履歴書に印鑑を押し忘れたり押印が斜めは大丈夫かという疑問を解決

履歴書に印鑑を押し忘れたり押印が斜めは大丈夫かという疑問を解決

印鑑はどんな場面においても重要な証明。常識的に考えて、履歴書に押印欄があるにもかかわらず、押印するのを忘れてしまった。また、押印はしたが斜めになってしまった場合、どうするのが常識なのか。人生の中で、印鑑を押すタイミングは多いことでしょう。 今回は、郵送してから履歴書に印鑑を押し忘れたことに気づいた場合、印鑑の押印が斜めになってしまった場合、どのように対処すればよいか?図も交えながら解説していきます。

 

押印欄付き履歴書は無くなっている

今さらですが、履歴書は、就職や転職を希望する企業へ、採用選考を目的とした正式書類として提出されるべきものです。正式な書類という意味合いから、かつてはほとんどの市販履歴書に印鑑の押印欄があるのが常識でした。 ところが最近では、逆にほとんどの履歴書に印鑑の押印欄がないのが常識となっています。ほとんどの履歴書に印鑑の押印欄がなくなったのは、1997年(平成9年)に閣議決定された「押印見直しガイドライン」によるものです。 「押印見直しガイドライン」によると、“押印を求める必要性や実質的な意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする”ということなので、履歴書のように“単に事実・状況を把握することのみを目的としているもの”は“押印を必要としない文書”と認められているのです。

押印欄に押印を忘れた場合の対処方法

現在では履歴書に押印しなくても問題なくなり、履歴書のほとんどに押印欄がないのが常識。とはいえ、まだ押印欄のある履歴書を使用したり、会社・企業によっては履歴書に印鑑の押印を求めるところもあります。 履歴書に空欄は禁物ではありますが、多くの採用担当者の意見では、押印欄のある履歴書に押印しなくても、とくに問題はありません。気になるようであれば応募先に連絡をして押印をし忘れたことを謝り、指示を仰ぎましょう。「問題ないですよ」との返答であれば、実際に問題ないはずです。

 

押印指示には注意が必要

応募要項で「履歴書に押印のこと」と指定されていたにもかかわらず忘れたという場合には、やはり先方に謝りの連絡を入れ、履歴書の差し替えをお願いして、印鑑を押印した履歴書を詫び状とともに速やかに再送しましょう。ミスをリカバリーするスキルというのも大切です。先方とのやりとりを通じて、案外印象を強めてもらえるかも知れません。 以上のように、ミスのリカバリーは可能ですが、特に指定がない限り、あらかじめ押印欄のない履歴書用紙を用意するのがベストです。

付録)印鑑の押印が斜めになった場合

最後に、履歴書に印鑑を押し忘れた場合には、若干関係がありませんが、このような質問も多いので説明させていただきます。もう一度、履歴書を書くことがあれば、ご参考まで。 履歴書に押印欄があり、押印まではしても、力が入りすぎて『斜めになってしまった』。そんな時にはどうするべきか。 答えは簡単! ① 書き始めの場合:初めから書き直す ② 書き終わりの場合:逆さまでない限り気にしない 正直なところ、印鑑に関しては深く見ていません。字が汚かったりすると問題はありますが、印鑑が斜めに押されているから面接の対象にしないという判断をすることはありません。ただし、気持ちは大切です、それでも直して綺麗で完璧な履歴書を作成して送りたい場合には、振り出しに戻ってやってみるのもいいでしょう。 最後まで読んでいただき有難うございました!!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから