就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

広告代理店とは?年収・仕事内容など就職で役立つ情報をわかりやすく解説!

広告代理店とは?年収・仕事内容など就職で役立つ情報をわかりやすく解説!
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

広告代理店への就職に興味を持っていて、情報収集を行っている人も多いのではないでしょうか?この記事では、広告代理店を志望して就職活動を進めていくにあたって、仕事内容や向き不向きなどの知っておきたい情報をまとめて分かりやすく解説します。また、広告代理店への就職を成功させるコツや、おすすめのサービスについてもご紹介しますので、就職活動に悩んでいる人は参考にしてみてください。

広告代理店の仕事内容とは

広告代理店の仕事内容とは

広告代理店を志望する上で、仕事内容を理解しておくことは欠かせません。なんとなくのイメージでしか広告代理店のことを理解していない人も、しっかりと仕事内容について確認しておきましょう。

クライアントの広告活動の代理をする仕事

広告代理店の主な仕事は、クライアント(顧客)の広告活動の代理をするというものです。

企業はそれぞれ新商品やサービスを開発しており、世の中をより良いものにするため努力を重ねています。しかし、どんなに優れた商品やサービスが完成したとしても、消費者に認知をしてもらわなければ買ってもらうことすらできません。

広告代理店は、そのような企業を対象に営業を行い、企業の宣伝活動を代わりに行うことで、商品価値の最大化に貢献をする仕事をしています。

もちろん製品を開発した企業が自分で宣伝活動を行えば、広告代理店は不必要ということになります。ただ、広告宣伝には高い専門知識やコネクションが必要となってくることもあり、広告代理店にPRを依頼する企業も多いのが実態です。

クライアント獲得からクリエイティブ作成〜効果計測まで幅広い

広告代理店の仕事は以下の5つに細分化できます。

クライアント獲得広告の発注見込みのあるクライアントを獲得するため、電話やメールなどで顧客にアプローチを行う。
ヒアリング・クリエイティブ仮作成クライアントの広告要望をヒアリングし、仮イメージを作成する。
提案(コンペ)広告コンセプトやPR方法などをクライアントに提案する。場合によっては競合他社とコンペで争うこともある。
広告リリース正式に発注をもらえたら、クリエイティブ制作を行い、世の中に広告を届ける。
効果計測実施した広告の効果がどうだったかの数値レポートを行う。

このように、広告代理店での業務は幅広く、それに伴って求められるスキルも多いのが特徴です。

会社によっては、社員一人にかかる業務量も多いため、残業時間が長くなりやすいのも特徴の一つとなっています。

広告代理店の仕事内容とは?向いてる人、年収、資格など徹底解説!

平均年収は企業規模によって大きく異なる

広告代理店全体の平均年収は471万円となっており、全体平均年収403万円に対して約70万円も高いのが特徴です。

しかし、広告代理店は企業規模や企業の種類によって大きく年収が変わることで知られています。

例えば、業界最大手の株式会社電通の平均年収は1,000万円を超えるとも言われていますが、中小広告代理店の平均年収は400万円〜500万円程度となっていて、それよりも低い給与水準の広告代理店も少なくありません。

これは、規模が大きい企業の方が一つの案件で生み出す利益額が圧倒的に大きく、利益が年収に反映されていることが原因だと考えられます。

そのため、広告代理店で高年収を目指していきたいのであれば、基本的に規模の大きな広告代理店へ転職をしていくことが必要です。

広告代理店の年収は高い?低い?ホワイト企業を見極めるコツも解説!

広告代理店の種類一覧

広告代理店は、大きく3つの種類に分かれます。

それぞれクライアントや取り扱う広告のジャンル、求められる資質が変わりますので、自分はどの広告代理店に向いているのか確認しておきましょう。

総合広告代理店

企業例:電通・博報堂・ADK

総合広告代理店は、その名の通り総合的な広告チャネルを組み合わせて、広告効果の最大化を目指す事業を行っています。

PRするサービスの特徴を理解し、消費者に届けるために必要であれば、テレビ新聞CMネットなど、あらゆる手段を用いることになりますので、幅広い知見やノウハウが求められます。

また、特に規模の大きな総合広告代理店では、グループに制作会社やマーケティング会社を設けています。

グループのシナジーを発揮し、クオリティの高い広告を世の中に提供していることもあり、商品がヒットするためには総合広告代理店の存在が不可欠と考える人もいます。

専門広告代理店

企業例:サイバーエージェント・オプト・セプテーニ

専門広告代理店は、インターネットや紙媒体メディアなど、特定の分野でのPRに特化した広告代理店のことを言います。

クライアントの宣伝活動を行う点では総合広告代理店と同じですが、取り扱うメディアが限定されているため、より深い専門知識が求められることになります。

最近ではインターネット系の広告が伸びてきていることもあり、右肩上がりに業績が伸びてきている企業も増えています。

総合広告代理店よりも比較的入社難易度が低い傾向にありますので、まずは専門広告代理店でキャリアを積んでいくのもよいでしょう。

ハウスエージェンシー

企業例:東急エージェンシー・ジェイアール東日本企画

ハウスエージェンシーは、親会社の広告活動を行うために設立されている広告代理店です。

他2つの広告代理店に対し、クライアントを獲得するという仕事が少なくなりますので、純粋なクリエイティブ制作に集中できるのが魅力です。

ただし、ハウスエージェンシーは親会社の広告案件を中心に仕事を行いますので、携われる広告メディアやPRするサービスの幅が狭いというデメリットがあります。

幅広い広告知識を身につけていきたいという場合は、ハウスエージェンシーではない広告代理店への就職を検討するのがおすすめです。

広告代理店で働くのに向いてる人向いてない人

広告代理店は入社するハードルがやや高いですが、活躍していくハードルは更に高くなります。

広告代理店で働くのに向いてる人や向いてない人の特徴を知り、就職活動に役立てていきましょう。

広告代理店に向いてる人

広告代理店に向いてる人には、次のような特徴があります。

1.コミュニケーション能力が高い人

広告代理店で働く上で、コミュニケーションは欠かせません。

特に営業職の場合、クライアント開拓のためのアポイント開拓はもちろん、クライアントからどのような広告やプロモーションを打ちたいと思っているのかを聞き出すことが非常に大切になってきます。特に「PRするサービスの本当の魅力は何か」を聞き出せるコミュニケーションが大切です。

また、競合他社とのコンペになった際には、自社の広告案を魅力的にプレゼンできるような、伝えるコミュニケーションも重要になってきます。

コミュニケーション能力がなければ、広告代理店で実績を残すことは非常に困難だと言えます。

2.新しいもの好きな人

広告代理店で働いていると、まだ世の中に出ていない情報やサービスをたくさん知ることができます。

また、目まぐるしく登場する新商品の宣伝にも携わることができますので、新しいもの好きの人にとっては、楽しくやりがいを感じながら仕事ができるでしょう。

3.人の心を想像できる人

広告というサービスは、動画や画像、グッズ、イベントなどといったクリエイティブになるまで形がありません。

そのため、どんな広告が消費者の心を掴むか、人の心理の動きを想像できるかどうかが大切になってきます。

どれだけクオリティの高い広告制作に携わったとしても、その商品の魅力が伝わらなければただの自己満足になってしまいます。

自分が携わった仕事で、消費者はどんな印象を感じ、どのような行動に移すのかを考え抜ける人であれば、一流の広告代理店社員になれるかもしれません。

広告代理店に向いてる人・向いてない人の特徴12選!学歴は関係ある?

広告代理店に向いてない人

続いて、広告代理店で働くのに向いてない人の特徴を解説します。

次のような特徴を持っていると、せっかく苦労して広告代理店に入社できても、なかなか活躍できずにつらい思いをしてしまう可能性がありますので注意してください。

1.プレッシャーに弱い人

広告代理店で働いていると、強いプレッシャーがかかる場面と多々向き合うことになります。

チームメンバーの思いを背負ってコンペに臨む、多額の予算をかけて発注してもらった広告を成功させる、思うような広告効果に繋がらなかった時のクライアントへのレポーティングなど、プレッシャーに弱い人だと、仕事をしていて強い精神的ストレスを感じてしまうでしょう。

中にはプレッシャーに耐えられず、広告代理店で働くことを諦めてしまう人もいますので、繊細すぎる人には向いてない可能性があります。

2.プライドが高い人

自分が一生懸命携わった案件に対してクライアントからダメ出しをもらったり、消費者からSNSでネガティブなコメントをもらうこともあります。

担当した広告やプロモーションへのダメ出しは、自分の成長にも繋がるいい機会ではあるものの、プライドが高い人だと逆効果になってしまうことがあります。

「その広告がなぜ評価されなかったのか」という改善のチャンスを逃してしまうことになりますので、経験を通じた成長のスピードが遅くなってしまうといった末路も考えられます。

3.年収目的だけで働こうとしている人

広告代理店は一定の年収は稼ぎやすい業界ではありますが、高い年収目的だけで働こうとしている人には向いてない仕事です。

広告代理店で働く上では、稼ぐこと以外にも重要なことがたくさんあります。また、仕事自体も忙しく、大変さを感じる場面が多々あると考えられますので、働くモチベーションが「稼ぐ」ことだけだと、長続きしない可能性があります。

広告代理店で働くやりがい

ここからは、広告代理店で働くやりがいについて解説します。

1.世の中にインパクトを与えられる

広告代理店で働く一番のやりがいは、自分の仕事で世の中に大きなインパクトを与えられることです。

自分が携わった広告を見て、消費者が商品を手に取ったり、SNSで話題になったり、テレビで取り上げられたりと、あたかも自分が世の中をコントロールしているとさえ感じられるかもしれません。

また、広告効果をクライアントにしっかりと返すことができれば、クライアントの業績にも大きな影響を与えることにも繋がります。

会社が急成長するきっかけにもなる広告に携われることもありますので、自分の仕事の重大さと重要性を認識しやすい仕事と言えます。

2.様々な業界業種の関係者と仕事ができる

広告代理店で働いていると、様々な業界や業種の人と知り合いになり、一緒に仕事ができるというやりがいもあります。

自分の視野が広くなるきっかけにも繋がり、業界人としての立場に優越感を感じられるかもしれません。

また、広告代理店で人脈を形成して、独立起業をする人も見られます。

自分の新たなキャリアを見つけられることもあり、本当の意味で仕事を楽しむことができるのも、広告代理店で働く魅力の一つです。

3.市場価値が上がり転職時に役立つ

先ほど解説した通り、広告代理店で働くと幅広い業務経験を積むことができます。

このため、自分自身の市場価値が上がり、転職をする時のアピールポイントとして役立てることが可能です。

特に広告代理店の場合、従業員規模の大きな会社にキャリアアップしていけばしていくほど、より大きな仕事に挑戦できるだけでなく、年収を増やしていけるようになっています。

スキルを身につけて、ワンランク上の企業に転職できれば、自分の成長実感も強く持てるはずです。

広告代理店で働く厳しさ

広告代理店で働くことは、楽しいことややりがいのあることだけではありません。

次のような厳しさがあることも認識した上で、広告代理店への就職を目指すべきなのか検討してみてください。

1.意外と泥臭い仕事が多い

広告代理店と言えば、キラキラしている仕事をイキイキと行っているというイメージを持つかもしれませんが、「泥臭い仕事」も多いのが現実です。

クライアントへの提案資料をまとめるため黙々と市場調査を行ったり、業者間の日程調整をひたすら行ったりと、地道な作業も多い仕事となっています。

この事実を知らないまま広告代理店に入社してしまうと「思っていたよりも派手な仕事が少なくつまらない」「自分の性格と業務がマッチしていなくてつらい」などと感じることもありえます。

広告代理店の華々しい仕事のイメージは、あくまでも業務の一部にしかすぎないという現実を理解しておくようにしましょう。

2.社員の空気感と自分が合わない可能性がある

広告代理店は、良くも悪くも個性的な社風の会社が多いという特徴があります。

体育会系の社風の会社だと、物静かに仕事をこなしたいと思っている人からすれば会社に居づらいと感じてしまいますし、その反対も十分考えられます。自分に合っていない社風の会社に長期間勤めていると、強いストレスを感じることはもちろん、自分の力を最大限に発揮できなくなるかもしれません。

3.残業が多い傾向にある

広告代理店の業務は多く、定時で毎日帰れるような職場でないことは珍しくありません。企業にもよりますが、会社に泊まり込んだり終電近くまで残業したり、といった時期が続くケースもあります。

業務時間が長引いてしまうのは、単純に広告代理店が幅広い仕事を請け負っているというだけでなく、関係者が多いためスケジュールが組みづらい、変更や修正への対応が多いという理由があります。

一つの広告をつくったりプロモーションやイベントを実施したりするためには、発注主であるクライアントを始め、市場調査を行うマーケター、デザインを考えるデザイナー、広告を掲載するメディア担当者、施設担当者、イベント会社の担当者など、様々な人の協力を得ていく必要があります。

これらの人は他の仕事も抱えているため、連絡を一つ取るだけでも時間がかかることも珍しくありません。関係者の調整業務を始め、クリエイティブ案決定のミーティングやクライアントへの提案資料作成など時間がかかる業務が多く、結果的に残業が多いという厳しさに繋がっています。

広告代理店で求められるスキルや経験

ここからは、広告代理店で活躍していくために求められるスキルや経験を解説します。

次のようなスキル経験を持っている場合は、面接の自己PRなどで積極的にアピールしていくのがおすすめです。

コミュニケーション能力

先ほども解説した通り、広告代理店で業務をこなしていくためには、コミュニケーション能力が必要不可欠です。

特に広告代理店で必要になるコミュニケーション能力とは、「伝える力」「聞き出す力」「発信して巻き込む力」の3点です。

学生時代のような「その場を盛り上げられる力」といった意味でのコミュニケーション能力は不要ですので、誤った認識をしないようにしましょう。

コミュニケーション能力を自己PRするにあたっては、以下の記事の内容も参考にしてみてください。

自己PRでコミュニケーション能力をアピールするには?例文9選付き

行動力

困難な状況であっても、スピード感を持って行動できる行動力も、広告代理店で求められるスキルの一つです。

クライアントが新商品をPRしたい時、基本的に「すぐ広告を出したい」と思っていることが多くなっています。

そのニーズを誰よりも早くキャッチし、すぐさま提案する行動力は契約を取ってくる上で非常に大切です。

自己PRでアピールできる行動力には上記以外にもありますので、以下の記事も合わせてご覧ください。

行動力を自己PRすべき職種は?例文やアピールポイントも解説

法人営業の経験

広告代理店での営業先は法人であることがほとんどのため、法人営業の経験が活かしやすい仕事となっています。

特に、広告と同じく無形商材を取り扱っていた経験があれば、親和性が高いと感じられ、広告業界未経験であっても採用に至る可能性が高いと考えられます。

もちろん、メーカーで法人営業をしていたという場合でも、「クライアントのニーズに応えて実績を出してきた」ということがアピールできていれば、同じく採用される可能性があります。

求人票によっては「応募を歓迎する経験」というものが記載されていますので、そこに「法人営業の経験」と書かれていれば、有利に選考を進められると考えてもいいでしょう。

データ分析の経験

特にデジタル広告を取り扱う広告代理店の場合、データ分析の経験はプラスに働く可能性が高いです。

数値をまとめて傾向を出し、改善策を考えた経験と実績は、広告効果のレポーティング業務にそのまま活かすことができます。

自己PRでデータ分析の経験について触れる場合は、具体的な数値を出しつつ、「自分はその分析を通じて何を得たのか」を分かりやすく伝えるように心がけてください。

広告代理店で働くのに学歴は関係ある?未経験は?

広告代理店は多くの就職活動者にとって人気の業界ですが、就職する上で学歴や経験はどれほど関係してくるのでしょうか?

ここでは、広告代理店への就職活動で気になるポイントについて解説します。

応募条件に書かれていないなら学歴は関係ない

求人票や求人広告の応募条件に、学歴について言及されていないのであれば、どんな学歴の人でも採用される可能性は十分にあります。

逆に、「大卒以上のみ応募可」などと指定されている場合は、その学歴を満たさない人が応募しても書類選考に通過することはありません。

広告代理店の場合、特に応募が集まりやすい総合広告代理店の大手企業では、学歴による応募制限を行っているケースが多々みられます。

また、そのような企業の場合、大卒の中でも大学の偏差値を選考通過の可否の材料にしていることもあるそうです。

専門広告代理店は学歴制限を設けていない傾向にありますので、自分の学歴に自信がないという場合は、総合広告代理店以外の求人も幅広く見てみるのがおすすめです。

未経験歓迎募集であれば経験は不要

求人票に「未経験歓迎」という記載があれば、広告業界や社会人経験は不問となります。

異職種からのキャリアチェンジや、職歴に空白期間があるような場合は、未経験歓迎の求人から積極的に応募していくとよいでしょう。

企業によっては英語力が必要な場合もある

海外クライアントが多い広告代理店の場合は、応募条件に英語力が求められることもあります。

「TOEICスコア○点以上」「ビジネスでの英会話経験が○年以上あること」などの条件が一般的ですので、不安な人はTOEICの試験を受験しておくのもいいかもしれません。

広告代理店への就職を成功させるコツ

ここからは、広告代理店への就職を成功させるコツを解説します。

自己分析をして最大限のアピールを行う

広告代理店は採用倍率が高いので、効果的に自分をアピールしなければ採用されません。

そのために必要になってくるのが「自己分析」です。

自己分析とは、自分の経験を棚卸しし、強みと弱みを明らかにすることで、自分のアピールポイントを探すために行う分析のことです。

自己分析の方法については以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてチェックしてみてください。

自己分析のおすすめのやり方は?転職成功や社会人を目指す人に向けて解説

企業研究をして自分に合った企業を選ぶ

広告代理店は、それぞれの企業で仕事の進め方や社風の雰囲気が大きく異なることがあります。自分に合った企業を見つけるためにも、できれば応募前に企業研究を行うのがコツです。

企業研究とは、求人広告や企業のホームページ、口コミサイトなどから企業のイメージを具体化するといった行為のことを指します。

企業研究を行わないと、入社後に感じるギャップが大きくなってしまい、早期離職にも繋がりかねませんので注意してください。

就職エージェントを活用する

就職率を上げるために最も効果的なのが、就職エージェントの活用です。

就職エージェントを活用することで、就職活動における基本的なノウハウを教えてもらえたり、幅広いサポートが受けられるようになります。

就職エージェントによって応募できる求人の種類が異なりますので、気になるサービスを見つけたら複数並行して利用するのがおすすめです。

広告代理店で働きたいなら就職カレッジ®︎の活用がおすすめ

未経験からでも広告代理店で働きたいという方におすすめなのが、就職カレッジ®︎です。

ここからは、就職カレッジ®︎の4つの特徴をご紹介します。

20代の正社員就職支援に強い就職エージェント

就職カレッジ®︎は、20代の正社員就職支援に強い就職エージェントである弊社ジェイックのサービスです。「フリーター、ニート、第二新卒、既卒」を専門にサポートしており、今までの就職支援実績は23,000名以上※に上ります。

登録から内定獲得まで全て無料ですので、就職・転職を検討している方は、いつでも気軽にご登録ください。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料就職講座で選考通過率アップ

就職カレッジ®︎に登録した後は、就職活動支援のプロが教える「無料就職講座」が受講できます。

この講座では、次のような内容を集中的に教わることが可能です。

  • 基本的なビジネスマナー
  • 自己分析の効果的な方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の書き方
  • 面接の個別対策

就職活動が初めてという方にも、久しぶりに就職活動をするという方にも分かりやすい内容となっていますのでご安心ください。

無料就職講座の実施もあり、就職カレッジ®︎を利用した方の就職率は81.1%※と高い実績を誇っています。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

集団面接会で未経験募集の広告代理店と出会えるチャンス

無料就職講座の受講後は、就職カレッジ®︎の登録者限定で参加できる「集団面接会」にエントリーできます。

集団面接会には、未経験者を積極的に採用したいと考えている企業しか参加しませんので、社会人経験が浅い方であっても就職するチャンスがあります。

また、一度の集団面接会で十数社の企業担当者と直接面接ができますので、効率的に企業を比較検討できるのもポイントです。

2週間で内定まで至るケースも珍しくなく、できるだけスピード感を持って就職活動を成功させたい方におすすめの就職方法となっています。

徹底的なサポート体制で初めての就職活動でも安心

就職カレッジ®︎は、登録から内定獲得まではもちろん、就職後のサポート体制まで徹底しています。

「入社できたものの、仕事内容が自分に向いてない…」「会社の雰囲気が自分に合わずつらい…」など、悩みを感じたらいつでも専任のアドバイザーに相談可能です。

このようなサポート体制もあり、就職カレッジ®︎で就職した方の定着率は91.5%※と、非常に高い数値となっています。安心できる広告代理店に就職したいという方は、就職カレッジ®︎の活用を検討してみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

広告代理店は大変な仕事ではあるものの、仕事で感じられるやりがいも強く、年収も高いため人気の就職先の一つとなっています。

高い就職倍率を乗り越えて就職するためにも、就職活動のノウハウをイチから学べる就職カレッジ®︎がおすすめです。

就職カレッジ®︎には以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気になる方はリンクをチェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター