就活の特技はどうする?履歴書や面接にも役立つ特技の記事を紹介!

就活の特技はどうする?履歴書や面接にも役立つ特技の記事を紹介!

「就活で企業に伝える特技に迷っている」「特技を履歴書や面接でどう表現すればよいかわからない」「特技の内容にふさわしいもの、ふさわしくないものを知りたい」という就活生もいるでしょう。自分の特技の見つけ方や書類への書き方、趣味との違いなど、特技に関する情報について記載した6つの記事の概要をご紹介します。あくまで概要ですので、詳細を知りたい方は各記事をチェックしてみてください。

特技とは

特技とは

特技とはそもそも何か、就活生が知っておくべき情報をご紹介します。

就活における特技とは何か

特技を通じて就活生が企業にアピールできる要素は、主に以下があります。

  • 自分の強み
  • 人柄や個性

特技で、上記のようなことを伝えることができると理解しておきましょう。

就活生が特技で悩む理由としては、以下が考えられます。

  • 特技がない
  • 特技とみなしてよいのか迷う
  • 特技の伝え方がわからない

就活において学生が悩みがちな特技の内容は、ある程度共通しているといえます。

学生の特技について企業が聞くのは、以下のような理由からです。

  • 就活生をリラックスさせるため/雑談
  • 就活生の人となりを知るため
  • 話をまとめる能力を見るため
  • 社風とマッチするか確認するため
  • 資質を見極めるため

面接で特技について質問された場合、おもにこれらの目的があることが多いでしょう。

就活で伝える特技は、以下のような基準で決めるのがおすすめです。

  • 自信を持って話せるもの
  • 実績や資格を持っているもの
  • 仕事に関連づけられそうなもの
  • 具体的なエピソードを語れるもの

自分の特技がわからない就活生は、これらの基準から考えてみるとよいでしょう。

企業に特技を伝える場合、以下のポイントを意識することでより効果的になります。

  • 「自己PRの延長にもなる」と意識して考える
  • あえてマイナーな特技を選ぶ
  • 入社後もできる特技を選ぶ

特技を決めるときは、これらを考慮したうえで考えるのもひとつの選択肢といえます。

これらの内容は、以下の記事でくわしくご紹介しています。

履歴書や企業の面接で特技の質問項目がある理由や、企業の目的などについて知りたい就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

特技の一覧や例/例文

特技の一覧や例/例文

就活で使える特技の一覧や特技の例、例文についてご紹介します。

一覧から特技を探そう

特技は、以下のような要素から探すことが可能です。

  • 学生時代にやっていたことから考える
  • 強みや能力から逆算する
  • 本当に好きなものから抜き出す
  • 競技人口が少ないスポーツ
  • 男性/女性で考えてみる
  • ギャップがあるもの

自分の特技がわからない場合、上記からイメージして探してみると見つけやすくなります。

特技の中でも避けたほうがよいものや気をつけたほうがよいものに関して、以下を知っておいたほうがよいでしょう。

  • 言葉の表現に注意したほうがよい特技
  • 企業に伝えるべきでないNGな特技
  • NGな特技の基準

企業には伝えないほうがよい特技は、知識として知っておいたほうがよいでしょう。

これらの特技の一覧は、以下の記事でくわしくご紹介しています。

具体的に特技を記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

特技の例や例文を知ろう

特技の例には、以下があります。

  • メジャーなスポーツ
  • 動画編集や撮影
  • 手先を使うこと
  • 一定の評価や実績があるもの
  • 外国語
  • SNS
  • 手品などの一芸
  • 整理整頓
  • 身体を動かすこと
  • 古風なもの

これらが、就活で企業に伝えることが多い特技の例です。

なお、特技の例から選ぶ場合は以下のことを知っておく必要があります。

  • スポーツチームの話題は避ける
  • 特技の内容だけで合否は決まらない

これらについて理解しておけば、特技に関する就活での失敗を回避できます。

なお、実際に就活の面接で特技について伝える例文として、以下をご紹介しています。

  • 駅伝
  • 英会話
  • 本の内容を分析すること
  • パソコン

これらの例文を含む特技の例に関する内容は、以下の記事でくわしくご紹介しています。

特技の例を知ったり、面接での答え方を考えたりする際の参考にしてみてください。

特技の履歴書/面接対策

特技の履歴書/面接対策

特技を履歴書に書く方法や面接で伝える際のポイントなどについて知りましょう。

特技は履歴書にどう書くのか

特技を履歴書に書く際にありがちな疑問には、以下があります。

  • 履歴書に書く特技は箇条書き? 文章?
  • 趣味と特技は変えたほうがいい?
  • 特技について長文で書いたほうがいい?
  • 企業ごとに特技の内容は変えるべき?

これらの疑問は、履歴書を書く前に解消しておいたほうがよいでしょう。

履歴書に書く特技の例文について、以下のジャンルをご紹介しています。

  • スポーツ系の場合
  • ハンドメイド系の場合
  • 音楽系の場合

短文であっても、履歴書への特技の書き方は把握しておくことをおすすめします。

履歴書に特技を書くときの注意点には、以下があります。

  • 短文でも下書きをする
  • 字はきれいにはっきりと書く
  • 面接のときのことをシミュレーションしてから書く

履歴書に特技を書くときは、上記のことを意識してみましょう。

これらの内容は、すべて以下の記事でくわしくご紹介しています。

履歴書に書く特技に関する情報を知りたい就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

特技は面接でどう伝えるべきか

特技を企業の面接で尋ねられた場合、以下について知っておくとよいでしょう。

  • OKな例文
  • NGな例文

どのような答え方がよいのか、またはふさわしくないのか、事前に知っておくことをおすすめします。

また、就活生が疑問を持ちやすい「趣味と特技の違い」は、以下の通りです。

  • 特技=特別な技
  • 趣味=自分の楽しみ

これらの違いを知ったうえで、就活で特技を伝えたほうがよいでしょう。

特技について面接で伝える場合、就活生は以下のことがポイントです。

  • 結論から話す
  • 企業での仕事で活かせることをアピールする
  • 具体的に伝える
  • 会話のフックになる特技をあえて選んでもOK

また、以下の注意点も意識しましょう。

  • 「特技を面接で披露する」はケースバイケース
  • 丸暗記は避ける
  • 過剰なアピールはしない

面接で特技を聞かれる可能性は大いにあるため、就活生は事前準備が必要です。

特技の面接に関する内容は、以下の記事でくわしくご紹介しています。

特技の面接対策をしたい就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

特技がない場合の対処方法

特技がない場合の対処方法

「特技がない」「特技が見つからない」という就活生の対策方法をご紹介します。

特技がない場合はどうすべきか

就活で企業にアピールできる特技がないまたは見つからない場合、以下のような影響が出ることが考えられます。

  • 面接で会話が止まるリスクがある
  • 就活への姿勢を問われる可能性も

就活への影響を避けるために、特技を見つけるために以下のような方法があります。

  • 毎日のルーティンから探す
  • 周囲に聞く
  • 特技の例を参考にする
  • 好きなことや得意なことから見つける
  • 短期間でもやったことがあることを思い出す
  • 最近始めたことから探す
  • 人に教えた/感謝された経験のあることを振り返る

上記を試すことで、特技がない人も見つかる可能性が高まります。

どうしても特技がないからといって、以下のような特技を伝えるのは避けるべきです。

  • ウソの特技
  • ギャンブル関連の特技
  • 仕事に支障が出かねない特技
  • ゲームやアニメに関する特技
  • 非常識な特技

就活の場では、自分のマイナスイメージになりかねない特技を選ぶのはやめましょう。

これらの内容は、以下の記事でくわしくご紹介しています。

就活における特技がない、見つからないなどで困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

特技の対策をして就活を成功させよう!

今回ご紹介した記事には、就活における特技の対策をそれぞれくわしく掲載しています。特技を何にするか、企業が特技を聞く目的、書類や面接での伝え方/書き方、特技が見つからないときの対処法など、いずれも特技に関して悩む就活生に有意義な情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC