履歴書は折っても大丈夫?職務経歴書や送付状も封筒に入れる際の常識

履歴書は折っても大丈夫?職務経歴書や送付状も封筒に入れる際の常識

市販の履歴書用紙のセットには、長形3号という定型サイズの白封筒が何枚か入っていることがあります。もしこの封筒に入れようとすると、履歴書を当然折らねばなりません。はたして、履歴書は折っても問題ないのでしょうか?

 

履歴書は折らずに、白色の大型封筒に入れるのが常識

履歴書といえばB5、添付の封筒といえば履歴書を三つ折りにしないと入らない長形3号が常識でした。 最近では、会社・企業での社内書類と同じA4サイズの履歴書を用いることが就職活動での主流で、全体の約6割を占めています。市販の履歴書にも、A4サイズの用紙を折らずに入れられる大型封筒がセットになっていることが多いようです。あるメーカーの18種類の履歴書のうち、「A4のJIS規格履歴書」には小封筒ではなくすべて大型封筒がセットになっており、今や履歴書を折らないで送ることが常識といえるでしょう。

履歴書はA4が好ましい理由

もちろん指定がない限り、自分の好みのサイズを選び、小封筒に入れても本来は間違いではないはず。しかし、企業側としては、数多くの履歴書の保管・管理の面から、履歴書がA4で統一されていることが望ましいのではないでしょうか?考えてみれば何十何百と履歴書が送られてくるわけですから、封筒から出して広げて読む担当者の手間も相当なものです。

 

履歴書を折らずに送る配慮

どんなに素晴らしい内容の履歴書でも、小型封筒にギッチリ詰まった履歴書より、A4 履歴書・職務経歴書・送付状がクリアフォルダに入り、折らずにA4封筒や角形2号で送られてくる方を好ましく思うのは当然かも知れません。 聞くところによると、企業によっては、履歴書の封入方法でふるいにかける場合もあるとか。せっかく細心の注意を払って書き上げる履歴書ですから、ここはひとつ、折らずに送る常識に従いましょう。

面接に呼びたくなる履歴書を書く秘訣を大公開!

無料
プレゼント

採用担当が面接に呼びたくなる履歴書に!
「趣味・特技」欄 19の例文

履歴書「趣味・特技欄」
19の例文
14,000名以上の就活生の履歴書を添削したジェイックが、書くのに悩む「趣味・特技」欄の例文を公開!

〜資料の特徴〜
  • 採用担当が注目する「趣味・特技」欄が書けるようになる
  • 「趣味・特技」欄で自己PRする方法が分かる
  • 国家資格を保有した就職アドバイザー監修

「この人は面接に呼びたい!」
と思われる履歴書を作りませんか?

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから