土日休みの職業はどんな業種に多い?メリット・デメリットと共に解説!

土日休みの職業はどんな業種に多い?メリット・デメリットと共に解説!

休日は企業や業種により異なります。平日に休みが多い場合や土日が休みになる場合など、業種によって休日になる日は様々あります。

では具体的に土日が休みになるのは、どんな職業に多いのかを主な職業を上げて解説していきます。また土日が休みになることのメリットやデメリットには、どういうことがあるのかを説明します。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

この記事を書いている就職支援会社ジェイックでは、土日休みや年間休日120日以上の求人もご紹介しています。

あなたが、自分に合った働き方が出来るような就職活動を提案していきますので、仕事選びに不安を感じている人は一度相談してみてください。

土日休みの主な職業とは

土日休みの主な職業とは

土日休みの職業についてご紹介します。「週末は休みたい」という人は、以下の仕事を検討してみてもよいでしょう。

  • 公務員
  • 経理
  • IT業界
  • 出版業界
  • 広告代理店
  • エンジニア
  • デザイナー
  • 郵便局
  • 銀行
  • メーカー

それぞれの職業やワンポイントについても解説していきます。

公務員

土日休みの代表の仕事のひとつが公務員です。ほとんどの場合、勤務日は平日で土日は休みとなっていることが多いでしょう。

しかし、ひとことで「公務員」といっても職種の幅は広いため、たとえば警察官や消防士などの場合、勤務体制によっては土日勤務となるケースもあります。教員なども、土日に学校行事や部活動の練習・試合などがあれば出勤することになります。

ポイント

基本的には土日休みが約束されている職種ですが、仕事内容や部署によっては「土日は休みだが平日の残業は多い」ということもありえます。

どちらかというと省庁などに勤務する国家公務員のほうが残業が多く、自治体などに勤務する地方公務員のほうが残業が少ない傾向にあるという特徴が見受けられます。

経理

経理の仕事は、企業の売上や入金確認、経費精算、従業員の給与計算・外部業者への支払確認、各種振込などがおもな業務です。

正確性は求められるものの、営業職のようにノルマやクライアント対応があるわけではないため、土日に出勤する必要はほとんどありません。

ポイント

休日出勤はほとんどないため、経理は仕事とプライベートを両立させやすい職種のひとつといえます。

ただし年次決算や年末調整、賞与支給や確定申告など繁忙期は忙しくなりがちで、その時期は平日の残業が増えることがあるでしょう。

IT業界

IT業界は「激務」という印象があるものの、基本的には土日休みとなっていることが多く、残業時間などが少ない優良企業も存在します。

ただしギリギリの人数で回しているベンチャーのIT企業の場合、土日でも対応が必要だったり急ぎの返信を要する連絡が飛んできたりするなど、なかには「実質休みではない」ケースもあります。

ポイント

IT業界で働きたい場合、口コミサイトを参考にしたり可能であれば職場見学をさせてもらったりするなどして、職場環境を事前に調べておいたほうがよいでしょう。

口コミサイトの情報がすべてではないものの「休日はあってないようなもの」などの書き込みが目立つ場合は注意が必要です。

出版業界

出版社に勤務している場合、書籍の編集や書店への営業などの業務は、基本的には会社が営業している平日におこないます。

ただし、著者とやりとりをしたりあらたな著者を探すための情報収集に出かけたりするなど、編集者の場合は勤務時間外でも仕事関連のことにかかわっている時間が長く、仕事とプライベートの境目が薄くなりがちな職種でもあります。

ポイント

たとえば著者の出版イベントなどが土日におこなわれる場合は休日出勤となりますが、その場合は通常の企業と同じように、平日に振替休日や代休を取得できます。

ただし「出版社で働きたいが休みは絶対に確保したい」という場合、編集よりも営業や総務などの職種を選んだほうがよいでしょう。

広告代理店

広告代理店の場合、クライアントは基本的には企業となるため、土日は休みになることが多いでしょう。

ただし、制作の部署では納期が厳しい場合は深夜残業などをすることがあります。営業もクライアント対応があるため、不規則な勤務になるケースも少なくありません。

ポイント

部署にもよるものの、広告代理店は基本がクライアント相手の仕事となるため、プライベートを確保しにくくなる可能性があります。

大手広告代理店でも過去にはブラックな職場環境が問題になったこともあるため、プライベート重視の人には不向きな業界のひとつかもしれません。

エンジニア

長時間労働のイメージも少なくありませんが、土日は休みとなっている企業が一般的です。

ただし、プロジェクトの進行状況などによっては労働時間が長くなったり、休日出勤が求められたりするケースもあります。

ポイント

システムの保守担当や、銀行など金融関係がクライアントの場合、曜日を問わず業務があったり、土日にシステムチェックを実施したりすることがあります。

土日休みが基本ではあるものの、それらの職種や担当の場合は土日に働く可能性がもあるでしょう。

デザイナー

デザイン会社の場合、平日は忙しい時期も多いものの、基本的には土日休みになっているケースが一般的です。

ただし少人数で回している会社が多いため、プロジェクトを担当する人数によっては、遅くまで残業がつづくこともあるでしょう。

ポイント

広告代理店と同様にクライアント相手のため、納期や先方の要求・修正対応などに振り回されてしまいやすいという特徴があります。

華やかなイメージはあるものの平日の労働時間が長くなることも少なくないため、本当にその仕事が好きでなければできない職種のひとつでもあるでしょう。

郵便局

街の小さな郵便局のほとんどは、土日休みです。平日も開いている時間が限られているため、メリハリをつけて働きたい人には合っている職場といえるでしょう。

ただし、大きな郵便局の場合は土日でも開けているケースがあるため、働く場所によって土日休みかどうかは変わってきます。

ポイント

土日休みの例外が、配達員です。郵便物の配達は、すべてではないものの基本的には休日にも実施されているため、配達員は土日も勤務しています。

ただし、今後は人手不足や働き方改革などの理由から土曜日の配達を廃止する動きも出てきており、配達員の勤務体系が変わることも考えられます。

銀行

「銀行は平日しか開いていない」という印象を持つ人も多いでしょう。実は、銀行には銀行法という法律があり、あらかじめ土日祝日など政令で定められている日は休日にすると決められています。また、支店ごとに勝手に休日にすることもできません。

銀行勤務の場合、ほぼ必ずといってよいほど土日祝日は休みとなるため、プライベートの計画が立てやすいといえるでしょう。

ポイント

土日休みが約束されている一方、銀行の場合は休日には仕事が「できない」ことになっているため、どんなに忙しくても平日のうちに業務を終えなければいけません。

各種締め作業など長時間の残業も多くなりがちで、離職率が比較的高い業界のひとつです。「土日休みだから楽だろう」と安易に考えるのはやめたほうがよいでしょう。

メーカー

自社で商品をつくるメーカーは、土日休みがほとんどです。新商品イベントなどが土日にある場合は休日出勤となるものの、平日に代休を取ることが可能です。

メーカーは、大きなトラブルやアクシデントなどが発生しない限り、突発的な休日出勤は少ない業界といえるでしょう。

ポイント

メーカーは、比較的仕事とプライベートを両立させやすい業界のひとつです。ただし企業によっては月1~2回の休日出勤があったり、企業のなかでも休日出勤がある部署・ない部署が存在したりします。

メーカーで働きたい場合は、その企業の休日出勤の有無を調べておくことをおすすめします。

なお、平日休みの職業には、以下があります。

  • 配送業
  • 医療・福祉系
  • 飲食店
  • 美容院
  • アパレル
  • 小売業
  • コンビニ
  • 警備員
  • イベント会社
  • ホテル・旅館

平日休みの仕事やその特徴について、以下の記事でくわしくご紹介しています。

平日休みの仕事に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

土日休みのメリット・デメリットを紹介

土日休みのメリット・デメリットを紹介

土日休みのメリット・デメリットを紹介します。土日休みの仕事も平日休みの仕事もそれぞれにメリット・デメリットがあります。両方を理解して、あなたに合った働き方を見つけましょう。

友だちと遊びやすい!土日休みのメリット

土日が休みになるとメリットはたくさんありますが、実際にメリットとはどういったものなのかいくつか紹介します。

家族や友人と休みが合う

ほとんどの企業は土日が休みになることが多いので、家族と遊びに行く場合や友人との食事などで予定を合わせやすいメリットがあります。

友人との休みが合わないと仕事が終わった後などの、夜の時間しか一緒に過ごせないため、休日が重なりやすい土日なら遊びの予定も立てやすくなります。

土日の2日間を利用して泊まりで遊びに行ったり、車でドライブしたりすることが可能です。また、子どもがいる場合は学校が休みになる土日、特に日曜日は家族で買い物や遊びに行くことができ、家族と一緒に過ごす時間を取りやすくなっています。

結婚式などのイベントに参加しやすい

結婚式などのイベントで人を呼ぶような場合は土日が休みだと人も集まりやすくなります。

ほとんどの人は平日に仕事をしているので、仮に平日に結婚式をしてしまうと参加できる人数は限られてしまいます。

平日に仕事を空けるのは難しく、場合によっては有給休暇を使うことになり負担を強いることになります。

そのため、土日が休みだと、無理なく結婚式への参加をすることが可能です。また、様々なイベントが土日に開催されることが多いので、土日が休みだと気軽に訪れることができます。

子どもの運動会や行事に行ける

子どもの運動会や文化祭などの学校行事は土日に行うことがほとんどで、平日に開催することはまずありません。

そのため、仕事の休みが土日の場合子供の運動会のビデオを撮ったり、一緒に参加したりすることで家族サービスをすることができます。このように、普段と違った子供の一面を見ることができるのが土日休みのメリットです。

変則的ではないため働きやすい

土日休みの職業の場合だと、基本的には月~金までの5日間は働いて、そのあとは2日間休みになるため「あと○日働けば週末だ」と考えて仕事をがんばれるなど、ペースとしても働きやすいといえます。

平日が休みの場合は休日の曜日が毎週変わったり、労働時間がバラバラだったりと、どうしても変則的な働き方になりやすいという特徴があります。

あらかじめ休みの日が決まっているほうが働きやすかったり、休日の計画が立てやすかったりすることをメリットと感じる人もいるでしょう。

連休を取りやすい

土日休みの場合、土日の前後に有給をつなげて連休にすることができます。連休を活用して旅行へ行く、実家に帰る、ゆっくり休んでリフレッシュすることなども可能です。

仕事の兼ね合いやスケジュールなどから、月~金の平日に連続して休むことがなかなかむずかしいケースもあります。しかし週末とくっつければ、土日はもともと決められた休みのため連休を取ることへの罪悪感なども生まれにくく、調整もしやすいでしょう。

平日休みの仕事は連休が取れないわけではありませんが、土日休みの仕事と比べると、やや調整が大変といえます。

銀行に行けない!土日休みのデメリット

メリットが多い土日休みですがデメリットもあります。土日休みの職業が多いため、不便なことがあったり場所によっては混んでしまったりすることも少なくありません。

そんな土日休みのデメリットは何なのかを紹介します。

銀行や郵便局に行くことができない

銀行や郵便局は土日が休みになっていることが多いので、お金を下ろす程度であればATMで済ますことができますが、そうではなく窓口に用がある場合は平日に行くしかありません。

どうしても銀行に用がある場合は、仕事を一旦抜け出すか昼休みを利用する必要がありますが、同じことを考えている人が多いため、仮に仕事を抜け出せたとしても銀行や郵便局は混雑していることがあります。

そのため、振込みなどの手続きは面倒になります。

病院へ通うことが難しい

小さなクリニックなどは土曜日も開いている可能性はありますが、大きな病院は休みになっていることが多いため、無理をして平日の仕事が終わった後に行っても診療時間が過ぎしまい、結局受診することができません。

どうしても体調が悪くて病院に行きたいなら平日に予約して通うしかありません。そのため、仕事を休むか有給休暇を取る必要があります。

役所や免許の更新などの手続きができない

銀行や病院と違い、役所は土日、祝日が休みになっていることが多いです。

そのため、住民票などの必要書類を取りに行く場合や、免許証の更新などは必ず平日でなければいけません。どうしても行かなければいけない場合は、有給休暇などを取得する必要があります。せっかくの有給を役所の手続きで利用しなければいけません。

どこに行くにも混んでいる

ほとんどの人が土日が休みになっていることが多いので、遊びに行くにも買い物に出かけるのも、どこに行っても混んでいて時間がかかってしまいます。

車も混雑しているため渋滞に巻き込まれやすくなります。そのため、せっかくの休みなのに外出するだけで疲れてしまいます。

平日が忙しくなることがある

土日休みの仕事の場合、逆に考えれば「平日のうちに仕事を終わらせなければいけない」ということになります。

土日は会社が開いていない、持ち帰り仕事が禁止などの企業では、平日にすべての仕事を片付けなければいけません。納期などが設定されている仕事ならばなおさら、平日は忙しくなってしまうでしょう。

業務量が多いのに人数が少ない、クライアント対応に時間がかかるなどの場合「土日は休みだが平日はほぼ残業」ということになってしまうケースもあります。

土日休みの職業は多い!自分の就きたい仕事を調べてみよう

ほとんどの職業は土日が休みになっています。そのため、買い物や遊びに行く場合は混んでいることが多く、何をするにしても時間がかかってしまいます。

逆に接客業をメインにした業種は土日が忙しいため平日に休むことが多くなり何をするにも空いています。

また、業種や職種によって休みがいつになるか変わるので、もし自分が就きたいと思っている職業があるなら、その職業の休みや特徴を調べて下さい。同じ職業でも勤める会社によって休みの日が異なることがあるので必ず確認するようにしましょう。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.5%が辞めずに続けられる

    2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC