履歴書は手書きが常識?新常識ではパソコンでも問題ない衝撃の事実

手書きで履歴書作成はリアルか

就活時に限らず、よく議論されるテーマといえば「履歴書は手書きかパソコン(PC)か」。かつて手書きが常識だった履歴書。現在では、パソコン(PC)で作成することが新常識から常識へと進化しつつあるのでしょうか?

 

手書きする字は下手でも丁寧に

今さらですが、「履歴書」についてちょっとおさらいです。履歴書は、就職や転職を希望する会社・企業への応募の際に、氏名にはじまる自分の基本情報を正確に伝えるための書類です。採用選考を目的とし、会社・企業の採用担当者が目を通す履歴書では、まず誤字脱字は論外となります。 また採用担当者の多くは、書きなぐった場合と、字が下手でも一生懸命丁寧に書こうとした場合の見分けは必ずつく、と語ります。字が下手でもキチンと丁寧にというのが、手書き履歴書の基本ルールです。

パソコンで作成メリットとデメリット

さて、履歴書をパソコン(PC)で作成する理由をまとめてみると、だいたい以下のようになるようです。

  • 「字がヘタ」
  • 「間違えたとき書き直すのが面倒だし苦痛」
  • 「数社に応募するので効率的に作成したい」
  • 「今どき手書きなんて古くさい」

かつて誰もパソコン(PC)を持たず、履歴書=手書きだった時代。完成まであと一歩のところでミスをしたり、完成後に脱字を発見したりした時のショックといったら、一言では言い表せませんよね。 パソコン(PC)の出現とデータの修正や保存が容易になったことで「字がヘタ」な悩みも「間違えたとき書き直すのが面倒だし苦痛」も解消されました。これは応募側にとって大きなメリットです。但しパソコン(PC)で作成された履歴書は読みやすいものの、採用側に画一的で内容が薄いと感じさせるデメリットもありそうです。 ちなみに「数社に応募するので効率的に作成したい」「今どき手書きなんて古くさい」は、明らかに応募側の勝手な都合と解釈にすぎないと言えるでしょう。

 

企業の業種などに合わせて使い分けが常識

外資系企業やIT業界への応募では、パソコン(PC)での履歴書作成が常識となっています。ちなみにこの〈常識〉を逆手に取り、IT関連会社でもあえて手書きの履歴書で応募するケースもあるようです。確かに目立つでしょうが、効果のほどはわかりません。 手書きかパソコン(PC)か、作成手法を結論づける前に、今一度応募要項を確認してみましょう。「自筆の履歴書」と書かれていたら、履歴書は手書きが常識です。理由はどうあれ会社が「自筆」を求めているわけですから、パソコン(PC)では明らかにルール違反です。

履歴書はパソコンで問題ないという新常識

応募要項で単に「履歴書」もしくは「履歴書(書式は自由)」などであれば、どうでしょうか? パソコン(PC)で作成してもまったく問題ないというのが新常識です。しかし応募側都合の解釈ではなく、あくまでも応募先の会社・企業の採用担当者次第と考え、事前の確認が望ましいといえるでしょう。 以上のことから、手書きでも、パソコン(PC)での作成でも、履歴書の意味や目的、それに基づくルールを理解しておくことが大切です。あわせて、きちんとした書き方を押さえておくことが大事なポイントですよ!

面接に呼びたくなる履歴書を書く秘訣を大公開!

無料
プレゼント

採用担当が面接に呼びたくなる履歴書に!
「趣味・特技」欄 19の例文

履歴書「趣味・特技欄」
19の例文
14,000名以上の就活生の履歴書を添削したジェイックが、書くのに悩む「趣味・特技」欄の例文を公開!

〜資料の特徴〜
  • 採用担当が注目する「趣味・特技」欄が書けるようになる
  • 「趣味・特技」欄で自己PRする方法が分かる
  • 国家資格を保有した就職アドバイザー監修

「この人は面接に呼びたい!」
と思われる履歴書を作りませんか?

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから