就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

広告代理店に向いてる人・向いてない人の特徴12選!学歴は関係ある?

広告代理店に向いてる人・向いてない人の特徴12選!学歴は関係ある?
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

広告代理店で働くのに向いてる人には、どんな特徴があるのか気になる方も多いのではないでしょうか?この記事では、広告代理店で働くのに向いてる人・向いてない人の特徴を12個ご紹介しつつ、どんな人なら広告代理店で働けるのかを解説します。広告代理店に就職したいと考え始めた方は、ぜひ記事の内容を参考にしてみてください。

広告代理店で働くのに向いてる人の特徴

広告代理店への就職は倍率も高く、企業から「広告代理店で働くのに向いてる人材」だと感じてもらえなければ就職は難しくなっています。

次のような特徴があるかを確認し、就職活動に役立てるようにしてください。

コミュニケーション能力が高い人[広告代理店に向いてる人の特徴1/9]

広告代理店の中でも、特にクライアントと直接対峙するようなフロント職であれば、高いコミュニケーション能力は必須です。

営業や広告運用などの職種だと、クライアントと円滑なコミュニケーションが取れなければ、なかなか仕事で実績を上げることはできません。

また、広告代理店の場合、企業ごとのスタンスによっても異なりますが、営業職はクライアントとの接待も多めな傾向にあります。

特に大手クライアントを担当するような仕事をする場合、一回の広告出稿で数千万円〜数億円の金額が動くこともありますので、親密な関係になるべく接待が行われるのです。たとえば会食やゴルフ、何らかの優待などです。

フロント職種だけでなく、クリエイティブ職においても比較的話好きな社員が多い業界のため、広告代理店に就職するにはコミュニケーション能力が大切だと認識しておくと良いでしょう。

プレゼン能力が高い人[広告代理店に向いてる人の特徴2/9]

広告代理店は、広告を出稿したいと思っているクライアントに発注をしてもらうことで、利益を得ています。

しかし、クライアントから信頼を勝ち取り、出稿の発注をしてもらうのは簡単なことではありません。特に広告の場合、形の無い無形商材という扱いになりますので、広告代理店ごとの違いは大きく存在しません。

そのため、「どんな広告が作れるのか」といった実力勝負で発注先を決めるべく、頻繁にコンペが行われます。

コンペでは、広告にかけた思いやキャッチコピーのプレゼンを、大勢の重役や競合他社の前で行う必要がありますので、高いプレゼン能力が必須になります。

プレゼン能力や経験が高ければ、広告代理店のコンペでも実績を残せるでしょう。

行動力が高くフットワークが軽い人[広告代理店に向いてる人の特徴3/9]

広告を出稿してもらうためには、タイミングを見極めて行動することが非常に大切です。

クライアントは「新商品をすぐに世の中に広めたい」と思うことも少なくありませんので、たまたまそのタイミングで連絡をして受注するというケースもあります。

担当しているクライアントに対しては、常にアクションをし続け、ニーズが発生したらすかさず提案するといった、高い行動力が求められます。

体力がある人[広告代理店に向いてる人の特徴4/9]

広告代理店だけでなく、代理店業界は関係者が多いこともあり、勤務時間が長くなる傾向にあります。

特に広告代理店の場合は、クライアント企業広告のクリエイティブを作成するデザイナー広告プランを一緒に設計する社内チームメンバーなど、多くの関係者と常にやり取りをしていかなければなりません。

関係者それぞれで連絡が取れる時間も変わってきますので、その結果、長時間労働が頻繁に起こる仕事となっています。

案件の繁忙期によっては、毎日遅くまで残業しなくてはならないなどもありえますので、体力がある人でないとしんどい思いをするかもしれません。

トレンドに敏感な人[広告代理店に向いてる人の特徴5/9]

広告業界は常に新しい情報や広告手法、消費者に響くクリエイティブなどが目まぐるしく変化しています。

いい広告を作り出すためには、世の中のトレンドを敏感にキャッチできる力が強く求められます。

また、アパレルや食品系のクライアントの場合は、特に季節に応じたトレンドを敏感に察知できないと仕事になりません。

日本のみならず世界の動向に注目して、日頃から積極的な情報収集を行っていく意識が大切です。

チームワークを大切にできる人[広告代理店に向いてる人の特徴6/9]

広告代理店では、大きな案件を担当する際、チーム制を取ってプロジェクトを進めていくことがあります。

クライアントと直接やり取りをする営業を中心に、クリエイティブ部署やマーケティング部署で連携し、効率的に広告作成や出稿を行っていきます。

案件を成功させる上で個々人の能力も重要ではありますが、それ以上に大切になってくるのがチームワークです。

「クライアントはどのような要望を持っているのか」「どんなクリエイティブが望ましいのか」など、チームメンバー同士で正しくコミュニケーションが取れていないと、狙っていた成果に繋がらないでしょう。

個人プレーではなく、仲間を巻き込んで何かを成し遂げた経験がある人は、広告代理店で働くのに向いていると考えられます。

クリエイティビティが高い人[広告代理店に向いてる人の特徴7/9]

広告業界で働くのであれば、クリエイティビティが高いことも求められます。

もちろんデザイナーなどのクリエイティブ職においては、高いクリエイティビティが必須ですが、営業担当など他の職種においても大切です。

クリエイティビティがないまま広告代理店に勤めてしまうと、その広告がなぜ消費者に心を動かしたのかが理解できなくなってしまいます。

仕事そのものに楽しさややりがいを感じにくくなることも考えられますので、想像力や創作力に全く自信がない場合は、他の業界を検討した方がいいかもしれません。

臨機応変に対応できる人[広告代理店に向いてる人の特徴8/9]

広告代理店では、職種に限らずスピード感を持って働くことが重要です。

クライアントの競合よりも遅い広告出稿になってしまえば、広告効果に大きく影響してくることもあります。

また、プロジェクトを進行させていく上でトラブルは頻繁に起きます。

クライアントから広告の方向性を突如変えるように言われたり、世の中の情勢がいきなり変わったりと、当初計画していた流れをすぐに変えることも必要になってきます。

何かトラブルがあっても冷静に状況を見渡し、臨機応変に対応できる能力が求められます。

幅広い知識や教養を持っている人[広告代理店に向いてる人の特徴9/9]

担当するクライアントの業界が幅広い広告代理店で働く場合は特に、幅広い知識や教養を持っていることが大切です。

商品やサービスを、どのようなターゲットに向けて広告していくのかであったり、国民性や県民性によって打ち出しをどのように変えるのかといった判断は、広告代理店で働く上で重要になります。

日頃から幅広く情報収集をして知識を蓄えておかないと、誤った広告の打ち出しをしてしまい、最悪の場合炎上に繋がる恐れもあります。

広告代理店で働くのに向いてない人の特徴

ここからは、広告代理店で働くのに向いてない人の特徴を3つ解説します。

次のような特徴に当てはまる場合、今一度自己分析を行って、本当に広告代理店勤務を目指すべきなのか再検討してみてください。

1.同じ仕事だけを繰り返し行いたい人

広告代理店で向き合うことになる案件に、同じものはあまりありません。

PRする商品やサービスは毎回異なりますし、クライアントが置かれている状況や競合のサービス展開など、どの案件も新しいものとなってきます。

そのため、ルーティンワークのように同じ業務だけに携わるような仕事をしたいと思っている人に広告代理店での勤務は向きません。

もし変化に対応するのが苦手な人が広告代理店で働くことになってしまうと、案件についていくのがやっとで、日々強いストレスを感じながら仕事をすることになるでしょう。

2.行動が遅い人

広告業界は基本的に激務です。

様々なクライアントからの案件を並行して担当することになりますので、案件の進捗管理はもちろん、常に先回りして行動を続けることが重要です。

少しでも判断が遅れてしまうと、コンペ負けに繋がったり、クライアントからの信頼を失ってしまったりと、状況が悪くなることが考えられますので、行動が遅い人には向かない業界だと言えます。

3.プライドが高い人

広告業界で働いていると、様々な人に自分の提案するアイデアをダメ出しされることがあります。

クライアントからはもちろん、上司やチームメンバーといった社内からもダメ出しを受けることがあります。

それだけでなく、自分が手がけた広告を見た消費者が、SNSやインターネットでダメ出しをしてくることもあるでしょう。

ダメ出しを受けること自体は、自分の至らなかった点の浮き彫りに繋がることもあり、プラスな要素ではあるものの、プライドが高い人の場合ネガティブに受け取ってしまうことがあります。

「自分のアイデアが受け入れられないのは、受け手の頭が悪いからだ」「理解されないのは、自分の案が広告業界の未来を先取りしてしまっているからだ」などと、勘違いをし続けていてはいつまでも成長することはできません。

どの広告代理店に向いてる人?広告代理店の種類を知っておこう

広告代理店は大きく分けると3つの種類に分かれます。

どの広告代理店に勤めるかで、求められる能力や向いてる人の特徴が若干変わってきます。

それぞれの違いをしっかり抑えておきましょう。

総合広告代理店

<総合広告代理店に向いてる人>

  • とにかく大きな案件に携わりたい人
  • 様々なチャネルの広告を活用したい人
  • 幅広い知見を習得できる地頭がある人

総合広告代理店は、その名の通り全てのチャネルを総合的に活用して、クライアントの広告効果の最大化に向けたビジネスを行います。

テレビや紙媒体、デジタル媒体やラジオに至るまで、あらゆる手段を活用したスキームが組めるので、提案できる幅が限りなく広いのが特徴です。

また、大手総合広告代理店の場合、制作やマーケティングを子会社に持っていることもあり、グループでのシナジーを活かした大胆な仕事にも挑戦できるのがやりがいです。

ただ、総合広告代理店は国内でも数が少なく、採用倍率も非常に高いのが現実です。

未経験で親和性のあるスキルを持っていない場合、総合広告代理店への就職は難しいものがありますので、専門広告代理店を目指すのがおすすめです。

専門広告代理店

<専門広告代理店に向いてる人>

  • 何かに特化したスキルを身につけたい人
  • 伸びている業界で働きたい人
  • 特別な強みのある広告代理店で働きたい人

専門広告代理店は、各企業専門の広告分野に特化してPR活動を行っており、近年ではインターネット専門広告代理店が右肩上がりに業績成長を見せています。

従来テレビCMや新聞広告が主流だった広告業界ですが、近年では動画投稿サイトやSNSにおける広告が主流になってきています。

そのような状況も相まって、今やインターネット専門広告代理店は、大手の総合広告代理店の売り上げに迫っています。

ただ、ラジオや雑誌、新聞といった専門広告代理店だと、そもそものチャネルの勢いが下火ということもあり、就職しても思っていたような仕事ができない可能性があります。

誰もが知っているような総合広告代理店以外の広告代理店に応募する時は、具体的にどんな媒体にどのような広告を出稿した実績があるのか、必ず確認しておきましょう。

ハウスエージェンシー

<ハウスエージェンシーに向いてる人>

  • 大手グループ会社で安心して働きたい人
  • 比較的守られた中で仕事をしたい人
  • ガツガツと新規案件を取ってくる自信がない人

ハウスエージェンシーは、親会社の広告事業をサポートするために設立されている広告代理店です。

鉄道会社を親会社とするハウスエージェンシーが最も多く、「グループの財務基盤が安定している」「案件が安定して入ってくる」「身内からの発注のためコンペなどが少ない」など、他の広告代理店にはないメリットがあります。

ハウスエージェンシーの場合、基本的に親会社の広告宣伝を担うことになりますので、PRできる案件のジャンルが乏しくなりやすいというのがデメリットです。

様々な案件に触れ、スキルを伸ばしていきたいと考えている人にとっては若干物足りないかもしれません。

こんなスキルを持っていれば広告代理店に向いてる人

ここからは、広告代理店で働くに当たって、特に必要となるスキルを解説します。

面接では、それぞれのスキルをアピールできるような自己PRを組み立て、魅力的な人材だと思ってもらえるよう意識してください。

行動力

広告代理店で働くには、行動力を常に意識しなくてはなりません。

「クライアントからの相談対応」「コンペにおいて競合よりも先手を打つ」「トラブルが生じた時の受け身の対応」など、行動力を求められる場面は日々存在すると言っても過言ではないでしょう。

広告代理店勤務で求められる行動力は、その場力とも言い換えることができます。

イレギュラーなことが起きた時、前もって想像できないようなことと直面した時、いかにしてその場を乗り切るかといった力が大切になってきます。

行動力を自己PRすべき職種は?例文やアピールポイントも解説

忍耐力

広告代理店で働くのであれば、忍耐力も大切です。

忍耐力とは、文字通り「耐えて忍ぶ」という力ですが、広告代理店で働いていると、自分の思い通りに物事を進められずストレスが溜まる場面と直面することも多いです。

  • 新規クライアント開拓のためのテレアポ
  • 地道な数値分析
  • 数十時間にも上る資料作成
  • コンペでの失注
  • クライアントからの急な申し出の対応

様々な関係者がいるからこそ、高い忍耐力が求められることになります。

一つの広告には非常に多くの関係者が介在していますので、自分一人で仕事を進めていくことはほぼできません。

「置かれている状況をある程度飲み込みながら、時には自分の意見も発していくことで仕事は進んでいく」広告代理店を目指すのであれば、このことをあらかじめ認識できておくと、入社後のギャップが少なくて済むはずです。

自己PRで忍耐力をアピールするメリットは?例文や言い換え表現も有り

コミュニケーション能力

広告代理店での業務の多くはチームで対応することになりますので、日々誰かしらとコミュニケーションを取ることになります。

コミュニケーション能力が不足していると、案件の概要に認識のズレを生じさせてしまったり、スケジュールが管理できなくなってしまったりと、様々な悪影響をもたらします。

広告代理店で働きたいのであれば、面接時の挙動に注意しつつ、自己PRでコミュニケーション能力をアピールするのがおすすめです。

コミュニケーション能力をどのように自己PRに盛り込めばいいかについては、以下の記事でも解説していますので、合わせてチェックしてみてください。

自己PRでコミュニケーション能力をアピールするには?例文9選付き

広告代理店に向いてる人に学歴は関係ある?

広告代理店勤務を目指そうとする時に気になるのが、「学歴が就職に関係するのか」という点ではないでしょうか。

ここでは、広告代理店への就職に学歴が関係あるのかについて解説します。

基本的に学歴は関係ない

広告代理店への就職には、基本的に学歴は関係ありません。

高卒や大卒といった卒業区分、文系や理系といった進路は関係なく、広告代理店での仕事で成果を出せるポテンシャルがあるかという点で選考評価がされます。

もし自分の学歴に自信がないという場合、広告代理店への就職そのものを諦めてしまうのではなく、求人票の応募条件に「学歴不問」と書かれている求人を探して応募するのがおすすめです。

大手広告代理店の場合は募集要件に学歴があることも

広告代理店への就職には、100%学歴が関係ないとは言い切れません。

特に超大手の総合広告代理店の場合、応募者の数も膨大になることもあり、一定の学歴水準を満たした応募者を優先的に選考することも考えられます。

どの企業が学歴を意識した選考を行っているかは公表されていませんので、特定することは困難です。

ただ、学歴に関係ない企業を探すのに時間をかけていては、本来行うべき選考準備が行えなくなってしまいます。

自分の学歴を自己認知しつつも、「いかにして自分の魅力を企業に売り込むか」を第一に面接対策を行うように意識してください。

デザイナーなどクリエイティブの場合は実績>学歴

デザイナーなどのクリエイティブ職種に応募する場合は、学歴よりも実績が重視されます。

どんなクリエイティブを作ったことがあるのか作れるのかであったり、何らかのコンテストで受賞経験があるかなどを元に選考を進めていく企業がほとんどです。

選考を受ける際には、今までの自分の作品をまとめたポートフォリオの提出が求められますので、あらかじめ準備しておくと良いでしょう。

今までデザイナーの専門学校への入学経験や、コンテストの受賞経験がないといった場合でも、諦めることはありません。

あくまでも「どんなクリエイティブが作れるのか」が重要ですので、自主制作のクリエイティブをポートフォリオとして提出しましょう。

広告代理店に就職するコツ

人気が高く、採用されるのが大変な広告代理店に就職するため、次のようなコツを意識して就職活動を進めるようにしてください。

自己分析をしてアピールポイントを明らかにする

選考で企業にポジティブな印象を与えるためには、自分の魅力を最大限アピールする必要があります。

そこで大切になってくるのが自己分析です。

自己分析とは、自分の今までの経験を棚卸し、強みと弱みを明らかにすることで、自分のアピールポイントを特定する分析のことを言います。

自己分析を行うことで、効果的な自己PRができるようになるだけでなく、自分に向いている企業を見つけるきっかけにもなります。

自己分析の細かな内容やメリットについては、以下の記事でも解説していますので合わせてチェックしておいてください。

自己分析とは?簡単なやり方や自己分析のメリットについて分かりやすく解説

入社して何がしたいのかを具体的にする

「華々しい仕事ができる」といったイメージを持たれやすい広告代理店ですが、イメージだけで選考を進めてしまわないようにしましょう。

この記事で解説した通り、広告代理店で働く上ではいくつか重要になるスキルが存在しています。

「自分はどんなスキルが発揮できるのか」を考えることはもちろん、「入社してどのような仕事をしたいのか」がはっきりしていなければ、選考でポジティブな印象を勝ち取るのは難しいでしょう。

入社して何がしたいのかを具体的にするためには、広告代理店の仕事内容を理解していないとできません。

以下の記事で、広告代理店の細かな仕事内容について解説していますので、この記事の内容と合わせて理解しておきましょう。

広告代理店の仕事内容とは?向いてる人、年収、資格など徹底解説!

就職エージェントを活用する

就職活動を有利に進め、選考通過率を高めたいという人には、就職エージェントの活用がおすすめです。

就職エージェントに登録することで、自分専任のエージェントが次のようなサポートをしてくれるようになります。

  • キャリアカウンセリング
  • 自分に合った求人の紹介
  • 応募書類の添削
  • 模擬面接の実施
  • 企業との連絡代行

就職活動において幅広いサポートをしてもらえるようになりますので、初めて正社員を目指すという人でも安心して選考を進められるようになります。

就職エージェントによって紹介を受けられる求人の種類が変わるため、興味のあるサービスを見つけたら2〜4社程度並行して利用するのがおすすめです。

広告代理店に向いてると思った人は就職カレッジ®︎の利用がおすすめ!

この記事の内容を見て広告代理店に向いてると思ったら、就職カレッジ®︎を活用して就職活動の一歩を踏み出すのがおすすめです。(※必ずしも広告代理店の企業をご紹介できるとは限りませんのでご了承ください)

ここでは、就職カレッジ®︎の4つの特徴をご紹介します。

20代の正社員就職支援に強い就職エージェント

就職カレッジ®︎は、20代の正社員就職支援に強い就職エージェントである弊社ジェイックの就職支援サービスです。

「フリーター、ニート、第二新卒、既卒」を専門にサポートしており、今までの就職支援実績は23,000名以上※となっています。

登録から内定獲得まで完全無料ですので、広告代理店への就職を考えた時点で登録してしまうのがおすすめです。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料就職講座で選考通過率アップ

就職カレッジ®︎に登録した後は、就職活動サポートのプロが教える「無料就職講座」が受講できます。

無料就職講座では、次のようなカリキュラムを集中的に学ぶことが可能です。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の書き方
  • 面接の個別対策

イチから分かりやすく教えてもらえますので、今まで就職活動をしたことがないという方でも安心して受講頂けます。

この講座の実施もあり、就職カレッジ®︎を利用した方の就職率は81.1%※と高い実績を誇っています。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

集団面接会で未経験から広告代理店に就職も

無料就職講座を受講した後は、就職カレッジ®︎が独自で主催する「集団面接会」に参加できます。

集団面接会には、未経験者を積極的に採用したいと考えている企業しか参加しませんので、社会人経験が浅い方でも広告代理店に内定をもらえる可能性があります。

また、一度の面接会で十数社の企業担当者と面接ができるため、効率的に企業を比較することができます。自分に合った企業を見つけやすい環境ですので、入社後も長続きしやすいでしょう。

徹底的なサポート体制で定着率は9割超え

就職カレッジ®︎は、登録から内定獲得まではもちろん、就職後のサポート体制まで徹底しています。「就職してみたものの、思っていた仕事と違った…」「職場の人間関係が悪く、精神的なストレスを感じる…」など、入社してから悩み事を感じたら、いつでも無料で専任のアドバイザーに相談できます。

このような徹底的なサポート体制もあり、就職カレッジ®︎を活用して就職した方の定着率は91.5%※と非常に高くなっています。

広告代理店に限らず、安心して働ける企業に就職したいという方は、ぜひ就職カレッジ®︎の活用を検討してみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

広告代理店に向いてる人の特徴や、その中でも特に求められるスキルについて解説しました。

数ある業界の中でも、広告代理店は求職者から人気ですので、しっかりと就職活動準備をしなければ内定を獲得することはできません。

高い就職率実績を誇る就職カレッジ®︎を活用して、広告代理店への内定を手にしましょう。

就職カレッジ®︎には以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気になる方はチェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター