就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

無口な人に向いてる仕事10選-自分の強みを活かして仕事へ就くためには-

無口な人に向いてる仕事10選-自分の強みを活かして仕事へ就くためには-

無口な人には、どのような仕事が向いてるのでしょうか。本記事では、無口な人に向いてる仕事の特徴やおすすめの職種、長所・短所などについてご紹介しています。無口であるという自分の特徴を、良い方向へ活かせる仕事を見つけてみましょう。

無口な人とは?

無口な人とは?

無口な人は、実は意外といるかもしれません。「人からはそうは見られないが、本質は無口なほうである」という人もいそうです。無口な人の性格について、まずは簡単に知りましょう。

性格についてのおさらい

無口な人には、以下のような傾向が見られます。

  • 口下手である
  • 会話は聞き役が多い
  • 心を開いた人にはよくしゃべることも
  • 慎重派
  • 自分の頭のなかでいろいろと考えるのが好き
  • 沈黙が苦になりにくい

「無口だからダメ」ということではなく、あくまでひとつの特性・性質だと考えるとよいでしょう。

無口な人が向いてる仕事の特徴

無口な人が向いてる仕事の特徴

無口な人は、どのような仕事や職場環境に適性があるのでしょうか。無口な人に向いてる仕事の3つの特徴をご紹介します。

特徴1.会話がなくてもできる

無口な人は、人とあまり会話をしなくても成り立つ仕事や、会話量が少なくて済む仕事を選ぶのがベストです。

すべての人が、話すことが得意なわけではありません。無口な人が無理にたくさん話そうとするとストレスになる可能性も高いため、会話があまり必要ない仕事を選んだほうがよいでしょう。

特徴2.静か/落ち着いた職場環境

無口な人は、にぎやかな場所自体は苦手ではなくても、うるさい場所で長時間働くと疲れやすい傾向があります。

自宅でできる仕事や、比較的静かなオフィスや勤務場所などを選んだほうがよいといえます。一緒に働くメンバーに関しても、自分と似た無口な人が集まる職場のほうが働きやすいでしょう。

特徴3.ある程度任せてもらえる

無口な人の場合、細かく人と話し合って調整したり、こまめに連絡したりすることがあまり得意ではありません。必要に応じて、報告や相談をするという仕事のほうが合っています。

一定の裁量を持、ひとりで取り組むことができる仕事のほうが成果を出しやすいといえるでしょう。

無口な人に向いてる仕事10選

無口な人に向いてる仕事10選

無口な人に向いてる仕事10職種を、平均年収や仕事内容なども合わせてご紹介します。

おすすめの仕事1.事務

doda「平均年収ランキング(職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」によると、事務職の平均年収は332万円です。

企業によって業務範囲は異なりますが、たとえば社内や取引先に送る文書の作成、従業員への事務連絡、来客や問い合わせへの対応などの仕事を担当します。社外の人と交流する機会はあまりないため、無口な人にとってストレスが少ない仕事といえます。

おすすめの仕事2.警備員

求人ボックス給料ナビ「警備員の仕事の年収・時給・給料情報」によると、警備員の平均年収は328 万円です。

施設などにおいて、見回りや不審者のチェック、点検などを行うのが主な仕事です。勤務中はひとりでいることも多く、話さない時間も長い仕事のため、無口な人には適性があります。

おすすめの仕事3.ドライバー

平均年収.jp「トラック運転手(ドライバー)の年収を詳しく解説」によると、ドライバーの平均年収は393万円です。

大型トラックなどを運転して、品物を予定通りに配送することが仕事です。長距離をひとりで運転することが多くなるため、無口な人も他人に気兼ねせず仕事ができるでしょう。

おすすめの仕事4.薬剤師

求人ボックス給料ナビ「薬剤師の仕事の年収・時給・給料情報」によると、薬剤師の平均年収は499万円です。

処方箋をもとに、薬剤の調合や準備、患者への説明などを担当します。少人数制の職場が多く、集中してミスなく薬を用意する必要があるほか、資格職で需要も高いため、無口な人も活躍しやすい仕事のひとつといえます。

おすすめの仕事5.調理師

求人ボックス給料ナビ「調理師の仕事の年収・時給・給料情報」によると、調理師の平均年収は326万円です。

飲食店や病院、福祉施設、ホテルや旅館、社員食堂などで、調理や仕入れ、メニューの考案などをする仕事です。調理師免許が必要にはなるものの、衛生面などの点からも調理中はあまり話す機会が少なくなるため、無口な人も働きやすいでしょう。

おすすめの仕事6.電気工事士

求人ボックス給料ナビ「電気工事士の仕事の年収・時給・給料情報」によると、電気工事士の平均年収は423万円です。

建物などにおける電気設備の安全を守るための工事を担当する仕事で、資格が必要になります。専門知識やスキルが必要な仕事ですが、黙々と作業に集中することになるため、無口な人と相性の良い仕事といえます。

おすすめの仕事7.在宅でできる仕事全般

厚生労働省「平均給与(実質)の推移(1年を通じて勤務した給与所得者)」によると、2018年の労働者の平均年収は433.3万円です。(※日本の平均年収を参考)

基本的に、パソコンで完結できる仕事と、自分で材料や機材を揃えて作品のづくりなどをする仕事は、在宅でできるケースが多いといえます。ITやWeb、クリエイティブ系の仕事などのジャンルは、在宅でできる仕事の比率が高めです。

おすすめの仕事8.セラピスト

求人ボックス給料ナビ「セラピストの仕事の年収・時給・給料情報」によると、セラピストの平均年収は355万円です。

リラクゼーションサロンやエステサロンなどで、疲れを軽減させたり美容などに特化した施術を行います。施術中は静かにリラックスしたいという人も多いため、無口な人でも問題なく活躍できる可能性が高いでしょう。

おすすめの仕事9.飼育員

求人ボックス給料ナビ「飼育員の仕事の年収・時給・給料情報」によると、飼育員の平均年収は314万円です。

動物園や水族館などで、生き物の世話や安全管理などをすることが仕事です。基本的に、接する相手が人間ではなく動物や魚になるため、無口な性格であっても仕事に取り組みやすいでしょう。

おすすめの仕事10.診療放射線技師

求人ボックス給料ナビ「診療放射線技師の仕事の年収・時給・給料情報」によると、診療放射線技師の平均年収は371万円です。

放射線などを使用するレントゲンやCT、MRIなどで患者の画像を撮影する仕事で、安全に行うためには専門知識や技術を要するため、国家資格が必要です。必要な指示以外はあまり会話をする機会が少ないため、無口な人に適性があるといえます。

無口な人には不向きな仕事

無口な人には不向きな仕事

無口な人に不向きな仕事や職場とその理由について、それぞれご紹介します。自分に合った仕事を選ぶためにも、自分の性質とあきらかに合わない仕事は、なるべく避けたほうがよいかもしれません。

向かない仕事1.営業

営業は、人と話すことが仕事ともいえます。無口な人とは、根本的に相性が悪い仕事といえるかもしれません。商品やサービスの説明のみならず、雑談や細やかなケア・サポートなどを通じて関係性を深めていくことも求められます。

ただし、無口でも営業成績が良かったり、顧客に信頼されたりしている人もなかにはいます。「無口だが人と接することは好き」という人は向いている可能性もあるため、ノルマが厳しくないルート営業などであれば、検討してみてもよいでしょう。

向かない仕事2.コールセンター

コールセンターは、顔が見えないためすべて会話でやりとりが成り立ちます。無口な人にとっては苦痛に感じる可能性が高いといえます。

コールセンターに限らず、電話を使う機会が多い仕事は、無口な人には不向きです。ただし、顧客からのメールやチャットなど文章を使った対応の仕事であれば、適性がある可能性は高いでしょう。

向かない仕事3.社内行事が多い職場

飲み会や社員旅行など、会社の行事やイベントが多い職場は、無口な人は最初から避けたほうが無難です。

コミュニケーションを求められる機会が多い職場では、無口な人は気を遣って疲弊しがちです。また、周囲から「無口」という自分の特性を理解してもらいづらいリスクもあります。なるべく、プライベートの関わりが少ない職場を選んだほうが良いといえます。

向かない仕事4.広報

広報のように、自社や自社が扱う商品・サービスをPRしていくような仕事は、無口な人は適性がありません。積極性や話の上手さなども、仕事に必要な要素として含まれるためです。

外に出て人や企業とのつながりをつくっていったり、メディア対応をしする機会もあったりするため、そもそも無口な人は活躍しづらい職種かもしれません。

向かない仕事5.美容師

接客業のなかでも、美容師はお客さんとの会話が多い職種です。会話を楽しんでもらったり、コミュニケーションを取って指名客を増やしたりすることも仕事の一環だからです。

特におしゃべりが好きなお客さんの場合、無口な接客を物足りなく感じ可能性が高いといえます。無口な人は、できれば避けたほうがよい仕事です。

無口な人の性格的な特徴

無口な人の性格的な特徴

最後に、無口な人の特徴について、改めて長所・短所それぞれに分けてご紹介します。「自分は無口なほうだ」という自覚がある人は、改めてご自身の性格への理解を深めてみましょう。

無口な人の長所

無口な人の長所としては、以下が考えられます。

長所1.人を傷つけない

無口な人の多くは、人が嫌がるような言葉を口にしてしまうことは少ないでしょう。慎重に考えて発言するため、意図せず人を傷つけてしまうことはほぼないといえます。

「口は災いの元」という言葉もあるように、悪気がなかったとしても不用意な発言はトラブルを生みかねません。無口な人は人間関係が平穏なことが多く、人から安心感を持たれやすいといえます。

長所2.粘り強さがある

無口な人は、愚痴や弱音を言うことが比較的少ないといえます。たとえ壁にぶつかっても「もう少しがんばってみよう」と、黙々と取り組むことができるという強みがあります。

その結果、仕事で専門知識やスキルを身につけたり、実績を積んでいったりしてステップアップができます。気づいたときには、高いレベルに達していることも多いでしょう。

長所3.ミスや早とちりが少ない

無口な人はよく考えて行動するため、ミスや早とちりなどはあまりしないでしょう。人の話を聞いたり注意事項などを確認したりしてから動くことが多く、致命的な間違いをしてしまうことはかなり少ないといえます。

人の話を最後まで聞かずに行動したり、深く考えずに動いてしまったりすると、あとからトラブルに発展することもあります。無口な人は、大きなトラブルを回避するのが得意といえるでしょう。

無口な人の短所

無口な人の短所としては、以下が考えられます。

短所1.自分の気持ちを伝えるのが苦手

無口な人は口数が少ないため、自分の考えていることを人に伝えるのがあまり得意ではありません。人によっては、やがてストレスが蓄積してつらくなることもあります。

自分の想いを多少は伝えていかないと、黙っていてもなかなかわかってもらえません。「本当はこうしたい」「自分はこう思う」ということを、少しずつでも人に伝える訓練をしましょう。

短所2.人間関係が広がりにくい

無口な人は、人との交流を深めたり、新たに人と知り合ったりすることに慎重になりがちです。そのため、限られた人とだけ付き合っていくという人も多いかもしれません。

特定の人とのみ付き合うのは悪いことではありませんが、新たな出会いがよいきっかけになったり、刺激を受けたりすることはあります。人とのコミュニケーションを恐れすぎず、少しだけ行動範囲を広げていってもよいでしょう。

短所3.誤解されることもある

無口な人は、場合によっては誤解されてしまうこともあります。たとえば「あの人はあまりしゃべってくれないけれど、嫌われているのかな」と不安に感じさせてしまうこともあるかもしれません。

誤解を与えないために、ある程度自分のキャラクターを知ってもらう努力は必要です。「自分は話すのがあまり得意ではない」ということを、周囲にあらかじめ伝えておくとよいでしょう。

まとめ

まとめ

無口な人は、世の中にたくさんいます。会話やコミュニケーション能力を求められる仕事では活躍しづらいかもしれませんが、自分に合った仕事や職場を見つけることができれば、無口であることが仕事に支障をきたすことなく、むしろ活かせることもあるでしょう。

弊社ジェイックでは「自分の性格にマッチする仕事がしたい」という方に対し、プロのアドバイザーがご相談に乗ることが可能です。「無口な自分に向いてる仕事に何があるのか知りたい」という方は、お気軽にご相談ください。

【共通】CTAボタン

ABOUT US

古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等