SPIの性格検査で企業は何がわかる?就活で行うべき対策と回答のコツを紹介

SPIの性格検査で企業は何がわかる?就活で行うべき対策と回答のコツを紹介就活準備中に、SPIという言葉を見聞きするようになった人は多いでしょう。SPIを企業の選考過程で受けることになり、性格検査の問題はどのような内容か、検査によって自分の性格がどのように診断されるのかと不安を抱えている人もいるかもしれません。ここでは、SPI性格検査の内容や診断で判明する人物像、対策の仕方などを解説していきます。これからSPIを受けるにあたってどのように臨めばよいか、参考にしてください。

この記事のまとめ

 1.性格検査は企業との相性を図るために行う

 2.テストは一貫性をもって回答しよう

 3.回答にうそをつくと面接でばれるので、正直に答えよう

 

SPIの性格検査とは

SPIの性格検査とは適性を診断する検査であるSPIは、企業の人事が採用をおこなう課程でよく導入しています。SPIとはSynthetic Personality Inventoryの略称で、開発を手がけたのはリクルートマネジメントソリューションズです。検査は性格検査と能力検査の2種類から構成され、結果からは応募者の能力や人物像を把握できます。能力検査では言語能力や数的な処理能力、論理的思考力が問われますが、性格検査では日常的な言動や考え方についての設問に解答することで個別のパーソナリティが判断されます。

性格検査の設問数は約300あり、内容は多角的です。様々な物事や人に対する考え方が大量に問われるため、中には同じ内容のように受け取れる問題もあるかもしれません。素早く解答する必要がある性格検査ですが、素直に真摯に取り組む姿勢も大切です。SPIをおこなう企業側では、性格検査の結果から応募者の人となりを判断しますし、SPIの結果と面接での印象に食い違いがないかどうかも見ているためです。

性格検査の目的

企業では、採用選考の段階でエントリーシートや面接を重視しています。しかし、これらの要素からだけでは応募者の人柄がつかみ切れない部分もあります。就活生によっては、緊張して満足な自己アピールができなかった、面接官を前にして自己表現が上手くいかなかったということもあるでしょう。これに対して、SPIを受けているときは焦りや緊張が多少なりとも軽減します。自分のペースを活かしながら解答できるため、本来の自分を発揮しやすいのです。そこで採用担当者は、応募者についてより深く総合的な判断をすることができます。性格検査の結果を参考にすれば、面接官が効果的な質問をしやすいのも目的の一つです。

もっと単純に、応募者の性格が自社の業務内容や社風に合っているかどうかを判断する目的もあります。会話が苦手でも、会社で働く資質がある人はいます。そのような人をどの部署に配属すれば適切か、見極めるためにも性格検査は役立つのです。大企業になればなるほど多くの部署が設置され、各部署にも様々な役割の担当者がいます。ある部署では活躍が見込まれなかった人が、配置換えによって大活躍することもあります。適材適所の採用ができれば、企業活動が全体的に効率よく機能するようになるでしょう。隠れた資質を持つ人材を他社にさらわれないよう自社で見極めることも、企業の利益につながるのです。

SPI性格検査から企業がわかること

SPI性格検査の結果からわかるのは、以下の3つです。

  • ・職務への適応性
  • ・組織への適応性

性格の特徴としては、4つの側面についてどのような人物かがわかります。4つの側面とは、行動的側面・意欲的側面・情緒的側面・社会関係的側面です。例えば行動的側面では、物事に対したときどのような行動を取りやすいか、社交的なのか非社交的なのか、体を動かすことが好きか、慎重に行動するほうかなどに関する質問がおこなわれ、解答者の行動的な特徴が判断できます。

意欲的側面でわかるのは、達成意欲や活動意欲です。情緒的側面では、敏感なところがあるか、責任をどの程度自分に向けるタイプか、どのくらいどのようなことに自信があるかなどがわかります。独自性や高揚性、気分性なども判断できる側面です。この項目で敏感性・自責性・気分性のスコアが高いと、面接で特に注意して見られる可能性があります。社会関係的側面でわかるのは、従順性・回避性・批判性・自己尊重性・懐疑思考性です。特に回避性が強い人には、責任放棄するところがないか診断される傾向があります。

職務の適応性では、リーダーシップやコミュニケーション能力、プレッシャーへの耐性などが判明します。いずれも仕事で発揮される性質に関してで、多くの人との接触や折衝に問題がないか、協力して仕事ができるか、課題を粘り強く進められるか、前例のない企画に取り組めるかなどが問われるのです。組織への適応性では、4つに分類されたどの風土に適応しやすいかがわかります。創造重視風土・結果重視風土・調和重視風土・秩序重視風土といった具合に、どの風土に適応度が高いかによって、企業の部署ごとに持つ風土に合わせた配属が可能になったり企業全体の社風に適応できるかが判断されるわけです。

SPIの受検方式

SPIは、以下の4つの方法で実施されています。

  • テストセンター
  • インハウスCBT
  • WEBテスティング
  • ペーパーテスティング

テストセンターは、リクルートが運営する専用会場です。会場の手配・当日の運営・試験監督全てをリクルートが担当しているため、企業側は申し込みをするだけで済みます。テストを受けるパソコンも、リクルートが会場に用意しています。インハウスCBTは、企業で会場やパソコンを準備してテストを実施する方法です。テストをおこなった日に、結果の確認や面接をまとめて実施することもできます。

受験者が自宅でテストを受けたいという場合、WEBテスティングが便利です。自宅以外でもWEBに接続できる場所であればどこでも受験できるため、受験者にとって都合の良い方式です。ペーパーテスティングは、パソコンを使用せずマークシート式のペーパーテストを受ける方式です。全受験者分のパソコンを用意するのが難しいほど大量の受験者がいる場合に便利で、会社説明会やセミナーなどに合わせておこなわれることもあります。

 

SPI性格検査の出題例

SPI性格検査の出題例SPI性格検査では、複数の選択肢から1つを選んで解答する方式が採用されています。選択肢は4つ提示されることが多く、例えばA・Bという設問に対して「Aに近い」「どちらかといえばAに近い」「どちらかといえばBに近い」「Bに近い」という選択肢のいずれかを選んで解答するという例があります。1つの設問に対して、「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」「どちらかといえばあてはまらない」「あてはまらない」という4つの選択肢から1つを選んで解答する形式もあり、いずれも日常的な行動や考えにどの程度あてはまるかに解答するようになっているのです。

具体的な設問例も、紹介しましょう。設問例1・2での解答選択肢は「Aに近い」「どちらかといえばAに近い」「どちらかといえばBに近い」「Bに近い」、設問例3・4での解答選択肢は「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」「どちらかといえばあてはまらない」「あてはまらない」です。

設問例1:

A.1人で旅行するのが好きだ

B.皆と一緒に旅行するのが好きだ

設問例2:

A.想像力のある人と気が合う

B.実行力のある人と気が合う

設問例3:

立ち直りが早いほうだ

設問例4:

新しいものを何でも試してみたくなる

それぞれの回答に知っているとテストの時に困らないと思うので、どのような問題が出すのか理解しておきましょう。

また、能力テストに関して知りたい方は、以下の記事を参考にしてみましょう。

SPI性格検査の対策方法と企業が求めているものとは

SPI性格検査の対策方法と企業が求めているものとはSPI性格検査には、独特の難しさがあります。理由の一つとして、学校のテストとは違って正解がないことが挙げられます。1人1人異なる性格を判断するテストですから、何が正解で何が不正解かを振り分けるわけではありません。素直に自分が普段している行動や考えを答えればよいものの、ついつい正解か不正解かを意識してしまう瞬間もあるでしょう。このようなテストに慣れていないと、単純な問題に考え込んでしまう可能性もあります。

同じような内容を問われる質問が多いのも、SPI性格検査の特徴です。似たようなことを何度も繰り返し問われると、何か裏があるのではないかと疑えて素直な答えが出てこなくなるかもしれません。次第に頭が混乱してきて、一貫性を持って解答するのが難しくなってくるのです。先に答えた解答と後に出てくる問題への解答で矛盾が生じてきて、混乱することもあり得ます。こうした混乱の中、スピーディーな解答が要求されるのも難しさに拍車がかかる要因です。SPI性格検査の設問は約300問あり、制限時間も設けられます。1問1問ゆっくり考えている余裕はなく、問題を瞬時に理解して直感で解答するようなスピードで挑まなければならないのです。

性格検査の対策方法

難しいテストだからこそ、何らかの対策をしておきたいSPI性格検査。事前にできる対策として、以下のような案があります。

  • テスト前に自己分析をしておく。
  • 企業を研究して理念や社風を理解しておく。
  • WEB上の性格検査体験ツールを利用する。

自分の性格について解答するために、予習をする必要などないと思うかもしれません。しかし、SPI性格検査をして意外な自分の一面を知る人が多いように、自己の性格は明確に把握していない部分もあるものです。一度自分の考え方や感じ方、行動を整理しておくことで、テストでも一貫性のある解答ができるようになります。この整理をすることで、面接でも自分についてアピールするのに役立つでしょう。

応募する企業の理念や社風を理解して、ある程度解答の指針にするのも一案です。それでは自分の本来の性格を偽る可能性もあるのではないかという考え方もありますが、入社することになれば自分の性格とは別に企業の理念や社風に従う場面も多くなります。そもそも、全く相容れない企業に応募しても、箸にも棒にも掛からないかもしれません。貴重な時間を消費するからには、できるだけ有益になることをしたいもの。そのためには、攻略しようとする相手をよく知り、自分とマッチする部分があるかどうかを探ってみるのが効果的です。

SPI性格検査の特徴に慣れるためには、WEB上の体験ツールを利用するのがおすすめです。設問内容こそ違っても、設問スタイルや解答のし方、時間配分などに慣れておくと本番のテストで大いに役立ちます。

SPIの性格審査で企業の採用像がわかる

企業がどのような性格の人物を求めているのかは、企業ごとに異なるでしょう。しかし、共通した人物を求めている企業もありそうです。企業が一般的に求めている中途採用者の人物像について、dodaエージェントサービスでは調査を行っています。結果としてわかったのは、積極性を求めている企業が最も多いということです。企業では、時代の移り変わりによって常に異なる課題を抱えています。与えられた仕事をこなすだけの社員より、自ら考えて行動し組織的な目標を達成できる社員が求められているのです。

積極性の次に企業が求めているのは、柔軟性です。組織の中で働くという意味でも、社会の変化に応じて対応できるという意味でも、柔軟性が大事な要素だと考えられています。僅差で求められているのが、外向性です。積極性にも似ていますが、組織で働いているのですから内向的になるよりも外に向かって発信できるような人が期待されていると考えられます。業種や職種によっても異なるものの、積極性や柔軟性は多くの企業で求めている基本的な人物像と理解しておくとよいでしょう。金融系では緻密性が、販売・サービス系や事務・アシスタント系では配慮・サービス性が重視されているという結果も出ています。目指す企業がどのような人物を求めているのか意識することで、性格検査でも良い結果を得られる可能性が高まります。

SPI性格検査の回答のコツ

SPI性格検査の回答のコツSPI性格検査に答えるコツとして覚えておきたいのが、以下の3つのポイントです。

  • 正直に答えること
  • 素早く答えること
  • 面接官に質問されているイメージで答えること

事前に対策をしておくことも大切ですが、基本の解答姿勢で重要なのは正直さです。自分をよく見せようと本来の姿を隠して解答していると、矛盾が生じかねません。企業に疑いを持たれ、イメージダウンしてしまう可能性があります。とはいえ、明らかに印象を悪くしてしまうような解答は控えるのが賢明です。面接官に質問されているイメージで解答すると、正直な解答を考える中でも相手との調和を意識した答えを選択できます。だからこそ、企業の風土や求められる人物像を理解しておくことが役に立つのです。

約300問も設問されるSPI性格検査では、素早く解答することが必須です。深く考え込んでしまい、制限時間内に全問解答できなくなることは避けましょう。実は、これだけ多くの設問をするのには、仕事をスピーディーにこなせるかを判断するという目的もあるのです。時間内に全問答える時間配分を練習しておくと、本番で成果を発揮できます。

SPI性格検査で避けたい回答

企業は求める人物像を見極めるためにSPI性格検査をおこなうのですから、採用の合否にも関わると考えておいたほうがよいでしょう。次のような解答は、避けておくのが賢明です。

  • 矛盾のある解答をすること
  • 企業の理念や風土に合わない解答をすること
  • 極端な解答やネガティブな解答をすること

SPI性格検査で企業に疑問視されやすいのが、解答に矛盾がある人です。混乱してうっかり解答ミスしてしまうこともあるかもしれませんが、それも度を超すとうっかりミスが多い人だと判断されかねません。仕事上でも矛盾のある言動をする可能性があると考えられ、採用枠から外されても不思議ではないのです。極端な解答が多いと、強情で柔軟性に欠ける人、臨機応変に対応できない人などと思われてしまう可能性もあります。また、あまりにもネガティブな解答の傾向が見えると、働くことそのものに不適なのではないかと判断される恐れがあります。

企業では、自社の理念や風土に合った人物を求めています。働いているうちに会社に染まってくる部分もあるでしょうが、もともと企業の考え方と共通要素を持っている人物であれば好適です。逆に、この人はどう頑張っても自社の理念や風土に合わないだろうという人は採用されなくて当然です。協調性をアピールしようと全面的に企業の理念などに賛成し過ぎる必要はありませんが、反対意見ばかりアピールするのはマイナスな印象となります。対人関係が極度に苦手、飽きっぽい、正義感が強すぎるといった性格も、SPI検査結果ではあまり良い印象を持たれない傾向があるため注意しましょう。

SPI性格検査のライスケールに注意

性格検査には、ライスケールと呼ばれる判断基準があります。テストを受ける人が嘘をついていないかを明らかにするための設問で、性格を診断するための設問とは区別されています。ただし、受験者にとってライスケールかどうかはわかりにくく、この設問がライスケールかと考えるのも時間の無駄です。素直にスピーディーな解答に集中することで、ライスケールに引っかかる心配もなくなるでしょう。

ライスケールの設問は、単純です。例えば、「今までに一度も嘘をついたことがない」という設問があるとします。解答はイエスかノーで求められていますが、イエスと答えると虚偽だと判断される可能性があります。多くの人は、生まれてから一度くらいは嘘をついたことがあるからです。解答の矛盾も、虚偽とみなされることがあります。ポジティブな考え方を示す解答とネガティブな考え方を示す解答が入り混じっていたりすると、矛盾した結果になります。こうした結果が、正直ではない人物像を生み出してしまうことがあるのです。

SPIの性格検査で企業の採用人物像がわかる

性格検査の結果は、採用選考の合否だけでなく入社後の配属先の決定にも影響をおよぼすほど重要です。だからといって全面的に応募する企業に合わせる必要はないものの、自己分析をおこなったり企業の理念などを整理したりして対策をするのは効果的です。企業には求めている人物像がありますから、それを念頭に置きながら正直に解答するのがバランスの良い取り組み方となるでしょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC