就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

適職がわからない人におすすめの仕事探し方法!性格別におすすめの仕事も紹介

適職がわからない人におすすめの仕事探し方法!性格別におすすめの仕事も紹介
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

自分の適職が一体どんな仕事なのか分からず、就職活動が思うように進められていないという人も多いのではないでしょうか?この記事では、適職に就くメリットやおすすめの方法について解説しつつ、性格別におすすめの仕事もご紹介します。「正社員として就職したいものの、どんな仕事に就きたいかを決められていない」という人は、参考にしてみてください。

適職とは

適職とは

適職とは、自分に向いてる仕事のことを意味します。この「向いてる仕事」を分解すると、以下の2種類に分かれますので、この両方かどちらかを満たしている仕事が適職ということになります。

スキルや経験を発揮できる仕事

人は生きていれば、様々な経験をしてきていますので、仕事で発揮できるスキルや経験を蓄積しています。そうした自分が持っているスキルを存分に発揮できる仕事というのが、適職の要件の一つになります。

このスキルというのは、特別な技術力だけを指しているのではなく、コミュニケーション能力や行動力といった、性格スタンス的なものも含みます。そのため、社会人としてのキャリアを歩んでいなかったとしても、何らかのスキルや経験はどんな人でも絶対に持っていると言えます。

働いていてストレスが少ない仕事

どんな仕事でも完璧にこなせるという人はほとんどいません。人には向き不向きがありますので、もし自分に向いていない仕事に就いてしまえば、毎日強いストレスを感じながら仕事をしなければならなくなります。

一方、自分の性格に向いてる仕事であれば、働いていてストレスを感じることが少ないと考えられます。つまり、働いていてストレスが少ない仕事が、自分の適職ということになります。

適職がわからないと感じてしまう理由

誰しも適職に就いて働きたいと考えると思いますが、実際には自分に向いてる仕事が分からずに悩んでしまうことも珍しくありません。

ここでは、適職がわからないと感じてしまう理由について解説します。

情報不足|どんな仕事があるのかわからないから

就職活動を始めたての人に多い理由が「情報不足」です。就職活動では、企業の見つけ方や業種職種の理解、応募書類の書き方から面接対策など、幅広い情報収集が求められます。

特に、職種は非常に多くの種類があることから、「そもそもどんな仕事があるのか分からない」といった事態に陥りやすくなっています。職種とは、どのような仕事内容に取り組むのかを表したジャンルのようなもので、分かりやすいもので言うと、営業職や事務職などが挙げられます。

職種の種類と、それぞれどのような仕事をするのかが分からなければ、適職を探すことはできません。もちろん、職種以外にも、企業の属する業界の知識も適職探しには不可欠です。情報不足であり続ける以上、適職を探すことはできないと言っていいでしょう。

情報過多|調べすぎてどれが正しいのかわからないから

就職活動をある程度進めていると起こりやすいのが「情報過多」です。職種や業界の理解に真剣に向き合おうとすると、多くの情報を頭に入れることになります。

その情報が上手く整理できなくなってしまうと、無造作に選択肢が増えることになりますので、結果的に適職が分からなくなるという事態に陥ります。就職活動に関する情報は、今やネット経由でいくらでも調べることができますが、調べた情報を整理して活用するためには、一工夫が必要になります。

「調べた職種を、特徴別に分類してみる」「自分に向いてそうなランキングを作ってみる」など、時間をかけてでも情報を整理するように心がけてみてください。

自己理解の不足|自分がどんな仕事に向いているのはわからないから

自己理解が不足している場合も、適職が分からなくなってしまうことがあります。「自分のスキルとして、そもそもどんなものがあるのか」「どんな時にやりがいを感じるか」など、自分自身の基本的な性格や志向を理解できていなければ、仕事との組み合わせもできませんので、適職は見つけられないでしょう。

自己理解をしっかり行うためには、正しい方法で自己分析を行うことが大切です。

自己分析についてはこの記事でも後ほど触れますが、すぐに就職活動サポートのプロに教わりたいという人は、以下のリンクをチェックしてみてください。

適職に就くメリット

適職に就くことで、自分に向いてる仕事をして毎日が過ごせるようになるといったメリットが受けられますが、他にも以下のようなメリットが考えられます。

メリット1.スキルを発揮して年収アップが狙える

適職に就くことで、自分の持っているスキルを発揮して仕事に臨めるようになります。そのため、仕事での成果が出しやすくなり、結果として昇格昇給といった年収アップが狙えるといったメリットに繋がります。

また、営業職のようにスキルよりも性格やスタンスの方が重視される職種であっても同じことが言えます。例えば、営業職であれば「行動力のある人」や「コミュニケーション能力の高い人」、サービス職であれば「気配りできる人」や「どんな人にも笑顔で接することができる」など、性格が仕事に一致しているかどうかも、年収アップに関係してくることを認識しておきましょう。

メリット2.市場価値が上がり転職でも有利になる

市場価値を上げて将来的なキャリアアップがしやすくなるというのも、適職に就くメリットと言えます。先ほどのメリットで挙げた通り、適職に就くことでスキルを発揮して活躍しやすくなる機会が増えると考えられます。仕事での実務経験が増えれば増えるほど、他の会社でも通用するようなスキルが身についていきますので、自分自身の市場価値を上げることに繋がります。

いくら適職に就けたとしても、会社の業績やキャリアビジョンの見直しによっては、転職を考えることもなくはありません。いざ転職活動をしたいと思った時、適職に就けていれば市場価値が上がっているため、転職がしやすくなるといった期待が持てます。

メリット3.人生が豊かになる

適職に就くことは、最終的に人生の豊かさに繋がります。正社員として働くことになれば、定年までの時間の大半を仕事に捧げることになります。そのため、毎日仕事でやりがいを感じたり、楽しいと思ったりできれば、人生の大半をポジティブな感情で過ごせると言えます。

また、適職でスキルを発揮していければ年収が上がる可能性が高まりますので、余裕のある生活ができるようになったり、娯楽にかけられるお金が増えたりと、人生が豊かになるといっても過言ではありません。

このように、適職に就くことで多くのメリットに繋がります。どんな人でも真剣に就職活動と向き合えば、適職に就くことは可能だということは理解してきましょう。

適職に就けなかった時の末路

もし適職に就けなかった場合は、以下のような末路を迎える可能性があります。できれば避けておきたいものばかりとなっていますので、少しでも自分に向いてる仕事に就けるようにするためにも、就職活動と真剣に向き合っていきましょう。

末路1.常にストレスを感じながら働かなくてはならない

適職以外で働くことになると、仕事ひとつひとつに大きなストレスを感じなければならなくなります。また、仕事での価値発揮も疎かになってしまうことから、職場の同僚や上司からの目も厳しくなり、環境的なストレスを感じることもあるでしょう。

加えて、ストレスがさらに仕事のミスやモチベーションダウンに繋がり、またストレスを感じるといった悪循環が巡り続けることも考えられます。いずれにせよ、ストレスを感じながら働くことはどんな人にもおすすめできません。

末路2.自己肯定感が下がる

適職なら自分の力を発揮しやすいということは、逆を言えば、適職で働けなければ力が発揮できないということになります。実際、他人とコミュニケーションを取るのが苦手という人が、高い対人スキルを求められる営業職に就職してしまい、短期離職に繋がってしまったというケースは少なくありません。

働いていても、自分の力が思ったように発揮できず、ただ指示されたことだけをやらされていれば、「自分は指示を受けてでしか働けない人間だ」「何をやっても失敗してしまう」など、ネガティブな精神状態が続いてしまいます。

そうなれば、自己肯定感が下がり、働いていて楽しいと思えなくなるだけでなく、プライベートでも家族に八つ当たりしたりなど、人生が暗いものになってしまうかもしれません。

末路3.働くことそのものが嫌になってしまう

適職以外で働くと、常に仕事でストレスを感じることになりますので、「仕事=つらく大変なもの」という認識が頭にインプットされやすくなります。そのため、働くことそのものが嫌になってしまい、社会復帰ができなくなるといった末路も考えられます。

社会で生きていくために必要なお金を稼ぐには、当然働くことが重要となってきます。正社員としてではなく、フリーターとしてお金を稼ぐこともできますが、雇用の不安定さや昇給の見込めなさといった観点から、「ずっとフリーター生活」というのは現実的には厳しくなっていくことが予想されます。

生活で不便だと感じる場面を少なくするとともに、いかなるときも安定的に生活費を維持し続けたいのであれば、正社員として働き続けることは必須条件になります。この必須条件を満たすためにも、適職に就くことが非常に大切になってくるのです。

適職を探すのにおすすめの方法

適職を探すためには、次のような方法に取り組むのがおすすめです。

就職エージェントを活用する

適職探しをしたいなら、就職エージェントの活用は必須と言ってもいいでしょう。

就職エージェントに登録することで、自分専任のエージェントが付き、以下のようなサポートを行ってもらえます。

  • キャリアカウンセリング
  • 自己分析のサポート
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 自分に合った求人の紹介
  • 企業との面接日時の調整代行
  • 年収交渉の代行

この中でも特に適職探しに役立つのが、キャリアカウンセリングと自己分析のサポートです。自分の中で言語化できていないような就職活動に対する考えを、就職エージェントとの会話を通じて紐解いていけますので、どんな仕事が適職かを認識できるようになります。

また、キャリアカウンセリング後には、適職の求人を紹介してもらえますので、そのまま選考に進むことも可能です。就職エージェントによって紹介できる求人が異なりますので、少しでも適職に応募できる機会を増やしたいのであれば、複数のサービスを並行して利用することがおすすめです。

ハローワークの適職相談を活用する

ハローワークで行っている適職相談のサービスを受けるのもおすすめです。ハローワークとは、国が運営している公共職業安定所の愛称であり、全国の地方自治体に設置されています。

最寄りのハローワークに行き、窓口で求職申込みを行うことで、適職相談が可能です。自分の番になったら、ハローワークの職員に自分の適職について相談することができます。また、適職だけでなく、就職活動全般に関する質問や、応募書類の書き方なども教わることができますので、一通りの知識も知れるでしょう。

ただし、就職エージェントとは異なり、自分専任の担当がついてくれて、就職活動全般をサポートしてもらえるということはありません。

そのため、一回の相談で適職を見つけられないと、もう一度別の担当者に初めから相談しなければならないというデメリットがあります。

ちなみに、ハローワークでは適職相談の他にも、心理テストのように仕事探しが行える「適職診断」が利用できます。以下の記事で詳しく解説していますので、気軽に適職を探したいという人はチェックしてみてください。

ハローワークで受けられる適職診断を4つ紹介【受ける際の注意点も】

家族や友人に相談する

自分一人ではどうしても適職が分からないという場合は、家族や友人など身の回りの人に相談してみるのもおすすめです。自分のことをよく知っている人に相談すれば、より自分に向いてる仕事のアドバイスが受けやすくなるでしょう。

「見知っている人に真面目な相談をするのは恥ずかしい」と思うかもしれませんが、就職活動に失敗することに比べれば大きな問題ではありません。「就職活動の相談に乗って欲しい」と本心から伝えれば、きっと親身になって相談に乗ってくれるはずです。

性格別におすすめの仕事|適職探しに役立てよう

性格によって、ある程度適職の方向性が決まってきます。

ここでは、性格別におすすめの仕事についてご紹介しますので、適職探しに役立ててみてください。

飽き性な性格

「一つのことに集中し続けるのが苦手」「常に新しいことに挑戦し続けたい」という飽き性な性格の人には、次の仕事がおすすめです。

営業職

向いてる人・色々な人と会話するのが好きな人
・行動力が発揮できる人
向いていない人・常に同じことをしたい人
・できるだけ人と関わりたくない人
平均年収435万円

営業職は、法人や個人に対して商材を提案し、契約を取ってくる仕事です。営業活動では、日々新たな営業先の開拓を行ったり、担当する顧客とのコミュニケーションが発生しますので、飽きることなく仕事に向き合えるはずです。

企画職

向いてる人・新しいことを考えるのが好きな人
・データを活用して物事と向き合うのが好きな人
向いていない人・「何かを作る」ことに自信がない人
・現状から課題を見つけるのが苦手な人
平均年収529万円

企画職は、会社の課題を見つけて解決策を企画し、実行・検証を行う仕事です。
会社の課題は様々な場所にあり、課題を解決するアプローチは文字通り無限にありますので、頭をフル回転させられる人であれば、常に新鮮な気持ちで仕事に取り組めるでしょう。

飽き性に向いてる仕事を紹介!飽きっぽい人によくある強みも解説!

オタクな性格

「一つの物事に熱中しやすい」「追求することや、誰よりもその分野で詳しくなることに快感を覚える」というオタクな性格の人には、次のような仕事がおすすめです。

ITエンジニア

向いてる人・論理的思考力がある人
・手に職をつけて活躍したい人
向いていない人・勉強嫌いな人
・仕事を突き詰めることはしたくない人
平均年収438万円

ITエンジニアは、プログラミングスキルを活用し、システムやアプリの開発や運用を行う仕事です。特に高いプログラミングスキルを習得することができれば、独立して稼ぐことも可能ですので、オタクな性格に向いている仕事と言えます。
論理的な思考力があれば適正があると考えられますので、理系に限らず文系からでも目指せる仕事となっています。

コンサルタント

向いてる人・業界やクライアント企業の知識をとことん勉強できる人
・仮説検証オタクな人
向いていない人・論理的に物事を考えるのが苦手な人
・「狭く深く」よりも「広く浅く」の方が好きな人
平均年収575万円

コンサルタントは、クライアントの課題やニーズに対して調査・分析を行い、適切な解決手段を導く仕事です。仮説と検証を繰り返し行っていくこともあり、実験をして反応を見ることが好きな人に向いています。

業界やクライアントの事業に関する専門的な知識が求められますが、平均年収が高く、市場価値を挙げられる仕事の一つです。

オタクに向いている仕事や強みと弱みを解説【仕事を楽しむ方法とは】

大雑把な性格

「どちらかというと広く浅く対応するのが得意」「気負いすぎずに物事に向き合える」といった大雑把な性格の人には、次のような仕事がおすすめです。

事務職

向いてる人・決まったことを捌く仕事がしたい人
・仕事はお金を稼ぐための手段だと割り切っている人
向いていない人・基本的なPCスキルがない人
・ルールを覚えるのが苦手な人
平均年収334万円

事務職は、会社の事務作業を担う仕事であり、どの事務処理をするかによって経理・総務・労務・人事といったポジションに分かれます。事務作業なので、もちろん企業それぞれで決められているルールに則って仕事をしなければなりませんが、捌かなければならない事務量が多く、精神的なストレスを感じかねません。

大雑把な性格であれば、多い事務量でも心身ともに健康でいられるため、結果的に仕事が長続きしやすくなるでしょう。

警備・清掃職

向いてる人・完璧にこなすことを意識しすぎない人
・仕事で人と話したくない人
向いていない人・黙々と仕事をするのが苦手な人
・変化のある仕事をしたい人
平均年収311万円

警備職は、担当する場所で事件や事故が起きないように監視を行う仕事であり、清掃職は持ち場の清潔を保つ仕事です。

どちらも毎日同じ仕事を、一人で黙々と行わなければなりませんので、ある程度大雑把な方が精神的なストレスを感じにくく働けるでしょう。

大雑把な人に向いてる仕事を紹介!-性格や特徴を知り自分に合った仕事を選ぶ方法-

効率的に適職を探すコツ

ここからは、効率的に適職を探すコツについて解説します。

自己分析をして自分を理解する

適職を探すには、自分自身を理解することが大切です。そのためにも、自己分析に取り組むことから就職活動を始めてみましょう。

自己分析とは、今までの自分の経験を棚卸しし、強みと弱みを理解することで、自分が発揮できるスキルはなんなのかであったり、どんな仕事が適職なのかを理解できる分析です。

自己分析の方法は様々ありますが、代表的なものについては以下の記事で解説していますので、気になる人はご覧ください。

自己分析のおすすめのやり方は?転職成功や社会人を目指す人に向けて解説

「何をしたくないか」から考えていく

数ある仕事の中から、自分に向いてる仕事をいきなり見つけるのは難しいものです。自己分析をしても適職に当たりがつけられない場合は、何をしたくないかから考えていくような、消去法的な見つけ方を行ってみましょう。

仕事の選択肢を絞ることができれば、適職探しもスムーズに進められるはずです。

客観的な視点を取り入れる

主観的な視点だけで仕事探しをしていることが、適職探しに苦戦してしまっている要因かもしれません。また、主観だけだと適職を見誤ってしまう可能性もありますので、第三者の客観的な視点を取り入れることがおすすめです。

そのために利用したいのが、就職エージェントです。就職エージェントではキャリアカウンセリングを始めとして、適職探しに役立つサポートをしてもらえます。

仕事探しに悩んでいる人こそ、就職エージェントの活用がカギとなってきます。

適職を探す時の注意点

ここからは、適職を探す時の注意点について解説します。

「天職」ではなく適職を探す

適職と天職は異なるものという認識を持っておきましょう。仕事内容働き方待遇など、全てが完璧に自分の意思と合致しているような天職を見つけようとすると、最悪の場合どこにも就職できないかもしれません。

「天職ではないものの、自分に向いてると考えられる適職を探す」という意識を持って、就職活動に臨むようにしてください。

適職診断の結果はあくまで参考程度にする

「自分に向いてる仕事が分かる」として、適職診断を受けることができますが、診断結果はあくまでも参考程度に留めるようにしましょう。本当に向いてる仕事は、数十問の質問だけでは特定することはできません。適職診断結果だけを信じて就職活動を進めてしまうと、本当の適職を見つけられないまま就職する可能性があります。

適職探しを本気でしたいなら、自分の理解のため自己分析に時間をかけるべきです。就職エージェントやハローワークの適職相談を活用し、自己分析に励むことがおすすめです。

働かないと適職かどうかの判断はつけられない

就職活動をするに当たって、自分に向いている仕事かどうかを地道に検証していくことになりますが、理解しておきたいのは「実際に働いてみないと、適職かどうかの判断はつけられない」ということです。

どれだけ企業理解や自己分析を行ったとしても、入社することで感じるギャップや、向き不向きが生じてしまうものです。このギャップをできる限り無くすために、綿密な就職準備をしているのです。

つまり、適職を探すのに最も大切なことは、就職活動の一歩を踏み出すことだと言えるかもしれません。

適職を見つけて内定獲得するなら就職カレッジ®︎がおすすめ!

適職を見つけるために行動したい方におすすめなのが、就職カレッジ®︎です。

ここでは、就職カレッジ®︎の特徴を4つに分けてご紹介します。

20代の正社員就職支援に強い利用無料の就職エージェント

就職カレッジ®︎は、20代の正社員就職支援に強い就職エージェントである弊社ジェイックの就職支援サービスです。特に「フリーター、ニート、既卒、第二新卒」を専門にサポートしており、今までの就職支援実績は23,000名以上※に上ります。

登録から内定獲得まで全て無料で利用できますので、適職探しを考えたらまずは登録してみるのがおすすめです。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料就職講座で自己分析などが学べる

就職カレッジ®︎に登録した後は、就職活動支援のプロが教える「無料就職講座」が受講できます。

この講座では、以下のようなカリキュラムを集中的に学ぶことが可能です。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の書き方
  • 面接の個別対策

就職活動や適職探しを始める上で知っておきたいノウハウをまとめて学べますので、また就職活動に取り組んだことがない人でも安心して受講できます。

無料就職講座の実施もあり、就職カレッジ®︎を利用した方の就職率は81.1%※と高い実績を誇っています。確実に就職したいと思っている人は、ぜひ利用を検討してみてください。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

集団面接会で適職探しが効率的にできる

無料就職講座の受講後は、就職カレッジ®︎が独自で主催する「集団面接会」に参加可能になります。集団面接会には、未経験者を積極的に採用したいと思っている企業しか参加しませんので、社会人経験が浅い人でも内定を獲得できるチャンスがあります。

また、一回の集団面接会で十数社の企業担当者と直接面接が可能です。企業の特徴や雰囲気を比較しやすい環境ですので、効率的に適職探しができるのもポイントです。

定着率9割超のサポート体制で適職に就ける

就職カレッジ®︎は、登録から内定獲得まではもちろん、就職後のサポートも徹底しています。

「入社してみたら自分に向いてない仕事だった…」「職場の人間関係が自分に合わない…」など、就職してから悩みを感じたら、いつでも無料で専任のアドバイザーに相談できます。このような徹底的なサポート体制もあり、就職カレッジ®︎で就職した方の定着率は91.5%※と高くなっています。

末長く働ける適職に就職したいなら、まずは就職カレッジ®︎に登録してみてはいかがでしょうか?

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

適職探しのためには、自己分析や企業研究が欠かせません。ハローワークや就職エージェントなど、適職相談ができるサービスを活用し、就職活動を進めていくことがおすすめです。高い就職率と定着率を誇る就職エージェントである就職カレッジ®︎には、以下のリンクから30秒程度で登録できます。

適職探しの一歩を踏み出したい方は、ぜひリンクから登録してみてください。

【共通】CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等