就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

広告代理店の年収は高い?低い?ホワイト企業を見極めるコツも解説!

広告代理店の年収は高い?低い?ホワイト企業を見極めるコツも解説!
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

広告代理店で働くと、年収はいくらくらい稼げるのか気になる人も多いのではないでしょうか?この記事では、広告代理店業界の平均年収や、年収の高い広告代理店の特徴について解説します。広告代理店で高い年収を稼げる人の特徴なども解説しますので、広告代理店に就職したいと考えている方は参考にしてみてください。

広告代理店の平均年収は高い傾向にある

広告代理店の平均年収は高い傾向にある

広告代理店の平均年収は、他の業界に比べて高い傾向にあります。ここでは、広告代理店の年収事情について解説します。

広告代理店全企業の平均年収は471万円

大手求人サイトdodaの発表によれば、広告代理店全企業の平均年収は471万円となっています。

同調査では全体の平均年収が403万円とされていますので、他の業界よりも高い年収が稼げる可能性が比較的あるかもしれません。

もちろん、広告代理店とひとことで言っても、超大手企業から中小・従業員数名の企業まで幅広い規模の会社が混在していますので、広告代理店に入社できれば絶対に高い年収を稼げるということではない点には注意してください。

実力主義で年収が増える企業も多い

広告代理店には、業務で成果を出せれば年齢に限らず昇格昇給させるような実力主義の会社が多い傾向にあります。

従来より日本は「同じ会社で長く勤めれば勤めるほど、自動的に年収が上がっていく」ような年功序列制の給与体系を取る企業が基本的です。年功序列制の企業だと、どれだけ活躍したとしても、年齢を重ねなければ年収は増えません。

昔は新卒入社をした会社で定年まで勤め上げるといった、終身雇用が一般的でしたが、現在は様々な会社に転職してスキルや年収をアップさせる働き方もひとつの選択肢となりました。従って、成果に応じて徐々に年収が増やしやすい広告代理店は、これからの働き方にマッチした業界だと言えるでしょう。

成果を出せれば女性も稼ぎやすい業界

広告代理店というと、従来は「男社会」の印象が強く、遅くまでの残業や会食・ゴルフのような接待も盛んで、女性には難しいのではというイメージもありました。しかし実際には、仕事ができれば、性別に関係なく高い年収が稼げるのが特徴です。

広告代理店の主な業務は、クライアントの製品やサービスを多くのターゲットに対してPRすることです。案件によっては、女性向けの美容製品やアパレルといったもののPRに携わることもありますので、その場合は男性社員よりも女性社員の方が効果的な打ち出しを考えやすいといった特徴があります。

バリバリ仕事をして稼いでいきたいと思っている女性にも、広告代理店への就職はおすすめです。ただし将来的に結婚した場合、家庭との両立が難しい広告代理店もなかにはあるため、事前に働きやすさなどをチェックしておくと良いでしょう。

広告代理店の平均年収が高いと言われる理由

広告代理店の平均年収は、世間から非常に高いと言われることが多くなっています。

ここでは、なぜ広告代理店の年収イメージが良いのかについて、理由を3点解説します。

数者の超大手企業の平均年収にイメージが寄っている

広告代理店の平均年収は、先ほどご紹介した通り403万円ですが、世間では「1,000万円以上稼いでいる人がたくさんいる」「広告代理店勤務=稼いでいる」と、比較的思われています。

この理由の一つに、「業界の超大手企業の年収にイメージが寄ってしまっているから」というものが考えられます。

総合広告代理店のトップ企業では、確かに年収1,000万円以上を稼ぐ社員も多くいます。しかし、それはあくまでも総合広告代理店のトップ企業に限った話であり、大手・有名広告代理店だから給与水準が高いのです。中小の広告代理店では、1,000万円もの年収はそもそも稼げないというケースも少なくありません。

広告代理店は、トップ企業の存在感が大きすぎるために、誰もが高年収というイメージがついてしまっている可能性があります。

もし、高い年収を稼ぎたいという理由だけで広告代理店を志望している場合は、応募しようとしている企業の募集年収を確認しておくようにしましょう。

一つの案件で動くお金が大きいから

広告代理店は、テレビCMなどの制作指揮を取ることもあります。

そのため、世間では「広告は多額の金額が動くもの→広告制作を取りまとめている広告代理店には莫大な利益が入っている→広告代理店で働いている人の年収は高い」という連想がされ、結果的に広告代理店勤務=高年収というイメージに繋がっていると考えられます。

しかし実際は、全ての広告で大規模な予算投資が行われているわけではありません。最近では動画投稿サイトやSNSにおける広告などが登場しており、広告そのものに多額のお金を使う必要が無くなってきています。

これにより、広告代理店の取り扱う広告単価も落ち込んできつつあるのが現状です。

必ずしも広告代理店に多額の費用を払って広告を打ってもらわなくとも、企業が独自に自社製品のPRがしやすくなってきている・かつ消費者の好みも細分化してきていることもあり、今まで通り広告代理店が稼げる仕事であり続けられるかは、若干怪しいかもしれないと考えている人もいるそうです。

平均年齢が高めの会社が多いから

広告代理店に実力主義の会社が多いといっても、広告代理店での業務で身につけていくべきスキルは幅広いので、結果的に昇格しているのは年齢を重ねたベテランということも珍しくありません。また、日本企業は結局のところ、ある程度の年功序列が残っています。広告代理店でいくら実力主義の企業だとしても、たとえば40~50代より20代のほうが収入が高いというケースは、現実的にはかなり少ないのではないでしょうか。

実態を見ると、年齢を重ねるにつれて年収が上がっていくという構造になっている広告代理店は少なくありません。

広告代理店は業界に長く身を置く人が多い傾向にあるのも相まって、結果的に平均年齢が高めの会社が増え、平均年収が高いというイメージに繋がっていると考えられます。

年収の高い広告代理店の特徴

広告代理店であっても、もちろん、社員の平均年収が高い会社もあれば低い会社もあります。

ここでは、平均年収の高い広告代理店の特徴をご紹介します。高年収を狙いたい人は、以下の企業の求人を中心に比較検討していくと良いでしょう。

大手企業

広告代理店の場合、やはり大手企業であればあるほど高年収が期待できます。

企業が高い年収を従業員に支払うためには、提供するサービスに付加価値をつけ、高単価で契約を取ってくることが必要になります。

広告代理店の場合、大企業のクライアントは大手の広告代理店に案件を発注することが多くなっており、その契約金額も数千万円〜数億円と、桁違いの金額です。

大手の広告代理店であれば、契約金額の高い仕事をすることになるため、高年収となりやすいのです。確実に広告代理店で高水準の年収を稼ぎたいなら、大手企業への就職・転職がもっとも早いでしょう。

外資系企業

外資系企業も高年収が期待できます。外資系企業とは、外国の資本で設立されている企業のことを言います。

「実力に応じてスピーディに昇格できる」「給与の水準が日本企業よりも高い」などといった特徴があるため、外資系企業で成果を残せると、日本企業よりも早く高年収が稼げる傾向にあります。

一方、外資系企業は実績を出せない社員に厳しいという一面がある点には注意が必要です。

日本企業であれば、成果が出せなくてもそれなりの仕事を与えてもらうことができますし、クビにもなりません。一方で、外資系企業の場合だと、少し成果を上げられなかった程度でも、簡単に解雇を言い渡されることがあります。

高年収は期待できるものの、安定して高年収を稼ぎ続けるのは大変な世界ですので、未経験者がいきなり外資系企業に就職するのはおすすめできません。

成長しているベンチャー企業

成長しているベンチャー企業は、他の2つと別軸で高年収が期待できます。

設立まもなく、従業員数も少ないベンチャー企業ですが、会社によっては福利厚生の一環で「ストックオプション」の制度を導入していることがあります。

ストックオプションとは、あらかじめ決められた金額で自社株を購入できる権利のことです。

仮に1株1,000円のストックオプションの権利で株を購入しておき、将来会社が上場して1株5,000円になったら、売却により差額分の収入を得られるというものになっています。

成長しているベンチャー企業であれば、将来的に上場することは珍しくありません。

これから広告代理店として高い業績を出しそうなベンチャー企業を見つけたら、社員が少ないうちに入社して活躍することで、思いもよらぬ金額が稼げるかもしれません。

年収の低い広告代理店の特徴

続いて、年収の低い広告代理店の特徴を解説します。

次のような特徴に当てはまる広告代理店の場合、成果を残しても年収に還元されないこともありますので、求人票のチェックや企業研究をしっかり行うようにしてください。

下請け案件しか持っていない会社

広告業界では、プロジェクトの一部を下請け企業に発注するということもあります。

当然下請けする企業は、元請け金額よりも低い契約金額で仕事を行わなければなりませんので、従業員に還元できる給料を高くすることがなかなかできません。

下請け案件しか契約を取らない広告代理店の場合、どれだけ成果を上げても年収が高くなる期待が持ちづらい点に注意が必要です。

就職活動を進める際は、応募しようとしている企業のクライアントにはどんな企業があるのかについてしっかりリサーチしておくようにしましょう。

広告予算の少ない業界でビジネスをしている会社

繰り返しになりますが、高年収を稼げる広告代理店というのは、案件の契約金額が高いという共通点があります。

つまり、広告予算が少ないような業界を専門にビジネスをしているような広告代理店だと、比例して年収が低くなる傾向にあると言えます。

広告予算が少ない業界やメディアの例は以下のようなものが挙げられます。

  • ラジオ
  • 新聞
  • 電車
  • 建設業界
  • 金融業界
  • 流通業界

これらのメディアや業界を中心に事業展開をしている広告代理店の場合、一案件あたりの広告単価が低いため、高年収が期待しにくくなります。(※各企業や案件にもよります)

それだけでなく、企業によって業績を伸ばすため、低い単価の案件をたくさん取ってくる「薄利多売」のような営業戦略を取っているケースもあります。

そのような企業に入社してしまうと、激務薄給といった働き方を余儀なくされる可能性もありますので、企業選びは慎重に行うよう意識してください。

地元密着型で地方に拠点を構える企業

広告という商材は、広告を届けられる人が多ければ多いほど必要な金額が跳ね上がってくるといった特徴を持っています。

「渋谷駅のスクリーンに広告動画を流す」のと、「地方郊外の駅に広告動画を流す」のでは、前者の方が圧倒的に高い費用と広告効果が期待できるのは、多くの人がイメージがつくのではないでしょうか。

つまり、地方に拠点を構え、地元密着型のビジネスを行っている広告代理店の場合、広告契約単価が低くなるため、高年収が期待しにくくなるのです。

広告代理店で年収を稼ぎたかったり、インパクトのある仕事をしたいという人は、できるだけ首都圏や主要都市で働ける職場を見つけるのがおすすめです。

広告代理店で高い年収が稼げる人の特徴

平均年収が高い広告代理店に入社できたとしても、年功序列の企業以外は、昇給はそこまで簡単ではありません。

ここでは、広告代理店で活躍し、高い年収が稼げる人の特徴を解説します。

コミュニケーション能力が高い人

広告業界で活躍するためには、高いコミュニケーション能力は必要不可欠です。

営業職を例に考えると、広告業界ではしばしば「コンペ」というものが行われます。

コンペとは、あるクライアントが広告を出したいと考えた時に、複数の広告代理店の担当者を一度に集めて広告案をプレゼンさせ、発注先を選ぶという方法のことを言います。

コンペでは、優れたクリエイティブを作ることももちろん大切ですが、コンペ当日のプレゼン能力や、どんな広告をクライアントが作りたいと思っているのか聞き出す力など、コミュニケーション能力が強く求められます。

コミュニケーション能力が高い人であれば、広告代理店で活躍するポテンシャルがあると考えられますので、面接での自己PRなどで積極的にアピールしていきましょう。

自己PRでコミュニケーション能力をアピールするには?例文9選付き

マルチタスク能力が高い人

広告代理店で働いていくと、担当するプロジェクトに並行して対応しなければならない場面が多々発生します。

そのため、複数の物事を同時にこなせるようなマルチタスク能力が求められます。

同時に様々なことを考えて仕事に臨まなければなりませんので、心身ともに大きな負担を感じるかもしれませんが、その分実績を残しやすく、昇格昇給に繋がりやすいでしょう。

自分なりのキャリアパスをしっかり持っている人

広告業界は、先ほど解説した通りコンペで競い合って仕事を進めることが多い関係で、社内で出世していくために競争をいとわないという人も多くなっています。

切磋琢磨して仕事に向き合える同僚が多くいるといったメリットがある反面、しっかりとキャリアパスを持っていないと淘汰されてしまう可能性があります。

「○○歳までに△△のような経験を積んでおきたい」「スキルを磨いて□年後には転職でキャリアアップをしたい」など、具体的なキャリアパスを持っておけると、厳しい競争のある職場でも成果を残していけるはずです。

広告代理店に就職する年収以外のメリット

広告代理店に就職することは、高い年収が期待できるだけでなく、次のようなメリットも享受できるでしょう。

世の中にインパクトを与えられる仕事ができる

広告代理店では、世の中の消費者の行動を変えるほどインパクトのある仕事に携われます。そのため、強いやりがいを持って仕事と向き合えるのは大きなメリットだと言えます。

また、デジタル広告に携われば、自分の仕事の成果を数字でダイレクトに知れるのも魅力の一つになるでしょう。

場合によっては、SNSでトレンドになったり、社会現象を引き起こせたりと、とにかく影響力の高い仕事ができますので、年収だけでなくやりがいをも追求できるのが、広告代理店で働く醍醐味です。

最新のトレンドに触れて仕事ができる

広告代理店で働いていると、良くも悪くも世の中のトレンドに触れ続けることになります。

世の中にまだ出ていない新商品のPR方法を考えるなど、普通に生活していては知ることのできない情報を先んじて目にできるのは、広告代理店で働く醍醐味とも言えるでしょう。

ただ、常にトレンドを意識して仕事をしなければなりませんので、幅広い情報収集が必要という大変さもあります。

年齢や性別、属性に応じたトレンドがどうなっているのかについて、インターネットやニュースなどから情報収集をし続けなくてはなりませんので、マメな情報収集ができないと活躍するのは厳しい業界かもしれません。

常に新しい仕事に向き合えるので飽きない

広告代理店では常に新しい案件と向き合って仕事をすることになりますので、仕事そのものに飽きにくいのがメリットです。

PRする商材やサービス、クライアントが置かれている状況、市場のトレンドなど、あらゆるものが毎回毎回異なるため、新鮮な気持ちで働き続けることが可能です。長期間働けば、その分携わる案件の数が増えていきますので、経験をどんどん積んでいくことができます。

先ほど解説した通り、広告代理店で活躍して年収を上げていくためには、様々な経験や実績を残していくことが大切ですので、結果的に稼げる人材への成長にも繋がるでしょう。

常に刺激のある職場で働きたい人や飽き性の人には、広告代理店で働くのがおすすめです。

年収アップ目的だけで広告代理店を志望するのは注意

年収アップが期待できる広告代理店への就職ですが、それだけを目的に就職活動をしてしまうのには注意が必要です。

ここでは、高年収を目指す人が、広告代理店への就職活動を始める前に知っておきたい知識について解説します。

自己PRがしっかりできないと選考に通過しない

広告代理店は多くの就職活動者にとって人気の業界となっており、採用倍率も高いのが特徴です。

多くの応募者の中で、企業から一目置かれる存在になるためには、特に自己PRをしっかり作り込むことが大切になってきます。

自己PRとは、自分の長所を具体的なエピソードを交えて伝えることで、面接官に自分のことを採用したいと思わせるアピールのことです。

面接で頻繁に聞かれる質問として知られており、自己PRの対策はどの企業でも必須です。

自己PRについては、以下の記事で詳しく解説していますので合わせてチェックしてみてください。

自己PRとは?受かる書き方や例文など一挙解説!

入社してからも継続的な努力は必須

広告代理店は平均年収の高い会社が多いですが、入社したら絶対に平均年収分の年収が稼げるということではありません。

入社した後に成果を残せないと昇給にも時間がかかりますので、継続的な努力が必要になってくるということを認識しておきましょう。

広告代理店に限らず、楽して稼げる仕事はありません。「広告業界なら絶対稼げる」「○○職になれば年収は1,000万円超える」といったネットの書き込みも見られますが、高年収を得たいなら相当の努力をする必要があります。

広告代理店は競争が激しい業界ですので、トレンドやニュースによる情報収集やプレゼン能力の向上、目標達成に向けた行動力など、様々なスキルを身に付けられるよう、しっかりと努力していく必要性があることをあらかじめ認識しておいてください。

仕事内容に興味が持てないと続かない

広告代理店の仕事はやりがいをもって働きやすいものの、広告業界そのものに興味を持てなかったり、スキルセット的に向いてない人が就職してしまうと、長続きしません。

スキルや実績を身につけられないまま早期離職をしてしまえば、たとえ最大手の広告代理店に入社できたとしても、高年収は期待できないでしょう。

広告代理店に就職したいのであれば、自分が広告代理店や広告業界に向いてる人材なのかを確認しておくことが大切です。

広告業界で長く働いて実績を積めれば、その経験を武器に高年収が期待できる広告代理店へ転職するといった選択肢も持てるようになります。

広告代理店で働くのに向いてる人の特徴については、以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてチェックしておくのがおすすめです。

広告代理店に向いてる人・向いてない人の特徴12選!学歴は関係ある?

確実に年収を上げたい!ホワイト企業の広告代理店を見つけるコツ


広告代理店に就職して、確実に年収を上げたいと考えている人も多いと思いますが、同時にブラック企業では働きたくないと思っている人も多いのではないでしょうか?
ここでは、ホワイトな広告代理店を見つけるコツについて解説します。

求人票で見極める

ホワイト企業を見つけるため、絶対に行っておくべきなのが求人票の読み込みです。

求人票で特に注意すべきポイントを表でまとめました。

項目注意すべきポイント
休暇週休二日制なのか、完全週休二日制なのかを確認。(毎週二日間の決まった休みを取りたいなら、完全週休二日制を選ぶ必要がある)
残業時間月平均の残業時間をチェックしておく。月平均40時間以上の残業時間だと、人によっては体力的に厳しくなってくる可能性がある。
年間休日日数土日祝日や会社独自の休暇制度があるかの目安になる。年間休日が110日以上であれば休みは多め。100日台以下であればブラックな働き方が要求される可能性もある。
各種手当の有無基本的な社会保険に加入しているか、住宅手当や通勤手当の支給制度があるかを確認する。

求人票には多くの情報が書かれていますので、よく見ないまま企業に応募してしまうという人が少なくありません。

ですが、求人票を見ないまま就職すると、入社前に希望していたような年収や働き方がクリアできず、早期退職に繋がる恐れもあります。

求人に応募する時は、必ず求人票を確認しておくようにしてください。

企業研究をしっかり行う

広告代理店の中にはブラック企業がいくつか存在しますので、企業研究をして避けていくことが重要です。

企業研究とは、求人票や求人広告、企業ホームページや口コミサイトなど、あらゆる手段を用いて応募先の企業を調べることを言います。

企業研究ができていないと、入社後に強いギャップを感じてしまい、仕事で実績を残しづらくなります。

企業研究の方法については、後ほどご紹介するジェイックの就職カレッジ®︎で教わることができますので、気になる人は登録してみてください。

就職エージェントを利用する

選考倍率の高い広告代理店の面接で突破したいなら、就職エージェントの利用がおすすめです。

就職エージェントに登録することで、キャリアカウンセリングや求人の紹介、履歴書の添削など、幅広い就職活動サポートが受けられるようになります。

選考通過率を上げることに直結しますので、特に「就職活動を一人で進めていくのに自信がない」という人は、就職エージェントの利用を検討しましょう。

年収アップを狙って広告代理店に就職するなら就職カレッジ®︎がおすすめ

年収アップを目指して広告代理店への就職活動を始めるなら、就職カレッジ®︎の利用がおすすめです。

ここでは、就職カレッジ®︎の4つの特徴をご紹介します。

20代の正社員就職支援に強い就職エージェント

就職カレッジ®︎は、20代の正社員就職支援に強い就職エージェントである弊社ジェイックの就職支援サービスです。

「フリーター、ニート、既卒、第二新卒」を専門にサポートしており、今までの就職支援実績は23,000名以上※となっています。

登録から利用まで全て無料ですので、就職活動を考えたタイミングからの登録がおすすめです。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料就職講座で就職率は8割超

就職カレッジ®︎に登録した後は、就職支援のプロが教える「無料就職講座」が受講できるようになります。

無料就職講座では、以下のようなカリキュラムを集中的に学ぶことが可能です。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の書き方
  • 面接の個別対策

就職活動に必要な知識をイチから教えますので、初めて就職活動をするという方でも安心して受講いただけます。

この講座の実施もあり、就職カレッジ®︎を利用した方の就職率は81.1%※という実績を誇っています。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

集団面接会で内定まで最短2週間

無料就職講座の受講後は、就職カレッジ®︎が独自で主催する「集団面接会」に参加できます。

集団面接会には、未経験者を積極的に採用したいと考えている企業しか参加しませんので、社会人経験の浅い方でも広告代理店に就職できる可能性があります。

また、集団面接会では書類選考をパスして、いきなり企業担当者と面接ができるのも特徴です。内定まで2週間しかかからないケースもありますので、就職活動に時間をかけたくないという方にもピッタリです。

徹底的なサポート体制で定着率は9割超

就職カレッジ®︎は、登録から内定獲得まではもちろん、就職後のサポート体制まで徹底しています。入社してから悩みを感じたら、いつでも専任のアドバイザーに相談が可能です。

このような徹底的なサポート体制もあり、就職カレッジ®︎で就職した方の定着率は91.5%※と非常に高い数値になっています。

安心できる職場に就職したいと考えている方は、就職カレッジ®︎の利用を検討してみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

広告代理店は、年収の高い企業がある反面、気をつけないとブラックな働き方をさせられる企業も存在します。

自分に合った働き方をしつつ、高年収が期待できる企業に就職したいという方には、就職カレッジ®︎の活用がおすすめです。

以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気になる方はチェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター