相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

飽き性に向いてる仕事を紹介!飽きっぽい人によくある強みも解説!

飽き性に向いてる仕事を紹介!飽きっぽい人によくある強みも解説!
仕事選びFV

飽き性な自分に向いてる仕事なんてあるのだろうか、と思う人もいるかもしれません。
仕事に飽きてしまうとやる気が持てなくなり、仕事が続かなるのではと恐れる人もいるでしょう。

ただ、実際には飽き性である特性を活かした向いてる仕事があることを知れば、特性を生かした仕事に就くことができます。

この記事では飽き性の人に向いてる仕事や、飽きっぽい人の強みや弱みについて解説しています。飽きっぽくてなかなか仕事を続けることができなくて悩んでいる方は、この記事を参考にして、今後の就職活動に役立ててください。

記事のPoint
  • 飽き性に向いてる仕事は「営業職」「企画」「クリエイター」など
  • 飽き性の「3つの強み」と「3つの弱み」を知って、あなたに適した仕事を選ぼう
  • 飽き性がやった方が良い行動は「自己分析」「企業研究」「将来性ある仕事を選ぶ」

そもそも飽き性とは

飽き性とは、新しい刺激や変化を好む性格のことを指します。
このタイプの人は、長期間同じことに注力するのが難しく、常に新しい活動や環境を求める傾向にあります。

飽き性の人は、ルーティンや単調な作業に対して早く飽きを感じることが多いですが、一方で新しいアイデアや刺激に対する好奇心は非常に高く、創造性や柔軟性を活かした分野で大きな強みを発揮することができます。
そのため、常に変化を求め、新しい環境やチャレンジに対して積極的に取り組むことができるのです。

この性格は、特に新しいプロジェクトや異なるタスクに取り組むことで、モチベーションを維持しやすく、飽きることなく仕事を続けることができます。

飽き性の3つの強み

飽き性の人は、大きく以下3つの強みがあります。

  • 変化に対応できる
  • 最新の知識を得て、スキルアップしている
  • 物事に集中して取り組める

これらの強みは、先ほど紹介した3つの仕事(営業・企画・クリエイター)にも活かせる点が多いです。

強み1. 常に変化をおこす

飽き性の人は、どんどん新しいことに挑戦して、豊富な経験を持っています。「飽き性=同じ状態でいるのが好きではない」といえるので、柔軟に変化できる点が強みです。

特に企画やクリエイターにおいて、求められるものや流行は常に変わっているので、変化についていけることが重要です。やはり、飽き性の人には向いている仕事といえるでしょう。

強み2. 最新の知識の取得やスキルアップをする

飽き性な人は「最新のもの」が好きで、新しい知識やスキルを早く身につけられる傾向があります。あなたはこれまで、以下のような経験はありませんか?

  • 好奇心旺盛で、いろんなことに挑戦したくなる
  • 趣味が多い
  • やりたいことが多くて時間がない
  • 転職回数が多い
  • よく引っ越す

上記に当てはまる人は、飽き性である可能性が高いですが、同時に「多くの新しいことに挑戦している人」ともいえます。人の脳には元々「恒常性」という、変化を避ける性質が備わっていますが、飽き性の人は、新しいことに挑戦するストレスが少ないのです。先ほど紹介した営業・企画・クリエイターのどれもが、常に最新の情報収集が求められるので、向いていると考えられます。

強み3. 集中して取り組むことができる

飽き性の人はワーキングメモリ能力が高く、集中力のある人が多いです。ワーキングメモリとは「短期記憶を保管する能力」で、集中力はワーキングメモリの量と比例関係にあります。特に営業職では、顧客の話をヒアリングすることが必要なので、集中力が活かせるでしょう。また、集中力のある人は、物事の上達スピードも早いといわれています。

このように、飽き性の人は大きな強みがあるといえるでしょう。

飽き性の3つの弱み

反対に、飽き性の人は、以下3つの弱みを持っています。

  • 同じことを続けられない
  • 変化が少ない
  • 忍耐力がない

それぞれ、詳しく解説していきます。

弱み1. 同じことを続けることができない

同じことを続けられないのは、最もイメージしやすい飽き性の短所でしょう。この短所がマイナスに働くと、物事を継続できずに「中途半端なスキルが複数ある」という状態に陥りがちです。

仕事でいうと、以下のような同じような作業が続く仕事は、飽き性の人には向いていないかもしれません。

  • 工場の作業員
  • 経理

弱み2. 変化が少ない

意外にも「変化が少ない」飽き性の人もいます。実際「仕事が長続きしない」という人が転職を繰り返し、これといったスキルが身につかないまま歳を重ねる人は多いです。長期的にみると、飽き性の人より1つのことをコツコツ続けていた人の方が、成長していたケースはよくあります。

そのため、まずは飽きが来ないと思える、自分が続けられそうな仕事を見つけましょう。特にルーティン化しやすい、以下の仕事は避けたほうが無難と考えられます。

  • 事務職
  • 運送ドライバー
  • 警備員

弱み3. 忍耐力がない

飽き性な人は、忍耐力がないことも多いです。これがマイナスに働くと、物事を途中で投げ出す「責任感のない人」と思われてしまいます。そのため、研究職のような、長期で成果を出すような仕事は向いていないことが多いでしょう。

また、「自分はなんて忍耐力がない人間なんだ…」と自覚することで、落ち込んでしまう人もいます。では次に、飽き性の弱みを強みに変えていく方法を解説していきます。

飽き性に向いてる仕事11選

飽き性に向いてる仕事3選

飽き性な人に向いているおすすめな仕事11選をご紹介します。

  • ①営業職
  • ②企画
  • ③クリエイター
  • ④戦略コンサルタント
  • ⑤ITエンジニア全般
  • ⑥webライター
  • ⑦上流機械エンジニア
  • ⑧研究開発職
  • ⑨建築設計士
  • ⑩トラック運転手
  • ⑪ウエディングプランナー

なぜ向いているのかについて、詳細を以下で解説していきます。

営業職 【飽き性に向いてる仕事1/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・多くの顧客と出会いコミュニケーションできる
・出張、訪問と外に出向く機会が多い
平均年収439万円

営業職は、法人や個人のお客様に対して自社の製品・サービスを提案し、契約してもらう仕事です。仕事では常にお客様とのコミュニケーションをするため、単純に飽きにくいのが特徴です。

また、仕事上出張や訪問など外に出歩く機会も多く、毎日違うお店でランチをすることに生きがいを感じているような営業職の人もいます。

それだけでなく、自身で新たな取引先を開拓することもできるため、会話をすることが苦手でない人であれば、毎日新鮮な気持ちで仕事に向き合えるはずです。

営業職は求人数も多く、未経験から挑戦できる求人も目立ちます。加えて今までの経歴や学歴も不問という募集が多いので、飽きにくい仕事でしっかり稼いでいきたいという人に特におすすめです。

企画職【飽き性に向いてる仕事2/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・数ある選択肢から施策を検討できる
・社内異動がしやすく様々な企画業務ができる
平均年収527万円

企画職は、会社の課題を見つけてそれを解決する企画を検討〜実行することにより、事業を成長させる仕事です。

細かく分けると、営業企画や商品企画、プロモーション企画など幅広い職種に分かれます。

基本的に企画職はどのような職種であっても、求められる素養やスキルは共通していますので、会社によっては企画職内で横スライドのように異動する仕組みが設けられています。

飽きっぽい人であっても、異動を繰り返せば新たな施策検討と向き合うことができるため、仕事に飽きを感じにくいでしょう。

クリエイター【飽き性に向いてる仕事3/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・多様なテーマや要件に対応する
・新しい技術を学ぶ機会が多い
平均年収479万円

クリエイターは、顧客の要望に応じた具体的な制作物を提供する専門職で、デザイン、イラスト、プログラミング、映像制作、ゲーム開発、VRなど幅広い分野にわたります。

プロジェクトごとに異なるテーマや要件に取り組むことが多く、これにより常に新鮮な刺激を受け、モチベーションを維持しやすいのが特徴です。

また、クリエイティブな分野は常に進化し、新しい技術が伴うことで、飽き性の人々にとっては刺激的であり続けることができます。

さらに、クリエイターは独立して働く機会が多く、自分のスキルやアイデアを活かしてキャリアを築くことができます。

戦略コンサルタント【飽き性に向いてる仕事4/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・頭をフル回転して働ける
・プロジェクトの達成感がある
平均年収675万円

戦略コンサルタントは、いわゆる「コンサル」の花形的な仕事です。事業や経営に対して課題を感じている法人をクライアントとして担当に付き、あらゆる側面から本質的な課題を特定し、その課題の解決施策まで提言するのが業務となります。

求められるスキルは仮説思考やデータ分析、施策構想力など多岐に渡って高いものが求められますが、その反面課題を解決した時のインパクトが大きく、達成感も感じられるので飽きることはないでしょう。

平均年収が高いのも特徴で、会社によっては年収1,000万円以上を稼げるケースも少なくありません。考えることが好きな人におすすめできる仕事です。

ITエンジニア全般【飽き性に向いてる仕事5/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・成長実感を強く感じられる
・技術そのものが日々進化している
平均年収442万円

ITエンジニアは、プログラミング言語を用いてシステムの開発や運用保守を行う仕事です。システムの設計や要件定義を担うシステムエンジニアを始め、要件書に沿ってプログラミングを行うプログラマなど、様々なエンジニアの職種があります。

様々なものがIT化している現代において、ITエンジニアの需要は非常に高まっています。未経験からでも就職できる求人は多くありますので、スキルを身につけたい人にはぴったりです。

プログラミングやシステム開発の手法も日々進化を遂げているため、同じように働き続けるようなことはありません。

加えてリモートワークも活発に行われている仕事なので、スキルを身につけつつ様々な場所で働くというのも飽きっぽい人には嬉しいポイントでしょう。

webライター【飽き性に向いてる仕事6/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・取材で色々な場所にいける
・毎回違う記事の執筆ができる
平均年収358万円

webライターは、web上に掲載される記事の企画構成や執筆を行う仕事です。ネット記事は様々な種類がありますが、正社員として働く場合は取材ありきで記事執筆を行うケースが多いです。

そのため、取材の度に色々な場所へ行けますし、今まで会ったことのないような人と会話ができるといった新鮮さが特徴です。

加えて、パソコン一台さえあればどこででも働けますので、リモートワークやワーケーションがしやすいという点もあります。

文字さえ適切に書ければ未経験からでも挑戦できる仕事です。また、やる気がある人であれば、副業から始めてみて向き不向きを確かめてみるのもおすすめです。

⑦上流工程の機械エンジニア【飽き性に向いてる仕事7/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・製品を作り出すといった達成感
・アイデアや構想を形にして販売できる
平均年収521万円

上流工程の機械エンジニアは、機械製品を製造する上で設計や大量生産計画を策定する仕事です。製品を作る上で上流工程を担うため、幅広い知識が求められますが、自分が設計した製品をユーザーに使ってもらえるといったやりがいを感じられます。

どんな機械製品であっても、新しいものを作る際は設計書を作る必要があります。簡単に設計書を作成すると言っても、今回製造する製品のコンセプトやターゲット、絶対に守らなければいけない要件から製造コストまで、幅広い観点で検討する必要があります。

考えることが常に変わるため、仕事そのものに飽きを感じることは少ないでしょう。携わる製品の大きさや開発頻度によっても仕事の進め方が変わりますので、求人に応募する際は製造する機械をしっかりチェックしてください。

研究開発職【飽き性に向いてる仕事8/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・今までにないものを見つけるのが仕事
・性質上同じ仕事というものが存在しない
平均年収467万円

研究開発職は、食品メーカーや医薬品メーカーに勤め、新たな製品のきっかけとなるような実験や研究をする仕事です。

仕事の大半は研究室にこもって研究を行うため、高い理系的な知識が求められます。

研究対象はプロジェクトによって異なりますが、基本的には成果が出るまでトライアンドエラーをすることになります。研究に失敗したら、失敗した原因を考えて改善するといったPDCAサイクルの繰り返しを行いますので、常に新しいことに向き合うことが可能です。

また、研究成果として今まで世に出ていないものを製品に組み入れることも可能なため、強いやりがいも感じられるでしょう。

建築設計士【飽き性に向いてる仕事9/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・自分の設計が大きな建物になる達成感
・実地調査なども頻繁に行う
平均年収456万円

建築設計士は、家や大型施設などを建築するに当たって、設計図を作る仕事です。最近では設計図をソフトウェアで作ることがほとんどですので、意外とデスクワークが多いのが特徴です。

ただ、デスクワークだけでなく実際に建築する現場の土地や環境を視察することも少なくないため、案件によって様々な場所に行けるといった特徴があります。

加えて、同じ形・環境の土地は一つも存在しませんので、一つ一つの設計で新鮮さを感じられ、飽きることも少ないと考えられます。

建築業界は人材不足が嘆かれている業界でもありますので、未経験からでも挑戦できる求人が多く募集されています。新たなキャリアを歩み、手に職をつけられるのも建築設計士のポイントです。

トラック運転手【飽き性に向いてる仕事10/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・仕事で色々な場所にいける
・自分一人の車内で楽しみを見出せる
平均年収400万円

トラック運転手は、トラックを運転して貨物を運ぶ仕事です。どれくらいの距離を運搬するかは会社によって異なりますが、総じて事故を起こさない集中力とドライビングスキルが求められます。

一見すると荷物の運搬という単純作業をする仕事と思われがちですが、職場をしっかり吟味すれば毎日様々な場所に向かえるドライバーにもなれるため、日本各地を転々とすることが可能です。

また、仕事中は常に車内に一人きりのため、運転をしながらという制限はあるものの自由な時間を過ごすことが可能です。

ラジオを聞くだけでなく、好きな音楽を流したり一人で歌を口ずさんでみたりなど、飽きのこない仕事時間を過ごせるでしょう。

ウエディングプランナー【飽き性に向いてる仕事11/11】

飽きっぽい人に向いてるポイント・人生に関わる仕事なので達成感がある
・仕事で非日常感を味わえる
平均年収310万円

ウエディングプランナーは、結婚式を挙げたいと思っているカップルを担当し、挙式の企画から実施までをトータルサポートする仕事です。

結婚式という人生に一度しかない舞台の企画や準備を行うため責任感が重要となりますが、その分やりがいを感じられるのがポイントです。

結婚式はカップル一組一組で様々な思いがありますので、臨機応変な対応も求められます。基本的に全く同じ結婚式を担当することはないため、飽きにくい仕事でもあります。

非日常を常に味わうことができる特別な仕事であることからも、飽きっぽい人が飽きずに向き合える仕事と言えるでしょう。

飽きっぽい人が避けるべき仕事や職場の特徴

飽きっぽい人に向いてる仕事の特徴があれば、当然その逆も存在します。

飽きっぽい人が避けるべき仕事や職場の特徴を満たした勤務先に就職してしまうと、入社してすぐに退職してしまうといった短期離職に繋がる恐れがあります。

短期離職は一度やってしまうと2回3回と繰り返しやすく、短期離職を繰り返すとやがて働ける先に大きな制限がかかることも考えられます。

そうならないためにも、次に紹介する仕事や職場の特徴を持つ会社はなるべく避けることをおすすめします。

毎日同じ作業をする仕事

飽きっぽい性格と一言で言っても様々なタイプの人がいますが、多くの場合は同じことを繰り返すことにストレスを感じるはずです。

仕事においても、毎日同じ作業をするような業務であれば、高い確率で飽きてしまい別の仕事を探すことが考えられます。

仕事は大きく分けて「新しいものを作り出す仕事」「今あるものをより良いものに改善していく仕事」「今あるものを維持し続ける仕事」の3つに分けられますが、この3つ目に該当する仕事は世の中にたくさんあります。

もちろんどの仕事もビジネスを成立させる上で非常に重要なものであることには変わりありませんが、働く人の心情としてはあまり心地いいものではないでしょう。

ただ、「あくまでも仕事はお金を稼ぐためだけの手段であり、同じことだけやってればお金がもらえるというならそっちの方が楽」と考える人であれば、もしかしたら同じ作業をする仕事が向いているかもしれません。

自分が本当に向いてる仕事を見つけたいのであれば、記事の後半で解説する自己分析に取り組んでみることをおすすめします。

自己分析を就活で活かすには~基本のやり方や注意したいポイントを解説~

求められる仕事のレベルが極端に高い職場

定期的に違う業務に取り組めて、働く場所が自由で合ったとしても飽きっぽい人に向かない場合があります。それは、求められる仕事のレベルが自分にとって極端に高い職場で働くことです。

仕事のアウトプットを高く求められる場合、どれだけ頑張って自分の精一杯の成果物を提出したとしても、高い可能性でダメ出しをくらうことになります。

ダメ出しを受け続けていくと、やがて「自分にはこの仕事は向いてないんだ」「この仕事を長続きさせていても意味がない」などと考えるようになり、人よりも早く退職してしまうことが考えられます。

飽きっぽい人は興味や関心がすぐに別のものに向きやすいという特徴がありますので、仕事で壁に当たる機会が増えれば増えるほど、逃げてしまうように別の職場を探す傾向が見られます。

そのため、今自分の持っているスキルを正しく理解し、自分のスキルを適切に発揮できる職場でないと、ストレスを感じながら働き続けることになるでしょう。

デスクワーク全般

ここまでの内容を踏まえると、デスクワーク全般は飽きっぽい人に向いてない仕事と言えます。

同じ机に座り続け、ほぼほぼ同じ業務を毎日行い、決められた時間に退社するという日々は、飽きっぽい人からしたら苦痛に感じるかもしれません。

退社後に打ち込める趣味がある人であればいいかもしれませんが、そういった趣味も続かないような飽きっぽい人であれば、やがて自分は何のために生きているのかとすら考えてしまいます。

デスクワークの働き方を選ぶのであれば、プロジェクトが定期的に変わったり、自分のアイデアを形にできたりする仕事を選択するようにしてください。

飽きっぽい人が就くべきでない仕事3選

飽きっぽい人は、その性格に向いてない仕事に就いてしまうと、自分にとっても会社にとっても悪い影響を与えてしまいます。

特に、次の3つのような仕事に就くと、飽きてしまう可能性が高いと考えられますので、仕事選びの際はできるだけ避けた方がいいかもしれません。

1. 事務職

事務職は会社の事務作業を担う仕事で、その職域によって経理・総務・労務などに細分化されます。

仕事は基本的にパソコンで行い、業務としても日々同じような事務作業を淡々とこなしていくことが主となります。それだけでなく、業務内容もマニュアルが完備されているケースが大半で、仕事を早く覚えてしまうことも少なくありません。

従って、業務に新鮮味を感じにくくなるスピードが早くなり、飽きっぽい人にとっては変わらない業務がストレスに感じることも考えられます。

会社のビジネスにおいて事務職は非常に重要な役割を担っていることは間違いありませんが、飽きっぽい人には向かないでしょう。

2. サービス職

サービス職は店舗での販売員やサービス業でサービス提供をする仕事です。細かな仕事は多岐に渡りますが、基本的にはお客様に同じ対応を同じ品質で提供することが求められるため、業務に新鮮味を感じにくいのが特徴です。

また、店舗での接客を行う仕事であれば、毎日変わらない仕事場の風景を目の当たりにすることになるため、働くことそのものに飽きを感じやすいでしょう。

3. 公務員

公務員は地方自治体の役所などで働く仕事です。配属される課によって向き合う仕事は変わりますが、マニュアル通りの業務以外のことは基本できず、定型的な業務がほとんどです。

また、業務上市民の方からのクレームをもらうことが多かったり、年功序列の社会のため上司から叱責を受ける機会が多かったりと、精神的な負担も多く感じやすい仕事となっています。

飽きっぽい人が面接でアピールする時のポイント

飽きっぽい性格は仕事をする上で基本的にネガティブなマイナスイメージを与えてしまいます。そのため、就職活動の面接で飽きっぽさをアピールすることは避けてください。

ここでは、飽きっぽい人が面接でどのように自分をアピールすれば良いのかについて解説します。

飽きっぽいということは長所として言い換える

飽きっぽいということはアピールポイントになり得ませんので、長所として言い換えることを検討してみてください。

具体的には、以下のような形で言い換えて面接官に伝えるのがポイントです。

「私は様々な物事に興味を持てる強みがあります。御社の仕事においても、与えられた業務をすぐに覚えるだけでなく、自ら課題を率先して見つけて問題提起できるような人材に成長していきたいと思っています。」

飽きっぽいという性格を、様々なことに興味を持てるといった強みに言い換えることで、仕事に対して前向きという印象を面接官に与えることができるはずです。

以下の記事でも飽き性・飽きっぽい人によくある強みについて解説していますので、他のアピール方法を検討したい人は参考にしてみてください。

飽き性に向いてる仕事を紹介!飽きっぽい人によくある強みも解説!

様々なキャリアを積みたいことをアピールする

飽きっぽいことは、裏返せば興味が幅広いといった強みになります。そのことをより具体的に面接官に伝えるためにも、入社後様々な経験・キャリアを積みたいということをアピールしましょう。

その際は、できるだけ具体的にどんな部署で、どんな仕事に取り組んでみたいかをセットで伝えるのがポイントです。

面接準備として、企業ホームページでどのような部署があるのかを調べておくのがおすすめです。

飽き性がやった方が良い行動3選

ここでは、飽き性な人が自分の特性を活かし、社会で活躍できるコツを紹介します。具体的にやったほうが良いことは、以下の3つです。

  • 自己分析を行う
  • 企業について調べる
  • 将来を考えた転職を行う

ポイントは「飽き性をなんとか改善しよう」と思わず「飽き性をどう活かすか」を考えることです。以下、詳しく解説していきます。

自己分析を行う

まずは、過去のできごとを振り返り、自分の傾向を分析してみましょう。基本的には飽き性であっても「これだけは続いている」というものがありませんか?

  • 1年以上続いたものは、なぜ続いたのか
  • すぐにやめてしまったことは、なぜ続かなかったのか

を考えてみてください。飽き性の人は「どんな要因があると続けられるのか」を理解することで、長続きするコツが見つかります。

  • 何時間でも本を読める
  • DIYをしていたら、あっという間に1日が終わっている

など、自然と続けられるものは何かを考えてみてください。

また、「すぐに辞めてしまったこと」もリストアップしてみましょう。あなたがすぐ辞めてしまうことの共通点を見つけられれば、次に活かすことができます。

例えば、下記のようなイメージです。

  • 高校時代の部活動をすぐ辞めてしまった
  • 学生時代のアルバイトをすぐ辞めてしまった
  • 以前に勤めていた会社をすぐ辞めてしまった

これらの共通点が「一緒にいた人が苦手だった」であれば、すぐ辞めてしまうのは「人が原因」という仮説が立ちます。そのため、次の転職先を調べるときは「どんな人たちが働いているか」を重点的に調べると良いでしょう。

「自己分析は苦手」という人は、後述する「就職エージェント」を活用することで、きちんと自己分析できるので安心してください。

企業について調べる

自己分析の次は「飽きずに続けられそうか」という視点で、企業分析をしてみましょう。「飽き性」と一言でいっても、人によって続けられるもの・飽きてしまうものは異なります。先ほどの自己分析と合わせて、ストレスなく続けられそうな仕事・企業を探してみてください。

また、向いている仕事を選びと同時に、自分で変化を作れる「自由度」がどのくらいあるのかも調べましょう。飽き性の人にとって自由度の小さい仕事は、退屈に感じることが多いです。

企業の情報は、下記などで調べることができます。

  • 企業のホームページ
  • 求人情報
  • SNS
  • 口コミサイト

どうしても調べるのが苦手な人は、後述する「就職エージェント」を活用することで、キャリアアドバイザーが企業情報を提供してくれます。

将来を考えた転職を行う

今の仕事がつまらないと思う人は、将来を考えて転職するのも1つの方法です。飽き性な人は、将来性のある仕事に就くことをおすすめします。「1年後には、今よりレベルアップできている」などのイメージが持てれば、仕事を頑張るモチベーションになりやすいからです。人はゴールが見えていないと頑張れないことが多いですが、特に飽き性な人はモチベーションを切らさないためにも、段階的に成長できる環境に身を置きましょう。

「将来性のある仕事がわからない」「モチベーションを保てる仕事がわからない」という人も、次で紹介する就職エージェントのキャリアカウンセリングを受けてみてください。

正社員になりたい人は就職カレッジ®を活用しよう

正社員になりたい方におすすめの方法として、ジェイックの就職カレッジ®を利用する方法があります。主なサービス内容とメリットをご紹介しますので、ぜひご検討ください。

就職カレッジ®で受けられるサービス

ジェイックの就職カレッジ®では、主に以下のサービスを受けることが可能です。

  • 就活相談
  • 相談後、希望に沿った求人紹介
  • 集団研修(履歴書/面接対策)
  • 面接のセッティング(合同面接会)
  • 企業との交渉
  • 入社後の定着サポート

就職カレッジ®では短期間集中の研修や優良企業との面接会など、自分に合った企業に就職するための方法を効率よく学ぶことができ、就職後の長期的な活躍を前提としたサービスを提供しています。

就職カレッジ®を利用するメリット

就職カレッジ®をご利用いただくメリットとしては、主に以下があります。

  • 正社員求人のみの紹介
  • 未経験・社会人経験の少ない方に特化した就職支援サービスがある
  • 就職後も役立つ手厚い研修を用意
  • 国内で43社しか認定を受けていない「職業紹介優良事業者」である
  • 参加者の内定率が非常に高い

まず、そもそも正社員求人のみを取り扱っているため、正社員として働くことを目指す方にはぴったりです。就職カレッジ®は、これまで33,000人を超える就職支援実績を持つため、20代~30代・未経験の方などをはじめ、社会人経験がない・少ない方の就職実績やノウハウが豊富にあります。

研修では就職活動の方法のみならず、社会人としてのマナーや考え方などに関するテーマも実施するため、企業で活躍するために必要なスキルを獲得できます。

ジェイックは職業紹介優良事業者に認定されているだけでなく、一般的に正社員経験がない状態から自力で就職するよりも就職率は圧倒的に高いため、安心してご参加いただき、正社員就職を目指すことが可能です。

※2005/5/1~2023/4/30の弊社主催の面接会参加人数

まとめ

以上、飽き性で仕事が長く続かない人に向けて、飽きっぽい人に向いている仕事の紹介、強みや弱み、やった方がいいことを解説しました。飽き性の人でも、長く働いてスキルアップすることは可能です。

そのためには自分に合った仕事・企業選びをしていきましょう。ジェイックの就職支援サービスを活用すれば転職活動に必要なスキルがすべて学べるので、よければ検討してみてしてください。

近い性格の人向けの記事はこちら

興味がある方は、以下の記事もぜひ参考にしてください。

マイペースに向いてる仕事18選-自分のペースで仕事をするには-
要領が悪い人に向いてる仕事を紹介!−自分の特徴や性格を活かせる仕事に就く方法とは−

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等