自覚している性格を就職活動に活かす方法!短所の伝え方には注意しよう

自覚している性格を就職活動に活かす方法!短所の伝え方には注意しよう

自覚している性格を就職活動で活かすためには伝え方が重要です。上手く伝えることができれば、評価のポイントになります。また、短所を伝えるときには注意する点があります。短所を把握していて、改善していることなども含めて伝えましょう。ここでは自覚している性格を就職活動に活かすための方法について、伝え方、注意点、例文などを含めて紹介していきます。

自覚している性格が重要な理由

自覚している性格が重要な理由

理由その1:自己分析の確認をする

自覚している性格に関する質問は、就職活動では重要です。理由としては質問によって、自己分析がしっかりできているかを確認できるからです。企業の目的は質問で就職する準備ができているかを見極めることでしょう。企業は応募者が就職活動の基本である、自分の性格を自覚しているかをチェックしているのです。自己分析を真面目に行うことで、自分の性格を自覚することができます。その自己分析ができていないと、面接官は就職活動へ真面目に取り組んでいないと判断する場合もあります。自己分析は基本ですが、就職活動のポイントでもあるのです。また、自分を効果的にアピールするには、性格を自覚することが欠かせないポイントです。自覚していないと、説得力がないアピールになることが多いでしょう。

理由その2:短所をカバーする

性格を自覚していることが重要な理由は、短所をカバーすることができるからです。短所を自覚していれば、短所があっても業務に支障はないかなどの、影響について測ることができます。支障がある場合は短所を上手く企業へ伝える必要があります。入社後の行動にも関係しますので、短所を改善する努力をしていることを力説しましょう。また、自覚している短所について、自分でカバーする努力をしていることをアピールすることも大事です。短所のみを伝えると、改善する努力をしていないと捉えられる可能性があります。改善しきれていなくても、努力していることを伝えることがポイントになります。面接官は短所だけを見るわけではありません。しかし、面接官が持つ印象をよくする努力は必要でしょう。

理由その3:企業との相性を測る

企業との相性を測るために、自覚している性格が就職活動では重要です。企業は応募者の性格によって、採用後に企業に対してどのような貢献ができるかを測ろうとします。さらに、応募者が自覚している性格は、社風や業務に合うのかについても面接などで判断しているのです。例えば、応募者が真面目な性格だとします。入社する企業が真面目な人が多く勤めている企業であれば、相性がいいと言えるでしょう。しかし、真面目さよりも発想力を求めている企業では、ミスマッチになる可能性が高いです。そうならないように、企業は性格で応募者を見極めて、ミスマッチをなくしたいという考えもあるのです。ミスマッチが起こってしまうと採用したとしても、長く勤める確率が低くなってしまいます。そのようなことを避けるために、性格を慎重に判断しているのです。

性格はどう捉えたらよいのか?

性格はどう捉えたらよいのか?

自分の性格の捉え方は、最初は長所と短所が何かを考えるといいでしょう。長所と短所は表裏一体ですので、どちらにもある特徴を捉えると分かりやすいです。例えば、長所が真面目だとすると、短所は真面目すぎることなどになります。ただし、長所と短所は自分で考えるものと違う場合も多いです。そのため、周りの人に聞いてみることも重要でしょう。親しい人が思っている長所と短所は的確なことが多いです。自分で思っていることは思い込みで、他人の方がよく分かっているということも少なくありません。

また、企業が求める人材について考えてみることも必要です。自分が持っている性格で、どこが該当するのかについても検討しておくと、その企業へのアピールがしやすくなります。自分でアピールポイントがよく分からないときは、周囲の意見を参考にしましょう。そのようにして知った自分の性格は理想通りの性格でないかもしれません。それでも自分の性格を多角的に捉えることが大切なのです。多角的に捉えることで、性格について詳細に分かるからです。

自覚している短所についての注意点!

自覚している短所についての注意点!

自覚している短所には注意する点があります。短所も長所と一緒に伝えることが重要だという点です。短所を伝えずに長所だけを伝えると説得力に欠ける説明になります。短所を利用することで、長所がより鮮明になるのです。また、短所について伝えるときは、長所の裏返しという伝え方にするといいでしょう。他の注意点としては、企業の業務について分析してから短所を伝えることです。自覚している短所を伝える前に、応募先の業務に相応しくないと分かれば、修正する必要があるでしょう。短所をいくつか用意しておくと、返答する短所を変えることも可能です。ただし、実際の業務に支障が出るような短所の場合は、伝えないことも大切です。たとえば、接客業で人付き合いが苦手、デスクワークで集中力がないなどです。採用担当者が悪いイメージを持つ短所は、無理に伝える必要はありません。

自覚している短所の伝え方は?

自覚している短所の伝え方は?

自覚している短所の伝え方は聞かれたら答えるが基本です。自覚している短所であっても、就職活動では自分から伝える必要はありません。性格を伝える場合は、長所から簡潔に述べて、短所は聞かれるまで言う必要はないです。ただ、短所を聞かれたときには、自覚している短所を率直に答えます。そのときにしどろもどろになると、印象が悪くなります。短所であっても丁寧に答えることが大事です。ただ、短所のあとには改善に向けて努力していることを伝えましょう。

短所を伝えるだけでは悪い印象が残りますので、それを払拭しておきます。例えば、浅く広く取り組み、これといった専門性がないことが短所だとします。そのあとに、今後は業務関連の専門性を高めて、深掘りするように努力していきたいと、付け加えれば短所のイメージが変わるでしょう。このように誰にでもある課題に対して、取り組んでいる姿勢が評価されるのです。上手く短所について伝えることができれば、前向きな姿勢をアピールするポイントにもなります。

自覚している性格をアピールするポイント

自覚している性格をアピールするポイント

ポイントその1:企業への貢献

自覚している性格でアピールするポイントは、企業への貢献を上手く伝えることです。自覚している長所で入社後に企業へどのように貢献できるかをアピールします。例えば、長所が社交性があることだとします。入社後に社交性をいかして、営業で売上に貢献できるとアピールするのです。また、企業研究をした上で性格をアピールすることもポイントです。企業について調べていれば、実際の業務でどのように自分の長所が役立つかをアピールできるでしょう。そのときには具体的にどのような場面で役立つかを、企業に伝えることが大事です。具体的なイメージができれば、採用担当者の印象に残りやすいからです。さらに、企業研究をしていると、企業への理解が高いと評価されるでしょう。理解した上でアピールできれば、説得力がある伝え方ができます。

ポイントその2:インパクトを与える

性格をアピールするポイントとして重要なのは、インパクトのある言葉を使うことでしょう。インパクトがあると採用担当者の印象に残りやすいのです。採用担当者は多くの応募者についてのアピールを見ています。そのため、ありきたりの言葉では印象に残りません。同じ意味を持っていたとしても、別の言葉を使うだけでもイメージが変わります。例えば、「真面目」という言葉はインパクトが少ないです。それよりは「学生時代から一度も遅刻をしたことがない」と表現すれば、真面目な印象を持たれますし、インパクトもあるでしょう。採用担当者の興味を抱かせるような言葉で表現すると、面接もスムーズになりやすいです。ただし、インパクトだけを重視する言葉選びはしないことが大切です。インパクトがあって、さらに相手に理解してもらえる言葉選びが必要になります。

ポイントその3:具体性を持たせる

自覚している性格に具体性を持たせることが、アピールするポイントになります。性格に関するエピソードを入れて具体的な話ができると、いいアピールポイントになるでしょう。エピソードは体験談をもとに作ると、説得力が出ます。できるだけ脚色や大袈裟な表現は避けて、事実だけを語ると信用してもらえる話になります。特に、アルバイトや前職で得られた成果を数字で示すと分かりやすいです。また、企業は成果を求めていますので、具体性があると入社後の応募者の業務についてイメージしやすくなります。実際に業務をしてもらう想像ができれば、上手くいくかどうかの判断も下しやすいでしょう。他に、具体的にアピールするポイントは短所です。短所についても、小さな失敗例を挙げてから改善に向けていることを具体的にアピールすると、理解してもらいやすいです。

自覚している性格をアピールする例文

自覚している性格をアピールする例文

例文その1:前向きである

自覚している前向きな性格をアピールするときは、前向きなことを最初に書きます。前向きなことを長所とするなら、どのような業務にでもフィットする文にしましょう。さらに、後半には短所も入れて、改善に向けて努力している姿で向上心をアピールするとよいです。次に例文を紹介します。「私はいつも前向きです。居酒屋のバイトで困ったことがあっても、諦めずに克服してきました。最終的にはいい方向にいったのです。入社後は前向きに一生懸命に仕事をするので、会社に貢献できるでしょう。前向きですので、困難なことも克服できます。ただ、前向きすぎて周りが困惑されることもあるかもしれません。そこに関しては自分で注意をしてブレーキをする努力をしています。」

例文その2:協調性がある

協調性をアピールするときは前職やアルバイトで、他の人と連携して業務で成果を出したエピソードを加えることが大事です。さらに、入社してから、どのように活かすかを最後に加えましょう。例文を紹介していきます。「私は協調性があり、周囲の人と協力して仕事を進めることができます。居酒屋のアルバイトではホールとキッチンの密な連携が重要でした。お客さんを待たせないために、どんどん出せるものから出すという方法を考えました。みんなが協力してくれて、お客さんからクレームがこなくなったのです。このような協調して仕事ができる性格をいかして、入社後はチームで成果を上げられるように努力します。さらに、改善できる点を見つけて、チームがいい方向に進むように力を尽くします。」

例文その3:気配りができる

気配りができることをアピールするときには、過去の経験から気配りをして得られた成果をアピールします。ただし、気配りは成果だけではなく、人間関係にも有用です。そのため顧客だけでなく、同僚や上司などにも気配りできる点も加えることで、入社後には円満な人間関係が構築できることをアピールできます。そんな例文について紹介していきます。

「私は周りの人に気配りができます。ちょっとしたことですが、お客さんの服装が変わったことに気づきました。服装が変わったことについて話を聞いてみると、結婚したと言うのです。気持ちばかりのお祝いを贈るとすごく喜んでもらえました。そのように人間関係が出来上がっていたので、そのお客さんからはたくさんの仕事がもらえたのです。同じように上司や同僚にも気配りができます。気配りができるので、入社後も円満な人間関係が築けるでしょう。」

アピールする際のポイント:短所を言い換えて伝える

自分の短所を言い換えて伝えることは、自覚している性格をアピールするときには大事です。例えば、頑固なところがあるという短所だとします。まずは、自分の考えや基準にこだわるところがあることを認めます。これによって短所を認めていることをアピールできるでしょう。さらに、視野を広げる努力についても伝えると、自分の短所を把握して改善していることへのアピールになります。そのようになる例文を紹介します。

「私は自分の考えにはこだわる部分があります。これは周りの人に流されない性格とも言えます。結果として私が正しい場合もあるのです。しかし、こだわりが強いと自分でも分かっています。視野を広げるために、他人の意見を一度飲み込むように努力しているのです。意見に関して反論があっても、必ず飲み込むことにしています。そうすることで相手の意見を尊重すると、別の視点で考えられるケースも多いです。短所を改善する努力はこれからも続けていきます。」

自覚している性格は企業研究でマッチさせてポジティブに!

自覚している性格は企業研究でマッチさせてポジティブに!

自覚している性格は、企業研究をしっかり行い、その企業にマッチしていることが大切です。上手にマッチできれば、企業からの印象もいいものになります。また、自分の性格を企業にマッチさせていくことをアピールすることで、就職活動に活かすことができます。自分の性格を見極めて、就職活動では相性がいい企業と出会うことが大事でしょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC