平日休みの仕事って何がある?メリット・デメリットと平日の過ごし方を紹介!

平日休みの仕事って何がある?メリット・デメリットと平日の過ごし方を紹介!

平日休みの仕事ってどのようなものがあるのか気になりますよね。平日休みだからこそ出来ることややりたいこともあるはずです。

この記事では平日休みの仕事の種類はもちろん、平日休みのメリット・デメリット、そして平日休みの過ごし方までご紹介していきます。

平日休みの仕事の種類

平日休みの仕事の種類

平日休み仕事は以下のような職業が挙げられます。それぞれの仕事の特徴について知りましょう。

  • 配送業
  • 医療・福祉系
  • 飲食店
  • 美容院
  • アパレル
  • 小売業
  • コンビニ
  • 警備員
  • イベント会社
  • ホテル・旅館

それぞれについて解説していきます。

平日休みの仕事1.配送業

荷物を運ぶ配送業は、基本的には土日も仕事があります。現在はインターネットショッピングを利用する人も多く、配送業のニーズは高いといえるでしょう。

平日は仕事があるため休日に荷物を受け取りたいと考えている会社員などもいるため、毎週土日に休めるわけではないのが実情です。

ポイント

土日休みではないものの、身体を動かして働くことが好きな人や、じっとしているよりも動き回って働いているほうがいいという人には適性のある仕事です。

また、ほとんどの場合勤務中は配達員一人で行動するため、単独行動が得意な人の場合は気が楽だと感じるかもしれません。

平日休みの仕事2.医療・福祉系

医師や看護師、介護士や保育士などの医療・福祉系も、土日勤務が多い職業です。入院患者や施設入居者に対して「平日の対応だけで土日はなにもしない」というわけにはもちろんいかないため、24時間体制でシフトが組まれているのが一般的です。

また、保育士の場合も土曜日に仕事がある親のために出勤したり、園のイベントを週末に実施したりすることもあり、完全に土日休みではないことがほとんどです。

ポイント

なにかあった場合に即座に対応しなければいけないため、一定の人数を常に確保しておく必要がある職業です。そのため、どうしても休みが変則的になりがちです。

一方で、やりがいが大きく人から必要とされる職業でもあり「大変なことも多いけれどこの仕事が好き」と考えている人も少なくありません。

平日休みの仕事3.飲食店

飲食店は土日や祝日の休みにお客さんの数が増えるため、平日よりも忙しくなりがちです。

店舗を回して売り上げを上げるために一定の人材を確保しなければいけないため、飲食業の社員で、毎週土日に必ず休みが取れることはほとんどないでしょう。

ポイント

チェーン店などの場合は基本的に決められたシフトに入らなければいけませんが、自営業で自分で飲食店を経営する場合には、休みをある程度柔軟に決められます。

ただし、休日ではあっても仕込みの準備や材料の買い出しなどの仕事があるため、店舗で社員として働くことと、自分でお店を運営することは一長一短といえるでしょう。

平日休みの仕事4.美容院

学生や年配者など平日でも時間が取りやすい人以外、美容院をおとずれるのは仕事が休みの土日というケースが多くなります。そのため、美容師は土日はほとんど休めないのが一般的です。

ゴールデンウィークや年末など、基本的に人が休む時期ほど忙しくなる傾向にある職業のひとつです。

ポイント

土日が忙しくなりがちなぶん、平日はお客さんが少なくゆったりとした時間帯もあります。

ただし空いた時間もチラシを配りに行ったり美容室内の掃除をしたりと、なにかと動いていることが多くなります。

おしゃれなイメージのある美容師ですが、実際には長時間の立ち仕事で休日も少ない傾向にあるため、体力がない人には厳しいでしょう。

平日休みの仕事5.アパレル

平日よりも休日にショッピングに出かける人が多いため、土日のほうが忙しくなりがちです。試着の対応や在庫・サイズ違いの商品を調べる、裾上げ作業をするなど、臨機応変な対応も求められます。

店内の広いファストファッション系やファミリー向けファッションブランドなどの場合は週末にセールを実施することも多いため、より来店数が増えることがあります。

ポイント

販売スタッフの場合は土日も勤務となりますが、アパレルブランドの本部で働く場合、基本的には平日勤務の土日休みとなります。

「アパレル業界に関心はあるが土日は休みがいい」という場合には販売スタッフではなく、総務や商品開発、経営企画など、本部での仕事を検討したほうがよいでしょう。

平日休みの仕事6.小売業

スーパーや家電量販店、書店などの小売業全般は、土日は平日にまして忙しくなりがちです。ただし休日に限らず、平日でも来客数が多く慌ただしい店舗も少なくありません。

店長や社員の場合、欠勤したアルバイトやパート・人手不足などに対応して出勤する必要もあります。

ポイント

シフトの人数が足りていなかったり、体調不良などで突発的に休むアルバイト・パートの代わりに、急遽出勤したりすることも多い業界です。

休日でもアルバイト・パートやほかの店舗の社員から電話がかかってきたり、クレーム対応をしたりすることもあるため、それらがストレスになってしまう人には不向きといえます。

平日休みの仕事7.コンビニ

コンビニは、基本的には24時間365日営業の仕事です。そのため、土日はもちろん祝日も仕事があるほか、早朝出勤や夜勤などもあります。

コンビニは少人数で仕事を回している店舗が多いため、来客数が多いと、そのぶん業務量も増えてしまいがちです。

ポイント

荷物の受付や光熱費の支払い対応、チケットの発券、ホットスナックやドリンクの準備・販売など業務は多岐に渡るため、実は向き不向きが大きな仕事です。

また「コンビニの仕事=店舗勤務」という印象がありますが、コンビニチェーンの本部で働く選択肢も存在します。本部の場合、勤務体系が店舗勤務と大きく異なることがあります。

平日休みの仕事8.警備員

たとえば商業施設などに勤務する警備員の場合、週末は家族連れが増えるため迷子が発生する確率が高くなるほか、不審者や万引き対応なども必要になるため、土日も出勤となるのが基本です。

企業の場合でも、週末も社員が出勤して仕事をすることが多い大手企業には、土日も警備員が配置されていることがあります。

ポイント

学歴や職歴を問わない、年齢が高くても働くことができるなどの特徴があるため、土日勤務が気にならないのであれば、広く門戸が開かれている職業のひとつといえます。

バンドやお笑いをやっているなど時間に融通の効く仕事しかできない人のなかには、警備員の仕事を選ぶ人も少なくありません。

9.イベント会社

イベントの多くは土日などの集客がメインとなるため、多くの場合、平日に準備をして土日はイベント運営をおこなうことになります。

土日に仕事としてイベント運営に参加した場合には平日に代休が取れることがほとんどですが、イベント当日はもちろん、直前はかなり忙しくなることが多いでしょう。

ポイント

屋外イベントの場合、雨や雪、台風などの悪天候が原因で、当日になって中止や延期になることがあります。

土日も仕事になることが多いだけでなく、事前にどんなに準備をしても、当日の流れなどで急にイベント内容の一部が中止になったりタイムスケジュールが変わったりすることもめずらしくないため、予測不可能なことがストレスになる人は不向きな業界でもあります。

平日休みの仕事10.ホテル・旅館

ホテルや旅館は土日などの休日のほうがお客さんも増えるため、宿泊料金も平日より高く設定している施設がほとんどです。満室になったり、チェックイン・アウトやレストランが混み合ったりして、従業員は対応に追われることになります。

ゴールデンウィークや年末年始、子どもの学校が休みになる春・夏・冬休みはとくににぎわうため、通常のカレンダー通りの休みが取れる可能性は低いでしょう。

ポイント

変形労働時間制を採用している職場がほとんどのため、不規則な勤務体系になるケースが多くあります。

勤務先で仮眠を取ったり長時間拘束されたりすることもあるため、規則正しい生活がしたい人は、ホテル・旅館での仕事はやめたほうがよいでしょう。

 

平日休みの仕事のメリット

仕事が平日休みの場合によるメリットはたくさんあります。そんなメリットをいくつか紹介します。

銀行や郵便局、役所などの手続きに行きやすい

銀行や郵便局などの金融機関は土日休みが多いため、平日が休みだと利用することができます。また、役所では各種手続きを簡単に済ますことができます。

土日でも銀行や役所が開いていることがありますが、時間が短かったり混んでいたりするので、平日に済ますことができるのは有難いです。

また、病院などの医療機関へ行く場合も、平日なら土日と比べて空いているので予約も取りやすく、すぐに診察を受けられるので時間を有効に使うことができます。

同じ休日でも土日と平日では時間の混み具合が違います。

平日に空いている場所が多い

ショッピングをするにも、どこかへ遊びに行くにも土日は混んでいます。しかし、平日が休みだと空いている場所が多いため時間がかかりません。

買い物の場合はレジで並ぶ時間を短縮できたり、車だと渋滞などで無駄な時間を過ごしたりする必要がなくなり、時間を有効に使うことができます。また、レジャー施設なども平日は空いているため、乗り物で並ぶ時間も少なくなり遊びに行くのも楽しくなります。

優越感を感じることができる

ほかの人が仕事をしている平日にのんびり過ごせるため、優越感を感じることができます。

通勤時間帯に家でテレビを見たり昼寝をしたりできるため「いまごろ、世の中の人は忙しく働いている時間なんだな」と思うと、精神的なゆとりが生まれることもあるでしょう。

平日休みの場合、土日休みよりも休日というものに特別感をもつことができるため、人によっては「土日よりも平日休みのほうがいい」と考える人もいます。また、平日休みに慣れてしまうと、転職などで土日休みになった際に違和感を感じるかもしれません。

希望の休みが取りやすい

平日休みの仕事はシフト制が多いため、お盆や年末年始、業界ごとの繁忙期など、前もって忙しいとわかっている日以外は基本的に希望の休みが取りやすいといえます。

店舗勤務の場合、アルバイトやパートスタッフなどでその時間帯の人員を埋めることができれば、社員は休むことができます。

なんらかの事情でもともと勤務予定だった日を休みにしたいという場合も、周囲に頼めば多少はシフトを変更できることもあるため、土日休みの仕事とくらべると、ある程度は希望の休みを柔軟に取りやすい点がメリットです。

休日手当が出る職業もある

企業では、法定休日以外の日に出勤した場合は休日手当が出ます。たとえば、土日の完全週休二日制の企業であるにもかかわらず土日の両方に出勤した場合、休日手当が発生します。

通常と同じ仕事をしてもいつもより収入が増えることを考えると、一般的な休日である土日に出勤することにメリットを感じる人もいるかもしれません。

たとえば総合病院の看護師の場合、年末年始などの祝日も病院を開けているケースが少なくありません。祝日が法定休日に指定されている場合、祝日に勤務した看護師は休日手当をもらうことができます。

ただし、職場が祝日を法定休日ではなく所定休日と定めている場合は休日手当はもらえないため、事前に就業規則を確認しておく必要があるでしょう

平日休みの仕事のデメリット

平日が休みの場合はメリットだけでなくデメリットもあります。そこで具体的なデメリットの例を説明します。

友人や家族と休みを合わせることが難しい

ほとんどの業種が土日休みとなっているため、友人も平日は仕事の可能性が高く一緒に遊びに行くのが難しくなります。

また、子供がいる場合も平日は学校のため、子供と過ごすことが難しいです。そのため、平日が休みの場合は一人で寂しく過ごさなくてはいけなくなります。

結婚式や子供の運動会に行くことができない

結婚式や子供の運動会は土日に行うことがほとんどです。やはりほとんどの業種は土日が休みになるため、結婚式や運動会もそれに合わせて行います。

そのため、結婚式や運動会に出席するなら有給休暇を取得しなければいけません。

趣味に没頭したりと、土日が休みの人よりも何か得した感じになります。

連休が取りづらい・休みにくい

平日休みの仕事の場合は土日休みのように、やむを得ない事情があるとき以外、毎週必ず連続で休める日があるとは限りません。

平日のうち1日ずつ飛び飛びで休みになったり、もともと休みの予定にしていたがその日の人員が足りなくなり、休日をずらすことになったりするケースもあります。

また、ゴールデンウィークや年末年始などの一般的な連休も、出勤となるケースが少なくありません。「年に数回は絶対に連休を取りたい」「大型連休は自分も休みたい」という人は、平日休みの仕事は避けたほうがよいでしょう。

疲れが残りやすい

平日休みの仕事の場合はどうしても、まとまった日にちを休日にすることがむずかしくなりがちです。土日休みであれば、1週間のうち2日間は連続して休める日が確保されているため、ゆっくりと過ごして身体を休めることができます。

平日休みの場合は1日休んでまた次の日は仕事というケースが少なくないため、疲れが残りやすいといえるでしょう。

立ち仕事や力仕事など、身体を使う仕事の場合はデスクワークよりも肉体的疲労が大きいものの、連続して休めないため、疲労感があるまま仕事に取り組むことも少なくありません。

変則なシフトになりやすい

アパレルや飲食店・スーパーやコンビニなどの店舗勤務、医療・福祉、宿泊業界、警備の仕事などは、朝番・遅番などの変則的な時間での勤務が多く、もともと夜勤が組み込まれていたり、店舗などでも深夜の棚卸し業務などが発生することがあります。

シフトの都合によっては次の日の出勤時間が早いにもかかわらず遅番で、帰宅して寝たらすぐにまた仕事というケースもあるため、慌ただしく感じることがあるかもしれません。

不規則な勤務に耐えられる健康管理なども必要になってくるため、人によっては働きにくいと考える人もいるでしょう。

平日休みのおすすめの過ごし方

ここからは平日休みの方のための、おすすめの過ごし方をご紹介します。平日休みのメリットを活かして休日を楽しみましょう!

屋外での過ごし方

屋外で過ごす場合は平日休みのメリットを活かしやすいです。具体的にどのような過ごし方がオススメなのかをご紹介していきます。

観光地やレジャースポットへ行く

有名な観光地やレジャースポットの場合、土日に行くと混んでいるため、駐車場が混雑していたり自由に動けなかったりと楽しめない可能性がありまが、平日に行けばこうした心配は不要でしょう。

すいている観光地やレジャースポットは格別です。思う存分楽しみましょう。

ショピングをする

平日のショッピングも混雑を回避して楽しめるのでおすすめです。

人気商品や限定商品など、土日だとすぐに売り切れてしまう商品でも平日であれば簡単に手に入ることもあります。

その他、必要だけど時間がなくて買えなかったものなどを購入するにしても、すいている平日を利用するのはとてもよい選択肢でしょう。

話題のカフェや飲食店へ行く

テレビやネットで話題のカフェや飲食店に行ってみるのもよいでしょう。

土日だと数時間の行列ができるお店でも、平日に行けばスムーズに入れるかもしれません。

行列を並ぶほどでもないにしても、すぐに入れそうであれば行ってみてもよいかもしれませんね。

平日開催のイベントやライブに申し込む

人気アーティストのライブチケットやミュージカル、その他イベントのチケットは平日ですと当選率が上がるかもしれません。

特に好きなアーティストさんがいない場合でも、ミュージカルなどの誰でも楽しめるイベントもありますので、是非行ってみてはいかがでしょうか。

映画館へ行く

平日の映画館もおすすめです。

土日だと満席になっているような人気映画でも、良い席を取れる可能性が高いですし、平日限定の割引サービスがある場合もあります。

観たい映画があるのであれば、平日に行くことがおすすめです。

屋内での過ごし方

平日休みを家の中で過ごすのもよいでしょう。ここでは家の中(屋内)でのおすすめの過ごし方をご紹介します。

映画/ドラマ/アニメを観る

気になっている映画やドラマ、アニメなどを鑑賞して休みを過ごしてみてはいかがでしょうか。

最近ではYouTube(ユーチューブ)などの無料で動画を楽しめるサービスもありますし、Amazon Prime Video(アマゾン・プライムビデオ)Netflix(ネットフリックス)Hulu(フール)などの月々の定額を支払えば映画やドラマ、アニメが見放題のサービスまであります。

読書をする

本を読むのが好きな方は、平日という落ち着いた日を読書して過ごすのもありでしょう。

読書に関しても動画と同じように、Kindle Unlimitやdマガジンなどの定額制サービスがあるので、外に出て本を買いに行かなくても楽しむことが出来ます。

ゲームをする

ゲームな好きな方であれば、1日中ゲームをするという選択肢も悪くないでしょう。

最近ではeスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)といって、ゲームを競技として捉えて賞金付きの大会が開催されるほどゲーム熱は高まています。

平日休みを利用して、自分のゲームスキルを磨いてみてはいかがでしょうか。

その他趣味に没頭する

料理をしたり、手芸をしたり自分が好きな趣味に使うのもよいでしょう。

必要なものが出てきても、平日であればお店がすいているので買い物も楽になります。

部屋の掃除をする

特にやることや、やりたいことがない場合は平日休みを利用して、部屋の掃除をしてみるのはいかがでしょうか。

散らかっていた部屋がきれいになると、他の作業のやる気が出てきたり気分が上がったりします。

DIYなどの簡易リフォームをして、お部屋のカスタマイズをしてみるもよいでしょう。新たな趣味が発見できるかもしれませんよ。

未経験から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 未経験の支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC