土日休みの職業はどんな業種に多い?メリット・デメリットと共に解説!

土日休みの職業はどんな業種に多い?メリット・デメリットと共に解説!

休日は企業や業種により異なります。平日に休みが多い場合や土日が休みになる場合など、業種によって休日になる日は様々あります。

では具体的に土日が休みになるのは、どういう職業に多いのかを主な職業を上げて解説していきます。また土日が休みになることのメリットやデメリットには、どういうことがあるのかを説明します。

 

土日が休みの主な職業とは

まず、土日が休みになる代表的な職業は公務員が上げられます。

公務員といっても幅が広いため、所属する部署や仕事内容、時期によっては土日に出勤することもありますが、ほとんどの場合は土日が休みになるのが基本となっている職業です。

ただし、土日は休めますが、仕事内容によっては残業が多いこともあります。また、経理などの事務系も土日が休みになりやすい職業の一つです。

経理の仕事は企業の売上や入金確認、経費精算などを行うのが主な業務になり、営業職の様なノルマがあるわけではないので、わざわざ土日に出勤する意味がありません。

仮に出勤しても取引先なども休みになっていることが多いので、平日出勤するだけで問題ありません。そのため、土日が休みになることが多い職種の一つです。

その他に、IT関連や出版業界、広告代理店なども土日が休みになりやすい職業です。主な仕事はクライアントの依頼でマーケティングを行いますが、クライアントが企業の場合はクライアントも土日が休みになることがほとんどなので必然的に休みになります。

ただし、納期などの期限が決められていて、その期間に間に合わない場合は一時的に出勤することはあります。クライアントの意向次第で急ぎの仕事が入るため休みが変更されることが多いからです。

ただし、ほとんどの場合は土日が休みとなります。エンジニアやデザイナーなどのクリエイティブ系の仕事も多くの場合、土日が休みになります。

クリエイティブ系の仕事は、労働時間の自由度高く期限日までに仕事を終えればいいので、土日に出勤する必要がありませんが、これもクライアントの意向によって変わります。

また、郵便局や銀行も土日が休みになりやすい職業です。窓口業務も土日は行っておらず平日でも17時に閉まってしまいます。

もちろん窓口業務だけが仕事ではないため、業務や部署によっては土日に出勤することもありますが、ほとんどが場合休みとなります。

さらに、大手の自動車、輸送機器メーカーや電子、半導体メーカーなどのモノづくりのエンジニアも土日が休みになっていることが多いです。上記の内容から土日が休みになりやすい職業はデスクワークやエンジニア系の業種です。

しかし相手企業(クライアント)と取引をしている場合は、一時的に土日出勤を余儀なくされることがあります。

どんな職業だと土日休みではない?

土日に休みが少ない業種は、まず運送業などの配達業務が上げられます。

特に配達業務は個人の自宅に荷物を届けることが多く、受け取り側が土日をメインに指定することがほとんどのため、どうしても指定された日や時間に届けるために働かなくてはいけません。

ただ、運送業でも稀に日曜日を休みとしていることはありますが、土日の2日間を完全に休みにしていることはまずありません。

そのため運送、配達系の仕事は休む日が週によって変わるため、土日を休みにすることは難しいでしょう。

また、看護師や介護職などの医療系も土日に働くことが多い職業です。入院患者や介護が必要な方は土日だけ何もしないわけにはいかないので、24時間体制で面倒を見て働かないといけません。

クリニックなどの診療所は日曜日が休みになっていることが多いですが、入院患者がいるような大きな総合病院では土日も患者の対応をしなくてはいけません。

何かがあった場合に即座に対応しなければいけないため、一定の人数を常に確保しておく必要があります。そのため、医療系の仕事は休みが変則的になりがちな職業の一つです。

また飲食業などのフードサービスを行っているお店は、土日や祝日の休みにお客が増えるので忙しくなります。売り上げを上げるために一定の人材を確保しなければいけないので、まず飲食業で土日に休みが取れることはありません。

他にも、美容院やアパレル、小売業などのサービス業は基本的に土日が忙しくなります。お客さんは土日が休みになるので、個人を相手にするようなサービス業は売り上げも上がるので仕事をしなければいけません。

コンビニなども24時間営業になっていて便利なため、平日でも休日でも利用者はたくさんいます。そのため、コンビニで働くなら土日だけ休むのは難しいです。

また、警備員などの仕事も土日に働くことがあります。商業施設ならお客も増えて子供の迷子やトラブルも多くなるため施設内での警備や駐車場の誘導なので忙しく、オフィスビルの場合は、土日にオフィスで働く人がいなくても警備の観点から常に常駐しなければいけません。

一般的な業種の人が休みな土日は忙しくなります。そのため、警備員も毎週決まった休みをもらうことが難しくなります。その他に、イベント関連の仕事も土日に働くことが多い職業です。

イベントは休日に行うことが多いため、平日に企画準備をして本番の休日に働きます。また、ホテルや旅館などの宿泊施設も土日は忙しくなります。

普通の企業で働いている人は平日は仕事をしているので、ホテルや旅館は比較的空いています。しかし、土日の休みに泊まりで遊びに行くこともあるので忙しくなります。

そのため、ホテルや旅館もそのほかのサービス業と同じで土日に働かなければいけません。その結果土日に休むのが難しくなります。

これらの業種は休みが変則的になりがちです。特に個人を相手にした客商売は、基本的に土日に休むことはほとんどなく平日に休むのが一般的となっています。

 

友だちと遊びやすい!土日休みのメリット

土日が休みになるとメリットはたくさんありますが、実際にメリットとはどういったものなのかいくつか紹介します。

家族や友人と休みが合う

ほとんどの企業は土日が休みになることが多いので、家族と遊びに行く場合や友人との食事などで予定を合わせやすいメリットがあります。

友人との休みが合わないと仕事が終わった後などの、夜の時間しか一緒に過ごせないため、休日が重なりやすい土日なら遊びの予定も立てやすくなります。

土日の2日間を利用して泊まりで遊びに行ったり、車でドライブしたりすることが可能です。また、子どもがいる場合は学校が休みになる土日、特に日曜日は家族で買い物や遊びに行くことができ、家族と一緒に過ごす時間を取りやすくなっています。

結婚式などのイベントに参加しやすい

結婚式などのイベントで人を呼ぶような場合は土日が休みだと人も集まりやすくなります。

ほとんどの人は平日に仕事をしているので、仮に平日に結婚式をしてしまうと参加できる人数は限られてしまいます。

平日に仕事を空けるのは難しく、場合によっては有給休暇を使うことになり負担を強いることになります。

そのため、土日が休みだと、無理なく結婚式への参加をすることが可能です。また、様々なイベントが土日に開催されることが多いので、土日が休みだと気軽に訪れることができます。

子どもの運動会や行事に行ける

子どもの運動会や文化祭などの学校行事は土日に行うことがほとんどで、平日に開催することはまずありません。

そのため、仕事の休みが土日の場合子供の運動会のビデオを撮ったり、一緒に参加したりすることで家族サービスをすることができます。このように、普段と違った子供の一面を見ることができるのが土日休みのメリットです。

銀行に行けない!土日休みのデメリット

メリットが多い土日休みですがデメリットもあります。土日休みの職業が多いため、不便なことがあったり場所によっては混んでしまったりすることも少なくありません。

そんな土日休みのデメリットは何なのかを紹介します。

銀行や郵便局に行くことができない

銀行や郵便局は土日が休みになっていることが多いので、お金を下ろす程度であればATMで済ますことができますが、そうではなく窓口に用がある場合は平日に行くしかありません。

どうしても銀行に用がある場合は、仕事を一旦抜け出すか昼休みを利用する必要がありますが、同じことを考えている人が多いため、仮に仕事を抜け出せたとしても銀行や郵便局は混雑していることがあります。

そのため、振込みなどの手続きは面倒になります。

病院へ通うことが難しい

小さなクリニックなどは土曜日も開いている可能性はありますが、大きな病院は休みになっていることが多いため、無理をして平日の仕事が終わった後に行っても診療時間が過ぎしまい、結局受診することができません。

どうしても体調が悪くて病院に行きたいなら平日に予約して通うしかありません。そのため、仕事を休むか有給休暇を取る必要があります。

役所や免許の更新などの手続きができない

銀行や病院と違い、役所は土日、祝日が休みになっていることが多いです。

そのため、住民票などの必要書類を取りに行く場合や、免許証の更新などは必ず平日でなければいけません。どうしても行かなければいけない場合は、有給休暇などを取得する必要があります。せっかくの有給を役所の手続きで利用しなければいけません。

どこに行くにも混んでいる

ほとんどの人が土日が休みになっていることが多いので、遊びに行くにも買い物に出かけるのも、どこに行っても混んでいて時間がかかってしまいます。

車も混雑しているため渋滞に巻き込まれやすくなります。そのため、せっかくの休みなのに外出するだけで疲れてしまいます。

 

ちょっと優越感!平日休みのメリット

仕事が平日休みの場合によるメリットはたくさんあります。そんなメリットをいくつか紹介します。

銀行や郵便局、役所などの手続きに行きやすい

銀行や郵便局などの金融機関は土日休みが多いため、平日が休みだと利用することができます。また、役所では各種手続きを簡単に済ますことができます。

土日でも銀行や役所が開いていることがありますが、時間が短かったり混んでいたりするので、平日に済ますことができるのは有難いです。

また、病院などの医療機関へ行く場合も、平日なら土日と比べて空いているので予約も取りやすく、すぐに診察を受けられるので時間を有効に使うことができます。

同じ休日でも土日と平日では時間の混み具合が違います。

平日に空いている場所が多い

ショッピングをするにも、どこかへ遊びに行くにも土日は混んでいます。しかし、平日が休みだと空いている場所が多いため時間がかかりません。

買い物の場合はレジで並ぶ時間を短縮できたり、車だと渋滞などで無駄な時間を過ごしたりする必要がなくなり、時間を有効に使うことができます。また、レジャー施設なども平日は空いているため、乗り物で並ぶ時間も少なくなり遊びに行くのも楽しくなります。

優越感を感じることができる

他の人が仕事をしている日にのんびりできるので優越感を感じることができます。

通勤時間帯にテレビを見たり、昼寝をしたりして精神的に余裕が生まれます。

また、平日にドライブなどで遊びに行ったり趣味遊びにくい?平日休みのデメリット 平日が休みの場合はメリットだけでなくデメリットもあります。そこで具体的なデメリットの例を説明します。

友人や家族と休みを合わせることが難しい

ほとんどの業種が土日休みとなっているため、友人も平日は仕事の可能性が高く一緒に遊びに行くのが難しくなります。

また、子供がいる場合も平日は学校のため、子供と過ごすことが難しいです。そのため、平日が休みの場合は一人で寂しく過ごさなくてはいけなくなります。

結婚式や子供の運動会に行くことができない

結婚式や子供の運動会は土日に行うことがほとんどです。やはりほとんどの業種は土日が休みになるため、結婚式や運動会もそれに合わせて行います。

そのため、結婚式や運動会に出席するなら有給休暇を取得しなければいけません。

に没頭したりと、土日が休みの人よりも何か得した感じになります。

友だちと遊びやすい!土日休みのメリット

土日が休みになるとメリットはたくさんありますが、実際にメリットとはどういったものなのかいくつか紹介します。

家族や友人と休みが合う

ほとんどの企業は土日が休みになることが多いので、家族と遊びに行く場合や友人との食事などで予定を合わせやすいメリットがあります。

友人との休みが合わないと仕事が終わった後などの、夜の時間しか一緒に過ごせないため、休日が重なりやすい土日なら遊びの予定も立てやすくなります。

土日の2日間を利用して泊まりで遊びに行ったり、車でドライブしたりすることが可能です。また、子どもがいる場合は学校が休みになる土日、特に日曜日は家族で買い物や遊びに行くことができ、家族と一緒に過ごす時間を取りやすくなっています。

結婚式などのイベントに参加しやすい

結婚式などのイベントで人を呼ぶような場合は土日が休みだと人も集まりやすくなります。

ほとんどの人は平日に仕事をしているので、仮に平日に結婚式をしてしまうと参加できる人数は限られてしまいます。

平日に仕事を空けるのは難しく、場合によっては有給休暇を使うことになり負担を強いることになります。そのため、土日が休みだと、無理なく結婚式への参加をすることが可能です。

また、様々なイベントが土日に開催されることが多いので、土日が休みだと気軽に訪れることができます。

子どもの運動会や行事に行ける

子どもの運動会や文化祭などの学校行事は土日に行うことがほとんどで、平日に開催することはまずありません。

そのため、仕事の休みが土日の場合子供の運動会のビデオを撮ったり、一緒に参加したりすることで家族サービスをすることができます。

このように、普段と違った子供の一面を見ることができるのが土日休みのメリットです。

 

土日休みの職業は多い!自分の就きたい仕事を調べてみよう

ほとんどの職業は土日が休みになっています。そのため、買い物や遊びに行く場合は混んでいることが多く、何をするにしても時間がかかってしまいます。

逆に接客業をメインにした業種は土日が忙しいため平日に休むことが多くなり何をするにも空いています。

また、業種や職種によって休みがいつになるか変わるので、もし自分が就きたいと思っている職業があるなら、その職業の休みや特徴を調べて下さい。同じ職業でも勤める会社によって休みの日が異なることがあるので必ず確認するようにしましょう。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから