オンライン面談実施中!

医療系の仕事を分野別に紹介【分野ごとの代表的な仕事も解説】

医療系の仕事を分野別に紹介!【分野ごとの代表的な仕事も解説】

「医療系の仕事には何があるんだろう」と疑問に思っている方もいるかもしれません。この記事では、医療系の仕事を分野別にお伝えするとともに、それぞれの分野ごと、合計18種類の仕事もまとめてご紹介します。医療系の仕事探しの一環として、ぜひ最後まで目を通してみてください。

医療系の仕事とは

医療系の仕事とは

医療系の仕事とは、一言でいうと「人の健康と命にかかわる仕事」のことです。医療系と聞いてすぐにイメージできるのは「医師」や「看護師」といった仕事かもしれませんが、実はそれだけではありません。

たとえばMRIをはじめとする高性能機器をつくるメーカー、医薬品を生み出す研究者や開発者など、多くの仕事が合わさって医療業界全体を形作っているのです。

医療系の仕事の多くは患者のサポートがメインのため、これらの仕事に就く人には特に大きな責任がのしかかります。高度な知識が必要な場面も多く、医師免許をはじめ、国家資格取得が義務づけられている仕事も少なくありません。

一方で研修を受講すれば資格が与えられる仕事もあり、医療系のなかには未経験からでも目指せる仕事もいくつか存在します。

医療系の仕事を分野別で紹介

医療系の仕事を分野別で紹介

医療系の仕事は、大きく次の6つに分けられます。

  • 医療/治療
  • 医療サポート
  • リハビリ
  • 医療事務
  • 医療機器メーカー
  • 医薬品メーカー

まずはそれぞれの分野でどのような仕事をおこなっているのか、ざっくりと把握することから始めましょう。分野ごとの代表的な仕事は最後にまとめてご紹介しますので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

医療/治療

医療や治療の分野には、高い専門性が必要とされる仕事がそろっています。医師や看護師がその代表ですが、病気が起こる原因の解明をおこなう「医学研究者」のような仕事も忘れることができません。

医療の第一線で働く、やりがいの大きい仕事が医療治療分野には多い傾向もありますが、そのぶん最新の論文を読み込む、スキルアップに努める、といった陰の努力も欠かせません。高度なスキルをもつ証明として、ほとんどの仕事で資格取得も必須となっています。

医療サポート

医療サポートの分野には、救急救命士や管理栄養士などの仕事が含まれます。医師の指示のもと適切な処置をほどこす仕事が多く、あらゆる医療現場で日々大きな役割を果たしています。

ちなみに、少子高齢化に備えることを目的に「チーム医療」の大切さが叫ばれていますが、まさにその「チーム」を支える役割として期待されているのが医療サポートの仕事です。これからの日本を支える「大切なカギ」を握っている仕事ともいえるでしょう。

リハビリ

リハビリの仕事として代表的なのが、作業療法士、理学療法士といった専門職です。これらの仕事には、体の回復だけでなく「心の回復」も見据えた専門的なアドバイスが求められるケースが多く、高齢化が進む日本にとって欠かせない仕事ともいわれています。

なお「リハビリ」と一口に言っても、その仕事は千差万別です。扱う領域によって必要な知識や技能も大きく異なるため、それぞれの仕事ごとに多くの専門学校が存在しています。

医療事務

医療事務は、病院やクリニックで事務関連の業務をおこなう仕事です。「クラーク」や「診療情報管理士」が代表的な仕事といわれ、患者さんと窓口で接する「受付、会計業務」も大切な役割のひとつです。

資格不要の仕事がほとんどですが、医療にかかわる専門的な用語などは理解しておく必要があり、仕事によっては高いレベルの対人スキルも求められます。

医療機器メーカー

医療機器メーカーは、MRIをはじめとする大型機器から、注射器や包帯といったものまで、医療現場で使われるさまざまな製品の製造や販売をおこなう業界です。病院やクリニックを顧客とする会社が多く、景気の影響を受けにくい業界ともいわれます。

いまは、世界規模の健康意識の高まり、新興国の経済的な台頭も相まって、医療水準が加速度的に上昇している時代です。そのなかで世界トップクラスの品質を誇る日本の医療機器の需要が、今後ますます高まっていくことも予想されています。

医薬品メーカー

医薬品メーカーは、病気やケガの治療に必要な医薬品の製造販売をおこなう業界です。「製薬会社」ともいわれ、医療機関で処方される「医療用医薬品」を扱う会社、ドラッグストアなどで一般消費者向けに販売される「一般用医薬品」を扱う会社に大きく二分されます。

そしてこれらの会社以外にも、ジェネリック医薬品を専門に扱う会社、ゲノム医療に乗り出す会社など、多くの新興企業が誕生しているのも医薬品業界の特徴のひとつです。

医療系の代表的な仕事内容

医療系の代表的な仕事内容

次に、ここまで紹介してきた各分野の「代表的な仕事」を紹介していきます。それぞれの仕事について分かりやすく解説していきますので、医療系職種への理解を深めたい人はぜひ参考にしてみてください。では、次の6つの分野について見ていきましょう。

  • 医療治療
  • 医療サポート
  • リハビリ
  • 医療事務
  • 医療機器メーカー
  • 医薬品メーカー

それぞれについて、ご紹介します。

医療/治療

医療/治療系の代表的な仕事として挙げられるのは、次の3つです。

  • 医師
  • 看護師
  • 医学研究者

それぞれについて、見ていきましょう。

医師

医師は、患者に対して診察や検査、病気の把握治療をおこなう仕事です。多くの医師は大学病院やクリニックに勤務し、患者と接する仕事、いわゆる「臨床」と呼ばれる仕事に就いています。一方で、医学の進歩を支える「研究者」としての一面をもつ医師も少なくありません。

看護師

看護師は、患者の診察や診療のサポートを担う仕事です。医師を最も近くで支える役割をもつ一方で、患者と近い距離で接する仕事でもあります。そのため技術的な知見はもちろん、患者と良好な関係を築くコミュニケーション力、医師と患者の「橋渡し役」としての役割も、看護師には求められます。

医学研究者

医学研究者とは、病気の原因や、そのメカニズムの研究をおこなう仕事です。その仕事は「基礎医学研究」と「臨床医学研究」のふたつに大別されます。「基礎医学研究」では遺伝子や免疫をはじめとする科学的側面から、「臨床医学研究」では患者を治療する実際の現場の視点から、それぞれ治療法の研究がおこなわれています。

医療サポート

医療サポートの代表的な仕事として挙げられるのは、次の3つです。

  • 救急救命士
  • 臨床検査技師
  • 管理栄養士

それぞれについて、見ていきましょう。

救急救命士

救急救命士は、「救命措置」のエキスパートです。災害現場での応急処置、救急車のなかでの重症患者に対する救急措置など、救急現場の最前線で活躍しています。ちなみに救急救命士として働くためには、まずは各地の消防本部で「消防官」として採用されることが必要です。

臨床検査技師

臨床検査技師とは、医師の診断治療に欠かせない「医療データ」を提供する仕事です。具体的には、血液学的検査や心電図脳波検査などを用いて、データの収集や結果の読み取りをメインにおこなっています。

管理栄養士

管理栄養士は、主に患者相手に食事栄養の指導をおこなう仕事です。同じような仕事に「栄養士」がありますが、管理栄養士は国家資格のため、より高度な知識が必要とされます。活躍の場は広く、病院や介護施設以外にも、小学校やスポーツチームなどでもその存在が求められています。

リハビリ

リハビリ系の代表的な仕事として挙げられるのは、次の3つです。

  • 作業療法士
  • 理学療法士
  • 言語聴覚士

それぞれについて、見ていきましょう。

作業療法士

作業療法士は、日常生活に必要な基本動作のリハビリを担う仕事です。ときには手芸や絵画といった技法を用いつつ、生活にスムーズに溶け込むためのサポート、そして障害などによってマヒした身体機能の回復を患者と共に目指します。

理学療法士

理学療法士は、主に運動全体にかかわるリハビリを担う仕事です。たとえば義足の装着や歩行の手伝い、車いすの操縦サポートも仕事のひとつです。脳性まひ患者から小児患者まで、その対象疾患は広く、高度なリハビリ技能が求められる仕事としても知られます。

言語聴覚士

言語聴覚士とは、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」の3つの面でリハビリをおこなう仕事です。先天性の障害をもつ人、事故の後遺症で耳が聞こえなくなった人などを対象に、心理学の知識も交えてサポートをおこないます。

医療事務

医療事務の代表的な仕事として挙げられるのは、次の3つです。

  • クラーク
  • 医療秘書
  • 診療情報管理士

それぞれについて、見ていきましょう。

クラーク

クラークとは、医師や看護師を事務的な面からサポートする仕事です。病院のナースステーションなどに勤め、入院患者の受け入れや必要書類の作成、面会者を受け入れる窓口業務から電話対応まで、さまざまな事務仕事を担っています。

医療秘書

医療秘書は、主に医師の秘書として業務をおこなう仕事です。多忙な医師に代わり、そのスケジュール管理や資料作成をはじめ、看護師と医師との「橋渡し役」としての役割を担うこともあります。会計事務や受付業務をおこなう医療秘書も多く、その仕事内容は多岐にわたります。

診療情報管理士

診療情報管理士とは、カルテの管理や診療情報の分析をおこなう仕事です。経営の効率化が医療業界全体の課題とされるなか、そのIT知識を駆使しつつ、医療情報のデータベース化、診療統計などの仕事をメインにおこなっています。

医療機器メーカー

医療機器メーカーの代表的な仕事として挙げられるのは、次の3つです。

  • 営業
  • アプリケーションスペシャリスト
  • サービスエンジニア

それぞれについて、見ていきましょう。

営業

医療機器メーカーの営業は、病院やクリニック相手に医療機器の提案販売をおこなう仕事です。MRIや人工透析装置といった大型機器を手掛ける会社に勤める営業社員の場合には、現場の医師と対等に話せるだけの商品知識の習得が特に必要とされています。

アプリケーションスペシャリスト

アプリケーションスペシャリストとは、営業社員と一緒に病院に足を運び、自社製品の効果や性能を説明する仕事です。営業社員よりも専門的な知識が要求される仕事のため、「臨床工学技士」などの国家資格取得者が多く務める傾向にあります。

サービスエンジニア

サービスエンジニアとは、自社製品の点検やアフターフォローをおこなう仕事です。病院やクリニックを定期的に訪問し、機器をチェックしています。自社製品に対する深い知見はもちろん、医師や臨床検査技師など、製品を実際に使用する相手との円滑なコミュニケーションも求められる仕事です。

医薬品メーカー

医薬品メーカーの代表的な仕事として挙げられるのは、次の3つです。

  • MR
  • 研究開発
  • PMS

それぞれについて、見ていきましょう。

MR

MRとは、自社の医薬品を医療機関に対して提案する仕事です。病院やクリニックの医師と話す機会も多く、現場で起きている問題や課題を把握することも大切な役割です。MRが収集した「現場の声」は、医薬品の新規開発や、既存医薬品の改良を図るために活かされます。

研究/開発

研究や開発は、医薬品を生み出す「最前線」に位置する仕事です。化学物の性質理解や品質の確認など、医薬にかかわる高度な知識が必要とされる仕事で、特に安全性のチェックには大きな責任が伴います。長期的かつ粘り強い取組みが必要とされるのも、医薬品の研究開発職の特徴です。

PMS

PMSとは、現場で実際に使用されている医薬品の有効性や安全性を確認する仕事です。「自社で想定した通りの使われ方がされているか」といった点を中心に情報収集をおこない、収集した情報を研究、開発部門にフィードバックします。そしてそれらの情報は、より品質の高い医薬品づくりをおこなうために活用されています。

【共通】CTAボタン