就職できない人の5つの特徴と対策方法~就職エージェントが早い~

就職できない人の5つの特徴と対策方法~就職エージェントが早い~

このままずっと就職できないかも・・・と不安なあなたに、就職の近道をお教えします。

「就職できない人の特徴」と「就職しやすい人の特徴」を知って、今後の就職活動に活かして下さい!この記事では、具体的な対策方法もご紹介しています。

この記事のまとめ
  • 就職できない人は就職エージェントに相談しよう
  • 就職できない人の特徴とは
  • 就職しやすい人の特徴とは
  • 就職できない人の対策とは

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

就職できない人は就職エージェントに相談しよう

就職できない人は就職エージェントに相談しよう

なかなか就職できず不安なあなたへ!何をどのように改善したら就職できるのか、途方にくれていませんか?まずは、就職以外の選択肢と、就職への近道をご紹介します。

就職のプロに相談しよう

就職できずに、ひとりで悩んでいるあなた。自分だけの力では限界があります。就職活動は、自分の価値の棚卸しが大切になり、第三者の客観的な視点が必要です。

就職のことは、就職のプロに相談してみましょう。正社員への道が、グッと近くなるはずです。

就職エージェントに相談

一番オススメなのは、就職エージェントに相談することです。履歴書・面接対策など就職に必要なサポートを、無料で受けることができます。

大手の求人も多く、質も一定なので安心です。採用までのスピードが早いことも、メリットのひとつです。

デメリットをあげるとすれば、ハローワークより求人の総数が少ないことです。しかし、ハローワークと比べて少ないだけですし、「量より質」を優先させた結果だともいえるでしょう。

ハローワークに相談

まず、ハローワークに相談するという方法があります。全都道府県に設置されていて求人数が多く、様々なサポートを無料で受けられるというメリットがあります。

しかし、大手企業の求人が少なく、地方ごとの求人に偏りがちというデメリットもあります。応募までに時間がかかるというのも、デメリットです。

また、ハローワーク側と求人企業は会っていないため、ブラック企業を引き当てる可能性が捨てきれないことは注意点しておきましょう。

就職以外の選択肢は?

なかなか就職できず、他の選択肢を探している場合は、下記のような働き方があります。

  • 起業する
  • 得意なことがあれば、フリーランスとして働く
  • ライターなど、在宅ワークをする
  • フリーター、派遣社員として働く

起業・フリーランス・在宅ワークなどは、すぐに安定した収入を得ることは難しいです。しっかりしたスキルやプランが無いと、軌道に乗せることもできません。

フリーター・派遣社員も同様ですが、生涯賃金や生活の保障などを考えると、就職し正社員として働く方が将来的に安心だといえます。正社員就職以外の選択をする場合は、確固たる目標やプランがある場合のみにしましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

就職できない人の特徴とは

就職できない人の特徴とは

なかなか就職できない人には、どのような特徴があるのでしょうか?「就職できない人の5つの特徴」をご紹介しますので、自分にあてはまるものがないか確認してみましょう。

第一印象が悪い[1/5]

面接という短い時間の中で自分を売り込むために、重要視されるのが「第一印象」です。

「第一印象」が悪い人は、なかなか就職できないといえます。

  • 髪型や服装が乱れていて、清潔感がない
  • 就職活動に不釣合いな髪色など、場をわきまえていない
  • 敬語がつかえない
  • 人の話しを聞かず、会話のキャッチボールができない
  • 表情が暗く、笑顔がない

以上のことがあてはまる場合は、要注意です。

服装などの身だしなみは、最低限整えるようにしましょう。

表情や言葉遣いなども、意識することで改善されます。

面接官により良い印象を与えられるように、努力していきましょう。

自己分析ができていない[2/5]

就職ができない理由の一つに、「自己分析ができていない」ということがあります。

「自己分析ができていない」と、下記のような問題がでてきます。

  • 希望の職種や働き方が明確でなく、自分に軸が無いため、選ぶ段階でつまずく
  • 適正がわからず、自分に合わない会社ばかり選んでしまう
  • 数打てばなんとかなる!とやみくもに活動し、エネルギーの無駄遣いをしてしまう
  • 選んだ会社の志望動機がハッキリしないため、履歴書や面接がボロボロ
  • 自分のアピールポイントがなく、面接に受からない
  • 会社側が喜ばない、独りよがりの自己アピールをしてしまう

「自己分析ができていない」ということは、目隠しをされた状態で出口を探すことと同じです。真っ暗な中ひたすら歩きまわっても、なかなかゴールできないのは当然です。

きちんと自分がわかっていれば、進むべきゴール地点もわかり、堂々と自分を売り込んでいくことができます。まずは就職エージェントの力を借りて、自己分析をしてみましょう。

「落ちやすい」性格や考え方をしている[3/5]

面接で落とされやすい人には、性格や考え方にも特徴があります。

  • 極度に性格が暗かったり、ネガティブ過ぎる人
  • コミュニケーション能力が低い人
  • 必要以上に緊張してしまう人
  • 自分に自信がない人
  • プライドが高く、人の話しを聞かない人

性格や考え方は、もともとの資質もあるので、すぐには変わりません。

しかし、長所と短所は紙一重ですし、面接の練習や準備をしっかりすることで、パッと見の印象を変えることは可能です。やる気や自信があるように見えれば、問題ないのです。

まずは、あまり身構えず、面接官との会話のキャッチボールを心がけるようにしましょう。

企業研究ができていない[4/5]

企業研究ができていないと、履歴書の作成や面接で不利になります。なぜ応募した会社でないといけないのか、説得力のある説明ができないからです。

どの会社にも当てはまりそうなマニュアル通りの回答では、採用する側の心には残りません。しっかり企業研究をして、相手の心に残るようなアピールをしましょう。

また、企業研究をおろそかにすると、就職後にも苦労することになります。「想像していた仕事内容と違った!」など、思わぬ落差を感じることがあるからです。

自分の理想により近い職場で働けるよう、面接前には必ず企業研究をしましょう。

大手企業ばかり受ける・視野が狭い[5/5]

なかなか内定がとれない人の中には、大手企業ばかりを狙うという人も多いようです。

有名な企業ということは、それだけ倍率も高いということです。

ネームバリューに囚われず、自分が本当にやりたい仕事・自分の力を活かせる企業を探してみましょう。特定の企業や職種、労働条件にこだわりすぎると、視野が狭くなり、採用される可能性も狭めてしまいます。

就職エージェントを活用するなどして、もっと幅広い視野での活動を心がけましょう。必ずあなたとマッチングする企業が見つかるはずです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

就職しやすい人の特徴とは

就職しやすい人の特徴とは

逆に、就職しやすい人には、どのような特徴があるのでしょうか?「就職しやすい人の6つの特徴」をご紹介しますので、自分に足りないと思うものがあれば、改善していきましょう。

第一印象が良い[1/6]

就職しやすい人には、「第一印象が良い」という特徴があります。

  • 身だしなみがきちんとしていて、清潔感がある
  • 場所をわきまえた服装や髪色
  • 言葉遣いがきちんとしている
  • 受け答えがハキハキしていて、やる気が感じられる
  • 明るい笑顔

以上のことがあてはまれば、「第一印象が良い」といえます。

スーツにしわがない・寝癖がついていないとうような、単純なことに気をつけるだけでも、良い印象を与えることができます。意識して姿勢を正し、笑顔と明瞭な受け答えを心がければ、自信のある人物に見えます。「第一印象の良さ」は、ちょっとした努力で得ることができるのです。

また、人のアドバイスを素直に聞ける人も、印象が良いといえます。「でも」「いや」「だって」など否定的な言葉は、面接官を不快にさせる場合があるので気をつけましょう。素直で柔軟な姿勢は、「成長の可能性」を感じさせるため、とても重要です。

自己分析ができている[2/6]

「自己分析ができている」人は、就職しやすいといえます。「自己分析ができている」と、下記のような利点があります。

  • 自分の強みの中で、何が応募した企業へのアピールポイントになるかがわかる
  • 自分の魅力を、過去のエピソードなどを交えてわかりやすく伝えられる
  • 自分が何をしたいかハッキリしているので、企業選択が的確
  • 自分の軸があるため、発言に矛盾がなく、印象が良い
  • 発言に一貫性もあるため、志望動機などに説得力がある

自分の強みや弱みを把握していると、自分に合った企業を見つけやすいだけでなく、自己アピールもより効果のあるものに変わります。何となく自分をよく見せようと、話しを盛ったり嘘をついても、面接のプロにはバレてしまいます。

自分がわからず、手探りで就職活動をしていると思ったら、なるべく早めに自己分析を行いましょう。

企業研究ができている[3/6]

複数の内定が出る人に共通しているのが、「各企業ごとに志望動機や自己PRを変えている」という点です。各企業ごとに対応を変化させるためには、「企業研究ができている」といことが大切です。

同じような職種でも、どのような人材が欲しいかは企業によって異なります。ピンポイントでアピールしていくためには、応募する企業が求めているものを知る必要があります。

どの会社にもあてはまるような薄い志望動機では、面接官の印象には残りません。いちいち調べるのは手間だと思うかもしれませんが、就職への近道だと思って挑戦してみて下さい。

就職後のことも考えている[4/6]

就職しやすい人は、「就職後のことも考えている」という特徴があります。「就職することが目標」ではなく、「就職してから○○をすることが目標」になっているタイプの人です。

将来のビジョンが明確なため、その場しのぎの発言をせず、志望動機などに説得力があります。面接官にも、前向きな姿勢が良い印象を与え、内定がとりやすくなるでしょう。

「就職することが目標」になっていると感じたら、応募した会社で自分がどうなっていきたいか、3年後・5年後と先のことを想像するようにして下さい。ちょっとした行動の違いが、結果を変えていきます。

選考に落ちても次に活かす[5/6]

選考に何度も落ちると、自分自身が否定されたようでツライですよね。

しかし、落ち込んでいるだけでは、内定は引き寄せられません。就職しやすい人たちは、「選考に落ちても次に活かす」努力をしています。前向きな反省と原因分析で、マイナスをプラスに変えているのです。

どんなに優秀な人でも、選考に落ちることはあります。失敗しても気持ちを切り替えて、成長の糧にしていきましょう。

面接対策と練習をしている[6/6]

内定をとりやすい人は、「面接対策と練習をしている」のも特徴です。特に緊張しやすい人、内向的で瞬発力のいる会話に苦手意識がある人などは、必ず「面接対策と練習」をするようにしましょう。

予想していない質問がきて、頭が真っ白になってしまい、あやふやな返答をしてしまった経験はないですか?面接は舞台と同じようなものです。役者さんは、舞台前に台本を覚え、何度も稽古をします。

面接も同じで、準備を整え何度も練習をすることで、落ち着いた状態で余裕をもって望むことができます。自分の資質をより良く引き出すためにも、「面接対策と練習」はしっかりするようにしましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

就職できない人の対策とは

就職できない人の対策とは

「就職できない人の特徴」と「就職しやすい人の特徴」を、それぞれご紹介してきました。自分は「就職できない人の特徴」が多くあった・・・と、落ち込んでいるあなた。

悲観する必要はありません!内定をとるために、実際にどのようなことをすれば良いのか、対策方法をご紹介します。

就職できない人の対策方法を、ざっくりまとめると、下記のようになります。

  • 自己分析でアピールポイントを持つ
  • 企業研究をし、志望動機を明確にする
  • 通りやすい「履歴書」の書き方を知る
  • 面接対策・練習をしっかりと
  • いちいち落ち込まずに、次に活かす
  • ひとりで抱え込まず、誰かに相談すること!

就職できないのは本人の性格や能力の問題ではなく、単純に就活についての知識が無かったり、対策ができていないだけのことです。ハローワークや就職エージェントなど、就職の専門家に相談して、ひとつひとつ解決していきましょう。

また、就職イベントに積極的に参加したり、憧れの職種に就いているOB・OGに話しを聞きに行くことも新しい発見やチャンスにつながるかもしれません。

ジェイックでは5日間の研修で全ての対策ができます!

私たち「ジェイック」は、就職成功率は81.1%と高い実績がある就職エージェントです。基礎研修・面接対策・就職後のサポートまでを一貫してサポートする就職支援サービスを行っております。

  • 自己分析
  • 履歴書対策
  • 面接対策
  • 志望動機

5日間の基礎研修で、上記の就職活動に必要な知識を得ることが可能です。なかなか就職できずに不安に思っているあなた。ぜひ気軽に相談して下さい。

下記サイトから簡単に応募することが可能です。

https://www.jaic-college.jp/lp/common/af.html?rl=af&rm=vc&rs=p&trflg=1

あなたの就職成功を心から祈っています。

未経験でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC