相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

楽な仕事ランキング!求人の特徴や探し方・給料などを徹底解説!

楽な仕事ランキング!求人の特徴や探し方・給料などを徹底解説!

楽な仕事はあるの?と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

実は、しっかりと求人を探すと楽な仕事を見つけられます。なぜなら、ストレスが溜まりにくく、肉体的にも疲労が少ない仕事は意外と存在するからです。

こちらの記事では、楽な仕事の一覧楽な仕事の特徴を解説しています。何を楽と感じるかは人それぞれですが、できれば楽な仕事に就きたいと考えている方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

記事のPoint
  • 楽な仕事とは「肉体的に楽」「精神的に楽」「安定して給料がもらえる」に大別される
  • 楽な仕事TOP10を【仕事内容、向いてる人、楽な理由、仕事の注意点、平均年収】の5つの観点からランキングにして紹介
  • 楽な仕事にはメリットだけでなくデメリットもある。両方の視点を持って選ぼう
  • 求人票では【仕事内容、休日日数、勤務時間・残業時間】をのチェックしよう!

楽な仕事とは?

楽な仕事とは?

そもそも楽な仕事とはどのような仕事のことを言うのでしょうか?

「楽」というのは、感覚的なものになりますので、何を楽だと感じるかは人それぞれ異なります。

まずは、この記事で取り扱う「楽な仕事」とはなんなのか、3つの要素に分解して解説していきます。

肉体的に楽な仕事

楽な仕事としてイメージがつきやすい要素として、「肉体的に楽かどうか」が挙げられます。

勤務時間中常に歩き回ったり走り回ったりする仕事、重いものを持ち上げて運ぶ仕事、朝早く出勤して夜遅くまで業務を行う仕事など、肉体的につらい仕事はたくさんあります。

肉体的につらい仕事で働くと、毎日体力を消耗することになります。疲れた分しっかり家で休めたとしても、毎日のように肉体を酷使をしていては体力の回復が間に合わなくなるでしょう。

そのため、いずれエネルギー切れを起こしてしまい、仕事のパフォーマンスが下がるだけでなく、事故を起こす危険性も考えられます。

精神的に楽な仕事

楽な仕事の要件として、精神的に楽かどうかも挙げられます。

たとえ肉体労働がなく、毎日デスクの前に座って作業をするような仕事であったとしても、強いプレッシャーや上司からの叱責を受けるような仕事であれば、楽な仕事とは言えません。

「営業目標の進捗が悪いことを理由に、大勢の前で人格を否定するような罵倒をされる」「上司が正しいコミュニケーションを取ってくれないまま仕事を振られる」など、いわゆる“パワハラ”が横行しているような職場では、楽に働くどころか、毎日心をすり減らしながら働く必要が出てきます。

精神的につらい仕事に就いたまま仕事と向き合っていると、徐々にパフォーマンスが落ちていき、最終的にはプライベートにも影響してくるような精神的な病気を患う危険性があります。

そうならないために、精神的に楽な仕事を目指して就職活動する意識を持っておくと良いでしょう。

安定して給料がもらえる仕事

たとえば「週2回勤務。勤務内容は椅子に座ってマニュアル通りに文章が記載されているかチェックすること」という仕事は、前述したような肉体的にも精神的にも楽な仕事に分類されるでしょう。しかし、この例のような仕事をしていても生活できないのは目に見えています。

結局のところ、仕事というのは給料で自分が生活できるかどうかが大切になりますので、生活できる分だけの給料が安定してもらえるかどうかの要素は不可欠と言えます。

近年では、動画配信者やブロガー、インフルエンサーなど、自分の好きなことに取り組み続けてお金にするといった仕事が増えてきています。そういった仕事を目指すのもいいのですが、そのような仕事はある種の才能がないと取り組めません。

「自分の能力は一般的なレベルだ」と自己認識している方であれば、次に紹介する楽な仕事ランキングで挙げられている仕事への就職を検討するのがおすすめです。

一緒に、就職に向けてお話しませんか?
一緒に、就職に向けてお話しませんか?

楽な仕事ランキングTOP10

楽な仕事ランキングTOP10

ここからは、楽な仕事について「仕事内容」「向いてる人」「楽な理由」「仕事の注意点」「平均年収」の5つそれぞれの観点からランキングにしてご紹介します。

ここで挙げる仕事は、「肉体的にも精神的にも100%楽な仕事」ということではありません。たとえ同じ仕事でも楽だと感じる人もいれば、大変だと感じる人もいます。

ただし「自分にとって比較的楽だと感じる仕事」は、探せば存在するでしょう。今回ご紹介する内容を、ひとつの参考にしてみてください。

なお、このランキングはジェイック独自のものとなります。

第1位:事務職[楽な仕事1/10]

社内外へ向けた書類作成、来客対応、従業員への対応、社内イベント準備・運営、備品管理・発注など、企業内の事務作業全般を担当します。人をサポートすることが得意な人、デスクワークがしたい人に向いています。

事務職を楽だと感じることがある理由には、以下があります。

  • 限られた人たちとの関わりがメイン
  • 過剰なプレッシャーなどは感じにくい
  • プライベートも充実させやすい

事務職は、基本的には社内の人たちとの関わりが主になるため、人見知りの人でも安心して働きやすいでしょう。また、たとえば営業職のように「数値目標達成」などのプレッシャーを感じることは少ないといえます。休日出勤などもほぼないため、プライベートと両立させやすい仕事でもあります。

一方で、企業によっては業務範囲が広く、人事や経理のような役割も担うことになる可能性もあります。その企業における事務の役割・立ち位置などを、入社前に確認しておくことをおすすめします。

平均年収:299万円(求人ボックス給料ナビ「一般事務の年収・時給・給料」

第2位:工場勤務[楽な仕事2/10]

工場で持ち場を担当し、商品の組み立て、下準備、調理、塗装、検品、仕分けなど、製造工程の一部を担当する仕事です。経験を積んでいくことで、将来的にはマネジメントなどにキャリアアップできる可能性もあります。黙々と集中して働きたい人、会話が少ない仕事がしたい人に向いています。

工場勤務を楽だと感じることがある理由には、以下があります。

  • ルーティンワークが好きな人には安心感がある
  • 基本的に、決められたことをしっかりやれば良い
  • 日勤の職場を選べば肉体的負担が少ない

工場勤務の場合、自分の担当する持ち場での作業をしっかりやれば問題ないことが多いでしょう。同じ作業の繰り返しなどのほうが取り組みやすい人にはおすすめです。工場というと「夜勤」「早朝勤務」などのイメージもありますが、日勤のみ(朝~夕方)の仕事を選べば、身体の負担も軽減できます。

一方で、労働環境が整っていない工場もあったり、扱う商品や機械によっては危険を伴うこともある点には注意が必要です。

平均年収:300~400万円程度(JOBMALL「工場勤務のお給料って高い?年収を形態・世代別に徹底解説!」

工場の仕事を知りたい人は、こちらの記事も参考にしてください。

工場の仕事とは?仕事内容や向いている人を解説!

第3位:トラック運転手[楽な仕事3/10]

大型トラックを運転し、決められた場所へ荷物や資材などを搬入する仕事です。大型免許を取得する必要がありますが、企業によっては入社後の取得でもOKとしていたり、費用の補助をしているところもあります。運転が得意な人、一人で行動することが苦にならない人に向いています。

トラック運転手を楽だと感じることがある理由には、以下があります。

  • 任された仕事をきちんとやればOK
  • 一人の時間が長い
  • 運転が好きな人にとっては苦にならない

人間関係があまり得意でないという人でも、仕事中の大半は一人で運転して過ごすことになるため、その点での気楽さは大きいでしょう。長距離を運転することになりますが、運転自体に慣れている人であれば、さほどつらいと感じることもなさそうです。

一方で、高い安全への意識や健康管理が求められる仕事でもあります。「絶対に事故を起こしてはいけない」というプレッシャーのなかで働くため、人によっては精神的な負担になってしまうかもしれません。

また、業務中は運転のためずっと座っているものの、肉体労働のように身体を痛めてしまう可能性があることは認識しておきましょう。腰や肩、手首の腱鞘炎や目の疲れなどを感じるため、年齢をかさねていくごとに肉体的なつらさを感じることはあります。

平均年収:402万円(求人ボックス給料ナビ「大型トラックの年収・時給・給料」

第4位:販売職[楽な仕事4/10]

店舗などにおいて、接客やレジ、品出し、ディスプレイ、在庫管理・発注、問い合わせ対応、SNS更新、清掃などを担当します。自分の好きなブランドやジャンルがある人、身だしなみやマナーなどの意識が高い人におすすめです。

販売職を楽だと感じることがある理由には、以下があります。

  • 人と話すことが好きな人にとっては楽しい
  • 立ち仕事のため、時間が早く過ぎると感じやすい
  • ノルマなどが厳しくない店舗ならば働きやすい

販売職の場合、人との交流が好きだという人にとっては天職でもあります。自分の声がけなどで商品を購入してもらえたり、売上がアップしたりすると、楽しいと感じやすいでしょう。基本的に立ち仕事になるため、デスクワークよりも時間があっという間に過ぎると感じる人もいます。

注意しておきたいのは、給料が低めに設定されているところも多い点や、カレンダー通りに休みを取るのは難しい点です。

また、身につけられるスキルが比較的少ないということもあり、転職によるキャリアアップが見込みにくくなる可能性があることも注意しておきましょう。

平均年収:333万円(求人ボックス給料ナビ「販売スタッフの年収・時給・給料」

第5位:清掃作業員[楽な仕事5/10]

公共の施設や商業施設、ビル、ホテルなどに勤務し、清掃用具を使ってきれいにしたり、整頓したりする仕事です。正社員として働く場合、ある程度仕事に慣れてからは、清掃業務以外にスタッフの管理・教育なども担当することがあります。効率的に作業をすることが得意な人、きれい好きな人に向いています。

清掃作業員を楽だと感じることがある理由には、以下があります。

  • 身体を動かしてできる仕事である
  • 黙々と働くことができる
  • ひとつの職場で長く働ける

身体を動かして仕事をするため、パソコン作業などが苦手な人にも適性があります。また、仕事中のコミュニケーションが少ない点も、気楽に感じられることがあるでしょう。正社員になれば、長年ひとつの職場でコツコツ働いていくことも可能です。

一方で、転職などの際につぶしが効きにくい可能性がある、業務量によっては疲れがたまりやすいことがある、などの点には注意が必要です。

平均年収:350万円(求人ボックス給料ナビ「清掃スタッフの年収・時給・給料」

第6位:Webライター[楽な仕事6/10]

Web媒体の記事を作成する仕事です。求められるスキルは執筆対応する記事の性質によって異なり、売上アップなどを目的としたSEO記事もあれば、記事の内容そのものを有料化している媒体もあります。文章を書くことが得意な人、ある程度自分で考えて仕事を進めることができる人に向いています。

Webライターを楽だと感じることがある理由には、以下があります。

  • PCさえあれば仕事ができる
  • 一人で作業する時間が長い
  • 働き方の選択肢が広い

パソコン一台あればすぐに始められる仕事ということもあり、特別な機材などが必要なく、働く場所を選ばないという点はメリットです。自宅で働きたいという人や、毎日違う場所で働きたいという人は希望を実現しやすいでしょう。

また、フリーランスで働くケースもあれば、企業に雇用されて働いたり、副業として取り組んだりなど働き方の選択肢が複数あるため、自分の都合に合わせて仕事がしやすい職種とも言えます。

一方で、執筆スキルによって人それぞれ収入にばらつきが出やすい点や、本業として安定した収入を得るには、文章力以外のスキルや要素も必要になってくる点には注意が必要です。

平均年収:441万円(求人ボックス給料ナビ「ライターの年収・時給・給料」)

第7位:営業職[楽な仕事7/10]

営業職は、顧客に対し、商品やサービスの購入・導入などを提案したり、場合によっては納品やアフターフォローなどをしたりする仕事です。行動力や、高いレベルのコミュニケーション能力を活かして人間関係を構築するのが得意な人、こまめな気遣いができる人に向いています。

営業職を楽だと感じることがある理由には、以下があります。

  • 直行直帰なども可能
  • 自分でスケジュールを組みやすい
  • 結果を出していれば比較的自由に働ける

営業職の場合、あまり細かく上司に管理されることは少なく、どちらかというと自分でアポ(商談の約束)を取ったり、営業先を回るルートを決めたりすることが多くなります。数字を上げてさえいればさらに自由な働き方もしやすくなり、自分で目標を立てて予定を組むことができるため、営業に適性がある人は楽だと感じることがあるでしょう。

ただし、企業によっては厳しいノルマを課せられたり、契約が取れないと低い基本給のままというところもあります。応募したい企業の営業スタイルをしっかり調べておく必要があるでしょう。営業職に就職を検討する場合は、特に社風を事前にチェックしておくよう心がけてください。

企業によっては、強いパワーマネジメントで、部下が常に精神的に疲弊しているような職場があったり、契約を取ってこないと言葉にできない扱いをされたりするケースがあるそうです。

口コミサイトなどをチェックし、企業研究をしっかりと行っておくようにしてください。

平均年収:379万円(求人ボックス給料ナビ「営業の年収・時給・給料」

第8位:企画職[楽な仕事8/10]

マーケティングなどを元に、企業の商品やサービス、プロモーションなどを実際に企画・運用・改善していく仕事です。発想力に長けた人、協調性があり周囲を上手に巻き込むことができる人に向いています。

企画職を楽だと感じることがある理由には、以下があります。

  • 目に見える成果で醍醐味を感じられる
  • 自分の経験を仕事に活かせることもある
  • 転職やキャリアアップをしやすい

数字などの結果が見えやすいため、やりがいにも結び付きやすいといえます。また、プライベートで見聞きしたことや体験なども仕事に活かせる点も、楽しいと感じられそうです。企画職は需要が高い傾向にあるため、転職なども比較的しやすいでしょう。

一方で、そもそもの募集枠や未経験の求人が少ない点、数字やデータなどにも強くないと難しい点には注意が必要です。

平均年収:414万円(求人ボックス給料ナビ「商品企画の年収・時給・給料」

企画の仕事を知りたい人は、こちらの記事も参考にしてください。

企画をする仕事に向いている人の特徴は?【使えるスキルや資格も解説】

第9位:地方公務員[楽な仕事9/10]

都道府県や市町村などの各自治体で、公務員として働きます。県庁・役所や公的施設へ勤務する職員のほか、消防士、警察官、公立学校の教員なども地方公務員です。地域や地方に貢献したい人、自分が育った地元で働いていきたい人に向いています。

地方公務員を楽だと感じることがある理由には、以下があります。

  • 失業の不安を抱えなくて良い
  • 基本的には、長く働けば給料が上がっていく
  • 異動が多いため定期的にリセットできる

まず、公務員は自分から辞めない限り仕事を失うリスクがゼロです。勤続年数が長ければ給料も上がっていくため、生活やお金のことを心配しなくて良いという、気持ちの面での気楽さは大きいでしょう。

また、定期的(3年に1回程度)な異動があるケースも多いため、たとえ苦手な上司や部署の担当になったとしても、また異動があると考えればそこまで悩まなくても良いかもしれません。

注意点としては、公務員の仕事は民間企業とは大きく異なるため向き不向きが大きいという点です。また、原則として副業ができないため、本業以外に収入を得ることができないのも公務員の特徴です。

加えて、就職の難易度がこのランキングで挙げた仕事の中で最も難しいのも注意すべき点です。

公務員になるためには、原則公務員試験という筆記試験に合格しなければなりませんが、この試験の範囲は何科目にも渡っています。勉強するだけでも非常に多くの時間を使うことになるため、就職活動全体にかかる期間が長くなる点は認識しておきましょう。

平均年収:300~450万円※20代の目安(ユーキャン「公務員の給料はいくら?平均額や、年代別・種類別の違いまで解説」

第10位:フリーランス[楽な仕事10/10]

こちらは「働き方」になりますが、企業に雇用されず、個人事業主として自分の裁量で働くスタイルです。たとえば、クリエイティブ系、IT・Web系、コンサルタント系の仕事などは、フリーランスとして働く人も比較的存在します。自分の得意分野がある人、自由度の高い働き方がしたい人に向いています。

フリーランスを楽だと感じることがある理由には、以下があります。

  • 仕事のペースを調整できる
  • 人間関係のストレスが少ない
  • 自分で仕事を選べる

勤務日や勤務時間の縛りがないため、どの程度働くか、いつ仕事をするかはすべて自分で決めることができるため、精神的な自由度は高くなります。仕事をする相手や仕事内容も選ぶことができ、自分が納得いく働き方がしやすいといえるでしょう。また、場合によっては法人化したり、フリーランスから会社員に戻るといった選択も可能です。

注意点としては、収入や仕事量が不安定になりやすい点、万が一のときの保障がない点です。すべて自分で対応しなければいけないため、思っているよりもやることが多いと感じることもあるでしょう。

平均年収:414万円(フリーランススタート「フリーランスの年収ってどうなの?年収事情や年収アップのコツを徹底解説!」

楽な仕事に就くメリット・デメリット

楽な仕事に就くことは、メリットしかないと思われがちですが、実は今後の人生に大きな影響を与えかねないデメリットもいくつか存在します。

ここでは、楽な仕事に就きたいと思った時に理解しておきたい、メリット・デメリットについて解説します。

楽な仕事に就くメリット

まずは、楽な仕事に就くメリットについて3点解説します。

以下の内容は、楽な仕事に就きたいと思う動機にもなるものですので、イメージしやすいでしょう。

肉体的に疲れが溜まりづらい

肉体的に楽な仕事であれば当然身体への疲労は溜まりづらいですし、精神的に楽な仕事であれば、たとえ身体がつらくてもつらいと感じにくいといったメリットがあります。

一般的に、肉体的な疲労が蓄積されると、それに比例して徐々に精神が落ち込んでいくようになっています。

つまり、精神か肉体どちらかにつらさのある仕事に就職してしまえば、結果的に仕事に対してつらい思いを抱かざるを得ないのです。

そう考えると、「肉体的に疲れが溜まりづらい」という楽な仕事のメリットは、毎日働く上で非常に大切な要素だと感じられるのではないでしょうか。

精神的に安定した日々が送れる

楽な仕事で働ければ、精神的に安定した日々が送れるといったメリットも享受できます。

仕事で感じるプレッシャーが少なく、平穏な気持ちで仕事をこなせるため、オンオフのメリハリをつけて働けるでしょう。

精神的に安定できれば、プライベートが充実する可能性は高いです。もしメンタルを塞ぎ込むような働き方をしていれば、休日は外に出る元気が出ず、常に部屋に引きこもって自堕落な時間を過ごすことになりかねません。

精神が元気であれば、「次はこれをやってみよう」「ずっと気になっていた資格に挑戦してみよう」など、ポジティブに活動できるでしょう。

仕事をしてお金を稼ぐことはもちろん大切なのですが、それ以上に大切なのは、自分が毎日楽しく人生を送れるかどうかではないでしょうか。

プライベートを充実させやすい

先ほどの内容に重なる話ですが、楽な仕事に就くことでプライベートが充実させやすくなるといったメリットにも繋がります。

特に残業が少なく、毎日定時で帰宅できるような仕事であれば、残業が多くつらい仕事で働くよりもプライベートの時間が長くなります。

当然、プライベートを充実させるためには、プライベートの時間そのものをある程度持てなければなりません。つまり、残業が多くつらい仕事では、プライベートを充実させるための土台がないのです。

仕事とプライベートを両立させ、ワークライフバランスを意識した働き方をしたいのであれば、楽な仕事に就職できるように努力していくのがおすすめです。

楽な仕事に就くデメリット

続いて、楽な仕事に就くデメリットについて解説します。

就職は今後の人生を大きく左右させることも考えられますので、「つらい仕事に就きたくない」という短期的な思いだけで就職してしまわず、しっかりとデメリットも理解しておきましょう。

スキルが身につかないことがある

楽な仕事は、基本的にルーティンワークで誰にでもできるという特徴があります。

そのため、仕事を続けたとしてもスキルが身につけられないというデメリットが考えられます。「仕事は稼ぐ手段にすぎないから、スキルを身につけられなくてもいい」と言う人が見られますが、仕事でスキルを身につけられないと、後々転職をする時に困ってしまいます。

転職をするためには、面接の場でどのようなスキルが発揮できるのかを企業にアピールする必要がありますが、スキルがなければ何も自己PRができません。つまり、転職成功率がグンと下がってしまうのです。

転職は環境を変えるのに役立つのはもちろん、年収を大幅に上げたり、自分の進みたい人生を叶えるために役立つ行為です。そのような選択肢を取りづらくなってしまうというのは、人生にとっても大きな痛手になりうると言えるでしょう。

仕事がつまらないと感じやすい

楽な仕事は、毎日落ち着いて働けるというメリットがあるものの、裏を返せば仕事に抑揚がなく、楽しいともつらいとも感じられなくなる可能性もあるでしょう。

そのため、仕事をすること自体がつまらないと感じやすいというデメリットがあると言えます。

「仕事は心を殺して向き合い、ただ時間が過ぎるのを待つだけ」など、完全に割り切って働ける人であれば別ですが、そのように考えられるのはごく少数です。

ほとんどの人は、退屈な時間が続いていると、その毎日から抜け出したいと思ってしまいます。

退屈な仕事を辞め、刺激的な仕事に就くためには転職が必要になるわけですが、前述したデメリットの通りスキルが身についていないことが多いため、転職に成功せず、何もできないまま現職を定年まで続けるということも考えられます。

どんな仕事でも淡々と続けられるという自信があるかないかで、楽な仕事に就くか就かないかの検討をしてみるのがおすすめです。

キャリアアップが難しい

楽な仕事は現職でのキャリアアップが難しいというデメリットも存在します。

ルーティンワークにしか取り組んでいなければ、「作業スタッフ」という立場は続きます。キャリアアップをするということは、その多くは管理職になるということになりますので、作業スタッフであり続ける以上キャリアアップすることは難しいでしょう。キャリアアップができないということは、必然的に年収を上げることが難しいということに繋がります。

年齢を重ねていけば、家族ができ、子供ができるという方も多いはずです。年齢に比例して年収を上げることができないと、増えていく責任に対してお金が支払えず、大きなトラブルを引き起こしかねません。

現時点では、「キャリアアップなんてする必要はない」「一生楽な仕事をしていたい」と考えているかもしれませんが、中長期的な未来のビジョンをもう一度考え直した上で就職を検討すると、本当の意味で就職活動を成功させられるでしょう。

楽な仕事に就くのに重要な行動

楽な仕事に就きたいと考える人は少なくありませんので、競争率は高い傾向にあり、しっかりと行動しないと内定はなかなか出ません。

ここでは、楽な仕事に就くために重要な行動について解説します。

たくさんの求人を見て比較する

楽な仕事に就きたいのであれば、まずはたくさん求人を見ることを意識しましょう。

一言で「楽な仕事」といっても、仕事内容だけでなく、会社の規模や従業員の雰囲気、配属される部署の人間関係などさまざまな要素が組み合わさっています。

また、当然ではありますが、同じ職種であったとしても、A社に勤めれば楽だと感じるものの、B社に勤めるとつらい仕事だと感じるといったことが往々にして起こります。

つまり、本当に楽な仕事に就きたいなら、まずは楽な仕事かどうかを求人を見て素早く判断できる力を身につける必要があるのです。

自己分析を徹底して行う

楽な仕事を見つける力をつけられたとしても、企業に自分の魅力をアピールできなければ、内定を獲得することはできません。

企業に採用したいと思わせるためにも、自己分析を徹底して行った上で、求人応募を進めていきましょう。

自己分析とは、自分の経験を棚卸しすることで、強みと弱みを明らかにし、アピールポイントや自分に合った求人の特徴を理解できるようになります。

自己分析については、以下の記事でも詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

自己分析とは?簡単なやり方や自己分析のメリットについて分かりやすく解説

本当に楽に働けるか企業研究を行い検証する

楽な仕事であっても、企業によって楽に働けるかどうかは大きく異なりますので、入社後に悪いギャップを感じないためにも、企業研究を行うようにしましょう。

企業研究とは、求人票や求人広告、企業の採用ホームページや口コミサイトを確認することで、入社前から働くイメージを具体的にするために行う調査のことを言います。

選考前に企業研究をしっかりできていれば、面接で企業担当者に意欲がアピールできますし、入社した後にイメージ通りの仕事ができるようになります。

企業研究のやり方について、就職活動を始めたてで分からないという方は、弊社ジェイックの無料就職講座を活用してノウハウを習得しましょう。

楽な仕事・求人の5つの特徴

楽な仕事の5つの特徴を、それぞれ解説します。これらのいずれか、または複数に当てはまる仕事であれば、楽だと感じられる可能性が高いでしょう。

特徴1:ストレスがあまりたまらない

ストレスがゼロの仕事はありません。しかし、ストレスが過度に多い仕事は、しんどさやつらさを感じてしまいがちです。やがて精神的に疲弊し、離職につながることもあり得ます。

ストレスがたまりにくい仕事の特徴として、以下が考えられます。

  • 振り回されることが少ない
  • クレームや文句を言われる機会が少ない
  • 職場に苦手な人が少ない

たとえば、顧客や取引先の都合・要望に応える必要がある仕事の場合、人によってはストレスを感じやすいでしょう。クレームなどネガティブな言葉を聞くことが多い仕事なども同様です。

人間関係のストレスも、大きな影響を与える要素のひとつです。相性があるため多少の合う・合わないはあっても、理不尽に怒鳴りちらす人がいない、嫌味を言う・無視をする人がいないなど、いわゆる「まとも」な人が多い職場ならば、人間関係におけるストレスは減るかもしれません。

特徴2:身体に負担がかからない

身体がしんどいと感じる仕事は、年齢を重ねたときに続けていくことが難しくなりがちだったり、プライベートの時間も寝て過ごしがち、といったことが起こりやすくなります。

一方で、身体に負担がかからない(かかりにくい)仕事の特徴として、以下が考えられます。

  • 座っている時間が長い
  • こまめな休憩を取りやすい
  • 仕事量が多すぎない

立ち仕事や移動を伴う仕事であっても、すべてにおいて疲れやすいとは限りません。しっかりと休憩を取ることができたり、適切な業務量であったりすれば、身体への負担は比較的少ないでしょう。

一方で、「デスクワーク=身体が楽」というイメージもありますが、長時間労働だったり業務量が多すぎたりすると、かえって疲れが蓄積しやすいケースもあります。身体を動かす機会も減るため、自主的に運動などの機会を設けないと体力・筋力が落ちやすいこともある点は理解しておいたほうがよいでしょう。

デスクワークができる職種10選!就職のコツや向き不向きも解説

特徴3:ルーティンワークである

ルーティンワークの仕事は、そうでない仕事に比べて楽だと感じることがあります。主に、以下のような要素を持つ仕事です。

  • 一日の流れが決まっている
  • イレギュラーな対応を求められない
  • マニュアルやルールが明確

特に、アクシデントなどが起こりにくい仕事は、焦らずに仕事ができるため精神的に楽だと感じる人もいるでしょう。また、マニュアルなどが整備されている企業も、そこに書かれている内容に沿って仕事を進めれば良いという点で、働きやすいと感じる可能性があります。

一方で、「同じことを毎日続けるのが苦痛」「自分で考えて行動したい」という人にとっては、むしろしんどいと感じるかもしれません。飽きっぽい人の場合、いつも同じ職場・メンバーで同じ仕事をこなすことに、次第に閉塞感を感じてしまう可能性もあります。

特徴4:労働条件が良い

「高収入・好待遇で仕事も楽」というケースはあまりないかもしれません。

しかし「この仕事でこの待遇なら、わりと楽なほうかも」と思える仕事はおそらくあるでしょう。また「仕事は忙しいけれど、そのぶん待遇が良いから気にならない(楽に感じる)」パターンもあり得ます。

労働条件が良いと感じる場合、主に以下のいずれかに当てはまる可能性が高いでしょう。

  • 給料が良い
  • 残業が少ない(またはない)
  • 休日が多い
  • 福利厚生が充実している

給料に関しては言わずもがなですが、残業がない・少ない、休日数の多さなども、プライベートの時間を確保しやすいという点で労働条件の良さにつながるでしょう。また、企業独自の手当や補助が多い、お得なサービスを受けられるなどの福利厚生も、すべての企業で実施されているわけではないため、メリットに感じる人がいそうです。

特徴5:あまり重い責任がない

責任が重い仕事というと、以下が考えられます。

  • 命や安全などに関わる仕事
  • 多額の現金や機密情報を扱う仕事
  • ノルマや締切に追われる仕事
  • クライアント対応がある仕事

まず、病気や災害、事故・事件、インフラなど緊急度や重要度の高いものを扱う仕事は、万が一何か起きた際の責任が重くなるため、緊張感があります。幼児や高齢者などを預かる福祉・介護系の仕事金融関係や政治に関する仕事なども同様です。

常にタイトな締め切りや週ごとのノルマなどがある仕事も、重い責任を感じがちです。クライアントと常にやりとりをしたり対応を求められる仕事も、プレッシャーがあるといえるでしょう。

これらの要素を持たない仕事だからといって、責任がないというわけではありません。しかし、自分のミスが大きなトラブルに発展したり、ちょっとした間違いが大ごとになったりしてしまうリスクは少ないといえそうです。

楽な仕事を探す方法とは?

続いて、楽な仕事を探すために利用すべきサービスや方法を5つご紹介します。自分にとっての楽な仕事を探してみましょう。

方法1:ハローワークを利用してみる

ハローワークは、厚生労働省が運営を委託している公共職業安定所です。全国にあり、申し込みをすれば誰でも利用可能です。求人の閲覧・応募、相談、セミナーやイベントの参加、職業訓練の申し込みなどができます。求人の質などにはばらつきがあるものの、情報収集手段のひとつとしても活用しやすいでしょう。

ハローワークの利用では、以下のようなメリットがあります。

  • 職業訓練などでスキルを身につけてからの就職も可能
  • 地元企業を探しやすい

職歴やこれといったスキルがないという人は、職業訓練を受講して一定の技術や知識を身につけてから就職する方法もあります。また、ハローワークには地域に特化した求人も多く集まっているため、近所で働きたい人にとっても、条件の合う求人が見つかりやすいかもしれません。

方法2:就職/転職サイトの利用

就職/転職サイトは、民間企業が運営する求人サイトです。求人の閲覧・応募、企業からのオファー、応募企業とのやりとりなどがサイトから可能です。複数のサイトに登録して併用することで、より幅広い選択肢から仕事探しができるようになります。

就職/転職サイトの利用では、以下のようなメリットがあります。

  • 詳細な条件で検索することも可能
  • 企業側から声をかけてもらえることがある

残業時間やリモートワークの有無、休日数など、自分の希望に近い求人を、インターネット上で探すことが可能です。自分の情報を登録することで、企業側から応募や面接確約の連絡などが来たりすることもあるため、就職・転職のチャンスを比較的得やすいという利点はあります。

方法3:友人に紹介してもらう

楽な仕事に就きたいのであれば、友人に仕事を紹介してもらうのも有効な手段となります。

友人に対し、働いている職場の仕事が楽かどうかを聞いてみて、楽そうだと感じたら友人から社員紹介経由での求人応募をさせてもらえるようお願いしてみましょう。

友人に紹介してもらうことのメリットには、以下のようなものがあります。

  • 通常の選考よりも有利に進められる可能性がある
  • 企業の内情をあらかじめ知った上で応募できる

特に、本当に楽に働けるのかどうか、あらかじめ友人経由で聞いておけるのが非常に魅力的なポイントです。もちろん、「企業によっては友人紹介制度を設けていないことがある」「紹介された手前、入社後に辞めづらい」といった注意点はありますが、高い確率で楽な仕事に就ける方法ですので、試してみるのがおすすめです。

方法4:正社員登用を狙う

現在アルバイトとして働いている人であれば、正社員登用を狙ってみるのもおすすめです。バイト先によっては、職場や仕事内容を大きく変えずにそのまま正社員として雇用する制度がある場合があります。現在バイトが楽だと感じているのであれば、正社員登用で正社員になった後も楽に働けるはずです。

正社員登用のメリットには、以下のようなものがあります。

  • 仕事内容や人間関係が大きく変わらない
  • 新しい仕事を覚える大変さを感じずに済む

正社員登用の制度も、企業によっては存在していないケースもありますので、気になる場合は店長に話を聞いてみると良いでしょう。ちなみに、正社員登用制度を設けているケースが多いのは、飲食店や販売サービス職、小売店などに集中しています。

方法5:就職エージェントを利用する

就職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービスです。プロのキャリアアドバイザーが在籍し、求人も非公開のものがメインとなっているため、質の高いサポートを受けながら、自分に合った仕事や企業を探しやすいのが特徴です。非公開求人の紹介・応募、個別相談、自己分析や面接・履歴書対策、企業との交渉、アフターフォローなどを受けることが可能です。

就職エージェントの利用では、以下のようなメリットがあります。

  • 効率的に就職活動を進めることが可能
  • 将来的なキャリアのことも考えた就職がしやすい

まず、就職のプロによる指導やアドバイスを受けられるため、ひとりで就職活動をするよりも圧倒的に効率的で、正しい方法で就職活動を進めていくことができます。また、自分に合った職種や企業などを紹介してもらえる可能性も高く、長期的な活躍を見据えた就職もしやすくなります。

弊社ジェイックも、就職エージェントとして、数多く正社員就職へと導いてきた実績があります。フリーターや既卒、第二新卒など、社会人経験がない・少ない方の就職サポートを実施しています。短期集中・スクール型の就職講座、書類選考免除の合同面接会、就業後も研修等を通じたフォローなど、未経験からの就職でも安心してご利用いただけます。ぜひ、参加をご検討ください。

楽な仕事を見つける具体的な3ステップ

ここからは、楽な仕事を見つけるために行うべき具体的な行動を、3つのステップに分けて解説します。就職活動をどのように進めていけばいいのか悩んでいる方は、一旦次の流れで行動してみるのがおすすめです。

STEP1.自分にとっての楽な仕事がなにか考える

まず最初に行うべきなのが、「どんな仕事であれば自分は楽な仕事だと感じられるのか」を考えるということです。

この記事の最初に解説した通り、楽な仕事とは肉体的な楽さと精神的な楽さに分けられます。どちらの楽さも得ることは難しいので、自分はどちらの楽さを優先したいのか考える必要があるのです。

自分にとっての楽な仕事の方向性が決まったら、自ずと「比較検討すべき業界」と「比較検討をしなくてよい業界」に判断がつけられるようになりますので、のちのちの求人探しにかかる時間を短くすることができるでしょう。

STEP2.楽な仕事の条件に優先順位をつけて求人を探す

楽な仕事の方向性が決まったら、もう少し深ぼって考えていくようにします。

楽な仕事を構成する要素を分解すると、次のような項目が考えられます。

肉体的に楽な仕事の要素精神的に楽な仕事の要素
・業務中はほぼ座っている
・コミュニケーションがデスク上でほぼ完結する
・残業時間が少ない
・休日出勤がない
・軽作業が存在しない
・ノルマが存在しない
・ノルマに対して前向きな社員が多い
・チームワークを重視した社風
・社員の口コミが高い
・一人で黙々と仕事ができる

このような細かな条件について、さらに自分で優先度をつけていきます。

優先度をつけ終わったら、求人検索をしていくことになりますが、応募を迷った際、優先度の高い条件を満たしているかどうかを判断基準にすることが可能です。

もし優先順位を決めないまま求人探しをしてしまうと、その全ての条件を満たした求人を見つけなくてはならなくなりますので、該当する求人が極端に少なくなってしまうという危険性があります。

幅広い求人をできるだけフラットに比較検討していくためにも、楽な仕事の条件の優先順位づけについてはぜひ取り組んでみてください。

STEP3.面接で気になったことを確認する

求人に応募した後も、楽な仕事かどうかをチェックする機会が存在します。それが「面接」です。

面接は、企業が応募者の品定めをする場だと思われていますが、実際は「企業と応募者のマッチング確認の場」となります。従って、応募者が面接で「この企業は自分にふさわしくない」と感じたら、選考をやめてしまってもいいのです。

求人票や採用ページを見ても疑問が明らかにならなかったポイントがあれば、ぜひ面接の場で聞いてみるようにしましょう。

入社前にできるだけ疑問点や違和感をを無くしておくことこそ、楽な仕事に就くために大切なようそです。

ただし、企業への聞き方にはついては、失礼のないように注意してください。質問内容から「この人はやる気がないのではないか」と感じられてしまうと、それが原因で見送りになることもあります。

楽な仕事を探すなら知っておくべき求人票のチェックポイント

楽な仕事に就きたいのであれば、求人票をしっかりとチェックしておきたいところです。

特に以下の3つの項目については、求人に応募する際に必ず確認するよう心がけてください。

仕事内容

求人を探す上で基本的なことでもありますが、仕事内容については改めてしっかりと確認するようにしましょう。

特に、仕事内容が曖昧にしか書かれていないような場合、求人票に書かれていないような内容の仕事も依頼されてしまうことがあり、業務が多忙になってつらい仕事だと感じる可能性が考えられます。

楽な仕事に就きたいのであれば、仕事内容が具体的に書かれている求人を選びましょう。

「どこからどこまでの仕事に従事するのか」「逆にどこからの仕事については担当しないのか」が明確に記載されている求人であれば、入社後に悪いギャップを感じずに済むでしょう。

休日日数

楽な仕事の基本的な条件として、休日日数が十分にあることは欠かせません。

求人票の記載を見て、どれくらいの年間休日があるのかはチェックしておきましょう。特に注意して確認しておきたいのが、「週休二日制」か「完全週休二日制」のどちらを設けているかです。

どちらも似たような言葉ではありますが、意味は大きく異なります。

完全週休二日制の場合、毎週決まった休みが2日あるという働き方になります。

一方、週休二日制の意味は、「1ヶ月で一回以上2日間休みの週があり、それ以外の週は1日以上休みがある」という内容に変わります。

つまり、完全週休二日制と週休二日制で、毎月休みの日数が4日以上変わってくるということです。休みをしっかり取れる楽な仕事に就きたいのであれば、完全週休二日制の求人を探していきましょう。

また、年間休日日数がどれくらいかについても確認しておきたいところです。

一般的に、年間休日が110日から120日までの間であれば可もなく不可もない日数で、120日以上あれば休みの多い会社として認識されています。しっかり休める働き方をしたいなら、年間休日120日以上の求人への就職を目指していきましょう。

勤務時間・残業時間

残業時間や勤務時間が長くなれば、身体は疲れてしまい、それに比例して精神的にもつらさを感じていくことになります。そうならないためにも、求人票で勤務時間に関する内容もチェックしましょう。

まずは毎日の勤務時間(定時)がどの時間帯で設定されているのかを確認します。

一般的には9:00-18:00という定時の企業が多いですが、最近では勤務時間をある程度自由に決められる「フレックス制」を設けている企業も存在します。

朝早く起きることにつらさを感じているような方であれば、フレックス制を利用できる企業に就職すると良いでしょう。

また、残業時間についても必ず確認しておいてください。残業時間の多い少ないについては、月当たりの平均残業時間の数値によって判断できます。

当たりの平均残業時間が5時間以内であれば、ほぼ残業は発生しないと思って問題ありません。

ただし平均残業時間5時間という企業は相当少ないので、現実的なラインとして10時間〜15時間当たりの求人を狙うのがおすすめです。

月平均30時間以上の残業時間となってくると、つらい働き方だと感じやすくなっていきますので、求人探しの参考にしてみてください。

楽な仕事を目指す時の注意点

最後に、楽な仕事を目指す上で注意しておきたいポイントを6つ解説します。

特に就職活動をする上での注意点をまとめましたので、この記事を読んでこれから就職活動しようとする方は、以下の内容に注意してください。

1.就職活動の前に仕事を辞めない

現在、正社員として勤めている人が新たに就職(転職)活動をする場合は、内定が出るまで仕事を辞めないように注意してください。

無職のまま就職活動をしてしまうと、履歴書の職歴が途中で無くなることになり、面接官から「ウチに入社しても簡単に辞めてしまうのではないか」と思われる可能性が高まります。

また、仕事を辞めた状態で就職先が決まらないと、貯金を切り崩して生活しなければならなくなります。減っていく貯金残高に焦りを感じてしまい、「楽な仕事に就きたい」と最初は思っていても、徐々に「就職できるならどこでもいい」という考えにシフトし、結果的に望まない就職をしてしまうことが考えられます。

「このまま続けていると精神的にもたない」と感じる場合はすぐに辞めても大丈夫ですが、それ以外であれば働きながら就職活動を行うようにしましょう。

2.すぐに楽な仕事に就けると思わない

楽な仕事に就くのは簡単なことではありません。

求人に応募をしても書類選考で不合格になることもありますし、面接で自分のアピールポイントを十分に伝えられずに選考通過しないということも十分考えられます。

焦る気持ちを感じないようにするためにも、最初からすぐに楽な仕事に就けると思わないようにすることが大切です。

とはいえ、できるだけ早く内定が欲しいという方も少なくはないでしょう。そのような方におすすめなのが、ジェイックの集団面接会です。

集団面接会では、書類選考が行われないため、最短2週間で内定獲得に至ることが可能です。

以下のリンクから30秒程度で登録できますので、早く楽な仕事に就きたいという方はぜひ登録してみてください。

3.ネットの情報だけを鵜呑みにしない

楽な仕事に就きたいと思った時、インターネットで仕事に関する検索を行うことでしょう。

ネットからはあらゆる情報を収集できますので、情報が大切な就職活動においてネットの活用は非常に重要ですが、ネットの情報だけを鵜呑みにしないように注意してください。

ネットでは、「○○業界はブラック」「○○の仕事に就くと残業時間が長くなる」など、ネガティブな内容の投稿がたくさん見られます。

しかし、楽な仕事かどうかは企業や業界ではなく、企業の就業方針によって左右されるものですので、誤った認識をしてしまいがちです。

就職エージェントを始めとした、正しい情報をもとに就職活動をするよう心がけましょう。

4.雇用条件や求人票は必ず念入りにチェックする

働く上での条件が記載されている求人票や、内定後に提示される雇用条件については、見流すことなく念入りにチェックしてください。

楽な仕事かどうかの判断は、より正しい情報で行うためにも、ネットの情報でもなく、求人広告でもなく、企業が提示する求人票や雇用条件にて行うことが大切です。

5.できれば正社員を目指す

楽な仕事に就きたいのであれば、収入の面から考えても正社員を目指すようにしましょう。

派遣社員やパートといった非正規雇用の働き方だと、仕事を続けてもキャリアアップに繋がりにくいのが実情です。

もし入社した先が楽な仕事でなかった場合、転職できない状況は絶対に避けたいところです。スキルを上げていざという時に別の職場に行けるようにするためにも、最初から正社員になる前提で求人検索しましょう。

ちなみに、ジェイックが運営する就職エージェントを通じて応募できる求人は、すべて正社員求人です。就職率も8割を超える実績となっていますので、正社員として就職したいと考えている方は、ジェイックの利用を検討してみてください。

6.できる限り早い段階で行動する

楽な仕事は多くの人が応募するため、採用倍率が高くなります。職種や企業にもよりますが、基本的に就職においては年齢が若い方が選考通過確率は高い傾向にあります。

そのため、楽な仕事に就きたいと思ったら、できるだけ早く準備をして行動することがコツになってきます。

「就職活動のやり方が分からず、ずるずると年齢だけをかさねてしまった」ということにならないよう、今すぐにでも行動を起こしていきましょう。

まとめ

何を「楽な仕事」と感じるかは、人それぞれ異なります。必ずしも、ヒマな仕事や業務量が少ない仕事が楽ともいえません。また、たとえ同じ職業でも、企業によって大変さが異なることもよくあります。楽な仕事が何なのかは、個々人の価値観によって変わってくるでしょう。

肉体的・精神的な負荷が少なくやりがいを感じられる仕事であれば、自分らしく活躍していくことができます。「自分にとっての楽な仕事」を探したいという人は、ぜひ、弊社ジェイックへご相談ください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等