就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

営業がつらい・辞めたいと感じる瞬間ランキング|乗り越え方や転職のコツも解説

営業がつらい・辞めたいと感じる瞬間ランキング|乗り越え方や転職のコツも解説

営業がつらいと感じ、他の仕事を探そうとしている人も多いのではないでしょうか?この記事では、営業を辞めたいと感じる瞬間や、つらいと感じやすい業界をランキング形式で解説します。営業のつらい時期を乗り越えるための方法や、転職をする時のおすすめの仕事についても紹介していますので、営業職でいることに悩んでいる人はぜひ、参考にしてみてください。

営業がつらい・辞めたいと感じる瞬間ランキング

営業がつらい・辞めたいと感じる瞬間ランキング

営業がつらい・辞めたいと感じる瞬間について、本記事独自のランキングで解説します。

5位.取り扱っている商品やサービスに不満を感じた時

営業である以上、自社のものにしろ他社のものにしろ、何らかの商品やサービスを顧客に提案しています。

しかし自分自身がいいと思っていない商材を営業している場合、他人に良くないものを勧めているという自己嫌悪から、営業を辞めたいと思ってしまうことがあります。

例えば証券会社の営業マンであれば、手数料や運用実績から自社ではなく他社の金融商品を買った方が顧客は得をすると分かっていながらも、自分の業績のためその商品を良く見せて販売していれば、顧客を騙しているという感覚に陥ることもあるでしょう。

このように、営業は自分自身のノルマを達成するため、時に顧客に対し自分にとって納得のできない商材も営業しなければなりません。

ビジネスだからと割り切れる人であれば何も感じないかもしれませんが、相手に感情移入しやすい人にはつらい仕事になります。

4位.営業先に冷たく応対された時

営業は仲の良い顧客だけでなく、営業行為そのものに嫌悪感を持っているような顧客に対してもコミュニケーションをしなければならない時があります。

営業した顧客から冷たい応対をされたり、心ない言葉をかけられたりした時、心が折れて営業を辞めたいと感じるでしょう。

このように感じるのは、特に新規営業を担当している営業職の人に多いです。新規営業として、見ず知らずの人にテレアポをすればガチャ切りされ、飛び込み営業をすれば名刺すら受け取ってもらえないなど、強いストレスがかかることも珍しくありません。

3位.頑張っても中々成果が出ない時

営業は、頑張ったからといっていつも絶対に成果が出るという仕事ではありません。たまたまタイミング良く商談できればトントン拍子で契約まで結びつくこともありますし、その逆もあります。

ただ、受注率を高めるためのアクションを取り、契約確度を上げていくことはできます。

もし行動量ばかりを求められるような社風であった場合、自分の営業手法の間違いに気づくことができないまま、とにかく行動と失敗を繰り返すことになってしまい、結果的に「営業をこのまま続けても成長できないから辞めたい」と感じるでしょう。

2位.長時間労働や休日出勤を強いられる時

営業の1日のスケジュールとして、基本的に日中外回りや商談をすることになりますので、事務作業は会社に戻ってきてからしかできません。

会社規模が大きく、ある程度分業する体制が整っていれば、営業事務担当に事務作業をお願いすることもできますが、そうでなければ営業が事務作業をしなければならず、結果的に長時間労働に繋がり、プライベートの時間が減っていってしまいます。

また、営業進捗が悪いことを理由に、休日出勤して仕事を強いられる職場もあります。いずれも自分のプライベートの時間が削れてしまうことになりますので、ワークライフバランスを重視したい人にとっては、営業でいることがつらいと感じる瞬間です。

1位.ノルマや目標が達成できない時

営業をやっていて一番つらいと感じる瞬間は、やはりノルマや目標が達成できない時ではないでしょうか。

他のチームメンバーは目標達成していて自分だけが未達の状況を経験すれば、組織に対して申し訳ないと思ったり焦ったりと、メンタルを消耗します。

また、目標に対する進捗が悪いことを、上司から詰められることもあるでしょう。時には人格否定をされるなど、営業だからこそ感じるつらさから解放されたいと思い、営業以外の仕事に転職を考える人も多いのが現実です。

営業がつらい・きついと感じやすい業界ランキング

営業がきつく、つらいと感じやすいのには、属している業界も影響しています。ここでは本記事独自のランキングにて、つらいと感じやすい営業の業界を解説します。

5位.広告・メディア業界

広告やメディア業界は、華々しく働いている人全員がキラキラしているイメージを持たれやすいですが、それは仕事の一部しか見れていないからです。華々しい仕事の裏には、多くの人が知らないきつさが隠れています。

例えば広告代理店であれば、依頼主であるクライアントの要望を忠実に叶えるため、デザイナーや下請け会社との連絡、関係各所との打ち合わせや調整、イレギュラーが発生した時の俊敏な対応など、泥臭い営業を行う必要があります。

残業も多くなりやすく、クライアント都合で振り回されたりと、心身を疲弊させながら働く営業も少なくありません。

4位.人材派遣業界

人材派遣業界の営業も、きつい業界として知られています。大まかな仕事内容は、派遣社員を雇用したいと考えている企業に、自社に登録している派遣社員として働きたい人をマッチングさせるというものですが、そこには数々のイレギュラーが生じます。

もっともつらいのが「派遣スタッフといきなり連絡が取れなくなった」というものです。派遣の場合、契約は基本的に数か月ごとの更新ですが、なかには急に出勤しなくなり連絡が取れなくなる派遣スタッフもいます。もしそうなれば、責任は全て担当営業の自分に降りかります。

派遣先企業に謝罪しながら急いで代わりの派遣スタッフを探すリスクが突然起き得る、非常に神経を使う仕事です。

3位.生命保険業界

生命保険業界の営業は、契約数が全ですので、日々ノルマに追われて仕事をするというつらさがあります。

また、個人向けの営業であれば、とにかく商談数をこなすことが求められ、何とかして新規顧客と接点を持つために心身をすり減らさなければなりません。

営業難易度も高く、保険商品は全ての人が必要だと思っているわけではないため、まずは保険に興味を持ってもらうことから始めなくてはなりません。仮に興味を持っている人であっても、保険に加入することでどのようなメリットがあるのかを数字的な観点からしっかりとした説明が求められます。

体力だけでなく、一定以上の知識も必要な仕事のため、つらいと感じる人は多くなっています。

2位.ディーラー業界

乗用車を販売するディーラー業界の営業も昨今さらにきつさを増してきています。「若者の車離れ」という言葉もある通り、現在の日本では車の需要が減ってきていますので、そもそも商談できる回数に限界があります。

それにも関わらず、会社からは車の契約はもちろん、それに付随した損害保険や携帯回線の契約件数といった複数のノルマが課されます。

最初は車が好きで入社しても、最終的にノルマに振り回されて退職を検討する人も多いのが、ディーラー業界です。

1位.不動産業界

キツくてつらい営業の代表とも言えるのが、不動産業界です。

駅前で看板を背負いながらビラを配っている不動産営業の人を見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。特に個人向けのハウスメーカーの営業はつらいとされていて、数百人にビラを配ってようやく1件の商談に結びつけたり、休日に展示会を主催して営業をかけたりと、長時間労働や休日出勤が当たり前に存在する業界です。

そんなつらい営業をする不動産業界ですが、契約数に応じた歩合給(インセンティブ)が多い傾向にあるというメリットもあります。

不動産は一度の契約で動くお金が大きいので、年に数棟契約を取るだけで多額のボーナスがもらえるという企業も多く、求人広告には高い平均年収が魅力ポイントとして書かれているケースも見られます。

営業に向いていない人の特徴

営業がつらいと思ってしまう要因の一つに、そもそも営業に向いていないからというものが考えられます。

ここでは、営業に向いていない人の特徴を3点解説します。

コミュニケーションに自信が無い

営業は顧客とコミュニケーションをすることが主な仕事といっても過言ではありません。そのため、人との交流ややりとりが苦手・そもそも自信が無い人は、営業に向いていないと言えます。

営業として入社してから自分のコミュニケーション能力不足を感じているという場合は、就職活動時の自己分析が足りなかった可能性があります。

次の仕事を見つける時は、自分の強みや弱みをしっかりと理解した上で、自分に合う仕事に就く努力が必要です。

ストレスを溜め込みやすい

営業として働いていると、様々なストレスを感じることになります。

「顧客からクレームを受ける」「どれだけ営業しても成果に結びつかない」「膨大なノルマに追われて焦り続ける」など、これらのストレスを溜め込みやすい人は、営業をしていて精神が落ち込む頻度も高くなります。

精神が落ち込んだ状態にも関わらず、さらにストレスを受けることになれば、うつ病などの精神病に発展する恐れがあります。

適度にストレスを発散させられるようなメンタルコントロールのスキルも、営業には求められます。

考えなさすぎ・考えすぎ

行動ばかりで全く頭で考えないという人も、営業は向いていません。

とにかく行動することは得意であっても、失敗を次に活かすことができなければ、営業として成長することができず、結果的に仕事そのものが嫌いになってしまうでしょう。

反対に、考えすぎてしまう人も営業に向いていません。

営業は行動量を担保できなければ、その分契約を取れる可能性が減る仕事です。考えすぎてしまって行動が疎かになれば、成果が出せなかったり、顧客の要望に反応できなかったりと、営業として望ましくない結果に繋がるでしょう。

このことから、営業に向いている人は思考量と行動量のバランスがうまく保てていると言えます。

営業がつらいと感じた時の乗り越え方

ここからは、営業がつらいと感じた時の乗り越え方について解説します。

きついことを上司や同僚に相談してみる

営業がつらいと思ったら、まずはそのことを上司や同僚に相談してみましょう。

相談をすることで、営業行動を改善するための具体的なアドバイスがもらえたり、自分自身の気分が軽くなるといったメリットがあります。また、場合によっては部署異動の検討をしてもらえる可能性もあります。

営業以外の仕事に就くには、転職をしなければならないというわけではありません。

退職の手続きや人間関係のリセット、社風に合う合わないなど、転職にもリスクがあります。部署異動で営業以外の仕事に就ければ、今のつらい気持ちから開放され、仕事へのモチベーションも変わるでしょう。

自分の営業スタイルを見つめ直してみる

営業がつらいと感じてしまうのは、シンプルに仕事で実績を出せていないだけだからかもしれません。

成果が出るようになれば、営業という仕事も楽しいと思えるようになるかもしれませんので、現在の自分の営業スタイルを見つめ直してみるのも一つの手です。

自分の営業スタイルを見つめ直す具体的な方法は、以下のようなものが挙げられます。

  • 商談が終わったら、振り返る時間を作る
  • 振り返りで感じた課題点は次回以降の商談で再び起きないように対策する
  • 営業ロープレを徹底して行う
  • ハイパフォーマーの商談に同行して営業手法を盗む
  • ビジネス書を読む

業績が安定すれば、営業がつらくなくなるだけでなく、昇給・昇格などをしてキャリアアップにも繋がります。

自分の市場価値を高めることもできますので、明日の営業活動から試してみてはいかがでしょうか。

自分なりのストレス解消法を見つける

繰り返しになりますが、営業は他の仕事よりもストレスを感じやすい仕事です。

ストレスを溜め込みすぎないようにするためにも、自分なりのストレス解消法を見つけてガス抜きすることが大切です。

同僚と飲みに行く、休日は家族とコミュニケーションを取る、趣味に没頭する…。ストレス解消に繋がるものであれば何でもいいので、仕事を忘れられる時間を意識的に作ることがおすすめです。

オンとオフをしっかり切り替えられるようになれば、メリハリをつけて働けるようになるでしょう。

転職を検討する

ここまでのことをしてもつらさを乗り越えられなさそうであれば、現在勤めている会社の社風に原因があるかもしれませんので、転職を検討しましょう。

転職をすることで、全く違う社風の会社で働けるようになるだけでなく、キャリアチェンジをして営業以外の仕事で働けるかもしれません。

一方、しっかりと企業分析や職種理解をしておかないと、せっかく転職したのにまた「つらい」「辞めたい」と思いかねませんので、念入りな転職活動の準備・対策が大切になります。

つらいと感じにくい営業職の求人の特徴

基本的に転職は、同職種から同職種への転職がしやすくなっています。

もしつらい現状を打破するために転職を考えているのであれば、つらいと感じにくい次のような営業職の求人がおすすめです。

個人営業ではなく法人営業を担当する

営業職には個人営業と法人営業の2種類がありますが、法人営業の方が比較的つらくない傾向にあります。

個人営業は、営業する数が多いだけでなく、個人の生活に介入する形で営業をしなければならないため、その分クレームや思わぬトラブルを被りやすいといった特徴があります。

その反面、法人営業であれば、ビジネス上のやりとりという形で営業をかけられるので、個人営業よりも心ない言葉をかけられる可能性が少ないのです。

もちろん社風や業界によって異なりますが、法人営業のほうが精神的な負担は低くなりやすいでしょう。

ルート営業や反響営業が主な営業スタイル

営業スタイルによっても、営業のきつさは異なります。

営業スタイルを大きく分けると、以下のようなものがあります。

新規顧客へのアプローチが主体となる「飛び込み営業」や「テレアポ営業」は、やはりつらさを感じやすい営業スタイルとなります。

比較的営業をしやすい「ルート営業」や「反響営業」が主な営業スタイルの会社であれば、同じ営業でもつらいと感じにくいでしょう。

どんな営業スタイルを採用しているかは、それぞれの会社が立てている営業戦略に基づきます。

転職活動をする時は、求人票や求人広告、企業ホームページをしっかりとチェックし、どの営業スタイルの会社なのかを分析しておくようにしてください。

顧客満足度の高い商品サービスを取り扱っている

トップシェアや、顧客満足度の高い商材を取り扱う営業であれば、単純に契約が取りやすいだけでなく、クレームが発生しにくいため、つらいと感じにくいです。

特に「トップシェアの商材を持っているものの、法人向けにサービス展開をしているため世間の認知が低い」といった企業は狙い目です。

このような企業は、営業しやすい環境の可能性が高いことに加え、他の応募者が少なく求人倍率が低いといった特徴がありますので、転職活動をするなら積極的に応募をしていくとよいでしょう。

実績によってインセンティブが設けられている

たとえ営業の仕事がつらかったとしても、そのつらさに見合うだけの給料が支払われれば頑張れる人も多いのではないでしょうか。

もしそのような人であれば、自分の実績に応じて追加のインセンティブがもらえる仕事がおすすめです。

「どれくらいの契約を取ればいくらのインセンティブがつくのか」「インセンティブはどれくらいの社員がもらっているか」という点をしっかり確認した上で、稼ぐことだけを主軸に求人を探すのも考えようによってはアリです。

メーカー業界の営業職

メーカー業界の営業職は、実際の営業活動を販売代理店に委託しているケースがあります。

この場合、自分自身が顧客に営業を行うのではなく、販売代理店に営業してもらえるように事実上のサポートを行うという仕事になります。

そのため、同じ営業職でも全く違う仕事として取り組むことが可能です。

営業の種類をしっかり理解することで、自分に本当に合うような営業の仕事が見つかるかもしれません。

以下の記事で営業の種類について詳しく解説していますので、気になる人はチェックしてみてください。

営業職の種類とは?向き不向きを知って自分に合った就職を叶えよう

つらい営業職から転職!おすすめの職種

どうしても営業はやりたくないというのであれば、職種を変えた転職が必要です。

営業からキャリアチェンジをするのであれば、次のような職種がおすすめです。

事務職

事務職は、会社の事務作業を担う仕事であり、携わる領域によって経理、総務、労務、人事といった職種に分かれます。

営業に求められるようなノルマはなく、多くの場合、自分に与えられた仕事をしっかりこなせばよいといった特徴があります。また、ミスなく集中して仕事に向き合う必要がありますので、コミュニケーションの量も営業に比べれば少なくなります。

黙々とできる仕事に取り組みたいという人にもおすすめの職種です。

黙々とできる仕事15選!求人の特徴や男性女性問わず家で取り組める仕事も紹介

ITエンジニア

ITエンジニアは、プログラミングスキルを用いてシステムやアプリの開発を行う仕事です。

最近は営業からのキャリアチェンジ先として人気となっており、プログラミング未経験者であっても、独自の社内研修を経てITエンジニアとして活躍できるといった企業も増えてきています。

ITエンジニアとしてしっかり業務と向き合うことで、プログラミングスキルという技術が身につきます。

自身のキャリアアップに繋がるだけでなく、将来的には独立をしてフリーランスといった働き方も選べるため、非常に柔軟性のあるキャリアを歩めるでしょう。

マーケティング職

マーケティング職は、既存商材の売り上げの最大化を担う仕事ですが、実は営業の経験が活かせる仕事でもあります。

営業は商談中「顧客が懸念に思っていることは何か」「提案を受け入れて買ってもらうためにはどうすればいいか」ということを常に思っているはずです。

マーケティング職も「商材を買ってもらうためにはどのような施策を行えばいいか」ということを考え抜く必要がありますので、本質的には営業と同じことを考えていると言えます。

最近ではWebマーケティング職のニーズも増えてきていることもあり、考えることが好きだという人におすすめできる仕事です。

営業職から転職する時のコツ

ここからは、営業職から転職する時のコツについて解説します。

転職先に求める条件をはっきりさせる

転職活動をしていく上で、自分の希望に合う求人を効率良く探せるようにするためにも、転職先に求める条件をはっきりさせましょう。

合わせて、その条件に優先順位を付け、妥協できるポイントもはっきりさせておくことがポイントです。

条件が細かければ細かいほど、中々一致する求人が見つけられず、転職活動が長引いてしまいます。

希望条件に優先順位をつけることで、求人を探す視野が広くなり、思ってもいないような魅力的な求人が見つかる可能性もあります。

自己分析を行いどんな仕事に向いているかを把握する

営業がつらいと感じる状況を変えるために転職活動をするのですから、次の職場ではつらいと思わないような仕事に就くべきです。

そのために大切になってくるのが自己分析です。自己分析とは、自分の今までの経験を振り返ることで、強みや弱み、興味を持つポイントを明らかにし、自分に向いている仕事を見つける手がかりにする行為のことです。

やり方は様々ありますが、自己分析の方法を知りたいという方は、就職カレッジ®の無料就職講座がおすすめです。

詳しくは本記事の最後でご紹介しますが、以下のリンクからも詳細が確認できます。

在職中に転職活動を行う

転職活動をする場合、在職中に転職活動を行うのがおすすめです。

退職してから転職活動を始めると、貯金を切り崩しながら生活しなければならなくなるため、焦って自分の希望ではない会社に入社してしまう恐れがあります。

また、面接時にも「なぜ前職を退職してしまったのか?」「気に入らないことがあったらすぐに辞めてしまうのではないか?」といったネガティブイメージを持たれることもありますので、可能な限り在職中に転職活動を行うようにしてください。

第二新卒のサポートに特化!就職カレッジ®とは?

第二新卒の転職・就職サポートに特化した、弊社ジェイックの就職カレッジ®というサービスをご存知でしょうか?

ここからは、就職カレッジ®の4つの特徴についてご紹介します。

20代を専門に正社員就職支援を行う就職エージェント

ジェイックは、20代を専門に正社員就職支援を行う就職エージェントです。

特に「第二新卒、既卒、フリーター、ニート」を中心にサービス展開を行っていて、今までの就職支援実績は23,000名以上※を誇ります。

「今までのキャリアに自信がない」「営業経験で目立った実績がなくて転職できるか不安」という方でも、安心してご利用頂けます。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

「無料就職講座」で就職率は8割を超える

就職カレッジ®に登録した後は、就職活動のプロが教える「無料就職講座」が受講できます。

この講座では、就職活動に役立つ次のような内容を学べます。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の作成方法
  • 面接の個別対策

いずれの内容も内定獲得率を上げるために重要であると共に、つらいと感じにくい仕事探しに不可欠です。

この講座もあり、就職カレッジ®利用者の就職率は81.1%※と非常に高い実績を誇っています。

就職活動の対策を万全にして、絶対に正社員就職をしたいと考えている方におすすめです。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

未経験でも別職種に挑戦できる「集団面接会」

無料就職講座の受講後は、独自に主催する集団面接会に参加可能です。

この集団面接会には、未経験者を積極採用したいと考える企業しか参加しませんので、営業以外の仕事に就きたいという方にぴったりの機会となっています。

また、この集団面接会では書類選考をパスして、いきなり企業担当者と面接できます。内定まで2週間しかかからなかったケースもあり、現職の合間を縫って転職活動をしたい方にも嬉しいポイントではないでしょうか。

定着率9割超のサポート体制で自分らしく働ける仕事が探せる

ジェイックの就職カレッジ®では、登録から内定獲得まではもちろん、就職後のサポートも徹底しています。

「入社してみたら思ったよりつらい…」「人間関係や社風が合わなくてつらい…」など、入社後に悩みを感じたとしても、いつでも無料で専任のアドバイザーに相談できます。

こうしたサポート体制もあり、就職カレッジを利用して就職した方の定着率は91.5%※と、ほとんどの方が自分らしく働ける職場を見つけられています。

自分にとってつらくない職場を見つけたいという方は、ぜひ就職カレッジ®をご利用ください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

営業がつらいと思ってしまう理由や業界について解説しました。まずは同僚や上司に相談してみるのがおすすめですが、どうやっても現状が変わらなそうであれば転職も考えましょう。第二新卒や既卒、フリーターの就職・転職におすすめなのが、ジェイックの就職カレッジ®です。

以下のリンクから30秒程度で無料登録できますので、気になる方はチェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン