就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

働きたくない、人と関わりたくない理由と解決方法を徹底解説!

働きたくない人と関わりたくない理由と解決方法を徹底解説!
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「人と関わりたくないから働きたくない」「人と関わらない仕事はないの?」と考えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では「働きたくない、人と関わりたくない」と考える理由と、その解決方法を解説します。

また人と関わりたくない場合の対処法や、おすすめの仕事も紹介していますので、ぜひご覧ください。

働きたくない・人と関わりたくないと思ってしまう理由とは

働きたくない・人と関わりたくないと思ってしまう理由とは

「働きたくない、人と関わりたくない」と思ってしまう理由を紹介します。

そもそも「働きたくない」という感情は、誰しも抱いているものです。しかし「人と関わりたくない」、もしくは「働きたくない 死ぬしかない」とまで考えてしまう場合、何らかの病気や障害による可能性も考えられます。

そこで、まずは「人と関わりたくない」となっている場合に考えられる病気・障害を紹介します。

考えられる病気・障害まとめ

人と関わりたくないと考える場合、以下のような病気・障害による可能性が考えられます。

  • 気分障害(うつ)・総合失調症:全般的な意欲の低下に起因
  • 社会不安障害・回避性パーソナリティ障害:社会生活・対人関係に起因
  • 感情労働・HSP・アダルトチルドレン:ストレス・特性に起因

「働きたくない、人と関わりたくない」という気持ちは、誰もが一度は経験する感情です。そのため「自分はおかしいのでは?」と悩む必要はありません。

「人と関わりたくない」のは心身ともに疲れているサインなので、リラックスする時間を作りゆっくりするとよいでしょう。

働きたくないは「甘え」ではない

誰かに「働きたくない」と相談すると「働きたくないなんて、甘えてる」と一喝されてしまうかもしれません。しかし「働きたくない」という感情は、決して甘えているだけではありません。

ビジネス情報メディア「Biz Hits」のアンケート調査によると、仕事をしている人の84%(1,000人中 845名)は「働きたくない」と思ったことがあると回答しています。普段は偉そうにしている上司でも、心の中では「働きたくない」と感じていることもあるのです。

また、日本は少子高齢化によって労働人口が減少しています。さらに時代が進むにつれて常に最新技術を取り入れる必要もあります。機械化が進んでいく反面、従業員の業務量が増えているため、「働きたくない」と思うことは甘えているだけではなく、当然の感情だといえるでしょう。

参考:働きたくないと思う理由は何?働く男女1,000人にアンケート調査|Biz Hits

「働きたくない、人と関わりたくない」と思う理由

「働きたくない、人と関わりたくない」と思う主な理由として、以下の5つがあげられます。

  • 他人への関心がない
  • コミュニケーションが苦痛
  • 自分と他人を比較してしまう
  • 人間関係や働くことに疲れた
  • 自分が思い描いていた仕事内容と違った

それぞれ詳しく解説していきます。

理由1:他人への関心がない

他人への関心が全くない、人と関わらなくても自分一人で生きていけると思っている人は、人と関わることを煩わしく感じ、大勢でいる場が苦手になる傾向があります。その結果、人間関係にストレスを感じ、「人と関わりたくない」となってしまうのです。

理由2:コミュニケーションが苦痛

社会生活でコミュニケーションは大事な要素ですが、他者とのコミュニケーションが発生する業務ではストレスを抱えることが多いです。

「Biz Hits」が実施した、「仕事のコミュニケーション」に関するアンケート調査の結果をご覧ください。

アンケート結果「仕事のコミュニケーションで苦痛なのは?」

「仕事のコミュニケーションで苦痛なのは?という質問に対し、多かった回答は「電話の取り次ぎ・対応(258人)」「世間話(244人)」でした。

ほとんどの会社で発生する業務・コミュニケーションで苦痛を感じていることがわかります。この種の業務が多すぎたり人間関係が上手くいっていない場合「人と関わりたくない」と感じるようになってしまうのです。

参考:コミュニケーションが苦手な人におすすめの仕事ランキング!男女1,000人アンケート調査|Biz Hits

理由3:自分と他人を比較してしまう

自分の環境と他人の環境を比べて劣等感を抱いてしまい、「人と関わりたくない」となっていることもあります。

  • 「自分は恵まれていない」と感じる
  • 「自分には才能がない」と感じる

周りの人を気にして比べてばかりいると、どんどん卑屈になってしまいます。それが行き過ぎてしまうと、人と関わること自体が苦痛になってしまいます。

理由4:人間関係や働くことに疲れた

仕事をする上で、人間関係は重要な要素です。仕事自体が大変であっても人間関係が良好であれば、「人と関わりたくない」とはならないでしょう。逆に、上司や同僚との関係が上手くいっていない場合、職場の居心地が悪くなります。最終的には会社に行くこと自体が辛くなり、「働きたくない」とまで感じるようになってしまうのです。

また会社によっては、長時間労働が当たり前となっているところもあります。中には、朝早くから出社して終電ギリギリまで働くことが常態化している職場もあるでしょう。仕事に追われる生活に疲れてしまい、精神的な疲労から「働きたくない」という感情を抱く人もいます。

理由5:自分が思い描いていた仕事内容と違った

仕事にやりがいを感じていれば、忙しさも気になりません。逆に、仕事にやりがいを感じておらず、むしろやりたくない場合、業務内容が簡単であっても興味を示すことができません。その結果モチベーションが下がってしまい、「なぜ働かなくてはいけないのか」と目的がわからなくなったり、会社に行くこと自体が億劫に感じるようになるのです。

働きたくない・人と関わりたくないと思う人の特徴

ここからは「働きたくない、人と関わりたくない」と思ってしまう人の特徴を紹介します。

  • ネガティブな人
  • 我慢するのが苦手な人
  • コミュニケーションをとるのが苦手な人

上記の特徴に当てはまる人は「働きたくない、人と関わりたくない」と考えやすい傾向があるため注意してください。

ネガティブな人

何事もネガティブに捉えてしまう人は「働きたくない、人と関わりたくない」と思いがちです。

ネガティブな人は一度ミスして怒られると、「次もミスするかもしれない」「またミスしたらどうしよう…」と不安が先行してしまいます。何も行動できなくなってしまった結果、徐々に気分が落ち込んで「働きたくない」という感情になるのです。

我慢するのが苦手な人

社会人生活を送っていると、嫌なことや辛いことを何度も経験することでしょう。そのような場合、いかに我慢できるかが重要な鍵となります。

我慢することが苦手な場合、少しでも嫌なことや辛いことがあるとすぐに現実逃避してしまい「働きたくない」と感じるようになるのです。

コミュニケーションをとるのが苦手な人

仕事は複数人で行うことが多いので、チームワークが重要になります。このチームワークを強化するためには、適切なコミュニケーションが必須となります。しかし、1人で作業したい人やコミュニケーションが苦手な人は会話をするだけでも苦痛に感じてしまうでしょう。

コミュニケーションが上手く取れないと、仲間や上司との信頼関係を築くことができず、職場で孤立してしまいます。その結果、職場に行くことが嫌になり「働きたくない」となってしまうのです。

「働きたくない、人と関わりたくない」と思ったときの解決方法

では「働きたくない、人と関わりたくない」と思った場合、どのようにしたらよいのでしょうか。

ここでは以下4つの解決方法を紹介します。

  • 休息をとる
  • 生活に必要な金額を把握する
  • 自分に合った職業へ就職する
  • フリーランスとして独立するのもあり

それでは詳しく見ていきましょう。

休息をとる

心身ともに疲れているとき、「働きたくない」と思うのは当然です。そんな状態のまま働き続けると、最悪の場合は精神的に病んでしまうかもしれません。「働きたくない、人と関わりたくない」と感じた場合は、思い切って有給を取ったり休職してみてください。

休養している期間は、以下のようなことをして過ごすとリフレッシュできるでしょう。

  • 旅行する
  • 体を動かす、運動をする
  • 家でゆっくりする

大切なのは「仕事について考えないこと」です。可能であれば、仕事用の携帯電話の電源を切るなど、仕事のことは一切考えない環境を整えてしっかり休んでください。

生活に必要な金額を把握する

生活のために仕方なく働いている場合、一度「自分は必要以上に働いていないか」と考えてみるとよいでしょう。生活に必要な最低限の金額が把握できていれば、「たくさん稼がなきゃ!」「もっと頑張らなきゃ!」というプレッシャーがなくなります。

より多くの収入が得られれば、確かにそのぶん金銭的には豊かになります。しかし必死に働いた結果、仕事ばかりでプライベートが充実していなければ、稼いだお金を使う機会がなくなります。精神的・時間的な豊かさを失うことになるのです。

自分にとって必要な最低限の収入を稼いで、プライベートの時間もしっかり確保できた方が、より充足感を得られる人も多いのではないでしょうか。

自分に合った職業へ就職・転職する

自分に適した職業へ就職・転職することも、解決方法の1つです。なぜなら、今の職業が合っていないから「働きたくない、人と関わりたくない」と考えてしまうのかもしれないからです。

別の会社に就職・転職しても、「人間関係の問題」「ストレスのかかる通勤(満員電車など)」「上司からのパワハラ」など働きたくない要因が完全になくなることは滅多にありません。しかし、これらの要因が解決できる就職先・転職先が全くないというわけでもありません。

例えば「IT業界」の場合、以下のような働き方ができるためおすすめです。

  • 給料が高い
  • 実力が評価される
  • コミュニケーションの場が比較的に少ない
  • フレックスや在宅勤務など柔軟な働き方ができる

個人で稼ぐ力にも直結するため、フリーランスとして独立を考えている方にもおすすめです。

フリーランスとして独立するのもあり

働きたくない理由が「人と関わりたくない」「上司や会社との関係が煩わしい」というものであれば、フリーランスとして独立する選択肢もあります。フリーランスで働けるようなスキル・実績がない方でも、今はクラウドソーシングサイトで初心者でも歓迎している仕事もあります。

  • 文章を書くことが得意な場合:ライター・ブロガー
  • プログラミングが得意な場合:プログラマー
  • 絵を描くことが好きな場合:イラストレーター・グラフィックデザイナー

クラウドソーシングサイトで仕事を探せば、自分の得意なことや好きなことを仕事にできる上、自宅で仕事ができます。人との関わりを必要最小限に抑えられるため、人と関わりたくない人におすすめです。

職場の人と関わりたくない方におすすめの対処方法

職場の人との関わりは、ときに煩わしいものです。そこでここではシーン別に対処方法を紹介します。

  • 飲み会を無難に断る方法
  • 職場に敵を作らない方法
  • 仕事を早めに片付ける方法

詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

飲み会を無難に断る方法

飲み会をうまくかわしてストレスなく過ごすためには「無難に断る言い訳をあらかじめ用意しておく」とよいでしょう。

例えば、以下のようなフレーズを用意しておくと断りやすいです。

  • 今日は〇〇(病院名)を予約してしまっている
  • 今日は〇〇(体調不良)なので、やめておきます

また普段から「意識高い系」を演出しておくことで、同僚から飲み会に誘われなくなります。

  • 習い事で自分を磨いている
  • 仕事終わりにスポーツで身体を鍛えている
  • 健康や美容に気を使って定期的にファスティング(断食)をしている など

普段から上記のようなことを周囲に言っておくと、飲み会に誘われたときに断る言い訳にできます。

職場に敵を作らない方法

職場で敵を作ってしまうと、さらに気疲れしてしまいます。自分はなんとも思っていなくても、相手から敵視されてしまう可能性もあるため注意が必要です。

敵を作らないためには、「相手の話をしっかり聞くこと」「感謝の気持ちを伝えること」が重要です。また成功談や上手くいっている話は自慢と受け取られてしまい、嫉妬・やっかみを受ける可能性もあります。失敗談や軽めの悩み事を話し、周囲の共感を得ておくのもポイントです。

仕事を早めに片付ける方法

自分の仕事を早めに片付けることで、余計な業務や人間関係に巻き込まれることなく過ごせます。

  • 頭を使う仕事は、比較的に頭がすっきりしている午前中に行う
  • タスクを細分化し、スムーズに仕事が片付けられるようにする

ちょっと工夫するだけで効率良く仕事を進められ、早めに退社できるでしょう。

働きたくない・人と関わりたくない方必見!仕事選びのコツ

「人と関わりたくない」から働きたくない場合、仕事を変えることで解決する可能性があります。

  • モノを作る仕事を選ぶ
  • 接客メインの仕事は避ける
  • 将来的に独立可能な仕事を選ぶ

上記のような仕事を選べば問題が解決することもありますので、参考にしてください。

モノを作る仕事を選ぶ

モノを作る仕事、特に工場などの作業員であれば人との関わりも少ないので働きやすいでしょう。また物理的なモノ・サービス・Web上の制作物など、モノの種類もさまざまですが、接客業などのように常に顧客に対応する必要がないためおすすめです。

しかしモノ作りも商売であることに変わりないため、人との関わりが必要となる場面もあります。それにも抵抗がある方は、ブログの広告収入・アフィリエイトなど、完全に個人で完結できる仕事が向いているでしょう。

接客メインの仕事は避ける

接客業は来店客とコミュニケーションを取る必要があるため、「人と関わりたくない」と思っている人には不向きです。特にアパレル業界は店員の接客スキルは売上に直結するので、積極的に来客とコミュニケーションを取る必要があります。

中には理不尽なクレーム対応などを求められることもあるかもしれません。そのため「人と関わりたくない」と思っている方は、接客業は避けて就職先・転職先を探してください。

将来的に独立可能な仕事を選ぶ

最終的にフリーランスとして独立できるような仕事を選ぶのもよいでしょう。

例えば、以下のようなIT系の仕事は将来的にフリーランスとして独立しやすい傾向があります。

  • エンジニア
  • Webライター
  • Webデザイナー

個人で稼ぐ力を身につけられ、比較的に人と関わらなくても仕事ができるので、「人と関わりたくない」と思っている人におすすめの仕事です。

人と関わりたくない人に向いてる仕事とは

ここからは、人と関わりたくない人に向いてる仕事を紹介します。

お客さんと関わらない仕事

お客さんと直接関わらない仕事には、以下のようなものがあります。

お客さんと直接関わらない仕事

「取引先やクライアントに直接対応するのは緊張するので避けたい」という方におすすめです。

社内で人と関わりがない、少ない仕事

社内で人と関わりがない、少ない仕事には、以下のような仕事があります。

社内で人と関わりがない、少ない仕事

「社内の人間関係に振り回されずに仕事したい」という方におすすめです。

在宅でできる仕事

在宅でできる仕事には、以下のような職種があげられます。

在宅でできる仕事

「人と接することなく、仕事そのものに集中したい」という方におすすめです。

人と関わらない仕事22職種!-正社員就職できる仕事も紹介-

人と関わりたくない・面倒くさいと感じる理由と対処法

「人と関わりたくない、面倒くさい」と感じる場合、どのように対処すればよいのでしょうか。人との関わりが面倒くさいと感じる理由と共に紹介します。

人間関係が面倒くさくなる理由

人間関係が面倒くさくなる理由には、以下の3つが考えられます。

  • 周りの目が気になる
  • 他人に嫌われたくない
  • 我慢しなければならない

周りに合わせることも大切ですが、自分らしさを見失わないようにしてください。また、本当に思っていることが言えない・周囲に合わせすぎてしまう場合、自分の振る舞いを見直してみるとよいでしょう。

面倒くさいと感じた場合の対処法

面倒くさいと感じた場合の対処法は、以下の通りです。

  • 程よく距離をとる
  • 自分の気持ちに正直になる
  • しっかりと割り切って接する

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

対処法1:程よく距離をとる

相手の性格や対応を変えることは困難ですが、自分が対応を変えることはできます。合わない人とは程よく距離をとることで、ストレスを感じる機会が減らせます。

また、愚痴や噂話が好きな人と遭遇した場合は、仕事・用事などを理由にその場から離れてしまえば嫌な話を聞くことはありません。

ただし、あからさまに距離をおくと人間関係に新たな弊害が生まれてしまうおそれもあります。毎回ではなく、回数を決めておくなどの工夫をするとよいでしょう。適度な関わりは持ちつつ、自分がラクだと感じる距離感を維持することで、心の負担を和らげてください。

対処法2:自分の気持ちに正直になる

人間関係が面倒くさい場合、自分の気持ちを表に出さずに封じ込めている可能性が考えられます。自分の気持ちを正直に話すことで相手にこちらの思いが伝わり、意思疎通を図ることによって面倒くさいと感じる要素を軽減することが可能です。

例えば、以下のように素直な対応を心がけることを意識してみてください。

  • 嫌なことは嫌だと断る勇気を持つ
  • 自分が思っていることは素直に伝える
  • 自分のポリシーに反することは否定する

相手に合わせて自分の意見・意思を曲げる必要はありません。

ただ、相手にも相手なりの考えがあるため、自分の主張を押し付ける言い方は避け、言葉を選んで伝えるようにしましょう。

対処法3:しっかりと割り切って接する

誰にでも真摯に向き合えることは素敵ですが、人によっては自分自身の心が消耗してしまうこともあります。合わないと感じる人と向き合う場合、表面的な関係性に留めておくこともよいでしょう。

例えば、職場で合わない人がいる場合は「これも仕事のうち」と割り切って接し、プライベートでは関わらないようにすることも1つの手です。関わり方を変えることで、感じるストレスも軽減されますので、ぜひ試してみてください。

人と関わりたくない人に最適な仕事を見つけ出す方法

人と関わりたくない人に最適な仕事を見つける方法は以下の通りです。

  • 就職サイトを利用する
  • 就職支援サービスを利用する(ハローワーク・就職エージェント)

いろいろと試してみて、自分に合った方法を見つけてください。

就職サイトを利用する

就職サイトは、求人数がとても多くていつでも利用できるというメリットがあります。しかし、求人数が多くて頻繁に更新されるため、目当ての求人を見つけるのが大変というデメリットもあります。

就職支援サービスを利用する

自分に合った求人を見つけたい場合、ハローワーク・就職エージェントを利用することもおすすめです。

ハローワーク

ハローワークは求人数が豊富で、管轄地域の案件を多く保有していることが特徴です。地元で就職したい人におすすめの就職支援サービスです。また、無料で就職セミナーが受講できるため、就職活動に自信がない人でもやり方を学べるのもメリットです。

就職エージェント

就職エージェントは運営企業ごとにそれぞれ強みがあり、扱う業界・求人・支援する対象者が異なります。そのため、自分の属性に合うサービスを選べば、ピッタリの求人を紹介してもらいやすいというメリットがあります。

さまざまな就職エージェントが存在していますが、私たちジェイックが運営する「就職カレッジ®」は、348件ものメディアに紹介されている注目のサービスです。

では、詳しい特徴やおすすめ理由を、以下で紹介していきます。

人と関わりたくない人に適した仕事を探す場合は就職カレッジ®を利用しよう

就職カレッジ®は未経験者の就職に特化している支援サービスです。就活アドバイザーが求職者へのカウンセリングを行うため、人とあまり関わりたくないタイプの人に適した仕事という観点での紹介も可能になります。

就職カレッジ®を利用しての就職・転職には、他にもたくさんのメリットがあります。

就職成功率が非常に高い

就職カレッジ®では、最初のヒアリングから入社後のサポートまで、一貫した支援が受けられるため、就職成功率が80%を超えています。フリーター・既卒者が就職活動した場合の就職成功率は34.4%とのデータがありますが、それに比べると80%以上という数字がいかに高水準かをお分かりいただけるでしょう。

日本企業は大学卒業後に一括採用するケースが多いため、そのルートから外れてしまうと就職が難しくなる傾向にあります。就職カレッジ®では、就職アドバイザーがあなたの就職活動が成功するよう徹底的にサポートしてくれるため安心です。

また就職成功率を高める「就職サポート講座」も用意されており、以下のような内容でセミナーが受けられます。

  • 自己分析
  • 企業研究
  • ビジネスマナー
  • 履歴書の書き方
  • 面接の個別対策 など

このように就職カレッジ®には就職成功率を高めるサービス豊富に用意されているため、普通に就活するよりも就職しやすいといえるのです。

入社後の定着率も非常に高い

就職カレッジ®では求人を紹介して入社するまでをゴールとしているのではなく、安心して社会人生活を過ごしてもらうことをゴールとしています。そのため就職活動期間中のサポート以外に、内定後もアフターフォローが受けられます。

実際に働きだしてからの悩み・不安を無料で相談でき、これらアフターフォローの効果によって就職から3ヶ月間の定着率も90%を超えています。

早期離職のリスクを軽減できればキャリアに傷がつくことも避けられるため、これも就職カレッジ®の強みといえます。

専任アドバイザーによる徹底サポート

就職カレッジ®では、就職活動に関するあらゆるサポートを行う専任の就活アドバイザーがつきます。自己分析・応募書類の作成・面接対策・アフターフォローなど、幅広くサポートするので、社会人経験が浅い方や全くない方でも安心です。

就職カレッジ®のアドバイザーは、これまで数多くの就職・転職をサポートしていますので、安心してご相談ください。

まとめ

今回は「働きたくない、人と関わりたくない」と思っている人に向けて、対処法や解決方法を解説してきました。

「働きたくない」という感情は、誰もが一度は抱いたことのある感情です。けれど、気分障害や社会不安障害などの病気・障害の可能性も考えられます。不安があるようであれば、念のために病院を受診するのもよいでしょう。

また、人と関わりたくないから働きたくない、今働いている職場の人間関係が嫌だという場合には就職・転職することも1つの手です。

就職カレッジ®なら徹底したサポートが受けられます。さらに就職後のアフターフォローもしっかりしているので安心です。今回紹介したことを参考に、あなたに合った働き方を見つけください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター