おすすめの職業8選!あなたに合った仕事を見つけよう

おすすめの職業8選!あなたに合った仕事を見つけよう就職活動をしていくうえで避けては通れないのが、どんな職業に就くか、どのような企業を希望するかを決めることです。

職種によってアピールするポイントも変わってくるため、対策をするとしても、まずはある程度希望の職業を決める必要があります。

そこで今回は、おすすめの人気職業の内容とともに、就活における職業選びに役立つことを紹介します。

ぜひ、おすすめの職業について知るための参考にしてみてください。

この記事のまとめ

1.自分のやりがいと業界の将来性から仕事を選ぼう

2.自分にとっての仕事のやりがいを発見しよう

3.おすすめの職業を参考に就活の軸を作ろう

 

おすすめの職業の基準とは

おすすめの職業の基準とはおすすめの職業を紹介する前に、そもそもなぜおすすめだと言えるのかについて紹介します。

仕事を選ぶにあって、あなたに合った働き方や企業をあなたの基準で判断していきましょう。

おすすめの職業の基準1:やりがい

今後仕事をしていくうえで仕事に対してやりがいを感じることができるかどうかは、職業選びの際に重要な判断基準となります。

仕事に対してやりがいを感じることができれば、主体性を持って働いていくことができるでしょう

。積極的に働くことができれば、自分のスキル向上にもつながり、成果が生まれ、さらにやりがいが生まれます。

 

どのような仕事にやりがいを感じるかは人によって異なりますが、例えば自分が好きだと思える仕事であれば、興味関心を持って仕事に取り組むことができるでしょう。

また、好きな仕事であれば、業務を行う上で厳しいことや辛いことがあっても乗り越えようと思えます。

そして困難を乗り越えたことが自分の自信になり、またそれがやりがいへと繋がっていくのです。

おすすめの職業の基準2:将来性

将来性が高い業界・職種の仕事も人気を集めています。

将来性が高い仕事は、すなわち将来においても多くの需要が見込まれるということです。

需要が高いため、全体的に忙しい場合が多いことも特徴と言えるでしょう。

トレンドに沿った仕事をすることが重要になってくるので、常に時代を先取りするような新しい知識が必要になってきます。

現状身に付いている知識だけでなく、常に知識をアップデートさせる対応力や、トレンドをキャッチしやすい感度の高さがカギになるでしょう。

 

市場での需要が高い職業であることは、その分成果が出やすいということにも繋がります。

年収への反映も期待できるため、おすすめの職業です。また、将来性が高いことによって、自分のライフプランが立てやすいというメリットもあります。

1つの業界で長く働いていきたいという方にぴったりの仕事だと言えるでしょう。

おすすめの職業は人によって異なる

おすすめの職業は人によって異なるおすすめの職業を人によっておすすめ出来ない場合があります。

ここでは、それぞれの仕事に求めるもので一般的に言われるやりがいについて紹介します。

あなたに合ったやりがいを発見しましょう。

人の役に立つ・称賛される職業

人は他の人から感謝されたり、称賛されればうれしいと感じるものです。

そのため、仕事でそのうれしさを感じられるということは、仕事を続ける上で大事な要素になります。

人から感謝される職業の代表格として医療関係の仕事が挙げられます。

命を預かる現場であるため責任は重大ですが、その分多くの人の役に立てて、心から感謝される仕事です。

そのほかにも、福祉関連や地域貢献を積極的に行う企業など、直接的に人の役に立つ仕事は多く存在します。

 

人から称賛されるという仕事は、多くの人が働きたいと考える人気が高い仕事です。

人の役に立ったり、称賛されたりすれば、自分の仕事に対するモチベーション向上にもつながります。

仕事に対する意欲が沸くことにより、働き続けていきたいと思えるでしょう。

医療現場は厳しいことも多く、容易な業務内容ではないため、仕事を続けるモチベーションが高められることは、職業選びの大事な判断基準になると言えるでしょう。

成果反映がある職業

職業選びにおいては、自分の頑張りや成果が評価され、給与やポジションにしっかり反映されるかどうかも大事なポイントになります。

そのため、業務内容と待遇についてはしっかり把握しておくべきです。

業務にかけた努力と、会社からの待遇が見合っていれば、より主体的に働こうと思えるでしょう。

給与などへの反映がしっかりしていることにより、プライベートも充実させることを期待できます。

 

業務内容が好きなことでやりがいが感じられるとしても、仕事を続けていく上では待遇が悪ければ少なからず不満を感じてきます。

また、楽しいからといって、多忙でなかなか休みが取れない状況が続いたりすると、心や体を壊してしまうリスクも考えられます。

長期的に見れば仕事を選ぶ上で、成果がしっかり反映されるかどうかは重要な基準だと言えるでしょう。

業務内容を確認することは大切ですが、仕事をする目的の1つは収入を得ることにあります。仕事の成果反映がしっかりしている会社を選ぶことをおすすめします。

働きやすい職場環境

職業選びの際は、自分に合った職場環境がある仕事を選ぶことをおすすめします。

昨今ではパワハラ・モラハラ・セクハラなどのハラスメントが問題になっていますが、そのような出勤がつらいと感じる職場で働きたい人はいません。

個人レベルでも組織としても、風通しの良い環境であることは、働くうえで非常に重要です。

 

また、職場環境といえば、福利厚生が整った環境であるかも大事な点になります。

福利厚生がしっかり整備されている職場であれば、安心して長期的に働くことができます。

働く場所も、きれいな建物で働くのと汚い建物で働くのでは、仕事を続けていく上で働きやすさが大きく違ってくるでしょう。

快適で働きやすい職場環境が整っている職業を選ぶことがおすすめです。

 

おすすめの職業8選

おすすめの職業8選おすすめの職業を紹介します。

先ほど紹介した仕事へのやりがいによって合う仕事と合わない仕事があるので、確認してみましょう。

  • 公務員
  • 医療系・看護師
  • 公認会計士
  • システムエンジニア
  • 薬剤師
  • 栄養士
  • 理学療法士
  • 一般事務

それぞれの職業について紹介していきます。

おすすめの職業1:公務員

安定した職業の代表とも言えるのが公務員です。

国や地方自治体に勤務する仕事なので、潰れる心配がありません。

社会的信用度が高く、安定を重視する方にはおすすめの職業と言えます。

ほかの職業と比べて福利厚生がしっかりしている点も人気の理由の1つです。

年次休暇のほか、各種特別休暇なども制度が設けられており、また、休暇の取得もしやすいことも特徴です。

 

基本的には年功序列的な仕事であり、長く働き続けることで年収も上がっていく制度になっています。

そのため、すぐにたくさん稼ぎたいという人よりも、コツコツと働いて確実に収入を増やしていきたい堅実な人に向いている仕事だと言えるでしょう。

地方公務員や国家公務員など、職種にいくつか種類がありますが、いずれも試験の倍率は高い傾向にあります。

年齢制限が設けられている職種もあるため、検討している場合は早めの挑戦がおすすめです。

おすすめの職業2:医療系・看護師

医療関係の職業と言えば「医者」や「看護師」が挙げられます。

どちらも社会的信用の非常に高い職業と言えますが、昨今では人員不足が嘆かれています。

医者になるには、大学で医学について膨大な量の勉強をこなし、高度な専門知識を習得する必要があるため、狭き門と言われる職業です。

しかし、その壁を乗り越えれば社会的地位と安定が得られます。

看護師は一度資格を取れば働く場が幅広いことが特徴です。病院や診療所だけでなく、リハビリセンターや福祉施設などでも活躍できます。

 

医者や看護師は夜勤や変則的な勤務スケジュールに加え、ハードな業務をこなさなければならない仕事です。

人材の入れ替わりが激しい業界な分、人材不足に悩まされがちでもあります。

医療業界では新しい情報を学び続けながら働いていく必要があります、そのため、常に好奇心と向上心をもち、新しい情報を貪欲に学んでいくことが好きな人におすすめの職業と言えるでしょう。

おすすめの職業3:公認会計士

公認会計士は安定性もあり、年収の高い職業として注目を集めている職業です。

公認会計士の平均年収は800万円以上と言われており、サラリーマンとしては非常に高収入の部類に入ります。

会計事務所に勤務するのがポピュラーですが。努力と実力次第では独立することも見込めるため、将来性が高い仕事であるとも言えるでしょう。

 

公認会計士になるためには試験に合格する必要があります。

しかしこの試験の難易度が高く、試験の受験人数が減っている傾向にあることから、公認会計士のニーズが高まっています。

会計のスペシャリストであり、会社にとっては重要なポジションを担う人材ということになります。

好条件で採用している企業も増えているため、働きやすい職場や待遇の良い会社を選びやすいでしょう。

安定した収入も、良い職業を希望する人には重要です。公認会計士の資格を得ることは容易ではありませんが、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

おすすめの職業4:システムエンジニア

システムエンジニアとは、システムの設計・開発・テストなどを手がける職種のことです。

コンピューターを動かす上でのシステム開発を管理することが主な仕事になります。

システムエンジニアはチームで作業を行うことが多いため、チームのメンバーと綿密にやり取りを行うコミュニケーション能力が必要です。

また、チームのリーダーなど、現場をまとめる役割を担う場合もあり、マネジメント能力も求められます。コンピューター関係に詳しい方におすすめの職業です。

 

システムエンジニアになるためには技術的能力が備わっていることが大前提になるため、プログラミングなどの専門知識が必要です。

独学や専門スクールなどで知識をつけることが可能です。

どの会社でもコンピューターの知識・スキルに長けた人材は重宝されるため、需要も高まっています。

なお、コンピューターに関する技術も日々進化しています。常に自分の知識をアップデートしながら、興味をもって業務を続けられる方におすすめだと言えるでしょう。

おすすめの職業5:薬剤師

薬剤師は地域の薬局などにも駐在するため、薬局の大規模なチェーン展開などに伴い昨今のニーズが高まっている職業です。

医師の処方箋をもとに薬を処方することが主な仕事になります。

生活に身近な薬局や病院をはじめ、製薬会社や研究所などでも働くことができ、幅広く活躍の場があります。

 

薬剤師になるためには国家試験に合格する必要があります。

医療の進歩に伴い、資格を取った後も日々の勉強は欠かせないため、新しいことを勉強することが好きな方にはおすすめの職業です。

今後コンビニなどでも薬が置かれるようになれば、より需要が高まる可能性があります。

社会のニーズに合わせて、早めに挑戦してみることをおすすめします。

おすすめの職業6:栄養士

栄養士の職場はさまざまで、主に学校や病院、福祉施設などで働くことができます。

学生や患者さんに最適な栄養を考慮した献立などを考え、提供することが主な仕事です。

非常に安定した需要があるため、将来性が見込めることが大きなポイントです。

昨今では糖尿病や肥満などの生活習慣病が増えているため、疾病を予防・改善を目的とした栄養指導を行うことなどにより、需要も高まっています。

 

また、少子高齢化に伴い、今後さらに老人ホームなどの施設が増えていくことも考えられます。

そうなってくると、施設で提供する食事の献立を作成する栄養士を雇用しなければなりません。

社会の動きによって、ますます栄養士の必要性は高まっていくことが見込まれます。

おすすめの職業7:理学療法士

理学療法士は英語で「Physical Therapist」と言い、「PT」と略して呼ばれることもあります。

国家資格を取る必要がある職業で、身体機能回復の訓練のサポートをしたり、一人一人のリハビリの計画を立てて実行していくことが主な仕事です。

身体的なサポートを行うため、人の役に立つことができ、やりがいの持てる仕事だと言えるでしょう。

なお、身体機能回復訓練として、運動を行う場面も多く、スポーツ経験のある方には人気の職業です。

年収はおおよそ400万前後で、平均的な年収を得ることができるでしょう。

おすすめの職業8:一般事務・受付・秘書

一般事務は会社内で電話対応や書類整理、データ入力、契約書の作成などの事務作業を担当する職業です。

書類の作成を行う機会が多いので、パソコンに関する基本的なスキルは必須です。

また、数字を扱う作業や期限が決まっている作業も頻繁にあるため、正確さやスピードなども求められます。

受付業務は企業の顔として、来客の対応や電話対応などを行うことが主な仕事です。

秘書業務は企業の役職者などのスケジュールの管理や出張の手配、サポートをする業務です。

受付や秘書に関しては、対外の人や上層部の役職者と接する場面が多いため、ビジネスマナーや気配り、コミュニケーション能力が求められます。

これらの仕事は基本的に残業が少ないといわれているため、ワークライフバランスを重要視している人にはおすすめの職業です。

なお、一般事務は決算期など会社における繁忙期において、通常の業務に年度締めの業務などがプラスされて仕事量が一時的に増え、残業が発生する場合もあります。

ただし、日常的にデータや書類などを更新しておくことで、繁忙期の業務量を軽減させることは可能です。

おすすめの職業を参考に自分に合った仕事を見つけよう

今回は職業選びについてのポイントとおすすめの職業を紹介しましたが、自分に合ったものがあれば、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめだからと言って決めるのではなく、あくまで参考程度として活用しながら、自分の求める職業についてのポイントを明確にしましょう。

その中で、気になる職業を選ぶ際、当記事を役立ててください。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC