あなたにおすすめな仕事をタイプ別に解説!

転職活動中に数多くの求人を目の当たりにすると、どんな仕事を選べばいいのか分からなくなってしまうという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。経験のある職種を選ぶべきなのか、新しいことにチャレンジしてみるべきなのか、仕事選びの仕方は人によって様々です。そんな仕事の選び方で悩んでいる人のために、3つのタイプに分けておすすめの仕事を紹介していきます。

聞き上手!人と接するのが好きな人におすすめな仕事

まず人と接するのが好きだという人におすすめの仕事ですが、様々な職種が考えられます。

一方的に話をするのではなく、相手の要望なども聞きながら商品を提案していくことも大切なので、聞く力も求められます。

会話をするとしても話のネタが思い浮かばないと不安に思う必要はありません。

人と接する仕事は話す力と聞く力のどちらもバランスよく必要となるので、どちらか一方が苦手でも十分に務まります。では具体的にどのような職種があるのかをいくつか紹介していきます。

営業職

自社商品を提案し、相手に納得してもらって購入または契約をしてもらうことで売り上げに繋げます。

営業職と一言に言っても様々で、個人を対象にするものから、企業などの法人に対して行うものもあります。

営業職の魅力というのは、年収の高さや歩合が期待できるということです。

企業によって個人成績やチームの成績が明確にされ、その結果が給料に反映されます。つまり頑張れば頑張るほど高収入を期待することができるのです。

活躍をダイレクトにアピールすることができるので、一般的には「花形職」とも言われています。

その分大変な部分もあり、商品を売ることを仕事とするので、ノルマがかせられたり、毎日のように数字について上司から言われたりすることがあります。

それに対してストレスを感じてしまう人もたくさんいますが、明確な目標が定められていることからやる気を出すことができる人もいます。

また個人の能力が顕著に数字としてあらわれるので、正当な評価も受けられるでしょう。

このように営業職は大変な面も多々ありますが、その分やりがいを感じられる仕事でもあります。

どうすれば商品を売ることができるのかを日々研究することが大切です。

また自分の提案だけを一方的に話すのではなく、相手の意見も聞くことや、警戒心を解くためのトークスキルなども身につける必要があるので、人と接する仕事をしたいのであればうってつけな職種だと言えるでしょう。

アパレル店員

お洒落な洋服に囲まれたアパレル店員に憧れる人はたくさんいるでしょう。

自分が好きなブランドで働くことができたり、お洒落な服を着た状態で働くことができるというのは、仕事に対するモチベーションが上がるポイントの1つでもあります。

そんなアパレル店員ですが、洋服を売るという販売業なので、売れば売るほど業績アップに繋がります。

また仕入れや在庫確認などもあるので、物を丁寧に扱うということや管理する力も必要となります。

洋服を買おうか悩んでいる人の相談にのり、お客様のタイプや流行なども考えながら提案していくのも仕事です。

好きなブランドをたくさんの人に知ってもらいたい、またお洒落な服装で楽しく働きたいという人にはうってつけの職種です。

受付

一般企業やショッピングモールなど、受付の仕事が活躍する場面は多々あります。

来客に対しての対応を行うことがほとんどなので、目的の場所まで案内をしたり、システムの説明をしたりというような業務を担います。

企業の受付の場合には、その企業の顔ともいわれる存在になるのでとても重要なポジションになります。

様々な来客が考えられますが、そのたびに気持ちの良い対応をすることで、スムーズな案内ができるようになるでしょう。

企業の窓口として活躍したい、またショッピングモールなどで困った人の手助けをしたいなどの気持ちがある人にうってつけの職種だと言えます。

このように人と接する仕事には様々なものがあります。

楽しくお喋りをすれば良いというものではなく、どうすれば売り上げに繋げられるのかを考えながら業務にあたる必要があります。

世の中には様々な人がいるので、人と接する仕事をすることでどんな人にでも対応することができるような柔軟性を身につけることができるでしょう。

手に職!専門スキルを身につけたい人におすすめな仕事

専門スキルが必要となる仕事は、誰でも挑戦することができる仕事と比べると重宝されますし、社会的な地位も確立しやすいですよね。

また転職の際にも専門スキルがあれば優遇され、スムーズに採用される場合も多々あります。

では専門スキルを身につけたい人にはどのような仕事があるのでしょうか。あるのでしょうか。

旅行企画

旅行企画というのは、観光客向けのツアーや学生の修学旅行など、旅行に関するプランを企画・提案する仕事です。

交通手段や宿泊など様々な費用がかかる旅行には、少しでも安く済ませ、楽しめるような内容にしたいという人がたくさんいます。

だからこそ納得してもらえるようなプランを練るのはそう簡単ではありません。

楽しい旅行にしてもらうためにも、担当したお客様の要望をしっかりとヒアリングして計画していくことが大切です。

旅行に関するプランも頻繁に変わりますし、公共交通機関の都合から金額や内容が大きく変更されることもあります。

こうした変化にもスムーズに対応していく力も求められます。

楽しい旅を案内するスペシャリストですが、ただ窓口で提案するだけではない場合もあります。

中にはツアーに同行し、海外への添乗を希望されれば現地の言葉を話さなければならないこともあります。

つまり接客スキルやスケジュール管理の能力、語学力など多くのスキルが必要となるのです。

すべてを兼ね備えている人は当たり前のようにいるわけではないので、旅行関係の仕事は専門分野として捉えられています。

旅行が好きだという条件はもちろんのこと、旅行会社に求められるスキルを持っておく必要があるということを忘れてはなりません。

SEやプログラマー

システムの設計や開発などを行う職種として挙げられるのがSEやプログラマーです。

どちらも似たような業務を手掛けることになりますが、はっきりとした線引きは決められておらず、企業のプロジェクト内容によってわけられることがほとんどです。

一般的にSEが行うのは、クライアントからの要望をヒアリングし、それらをもとに内容をまとめてシステムの構成を決めていきます。

それに対してプログラマーがプログラミングを行い、正しく動作するかチェックをするのもSEが行います。

企業によってはプログラミングもSEが請け負うことがあるので、この2つの職種は明確に分けられている場合と分けられていない場合があります。

SEやプログラマーは、クライアントが要望するシステムを無事に作り上げることができるかどうかという高い専門スキルが求められます。

また締め切りまでに仕上げることが大切なので、スケジュール管理を行った上で仕事を進める必要もあります。

緻密な打ち合わせから実際のシステム開発、納品までの一連の流れをこなさなければならないので、多くの企業から重宝される存在となります。

手に職をつけたいという人にはうってつけの職種だと言えるでしょう。

その他にも様々な専門スキルがあります。司法試験に合格する必要のある弁護士や、税理士試験に合格する必要がある税理士、また国家資格の取得が必要なパティシエなども専門スキルとして挙げられます。

これらは資格を持っているだけでも注目されますし、いざ転職をするとなった際にも即戦力として考えられるので、未経験者よりも優遇されやすくなります。

話すのが苦手!そんな人におすすめな仕事

中には人と接するのが苦手だという人もたくさんいます。

黙々と仕事に取り組むことはできたとしても、人と関わっていかなければならないことを考えると気が重くなったり、ストレスになってしまう場合もあるのです。

こういった人には人と関わることをメインとしない仕事がおすすめです。

実際にどのような仕事があるのかいくつか紹介します。

工場での勤務

目の前にある製品に黙々と取り組むのが工場での主な仕事です。

人によって担当が決められているので、その責務を全うさせることが仕事となります。

同じポジションにいる人たちと協力をすることも必要なので、一切人と関わることなく仕事をするというわけではありません。

しかし人と接することで売り上げに繋げる仕事ではないので、精神的な負担を感じることなく目の前の仕事に集中することができるでしょう。

工場と一言に言っても様々です。精密機器を扱ったり、車の部品を取り付けたりなどの仕事もありますし、製菓製パンなどの食品を扱う仕事もあります。

同じことの繰り返しになるのでマンネリ化するという人もいますが、一度慣れてしまえば安定して作業に取り組むことができるというメリットがあります。

深夜も稼働している工場であれば夜勤もあり、自分の生活スタイルや収入に合わせて働く時間を選ぶことができるのも魅力的です。

清掃作業員

ビルやショッピングモール、ホテルなどの清掃業をメインとした仕事です。

てきぱきと動くことが求められますが、決して難しい仕事ではないので未経験者でも挑戦しやすいでしょう。

清掃場所を綺麗にすることだけではなく、その環境を維持させるために手を抜かないことが大切です。

綺麗好きな人や、てきぱきと仕事をしたい人にはうってつけの仕事だと言えるでしょう。

警備員

ビル内や店内などに在中する警備員は、その環境下で異常がないかに常に目を光らせ、安全な環境を守ることを仕事とします。

困った人がいれば手を差し伸べることも大切です。そんな警備員の仕事ですが、一般的には現場のパトロールを行ったり、異常がないかを観察するのがメインの仕事となります。

駐車場などの屋外にいる警備員は、車の誘導を行う必要があります。

大きなショッピングモールやテーマパーク、工事現場付近など活躍場は様々です。

屋外の場合には運転中の車に的確な指示を出さなければならないだけではなく、外が暑くても寒くても立ちっぱなしでの作業になるので体力を要します。

とても大変な仕事ですが、その分安定した収入を得ることができるので人気の職種でもあります。

このように積極的に人と接する必要がない職種もたくさんあります。しかし、まったく誰とも話さずに自分の世界にこもって仕事をするというのも決して楽ではありません。

人と接する仕事は、大変ではありますが直接お客様の声を聞くことができたり、感謝してもらえるという良さもあります。

その分人と接しない仕事は感謝の言葉をもらったりするような刺激がない寂しさもあります。

気楽なように感じられますが、実は想像以上に辛いということも覚えておきましょう。

自分とマッチした転職先を選ぼう!

仕事探しで見る条件は人によって異なります。

勤務時間や給与など、譲れない条件も多々あるでしょう。しかしどんなに条件が良かったとしても、自分に合っている仕事でなければ長くは続きません。

転職の成功というのは採用をもらうことではありません。採用された上で、実際に働いてみて続けられるかどうかがポイントとなるのです。

働いてみると想像していたものと違ったという理由で、入社数ヶ月でやめてしまう人はたくさんいます。

それで新たな転職先を探すという繰り返しでは、決して成功したとは言えないのです。

転職を考えているのであれば、まずは自己分析として自分に合った仕事を探しましょう。

どんなことが得意でどんなことが苦手なのか、また挑戦してみたいことや将来のビジョンなどを考えながら、やりたい職種を考えていきます。

自分の良さや培ってきたスキルをいかすことができるような仕事選びをすることがまず大切です。

私たちジェイックでは、「自分に向いてる仕事なんてわからない」「自己分析が出来ない」というお悩みを解決するために、適職診断と就職相談をセットにした就職支援を、無料で提供しています。

ミスマッチな会社を選んでしまうと、自分はもちろんのこと企業側も違和感を覚えます。

一度違和感を覚えてしまうと、それが不安要素になったり、入社後の姿を想像させにくくさせるので、なかなか採用には至らないという可能性があります。

仕事をしていない状態での転職活動に不安を感じている人はたくさんいるでしょう。生活のこともあるので、できるだけ早く採用されたいと思うのも仕方がありません。

しかし闇雲に応募すれば良いというものでもないのです。

焦らず自分にマッチした企業を見つけ、採用された後も頑張れるかどうかということを考えながら転職先を選ぶようにしましょう。

無料
プレゼント

就活前に終わらせておくべき
自分にピッタリの仕事を探す自己分析

自分にピッタリの
仕事を探す自己分析
14,000名以上の就活生の自己分析をサポートしたジェイックが、自分にピッタリな仕事を探す自己分析方法を公開!

〜資料の特徴〜
  • 自分に合う仕事や会社の雰囲気を分析できる
  • 心理学に基づいた、信頼できる分析方法を紹介
  • 国家資格を保有した就職アドバイザー監修

自分に合う仕事を見つけることが、
充実した社会人生活の第一歩!

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから