役員面接で採用を勝ち取るための対策は?よく聞かれる質問や回答のポイント

役員面接で採用を勝ち取るための対策は?よく聞かれる質問や回答のポイント

役員面接は企業の役員クラスや代表による面接で、最終面接またはそれに近いものです。採用を左右するものになるため、対策はしっかり行いましょう。この記事では、役員面接の特徴や面接官からの質問内容、受かるためのポイントなどについて解説します。

役員面接の意味と目的

役員面接の意味と目的

役員面接では企業の役員が面接に同席し、質問を実施します。役員面接の意味や理由、企業が役員面接を行う目的について解説します。

役員面接とは

役員面接は、採用選考において最終面接として行われる最後の難関となります。役員面接を通過すれば内定が決まるため、心して挑みたいものです。役員面接は企業の社長や役員クラスが面接に同席し、経営者側からの視点で採用するか否かの判断がされます。一次・二次面接を無事に通過したのだから大丈夫だと、何の対策も練らずに挑むとこれまでの努力が無駄になってしまうこともあります。

役員面接を行う理由

役員面接を通過するためには、役員面接が行われる目的を知ることが大切です。一次・二次面接と2度も面接を行った後に役員面接が行われるのは、応募者が企業にふさわしい人材であるかを経営者側の視点から判断するのが目的です。企業によって異なりますが、基本的に役員は一次・二次面接の評価を踏まえながらも、ゼロベースで選考します。そのため、一次・二次面接と同じ質問であっても、初めて聞かれる質問として真摯に答えることが大切です。

役員面接には、企業と応募者のマッチング度を判断するという目的もあります。企業と応募者の方向性が違っていると、企業にとって損失となるだけでなく、応募者にとっても入社後に仕事のモチベーションが上がらなかったり、入社したことを後悔したりなどのデメリットもあります。そのため、面接を通して応募者と役員がしっかりコミュニケーションをとることで、企業のカラーに合った人材であるかどうかが判断されるのです。

役員面接の特徴

役員面接と一次・二次面接はどちらも採用選考のための面接であるものの異なる点も多く、別の種類の面接として新たに対策を練る必要があります。役員面接と一次・二次面接では面接官も異なり、チェックされるポイントも異なります。

一次・二次面接の特徴

一次・二次面接は人事や現場の社員によって行われるため、現場側の視点においての選考となります。主に、スキルや志望動機、素質など、判断しやすい部分が基準とされ、現場視点でこれらを満たしていると判断されれば合格とされます。

役員面接の特徴

役員面接は、一次・二次面接でスキルや資質などの基準を満たした人材を絞り込み、最終的に採用するか否かを決定する面接です。役員面接では能力面では基準を満たしている前提で行われるため、企業とのマッチングや入社意欲を基準に判断されます。どれだけ入社意欲があっても、企業のカラーに合わないと判断されると採用は得られません。役員面接は内定承諾の意思確認の場だと認識している人も多いようですが、合格率は2分の1という統計もあります。甘い考えで受けると落とされてしまうため、しっかりと対策を練り気を引き締めて臨むのが賢明でしょう。

役員面接で就活生がするべき対策とは?~企業が見ているポイントも紹介~

役員面接では、企業の役員である面接官がどこを見ているか押さえておく必要があります。役員面接に通過するためのポイントについて解説します。

面接官はココを見ている

役員面接では、主に企業とのマッチング度、入社意欲、企業への理解度の3つのポイントを基準としてチェックされます。

企業とのマッチング度

企業とマッチした人材を採用することは、企業が人材を育てていくためにも非常に大切な要素です。企業との方向性が違いすぐに退社されてしまっては、期待していた戦力を失い大きな損失となってしまいます。そのため、役員面接では企業が求める人材であるのか、社風とマッチするのかをコミュニケーションを取りながら判断します。最終的にはフィーリングが合うかどうかがカギとなるため、会社の理念や経営方針に共感していることをしっかりアピールすることが重要です。

入社意欲があるか

入社意欲があるかどうかは、企業が有能な人材を確保するうえで大事なポイントです。入社意欲の低い人は、内定を出しても他の企業を選んでしまうこともあります。役員面接では一次・二次面接で絞られた能力のある人が残っているため、モチベーションの高さややる気の有無で判断されます。採用に迷った場合は、スキルや資質の点で劣っていても入社意欲の高い人が選ばれる傾向が強いようです。

企業への理解度

企業の事業内容や仕事内容を知り理解が深い人は、入社後にどれぐらい貢献できるか予想しやすいため、採用される確率が高くなります。企業を正しく理解していると入社後に自分が描いていたイメージとのギャップに悩まされず、仕事のモチベーションが下がることもありません。積極的に企業のことを理解しようとする姿勢は、役員面接で高い評価を得ることに繋がります。

役員面接に受かるためのポイント

役員面接に受かるためのポイントは、組織で働くためのマナーが身についていること、経営者に共感できることの2つです。

組織で働くためのマナー

役員面接に限らず、面接においては組織で働くための基本的なマナーが身についていることが必須条件となります。身だしなみはもちろんのこと、言葉遣いや振る舞いにおいて、組織で働くための基礎が身についていることがポイントです。近年は面接の服装もリクルートスーツではなく自由裁量とされる企業も増えてきていますが、だからといって面接にふさわしくない個性の強い服装で臨むのは厳禁です。

経営者との共感

役員面接は企業のトップクラスが面接官を務めるため、委縮してしまい本来の力を発揮できない人も多いようです。しかし、面接に受かるためには経営陣の前でも自分の意見をしっかりと述べ、なおかつ経営陣と共感できるポイントがあることが大切になります。企業や経営陣が目指す理想を共有しながら、志望動機を述べることができれば高い評価を得られるでしょう。

役員面接に向けた準備

役員面接に向けた対策や、企業の役員面接で落ちてしまう可能性がある人の特徴などについて解説します。

企業の理解を深める

役員面接では、入社意欲が高いことをアピールするのが大切です。企業を研究し、分析することで理解を深めると、自分がどのように貢献できるかを具体的に伝えられるため、入社したいという熱意をアピールできます。他企業の悪いところを引き合いに出すのではなく、企業の良いところを説明できるようにしておくことも大事です。メディアやFacebook、Twitterなどで最新の情報を仕入れ、役員や企業の最新ニュースを入手して面接に役立てるのも良いでしょう。

志望動機を再確認

役員面接の準備では、一次・二次面接と話が矛盾しないように、志望動機ややりたい仕事を再確認して置くことが大事です。面接はエントリーシートや履歴書を見ながら進められることもあり、一次・二次面接と同じ質問をされた場合、内容にぶれがないとともに回答の質を高めておくことも心掛けましょう。また、性格や価値観などを掘り下げた質問をされることもあるため、明確に答えられるように回答を練っておくことも必要です。

役員面接で落ちてしまう人とは

一次・二次面接は通過できたのに、役員面接で落ちてしまう人にはいくつかの特徴があります。

入社意欲が見られない

企業は入社したいという熱意が見られる人を好むものです。第一志望であると言いながらも気持ちが入っておらず、入社意欲の感じられない人は役員面接で落とされる傾向があります。たとえ第二志望であったとしても、正直に伝え信頼関係を築くよう心掛けるほうが高評価につながります。

一次・二次面接と内容が矛盾する

役員面接で話すことと、一次・二次面接で話した内容に矛盾があると、一貫性がなく信頼できない人物とみなされてしまいます。面接官同士で面接の内容を共有しているため、あまりにも食い違う内容の場合は落とされる可能性もあります。軸のぶれない一貫した内容を話すことが大事です。

価値観が異なる

企業や役員と価値観が異なるのも、役員面接で落ちる人の特徴です。どれだけ能力の高い人でも、理想の働き方や将来的なビジョンが異なる場合、企業との相性が良くないということで落とされてしまいます。質問も仕事の能力やスキルに関するものではなく、人生観や仕事観に関するものが多くなります。どれだけ企業や役員のフィーリングに合った回答ができるかがカギとなるでしょう。

受かるだろうと油断している

一次・二次面接でそれなりの手ごたえを感じた人は、役員面接も受かるだろうと油断してしまいがちです。しかし、そのような気持ちで臨むと、内定が出ると油断していることを面接官に見透かされ心証が悪くなります。どれだけ自信があっても、緊張感を持って面接を受けるのが大事です。

役員面接の質問と回答

役員面接で聞かれる可能性がある質問と回答についてまた、応募者から面接官への逆質問についても解説します。

聞かれやすい質問

役員面接で、面接官の役員から聞かれる可能性が高い質問について解説します。

質問1:応募者の特徴と入社意欲

役員面接で聞かれる質問にはパターンがあり、その中でも応募者の特徴と入社意欲は必ず聞かれるものの一つです。

典型的な質問としては、「学生時代に努力したこととその成果」や、「これまでの人生の失敗と対処法」、「グループ活動での自分の立ち位置や協調性についての考え」などです。ただ単に結論だけを話すのではなく、具体的なエピソードを交えながら話すとアピール力が高まります。長所・短所の説明も頻繁に尋ねられる質問ですが、客観的に自分を分析できるかどうかが判断されます。長所はしっかりと主張し、短所を説明した後は改善点についても述べ、自己分析ができることをアピールするのが良いでしょう。

よく聞かれる質問としては、「なぜ他社ではなく当社を希望したのか」、「当社を選んだ決め手は何か」などがあげられます。他の企業を否定するのではなく、企業の良いところを挙げてその上で入社したい熱意を伝えるのが理想的です。加えて、一次・二次面接で得たエピソードや、入社して実現したいことを織り交ぜると、さらなる入社意欲をアピールすることができます。

質問2:企業への理解度と将来のビジョン

役員面接では、企業への理解度や将来のビジョンに関する質問も必ず聞かれます。

企業への理解度に関する質問の具体例としては、「当社の社風についてどう考えているか」、「当社の事業で最も成長すると考えるのは何か」などがあげられます。企業や業界に対しどのように考えているのかを判断されるため、志望動機と絡めて伝えられるようにしておくと良いでしょう。企業のホームページやビジネスニュースなどから情報を収集し、事業内容や経営理念、業界の動向などしっかりと把握しておくことが必要です。

将来のビジョンに関する質問は、「10年後になりたい姿はどのようなものか」、「どんな夢を持ち、実現するためにどのような努力をしているか」などがあげられます。目の前のことだけでなく、大きなビジョンを持って仕事に挑むことができるかが判断される質問です。企業の未来像と希望する職種を絡め、自分がどのように関わっていきたいかを答えるのが良いでしょう。

逆質問について

役員面接では、質問がないか面接官に聞かれた際の逆質問の対策も行っておきましょう。

役員面接で印象に残る逆質問

役員面接では、面接の最後に「何か質問はありませんかと」聞かれることがあります。急に尋ねられると「特にありません」と答えてしまいがちですが、印象に残る逆質問をすることが入社意欲をアピールするチャンスでもあります。他の応募者と差別化するためにも、アピール力の高い逆質問を考えておくのが賢明です。

理想的な逆質問

逆質問は入社する前提で、業務に関連する質問をするのがベストです。「配属先はいつどのように決定されるのか」などの入社後の業務に関する具体的な質問や、「入社までにすべき準備や勉強」など入社後に活躍するためのコツを尋ねる質問は、熱意をアピールすることができます。役員面接の前に、5つほど逆質問を考えておきましょう。

NGな逆質問

逆質問は内容によっては強力なアピールになるものの、質の低い逆質問をすると評価を下げる場合もあるので注意が必要です。企業サイトを調べればすぐに分かるようなことや、業務と関係ない内容はNGです。企業への理解が薄いと判断され、逆質問によって墓穴を掘ることになりかねません。福利厚生や待遇などの質問は、業務よりも待遇ばかりを気にかけている印象を与えるため、役員面接ではしないほうがよいでしょう。

役員面接の対策をして採用をもらおう

役員面接では、応募者に入社意欲があるか、企業とマッチしているかを基準に選考されます。スキルや素質は一次・二次面接で判断されているため、企業のカラーに合うか合わないかの判断が下される場となります。そのため、一次・二次面接での手ごたえから内定が出ると確信していたとしても、気を引き締めて臨むことが大切です。志望動機をもう一度整理し、企業への理解を深めたうえで本番に挑むようにしましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC