就活エージェントのメリットとは?活用方法や選び方を解説します!

就活エージェントのメリットとは?活用方法や選び方を解説します!

就活をする上で就活エージェントを利用すれば、自分ひとりで活動するよりもメリットがたくさんあります。ただし、デメリットがまったく無いわけではないので、利用する場合は注意が必要です。

そこでこの記事では、就活エージェントに興味がある方のために、利用した場合のメリットやデメリット、また選び方について紹介していきます。

就活エージェントとは?

就活エージェントとは?

就活に関係する様々なことをサポートしてくれるのが就活エージェントです。就活エージェントを利用すれば、自分ひとりでは大変だった活動の負担を減らせます。

しかもサポートをしてくれるのに、こういった就活エージェントは基本的に無料で利用できて、学生1人1人に就活のプロである担当アドバイザーがサポートしてくれます。そのため、学生のことをよく理解したアドバイザーが、その人に合った企業を紹介してくれます。

求人の紹介

通常の就活では自分で求人サイトなどをチェックして求人を検索しますが、就活エージェントだと就活のプロがその学生の希望や条件に合った求人を紹介してくれます。自分で探す手間が省けるだけでなく、自分の働きたい仕事内容や条件に近い求人を探しやすくなります。

キャリアの相談

自分ひとりだと自己分析をするのが難しいですが、就活エージェントだと担当者が客観的な目線で分析してくれます。その分析を元にしてキャリアの相談ができるため、的確に今後のキャリアを判断できるようになります。

履歴書や職務経歴書などの添削

履歴書や職務経歴書の書類作成は、就活をする上でとても大切な部分です。アドバイザーは企業が好印象を抱く書き方を熟知しているので、履歴書や職務経歴書をアドバイザーが添削してくれます。

面接のセッティング

複数の企業に応募していると日程調整などが面倒で就活の負担のひとつです。しかし、アドバイザーならそういった面接のセッティングから日程調整までも行ってくれます。

面接への対策

企業によって面接での質問や見ているポイントが違うので、それを企業ごとにアドバイザーが対策を行ってくれます。自分ひとりだと、どんな質問をされるのか、どんな受け答えをしたらいいのか不安になります。それを解消するために面接への対策をしてくれます。

面接後のフィードバック

面接後に不採用になると、普通は何故不採用になったのか分かりません。企業側がその理由を説明してくれないからです。しかし、就活エージェントなら、面接を受けた後に不採用になったとしても、その理由を教えてくれる場合があります。すべての企業というわけではありませんが、面接後のフィードバックがあると今後の面接対策に役立ちます。

就活エージェントを利用するメリット

就活エージェントを利用するメリット

メリット1:自分に合う企業を見つけやすい

ひとりで就活するよりも、就活エージェントを使えば自分に合う企業を見つけやすくなります。担当してくれるアドバイザーに対して、就活における疑問などを何度でも相談できるし、アドバイザーのヒアリングで自分の性格や考え方などを考慮して求人を探してくれます。これにより、自分の希望とマッチする企業が見つけやすくなります。また、アピールポイントでもある強みも自分で考えるだけでなく、アドバイザーが客観的に判断してくれるため、自分では気付かなかった新たな強みを発見できるかもしれません。

また、求人そのものについても、自分自身で求人を探していくより、就活エージェントを利用した方が応募する求人の選択肢が増えます。企業の中には就活エージェントでしか求人を掲載していないところがあるため、就活エージェントを利用しただけで求人の選択肢が広がります。就活には様々な不安や疑問がありますが、何度でも1対1での面談ができるので不安や不明点を解消できます。

メリット2:効率的に就活ができる

就活する際には様々な企業の情報を集めていきますが、その方法のひとつに説明会があります。また、たくさんの企業に応募すれば面接もその数だけ必要になります。就活では、その日程調整が複雑になり、就活の負担のひとつです。しかし、就活エージェントを使うことで、説明会や面接、面談などの日程調整を一括してサポートしてくれるので、自分で調べて日程調整をする必要がありません。エントリーの作業から面接の日程調整までをしてもらえるので、何社も選考が控えているならその負担を軽減できます。

また、エージェントが主催してくれるイベントに参加すれば、さまざまな企業と出会う機会が増え、自分がノーマークだった優良な企業に出会えるチャンスも増えます。就活エージェントは、利用するだけで効率的に就活が行えるようになるので、就活に対する不安や負担を減らしたいなら、エージェントを使えば解消できます。

メリット3:内定までのフォローが手厚い

内定をもらうまでには、いろいろと準備が必要です。その準備を手助けしてくれて内定までのフォローが手厚いのが就活エージェントです。例えば、エージェントが客観的な目で自己分析をしてくれて、より自分に合った仕事が分かったり自分の強みや弱みに気付いたりと、ひとりでは難しいことを把握しやすくなります。また、履歴書や職務経歴書の添削では、応募企業に合わせて、プロの視点から有効なアドバイスをしてくれます。企業によって書類のどの部分をよく見ているのか、就活エージェントは長年の実績からある程度は把握しています。それを元に添削してくれるので、書類選考でも有利になりやすくなります。

他にも、就活するなら企業との面接は欠かせません。就活エージェントは、履歴書や職務経歴書の添削同様、企業ごとに評価されやすいポイントなどを踏まえて面接対策が可能です。採用されやすい人材や、質問される内容などを事前に対策できるので就活でも大きなメリットです。仮に不採用になったとしても、面接後にフィードバックがあり、その理由を元に更に対策して次の面接に活かせます。不採用になった理由は、今後の面接において貴重な情報です。それが分かるのは就活エージェントを利用しているからです。

就活エージェントのデメリット

就活エージェントのデメリット

デメリット1:企業の選択肢が狭い

就活エージェントを使うメリットは大きいですがデメリットもあります。例えば、大企業などの大手の有名企業の求人が少ない傾向があり、求人のほとんどは中小企業を中心としているため、大手の有名企業へ就職を考えているならあまり向きません。また、エージェントがしっかりとヒアリングをしてその条件に合った求人を紹介してくれますが、その条件が厳しすぎると候補となる企業が激減してしまう可能性があります。そうなると応募する求人の選択肢が少なくなってしまい、内定をもらいにくくなる可能性があります。

そういった場合は、条件を少し軽くするなどの対策が必要です。また、就活エージェントが手厚いサポートをしてくれるため、興味のない企業から内定があると、なんとなく断りにくい感じになってしまいます。親身になって就活のお世話をしてくれる担当アドバイザーに、申し訳なく思ってしまうからです。ただ、就活は今後の自分の人生を決める重要な活動なので、そこは自分の意思を貫くことも必要です。

デメリット2:頻繁に連絡を取る必要がある

就活エージェントを利用すると、就活に関する様々なサポートを親身になって行ってくれます。しかし、親身にサポートしてくれるということは、それだけ頻繁に連絡を取る必要があります。企業との間にエージェントが入ると、面接や説明会などの日程調整を何度もしないといけなくなります。当事者と企業とのやり取りなら1回で済むこともありますが、エージェントから企業へ連絡、その後にエージェントから就活生へ連絡、その後また企業へ連絡するといった手間がかかります。エージェントが調整を代行してくれるとはいえ、エージェントと就活生の連絡は頻繁にやり取りをします。それがわずらわしく感じる可能性があります。

また、様々な会社の説明会の連絡があり、その参加を勧める電話も多くなります。たくさんの会社の説明会に参加すれば応募先の選択肢は増えますが、多すぎると疲れるかもしれません。何より就活エージェントのアドバイザーとの相性が悪いと、連絡を取り合うことそのものがストレスになります。アドバイザーにもいろいろな人がいるので、自分と合わない人だと無駄に疲れてしまいます。ただ、そういった場合は就活エージェントに担当を変えてもらうようにお願いする方法もあります。

就活エージェントを利用する流れ

就活エージェントを利用する流れ

就活エージェントを使って内定をもらうには、インターネットから登録をしないといけません。

STEP1:就活エージェントに登録

就活エージェントを利用するには登録をする必要があります。利用したい就活エージェントのホームページから、新規登録などの専用フォームに必要な内容を入力して登録します。ほとんどの就活エージェントは、登録時に基本的な情報を入力するだけなので登録完了まで約5分程度です。

STEP2:エージェントとの面談

就活エージェントに登録が終わると実際にエージェントと面談をして、求人の希望条件などの就活についての具体的なヒアリングを行います。もし、近くに就活エージェントの事務所が無く、遠方になってしまう場合は電話面談となります。

STEP3:アドバイザーと相談しながら企業を決めていく

予めアドバイザーがヒアリングした条件を元に求人を紹介してくれます。アドバイザーと相談しながらエントリーする企業を決めていくので、分からない場合もその場で質問できるし、相談することでその求人が本当に自分に合っているのかを判断できます。

STEP4:選考のための対策をする

応募する求人が決まったら、まずは選考に必要な書類の作成に取りかかります。アドバイザーがサポートをしながら書類の添削を行ってくれて、面接でも事前の対策をしてくれます。

STEP5:内定が出たら就活エージェントを退会する手続

無事、希望する企業から内定をもらうことができたら、登録していた就活エージェントの退会手続きをします。就活エージェントにもよりますが、退会手続きをしないと求人の紹介が続いてしまう恐れがあります。

就活エージェント選びのポイントと活用のコツ

就活エージェント選びのポイントと活用のコツ

就活エージェントはたくさんあるため、就活エージェントを選ぶ際のコツを覚えておくと登録後に後悔することが少なくなります。

就活エージェント選びのポイント

ポイントとしては、まず「サポートが手厚いかどうか」です。就活エージェントを利用する最大の理由は、希望する求人に内定をもらうことです。そのサポートが中途半端だと、納得のいく内定をもらえない可能性があります。また、「非公開求人が多いかどうか」も重要です。非公開求人が多いと、それだけ選択肢が増えるのと同じ意味なので、就活エージェントを選ぶ時は、非公開求人の数も重要です。他にも「マッチングの精度が高いかどうか」です。希望する求人を紹介してくれないと、いつまで経っても応募すらできません。そのため、このマッチングの制度も就活エージェントを選ぶポイントのひとつです。

就活エージェントを活用するコツ

就活エージェントによって求人の数や質が違うので、「複数のエージェントに登録」すれば、たくさんの企業へエントリーできます。また、エージェントとの面談でも、自分を売り込むために「本番の面接と同じような心構え」で面接をしないといけません。中途半端な受け答えだと、エージェント側もサポートを親身になって行ってくれないかもしれません。エージェントに対してしっかりと自分の意見や、本当に内定をもらいたいという意思を伝えればサポートもしっかりと行ってくれます。また、就活エージェントは「あくまでもサポート」であり、内定をもらうには自分自身の力であることは心得ておく必要があります。

就活エージェントをおすすめしたい人

就活エージェントをおすすめしたい人

就活エージェントをおすすめしたい人は、就活そのものに悩みを抱いている人です。自分ひとりだと不安ですが、就活エージェントなら担当アドバイザーが相談に乗ってくれて、サポートをしてくれるので安心できます。また、就活に関する様々な情報を集めたいなら、就活エージェントは就活のプロで、ノウハウから情報まで就活に有利な情報を教えてくれます。他にも履歴書や職務経歴書などの書類の書き方に不安があるなら、担当アドバイザーがアドバイスして添削をしてくれます。企業との面接で内定をもらえなかったとしても、フィードバックがあり客観的な意見が聞けて次の面接で活かせます。また、面接で面接官が評価するポイントも、担当アドバイザーが抑えているので的確なアドバイスを受けられます。担当アドバイザーは、蓄えてきた経験から評価のポイントを知っているためです。

就活エージェントの魅力を活かそう!

就活エージェントの魅力を活かそう!

就活エージェントは就活をする上でとても便利なサービスです。様々なメリットがあり、しかも無料で利用できるため、就活に不安を抱えている方ならサポートを受けることで就活も楽になります。しかし、多少のデメリットがあることも心得てから利用するようにしましょう。就活エージェントをうまく利用して、就活にしっかり役立てるのがベストです。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC