就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

ニートやめたい人がやるべき行動!3つの選択肢やおすすめの方法も紹介

ニートをやめたい人がニートを辞めるメリット5選【辞める方法も解説】
ニートFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

ニートという現在の状況を抜け出すために行動されている方もいます。しかし、行動するきっかけや何をすればいいのかわからない方も多くいます。この記事ではニートを辞めたいと考えている方にニートを辞めるきっかけづくりやニートを辞めるための行動について解説していきます。

ニートをやめたいときに最初にやるべき行動

ニートを辞めるには早めに行動しよう

ニートをやめる際に1人で何かを行おうとすると、何からすればいいのか分からずに、結果行動を起こさないということが起きることがあります。

なので、何をすればいいのかわからずに迷っている方にはまずした方が良い行動について紹介・解説します。

友人や親に相談する

ニートをやめたいを考えている方は、友人や親などの身内に相談することをおすすめします。

理由として、下記のような理由があります。

  • 相談がしやすい
  • 自分の現在の状況を分かっている
  • コミュニケーションをとりやすい

実際にニートをやめる一歩を踏み出そうとしていても、相談できる人がおらず、ニートに逆戻りする方もいるため、相談することが大切です。

更に、コミュニケーションは多くの方の苦手意識になっているので、まずは身近な人からコミュニケーションをとることをおすすめします。

ハローワークや就職エージェントに相談する

ハローワークや就職エージェントでは、身内の相談とは違い、的確なアドバイスや現在の就職状況について聞くことができます。

特にニートの就職に強いエージェントでは、ニートの就職に特化した専門のアドバイザーにアドバイスをもらうことができるので、より自信を大きな一歩を踏み出すことができます。

この記事を書いているジェイックでは、「就職カレッジ」という社会人経験がない方に特化した就職エージェントを行っております。興味のある方は是非参考にしてみてください。

仕事や求人について調べる

ニートやめたいときは知識を身に着けることも重要です。

仕事について調べる中で、自分が思っていた仕事内容と違う場合などもあるため、

苦手意識などがある仕事でもしっかり調べる必要があります。

他にも、条件や給与などについても調べる必要があります。

これらは離職理由に上がりやすいので、気をつけていきましょう。

ニートの就職について実際は就職できるのか

ニートで正社員になることは可能です。

理由は以下の通りです。

  • ポテンシャル採用を行う会社が増えている
  • 若手の育成に力を入れている会社が増えている

特にポテンシャル採用を行う会社が増えているため、「仕事をしたいけど、未経験なので不安」という方も採用される会社が多くなっています。

しかし、就職は可能ですが、行動をしないことにはニートをやめることはできません。

ニートをやめることでどのようなメリット・デメリットがあるのかについて次で解説しています。

ニートをやめるメリット・デメリット

ニートを辞めるメリット

ニートをやめることで、メリットの他にもデメリットなどもあります。

ここでは代表的なメリット・デメリットについて解説します。

ニートをやめるメリット

ニートをやめるメリットとしては下記のとおりです。

  • 就職して稼げるチャンスが広がる
  • 自信がつく
  • 夢に向かって歩き出せる

ニートをやめるメリットの共通点として、今後の自分に自信が持てるようになることが挙げられます。自分のしたいことなども挑戦するきっかけをつくることができるので、ニートをやめたいと考えている方は参考にしてください。

ニートをやめるデメリット

ニートをやめるデメリットとしては下記のとおりです。

  • 今の生活に不便がない
  • 社会に対して恐怖感がある
  • 人間関係が怖い

ニートをやめるデメリットの3つの共通点として、現在の状況に慣れているなどの理由があります。

ニートをやめて就職する上で、ニートの生活に慣れてしまうと就職しても長続きがしないなどの欠点があります。

ニートの生活を抜け出すためにも規則正しい生活をするなどのきっかけが重要なので、できることから試していきましょう。

ニートをやめる方法3選

ニートを辞める方法

ニートをやめる方法は以下の3つです。

  • フリーターになる
  • 派遣社員になる
  • 正社員として就職する

以下で詳しく解説します。

フリーターになる

生活リズムが整ったら、まずはフリーターになってみるのもおすすめです。とりいそぎ、下記のメリットがあります。

  • 社会に参加している自信がつく
  • 親の目が気にならなくなる
  • 友達とも会いやすくなる

いきなり正社員に就職する自信がない人は、フリーターから慣らしていくと良いでしょう。

フリーターとして働いた際のメリット

フリーターには、他にも下記のメリットがあります。

  • ニート期間があっても採用されやすい(非正規雇用のため)
  • 責任ある仕事が少ない
  • フルタイムで働かなくてもいい

正社員や派遣社員と比べて、仕事の自由度などが高いことが特徴してあげられます。

他にも責任のある仕事が少ないので、好きな仕事などから徐々に社会復帰する方法もあります。

フリーターとして働いた際のデメリット

フリーターを長く続けるのはおすすめしません。フリーターには下記のデメリットがあり、正社員に就職しにくくなるからです。

  • 職歴としてカウントされない
  • 専門的なスキルが身につかない

他にも責任のある仕事が経験できないため、フリーター期間が長くなればなるほど

派遣社員になる

派遣社員になるということも一つの手段です。

派遣社員とは、派遣会社と雇用契約を結んで、実際に働く企業(派遣先)で就業する働き方です。

派遣社員として働く際のメリット

派遣社員で働く際のメリットを以下の通りです。

  • スキルアップができる
  • 社会保険に加入できる、有給休暇も付与
  • 自分のライフスタイルに合った仕事ができる

フリーターと比べると自由度などは低くなりますが、スキルアップをすることで、正社員になることもできます。

派遣社員として働く際のデメリット

派遣社員で働く際のデメリットは以下の通りです。

  • 正社員と比べて待遇が低い
  • 重要な仕事を任せてもらえない
  • 派遣先企業の同一組織で仕事ができるのは最長3年まで

派遣社員は正社員と比べると賃金や福利厚生などの待遇が低い場合があります。他にも派遣は基本的に3年以上働けないというルールがあります。

正社員として就職する

フリーターを経由せず、最初から正社員に就職したい人は、正社員の就職活動を始めてみてください。

ただし、「ニート=働く気がなかった」という悪い印象があるため、正社員への就職活動は難航する可能性があります。次のメリット・デメリットなどを意識して就職活動をしてみましょう。

正社員として働く際のメリット

正社員で働く際のメリットは以下の通りです。

  • 収入が多い
  • 生活が安定する
  • 福利厚生が充実している

正社員はフリーターや派遣社員と比べて、収入や福利厚生などの待遇が充実しています。

他にも、正社員として採用されれば基本的には定年まで働き続けることができます。

正社員として働く際のデメリット

正社員で働く際のデメリットは以下の通りです。

  • 勤務に対する自由度が低い
  • 基礎的なビジネスマナーは知っておく必要がある
  • 空白期間について聞かれる

ニートから正社員になる際に必ず空白期間について聞かれます。

上記でも解説した通り、「ニート=働く気がなかった」という悪い印象があるため聞かれます。ここでは空白期間についてはポジティブに表現する必要があります。

他にもフリーターや派遣社員と比べて、勤務に対する自由度は低いので注意するポイントになっています。

ニートをやめたい人におすすめする就職方法

ニートをやめたい人は、いざ就職活動を行うとしても何からすればいいのかわからない方も多いと思います。ここではニートをやめて就職する方法について紹介します。

1.ハローワークを利用する

ハローワークは厚生労働省が運営する職業紹介機関です。

特徴としては次の3つです。

  • 地元の企業が多い
  • 広い選択肢から選べる
  • 労働条件が合わない場合がある

ハローワークでは地元の企業が多いため、地元で就職をしたいと考えている方には一つの選択肢となります。

しかし、自分が求めている労働条件と合わない場合や中小企業が集まっているので、大企業に就職したい方は注意が必要です。大企業に就職したい方は次で説明する就職エージェントの利用がおすすめです。

2.就職エージェントを利用する

就職エージェントは、求職者からの相談を受ける中で、求人を紹介したり、内定承諾をいただくまでサポートをするサービスです。

就職エージェントの特徴は次の3つです。

  • 専門のアドバイザーに相談できる
  • 無料で就職活動のサポートを受けることができる
  • 面接の対策なども行ってくれる

就職エージェントでは専門のアドバイザーと相談しながら就職活動を進めていく形になります。なので相談をしながら就職活動を進めていきたいという方には特におすすめです。私たちジェイックが提供する就職支援サービス「就職カレッジ」ではニートの就職支援を得意にしています。

ニートに特化したサービス

私たちジェイックが提供している就職カレッジはニートに特化した就職支援サービスです。

就職カレッジの特徴は次の3つです。

  • 未経験者の就職に強い
  • 就職成功率は80%以上
  • 就職後も手厚いサポート

就職カレッジは未経験からの正社員就職に力を入れています。また、就職成功率も80%以上と通常のフリーター就職成功率の約30%をはるかに上回る実績をもっています。

他にも、就職後のサポートも行っており、入社後も安心して社会人生活を過ごしてもらえるように工夫をしています。

ニートをやめて就職をする場合のポイント

ニートをやめて就職を考えている方に注意をしていただきたいポイントが3点あります。

ここではポイントについて解説をしています。

学歴不問もしくは実力主義の企業を選ぶ

ニートの方で学歴について悩まれている方もいると思います。

実際に学歴による差を見る会社などもあるため、

学歴に不安を感じている方は学歴不問の求人や実力主義の会社を選ぶことをおすすめします。

実力主義の会社では、学歴で左右されることがなく、成果を出せば評価をされていくので、学歴で悩んでいる方はおすすめです。

職歴や空白期間について聞かれる

企業の採用担当者は空白期間(ニート期間)を気にします。例えば、ただ遊んでいた人は「仕事ができないのではないか」と不安だからです。会社によっては、空白期間があるだけで書類選考に通らないこともあります。そのため、空白期間はできるだけポジティブに表現して、書類選考に通る確率を上げる必要があります。

具体的には下記のような表現がおすすめです。

  • 資格の勉強をしていた(ただし、本当に勉強している必要あり)
  • 就職に必要なスキルを勉強していた(こちらも、本当に勉強している必要あり)

「空白期間をポジティブに表現できない」という人は、私たちジェイックの「就職カレッジ」がおすすめです。書類選考なしで優良企業と面接できるので、書類選考で落とされることがありません。無料で相談もできるので、情報収集してみてください。

就きたい仕事がある場合は長期スパンになることがある。

ニートを脱出する際に就きたい仕事などもあると思います。

しかし、実際に就きたい仕事にすぐに就けるかと言われるとそうではありません。

実際にやりたいと考えていても、超えるべきハードルが高く、就職を断念される方もいるためです。

他にも、就きたい仕事がある場合、経験などが必要になる場合があるため、ニートからの就職でこだわる際は長期的に見ることが重要です。

ニートを辞めるには無理せず一歩一歩進もう

ニートを辞めるには無理せず一歩一歩進もう

ニートをやめたい人に向けて、いくつかの方法を紹介してきました。長期的にニートで過ごすメリットは少ないので、できるだけ早く行動してニートをやめましょう。

ニートを辞める方法はどれも大変と感じるかもしれませんが、1つずつ行動していけば、ニートをやめられます。無理せずできそうなことから、一歩一歩進んでいきましょう。

「ニート やめたい」によくある質問

ニートをやめれない人の特徴とは

ニートをやめられない人の特徴は、今の生活を楽しいと感じているや社会に対しての恐怖感を持っているなどの様々な理由があります。しかし、ニートを続けるとデメリットになります。この記事では「ニートをやめるメリット・デメリット」を解説しています。今の自分に当てはまる方は参考にしてみてください。

ニートをやめる方法とは

ニートをやめる方法は様々で、フリーターになるや派遣社員になる、正社員になるなどがあります。この記事では「ニートをやめる方法3選」でニートをやめる方法やメリット・デメリットについて解説しています。ニートをやめたいを思っている方は是非参考にしてみてください。

ニートにおすすめする就職方法

ニートにおすすめする就職方法は、ニートの方に特化した就職支援サービスを受けるという方法です。ジェイックでは、「就職カレッジ」というニートに特化した就職支援サービスを行っています。ニートをやめたいと思っている方やニートの就職で何から始めるべきかわからない方はご利用してみてください。

ニートをやめる際に相談したい

ニートをやめる際に不安に感じることがあると思います。ジェイックでは「就職相談」を行っており、プロのアドバイザーに就職の相談や就職する中での不安を相談することが可能です。ニートから就職する中で不安や悩みなどがある方は是非参考にしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

近藤 浩充常務取締役
株式会社ジェイック 常務取締役 20~30代の既卒/フリーター層の就職支援事業、キャリア教育事業の統括責任者を歴任、マーケティング開発部門の事業部長(現任)として東証マザーズへ上場を果たす。IT×教育×職業紹介などテックを活用し、変化し続ける顧客のニーズを追求している。【著書】社長の右腕 ~中堅企業 現役ナンバー2の告白~