文系の就職について徹底解説!向いている業界や知っておきたいポイントを紹介します

文系の就職について徹底解説!向いている業界や知っておきたいポイントを紹介します

文系の大学生が就職活動をするときには、理系と比べて厳しいと考えられがちです。ただ、文系も色々な企業から求められているので、文系が不利だとは一概には言えないでしょう。また、文系は就職できる範囲が広いのも特徴です。ここでは実際の文系の就職はどうなのか、特徴や就職に向いている業界、就職活動ですべき対策、ポイントなどを紹介していきます。

 

文系の就職活動にはどのような特徴があるのか

文系の就職活動にはどのような特徴があるのか

文系の方の就職活動の仕方は理系の学生とは異なります。どちらが良い悪いではありませんが、文系の方は、まずはご自身の就活の特徴を知っておきましょう。

選択肢が幅広い

文系が行う就職活動の特徴として、理系よりも学部や専門分野を重要視されないことです。そのため、職種の選択肢が幅広いという特徴があるのです。

応募条件に専門分野が記載されていることは少なく、色々な企業に応募することが可能になっています。文系の就職活動では専門分野ではなく、人柄や企業へのアピールなどの要素が重視されるという特徴もあります。

さらにコミュニケーション能力や社交性なども、採用の重要なポイントです。

推薦が少ない

他にある文系の特徴は推薦が少ないことです。理系では推薦制度で企業を紹介されるケースが少なくありません。しかし、文系では自分で応募するのが基本です。

書類選考から始まるため、就職するまでの期間は長くなります。面接が多くなれば数ヵ月かかることもあるでしょう。また、理系の方が早い時期に内定をもらう傾向があるので、文系の就職は難しいと捉えられがちです。

しかし、就職率に関して、文系と理系では大きな差はありません。早い時期に決まる理系の方が優位だと思われがちですが、最終的な就職率は変わらないのです。

文系の就職に向いている職種や業界は?

文系の就職に向いている職種や業界は?

文系は理系と比べると専門性にやや欠けるため、向いてる職種を探すことに苦労するかもしれません。以下に紹介する業界はほんの一例ですが、参考にしてみてください。

文系に向いている職種:公務員

文系が就職するのに向いている職種は公務員です。国家公務員や地方公務員などがあり、求められる職種も様々ですので、文系に向いているのです。

公務員には専門分野が必要になる職種もありますが、文系はほとんどの職種に応募することができます。

文系に向いている職種:記者

文系が持っている国語力を活かした記者も向いているでしょう。記者は文章を書くことが仕事です。文章を書き慣れている文系の方が、理系よりも向いている職種なのです。

文系に向いている職種:営業職

かなり大きなくくりにはなってしまいますが、文系の方は営業職に向いている場合が多いです。営業職はコミュニケーション能力などの総合的な能力を求められるため、理系よりも文系に向いているといわれているからです。

また、営業職には社交性、細やかな気遣い、クレーム処理能力などの様々な能力が必要です。そのような能力の素質があって、人と接することが得意な人は営業職で活躍できる可能性は高いです。

文系に向いている職種:事務職

事務職も文系に向いている職種でしょう。事務職にはデスクワークだけではなく、人事や総務などの部署もあるため文系に向いています。

ただし、文系の中でも法学部であれば法律関連の部署、文学部であれば教育関連など、学部によって向いている業界もあります。大学で学んだことと関連のある業界であれば、大学で培った知識を生かすことができるでしょう。

文系の就職で人気の業界や職種

文系の就職で人気の業界や職種

どんな業界を受けようか迷っている方はまず、人気のある業界から見てみましょう。人気な業界は必ず理由がありますので、自分の興味と一致するようであれば、エントリーしてみるのもよいでしょう。

総合商社

20卒の文系大学生が選ぶ企業のトップ10のうち、4社が総合商社です。トップ4の総合商社の平均年収はいずれも1300万円前後であることが人気をけん引しているのでしょう。

また、こうした総合商社がのきなみトップ10にはいっているのは、近年の「売り手市場」を象徴しているともいわれています。学生に「狭き門であっても挑戦してみよう」という気持ちを後押ししているのだと考えられます。

メディア業界

他にはマスコミなどのメディア業界です。マスコミに憧れを持つ人が多くて、常に人気が高い業界です。学生時代からマスコミに入るために、準備をしている人もいます。また、旅行業界は語学や文化についての能力を発揮できるので、文系に人気があります。

特に、語学を高いレベルで習得している人は優遇されやすい傾向にあり、語学力が高い人は志望することが多いです。

教員

他に人気があるのは、教員資格を活かすことができる教員でしょう。公務員で安定した収入が得られるため、志望する人は少なくありません。ただし、このように人気がある職種は競争率も高いです。競争率が高い職種では、準備や対策を入念にして臨む必要があるでしょう。面接などでライバルよりもアピールすることが必須なのです。

 

文系の知識を就職活動に役立てる

文系の知識を就職活動に役立てる

文系の学部で学んだ知識は、就職活動でアピールできるケースもあります。

  • 心理学:仕事相手の心理を分析できるため、信頼関係を上手く築けることをアピールできます。信頼関係を構築することで、企業の売上に貢献できると主張することも可能でしょう。
  • 社会学:幅広い分野に対する知識を仕事に反映できると言えます。さらに、経済や経営に関する知識は、情報に対する的確な分析ができるとアピールできるのです。

このような知識があれば、マーケティングなどで能力を発揮できると強調できます。このような知識は会社の役に立つものだと上手く伝えることが大事です。具体的例を出して採用担当者に分かりやすく伝えると、理解してもらえます。

上手く伝わらないと、評価の対象にはならないでしょう。企業が求めている人物像に合わせて伝える内容を変えると、高い評価を受けられる確率は高くなります。

文系が内定を得るために知っておきたいこと!

文系が内定を得るために知っておきたいこと!

文系が内定を得るときに知っておきべきことは、

"気持ちの余裕が内定を呼ぶ"  ということです。

気持ちに余裕がある方が有利になります。気持ちに余裕があると、焦ってミスをすることが少なくなります。そのために、内定を1つ得ておくことが大切です。1つでも内定があると心に余裕を持てます。

内定を1つ取るためには、企業の合同説明会へ積極的に参加することが重要です。合同説明会では色々な企業が参加するので、内定をもらえる企業に巡り会えるかもしれません。

例えば、、

内定直結型の説明会:採用の権限を持つ企業の上層部が出席するので、内定が決まりやすいです。

合同説明会:企業の採用担当者と話す機会ができます。採用担当者と直接話して良い印象を与えることができると、内定に繋がりやすいでしょう。

文系の就職活動ですべき対策

文系の就職活動ですべき対策

後でも触れますが、文系の学生は理系の学生と比べると時間があるといえます。文系だからこそ出来る対策がありますので、文系の皆さんはしっかり確認しておきましょう。

対策その1:計画性を重視する

文系が就職活動をするときに、おすすめの対策は計画的に準備することです。本格的な選考が始まってから準備するのは遅いです。大学3年生の秋には準備を始めておきましょう。時間的余裕や計画性を持って進めると、自己分析や企業研究などの対策に時間をじっくりかけて取り組むことができるのです。

特に自己分析には時間がかかる可能性があります。自分の天職を探すことは難しいからです。過去を振り返って自分のやりたいことを見つけるときに、時間がなくて焦っていると失敗することもあるでしょう。

そうならないように、時間をかけてゆっくり取り組むことが大事です。やりたいことが見つかれば、それが実現できる企業を探します。その企業に対して研究すれば、就職できる確率は上がるでしょう。

対策その2:経験を重視する

他の対策としては、学生時代の経験をまとめておくことです。学生時代の経験は大きなアピールポイントになります。充実した学生生活を送ることが就職につながりやすいポイントになるのです。

そのような経験は具体的なエピソードとして、アピールできるようにまとめておきます。面接のときに聞かれてすぐに答えられるように準備しておくのです。上手く答えられないと説得力がなくなるので、まとめておくことが大事です。

対策その3:付加価値を付ける

文系の就職活動ですべき対策として、付加価値をつけておくことです。理系と比較したときに、専門分野では負けるかもしれません。特化して積み重ねることができる「技術」面では劣ることもあるでしょう。

しかし、付加価値があると就職しやすくなるのです。IT化が進みオフィスワークが減っていくことを予想すると、自分にしかできない付加価値を付けておくことが大事になります。例えば、ビジネスに使えるレベルまで英語の能力を高めておくと、グローバル化が進む社会での付加価値になるでしょう。

他には、資格なども付加価値につながります。仕事で活用できる資格を持っていると、有用な人材として認識されることが多いです。将来的に転職する場合でも、特にスキルがなければ企業から選ばれにくいでしょう。付加価値を持っていることは、将来的にも役に立つことなのです。

 

就職活動における文系のメリット

就職活動における文系のメリット

時間がある

就職活動で文系のメリットは時間があることでしょう。理系の学部は、専門の研究などに多くの時間を割かなければいけません。そのため、就職活動に時間をかけることができないのです。

しかし、文系の学部は比較的時間に余裕があるので、就職活動にかける期間を長く取ることができます。時間があるので面接の準備や企業研究などに、時間をかけることが可能でしょう。

仕事に関して深く考えたことがなかった人は、適職を探すところから始められます。そのための時間は多くあった方が有益なのです。

知識の幅が広い

他のメリットは文系は学んだ知識の幅が広いため、幅広い職種から就職先を選ぶことができることです。文系は特定分野だけが就職先にはなりません。

営業から事務職まで幅広い職種が就職先になるのです。また、文系はポテンシャルを重視されることも多いので、意欲のアピールで内定につながることもあります。

卒業をしたときの力ではなく、企業に入ったあとに成長するポテンシャルを見込んで採用する企業も少なくありません。意欲や将来性を認めてもらえることで、就職できることはメリットでしょう。

文系はシステムエンジニアとしても就職できる

文系はシステムエンジニアとしても就職できる

意外に思われるかもしれませんが、文系であってもシステムエンジニア職に採用されるケースは多くあります。ここでは、その理由を解説しますので、是非視野に入れてみましょう。

理由その1:人材不足

IT業界は人材不足になっていて、文系からシステムエンジニアを採用する企業も増えています。文系であっても、システムエンジニアとして就職できるのです。

理由その2:コミュニケーション能力を活かせる

ステムエンジニアの仕事は、コンピュータのプログラミングだけではないです。

仕事内容によっては文系に向いている仕事もあります。例えば、案件の企画段階では取引先との意思の疎通が欠かせません。そのようなときに、コミュニケーション能力が高い文系が向いているのです。

また、多くの人が関わるプロジェクトでは、人間関係が重要になるケースもあります。文系のエンジニアはプロジェクトを完成させるために、人間関係を上手く構築できる可能性が高いです。

そのため、企業側は文系を採用しているのです。そのように働くシステムエンジニアといっても、働き方は企業によって違います。働き方改革が進みつつあるので、企業に働く環境を確認しましょう。

システムエンジニアには様々な仕事内容がありますので、働く環境もかなり違うのです。特に、働く時間などを確認しておくと、就職したあとのトラブル防止につながります。

文系の就職のポイント

文系の就職のポイント

まずは大学のOB・OGやキャリアセンターを利用してみましょう。就職についての経験談や方法を聞いておくと役立つことが多いからです。ここでは友達と差をつけるためのポイントを紹介していきます。

インターンに参加する

企業のインターンに応募して参加することも大事でしょう。実際の仕事を経験する中で、向き不向きについて判断することができるからです。

企業のインターンは希望している企業であれば、就職に有利となる可能性もあります。また、文系の就職では集めた情報の中から、正しいものを選んでいくことが大切です。

資格を取得する

他のポイントは、簿記2級などの資格を取得しておくことです。経理などの事務職への就職に有利になるだけではなく、企業のお金の流れについての知識が得られます。

お金の流れが分かることで、企業の経営分析に役立つのです。

さらに、トレンドの情報など多くの情報を収集し、分析する能力を身に付けておくこともポイントでしょう。分析できれば、間違った情報などを信用することがなくなります。

文系の就職は早めに方向性を決めよう!

文系の就職は早めに方向性を決めよう!

文系の就職は早めの準備開始が大切です。準備をしておけば、就職できる可能性が高くなります。また、文系の強みである幅広い職種から自分に向いている業界を選びましょう。

自己分析などをすることで、向いている業界などを探すことができます。さらに、資格を取得するなどの準備をすると、就職しやすくなります。就職活動の準備として、資格取得などはおすすめです。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC