就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

黙々とできる仕事15選!求人の特徴や男性女性問わず家で取り組める仕事も紹介

黙々とできる仕事15選!求人の特徴や男性女性問わず家で取り組める仕事も紹介
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

黙々とできる仕事には、どんなものがあるのか知りたいという人も多いのではないでしょうか?この記事では、黙々とできる仕事15選を、正社員求人と副業に分けて解説します。記事の最後には、黙々とできる仕事をするためのコツについても解説しますので、これから仕事を探していきたいという人は参考にしてみてください。

黙々とできる仕事の特徴

黙々とできる仕事の特徴

黙々とできる仕事はいくつもありますが、これらの仕事にはいくつかの特徴があります。

コミュニケーションが少ない

「黙々」という言葉は「黙って取り組む様子」という意味があります。

そのため、黙々とできる仕事とは一人で静かに取り組むことができる仕事、つまり他人とのコミュニケーションが他の仕事よりも少ない仕事となります。

人とコミュニケーションをするのが苦手な人や、コミュニケーションがきっかけでトラブルになり、できることなら人と会話しないような仕事に就きたいという人も少なくはないはずです。

黙々とできる仕事に就くことができれば、必要最低限の会話だけで仕事に集中することができます。

仕事のスケジュールが決まっている

黙々とできる仕事はコミュニケーションが少なく済みますが、これは「イレギュラーが発生しづらく、あらかじめ決まったことだけをすればいい仕事」だからだと言えます。

つまり、黙々とできる仕事は、1日のスケジュールが決まっており、いつ何をすればいいか指示を仰いでその通りに仕事をすればいいという気楽さがあります。

自分で仕事を見つけて取ってきたり、イレギュラーが発生して度々残業をしたりといった仕事から開放されますので、比較的ストレスを感じにくいのが特徴です。

在宅でもできる

黙々とできる仕事は在宅でもできるといった特徴があります。

現在在宅勤務が主流の仕事はもちろん、オフィスに出社してもコミュニケーションを取らずに在宅だけで回せるような仕事も、黙々とできる仕事の可能性が高いです。

基本的に在宅でできる仕事は、ミーティングがない限り一人で進められる時間も多いので、集中できる環境で仕事が進められます。

黙々とできる仕事のメリット

黙々とできる仕事にはメリットもデメリットも存在しますので、合わせて理解しておくようにしましょう。

まずはメリットから解説します。

メリット1.人間関係のストレスを感じづらい

黙々とできる仕事はコミュニケーション量が他の仕事に比べて少ないため、必然的に人間関係でストレスを感じづらいといったメリットがあります。

「人と話すことそのものにストレスを感じる」「普通に話してくれているけど、裏でどんなことを思っているのか怖い」など、会話が原因で感じるようなストレスは感じにくいため、コミュニケーションが苦手な人でも仕事が長続きしやすいでしょう。

メリット2.自分の頑張りで業務量をコントロールしやすい

黙々とできる仕事はあらかじめ仕事のスケジュールが決まっていますので、自分の頑張り次第で、ある程度業務量をコントロールしやすい職場も多いです。

予定よりも早く仕事を進められれば、残った時間でゆっくり仕事と向き合えますし、残業をほぼしないで退勤できる職場も珍しくありません。

メリット3.仕事に集中しやすい

黙々とできる仕事は、文字通り誰かに邪魔されることが少なく、集中して仕事に取り組める環境というのもメリットです。

誰からも邪魔されず、自分だけの世界で仕事のことだけを考えられますので、生産性高く仕事に取り組み、業務後はプライベートの時間を充実させることも可能です。

黙々とできる仕事のデメリット

続いて、黙々とできる仕事のデメリットについて解説します。

デメリット1.孤独を感じやすい

黙々とできる仕事は一人で進められる反面、組織に属している感覚やチームワークをあまり感じられなくなり、結果として孤独を感じやすくなるというデメリットがあります。

また、孤独を感じながら仕事をすることで、仮に仕事で嫌なことがあったときやつらいときに、気軽に相談しにくくなってしまうこともあり得ます。結果として、仕事のストレスを抱えたまま一人で仕事をしなければならないという悪循環に陥ることもあるでしょう。

デメリット2.トラブルを一人で対処する必要がある

黙々とできる仕事は、一人ひとりに任された仕事がその人だけのものになりやすいため、何かトラブルが発生しても自分一人で対処することが求められます。

ある程度キャリアを積んで仕事の流れが分かっていれば問題ないかもしれませんが、入社したてでトラブルの処理と向き合うことになれば、戸惑ったり混乱することがほとんどです。人によっては、その仕事に就いたことを後悔してしまうかもしれません。

デメリット3.年収が低くなることもある

黙々とできる仕事は、一定以上のスキルや知識が求められるスペシャリスト的な仕事と、ロボットでも代替できるような単純作業の仕事の2つに分けられます。

後者の場合は平均年収が低くなりやすいだけでなく、将来的なキャリアも不透明になりやすいため、しっかりと自分のキャリアビジョンを意識しながら就職活動を進めていく必要があります。

黙々とできる仕事11選

ここからは黙々とできる仕事を、11個解説します。

それぞれ仕事内容や求められる力は変わりますので、自分の希望に一番近い仕事を見つける手がかりにしてみてください。

事務 [黙々とできる仕事 1/11]

事務は会社の事務作業を行う仕事で、業務領域によって経理・総務・労務・人事といった職種に分かれます。

基本的にあらかじめ定められた事務ルールに従って仕事をしていくことになりますので、オフィスに勤務していても黙々と仕事に取り組めます。また、近年は在宅勤務を取り入れる事務の仕事も増えています。

また、ある程度規模のある会社であれば、仕事内容が一人一人細分化されているため、仕事に慣れてきたら自分の仕事を早めに終わらせて定時退社をする日々も過ごせるでしょう。

警備 [黙々とできる仕事 2/11]

警備職は、自分に与えられた持ち場の安全を見守る仕事です。監視室のようなところで座りながらモニターをチェックするスタイルの警備職もありますが、多くは立ち仕事になりますので、ある程度の体力が必要です。

業務中は基本的に誰かと話すことは少なく、持ち場を一人で警備することになるため、コミュニケーションも少ないものの、異常事態が発生したら直ちに現場へ駆けつける必要があり、イレギュラーに対応できる力が求められます。

清掃[黙々とできる仕事3/11]

清掃職は、ビルやオフィス内、お手洗いなどを掃除する仕事です。
職場によっては汚い場所を掃除しなければならなかったり、ビルの外窓の清掃を担当することもありますので、どんな場所やモノを清掃するのかは求人票でしっかり確認しておく必要があります。

仕事内容も覚えやすく、入社してから時間がかからないうちに独り立ちでき、すぐに黙々と仕事ができるのがポイントです。

ビルメンテナンス[黙々とできる仕事4/11]

ビルメンテナンス職は、主にオフィスビルや商業施設を支える機器・機械全般のメンテナンスを行う仕事で、日勤だけでなく夜勤(当直)といったシフト勤務も存在します。

資格補助手当を支給している会社も少なくなく、メカニック関係の資格を入社後に取得できれば、資格を取った分の手当が毎月支給され、スキルだけでなく収入も上げることが可能です。

職場にもよりますが、勤務中はモニターを見て異常がないかを確認したり、機器・機械の定期メンテナンスを行うため、知識がついてくれば仕事をルーティンで黙々と回せるようになるでしょう。

ドライバー[黙々とできる仕事 5/11]

タクシーや長距離ドライバーなども黙々とできる仕事の一つです。

人やモノなどを安全に運ぶことが仕事になりますので、ある程度のドライビングスキルはもちろん、安全運転をし続けなければならないため、集中力を維持しなければならないといった大変さはあります。

しかし、丁寧な運転さえできれば基本的に人とのコミュニケーションはほとんど発生せず、ドライブをする気持ちで仕事を黙々とできるでしょう。運転好きの人には特におすすめしたい仕事です。

工場スタッフ[黙々とできる仕事 6/11]

工場スタッフは、工場に勤めて決められた作業をひたすらこなす仕事です。

「間違い(不良品)を出さないこと」が仕事で最も大切なことになりますので、臨機応変な対応が求められる仕事はしたくない人に向いています。

勤務時間中は黙々と仕事に集中できますが、工場という閉ざされた環境のため、閉塞感を感じる人はいるかもしれません。休憩時間や退勤後に苦手な人とコミュニケーションをしなければならない可能性は少なくありません。

