企画をする仕事に向いている人の特徴は?【使えるスキルや資格も】

企画をする仕事に向いている人の特徴は?【使えるスキルや資格も】

「企画をする仕事に自分は向いているかな」と不安に感じていませんか?

この記事では、企画に向いている人の特徴と共に、具体的な仕事内容、また企画をする上で有利なスキルや資格についても紹介します。この記事をもとに、企画職へチャレンジしてみましょう。

企画をする仕事とは

企画をする仕事とは

企画をする仕事、いわゆる企画職とは、商品(製品)に関わる全般の業務を担当する仕事のことを指します。

その定義は会社によって異なるため一概にいえませんが、これからつくる商品やサービスの市場調査や競合調査といった「リサーチ業務」、どういった仕様にするかの「アイデア出し」がメインの仕事です。

また、つくり出した商品を量産するためのオペレーション構築、生産コストと販売コストを踏まえた利益計画の策定、販売施策の立案など、一般的に「マーケティング」と呼ばれる仕事を行うこともあります。

「企画」と聞くと、楽しそうで華やかな世界を思い浮かべるかもしれません。

しかし現実の企画職は、どちらかというと裏方の仕事がほとんど。リサーチや生産計画の設計など、「数値」と常ににらめっこしつつ、商品を世に送り出したあとは利益やコストといった「数字」を気にする日々が待っています。

地道な作業が企画職のメインの仕事ですが、一方で自分が開発当初から手掛けた商品がニュースで話題になったり、流行を生み出したりすることも。

さらには会社を支える主力商品になることもあり、それを生み出した張本人としての誇りは何ものにも代えがたいものがあります。

企画をする仕事の種類

では、企画をおこなう仕事について詳しく見ていきましょう。

多くの会社では、以下の3つの仕事が「企画職」といわれています。

  • 商品企画(商品開発)
  • 広報・PR
  • 営業企画

では、それぞれの仕事について解説します。

商品企画(商品開発)

商品企画(商品開発)は、まさに「商品をつくり出す」仕事です。具体的には、新商品や新サービスの開発、また既存商品のアップデートをおこないます。

商品企画は、基本的にはチームで仕事を進めます。

そして、チームの作業のなかで特に大切なのが「商品のコンセプト」の選定です。コンセプトとは、「どういった人の悩みを解決する商品なのか」といった、商品をつくるうえで“核”となるもののことです。

コンセプトは、商品に関わる多くの人の「共通認識」となる大切なもの。コンセプトをもとに開発が進められていくため、コンセプトがしっかりしていることが商品開発の成否を握っているといっても過言ではないのです。

そのため商品企画に就く人は、市場調査の結果をもとに、チームで何度もアイデアを出し合い、コンセプトを固めることに特に注力します。

広報・PR

広報・PRも、企画の仕事のひとつです。

広報・PRとは、生み出した商品やサービスを世の中に広める仕事のこと。たとえば、情報番組で自社の商品を紹介してもらえるようにテレビ局へ掛け合ったり、報道機関向けのプレスリリース(新商品発表を伝える文面など)の作成をおこなったりします。

広報・PRでは、その商品をニュース番組などで取り上げるかはメディア関係者次第です。取り上げてくれるようにお願いはできますが、最終決定権は自分たちにはないのです。

一方で取り上げられれば、基本的には宣伝費をほとんどかけず、多くの人に商品の魅力を伝えることができます。

ちなみに、似たような仕事に「宣伝」がありますが、宣伝はテレビCMや新聞広告、街なかの看板などをつくることで、消費者にダイレクトに商品の魅力を伝える仕事です。テレビCMなどの「枠」を買ってしまえば宣伝できるので、比較的自由に商品を伝えられるのが宣伝のメリットです。

しかし、1回の宣伝には数百万~数千万円かかることもあるなど、宣伝費の多さがネックとなることもあります。

そのため資金力のない中小企業のなかには、広報・PRを強化し、できる限り低コストで商品の宣伝に努める会社も少なくありません。

営業企画

営業企画は、これまでお伝えしてきた企画職とは少し仕事内容が異なります。

具体的には、営業活動が効率的に進むように、社内の営業社員をサポートするのが主な仕事です。

一方で商品企画などは、消費者を相手にする仕事といえます。

企画といっても、消費者を相手にする仕事、社内の従業員を相手にする仕事など、対象とする相手によってさまざまな仕事があるということですね。

営業企画は、営業社員の負担を減らすために、売上数値の分析や顧客向け資料の作成、また営業社員のモチベーションアップのための表彰制度の策定などをおこないます。

商品を多くの人に広め、手に取ってもらうためには、現場の第一線で働く営業社員の活躍が欠かせません。

そして営業企画は、その営業社員を支え、縁の下の力持ちとして全面的にバックアップする大切な役割を担っているのです。

企画をする仕事に向いている人の特徴

ここからは、企画をする仕事に向いている人の特徴を紹介します。

下記の3つのうち、どれかひとつでも当てはまれば企画職への適性があるといえるでしょう。

  • アンテナが広い人
  • 情報分析が苦ではない人
  • コミュニケーション力が高い人

では、それぞれの特徴について見ていきます。

アンテナが広い人

アンテナが広い人は、企画職に向いています。

企画の仕事は、世の中の動きに詳しくなければいけません。なぜなら時代や流行によって、人が商品に求めるものが大きく異なるからです。

また、企画した商品が世の中に出るまでには1~3年ほどかかります。

そのため、今の流行を押さえることはもちろん、「この先の社会がどうなるか」「人の気持ちに変化はあるか」といったことを先読みして考える必要もあります。

そこで大切になるのが、アンテナを広く張っていること、つまりさまざまな情報に触れていることです。

たとえば若者向けの商品を開発するのであれば、人気のYouTuberをチェックする、高校生に人気のゲームを実際にやってみる、といったことも必要になるでしょう。

一方で、男性の企画職であっても女性向け商品を手掛けることは珍しくないため、この場合、女性誌を買いあさって女性の気持ちをなんとか理解しようと努める人もいます。

このように企画職は、自分が持っている知識や経験では理解が及ばない世界について、深い知見が求められることが少なくないのです。

その点、ふだんから色々な情報に触れ、知らないことがあっても楽しみつつ情報収集ができる人は、企画職に向いているといえるでしょう。

情報分析が苦ではない人

情報分析が苦でない人も、企画職に向いています。

企画職は、リサーチデータの読み取りを頻繁におこないます。

また、競合の会社がどんな商品を販売しているか、それがなぜ売れているのか、といった分析もおこなわなくてはいけません。

このときに大切になるのが、情報分析、つまり仮定を立て、情報を精査し、検証するサイクルを回すことです。

このサイクルは、人によっては面倒くさく感じるため、集中力に自信がない人には特に苦しい仕事に感じられるでしょう。

一方で、コツコツとした作業が苦ではなく、むしろ好きな人にとっては、企画職はぴったりな仕事といえるかもしれません。

コミュニケーション力が高い人

企画職に向いている人の特徴として、コミュニケーション力が高いことも挙げられます。

なぜなら、企画職はチームやプロジェクト単位で仕事をする機会が多い仕事だからです。

企画の仕事は、社内のさまざまな部署との調整が必要です。

たとえば、生産・流通に関係する部署や営業、そしてコストについての相談のために経理部に掛け合ったりと、社内を忙しく走り回ります。

また、商品開発は他社の協力を仰ぐことも少なくないため、外部の関係者とのミーティングも頻繁に行われます。

つまり企画職は、常に誰かの力を借りる必要がある仕事といえるのですね。

そこで、コミュニケーション力が鍵を握ります。

誰かの協力を取り付け、相手の利益も踏まえて交渉をおこない、プロジェクトを円滑に進めていく――。

このような一連の業務において、コミュニケーション力が特に大切な意味をもつのです。

そのため、相手の気持ちを推し量ることに自信がある、そして何よりも「誰かと仕事を進めていきたい」といった気持ちを強くもつ人は、企画職への適性があるといえるでしょう。

企画をする仕事に就く方法

企画をする仕事に就くためには、いくつかの方法があります。

なかでも以下のふたつの方法は、現実的な選択肢といえるでしょう。

  • 営業で経験を積む
  • 転職でマーケティングスキルをアピールする

では、それぞれの方法についてお伝えします。

営業で経験を積む

営業職として経験を積むことで、企画職に近づける可能性があります。

そもそも営業職は、新入社員がいきなり配属されるような部署ではありません。

なぜなら、企画をするためには、そもそも自社にどのような製品があるのか、他社がどのような商品戦略を立てているのか、といった知識が欠かせないからです。

つまり、入社したばかりの新入社員は知識が少ないため、企画職にはまだ適さないと判断されるのですね。

しかし、逆にいうと知識をしっかりつければ、企画職への異動が叶う場合もあります。

その点、営業職は自分たちの商品に常に触れ、その魅力を知り尽くしている人。

そのため、営業として数年経験を積み、十分な知識をつけたうえで企画職に異動する人は少なくありません。

少し遠回りに感じられるかもしれませんが、まずは営業の経験を積み、そのうえで企画職に挑戦することが、実は企画職への「最短ルート」となることがあるのです。

転職でマーケティングスキルをアピールする

転職の際に、マーケティングスキルを持っていることをアピールすることも企画職に就くためのひとつの方法です。

企画職は、商品の販売戦略、いわゆる「マーケティング戦略」を立てることも大切な仕事です。

そして戦略立案は、企画職の人だけが身につけられるスキルではありません。

たとえば、人事部であれば採用戦略、財務部であれば資金戦略と、さまざまな部署で戦略業務はおこなわれています。

そのため、仮に企画職が未経験であっても、こうした戦略経験を転職の面接でアピールすれば、マーケティングスキルがあるとみなされ採用される可能性があるのです。

企画をする仕事で使えるスキルや資格

最後に、企画をする仕事で使えるスキルや資格を紹介します。

まずは、スキルからです。

企画をする仕事で使えるスキル

企画をする仕事で使えるスキルは、主に以下のふたつです。

  • プレゼンテーションスキル
  • 統計知識

では、それぞれについて解説します。

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルは、企画職に欠かせないスキルです。

なぜなら、商品のコンセプトの説明などを社内外に説明する機会が多いからです。

特に、企画プレゼンはデータなどを用いることが多くあります。

そのため、難しいデータも分かりやすく、かつ論理的に伝える力も求められます。

統計知識

統計知識も、企画職に活かせるスキルです。

企画職は、データを読み取る機会が少なくありません。

そしてデータの読み方を誤ると、違う結論が導き出されてしまうこともあります。

そのため、そもそもデータが正しいかを判断し、その結果から導き出される事実を正確に把握するうえで、統計の知識が活かせる場面が多くあるのです。

企画をする仕事で使える資格

次に、企画をする仕事で使える資格を紹介します。

以下のふたつです。

  • ビジネスキャリア検定
  • 販路コーディネーター

では、それぞれの資格について紹介します。

ビジネスキャリア検定

ビジネスキャリア検定は、企画に必要とされる知識を網羅的に学べる資格です。

難しい順に1級~3級まで分かれていて、「営業」「生産管理」を始めとする8分野のなかから、自分が取得したい分野に挑戦することができます。

企画職を目指す場合は、営業分野のなかでも「マーケティング」を選ぶのがおすすめです。

販路コーディネーター

販路コーディネーターは、マーケティングについての知識が幅広く身につく資格です。

試験では、市場調査の方法や商品開発における注意点などが問われます。

また、販売戦略立案や販売促進ツール作成に関する問題など、実務に即した出題も少なくありません。

企画の仕事で必要なスキルを総合的に身につけられるので、企画職のイメージを膨らませたい人には特におすすめできる資格といえるでしょう。

未経験から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 未経験の支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.5%が辞めずに続けられる

    2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC