ解説します。

継続力が必要

ネットで仕事を始める際は、継続力が非常に重要です。基本的にネットビジネスは成功までに時間がかかるため、コツコツと継続して実績を積み重ねる必要があります。例えば、ブログを始めた場合でも、継続的にコンテンツを発信しなければ、ページビューの増加や商品が売れることはありません。

まずは1日数分だけでも、ネットビジネスを続けましょう。本業の合間に少しでも時間を作って継続することで、成功に繋げられます。

常に勉強し続ける

ネットで仕事を始める際は、常に新たな情報やスキルの勉強をし続けることが重要です。ネットビジネスはインターネット環境とパソコンがあれば始められるものの、収入を増やすためには他の人材との差別化が必要になります。

ライターの場合、ただ依頼された内容を執筆するのではなく、SEOライティングについて学ぶことで、対応できる案件の幅が広がります。スキルアップや収入増加を目指す場合は、常に勉強し続けることで、クライアントから求められる人材になれるでしょう。

稼ぎ始めると確定申告が必要

ネットで仕事を始めた後、収益が発生した場合は確定申告が必要です。年収1,000万円以下で会社員をしている場合、副業収益が年間20万を超えると確定申告を行いましょう。また、主婦の場合でも副業所得が38万円を超える場合は確定申告が必要です。

ネットビジネスが軌道に乗り始めると、稼ぐことに集中してしまい確定申告を忘れてしまいがちです。一定所得を超えているにも関わらず確定申告を忘れてしまうと、追加で税金を支払うことになります。

会社員でも個人事業主として開業すれば、控除や経費を利用できます。年間でどの程度ネットビジネスで収益が発生しているのか確認して、確定申告に備えておきましょう。

ネットで仕事始める方法

続いては、実際にネットで仕事を始める方法について解説します。

独学で始める

パソコンとインターネットがあれば、誰でもネットで仕事を始められます。特別なスキルや資格を用意する必要もないため、経験がない場合は独学で始めると良いでしょう。例えば、Webデザイナーを始めたい場合、書籍やインターネット上の情報をもとにプログラミングを学習し、クラウドソーシングサイトで仕事を獲得できます。

ネットで始める仕事に学歴は関係ありません。クライアントから求められた成果物を納品することが最も重要なことであるため、スキルを独学で身につけたとしても問題ありません。会社に勤めている人でも、副業として仕事を始めることが可能です。

いきなり会社を辞めてネットビジネスを始めてしまうと、案件数や収入面でのリスクが大きいため注意が必要です。初めは小さくても、ビジネスが成功すれば徐々に規模を拡大できます。

ただし、会社によっては副業を許可していないケースや公務員のように禁止していることがあるため、ネットで仕事を始める前に確認しておきましょう。

専門スキルを身につける

専門スキルを身につけてから、ネットで仕事を始める方法があります。始めるために特別なスキルを必要としませんが、継続的な案件獲得や収入アップを目指す場合は、専門性の高いスキルが求められます。

例えば、Webデザイナーとして活動したい場合、htmlやcssなどの基本的なプログラム言語の知識が必要です。全く知識・スキルがない状態では、仕事を受注することもできません。

そのため、独学やWebデザインのスクールに通って専門スキルを身に着ける必要があります。基礎的な知識だけではなく、JavaScriptや他のプログラム言語を使用できれば、対応の幅を広げられることが可能です。

しかし、専門スキルを身につけるまではネットビジネスで稼ぐことは難しいため、正社員として働きながらスキルを高める方が効率的です。 ネットで仕事を始めたいと考えている場合は、会社員として就職してからチャレンジすると良いでしょう。

就職カレッジを利用して正社員へ就職しよう

ネットで始められる仕事は、場所や時間に縛られることなく、パソコンとインターネット環境だけで稼ぐことができます。しかし、安定した収入や継続的に案件を獲得するためには、一定以上のスキルを身に着けることが重要です。

いきなりネットビジネスに取り組んだとしても成果が出ずに、挫折してしまう可能性があるため、一般企業に就職してから始めてみましょう。

一般企業に就職を検討している場合は、就職カレッジの利用がおすすめです。就職カレッジは20代に強い就職サポートを提供しているサービスです。フリーター・第二新卒など、就職に特化しているため、社会人経験がない場合でも、安心して利用できます。

また、就職成功率が高く、支援実績も豊富に存在します。専任アドバイザーが就職に関するサポートを実施するため、就活経験がない場合でも問題ありません。下記にて、就職カレッジのおすすめポイントを解説します。

社会人経験がなくても安心

就職カレッジは社会人経験がないフリーターや第二新卒に特化したサービスを提供しているため、初めて利用する方でも安心です。サービス登録後すぐに、専任のアドバイザーが自己分析や企業選び・面接対策をサポートします。

また、就職カレッジのサービスは無料となるため、コストをかけることなく就活が可能です。取扱求人は全て正社員となり、非正規雇用の求人を紹介することはありません。正社員として就職を目指している方にとって、最適なサービスと言えるでしょう。

無料の就職講座を提供

就職カレッジでは、定期的に無料の就職講座を提供しています。講座内ではビジネスマナーや履歴書の添削・面接対策を実施します。就職に特化した講座を提供することで、就職カレッジは80%以上の内定率を実現しています。

また、就職カレッジでは未経験者を採用したい優良企業による、集団面接を開催しています。書類選考なしで面接まで進めるため、最短2週間で内定を獲得可能です。集団面接を実施する企業は、就職カレッジの運営元であるジェイックが訪問取材をしているため安心して働けます。

就職後も手厚いサポートあり

就職カレッジでは、就職後も専任アドバイザーによるサポートが存在します。いつでも悩みを相談できるため、仕事に関する不安を解決可能です。また、新入社員向け無料講座も開催しています。

無料講座では実用的なビジネススキル・マナーを学べるため、現場で有効活用できます。就職支援サービスの中でトップクラスに長い1年超のサポート体制を提供しているため、入社後も充実した生活を過ごせるでしょう。

まとめ

以上、ネットで始められる仕事の種類やメリット・デメリット、ポイント・具体的な方法を解説しました。

ネットで始められる仕事はパソコンとインターネット環境を用意すれば、いつでもどこでも進められます。また、ネットで始められる仕事には、様々な種類が存在しており、特別なスキルや経験は必要ありません。

しかし、ネットで始められる仕事はすぐに成果や利益が発生しないため、継続力と学習が必要です。そのため、ネットビジネスを始める際は、一般企業に就職して、副業として始めると良いでしょう。

フリーターや社会人経験がない方で就職を目指す場合は、就職カレッジの利用がおすすめです。就職カレッジは第二新卒やフリーターなどに特化した就職サポートを提供しているため、始めて就活を行う人でも安心です。

この記事で、ネットで始められる仕事の種類やメリット・ポイントを把握し、就職カレッジを利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等