就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

既卒はエージェントを利用すべき?メリットや利用の流れについても解説!

既卒はエージェントを利用すべき?メリットや利用の流れについても解説!
既卒FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

既卒はエージェントを利用すべきなの、と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか? 実は、既卒がエージェントを理由することで、多くのメリットがあるのです。 なぜなら、エージェントでは多くの相談者をサポートしてきた担当者の方が、自分に合ったお仕事を一緒に探してくれるからです。 こちらの記事では、エージェント使うメリットや活用後の流れをご紹介しております。 この記事を読むことでエージェントを利用し自分に合った就職先を見つけることが可能です。

既卒がエージェントを利用するメリット

既卒がエージェントを利用するメリット

既卒が就活エージェントを利用するメリットは、次の3つです。

  • 就職後の活躍まで考えた企業選び
  • ゴールからイメージした長期間のキャリア設計
  • 就職初心者の既卒に必要な有益情報の提供

では、それぞれのメリットについて解説します。

就職後の活躍まで考えた企業選び

まずメリットとして挙げられるのが、就職後の活躍を見据えて企業選びを手伝ってくれることです。

ほとんどの既卒は会社で働いた経験を持たないため、就職してから先のイメージはなかなか持てません。そのため、場合によっては「事務職は簡単そう」「営業はなんか厳しそうだな……」といった先入観で企業を選んでしまいがちです。しかし仕事には向き不向きがあるため、たとえばコツコツとした作業が苦手な人が事務職に就いてしまい、働いたあとで後悔する、といった光景が既卒の就活ではよく見られます。

その点、エージェントの担当者は、その仕事への向き不向きなどを踏まえて企業を紹介してくれます。特に既卒の就活に特化したエージェントの場合、社会人未経験という点を踏まえ、長所の把握や、自己分析のサポートなどを通してその人の強みを把握しようと努めてくれるケースが少なくありません。そのためエージェントを利用することで、自分の力を存分に発揮でき、そしてミスマッチのない仕事に就ける可能性が高いのです。

ゴールからイメージした長期間のキャリア設計

エージェントは、「キャリア設計」という点でも力になってくれます。キャリア設計とは、「将来なりたい姿」を想定した上で、そこに近づくためのステップを考えていく工程のことです。

ちなみにキャリアと聞くと難しく考えてしまうかもしれませんが、考え方自体は簡単です。たとえば「甲子園の優勝」を掲げている2つの野球部があったとします。1つは、その優勝を達成するために何が必要かを考え、時期ごとに練習メニューを変えています。一方で2つ目の部活は、優勝はしたいけど、ただ何となく毎日の練習メニューをこなしているとします。このとき、同じ高い目標であってもクリアできそうなのは1つ目の部活といえるでしょう。

このように、目標を達成するためにはしっかりとしたステップを踏むことが欠かせません。こうした点で、キャリアは「階段」に例えられることもあり、誤った道に進んでしまうと望まないゴールを手にしてしまうことも多いのです。しかし、仕事のイメージがなかなか持ちづらい既卒にとっては、自分が進むべき道を正確に捉えるのは難しいのも事実でしょう。

こうしたときエージェントの担当者は、そのキャリアを考えるためのアドバイスを送ってくれます。「将来的に海外で働きたい」といった想いがあるのであれば、いつまでに海外営業の仕事をして、そしていつまでには英語力を高めておく必要があるね、といったヒントを送ってくれることもあるのです。

キャリアの設計は大切なことでありながら、1人で考えるのは難しい部分もあります。困ったときは、ぜひ「就活のプロ」の担当者に相談してみると良いでしょう。

就職初心者の既卒に必要な有益情報の提供

既卒がエージェントを使うメリットとして、有益な情報を提供してくれることも挙げられます。具体的には、次のような情報です。

  • 就職活動の進め方
  • 企業を選ぶときに注意するポイント
  • 履歴書の書き方や面接のマナー

就活がはじめての既卒にとって、就職活動は全くの未知の体験であることも多いでしょう。自分なりにインターネットの情報などを調べたり、友達に聞いたりしても、「本当にこの進め方で合ってるのかな……」と不安になる人も多いかもしれません。

そして、こうした既卒の不安に応えてくれるのがエージェントです。特に、既卒のサポートに強いエージェントの場合、「既卒者が就活でどこにつまずきやすいか」といった情報を豊富に持っています。そのため、必要な情報をピンポイントに提供してくれることも多く、さらに書類選考や面接のアドバイスも丁寧に送ってくれるので、1人で進めるよりも内定獲得に近づく、といったメリットもあるのです。

既卒でエージェント上手く活用する3つのコツ

エージェントは便利なサービスですが、次にお伝えするコツを押さえておくだけで、そのサポートを最大限受けられるようになります。

  • 就活に専念できる環境づくり
  • 就職エージェントも相談し自分に合った1社を選ぶ
  • 面接対策のサポートをしてもらう

では、それぞれのコツを見ていきましょう。

就活に専念できる環境づくり

まず大切なのは「環境づくり」です。具体的には、次の2つを準備しましょう。

  • 就活を進めるための時間
  • 就活に必要なお金

たとえばエージェントを利用した場合、担当者との面談や、求人情報のやり取り、そして後述するような「面接対策」もしてもらった場合には、就活に時間を割く時間が必然的に増えていきます。そしてスーツやネクタイを新しく買ったり、面接会場までの交通費がかかったりと出費も増えるでしょう。

就活は、ただでさえ忙しく、さらに精神的に負荷がかかる場面も少なくありません。こうしたとき、時間とお金に余裕を持っておくと心にも余裕が生まれます。そして安心して就活を進めていけるため、まずはエージェントを利用する前に必要な環境を整えておくようにしましょう。

就職エージェントも相談し自分に合った1社を選ぶ

エージェントを利用する場合には、1社に絞らず、いくつかのエージェントに登録してみるのがおすすめです。なぜならエージェントによって、得意な業界や年齢などが異なるからです。

たとえばAというエージェントは、既卒の就職に強いとします。しかし、希望する営業職の求人の紹介はあまり多くありません。一方でエージェントBは、既卒にはそこまで強くないものの、営業職の求人をメインに扱っているとしましょう。このときAとBの2社を使えば、それぞれのメリットを一度に手に入れることができるのです。

また、担当者との相性も大切なポイントです。担当者といっても人なので、人間同士の相性の問題はどうしても生まれます。合わない担当者に当たってしまうと、就活をストレスフルに進めていく可能性もあるため、こうしたリスクに備える意味でも複数社を使っておくのがおすすめです。

ただし多くのエージェントを同時並行で使うと、それぞれの担当者とのやり取りが大変になる、という面もあります。そのためサポートの質や担当者との相性を考えた上で優先順位をつけつつ、「あのエージェントにはサポートをしっかりお願いしよう」といったエージェントを最終的には1社に絞り込めると良いでしょう。

面接対策のサポートをしてもらう

エージェントを利用する場合には、面接のサポートもぜひお願いしてみてください。

エージェントは求人を紹介してくれるだけでなく、選考対策という点でも力になってくれます。たとえば、担当者が模擬面接官になって面接の練習をしてくれることもあるので、面接に苦手意識を持っている人はぜひ協力を仰いでみましょう。

またエージェントの中には、これまでのサポート実績をもとに「〇〇社の面接では行動力が評価される」といった具体的な情報を持っている場合があります。そしてこうした情報を踏まえ、面接での答え方についてアドバイスを送ってくれる可能性もあるので、1人で対策するよりも内定に近づく「濃い対策」ができることも多いのです。

既卒がエージェントを利用した際の流れ

では最後に、既卒がエージェントを利用する場合の流れをお伝えします。

  • 登録・面談
  • 求人の紹介・選定
  • 書類の添削・面接対策
  • 内定の獲得・入社後フォロー

なお前述したように、エージェントを利用する前の準備としては「時間の確保」、そして「お金の工面」が欠かせません。いざ利用し始めたあとに焦らないように、これらの準備が整ったあとにエージェントを利用するようにしましょう。

ではエージェントを利用する流れについて、それぞれのステップごとに分けてお伝えします。

登録・面談

まずは登録・面談のステップです。

登録は、基本的にはエージェントの公式サイト上で行います。このとき、次のような情報の入力を求められることが一般的です。

  • 氏名
  • 生年月日、住所
  • 学歴(学校名、学校卒業・中退など)
  • 現在の就業状況(学生、アルバイト、未就業など)

情報の入力が終わると、登録完了です。そして登録情報を確認した担当者から面談日程の連絡が届きます。

面談は、専任の担当者と1対1でおこないます。そのエージェントが指定した場所でおこなうケースもあれば、Web面談に対応している場合もあるなど、エージェントによって面談方法はまちまちです。

また、面談では主に次のような質問をされます。

  • これまでの経歴
  • 希望する仕事や職場環境
  • 給料や休みなどの条件

なお、エージェントとの面談は「面接」ではありません。そのため、リラックスして臨んで大丈夫です。上記のようにいくつか質問されることもありますが、答えられなくても問題ありません。特に既卒の就活の場合には、担当者はキャリアを考えるパートナーとして相談に乗ってくれることが多いので、「相談の場」と捉えてみても良いでしょう。

求人の紹介・選定

面談が終わると、その面談の場で求人を紹介してくれることもあれば、後日、希望に沿った求人を紹介してくれることがあります。

このとき、担当者は「非公開求人」の中からも会社を紹介してくれます。非公開求人とは、一般には公開されていない求人のことで、エージェントに登録しないと紹介を受けることができません。応募が集まり過ぎてしまうため、あえて非公開としている求人も多く、こうした求人の紹介を受けられるのはエージェントに登録する大きなメリットともいえるでしょう。

ちなみに担当者は、紹介してくれる会社の情報を豊富に持っていることもあります。たとえば社員の特徴や、職場の雰囲気など、求人票にはなかなか載ってこないリアルな情報を持っていることも多いので、気になる人は担当者に質問してみると良いでしょう。

書類の添削・面接対策

応募する会社が決まったら、いよいよ選考が始まります。内定を獲得するためには、まずは書類選考の通過、そして面接の突破が必要ですが、エージェントはこの両面で力になってくれます。

たとえば、書類の対策としては履歴書や職務経歴書の添削、そして面接対策としては模擬面接や、入室マナーや服装などのアドバイスをもらうことも可能です。「就活のプロ」の担当者が二人三脚でサポートしてくれるので、安心して選考に臨めるでしょう。

内定の獲得・入社後フォロー

面接を経て、無事に内定をもらったあとも担当者のサポートが続きます。具体的には、次のような点をフォローしてくれます。

  • 入社企業との交渉(給料や勤務場所など)
  • 入社にあたっての調整(入社日の確定、必要書類の提出など)
  • 他に選考を受けている会社への辞退連絡

ちなみに、入社後も定期的にサポートしてくれるエージェントも存在します。定期的に就業状況を確認し、問題があれば解決に動いてくれることもあり、就業した後もサポートが続くのはかなり安心できるポイントといえるでしょう。

まとめ

既卒がエージェントを使うメリット、そして利用する際に意識したいコツについてお伝えしてきました。

はじめての就活で不安なことも多いかと思いますが、エージェントはそうした不安や緊張を和らげ、内定獲得に向けて一緒に伴走してくれる心強い存在です。特に私たちジェイックは、これまで多くの既卒者の就活をサポートし、おかげさまで「安心して相談できると思う」「就活が初めての人におすすめしたい」といったランキングでも1位を獲得しています(※)。

就職後のキャリアを見据えた企業紹介、そして実際に働き始めた後もサポートさせていただきますので、長く安心して働いていきたい方にもぴったりなサービスともいえます。企業様から紹介料をもらう形で運営しているので、利用される方からお金をもらうことは一切ありません。全てのサポートは無料で受けられるので、まずは説明会に一度お越しください。

※日本コンシューマーリサーチ「就職エージェント10社を対象としたブランド名イメージ調査」(2021年9月17日~9月19日)

【共通】CTAボタン

ABOUT US

近藤 浩充常務取締役
株式会社ジェイック 常務取締役 20~30代の既卒/フリーター層の就職支援事業、キャリア教育事業の統括責任者を歴任、マーケティング開発部門の事業部長(現任)として東証マザーズへ上場を果たす。IT×教育×職業紹介などテックを活用し、変化し続ける顧客のニーズを追求している。【著書】社長の右腕 ~中堅企業 現役ナンバー2の告白~