就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

ストレスのない仕事とは?仕事内容や条件についても解説!

ストレスのない仕事とは?仕事内容や条件についても解説!
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

ストレスのない仕事とは何か?と思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、ストレスのない仕事は男女で変わります。なぜなら、男性と女性で共通する部分もありますが、ストレスを感じる条件が異なるからです。

今回は、ストレスのない仕事や条件に加えて仕事を探す方法も解説しています。こちらの記事を読むことで、ストレスのない仕事を理解でき、就職を有利に進められます。是非最後まで読んでみてください。

ストレスのない仕事とは?

ストレスのない仕事とは?

ストレスのない仕事とは「自分にとって精神的・肉体的負担が少なく、納得感が高く、ある程度やりがいを持って働くことができる仕事」のことを指します。働くうえでのストレスはゼロにはなりませんが、ストレスが少ない仕事に就くことは可能です。

詳しくは後述しますが、たとえば以下のような要素がある仕事は、ストレスのない仕事といえるでしょう。(一例)

  • 自分に向いてると感じる
  • 人間関係がいい
  • ノルマなどが厳しくない
  • 労働環境がよい
  • 信頼して仕事を任せてもらえる

ただし、何を「ストレスがない」「ストレスが少ない」と感じるかは自分次第です。ある人にとってはストレスにならないようなことでも、別の人にとっては強いストレスを感じることもあるからです。

時には苦手なことに挑戦することで成長できる面もあるため、ストレスを避けることばかりが必ずしもよいとは言えないかもしれません。しかし、自分にとってストレスが少ない環境のほうが仕事に集中できるのは確かです。ストレスがない仕事に就くためには、まずは自分の性質や適性などを知ることが大切だといえそうです。

男性のストレスのない仕事10選

男性にとってストレスのない仕事について「仕事内容」「平均年収」「向いている人」「注意点」の4つの観点から、それぞれ解説します。

仕事1:警備員

施設などの巡回や点検、人の出入りのチェックなどが主な仕事です。求人ボックス給料ナビ「警備員の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)」によると、警備員の平均年収は320万円です。

警備員に向いてる人は、ルーティン業務が得意な人、仕事中にあまり会話がなくても気にならない人です。決められたことをしっかりやれば良いため、プレッシャーなども感じにくいでしょう。

注意点としては、立ち仕事が多くなる点が挙げられます。体力が衰えてきて年齢を重ねたときにもずっと警備員の仕事を続けていけるかは、人によるかもしれません。

仕事2:研究職

メーカーや大学、公的機関などで、新しいことを発見するための研究をしたり、すでにある研究結果を応用して新たなものを生み出すための研究をしたりするのが仕事です。求人ボックス給料ナビ「研究開発の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)」によると、研究職の平均年収は518万円です。

自分の専門分野に取り組みたい人、学生時代から研究テーマが明確な人には、特にストレスが少ない仕事です。人によっては天職だと感じられるかもしれません。探求心が強い人、ひとつのことに集中して打ち込める人に向いています。

注意点としては、理系の大学院を修了していることが条件になっている求人が多いため、誰でも就ける職業ではない点です。

仕事3:地方公務員

役所や公共施設などの職員、警察官、消防士、教員など、地域に関わる仕事です。マイナビニュース「公務員のメリット、給料はいくら?」によると、地方公務員の平均年収の目安は約630万円です。

安定した環境でずっと働きたい人、「地域のために貢献したい」気持ちが強い人に向いています。失業リスクがないため、その点でのストレスはありません。民間企業ではないため売り上げ目標などとも無縁で、そういったことにプレッシャーを感じやすい人にもおすすめです。

ただし「公務員=安定」という部分だけを重視して仕事に就くと、合わないと感じたときに悩んでしまうかもしれないため注意が必要です。

仕事4:(SE)社内システムエンジニア

社内のPCや使用しているシステム・ソフト、運営しているサイトなどの不具合をチェックしたり、インフラを整備したり、社内で使用するシステムの開発に携わったりする仕事です。求人ボックス給料ナビ「社内SEの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)」によると、社内SEの平均年収は498万円です。

社内での仕事がほとんどで、関わるのも基本的に自社の社員のみになるため、限られた人とだけ関わりたい、地道にやるべきことをやりたい人に向いています。頼られたり感謝されたりすることも多いため、それがやりがいにつながる人も多いでしょう。

一方で、いろいろな人と触れ合いたい、外に出るのが好きな人は、閉塞感を感じるかもしれません。

仕事5:MR

病院など医療関係の施設を回り、自社の医薬品の情報を提供するのが主な仕事です。マンパワーグループ「【最新版】製薬会社の年収ランキング 製薬会社の年収が高い理由まで解説!」によると、MRの平均年収は500~700万円程度です。(※20~30代の場合)

MRは営業職のなかでも、比較的給与水準が高い仕事として知られています。「多少仕事が大変でも稼ぎたい」という人にとっては、収入面もモチベーションになるかもしれません。学ぶことが好きな人、コミュニケーション能力が高い人に向いています。

注意点としては、一定の専門知識が求められる点です。文系でも働ける仕事ですが、医薬品や薬学などに興味がない人には苦痛になってしまうでしょう。

仕事6:トラック運転手

荷物の集荷や、目的地まで荷物を運搬する仕事です。求人ボックス給料ナビ「トラック運転の仕事の年収・時給・給料」によると、トラック運転手の平均年収は384万円です。

運転が好き・得意な人、体力に自信がある人に向いています。いろいろな場所へ行ったり勤務時間も変則的だったりするため、デスクワークが苦手な人にとっては新鮮に感じられるでしょう。

注意点としては、運転する時間が長いため、孤独に弱い人はつらく感じてしまう点です。一人で行動することが大半になるところを気楽だと感じるか、不安だと感じるかによって適性は変わります。

仕事7:Webライター

Web媒体に特化してライティングをする仕事です。WeiV「Webライターの仕事内容と年収・必要な能力って?」によると、WEBライターの平均年収は240万円です。ただし人によって収入に幅が出やすく、仕事量やキャリアによっても変わってくるでしょう。

一人で作業をするのが得意な人、集中力がある人に向いています。代表的な自宅でできる仕事のひとつでもあるため、家の中で働きたいという人にとっては希望を叶えやすいでしょう。

注意点としては、ただ文章が書けるだけでは厳しい点です。たとえば編集や取材ができる、企画立案ができる、SEO知識がある、ディレクションができるなどの「強み」がひとつでも必要です。

仕事8:工場勤務

工場勤務にはさまざまな業務がありますが、ここでは、食品、家電、雑貨など製品を製造する工場で、主にライン作業を担当する仕事を「工場勤務」とします。平均年収.jp「製造業の年収を解説します。」によると、工場勤務の平均年収は200~400万円台です。(※製造業全般の場合)年代や働き方、勤務先などによっても収入は変わってくるでしょう。

やることが決まっているほうが安心な人、黙々と働きたい人に向いています。寮がある工場ならば家賃などの面でも負担が減るため、そういった面でのストレスも軽減されます。

ただし、飽きっぽい人には不向きです。また、少しのミスがトラブルにつながってしまうため、細かい作業が苦手な人はかえってストレスを感じやすいでしょう。

仕事9:ルート営業

既存の取引先を巡回し、受注やサポート、提案などをする仕事です。求人ボックス給料ナビ「ルート営業の仕事の年収・時給・給料」によると、ルート営業の平均年収は358万円です。

人から好感を持たれやすい人、誠実な人に向いています。ある程度スケジュールを自分で組むことが可能で、外回りは一人で行うことがほとんどなため、マイペースな人も比較的働きやすいでしょう。

注意点としては、こまめなコミュニケーションやサポートが求められるという点です。新規開拓などへのプレッシャーはない反面、気を遣うことが苦手な人は疲れてしまう仕事でもありそうです。

仕事10:大家

アパートやマンション、ビルの一棟や一室を人に貸し出し、経営をして家賃収入を得る仕事です。HOME4U土地活用「【アパート経営】大家さんは儲かるの?収入と仕事内容を解説」によると、大家の年収の目安は約500万円です。(※アパート経営の場合)ただし、所有物件や入居者の有無によって収入は大きく変わります。

干渉されたくない人、自分でものごとを決めたい人に向いています。安定した家賃収入が入る仕組みをつくることができれば、ハードな働き方をしなくてもお金が入ってくる仕事といえます。

注意点としては、初期費用として多くのお金が必要になる点です。また、不動産の専門知識を学んだうえで、収益を生む物件を所有・運営する能力がないと、本業にするには厳しいといえそうです。

女性のストレスのない仕事

女性にとってストレスのない仕事について「仕事内容」「平均年収」「向いている人」「注意点」の4つの観点から、それぞれ解説します。

仕事1:事務職

書類作成や社員への連絡、社内行事の運営、来客対応など、会社の運営を円滑にするための業務を担当します。doda「平均年収ランキング(職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」によると、事務職の平均年収は332万円です。

コツコツ働きたい人、人の役に立ちたい人に向いています。目立つことや人前で話すことが苦手な人にとっても、ストレスが少ない仕事といえそうです。女性が多い職種のため、結婚・子育てとも両立しやすいでしょう。

注意点としては、会社によって「事務」の業務範囲が変わる点です。場合によっては給与計算などの業務も含まれていたり、秘書のような業務を兼ねたりすることもあります。事前に、仕事内容を確認しておくと安心です。

仕事2:薬剤師

病院、調剤薬局、ドラッグストアなどで、薬の調剤をする仕事です。求人ボックス給料ナビ「薬剤師の仕事の年収・時給・給料」によると、薬剤師の平均年収は496万円です。

細かい作業が好きな人、責任感が強い人に向いてる仕事です。資格があればどこでも働けるため転職がしやすく、自分の希望やプライベートの事情によって職場や働き方を変えやすいいという点で、ストレスが少ないでしょう。

注意点としては、同じ薬剤師の仕事でも職場によって雰囲気や求められることが異なる点です。また、6年制の薬科大学を出て資格を取得する必要があるため、就くまでのハードルは高めです。

仕事3:Webデザイナー

Webサイトやスマホアプリなどのデザインをする仕事です。画像編集ソフトの操作、コーディングやプログラムの知識なども求められます。doda「平均年収ランキング2015」によると、WEBデザイナーの平均年収は340万円です。

クリエイティブな仕事がしたい人、将来的に自宅で働きたい人に向いています。自分の生活スタイルに合わせてなど、働き方の選択肢が多いことも利点といえるでしょう。

注意点としては、実務経験を積むことが必須という点です。スクールなどで知識や技術を身に付けるのと、実際の業務で求められるスキルは異なるという点には注意が必要です。

仕事4:コールセンタースタッフ

顧客への電話対応をする仕事です。求人ボックス給料ナビ「コールセンターSVの仕事の年収・時給・給料」によると、コールセンターSVの平均年収は410万円です。アルバイトなど時給制の仕事が多めですが、実務経験を積み、正社員になってスタッフをまとめる立場になるキャリアもあります。

話すことが好きな人、細かいことにクヨクヨしない人におすすめです。対応力やコミュニケーション力が身に付くため、きちんと取り組めば、将来的に他の仕事で活かせる経験もできるでしょう。

注意点としては、どんな相手にでも対応しなければいけない点です。直接顔を合わせるわけではなくても、対人関係が苦手な人は続けにくいでしょう。

仕事5:企画職

市場分析などをもとに商品やサービスの方向性を考えるする仕事です。企画・経営や商品企画などがあります。転職サイト比較Plus「企画職の平均年収はどれぐらい?企画職として年収を高める方法とは?」によると、企画職の平均年収は450万円〜500万円です。

発想力が豊かな人、数字やデータにも強い人に向いています。多くの人と協力して仕事をすることを楽しめる人にとっては、ストレスが少なくやりがいを感じやすいでしょう。

注意点としては、求人が少ない点です。新卒・第二新卒などポテンシャル採用で入社するか、企画職に役立ちそうな職種でキャリアを積んでから転職するか、計画的に目指す必要があります。

仕事6:経理

従業員への給料や取引先に支払う・支払われる費用、社内の備品など、会社のお金全般を管理する仕事です。求人ボックス給料ナビ「経理の仕事の年収・時給・給料」によると、経理の平均年収は413万円です。

数字を扱うのが好きな人、黙々と作業をするのが得意な人に向いています。常に一定の需要がある仕事のため、キャリアを積めば、年齢を重ねても仕事に困らない職種のひとつでもあります。

注意点としては、数字に強くないと不向きという点です。また、繁忙期(決算の時期など)は残業が増えることもあるため、入社前に確認しておく必要があります。

仕事7:地方公務員

役所や公共施設などの職員、警察官、消防士、教員など、地域に関わる仕事です。女性の場合、行政施設の職員や教員などの仕事に就くケースが多いかもしれません。マイナビニュース「公務員のメリット、給料はいくら?」によると、地方公務員の平均年収の目安は約630万円です。

地元で働きたい人、定年まで働き続けたい人に向いています。安定しているため、家庭を持ってからも働きやすい仕事といえるでしょう。

注意点としては、職種によって忙しさが異なる点です。たとえば公立学校の教師の仕事の場合、持ち帰り仕事や休日の部活の指導などで多忙になってしまうこともあり得ます。

仕事8:データ入力

数字や文章などを、決められたフォーマットに入力する仕事です。求人ボックス給料ナビ「データ入力の仕事の年収・時給・給料」によると、データ入力の平均年収は320万円です。

マニュアルやルール通り進めるのが得意な人、細かいことに気づける人に向いています。人と話すことがあまり得意でなくとも、パソコンに向かうのがメインになるため、あまり心配する必要はないでしょう。

注意点としては、安定した求人が少ない点です。大半がアルバイトや空き時間にできる在宅ワークなどの募集で、期間限定の求人も多めです。本業として、またはある程度稼ぎたい人には不向きです。

仕事9:受付

企業や施設などで、来客の案内や取り次ぎ、予約などをする仕事です。求人ボックス給料ナビ「受付の仕事の年収・時給・給料」によると、受付の平均年収は334万円です。

多くの人と接することを楽しめる人、臨機応変に対応できる人に向いています。時にはマニュアルにない対応なども求められるため、対人能力が高い人は能力を発揮しやすい仕事といえます。

注意点としては、年齢を重ねたときのキャリアです。受付の仕事は20~30代などの若年層が比較的多くなっています。語学力などのスキルも身に付けていかないと、やや厳しい面があるかもしれません。

仕事10:クリーニング店のスタッフ

クリーニング店の受付や集荷、引き渡し業務などを担当します。求人ボックス給料ナビ「ハウスクリーニングの仕事の年収・時給・給料」によると、クリーニング店スタッフの平均年収は334万円です。ただし、正社員求人よりもアルバイト・パート求人が大半です。

近所で働きたい人、都合のよい時間に働きたい人に向いています。資格などは不要で研修もあるため、職歴があまりない人でも始めやすい仕事といえるでしょう。

注意点としては、不特定多数と接するため、人付き合いが苦手な人には不向きな点です。限られた時間しか働けない人、扶養内で仕事がしたい人にとってはメリットがある仕事といえるでしょう。

男性にとってストレスのない仕事の条件

男性にとってストレスが少ない仕事として考えられる5つの条件とその理由を、それぞれ解説します。

条件1:残業が少ない仕事

残業が多いと、肉体的にも精神的にも疲れてしまい、余裕がなくなってしまいがちです。「残業代がついて収入が増える方が助かる」「とにかく仕事に打ち込みたい時期」などの場合は、残業が多い仕事でもあまりデメリットを感じないかもしれません。

しかし以下のような場合は、「残業が少ない方がいい」と感じるでしょう。

  • 残業ありきの働き方になっている
  • 残業代がつかない
  • 子育て中など、家庭の時間が必要
  • 趣味や副業などほかにやりたいことがある
  • 仕事ばかりの生活になるのは避けたい

一般的には、男性のほうが長時間働く傾向があるイメージもあります。しかし、過度な残業は多くの人にとってストレスです。残業が少ないことでプライベートややりたいことをやる時間も大切にでき、結果として長く働き続けられることにつながっていくでしょう。

条件2:大きな責任を伴わない仕事

たとえば以下のような仕事は、「責任が重い」といえます。

  • 人の命や安全を預かる仕事
  • 大きなお金を動かす仕事
  • 少しのミスが大きなトラブルにつながる仕事

こういった仕事をする場合、高い集中力や精神力が求められ、ストレスも多くなります。たとえば、医師や消防士、警察官、金融系の仕事などです。

もちろん、どんな仕事にも責任は伴いますし、重い責任が張り合いになるという人もいますが、それが重荷になる人も少なくありません。そのような人の場合、以下のような仕事ならば、そこまで大きな責任を感じなくてよいかもしれません。

  • ミスが起きてもリカバリーしやすい仕事
  • 取引先やお客さんと直接関わらない仕事
  • 休んでも支障が出にくい仕事(調整しやすいなど)

責任が大きすぎず、常に気を張り詰めていなくてもよい仕事のほうが、精神的なストレスは少なくなるでしょう。

条件3:待遇のいい仕事

働くうえで、ある程度給料などの待遇に納得がいっていれば、多少仕事で嫌なことがあっても、大きなストレスを感じにくくなります。逆に、仕事が忙しいのに待遇も悪い場合、やる気をなくしてしまう人もいるかもしれません。

「待遇」は給料以外に、以下のような要素もあります。

  • 各種手当
  • ポジション、役職
  • 勤務時間

すべて理想通りに行くことはむずかしくても、納得できるレベルの待遇を受けることができていれば、仕事のストレスは減るでしょう。

条件4:やることが決まった仕事

いわゆる「ルーティン業務」です。「この時間はこれをやる」など、毎日やるべきことがきっちり決められていることに、安心感を覚える人もいるでしょう。工夫して自分なりに時間を使いたい、スケジュールを組みたい人にとっては不向きですが、決められたことをやるほうが能力を発揮できるケースもあります。

臨機応変な対応が苦手、コツコツ働いていきたいという人は、やるべきことが決まっている仕事を選ぶことで、ストレスなく続けていくことができそうです。

条件5:プレッシャーの少ない仕事

たとえば以下の仕事は、比較的プレッシャーが少ないといえそうです。

  • 一人でやる作業がメイン
  • ノルマがない
  • 人とあまり関わらない

プレッシャーが大きい仕事は、「ちゃんとやらなくては」「失敗してはいけない」など、緊張感にもつながります。常にプレッシャーを感じていると、それが精神的な疲弊につながってしまうこともよくあります。

プレッシャーが気にならない、または多少のプレッシャーがあったほうがやる気が出るという人もいるため人それぞれですが、単独での作業が多い仕事のほうが、プレッシャーを感じず自分のペースで進めていけるでしょう。

女性にとってストレスのない仕事の条件

女性にとってストレスが少ない仕事として考えられる5つの条件とその理由を、それぞれ解説します。

条件1:身体の負担がない仕事

女性の場合、男性と比較するとどうしても筋力などの面が生まれつき異なるため、同じ仕事をしたり同じ時間働いても女性のほうが疲れやすい、という傾向はありそうです。デスクワークなど座ってできる仕事や、外出を伴う仕事でも残業がないなど身体への負担が少ない仕事のほうが、疲労が軽減される面はあります。

逆に、いわゆる「肉体労働」や、深夜勤務がメインの仕事は、男性と比較すると大変だと感じやすいかもしれません。

条件2:ワークライフバランスが実現できる仕事

女性の場合、結婚したり子育てをするようになったりすると、どうしても家庭の時間も重視する必要が出てきます。「家のことはパートナーに任せて仕事に専念する」というタイプの女性もなかにはいますが、全体から見れば少数派ではないでしょうか。仕事でプライベートがおろそかになってしまうことは、どうしても家庭を持つ女性のストレスにはなりやすいでしょう。

家族との時間をきちんと取ることができる仕事を選べば、結果として満足度も上がり、長期的に仕事と家庭を両立していくこともしやすくなります。たとえば、以下のような働き方ができる仕事や職場です。

  • 勤務時間を調整できる
  • 休暇を取りやすい
  • 既婚者や子育て中の人に理解がある

こういった要素があれば、女性の仕事におけるストレスは軽減しやすくなるでしょう。

条件3:人間関係が良好な仕事

全体的に、男性よりも女性のほうが、職場の人間関係に悩みやすい傾向があるかもしれません。女性は共感能力が高くコミュニケーションが好きな人も多いため、人間関係をより気にしてしまう、ということもありそうです。

たとえば以下のような雰囲気の職場だと、ストレスを感じやすいでしょう。

  • ギスギスしている
  • 派閥やグループがある
  • 悪口・愚痴が多い

逆に、以下のような職場ならば、人間関係のストレスはあまりないでしょう。

  • 風通しが良い
  • お互いにフォローし合える
  • いい意味でビジネスライクである

職場の人間関係は、極端にアットホーム・またはドライすぎてもうまくいかないことがあります。ほどよいバランスの職場を選んだほうが、仕事に集中しやすいでしょう。

条件4:自宅で1人で出来る仕事

近年はリモートワークなど自宅で働く方法も浸透してきましたが、男性よりも女性のほうが、自宅での仕事にストレスを感じにくい傾向があるかもしれません。

「家庭と仕事はきっちり分けたい」タイプの人の場合は、通勤して働く仕事のほうが合っています。ただし、仕事の休憩時間に家事を済ませたり、通勤がないぶん家庭に費やせる時間を増やせたりするなど時間を効率的に使えるという点で、自宅で一人でできる仕事のメリットはあるでしょう。人との接触が減ることも、人によっては気楽に感じそうです。

また、夫の都合で転勤などがあっても、自宅でできる仕事ならばどこに住んでも働くことができます。プライベート環境が変化しても仕事を続けやすいという部分は、利点です。

条件5:正当な評価がされる仕事

きちんとやったことを評価してもらえる仕事は、やりがいや自身につながります。どんな仕事であっても、結果ややり遂げたことをきちんと見てもらえる環境のほうが、働くモチベーションにもつながっていくでしょう。

たとえば、評価が以下のような形で還元されると、メリットを感じられるでしょう。

  • 昇給やボーナス額のアップ
  • 昇進
  • 表彰
  • 責任ある仕事、新しい仕事を任される

長く働くうえでは、いわゆる「形だけ」の評価よりも、実際に何かしらの形で還元されたほうが仕事のやる気が増すことが多いでしょう。

ストレスのない仕事を探す9つのポイント

最後に、自分にとってストレスのない仕事を探すためにやっておきたい9つのポイントをそれぞれ解説します。

ポイント1:希望の条件/優先順位を決める

自分にとっての「ストレス」を、できるだけ減らせる仕事を選びましょう。まずは、自分が希望する条件や避けたい要素を思いつくまま箇条書きにして書いていき、そのなかで優先順位を決めるとよいでしょう。ただし、すべて理想通りの仕事はありませんから、譲れないところ以外はあまり気にしすぎないことをおすすめします。

たとえば「通勤」「残業」が自分にとってのストレスだと感じるなら、リモートワークが可能で残業時間が少ない企業、と絞り込むことができます。

ポイント2:離職率のチェック

離職率が高い企業は、何かしらの問題を抱えていることがほとんどですので要注意です。一部の企業では「短期間でキャリアアップし、転職」「独立を前提としている」などの理由から離職率が高い企業もありますが、それらは全体のごく一部です。

後述しますが、求人情報などからチェックしたり、企業のクチコミサイトなども参考になるでしょう。ただし、昔は離職率が高かったが労働環境を見直し、現在は改善してきているケースもあるため、現状がどうなっているのかも見ておくことをおすすめします。

ポイント3:気になる内容は事前に質問

入社前に引っかかる点があるのであれば、あらかじめ質問しておくことでミスマッチを減らせます。「なんとなく聞きづらい」と感じることもあるかもしれませんが、入社する前に不明点をクリアにしておいたほうが、お互いにとって安心です。

たとえば、残業時間の目安やノルマの有無などを聞いてみて「それくらいならがんばれそう」と思うか、「自分にはきついかも」と思うかは人それぞれ違います。ただし、早い段階でお金のことや福利厚生のことばかり聞くと、マイナスの印象になることもあり得ます。ある程度質問は絞り、聞くタイミングも考慮しましょう。

ポイント4:求人情報/会社のサイトを細かくチェック

求人情報や会社の公式サイトを見て、その会社のことをできる限り知るようにしましょう。事前情報が豊富にあれば、入社後のギャップも少なくなります。また、自分に合いそうな企業なのかどうかもわかるでしょう。

ただし、会社が公式に発信している情報は「いいこと」がメインなのが一般的です。たとえば「アットホームな企業」と書かれていても、実際はブラックな労働環境というケースもあります。情報やサイトを納得いくまで見て、慎重に検討するとよいでしょう。

ポイント5:ネット上の評価や口コミに目を通す

実際に働いていた人、または現在働いている人の意見は貴重です。特に、その会社のデメリットを知りたい場合は、口コミなどが役に立つでしょう。

ただし、どの会社にも必ずデメリットはあり、完璧な会社はありません。たとえば「給料は高くはないが、働いている人は優しい」という評価が多ければ、人間関係にストレスを感じやすい人には合う可能性が高くなります。「自分にとって働きやすそうかどうか」「自分にとってストレスが少なそうかどうか」という点を重視しましょう。

ポイント6:今のストレスの原因を把握する

今の仕事にストレスを感じていて、ストレスのない仕事に転職したいという人もいるかもしれません。その場合、まずは現状を客観的に見てみることをおすすめします。ストレスの要因をはっきりさせないまま転職しても、また同じことで悩む可能性が高いからです。

まずは、何にストレスを感じるかを紙に書いてみましょう。「上司の〇〇さんが苦手」「残業がしんどい」「仕事に熱意を感じられない」など、自分の本音を書いていきます。そうすることで、ストレスの原因が見えてきます。

ポイント7:ストレスの原因に順位をつける

「ポイント6」でご紹介したストレスの原因のなかで、特にストレスが大きいものから順に、順位をつけていきましょう。

たとえば、1位が残業、2位が給料、3位が仕事内容、4位会社での評価、5位が通勤ならば、「残業が少なくて給料も低くない」企業に転職するという目標が見えてきます。また、このケースだと、評価制度やリモートワークの有無などは、そこまで重視しなくても良いといえそうです。「絶対に解消したいストレス」と「多少ストレスではあるが、そこまでではない」ものは分けて考えることをおすすめします。

ポイント8:業界の分析を行う

今の仕事とは違う業界や職業で仕事がしたい場合、業界分析をしておきましょう。なぜならば、業界によって、仕事の慣習、将来性、需要、ビジネスモデルなどが大きく変わってくるからです。業界のことをあまり調べずに転職すると、前職の業界とのギャップを感じてストレスになってしまうこともあり得ます。

その業界にはどのような特徴があり、社会的な立場はどの位置なのか、時代の変化とともにどう変わっていきそうかなど、調べられることはできるだけ詳細に分析することで、理解度を深めることができるでしょう。

ポイント9:就職エージェントを利用する

ストレスのない仕事がしたいと考えている人は、自分ひとりだけで就職・転職活動をするのではなく、専門機関に頼る方法をおすすめします。就職エージェントを利用することで、現状を客観的に見たキャリアアドバイザーからアドバイスをもらうことができたり、自分の希望に近い求人を紹介してもらえたりします。

ただ嫌なことから逃げるために仕事を変えても、根本的な解決にならないことも多いものです。就職エージェントを利用することで正しい就活の方法やアピール方法、自分に合った仕事などを理解できるため、納得いく仕事選びができるでしょう。

弊社ジェイックの「就職カレッジ®」は、未経験者や社会人経験が少ない人を対象とした就職支援サービスを実施しています。自己分析や面接対策、マナーなどを学べる就職講座や、書類選考なしの合同説明会への参加、就職後も研修などを通じたサポートなど、就職をゴールにせず、就職後のことも考えたバックアップをしているのが強みです。

「今の仕事がストレスで辞めたい」「ストレスのない仕事をしたい」という方は、ぜひ参加をご検討ください。

まとめ

ストレスのない仕事に就くためには、まず自分を知ることが大切です。自分はどんなことにストレスを感じるのか理解できていれば、ストレス要素が少ない職業や企業を選ぶことにつながるからです。「ストレスのない仕事に出会って長く働いていきたい」と考えている方は、弊社ジェイックのキャリアアドバイザーへぜひご相談ください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等