デバッガー[黙々とできる仕事 7/11]

デバッガーとは、リリース前のゲームに不具合やバグが無いかをチェックする仕事のことを言います。

ただゲームをプレイすればいいという訳ではなく、予め決められた操作をひたすら繰り返し、バグを見つけたら分かりやすく報告することが求められます。

作業を黙々と行うことになりますので、人とのコミュニケーションを減らし、集中して仕事に取り組みたい人には向いていますが、「ゲームが好きでゲーム作りに携わりたい」という思いだけで入社すると、思わぬギャップを感じるかもしれないでしょう。

ルート営業 [黙々とできる仕事 8/11]

ルート営業とは営業の種類の一つで、会社として既に取引のある顧客の元へ定期的に訪問して営業をする仕事です。

営業職ではありますが、既に取引のある顧客と対峙すればよいため、そこまで高いコミュニケーション能力は必要ではありません。

他人とコミュニケーションを取らなければならず、加えて営業という仕事のため顧客要望に応えられる行動力は必要になりますが、平均年収が高めで、その後のキャリアアップも見込みやすいのがポイントです。

ITエンジニア[黙々とできる仕事 9/11]

ITエンジニアは、プログラミングスキルを用いてシステムやアプリの開発・運用を行う仕事です。経験者しか就くことができないと思われがちですが、会社によってはITエンジニア未経験者を採用し、自社独自の研修プログラムを経てある程度のスキルを習得させてくれるところもあります。

ITエンジニアは自分のタスク開発範囲をこなせばいいので、黙々とできる仕事であることに加え、キャリアパスに豊富な選択肢があることが魅力の仕事です。ITエンジニアは慢性的に人手不足になっているものの、その求人数よりも経験者が少ないため、転職しやすい市況感が続いています。

また、実力を身につけることができれば、将来的に独立してフリーランスという働き方も可能です。黙々とできる仕事を探しているものの具体的な仕事は思い付いていないという人に、ぜひおすすめしたいのがITエンジニアです。

Webデザイナー[黙々とできる仕事10/11]

Webデザイナーは、クライアントから依頼されたWebサイトのデザインや開発を行う仕事です。デザイナーという言葉が付いていますが、どちらかというとWeb製作者というイメージの方が近いかもしれません。

配色や文字・写真の配置などある程度のセンスは必要ですが、クライアントのイメージに合うようなデザインになるよう黙々と作業し、デザインの調整を行っていける忍耐力も必要となります。

また、作成したデザインを実際のWebサイトに表示させるため、Webサイトを構築するためのプログラミング言語であるHTMLやCSSなどを用いてコーディングという作業も担当します。集中力と根気をもって黙々と作業できる姿勢が大切な仕事です。

研究・開発[黙々とできる仕事 11/11]

研究開発職は、主にメーカーなどに勤め、新製品の開発研究を行う仕事です。

理系の大学院卒であることが条件になっている職場が大半で、仕事のなかでも特に高い専門的な知識が必要です。その分給料が高かったり、新しいものを開発するやりがいがあったりと、魅力的な仕事と言えます。

研究開発職は担当者も比較的少なく、個々人の集中できる環境が用意されている職場もあり、自分の研究に対して黙々と作業できるでしょう。

家で黙々とできる仕事・副業4選

黙々とできる仕事は、副業の分野にも存在します。

ここでは副業としての人気も高い4つの仕事を解説します。

Webライター [家で黙々とできる仕事 1/4]

Webライターは、Web上に公開される記事を企画・執筆する仕事です。

近年の在宅副業ブームで注目を浴びている仕事でもあり、パソコン一台あればすぐに始められるという手軽さも人気の要因の一つです。

フリーランスで働く場合、クライアントに営業をかけて案件を獲得していかなければないこともあります。記事の制作においてクライアントとのコミュニケーションは一定発生しますが、定められた納期を守れれば自分のペースで記事執筆に黙々と取り組むことができます。

記事執筆のみであれば完全リモートで行えますので、自宅で作業ができ、副業として取り組んだりスタートしたりしやすい仕事です。

世間の情報源は動画が主流になってきているものの、記事の需要は依然落ちておらず、将来性もある副業の一つです。一定以上安定して稼げるようになれば、本業にシフトしていくことも可能です。

動画編集者 [家で黙々とできる仕事 2/4]

動画編集者は、元となる動画素材を受け取り、動画投稿サイトにアップロードするための動画の編集作業を行う副業です。

最近ではYouTuberやTikTokerなど動画投稿者が増えてきており、それに伴って動画編集を外注するケースも多くなっています。

動画編集ソフトを扱うスキルは必要ではあるものの、そこまで高い編集技術が必要ないケースも多く、基本的な知識と、カットやテロップ入れができれば副業としてお金を稼げると言われています。

動画編集者として経験を積んだ後は、自身が動画投稿者となり更に稼いでいくことも可能であり、作業も黙々とできるのが特徴的です。

プログラミング [家で黙々とできる仕事 3/4]

プログラミングは、元々ITエンジニアとして働いていた人はもちろん、独学で基本的なプログラミングスキルを習得して副業で始めている人もいる副業です。

仕事の大まかな流れは「クライアントから発注をもらう→プログラミング開発を行う→納品する」といったものであり、コミュニケーションが少なく黙々と取り組めるのが特徴です。

プログラミングスキルの習得にはやや時間がかかりますが、その分報酬の単価も高く、一つの案件で数十万円にもなる報酬額のものもあります。

需要はこれからも伸びていくことが期待でき、中長期的に働いていきたい人にもおすすめな副業の一つです。

投資・株 [家で黙々とできる仕事 4/4]

いわゆる「仕事」とは違いますが、投資や株も、会社員として働きながらプライベートで取り組む人が増えてきています。

特に株は、元手が少なく取り組み始められる仕組みのサービスも増えており、お小遣い稼ぎからガッツリ稼ぐ人まで様々です。

また、投資信託やNISAなど、長期的な資産形成に適した商品も充実してきていて、忙しい人でも片手間かつ比較的低リスクで投資を行えるといった魅力があります。

とは言え、FXや仮想通貨など、ギャンブルのようにお金の浮き沈みが激しい商品もあります。正しい知識が無いままのめり込んでしまうと、思わぬ金銭トラブルに繋がる可能性もあるので気をつけてください。

黙々とできる仕事に就くコツ

黙々とできる仕事は、コミュニケーションをあまり取りたくない人にとって魅力的な仕事ですので、しっかりと対策をしないと就職できません。

ここでは、この記事で取り上げたような、黙々とできる仕事に就くためのコツについて解説します。

自分が本当に向き合える仕事か確認する

黙々とできる仕事が本当に自分にとって合っている仕事なのかは、十分に確認しておきましょう。

黙々とできる仕事は、これまで解説した通り、人とのコミュニケーションが少ない仕事になります。

そのため、仕事で行き詰まってストレスを感じた時であっても、その仕事に向き合い続けなければなりません。ストレスを抱えたとしても熱中できるような仕事に就かないと、黙々とできる仕事が逆に自分にとってストレスになる可能性があります。

黙々とできる仕事が自分にとって熱中できる仕事かどうかは、自己分析をして検証する必要があります。

自己分析とは、自分の今までの経験を棚卸し、強みと弱みをはっきりと理解することで、自分に合っている仕事の特徴や、自分らしく働ける職場を見つけるための分析を指します。

長期的にストレスの少ない就職をするのに大切な分析であり、就職活動をする際には誰もが行うべきと考えられています。

自己分析のやり方が分からないという人には、弊社ジェイックの就職カレッジ®がおすすめです。

就職カレッジ®の無料就職講座では、自己分析の方法を就職活動のプロから直接教わることが可能です。

企業分析をして企業の安定性を見極める

黙々とできる仕事に就くためには、自己分析だけでなく企業分析も大切です。

黙々とできる仕事の中でも、あまりに単調な仕事内容のものは生み出す利益が少ないため、会社の業績が傾けば仕事が無くなってしまう可能性があります。

そのため、比較的単純作業がメインの仕事に就くときは、安定している企業に勤められるかが非常に大切になりますし、その企業の見極めには企業分析が不可欠です。

就職カレッジ®の無料就職講座では、企業分析の方法が学べますので、気になる人は以下のリンクからチェックしてみてください。

しっかりと面接対策を行う

黙々とできる仕事をしたい人の多くは「コミュニケーションが苦手」と思っているのではないでしょうか?

しかし、黙々とできる仕事に就くためには面接というコミュニケーションの場を乗り越えなければないため、面接対策を人一倍しっかり行う必要があります。

就職カレッジ®の無料就職講座では、面接対策についても学ぶことが可能です。

好ましい話し方や言動、基本的なビジネスマナーや想定質問への準備など、しっかりと面接対策を行って、自分らしく働ける職場への入社を目指す一歩にしてみてください。

黙々とできる仕事に就ける!就職カレッジ®とは?

黙々とできる仕事に就きたいという方には、弊社ジェイックの就職カレッジ®の活用がおすすめです。

ここからは、就職カレッジ®の4つの特徴についてご紹介します。

20代を専門に正社員就職サポートを行う就職エージェント

就職カレッジ®は、20代を専門に正社員就職支援を行う就職エージェントであるジェイックが実施する就職支援サービスです。

特に「フリーター・ニート・第二新卒・既卒」を対象にサービス展開をしており、今までの就職支援実績は23,000名以上※1 という実績があります。

また、就職エージェント部門において以下の3冠を達成しているのもポイントです。

  • 「自分に合う仕事が何かを一緒に考えてくれると思う」就職エージェントNo.1
  • 「就活が初めての方におすすめしたい」就職エージェントNo.1
  • 「安心して相談できると思う」就職エージェントNo.1※2

以上のことから、初めての就職活動で正社員を目指そうとしている方全員におすすめできる就職エージェントとなっています。

※1:2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

※2:業務委託先 日本コンシューマーリサーチ/調査期間 2021年9月17日〜9月19日/調査概要 就職エージェント10社を対象としたブランド名イメージ調査/調査方法 インターネット調査/調査対象 社会人見経験者551名

無料就職講座で就職率は8割超えの実績

就職カレッジ®に登録した方は誰でも、就職活動のプロが教える無料就職講座が受講できます。

この講座では、以下のようなカリキュラムを学ぶことが可能です。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の作成方法
  • 面接の個別対策

いずれも黙々とできる仕事に就くために大切な講座であり、集中的に学べるため「時間がない」という方でもすぐに就活対策が完了します。

この講座の開催もあり、就職カレッジ®を利用した方の就職率は81.1%※1 と非常に高い数値となっています。

一般的なフリーター・既卒の就職成功率は約34.4%※2 のため、普通に就職活動するよりも約2倍就職しやすいと言えるでしょう。

※1:2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

※2:2020年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査より引用

集団面接会で黙々とできる仕事に出会える

無料就職講座を受講した方は、就職カレッジ®が主催する集団面接会に参加できます。

この集団面接会には、社会人未経験者やキャリアの浅い方を積極的に採用したいと思っている企業のみが集まるため、未経験から黙々とできる仕事の内定も狙えます。

1日で複数の企業担当者と面接できることもあり、自分の希望にあった職場を探しやすいのも特徴です。

また、この集団面接会では書類選考をスキップできるという特典もついています。最短2週間で内定まで至ったケースもあり、就職活動に時間をかけたくないという方に特におすすめです。

定着率9割超の徹底したサポート体制

就職カレッジ®では、登録から内定まではもちろん、内定後まで徹底したサポート体制を用意しています。

「就職したけど思っていたように黙々と仕事ができない…」「職場の人間関係が悪くて仕事を教えてもらえない…」など、実際に就職してから悩みを感じたら、いつでも無料で専任のアドバイザーに相談できます。

こうしたサポート体制の徹底により、就職カレッジ®を使って就職した人の定着率は91.5%※と高い実績を誇ります。

初めての就職を安心できるものにしたいという方は、ぜひ就職カレッジ®を活用してみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

黙々とできる仕事には特徴やメリットでメリットがありますので、それぞれ正しく理解した上で、この記事で紹介したような仕事の求人票から見てみることをおすすめします。

また、黙々とできる仕事に就職するために、ジェイックの就職カレッジ®の利用がおすすめです。以下のリンクから30秒程度で無料登録できますので、気になる方はチェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等