学歴フィルターの影響って?学歴に捉われず内定をつかむには?

学歴フィルターの影響って?学歴に捉われず内定をつかむには?

就活の際に学歴フィルターの存在が気になるという人は多いでしょう。確かに学歴フィルターというものは少なからずありますが、だからといって希望している職種や企業への就職を実現することが完全に不可能ということはありません。学歴に捉われず内定をつかむためにはどういった点を押さえておく必要があるのか、ここでご紹介していきます。

そもそも「学歴フィルター」とは?

なかには、学歴フィルターがそもそもどういったものなのかわからないという方もいるかもしれません。学歴フィルターとは主に大学名などの学歴を基準に選考し、一定以上の基準に満たない大学の生徒などは大学名だけで足切りをすることを指します。就活は大学生がメインとなりますので、大学名というよりは大学の偏差値によってフィルターを掛けられていることが多いようです。学歴フィルターを採用している企業は昔から多くあり、今でも採用の際に学歴フィルターを使っている企業は少なくありません。

ですが、すべての企業が学歴フィルターを採用しているのかというとそうではありません。学歴フィルターを採用している企業はほとんどが大手企業や有名企業などといった学生から人気の高い企業と言われています。学歴フィルターを採用している企業では、企業説明会などにおいても一定以上の偏差値の学校で登録すると空席が表示されるのに、基準を満たしていないと満席に表示されるなどといったことが起きます。

学歴フィルターの一般的な基準

学歴フィルターの基準ですが、学歴フィルターというものは偏差値いくつ未満を足切りするものだというような明確な定義が定められているものではありません。学歴フィルターを採用している企業といっても、どの辺りに基準を持ってくるかは様々でしょう。ただ、一般的に学歴フィルターとして基準になることが多いのが「MARCH」や「関関同立」と呼ばれる大学です。「MARCH」は明治大学と青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学を指し、「関関同立」は関西学院大学と関西大学、同志社大学、立命館大学を指します。これらの大学以上をスタートラインとして、学歴フィルターをかけている企業が非常に多いです。

知名度は高いものの、学歴フィルターに引っかかる可能性があるのが「日東駒専」や「産近甲龍」といったクラスの大学になります。「日東駒専」は日本大学と東洋大学、駒澤大学、専修大学を指し、「産近甲龍」京都産業大学と近畿大学、甲南大学、龍谷大学を指します。これらレベルの大学の場合、おおむね学歴フィルターに引っかかることはありませんが、超人気企業となると厳しい場合があります。

学歴フィルターが存在する理由

そもそも学歴フィルターは一体何のために存在するのか疑問に思う人もいるかもしれません。企業の求人の数は当たり前ですが、限られています。大手企業や有名企業など人気の高い企業には募集人数の数十倍の応募が来るケースも少なくありません。企業も優秀な人材を採用するために人員を割いていますが、それでも採用に携わる担当者の数には限界があります。もし募集人数の数十倍もの応募が来た場合、応募者の情報に全て目を通すだけでも膨大な時間が必要となります。現実問題それは難しいため、学歴フィルターをかけて応募者を事前に絞っているのです。

また、企業としては当然優秀な人材を獲得したいと考えています。学歴と仕事の能力は必ずしも比例しませんが、学歴が高いということは学歴が低い人と比べると優秀な人材が多くいる可能性が高いと考えるのは自然でしょう。つまり、学歴フィルターは効率的に優秀な人材の採用を進めるために使われているということです。

学歴フィルターがあるとどんな影響が出る?

学歴フィルターを使って採用が行われている場合、どのような影響があるのか気になるのではないでしょうか。学歴フィルターが採用されている場合に影響が出るのは主に2つのタイミングで、1つ目は「会社説明会の申し込み時」、2つ目は「エントリーシートによる選考時」になります。会社説明会の申し込み時に影響が出るというのはどういうことなのかというと、会社説明会には参加の予約をしなければなりません。会社説明会の参加予約には大学名などの登録が必要になりますが、この大学の名前でまずふるいにかけられてしまい、基準を満たしていないと満席扱いとなって参加予約が出来ない状態になります。学歴フィルターを直接実感するケースがこのパターンです。

2つ目のエントリーシートによる選考時の影響ですが、エントリーシートから面接に進む学生を選ぶときに学歴で選別が行われます。このパターンは学生が直接学歴フィルターに引っかかってしまったと感じることはありませんが、実際には学歴フィルターによって足切りされています。ただ、最近では学歴フィルターを偏差値だけでなく、過去に採用した人材の学歴と働きぶりなどを分析して決めているケースもあるようです。多様な人材を採用したいと思っている企業も少なくないため、学歴を重視しないケースも増えてきています。

学歴フィルターに対する企業側の意識

学歴フィルターに対する企業側の意識についてですが、学歴フィルターを採用している企業は基本的に大手企業や有名企業としてブランド化されています。つまり、自社に相応しい人材を求めており、そのために学歴フィルターを使っています。しかし、企業の本音から言えば学歴が良い人材が欲しいのではなく、優秀な人材が欲しいというのが正直なところでしょう。実際は学歴が高いイコール優秀な人材とは言い切れない面もあります。では、学歴フィルターは無駄なのかというとそういうことでもありません。実際に数多くの応募があった場合に、エントリーシートなどだけで優秀かそうでないかを判断するのは難しいのです。

学歴フィルターをかけないで採用を行うのは有名企業の場合、非現実的なこともあります。大手企業や有名企業など学歴フィルターを採用している企業は、場合によっては年間1万人を超える応募者が来ます。それを数人の採用担当者で全て目を通していてはいくら時間があっても足りません。学歴以外に効率的な指標があれば良いのですが、一部の資格を除いてそういった指標を見出すのは難しいのが実情です。そのため、少なくとも一定以上の学力などが担保されている学歴フィルターを使った選別をするしか無いというのが企業側の本音とも言えるでしょう。

学歴フィルターに捉われず就職するための考え方

学歴フィルターが存在するのでは、学歴がない自分は大手企業や希望する企業に就職するのは無理だと思っている方も多いでしょう。しかし、いわゆる学歴が高くない人でも大手企業や有名企業に就職できた人はいます。学歴フィルターに捉われずに就職するためにはどういった考え方が必要なのでしょうか。学歴はあくまでも選考基準の一つであって全てではありません。学歴がない人でも考え方を改めることで希望の企業に就職できる可能性は十分に出てきます。

学歴フィルターに捉われずに就職するためには、企業ではなく自分自身が学歴を気にせず努力を重ねることが大切です。多くの場合、学歴フィルターがあるからといって最初から諦めてしまうケースが少なくありません。しかし、学歴フィルターがあるならあるで、ダメもとでもまずは選考に積極的に応募することが必要です。そもそも応募しないことには就職することは絶対に不可能です。

ダメもとで応募して面接まで進むことが出来たら、綿密な準備をします。仮に失敗したとしても落ち込むのではなく、反省して新たに準備を進めるといったことを繰り返していきましょう。準備や反省をするためには自己分析も大切になりますから、そういった点にも注意します。面接では自分自身について様々な質問が面接官から投げかけられます。この時に自己分析がしっかりしていれば、スラスラと答えることが出来ます。学歴が武器にならないのであれば、学歴以外にアピールできるものを身につけておくということが必要になりますので、そういったことを意識した対策をすることが大切です。

学歴フィルターに打ち勝つポイント

前の章で、学歴フィルターがあるからと最初から諦めるのではなく、積極的に応募することが重要だとお伝えしました。ここでは応募する前後で意識すべきことをまとめてみましたので、是非確認してみてください。少しでも上手くいく可能性を高めるためにも、ただ応募するだけではなくポイントを押さえておきましょう。

学歴フィルターに打ち勝つポイント1:実績をもつ

学歴フィルターに打ち勝つには「実績をもつ」ということも大切になります。学歴も実績の一つとして考えることが出来ますが、学歴という実績が残せていないのであれば他の実績を残せばいいということです。他の人はなかなか持っていないような実績を示すことができれば、学歴がなくてもその実績を評価されて採用につながるというのは少なくありません。これはその企業の業務内容に直結するような内容でなくても評価される可能性は十分にあります。

例えば、学生時代にスポーツを一生懸命やっていて全国レベルでの実績があるとします。ある意味、その実績は学歴以上の評価を受けることもあるでしょう。もちろん、スポーツ以外に文化系であっても、全国レベルの実績や世界レベルの実績を持っている人は高い評価を得ることが出来ます。そういった実績を残している人は、その実績を残すためにそれ相応の努力を重ねてきたことがわかるからです。学歴は勉強を頑張った人ですが、スポーツであれば体力やコミュニケーション能力、協調性などが評価されます。

ただ、就活の段階になっていきなり何かを始めても就活に有効な実績を出すというのはかなり難しいでしょう。自分自身の能力や実力を見極め、それを活かすということが大切になります。

学歴フィルターに打ち勝つポイント2:スキルを身につける

学歴フィルターに打ち勝つポイントとして「スキルを身につける」というのも有効です。企業は優秀な人材を求めていますので、仕事に役立つようなスキルを持っていれば即戦力として高い評価を得ることが出来るでしょう。例えば、プログラミングを行っている企業において、いくら学歴があってもプログラミングに関するスキルは一切ないという人と学歴が多少低くてもプログラミングスキルが十分にある人であれば、プログラミングスキルのある人の方が即戦力として評価されるのは当然です。

英語が話せるのも就職には有利なスキルと言えるでしょう。英語力は特定の職種ではなくあらゆる職種で求められるスキルですから、英語が喋れるというだけでかなり有利になります。これも英語ができるというだけでは評価されにくいため、TOEICの点数など客観的な実績を示せるようにした方が良いでしょう。このように、スキルは評価をかなり左右するものです。しかし、エンジニアが求められている企業で接客スキルがあると言ってもなかなか評価はされません。希望する就職先を意識してどのようなスキルを持った人材が求められるかを考え、有利になるであろうスキルを身につけるようにすることが大切です。

学歴フィルターに打ち勝つポイント3:インターンに参加する

学歴フィルターに打ち勝つポイントとして「インターンに参加する」というものもあります。インターンシップは特に外資系の企業で重要視されていますが、最近では国内企業においてもインターンでの評価を重視するという企業が増えてきています。インターン自体にも選考があるため、希望をしても必ずしもインターンに参加できるわけではありませんし、インターンを行っているのは東京の企業がメインなので地方に住んでいる人にとってはなかなか厳しい面がありますが、インターンの成績によってはその段階で内定をもらえるというケースもあります。

インターンは海外で行われるものもあります。海外インターンシップは英語がある程度できなければいけないというハードルはありますが、選考のハードルは低い傾向にあるので学歴フィルターに打ち勝つ大きなチャンスの一つです。人によっては休学をしてTOEIC700~800点程度を獲得し、海外インターンで実績を作って就職活動に入るという人もいるほどです。英語力を養うことができるのも大きな魅力でしょう。

学歴フィルターに打ち勝つポイント4:筆記試験対策をする

学歴フィルターに打ち勝つポイントとして「筆記試験対策をする」というものもあります。企業は当然優秀な人材を求めており、そのために学歴フィルターを採用しているわけですが、学歴フィルターによる足切りの批判をかわすという意味でも筆記試験の結果を重視するという企業も多くなっています。学歴がない人にとっては、この筆記試験は大きなチャンスになります。学歴が高い人が高い点数を獲得するのはある意味当然と思われますが、学歴が低い人が高学歴の人と同じような点数を獲得できれば高学歴の人よりも採用担当者の目に止まりやすくなります。また、こういった筆記試験の結果については、面接でも話題になることが多いため、その時に自分がどうして高得点を取ることが出来たのか、どれだけ努力をしてきたのかのアピールをすることも出来ます。筆記試験で結果を出すということは努力を評価してもらえるということにもなりますので、早い段階から筆記試験対策を始めて高得点を獲得することができればかなり有利になるでしょう。

学歴フィルターを気にしすぎず努力を重ねよう

学歴フィルターは企業によって採用しているところもありますが、今さら学歴フィルターについて気にしすぎても仕方ありません。学歴フィルターを理由に諦めてしまうのではなく、目の前のことにコツコツ取り組んでいくことが大切です。就職は学歴だけで決まるわけではありませんので、学歴以外にアピールできるポイントを作ることも希望通りの就職には必要です。学歴フィルターを気にしすぎず、努力を重ねていきましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC