一人でできる仕事!向いてる人や必要な資格を徹底解明!

一人でできる仕事!向いてる人や必要な資格を徹底解明!

仲間と協力し時には助け合い働くことは、多くの場面で求められるものですが、どんな人にも合う働き方とは限りません

人間関係に煩わしさを感じたり、ペースを乱され効率が落ちたりと、自分には合わないと感じている人も多いのではないでしょうか?

それならば一人でできる仕事がしたいと考えている方に、今回は、一人で働くにはどんな仕事があるかをご紹介いたします。

メリットとデメリット、あれば役立つ資格なども詳しく解説します。

この記事を書いているジェイックでは、社会人経験が少ない人、正社員経験が無い人向けに就職支援サービスを提供しています。

自分に合った仕事に就職したい人は、一度私たちに相談しに来てください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

一人でできる仕事が向いている人の特徴

一人でできる仕事が向いている人の特徴

一人で仕事をするには、どんな性格の人が向いていて、どんな力が必要なのでしょうか?一人でできる仕事をするのに向いてる人の特徴を紹介していきます。

自己管理ができて決断力がある人

自分一人で仕事をするとなると、休日、作業時間、スケジュールなどすべてを自分で管理する必要があります。

プログラマーなら開発スケジュール、ライターなら記事を書くペースなど、会社員であれば会社から与えられるスケジュールを、自分で決めることになるのです。

また、自分なりのストレス発散方法を持っていることも大切です。スポーツをしたりなど、体調面に気を配り、健康管理をすることも必須です。

自分で自分を律さないと、一人でできる仕事はできない

一人で働く場合には仕事時間も休憩時間も自由ですから、自分で自分を律することのできる人の方が向いているでしょう。

誰かに管理してもらえる環境でないとダラダラ怠けてしまうという人には向いていないかもしれません。

それでも挑戦したいという人は、何時までにこの作業を終えると決めて、タイマーで作業時間をはかるなど工夫をしましょう。

一人でできる仕事には決断力も必要

決断力も非常に重要です。会社には、相談できる同僚や上司がいますが、一人で仕事をしている場合には、相談相手もいませんし、決断が間違っていようとも、フォローしてくれる人はいません。ですから、責任感をもって決断を下せる、タフな精神力が必要といえるでしょう。

優柔不断でなかなか判断ができないという人には向いていないかもしれません。しかし、決断力のある人の話を聞いたり、私生活でも決断する時間を早める練習をするなど努力をすることで改善は見込めるでしょう。

スキルアップのための時間を惜しまない人

スキルアップに時間を惜しまない姿勢を持つ人も、一人で仕事をすることに向いています。

一人で仕事をする場合には、積極的に関連する情報を集めたり勉強することで、スキルアップし、さらなる仕事獲得につながります。

一人でできる仕事をするメリットとデメリット

一人でできる仕事をするメリットとデメリット

たくさんの人と一緒に仕事をするよりも、一人で仕事をした方が結果を出せるというのは、素晴らしいことです。一人で仕事をするのは苦手だという人も多い中、一人で仕事がしたい、できる、そう思えることは強みです。では、一人で仕事をするメリットとデメリットを解説していきます。

一人で仕事をするメリット

まずは、一人で仕事をするメリットについて紹介していきます。

人間関係の煩わしさを減らせる

人がたくさん集まると、性格的に合わないと感じる人もいるものです。こういった悩みがなくなるのは、一人でできる仕事のラクな面ですね。

周りの状況に左右されず自分のペースで働ける

突然急ぎの仕事を振られるなど、会社では、自分が決めた計画通りに事が進まない場合が多々ありますが、このようなことはなくなります。

自分が好きなことや特技を活かした仕事ができる

一人で仕事をするとなると、自分が好きなこと、得意なものを仕事にすることになります。好きなことに集中できるのは楽しく、知識や技術も自然と向上していくものです。

周りのペースを気にせず集中して黙々と作業できる

会社で働くと、隣の同僚が世間話を延々としてきたり、上司との雑談に付き合うこともあるでしょう。一人であれば、誰とも話さず黙々と集中して作業しても、邪魔されることはありません。

家や好きな場所で仕事ができる、時間の節約にもなる

会社員となれば、決められた時間に決められた場所で働くのが一般的です。一人で仕事をするとなると、好きな場所を仕事場にでき、家で仕事するとなれば、通勤も必要なく時間を有効に使えます。

設備投資などが最小限で抑えられて副業にもなり収入を増やしやすい

一人で働くなら、高額の設備投資はせずに、自宅のパソコンデスクひとつで稼ぐ、ということも可能です。

また、会社員をしながら副業を進めることで、収入アップの手段にもできます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

一人で仕事をするデメリット

一人で仕事をすることにはたくさんのメリットがありますが、同じくらいのデメリットがあります。デメリットも把握することで、自分が一人でできる仕事に向いてるのかどうかを判断しましょう。

発生したミスについて責任はすべて自分で負う

先ほども説明した通り、一人で仕事をしていると、ミスがあっても代わりに責任を取ってくれる上司はいません。

ミスによってお客様に迷惑がかかっても、謝るのはもちろん自分です。

自分で仕事を獲得しなければならず、自分のミスで仕事を失う場合もある

仕事は待っていても入ってきません。自ら獲得しにいかねば仕事はないのです。

また、一人で仕事をしている場合では、会社ではなく個人とみられるので、ミスをしてしまったら次に仕事をもらいにくくなることもあるでしょう。

病気や怪我で働けない状況になると自分の代わりはいないし収入は減る

一人で仕事をしているとツラいのが、自分の代わりがいないということです。病気や怪我で働けなくなると、即、収入に影響します。

一人の場合は仕事を休む=収入減に直結するのです。

確定申告を行う手間が増える場合がある

多くのフリーランスの人や、一人で仕事をしている人を悩ませているのが確定申告ではないでしょうか。

納税の手続きもすべて自分で行うことになり、慣れないうちはかなり時間と手間がかかるようです。

自力で仕事を得る必要があるため安定せず、将来の不安を感じることがある

自力で仕事を取ってくる必要がありますが、いつも一定量の仕事があるとは限りません。

自分の調子や景気によって、多いことも少ないこともあるので、将来への不安を感じやすいのは事実です。

一人でできる仕事の具体例を正社員とフリーランスに分けて紹介

一人でできる仕事の具体例を正社員とフリーランスに分けて紹介

自分のペースで働きたいという希望を叶えるならば、どのような働き方があるでしょうか。「会社員として働く」、「雇用されずにフリーランスで働く」、この2つにわけてみてみましょう。

正社員や会社員として一人でできる仕事

一人で働くというと、すぐにフリーランスを思い浮かべる方が多いと思いますが、フリーランスでなければ自分のペースで働けないというわけではありません。

正社員でも比較的個人作業の多い職種をあげてみました。

エンジニア・プログラマー

エンジニアはソフトなどのシステムを設計する仕事です。プログラマーはそれに従ってプログラムを構築する仕事です。

専門的な技術を必要とし、常に最新の知識を持つことも必要です。

Webデザイナー

Webサイトのデザインを行う仕事です。基本点なプログラミングに加え、デザインセンスも必要です。

コピーライター

商品を宣伝するためのキャッチコピーを生み出す仕事です。言葉のセンスだけでなく、世の中の流行やトレンドにアンテナを張っておく必要があります。

工場でのライン作業、清掃、ポスティング、新聞配達など

基本的に、正確かつスピーディーに作業することが求められます。場合にもよりますが、ひとつの作業に黙々と集中することができる仕事です。

フリーランスの一人でできる仕事

では、会社に雇用されずに、フリーランスで働く場合はどうでしょうか。

今までは、初期投資も必要でハードルが高いというイメージがありましたが、最近では在宅でできる仕事が増えていることもあり、フリーランスで働きやすい環境が整ってきているようです。

パソコンとネット環境があれば場所や時間を選ばない仕事が多くなっています。

中でも、デザイン関連・Web関連・ライティング関連・作業関連の仕事が在宅でも取り組みやすいようです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

在宅ワークをするには資格は必要?

在宅ワークをするには資格は必要?

在宅で仕事をする場合に、資格は必要なのでしょうか?資格がないとできない仕事もありますし、資格は絶対必要ではないがあった方が仕事をもらいやすい、という仕事もあります。

また、資格など全くなくてもセンスや知識で稼ぐことができる仕事もあります。

在宅ワークに役立つ資格

資格がなくても在宅ワークは行えますが、資格があるからといって在宅ワークが出来ない例はほとんどありません。

在宅ワークに役立つ資格についてまとめたので、家にいながら一人で仕事をしたい方は参考にしてみてください。

MOS

「マイクロオフィススペシャリスト」の略で、ワードやエクセルなどのソフトを使いこなせるという証明になります。エクセルを使ったデータ入力や整理などの仕事を請け負う際には、能力判断の基準になりますので、持っていて損はないでしょう。

日商簿記

経理に関する資格です。1級、2級、3級とありますが、1級以外は在宅ワークをできるほどの力があるとはみなされない可能性が高いようです。また、経理は実務経験なしに、資格を取っていきなり在宅ワーク、というケースはなかなか難しいです。

行政書士

官公庁に提出する書類や、契約書などの正式な書類を、依頼人に代わって作成、申請する仕事で、国家資格です。手堅い資格ではありますが、同業者が多いため顧客を得るのが難しいとも言われています。人脈があり、仕事を回してもらえそうな方には安定した資格かもしれません。

CADオペレーター

CADというソフトを使って、主に建築関係の設計図などを作成する仕事です。専門性の高い技術ではありますが、少なくとも一定期間は会社に入って実務経験を積んだ方が、仕事を受けやすいと思われます。

基本情報技術者

コンピューターの情報処理に関する国家資格で、プログラマーとして働く際に持っていれば、優遇されやすい資格です。

TOEIC

英語力を測る試験です。語学力のみを使って在宅ワークをするとなると、翻訳や、英文の入力などでしょう。

資格がなくてもできる在宅ワーク

次は、資格がなくてもできる在宅ワークを紹介します。資格はないけど、とにかく一人で家で仕事をしたい人には参考になるでしょう。

ブログの運営

魅力的な文章や注目を集めるネタが豊富な人は、ブログを運営することによって広告収入を得ることもできます。集客力のあるサイトにするための知識やセンスが必要になります。

FX、株

FXや株で収入を得るのもひとつの方法です。

常に市場の動向をチェックしたり、時には昼夜関係なく売り買いすることもあるため、ラクとは言えないかもしれません。損をする可能性もあることは頭に入れておきましょう。

上記の仕事は、資格も必要なく誰でも始められますが、絶えず勉強して知識をつけることが肝心で、本当にこれが好きだ、という人にこそ向いているでしょう。

女性が一人でできる仕事をするなら!人気の技術・資格

女性が一人でできる仕事をするなら!人気の技術・資格

女性の中には、ライフステージが変化しても自分で働き方を決められるように、フリーランスや開業に興味のある人もいることでしょう。

女性が一人で仕事をするならばどのような仕事が人気か、ご紹介いたします。

自宅開業で有利

女性ならではの感性やニーズに着目したサービスで、開業し活躍している女性が多いようです。

自宅の一室を仕事部屋にし、初期投資をできるだけ抑えれば、比較的簡単に開業できて一人で仕事を進めることが出来ます。

ネイリスト、エステサロンなどの美容系

趣味で楽しんでいたネイルを仕事にした場合には、仕事と好きなことを両立することができ、満足度は高いでしょう。

エステサロンなら、しっかりと技術を学ぶことが必要ですが、単価が比較的高いのでモチベーションが上がりそうです。

ベビーマッサージ、チャイルドマインダーなどの子育て系

ベビーマッサージは最近ブームになっているようです。チャイルドマインダーとは、家庭的・少人数保育の民間資格で、自宅で子どもを預かったり訪問保育などを行います。

セラピスト系

アニマルセラピー、オーガニックフードセラピー、ハーブセラピー、など様々なものを使って疲れや悩みを癒す職業も増えています。

場所問わずできる仕事

自宅だけを仕事場と決めずに、コワーキングスペースと呼ばれる共同オフィスや、旅先でも働くスタイルも増えてきています。

このような仕事であれば、会社員でもフリーランスでも働くことが可能です。会社員の場合は会社の許可が必要ではありますが、最近はノマドワークを推奨する企業も増えています。

パソコンがあればできる、以下のような仕事がこの働き方に向いているでしょう。

Webライター、Webデザイナー

ライターであれば美容、料理、恋愛など得意分野を磨けば、女性向けの媒体で、多くの仕事を得られる可能性はあります。

カウンセラー、アドバイザー系

お片付けカウンセリングや家事収納アドバイザーなど、得意なことを極めて仕事にしている人もいます。悩んでいる人にアドバイスしたり、一緒に解決策を考えたりという仕事です。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

一人でできる仕事を探すには?

一人でできる仕事を探すには?

ここまでお話しした様に、一人で働くといっても、開業するとなると大きな責任も伴いますし、手続き面でもそれなりの時間と労力をかけなければいけません。

安定性で見ると、就職して会社で働くことも大きなメリットといえます。では、どうやって自分に合う仕事を探せばいいでしょうか?

条件に合う企業を見つける

自分のペースで進めやすい職種というのはありますが、同僚とのコミュニケーションがどの程度必要になるかは、会社によって多少の違いがあります。

仕事を探すときに大切なことは、自分の希望をできるだけ整理しておくことです。

よい給料を望むのか、それとも仕事内容の方が重要かなど自身の優先順位を明確化しておくと、探しやすいでしょう。

また、求人サイトや情報誌などを使って自分で仕事を探すこともできますが、しっかりとした就職支援サービスに相談してみるのもよい方法です。

10~20代の方向け就職支援サービス「就職カレッジ」

この記事を書いている株式会社ジェイックでは、「就職カレッジ」という10~20代の就職支援サービスを提供しています。

フリーターや大学中退者、第二新卒の方など、様々な経歴の方を支援しており、就職成功率は81.1%と非常に高いです。学校を卒業してから、アルバイトをしていたが正社員に挑戦したい、という方もお気軽に問い合わせてみてください。

多くの仲間と連携して仕事をするのは向いていない、会社という組織で働くことに抵抗があるという方も、じっくり相談してみると自分に合う職場が見つかるかもしれません。

他者に客観的にみてもらうことで、自分ではわからなかった自身の強みがわかったり、隠れていた本音が引き出されたりするかもしれませんね。

向いてる仕事がそもそも分からない人はどうしたらよい?

これまで、一人でできる仕事について様々な視点から解説してきましたが、そもそも向いてる仕事が分からない方も多いかと思います。

そのような「向いてる仕事が分からない」「やりたい仕事を見つけたい」と悩んでいる方向けに、解決方法をまとめた記事を公開しています。

 

 

 

自分だけで考えていても、どんな仕事に向いてるのか・やりたいのかの答えは出にくいものですので、これらの記事を読んで参考にしてみてください。

就職活動は、自分だけで考えるよりも積極的に情報収集をしたり相談をした方が成功する確率は高まります。ジェイックの就職カレッジではあなた専任の就職アドバイザーが手厚くサポートするので、お気軽にご相談ください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

一人でできる仕事が向いているなら目指してみよう

一人でできる仕事が向いているなら目指してみよう

上司や同僚とコミュニケーションを取るのは苦手だけど、一人で黙々と仕事をするのは得意だという方はたくさんいらっしゃると思います。

会社員になるとどうしても人との関わりが多いので、自分には向かない、と思っている方、そうとは限りません。会社員でも、比較的自分のペースで仕事を進められるポジションもあるのです。

未経験でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから