就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

【楽な仕事ランキング】知っておくべき楽な仕事の裏側と就職方法を解説

【楽な仕事ランキング】知っておくべき楽な仕事の裏側と就職方法を解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

楽な仕事に就職したいと考える人は多いのではないでしょうか。この記事では楽な仕事を「楽」にさせている特徴を紹介したうえで、楽と考える人が多い仕事ランキングを紹介します。

とはいえ、楽な仕事は人によってそれぞれ異なります。どのように考えてどのように就職活動していくべきかも解説しますので、仕事探しの参考にしてみてください。

楽な仕事の特徴を紹介

楽な仕事の特徴を紹介

まず、楽な仕事の特徴をご紹介します。

特徴1.残業が少ない

残業が少ない仕事は、残業続きの仕事と比べて圧倒的に身体が「楽」です。また、残業が少ない仕事では、いわゆる「ワークライフバランス」がとりやすく、仕事だけではなくプライベートにも時間を割くことができ、気持ちに余裕のある生活をすることが可能です。

特徴2.精神的なストレスが少ない

数字のノルマや、顧客からのクレーム、きつい納期といった一般的なストレス・プレッシャー要因がないもしくは少ない仕事はそうでない仕事に比べて仕事を「楽」と感じることが多いかもしれません。

特徴3.人間関係が良い、もしくはない

職場の人間関係に悩みストレスを感じる人はめずらしくありません。仕事は一日の大半を占めるものですが、そこでの人間関係が悪いと、一日中人間関係に悩み続けることになってしまいます。

人間関係が良いだけで、仕事内容がそんなに好きでなくても、そこそこ楽しく会社に行けてしまうのが人間です。もしくはほとんど人間関係が発生しない仕事でも、人間関係のストレスとは無縁でいられます。

特徴4.自由に仕事ができる

マニュアル通り、時間通りにきっちり仕事をこなすのが得意で好きな人がいる反面、縛られるのが嫌いで、自分の思うとおりにやりたいタイプの人にとっては、フレックスタイム制で裁量権のある仕事こそ楽に感じることがあります。

特徴5.労働環境が良い

労働環境とは、従業員が会社で働く上での場所や時間などを含めた環境のことを指します。楽に働くためには快適なオフィス環境や適度な休憩時間、休暇が必要不可欠です。

楽な仕事ランキング-仕事の給料も紹介-

楽な仕事ランキングとして、楽な仕事の例として上げられることの多い仕事をその理由、平均年収とともに紹介します。

事務

事務の仕事は会社や所属部署によって様々ですが、データ入力や書類作成、来客・電話応対、郵便物の仕分け、備品の発注など、オフィスに関する幅広い業務を担当します。

マニュアルが整備されていることが多いことから、未経験や資格なしでもチャレンジしやすい仕事といえます。基本的に座り仕事となるため身体への負担が少なく、比較的楽な仕事とされています。

doda「平均年収ランキング(職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」によると、事務の平均年収は332万円です。ただし、会社によって差が大きい部分にはなるでしょう。

工場勤務

工場作業員は「工場内で作業をする人」のことです。工場作業員の仕事は、単純作業がほとんどです。商品の検品やピッキングなど多くの仕事がありますが、基本的には、どれもすぐに覚えられるような仕事ばかりです。

また、黙々と作業を進められることも少なくありません。そのため精神的なストレスが少なく、マイペースで仕事を続けられる点も工場作業員として働くメリットです。

求人ボックス給料ナビ「ピッキングの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)」によると、工場勤務の平均年収は329万円です。(※ピッキングの場合を参考)なお、資格が必要な業務や管理側の仕事になれば、年収は上がることが考えられます。

警備員

警備員は、企業や商業施設、学校などの警備を担当する仕事です。警備員の仕事にもさまざまな内容がありますが、見回りがその業務の基本です。

大きなトラブルが起きれば対応に迫られますが、そのような事態はほとんど起きません。そのため「見回りをして何事もなく1日が終わった」という日があることも考えられます。基本は一人で行動するため、人間関係のストレスを感じることがない点もメリットです。

求人ボックス給料ナビ「警備員の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)」によると、警備員の平均年収は320万円です。日勤より夜勤のほうが、収入はやや高めかもしれません。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスはビルの管理を行う仕事です。ビルの管理と一口に言ってもその内容は多岐にわたり、清掃や保守点検、警備などなど、多様な業務を行う必要があります。ビルメンテナンスの勤務体系は、日勤や夜勤、24時間勤務など、さまざまですが、自分のシフト時間が終わり次第次の担当者に引き継ぐことができるため、基本的に残業は発生しません。ここが「楽」といわれるポイントのようです。

基本的にいつも人手不足の業界なので、未経験、資格なしでも容易に仕事を見つけることができます。仕事中の待機時間に資格勉強をして第ニ種電気工事士・2級ボイラー技士・危険物取扱者乙種4類・第三種冷凍機械責任者といった資格をとることができれば仕事の幅も広がり、給料UPもかないます。

はたらいく「ビルメンテナンスの年収・月収データ」によると、ビルメンテナンスの平均年収は287万円です。役職や資格、勤続年数などによって、さらに収入が上がることが予測されます。

コールセンター

コールセンターは、お客様からの問い合わせに電話で応える仕事です。屋内で座り仕事がメインのため、体力に自信がない人でも問題ありません。

応対マニュアルが完備されていることがほとんどですが、時にイレギュラーでクレーム電話がかかってくる場合がありその対応を求められる場合があるのがネックです。クレームが心配な人は、コールセンターに募集する前に、その仕事の業務内容をしっかりと確認しておくとよいでしょう。

求人ボックス給料ナビ「コールセンターの仕事の年収・時給・給料」によると、コールセンターの平均年収は405万円です。インセンティブがある職場ならば、プラスαの収入も期待できます。

トラック運転手

トラックドライバーは、企業や倉庫などに大型荷物を運ぶことがメインの仕事です。運転中は一人で過ごす時間が長いため、人間関係で悩む心配がほぼありません。

大型免許の取得が必要という面はありますが、逆にいうと、免許を取ってしまえばその仕事を続けることが可能です。一人で仕事をしたいと考える人にはぴったりな仕事といえるでしょう。

求人ボックス給料ナビ「トラック運転の仕事の年収・時給・給料」によると、トラック運転手の平均年収は384万円です。職場、または各種手当などによっても収入は前後します。

データ入力

あらかじめ決められたフォーマットに沿ってテキストや数値を入力するのがデータ入力の仕事です。難しいことは考えずただひたすらに手を動かして作業したい、決められた時間内だけ働いてさくっと帰りたいと考える人に人気がある仕事です。

単純作業のデータ入力だけで正社員の仕事はほとんどなく、アルバイトやパートスタッフ、派遣社員としての募集が大半です。タイピングはやればやるほどはやくなるため、業務に慣れると速いスピードで入力をこなすことができるようになります。

求人ボックス給料ナビ「データ入力の仕事の年収・時給・給料」によると、データ入力の平均年収は312万円です。時給制の職場か、クラウドソージングなどを介して働くことが多くなるでしょう。

受付

受付は、企業や施設の入り口でお客様を出迎える仕事です。基本的に座っている時間が長いため、疲れにくいといえます。来客がない時間は「待機時間」となるため、仕事中でもゆっくりと過ごせる時間が発生することがあります。

案内業務も特別難しくわけではなく、基本的には、マニュアル通りに進めれば問題ありません。基本的には定時で帰れるため、プライベートの時間を充実させたい人にもピッタリな仕事といえるでしょう。

求人ボックス給料ナビ「受付の仕事の年収・時給・給料」によると、受付の平均年収は330万円です。ただし、正社員の求人は少ない傾向があります。

地方公務員

地方公務員のなかでも、県庁や役所の職員などはルーティンワークも多いため、比較的働きやすい仕事として知られます。公務員試験を突破する必要はありますが、解雇されることがなく待遇もよいため、安定した仕事に就きたい人の選択肢として考えられます。

資格の学校TAC「公務員の年収は?給与とボーナスをチェック!」によると、地方公務員の平均年収は663万円です。段階的に給料がアップしていくため、楽な仕事のなかでも収入面では特に安定しています。

WEBライター

参入障壁が低く、すぐに名乗ることができる仕事としてWEBライターがあります。WEBライターはWebメディアの記事などを執筆する仕事です。たとえばお金、暮らし、恋愛、転職など、さまざまなジャンルで活躍の場があります。

Webライターになるために、資格は必要ありません。プロとして通用するだけのライティングスキルを身につけるのはそう誰でもできるわけではないものの、自分のできる範囲で取り組むのであれば、パソコンを持っている人であれば可能です。

求人ボックス給料ナビ「Webライターの仕事の年収・時給・給料」によると、Webライターの平均年収は450万円です。働き方や、媒体ごとに収入は変わってきます。

企画職

「時間の融通が利きやすい」「個人の裁量が大きい」といった観点から、人によっては楽と感じることがあるのが企画の仕事です。

オフィスにこもっていては新しいアイディアが生まれないので、市場調査や展示会視察などで外に出ることも多く、社内外と人との付き合いも多いですが、それを面倒と思わず楽しめる人に向いている仕事です。

比較Plus「企画職の平均年収はどれぐらい?企画職として年収を高める方法とは?」によると、企画職の平均年収は450万円〜500万円程度です。多くは会社員として勤めることになるため、その企業の給与水準に準じます。

営業職

楽な仕事を探している人からは敬遠されがちな営業職ですが、営業と言ってもその内容はさまざまです。比較的楽とされている営業の仕事もあることを知っておきましょう。

たとえば「ルート営業」は決まった顧客を定期的に訪問する仕事ですが、ほとんどルーティン業務のようなところがあります。また、「飛び込み営業」や「テレアポ」による新規開拓はキツイと感じる人も、顧客からの連絡を受けてから営業活動を行うインバウンド営業であればできるということがあります。

マイナビ転職「平均年収レポート&モデル年収ランキング」によると、営業職の平均年収は418万円です。インセンティブなどがあれば、固定給以上の収入を得られるケースもあるでしょう。

販売職

人と話すことに抵抗がない人であれば、販売職も楽な仕事として視野に入るのではないでしょうか。不特定多数の人と接することが得意であれば、デスクワークよりも時間が早く感じるかもしれません。

販売職の仕事は、基本的にお店の中だけで仕事が完結します。業務内容も「発注」「接客」「品出し」などルーティンワークが多いので、慣れれば楽と感じる人が多いでしょう。

求人ボックス給料ナビ「販売スタッフの仕事の年収・時給・給料」によると、販売スタッフの平均年収は336万円です。店長やマネージャーなど管理職になると、収入はアップします。

フリーランス

仕事内容、仕事量、働く時間、仕事相手のすべてを自分で選ぶことができるという点で、フリーランスという働き方を楽だと感じる人もいます。

ただし仕事が途切れることなくあるかどうかは自分の働きにかかってくるため、会社で働いていてもらえる給料分を稼ごうと思ったら、会社に所属して働く以上にワーカホリックである必要があるとはよく聞く話です。

フリーランススタート「フリーランスの年収ってどうなの?年収事情や年収アップのコツを徹底解説!」によると、フリーランスの平均年収は358万円です。(※自営業系独立フリーランスの場合)職種や仕事の内容・量などによって、収入面にはばらつきがあります。

楽な仕事ってつらい?-知っておくべき楽な仕事の裏側-

楽な仕事にも、つらいと感じる一面があります。楽な仕事の裏側についても、理解を深めましょう。

楽な仕事をつらいと感じる理由

楽な仕事につらさを感じてしまう理由を解説します。

精神的にきつい

通常、ある程度忙しかったり適度に難しかったりする方が仕事に充実感を感じやすいため、楽=暇な場合、次第に暇すぎてつらくなってくる人もいるようです。不思議なもので、お金をもらえるとしても、あまりにやることが少ない、または簡単にできてしまうことばかりだと、虚しくなることもあるのです。

仕事が楽すぎて将来に不安を感じる

仕事が楽すぎてスキルアップの実感に乏しく、他の職場では自分は通用しないのではないかという不安を感じる人もいるようです。これから先何十年も同じような仕事を続けていていいのか、続けられるのか、という不安に押しつぶされそうになり、とうとう転職活動を始める人もめずらしくありません。

新しいスキルが身に付かず転職がしづらい

自分にとって負荷の少ない楽な仕事には、乗り越えるべき壁が存在せず、スキルアップの機会にないともいえます。自分の市場価値を高める機会に乏しいため、いざ転職活動を使用と思ったときに何もアピールできることがない・・・となりがちです。

ロボットやAIに代替されていく仕事とは

近い将来AIの進化によって多くの仕事が奪われるとされています。AIは人間では不可能と言っていいほどの膨大な量のデータを学習し、瞬時にアウトプットすることができ、人間と違って休む必要がないため24時間稼働することが可能です。

ただ、AIは今のところ万能ではないため、すべての仕事がAIに置き換え可能かというとそうではなく、単純な事務作業に代表される「人よりAIのほうが正確に早くこなせる仕事」から優先して人→AIに置き換わっていくとされています。

“今”楽な仕事は将来的に危険な場合もある

「楽だ」と感じるということは、その仕事を通じて成長したりスキルを身につけたりできず、結果として収入を上げたり役職に就いたりできるチャンスがないこととイコールかもしれません。

楽な仕事は「誰でも変わりが利く仕事」である場合もあり、何の努力もしないまま楽な仕事に甘んじていると、将来的にAIや機械などが導入されたときに、失業してしまうリスクもゼロではありません。

楽な仕事のメリット・デメリット

楽な仕事に就くことのメリット・デメリットをおさらいしましょう!

楽な仕事のメリット

楽な仕事に就くメリットには、以下があります。

専門的なスキルが不要

楽な仕事は専門知識やスキルが不要な場合が多く、未経験でもすぐにはじめられるという気軽さがあります。これといった職歴、経歴、学歴がない人でも働けるチャンスがあるという点は、大きなメリットといえるのではないでしょうか。

ストレスやプレッシャーがない

仕事によっては毎月の数字のノルマの達成や、商品開発の実績を求められるなど、日々強いストレスやプレッシャーにさらされることになり、それらのストレスに耐えられずメンタルの調子を崩したり退職を余儀なくされる人もいます。楽な仕事のメリットとして、そのようなストレスやプレッシャーとは無縁でいられるというものがあります。

楽な仕事のデメリット

楽な仕事に就くデメリットには、以下があります。

基本的には給与が低い傾向にある

誰もが楽だと感じる仕事は、誰でもできる仕事とされ、給料水準が低い傾向にあります。たくさん稼ぎたい人は、仕事の「楽さ」の優先度を下げたほうがたくさん稼げる仕事を見つけやすくなります。

仕事が単調でつまらない

楽な仕事の中には単調な仕事があります。仕事内容が単調で簡単な場合、はじめは「楽だ~」と喜ぶ人が多いのですが、だんだんその単調さが退屈でたまらなくなってくるようです。前職が大変だったから楽な仕事を求めて転職したのに、再度やりがいのある仕事を求めて転職活動を始める人もめずらしくありません。

転職に役立つスキルが身に付かない

楽な仕事=簡単な仕事ととらえるならば、楽な仕事ばかり選んでしていると大したスキルが身に着かず、転職を試みた際に苦戦することが考えられます。年齢が高くなるにつれその年齢相応の知識やスキルが求められるようになるため、その傾向は顕著となります。

楽な仕事に就きたい!-就職方法をステップ毎に解説-

最後に、楽な仕事に就きたいあなたに、就職までのステップを解説します。

Step1.“自分にとっての”楽な仕事は何か考える

「楽な仕事」は人によって違います。マニュアル通りに進める仕事を「楽」と感じる人もいれば、そうでない人もいます。大切なのは、他人の意見をうのみにしすぎないことです。他人の意見はあくまで参考にするにとどめ、自分にとっての優先順位を決めるようにしていください。

Step2.その楽な仕事に就いても、10年後、後悔しないか

前述のように、技術の進歩により、単純・簡単な仕事は今後AIやロボットに代替される可能性が高い仕事というものがあります。「楽だから」というだけで仕事を決めるのではなく、10年後もその仕事があるか、仕事がなくなったとしても転職を可能にする他のスキルが身に着くかどうかの視点を持つことが非常に大切です。

Step3.就職/転職エージェントに相談

自分にとって楽な仕事、かつ将来性のある仕事を見極めるためには情報収集と業界・企業研究が大切です。でも、すべてを一人で行うのは不安だと思う人もいるかもしれません。就活で不安があるときは一人で悩まずに、プロ、すなわち就職エージェントに相談するのも一つの方法です。就職エージェントでは、自己分析から書類・面接対策、企業の紹介まで、専任のキャリアアドバイザーに担当してもらいながら、仕事探しをすることが可能です。

私たちジェイックの無料相談では専任の就職アドバイザーが、将来のことも考えた就活を親身になって力強くサポートさせていただきます!

【共通】CTAボタン

ABOUT US

古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等