就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

向いてる仕事なんてない?そう感じる理由や見つける方法を解説!

向いてる仕事なんてない?そう感じる理由や見つける方法を解説!
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

向いてる仕事なんてない、と思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、向いている仕事は見つけるのは難しいですが存在します。

なぜなら、向いている仕事というのは自分で見つけ出すものだからです。

こちらの記事では、向いてる仕事なんてないと感じてしまう理由や向いてる仕事を見つける方法を解説しております。

こちらの記事を読むことで、自分に向いている仕事を知ることが出来ます。気になった方は是非参考に読んでみてください。

向いてる仕事なんてないと考える人は多い

向いてる仕事なんてないと考える人は多い

「向いている仕事なんてない」と考える人は多いです。しかし実際のところ、自分に本当にぴったりと思える仕事に就いている人は少なく、多くの人は「この仕事は自分に向いていないかもしれない」と感じています。つまり「向いている仕事がない」と思うことは当たり前ということです。

一方で、向いている仕事に少しでも近づくことはできます。たとえば「適職診断」を使うと、数ある仕事の中から自分の適性に合った仕事を紹介してくれます。ただし、紹介してくれるのはあくまで「仕事名」だけ、という点には注意しましょう。仕事内容を調べてみると「自分には向いてないかも」と思う可能性もあるため、適職診断を使って仕事を絞り込む際は、その仕事内容もしっかりと調べるようにしてください。

向いている仕事を見つけることは難しい

向いている仕事を見つけることは簡単ではありませんが、見つけ出す方法や考え方はいくつか存在します。具体的には、次の3つの視点で探してみることがおすすめです。

  • 自分の得意なことを活かせる仕事は向いてる仕事
  • 向いている仕事は他者ではなく自分で決めるもの
  • 自分に向いている仕事は自分で作るもの

では、それぞれについて解説します。

自分の得意なことを活かせる仕事は向いてる仕事

まずは、自分の得意なことを活かせる仕事を探してみましょう。なぜならストレスなく働ける可能性が高く、自分にとって“正解”と思える仕事に出会える可能性が高いからです。

たとえば「経理」は日々のお金の流れを取りまとめ、それを決算として集計する仕事です。パソコンの前に座っている時間が長いことから、外に出て行動したい人にとっては苦痛に感じられるかもしれません。一方で「コツコツとした作業が得意」と感じる人にとっては“天職”に感じられる可能性もあります。

ちなみに、周りからは能力が高いと思われていても、本人からすると「この仕事は自分に向いてないかもしれない……」と悩んでいることは珍しくありません。これは、どんな仕事も人並み以上にできるばかりに、自分にとって本当に得意なことに気付けていないことが原因といえます。こうした場合には、他人からの評価は一度忘れることが大切です。その上で、過去の仕事経験を振り返り、「心から没頭できた仕事」を思い出してみましょう。そうした仕事の中に、自分が夢中になれる仕事がきっと見つかるはずです。

向いている仕事は他者ではなく自分で決めるもの

自分に向いている仕事を探したい場合には、「自分で決める」という意識も強く持っておくようにしてください。なぜなら家族や友人からの「この仕事は向いてないと思うよ」といった一言を真に受けてしまい、せっかくやりがいを感じていた仕事をやめてしまう人は少なくないからです。

善意の気持ちからアドバイスを送ってくれる人は多いですが、そうした人からの「向いてない」という言葉が100%正しいか、というとそうでもなく、むしろ的を射ていないケースも多いものです。もちろん他人からの助言で仕事探しやキャリアのヒントが手に入ることはありますが、あくまで自分の人生であることに変わりはありません。周りの意見は参考程度に留めつつ、最終的には「自分の進む道は自分で決める」と考え、仕事を探していきましょう。

自分に向いている仕事は自分で作るもの

自分に向いている仕事は、自分で作っていくこともできます。

「副業解禁」の流れにともない、大企業の中にも社員の副業を認める企業が増えてきています。こうした企業に勤めている人の場合、仕事終わりの時間や、休日の空き時間を使って副業に取り組み、それをスケールアップしていくことも考えられます。事業が上手くいった場合には会社を立ち上げ、いまの会社を退職する、といった道が見えてくる可能性もあるでしょう。

会社に勤めている限り、どこまでいっても仕事は“与えられる”ものです。給料をもらっている以上、自分が希望する仕事ができないことは仕方のないこととも言えます。一方で、副業では自分の好きな仕事に取り組めます。そして、それを一つの事業に育て上げることができれば、自分に向いている仕事を“作っていく“ことができるのです。

向いてる仕事なんてないと感じてしまう理由

そもそも、どうして多くの人は「向いている仕事なんてない」と感じてしまうのでしょうか?その理由はさまざまですが、おおむね次の3つの理由からネガティブな感情を抱いてしまう人が多いようです。

  • 理由1:成果が出ない/自分の成長を感じない
  • 理由2:やりがいを感じない
  • 理由3:会社の方針があってない

では、それぞれについて解説します。

理由1:成果が出ない/自分の成長を感じない

1つめの理由は、いまの仕事で成果が出なかったり、自分の成長を感じられなかったりするからです。

たとえば任されている仕事が苦手な場合には、どんなに努力をしても、それが得意な人と同等の成果しか出せないケースは多いものです。この場合、本人としては頑張っているつもりでも、実際には特筆すべき成果を出せていないことが多く、上司からは評価されません。結果として成果も出せず、頑張っても成長に結びつかないことから仕事に対してのモチベーションが下がり、その仕事を「向いていない」と考えてしまうのです。

理由2:やりがいを感じない

2つめの理由は、その仕事にやりがいを感じられないからです。

たとえば営業職は、コミュニケーション力や提案力などが求められる仕事です。仮にこうした能力を持っている人の場合、成果を上げられる可能性が高いでしょう。上司や同僚からもノルマを毎月達成することに対して褒められるかもしれませんが、自分にとって「ノルマを達成すること」に特に楽しさを見出せない場合、結果を残せていても、心の中にモヤモヤが残ったまま働かなくてはいけないかもしれません。

このように、いくら成果を上げていても、その仕事に面白みや喜びを感じられなければ、日々の仕事にモチベーション高く臨むのは難しいものです。結果としてやりがいを感じにくいことから「自分には向いてない」と考えてしまうこともあるのです。

理由3:会社の方針があってない

3つめの理由は、会社の方針があっていないからです。

会社には、それぞれ向かいたい方向性があります。ベンチャー企業や中小企業の場合には社長の一存で決まることも多いですし、大企業の場合には「中期経営計画」といった形で事業展開を決めていくケースが大半です。

いずれにせよ、社員としては会社が決めた方向に従うしかありません。会社が進む方向性と自分の考えがマッチしていればストレスなく働けるかもしれませんが、一方で自分が目指したい方向性が会社と異なる場合には、自分に無理をして働かざるを得ない可能性があります。

このように、会社と自分との間に「ギャップ」が生まれると、いまの仕事内容にどんなに満足していても、どこか仕事に集中できなかったり、やる気が高まらなかったりしてしまうものです。結果として「いまの仕事は自分に向いてないかもしれない」と考え、気持ちがさらに沈んでいってしまう人も多いのです。

向いてる仕事を見つける方法

自分に向いている仕事の見つけ方を、以下の7つに分けて紹介します。

  • 方法1:自分の性格に合ったものから向いている仕事を見つける
  • 方法2:業界/業種から向いている仕事を見つける
  • 方法3:職種から向いている仕事を見つける
  • 方法4:社風や会社規模で向いている仕事を見つける
  • 方法5:自己分析から向いている仕事を見つける
  • 方法6:視野を広げて向いている仕事を見つける
  • 方法7:就職/転職エージェントを利用する

では、それぞれの方法について見ていきましょう。

方法1:自分の性格に合ったものから向いている仕事を見つける

向いている仕事が分からない場合には、自分の性格を改めて考えてみるのがおすすめです。

この方法の場合、ストレスなく働ける仕事に出会えることがメリットです。一方で「自分はこの性格」と決めつけてしまうと、他の仕事の可能性が狭まってしまう点はデメリットといえるでしょう。

方法2:業界/業種から向いている仕事を見つける

業界や業種から向いている仕事を見つけてみるのもおすすめです。

業界・業種ごとに扱う製品やサービスは異なるため、自分が手掛けるモノに対して愛着を持てる場合には、やりがいを持って働ける可能性があることはメリットといえるでしょう。

一方で「業界・業種」といっても、その中には何万・何十万という会社が存在します。会社によって雰囲気や目指す方向性はさまざまなため、そうした社風に合わないと、ストレスを感じながら働くリスクがある点はデメリットといえるでしょう。

方法3:職種から向いている仕事を見つける

職種を考えてみると、向いている仕事が見つかる可能性もあります。

たとえば転職市場では「どの業界で働いているか」よりも、「どの職種に就いているか」が重視されます。その上で「どれだけのスキルや専門性を持っているか」が評価される傾向にあるため、転職も含めたキャリアアップを考えている人の場合には、職種を入り口にして自分に向いている仕事を探すことは将来的なメリットが大きいでしょう。

一方で、特に20代の場合、まだまだ未経験から色々な仕事に挑戦できます。さまざまな仕事をする中で自分の適職に出会うことも少なくないため、職種を固定してしまうと他の職種に出会える可能性が狭まってしまうかもしれません。

方法4:社風や会社規模で向いている仕事を見つける

社風や、会社の規模から向いている仕事を探してみるのも手といえます。

社風は会社ごとにさまざまですし、社員数が多い会社と少ない会社では雰囲気も異なります。働く環境は仕事のモチベーションを左右する大切な要素であることからも、社風や会社の規模が自分にマッチしている場合には、仕事に対して熱意をもって取り組める可能性が高いでしょう。

一方で、特に社風に関しては実際に働いてみないと分からないことも多いものです。入社前に想像していた雰囲気とギャップを感じてしまった場合には、就職や転職を後悔してしまうかもしれません。

方法5:自己分析から向いている仕事を見つける

自己分析を通して自分に向いている仕事を見つけるのもおすすめです。

自己分析で仕事を見つけるメリットは、自分が考えてもみなかった選択肢に出会えることです。たとえば「内向的」だと思っていた人が、いざ自分のこれまでを振り返ってみると「外交的」な性格だったと気付く、といったケースは珍しくありません。

一方で「自分はこういう性格だ」という固定観念が強い人の場合、自己分析をしても想定通りの強みや長所にしか出会えません。この場合、自分の新しい一面に出会える可能性が低く、せっかくの自己分析がムダになってしまうこともあるでしょう。

方法6:視野を広げて向いている仕事を見つける

向いている仕事を見つけたい場合には、視野を広げてみることも意識してみてください。

世の中には仕事が無数に存在しますが、実際に知っている仕事の名前を挙げてみると10~20ほどしか出てこない人も多いかもしれません。そしてこれは、知っている仕事以外にも目を広げ、たとえ興味がない仕事だと思っても調べてみることで、自分に向いている仕事に出会える確率を高めることができることを意味します。

一方で就職や転職を急いでいる人の場合には、視野を広げているとスピードが遅くなってしまう点はデメリットといえるでしょう。

方法7:就職/転職エージェントを利用する

向いている仕事が分からない場合には、就職・転職エージェントを利用してみるのもおすすめです。プロのキャリアアドバイザーが自己分析などを手伝ってくれるので、自分では想像もしていなかった強みに出会える可能性があります。

一方で、キャリアアドバイザーからのアドバイスが100%正解という保証はありません。そのため、最終的な判断は自分で行うことが大切です。

なお、ジェイックでは「就職カレッジ」などのサービスをもとに、就職や転職を考える方をサポートしています。入社後の定着率が90%以上にのぼるなど、安心して長く働ける会社を紹介しておりますので、会社選びや仕事選びに不安がある方はぜひご相談にお越しください。

まとめ

「向いてる仕事なんてない」と考えてしまう理由や、自分に最適な仕事を探す方法について解説してきました。

記事の中でもお伝えしましたが、たとえば会社を飛び出して起業をしてみる、といったアクションを取ってみることで自分の好きな仕事だけに没頭できる時間を手にできます。これだけを聞くと「自分には無理だ」と思ってしまうかもしれませんが、ここで大切なのは、まずは自分の思考の殻(から)を打ち破って考えてみることです。

自分の知識の範囲内に留まっているだけでは、新しい可能性に出会えません。しかし一歩外に出てみることで、自分が本当に探していた仕事に出会えることは多いものです。新しい世界に飛び出すことを意識しつつ、まずは行動を起こしていきましょう。

【共通】CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等