ホワイト企業の特徴11選~ブラック企業に就職したくない人へ~

ホワイト企業の特徴11選~ブラック企業に就職したくない人へ~就職活動を進める際に希望する企業がホワイト企業かそうでないかは重要な問題です。

もし、苦労して入った企業がブラックと呼ばれるものだった場合、仕事が長続きせず就職活動をやり直さなければなりません。

入社後の生活を安定させるためには、ホワイト企業を目指すべきです。

この記事ではホワイト企業を見分けるために参考になる共通の特徴を紹介していきます。

この記事のまとめ

 1.新卒だからこそ成長できる企業をしっかりと見極めよう

 2.ホワイト企業とブラック企業の違いを理解しよう

 3.ホワイト企業と謳っている企業ほど注意して研究しよう

 

ホワイト企業を言われる企業とは

ホワイト企業を言われる企業とは一般的に言われているホワイト企業とは、労働時間、給料、福利厚生などを大切にし、働きやすい環境を提供している企業のことを言います。

ホワイト企業の対義語がブラック企業であり、国が対策に乗り出すほどの社会問題になっています。

会社員になるのなら、誰しもがホワイト企業に就職することを目指すべきですが、社会人経験が少ない新卒者は、特にそのことにこだわってみましょう。

なぜなら、新卒者が社会人として成長するための要因に会社の環境が大きく関わってくるからです。

働きやすいホワイト企業では入社後の生活にも余裕が生まれ、仕事に対する意欲が高まります。

新しい仕事も覚えやすく、将来的なキャリアアップにもつながるでしょう。

また、「ホワイト企業ランキング!~4つのポイントから企業を分析~」では実際にホワイト企業と言われる企業を紹介しているので会社選びの参考にしてみてください。

 

ホワイト企業の特徴11選~ブラック企業との違い~

ホワイト企業の特徴11選~ブラック企業との違い~ホワイト企業には共通した特徴がいくつかあります。労働時間が適切なものであったり、給与面が優遇されているなどの条件ががそうです。

他には、休日がしっかりと設定されているとか労働組合の存在なども挙げられるでしょう。

これらの情報は、企業のホームページやOB訪問などで知ることが出来るので、しっかりと確認しておくことが大事です。

この他にもホワイト企業の代表的な特徴をこれから紹介していくので、そちらも合わせて調べておきましょう。

  • 残業が少ない
  • 有給休暇取得率が高い
  • 基本給が高い
  • 福利厚生が充実している
  • 女性が働きやすい環境である
  • 研修制度が充実している
  • 離職率が低い
  • 明確な評価制度がある
  • 業績が良く財務状況が健全である
  • ホワイト企業マーク認定を受けている

それぞれについて解説するので、ブラック企業に入りたくない人は参考にしてみてください。

残業が少ない

残業が少ないことは、ホワイト企業の特徴のひとつです。

ただし、皆無ということではなく、仕事内容や時期によって多少の残業は発生します。

しかし、ホワイト企業は就業規則がしっかりとしており、業務内容も適切な振り分け方をしているので、社員一人に無茶な残業を強いることはありません。

社員に対してサービス残業も求めないので、残業時間に応じた報酬をしっかりと受け取ることも出来ます。

企業によっては上司や先輩社員が残業していると若手社員が先に退社しにくかったりしますが、ホワイト企業の場合は、無駄な残業が発生しないように積極的に退社を促してくれる場合が多いようです。

有給休暇取得率が高い

ホワイト企業は、一般的な企業と比べて有給休暇が取りやすい傾向にあります。そもそも有給休暇は、労働基準法によって義務付けられており、労働者なら誰でも取得できる権利です。

しかし、企業は社員が労働しなくても報酬を払わなければならないため、有給休暇を嫌がる場合もあります。

ホワイト企業では、そのようなことはなく、社員全員が有給休暇を消化できるように社内環境を整えています。

有給休暇が取りやすい企業かそうでないかは、有給休暇取得率の高さを調べるとある程度推測することが可能です。

 

もし、この有給休暇取得率が極端に低かった場合は、ブラック企業の可能性があります。

ブラック企業は、有給休暇を取得しにくい場合が多いです。

申請をしても許可が出なかったり、取得する理由を細かく聞かれる場合もあるので、そのような企業は出来る限り避けたほうが良いでしょう。

ホワイト企業では有給休暇を申請する目的を詳しく聞かれたり、理由もなく却下されることはないです。

基本給が高い

ホワイト企業の多くは、基本給が高めに設定されていることが多いです。

企業が高い基本給を設定できるというのは、安定した業績を上げているからこそであり、倒産などのリスクが低いことの証明といえるでしょう。

また、基本給の高さは安定した年収につながります。企業というものは業績が悪化すると最初にボーナスを減らしてきます。

続いて、各種手当をカットするために残業を極力減らすようになるでしょう。

このような状況になった場合、給料の大部分を手当てに頼ったままだと経済的に大打撃を受けてしまいますが、基本給自体が高ければ受ける影響も少なくなります。

このことはホワイト企業ならではの大きなメリットです。

福利厚生が充実している

ホワイト企業は、通勤手当や家賃補助などの福利厚生が充実しています。

たとえ基本給が他の企業と比べて安く感じても、これら各種手当を合計すると他の企業を上回ることもあり、そのような企業は、ホワイト企業であるといえるでしょう。

企業を見極める際には、給料の額面だけで判断するのではなく、トータルの支給額で考えるようにすることが大事です。

また、福利厚生には社員食堂の有無や休暇制度の充実なども含まれるので、こちらも良く調べておきましょう。

女性が働きやすい職場である

女性が働きやすい職場であるということもホワイト企業には欠かせない特徴です。

産休や育休に対しても理解があるため、しっかりとした制度が構築されています。

産休明けに元のポストに戻れたりもするので、制度を活用しやすいでしょう。

また、ホワイト企業では女性のスキルアップにも力を入れており、女性の管理職の数は一般企業と比べても多いです。

性別にかかわらず能力によって出世できるというのは、ホワイト企業ならではといえます。

研修制度が充実している

ホワイト企業は、社員を育てるための研修制度が充実しています。

研修期間中は、社員が企業に対して利益を生むことはありませんが、ホワイト企業は長期的な目線で社員を育ててくれます。

たとえ時間がかかっても、社員をしっかりと育て上げスキルを叩き込めば結果的に企業のプラスになることを知っているからです。

ブラック企業は、逆に短期的な考え方をしており、すぐにでも企業のために働かせようとします。

何一つ教えてもらえないままいきなり現場に駆り出されることも珍しくありません。

そのような状態では、満足のいくパフォーマンスを発揮することは難しく、仕事の対する自信も失ってしまいます。

ですので、企業を選ぶ際には研修制度がしっかりとあるかどうかを調べておくようにしましょう。

離職率が低い

ホワイト企業は、他の企業に比べて離職率が低い傾向にあります。

離職率の低さは、入社した社員が働きやすい職場であることの証明であり、そのことからも待遇面の充実が想像できます。

平均勤続年数の長さやや離職率の低さはホワイト企業を見極める時の目安として優れているので、必ず確認しておくようにしましょう。

詳しい離職率が知りたければ、就職四季報を参考にすると役立ちます。

就職四季報には、新卒入社3年後離職率という項目があるので、新卒で就職活動している場合には特に参考になるでしょう。

明確な評価制度がある

仕事に対する明確な評価制度があるのもホワイト企業の特徴です。

これは、営業成績などの目に見えるデータに限らず、勤務態度や職場に対する貢献度も含まれます。

評価制度がしっかりとしていれば、給料などの待遇面に反映されるため社員が納得して気持ちよく働くことが出来るでしょう。

特定の社員が独断で判断するのではなく、自分の頑張りが正当に評価されるため仕事に対するモチベーションも高く保つことが出来ます。

社員全体がそのような気持ちを持っていると、職場の雰囲気も自然と良くなり、長期間働くことが出来るでしょう。

業績が良く財務状況が健全である

社員の給料が良かったり、福利厚生が充実していても財務状況が良くなければホワイト企業とは言えません。

待遇面が優れていても財務状況が良くなければ長く維持することが出来ないからです。

企業の財務状況を調べるのはなかなか難しいものがありますが、上場企業の場合だと決算資料が公表されているので、そちらで確認することが出来ます。

就職活動の際に企業の財務状況まではなかなか目が届きませんが、重要なことなのでぜひチェックしておくようにしましょう。

決算資料を調べる場合、特に気にしたいのが直近の財務状況と中期経営計画です。

ここに書かれているデータは正確なものなので、しっかりと理解することが出来れば企業の方向性や今置かれている状況が分かります。

 

直近の財務状況を見ると、企業がどのようなものに投資しているかや借金の有無などのデータをおおよそ知ることが出来ます。

これを利用して企業の財務状況が健全なものかどうかを判断しましょう。中期経営計画では、近い将来に企業が取る経営戦略や企業の成長計画が分かります。

中期経営計画資料は、一般の投資家なども利用するため分かりやすく書かれていることが多いので、慣れていなくても理解しやすいでしょう。

コンプライアンスが守られている

ホワイト企業は、コンプライアンスをしっかりと守っています。

法令遵守という意味を持つこの言葉は、政治の世界などでも広く使われていますが、ビジネス界において使われるコンプライアンスには、労働基準法や税法などの法律の遵守はもちろん。

他に、企業が独自に定めた就業規則や世間に通用する常識や道徳なども含まれています。

これらの規則を守ることは、社員が働きやすくなるばかりではなく、企業のイメージにも関わってきます。

ホワイト企業では、コンプライアンスを守ることを大事に考えており、社員に対して研修なども頻繁に行っています。

ホワイト企業マーク認定を受けている

就職を希望している企業がホワイトかどうか知るためには、ホワイトマークの有無で判断することも出来ます。

ホワイトマークとは、厚生労働省が認めた優良企業に送られる証で、いわば国のお墨付きということです。

認定を受けるためには、過去3年間において労働安全衛生関連の重大な法律違反がないなど、約80項目の基準を満たす必要があるという厳しいものです。

しかし、このマークが認定されているということは企業にとって大きなアピールポイントになり、就活生から見るとホワイト企業がすぐにわかるという優れものです。

ホワイト企業マークは、企業が配っている資料やホームページで確認することが出来るので、気になる人はチェックしておきましょう。

 

ホワイト企業マークにはいくつか種類があり、代表的なものには、職場の安全衛生や社員の健康管理に優れている企業が認定される安全衛生優良企業公表制度や、健康経営に優良な取り組みを行っている法人が認定される、健康経営優良法人認定制度があります。

他には、若者の採用や育成に力を入れている企業が認定を受けるユースエール。

女性の活躍を推進する企業が認定されるえるぼし認定。

育休などの子育てサポートに取り組んでいる企業が認定されるくるみん認定などがあります。

 

ホワイト企業の見分け方とは~ブラック企業に注意しよう~

ホワイト企業の見分け方とは~ブラック企業に注意しよう~ホワイト企業を知るためには、真逆であるブラック企業についても知っておく必要があります。

ブラック企業には共通する特徴があるので、覚えておくと就職活動の際に役立つでしょう。

次から紹介する特徴は、ホワイト企業にはないものなので、求人募集を見る際には当てはまっていないかよく確認するようにしましょう。

もし該当していた場合は、ホワイト企業でない可能性が高いので、その企業の情報を詳しく調べる必要があります。

求人を頻繁に出している

頻繁に求人情報を出している企業は注意が必要です。

そのような企業は、常に人手不足であるということで、その理由として待遇面が良くないということが想像できるからです。

しかし、場合によっては事業の拡大などの理由で求人を出している場合もあり、その際には企業の評価を改めなければなりません。

もし、応募を希望している企業が頻繁に求人を出していると感じた場合は、そのわけを慎重に調査すると良いでしょう。

たとえ、提示されている給料が高いからといって、それだけで飛びついてしまっては、後から思わぬ苦労をする可能性もあるので注意しておくことが大事です。

社員の年齢に偏りがある

ホワイト企業ではない企業の見分け方としては、社員の年齢に注目する方法もあります。

なぜなら、ホワイト企業は離職率が低く、リストラなどもないため社員の年齢に偏りが出にくいからです。

長年勤めあげる人が多いため社員の年齢層は、20代から50代まで均等になります。逆にブラック企業の場合は、人が定着することは少なく、結果として社員の年齢にも偏りが出てきます。

極端に若者が多く、30代や40代といった働き盛りの年齢層がごっそりと抜けている場合は要注意です。

創立したばかりといった特殊な事情がない限り、その企業がホワイトである可能性は限りなく低くなります。

綿密な企業研究でホワイト企業を見つけよう!

ホワイト企業を見つけるためには、給料などの待遇面や福利厚生などあらゆる角度から見極める必要があります。

求人情報で魅力的なものを見つけてもすぐに飛びつくのではなく、一度立ち止まってみてください。

そして今回紹介した情報を参考にして、その企業の詳しい情報を調べるとホワイト企業かそうでないかを判断することが出来るでしょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC