web適性検査の対策方法~適性検査ごとの対策をして企業からの内定をもらおう~

web適性検査の対策方法~適性検査ごとの対策をして企業からの内定をもらおう~多くの企業は、入社試験でweb適性検査を行っています。

大量の入社希望者をふるいにかける役割も果たしているため、就職・転職を目指すのであれば、面接の前にこの適性検査をクリアしなければなりません。

ここでは、web適性検査とは何なのか、何のためにありどの程度重要視されているものなの説明しています。

突破のためのコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

 1.テストで企業は性格と能力の両面見ている

 2.テストで性格はありのまま回答して、能力面は準備していこう

 3.それぞれの問題で対策が変わるのでテストに慣れていこう

 

web適性検査とは

web適性検査とは企業が面接前などの適性検査をすることが多くなってきています。

なぜ、企業は適性検査を行うのか。適性検査で企業は何を見ているのかについて紹介します。

最近だとwebでのテストも多くなっているので、就活生は準備をしっかりを行いましょう。

適性検査とは

web適性検査とは、インターネット上で行う筆記試験のようなものです。

ただし単なる筆記試験ではなく、能力検査と性格検査の2種類が行われることが多いです。

この2種類の試験を通して、応募者の能力や一般常識、性格の傾向などを測ります。

昔はペーパーテスト形式で行われることが多かったのですが、現在ではweb形式で実施する企業が多くなり、ペーパーテストは減少傾向にあります。

web上で受けるテストなので、試験会場に直接出向いて試験を受けるのではなく、インターネット環境が整った自宅や学校、あるいはテストセンターと呼ばれる専用会場で試験に取り組む形になります。

 

web適性検査は非常に重要で、直接合否に作用することも多いです。

大企業などでは面接の前段階としてweb適性検査を実施することで、効率よく応募者を絞り込んでいます。

就職・転職希望者にとっては最初の難関だと言えるでしょう。web適性検査にはいくつか種類があります。

どの種類を使用するかは企業によって異なっており、何種類かを複合的に使用している企業も存在します。

 

就職・転職希望者にとって、web適性検査を突破することは必須条件と言えます。

頭を悩ませている希望者も多く、その証拠にそれぞれの適性試験について対策本が出ています。

もちろん、これらの対策本を読んで出題傾向を掴んでおいた方が、本番は有利になります。

またweb適性検査は画面の見方や回答方法が独特であることが多いため、それらを事前に知っておくことも有効です。

特に普段パソコンをあまり使わない、という人は本番思わぬ失敗をしないためにも、事前に練習しておいた方がいいでしょう。

また、訓練次第で合格率を上げることも可能なので、しっかり学習し訓練することも大切です。

適性検査の受けるタイミング

どのタイミングでweb適性検査が行われるかは、企業によって異なります。

自宅や大学からweb検査を受けることもあれば、テストセンターなどに出向いて受けることもあります。

また、性格検査と能力検査を別々に実施することもあります。

自宅や大学からの受験は替え玉受験などの不正が起こる可能性があるため、性格検査のみweb試験で行い、能力検査は別の機会に行う、ということがあるのです。

web適性検査で企業が見ているのは性格と能力

web適性検査で企業が見ているのは性格と能力テストで企業が見ているポイントは、テストを受けたことがある就活生は分かると思いますが、性格と能力の両面を見ています。

テストで性格や能力がどのようにわかるのでしょうか。

また、企業はテストや問題から何を判断にして就活生を選別しているのか。それぞれについて紹介してきます。

web適性検査で企業が見ているポイント~性格編~

web適性検査では、能力だけではなく性格検査も行われます。この性格検査ではどのようなことが分かるのでしょうか。

性格検査で分かること

性格検査では、性格についでの質問を通じて、応募者の性格の傾向や職業適性、自社風土に馴染めるかどうかといったことを知ることができます。

こうした内面的なことは、応募書類や面談だけでは知ることができません。

いざ入社してから性格的に向いていなかった、ということになれば、応募者と企業双方にとって不利益になってしまいます。

そこで試験を行うことで募集に対する応募者の適性を探り、ミスマッチを事前に防いでいるのです。

性格検査に対策は必要ない?

性格検査はありのままの回答をすればそれでいいのでしょうか。

もちろんそれで受かることが理想ですが、企業の求める人物像を意識し、それに寄せることで試験対策とすることも可能です。

企業によって欲しい人材は違うので、まずはどのような能力が求められているのか意識するところから始めましょう。

ただしあまりにも自分とかけ離れた回答をしていると、入社後にミスマッチを起こして苦しむ可能性があります。

ひっかけに注意

性格検査では、多くの質問に短時間で答えなければなりません。

似たような質問が出題されたとき、矛盾がでるような回答をしてしまうと信頼できない人物だと判断されてしまう可能性があるので、回答には一貫性を持たせることが重要です。

また、性格検査の結果と面接での受け答えが食い違っていると、この場合も嘘だと判断されてしまうことになります。

引っかけ問題にも注意が必要です。

性格診断では、自分を良く見せようとする応募者の心理を突いた「嘘吐きを発見するための質問(ライスケール)」が出題されます。

「生まれてから一度も嘘を吐いたことがない」「悪口を言ったことがない」といった質問がこれに当たり、引っ掛かってしまうとやはり嘘吐きな応募者だと判断されることになります。

web適性検査で企業が見ているポイント~能力編~

性格検査に比べると、能力検査の目的は分かりやすいと言えるでしょう。

応募者の能力や学力の程度を知ることで、その人が一般常識や最低限の知識を身に付けているかどうか判断することができます。

どのような問題が出題されるのか、どの程度の難易度なのかは適性検査の種類によってことなります。

多いのは、四則計算や図表の読み取り、長文読解、暗号解読など中学生レベルの基礎学力を調べるというものです。

計算能力、思考力、言語能力、推理力などが試されることになります。

 

問題の難易度自体はそう高くなくても、出題形式が独特であったり短時間で解かなければならないといった要因によって、思うように回答できないということは起こり得ます。

本来なら答えられる問題に答えられず試験に通らない、というのは勿体ないので、事前に練習しておくのがおすすめです。

また、使用頻度の高い「SPI3」と「玉手箱」については対策をしっかり行っておくと、試験通過の可能性が高まります。

 

web適性検査の対策方法を紹介~それぞれのテスト・問題の準備をしよう~

web適性検査の対策方法を紹介~それぞれのテスト・問題の準備をしよう~希望する企業の適性検査を通過するためには、しっかり結果を出さなければなりません。

そのためには何を置いてもまず落ち着いて試験を受けることが重要です。過去に受けた試験を思い返してみてください。

緊張でガチガチになってしまっていては、頭が回らず力を発揮できません。

特に適性検査は制限時間内に問題を解かなければならないため、焦りや過度な緊張は命取りになってしまいます。

落ち着いて試験を受けるためには、模試などで出題形式や制限時間に慣れておくことが大切です。

 

出題形式はもちろんですが、パソコン操作にも慣れておく必要があります。

特に普段パソコンを触らないという人は、操作に気を取られて時間を使ってしまう可能性が高くなるからです。

パソコンは普段から触っている、という人でも、前の問題に戻れないなどweb検査特有の出題形式に戸惑ってしまうことは多いです。

そのため、やはり事前準備が非常に重要になってくるのです。

 

知っていると知らないのとでは、心の持ちようも変わるもの。

代表的なweb適性検査について一通り知っておけば、慌てず落ち着いて受験することができます。

それぞれの試験内容について詳しく解説している資料や書籍、webサイトなどで研究しておきましょう。

以下に代表的な適性検査を紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

web適性検査1:SPI3

SPI3は、リクルート社が実施している適性検査です。

年間13200社、202万人が利用している、現在最も有名な適性検査となっています。

大手向けと思われがちですが、中小企業でも広く使用されており、いろいろな企業の採用選考に導入されています。

適性検査の対策をしたいがどこから始めたらいいか分からない、というときは、このSPI3から手を付け始めるのがおすすめです。

SPI3は性格検査約30分と、基礎能力検査約35分から構成されています。大卒、中途採用、高卒向けの3通りの試験があるのが特徴です。

以前は学力検査というイメージが強かったSPIですが、2013年に内容が刷新され、職務の適性や入社後のポテンシャル判断にも活用されるようになりました。

web適性検査2:玉手箱

日本エス・エイチ・エル社が提供している適性検査です。

日本エス・エイチ・エル社はCAB・GABという別種のwebテストも販売しているため、玉手箱でもその形式の問題が出題されることがあります。

年間利用料金が必要である代わりに、1人当たりの受験料が安いため、受験者数の多い大手企業で多く使用されている適性検査です。

SPIとは少し形式が異なるため、別で対策を取っておく必要があります。

主に新卒採用の初期選考に活用されており、知的能力とパーソナリティの両面から測定する総合適性検査です。

「ヴァイタリティ」「チームワーク」「プレッシャー耐性」といった9特性を測ることができ、職務適性を詳細に判断することができます。

 

玉手箱の能力検査は、大きく計数、言語、英語に分けることができます。

問題形式がはっきりしているのも特徴で、計数は簡単な方程式を解く「四則逆算」、グラフや表から情報を読み取る「図表の読み取り」、表の空欄に入る数値を選ぶ「表の空欄推測」の3つの問題形式があります。言語は文章を読んで設問の正誤を判断する「論理的読解」、趣旨を判断する「趣旨判定」、正しいものを選ぶ「趣旨把握」の3形式。

英語は文章を読んで設問の正誤を判断する「論理的読解」と、正しい答えを選ぶ「長文読解」の2形式に分かれています。

合計8形式の中から企業ごとに異なる組み合わせで試験が実施されます。

パターンが決まっているので勉強しやすい適性検査と言えますが、1問あたりの制限時間が短いためスピードをかなり重視する必要があるのもポイントです。

 

web適性検査3:TG-web

TG-webはヒューマネージ社が提供する自宅受験型のweb適性検査です。

言語、計数、英語、性格テストで構成されています。

難易度が高いことで知られており、中・高校生レベルの学力があればさほど苦戦しないSPIに比べると、十分な対策を練っておく必要があります。特に問題の形式を知っているかどうかでかなり差が出るので注意しておきましょう。

他の適性検査ではあまり見ない、馴染みのない問題が出題されるので、対策を取っていないと解き方すら分からない、という事態に陥ってしまうかもしれません。

しかし逆に言えば解き方さえ分かってしまえば、次からはしっかり解けるということです。

問題数も少ないためパターンもある程度共通しており、対策が極めて有効なwebテストだと言えるでしょう。

 

「従来型」と「新型」が存在しますが、主流なのは難解な「従来型」です。

言語で出題される問題は専門的、抽象的な内容が多いため、読み解くのに苦労するでしょう。

計数も難易度が高めで、中学・高校までに習った数学ではあまり馴染みのない問題が出題されることがあります。

対して「新型」は難易度が落ちるものの、他の適性検査のように大量の問題を短時間で解く必要があるため、決して甘く見ることはできません。

web適性検査4:Cubic

Cubic(キュービック)はジーディーエル社が提供している適性検査です。

他の適性検査同様、能力と性格に分けて判断されます。能力検査は範囲が広いことが特徴で、言語、数理、図形、英語、論理に分けられます。

試験範囲が広いだけに対策に時間がかかってしまうため、希望する企業がCubicを実施している場合は早めに勉強を始めなければなりません。

ただ難易度自体はそれほど高くないため、深く勉強するよりも、広く浅く基礎知識を確かめる感覚で勉強を進めるのがおすすめです。

Cubicは性格検査にかなり重きを置いている適性検査です。「性格」「意欲」「社会性」「価値観」といった観点からその人の資質や特性を見極めます。

またこれに加えて「ストレス耐性診断付」バージョンが行われることもあります。

web適性検査5:内田クレペリン

内田クレペリン検査とは、ドイツの精神医学者エミール・クレペリンが発見した作業曲線をベースに、日本の心理学者内田勇三郎が開発した心理テストです。

現在は日本・精神技術研究所が提供しており、日本で開発された心理検査の中では、もっとも長く使われています。

年間70万人、90年近くに渡って使われてきた信頼性の高い検査で、産業や教育、医療の現場でも広く使用されています。

内田クレペリン検査では、一列に並んだ一桁の数字を、左から右へと順に足していくことで検査を行います。

1分ごとに列が移り、これを前半15分、後半15分に分けて行います。

問題が出題される他の適性検査とは違い、純粋に「作業」だけを使って応募者を判断するのが最大の特徴で、これによって作業能力と黄道面の特徴などを判断することができます。

内田クレペリン検査はその特性上Web受験することができません。

web適性検査は準備で決まる!

web適性検査は、入社試験突破の最初の試練となります。

とはいえ、事前の対策をしっかりと取っていれば高ポイントを獲得することも難しくないので、むしろチャンスと捉えることもできるでしょう。

対策をした人としない人では、入社に対する本気度や熱意に差があると判断される可能性もあります。

少しの努力を惜しんで希望の会社の一次選考に落ちないように、しっかりと対策を取って臨みましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC