相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

事務職には未経験からでも就職できる!仕事内容や向いてる人とは

事務職には未経験からでも就職できる!仕事内容や向いてる人とは

事務職には未経験からでも就職することができます。その理由は実務経験が必須ではない求人があることや事務職といっても様々な種類があることから、自分に合う職場を見つけていける可能性が高いためです。

記事では、事務職に未経験から就職できる理由から仕事内容、必要なスキルなど就職するための方法を解説します。

事務職には未経験からでも就職できる理由

事務職は未経験でもチャレンジできる職種として人気を集めています。
なぜなら実務経験がなくても応募可能な求人が多く、幅広い種類の事務職が存在するため、自分に合ったポジションを見つけやすいからです。
また、専門的なスキルを必要としないことが多く、初心者でも安心して始められます。

  • 実務経験が必須ではない求人も多くある
  • 事務職といっても様々な種類がある
  • 専門的なスキルがそこまで必要ではない

ここでは、そんな未経験からでも就職できる事務職の魅力とその理由について詳しく解説します。

1. 実務経験が必須ではない求人も多くある

事務職に未経験からでも就職しやすい理由として、実務経験が必須ではない求人が多いことが挙げられます。

事務職には多岐にわたる種類があり、特定の専門スキルが不問なポジションも多く存在します。

そのため、基礎的なPCスキルやコミュニケーション能力があれば、未経験者でも就職するチャンスがあります。

さらに、多くの企業が未経験者を歓迎し、育成するための体制を整えていることも大きなポイントです。

たとえば、研修制度や先輩社員からのサポートが充実している企業が多く、未経験者でも安心して業務に取り組むことができます。

これらの理由から、未経験からでも事務職に就ける可能性が高いです。

2. 事務職といっても様々な種類がある

事務職に未経験からでも就職しやすい理由は、事務職には様々な種類があることです。

事務職と言っても、その業務内容は多岐にわたり、総務、人事、営業事務、経理など多くの専門分野が存在します。

そのため、自分の興味や得意分野に合ったポジションを見つけやすくなっています。

また、それぞれの事務職に求められるスキルや知識も異なるため、未経験者でも比較的簡単に習得できる業務からスタートできるのです。

例として基本的なPCスキルやコミュニケーション能力があれば、十分なポジションにつける可能性もあるでしょう。

さらに、企業側も多様な事務職を提供しているため、未経験者に対しても教育や研修の機会を設け、成長をサポートしています。

3. 専門的なスキルがそこまで必要ではない

事務職に未経験からでも就職しやすい理由は、専門的なスキルがそこまで必要ではないからです。

たとえば、データ入力、電話対応、ファイリングといった業務は、特別な専門知識がなくても始められます。

基本的なPCスキルやコミュニケーション能力があれば十分対応可能で、多くの企業は未経験者向けに研修制度を整えています。

このような環境では、業務に必要なスキルや知識を入社後に習得できるため、未経験者でも安心して働くことができます。

さらに、事務職には多様な種類があり、自分に合ったポジションを見つけやすい点も魅力です。

一例として、総務や経理、営業事務など、各分野で求められるスキルが異なるため、適性に応じた選択が可能です。

よって事務職は専門的なスキルがなくても就職できるため、未経験者にとって非常に魅力的な職種と言えるでしょう。

事務職の仕事内容

事務職の一般的な仕事内容は以下の通りです。

  • 書類作成
  • データ入力
  • 社内からの依頼業務(経費精算など)
  • 電話対応や来客対応

などが挙げられます。

これらの仕事は専門的な知識が求められる仕事内容ではなく未経験でも可能な仕事と言えるでしょう。

1. 種類別・事務職の仕事内容(未経験でもできる理由を入れるのが重要)

事務職の種類と仕事内容は以下のように分類されます。

  • 総務事務:来客対応や備品管理などオフィス全体の運営サポート
  • 経理事務:伝票処理やデータ入力など会社のお金の流れを管理
  • 営業事務:受発注管理や資料作成など営業部門のサポート
  • 人事事務:採用や給与計算など社員の管理
  • 医療事務:受付や会計、カルテ管理など医療機関での事務

これらの事務業務は、基本的なPCスキルやコミュニケーション能力があれば対応可能で、特別な専門知識は必要ありません。

さらに、多くの企業では未経験者向けの研修制度が整っており、入社後に必要なスキルを習得できる環境が提供されています。

そのため、事務職は未経験者でも就職しやすい職種と言えるでしょう。

したがって事務職は専門的なスキルが不要で、企業側のサポート体制が充実している点が、未経験者にとって魅力的な理由となっています。

2. 書類の作成と事務処理

事務職の仕事内容として、書類の作成と事務処理があります。

書類の作成は報告書や申請書などを作成する業務で、基本的なPCスキルと正確さが求められます。

事務処理はデータ入力、ファイリング、電話対応などを行い、効率的な作業とコミュニケーション能力が重要です。

これらの業務は特別な専門知識を必要とせず、基本的なスキルと適切な指導があれば未経験者でも十分に対応可能です。

多くの企業は未経験者向けの研修プログラムを整備しており、入社後に必要なスキルを習得できる環境を提供しています。

事務職が未経験でもできる理由は、専門的なスキルが不要で企業のサポート体制が充実している点にあります。

3. データ入力

事務職の仕事内容に、データ入力が含まれます。

データ入力は、各種情報をシステムや表計算ソフトに正確に入力する業務で、基本的なPCスキルと正確さが求められます。

データ入力は特別な専門知識を必要とせず、基本的なタイピングスキルと注意深さがあれば未経験者でも十分に対応可能です。

また、多くの企業では未経験者向けの研修プログラムを整備しており、入社後に必要なスキルを習得できる環境が提供されています。

そのため、事務職は専門的なスキルがなくても始められる職種であり、企業のサポートが手厚いことも大きな魅力です。

4. 社内からの依頼業務(経費精算など)

事務職の仕事内容には、社内からの依頼業務が含まれます。

例として経費精算などは、社員が使用した経費の処理や確認を行う業務で、これには基本的なPCスキルと注意深さが求められます。

経費精算業務は、領収書の整理や費用の記録、報告書の作成などを含み、特別な専門知識は必要ありません。

この業務は未経験者でも十分に対応可能です。

経費精算などの業務は、一般的に先輩社員からのサポートやマニュアルが用意されていることが多く、安心して業務に取り組むことができます。

したがって事務職は未経験でも始めやすく、企業のサポート体制が充実している点が大きな魅力です。

5. 電話応対などの来客対応

事務職は電話応対や来客対応を含む幅広い業務を担当し、オフィス運営を支える重要な役割を果たします。

電話応対では、顧客や取引先とのコミュニケーションを円滑に進め、正確な情報伝達が求められます。

来客対応では、訪問者を丁寧に迎え入れ、適切な案内を行うことで会社の第一印象を良くします。

これらの業務は、基本的なコミュニケーション能力と丁寧な対応があれば未経験者でも始められ、多くのスキルは実務を通じて習得可能です。

したがって事務職は、オフィスの重要なサポート役としてキャリアのスタートを切る上で最適な職業と言えるでしょう。

事務職に向いてる人の特徴

事務職に向いてる人の特徴は以下の通りです。

  • 単調な業務やルーティン業務に抵抗がない人
  • 人をサポートする業務が好きな人
  • コミュニケーションスキルがある人
  • 数字を扱うことに苦手意識がない人
  • 依頼業務などに柔軟に対応できる人

などが挙げられます。

一つずつ理由を解説します。

1. 単調な業務やルーティン業務に抵抗がない人

事務職に向いている人の特徴として、単調な業務やルーティン業務に抵抗がない人が挙げられます。

事務職は、データ入力やファイル整理、定期的な報告書作成など、同じ作業を繰り返すことが多く、これに対する忍耐力や集中力が求められます。

さらに、電話応対や来客対応も日常的な業務であり、定型的な対応が求められるため、安定したパフォーマンスを維持することが重要です。

これらの業務にストレスを感じずに取り組める人は、事務職に適しており、安定した成果を上げることが期待されます。

単調な業務に耐えられる特性が、事務職の成功に繋がるでしょう。

2. 人をサポートする業務が好きな人

事務職に向いている人の特徴は、人をサポートする業務が好きな人です。

事務職は、他の社員やチーム全体を支えるサポート役を担い、業務のスムーズな進行を助けることが求められます。

例として、データ入力や書類整理では、正確かつ迅速に情報を管理することで、他の社員が必要な情報をすぐに利用できるようにします。

こうした業務を通じて、他者を助けることに喜びを感じる人は、事務職の特徴に適しており、職場全体の効率向上に貢献できます。事務職は、人をサポートすることで自身のやりがいを見つけ、安定した成果を上げることが期待できます。

3. コミュニケーションスキルがある人

事務職に向いている人の特徴として、コミュニケーションスキルがある人が挙げられます。

事務職はオフィス内外の多岐にわたる業務をサポートするため、効果的なコミュニケーションが不可欠です。

たとえば、電話応対ではクライアントからの問い合わせに的確に答え、来客対応では訪問者を適切に案内します。

社内では上司や同僚と情報を共有し、プロジェクトの進行状況を把握することで、業務の効率化が図れます。

したがって、コミュニケーションスキルがある人は、事務職の特徴に適しており、職場全体の効率を高めることができるでしょう。

4. 数字を扱うことに苦手意識がない人

事務職に向いている人の特徴は、数字を扱うことに苦手意識がない人です。

事務職ではデータ管理や報告書作成、経費精算など多くの業務で数字を扱うため、数字に対する抵抗がないことが重要です。

例として、経費精算や売上データの入力、月次報告書の作成などで正確な計算やデータ管理が求められます。

数字に強い人は事務職に適しており、正確で効率的な業務遂行を通じて、オフィス全体の業務品質を高めることができます。

数字に強くなることは、職場の信頼性と業務の信頼性を向上させる重要なスキルです。

5. 依頼業務などに柔軟に対応できる人

事務職に向いている人の特徴は、依頼業務などに柔軟に対応できる人です。

事務職は多岐にわたる業務を担当し、予期せぬ依頼や急な変更に対応することが求められます。

たとえば上司から急な報告書作成を依頼された場合や、クライアントからの突発的な問い合わせに対応する際、迅速かつ柔軟に対応する能力が必要です。

また他部署からの協力依頼や、突発的なタスクに対しても柔軟に対応できることが重要です。

したがって柔軟性がある人は、事務職の特徴に適しており業務を効率的に処理し、オフィス全体の運営を円滑に進めることができるでしょう。

未経験から事務職に就くために必要なスキル

未経験から事務所に就くために必要なスキルは以下の通りです。

  • PCスキル(Word、Excelなど)
  • コミュニケーションスキル
  • ビジネスマナー

などが挙げられます。

一つずつ理由を解説します。

1. PCスキル

事務職は、日常的にパソコンを使用して業務を遂行するため、基本的なPCスキルが求められます。

なぜなら、データ入力や資料作成、メール対応など、多くのタスクがパソコンで行われるからです。

例として、データ入力では、Excelなどを使用して正確かつ効率的にデータを入力し、管理する能力が必要です。

また、報告書やプレゼンテーション資料の作成では、WordやPowerPointなどの基本操作が求められるでしょう。

したがってPCスキルは、未経験から事務職に就くために必要不可欠なスキルであり、業務を効率的に遂行する上で必須のスキルと言えるでしょう。

2. コミュニケーションスキル

未経験から事務職に就くためには、コミュニケーションスキルが求められます。

理由として、事務職は多くの人と関わるため、効果的なコミュニケーションが不可欠だからです。

たとえば、電話応対ではクライアントに適切に対応し、来客対応では訪問者に良好な印象を与える必要があります。

また、依頼を受ける業務も多くあるため、コミュニケーションにより業務がスムーズに進行します。

したがってコミュニケーションスキルは、事務職に必要な重要なスキルと言えるでしょう。

3. ビジネスマナー

未経験から事務職に就くためには、ビジネスマナーのスキルが必要です。

事務職は会社の顔として外部と接することが多く、正しいビジネスマナーを身につけることで、信頼関係の構築や業務の円滑化に直結します。

一例として以下の通り顧客対応が求められます。

  • 電話応対では丁寧な言葉遣いや挨拶
  • 来客対応では正しい迎え入れと案内
  • メール対応では適切な敬語を使った礼儀正しい文面

などが求められるでしょう。

正しいビジネスマナーを身につけることで、社内外の人々との円滑なコミュニケーションが図れるでしょう。

したがってビジネスマナーは、事務職に就くために不可欠なスキルと言えるでしょう。

未経験から事務職への挑戦に役立つ資格

未経験から事務職への挑戦に役立つ資格は以下の通りです。

  • MOS(マイクロスペシャリスト)
  • 簿記
  • 秘書検定
  • ビジネス文書検定

などが挙げられます。

一つずつ理由を解説します。

1. MOS(マイクロスペシャリスト)

未経験から事務職への挑戦に役立つ資格として、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)があります。

MOSは、マイクロソフトオフィス製品のスキルを証明する資格で、就業先に実務的な操作能力を客観的に示すことができます。

取得難易度は比較的低く、独学でも合格可能です。

学習期間は1〜2ヶ月が目安で、資格試験は毎月1〜2回実施されます。

全国の認定試験会場で受験可能で、結果は試験終了後にすぐに点数が確認できます。

MOS資格は、未経験から事務職を目指す方にとって、実務能力を証明する強力なツールとなるでしょう。

参考(「MOSとは/MOS取得のメリット 」)

2. 簿記

未経験から事務職への挑戦に役立つ資格として簿記があります。

簿記は経理や財務管理の知識を証明する資格で、日本商工会議所が主催します。

級ごとの取得難易度の目安は以下の通りです。

  • 3級:基礎的で50〜100時間の学習が必要
  • 2級:中程度で100〜200時間の学習が必要
  • 1級:高度な知識が求められ400〜600時間の学習が必要

それぞれ、3級取得で基本的な経理業務、2級取得で中小企業の経理業務全般、1級取得で大企業や専門的な経理・財務管理が可能となります。

試験は年3回(6月、11月、2月)実施され、合否発表は約1ヶ月後です。

簿記資格を取得することで、事務職でのキャリアアップや就職の際のアピールポイントとなります。

参考(資格合格パートナー「スタディング」簿記合格に必要な勉強時間とは|3級・2級・1級それぞれの難易度とあわせて解説

3. 秘書検定

未経験から事務職への挑戦に役立つ資格として秘書検定があります。

秘書検定は、ビジネスマナーやコミュニケーションスキル、オフィス業務の知識を証明する資格です。

  • 3級では基本的な職場常識が問われる
  • 2級では3級より少し複雑な状況での適切な対応が問われる
  • 準1級で物事の判断力や対応力が求められ中堅の秘書として問われる
  • 1級では上司の先を読んでサポートするといった上級秘書の能力が求められる

また、準1級以上から面接試験が行われ人柄の表現力が問われます。

試験は年2回実施され、合否発表は約1ヶ月後です。

資格取得により事務職でのキャリアアップが期待できるでしょう。

参考(ビジネス系検定「秘書検定とは 」)

4. ビジネス文書検定

未経験から事務職への挑戦に役立つ資格として、ビジネス文書検定があります。

この資格はビジネス文書の作成能力を証明し、正確で適切な文書の作成、整理、読みやすい文章の書き方を学べます。

取得難易度の目安となる勉強時間は一般的に以下の通りです。

  • 3級:30〜40時間
  • 2級:50〜80時間
  • 1級:120〜150時間

試験は年に数回実施され、結果は約1ヶ月後に通知されます。

3級は基本的な文書作成、2級は実務に直結する文書作成、1級は高度な文書作成能力が求められ、事務職での文書作成業務に大いに役立ちます。

資格取得により、就職やキャリアアップが期待できるでしょう。

参考:ビジネス文書検定.com「ビジネス文書検定とは?級ごとの日程・難易度・合格率を徹底解説 」

未経験から事務職を探してる人にお勧めしたい求人条件

ここでは、未経験から事務職を探してる人にお勧めの求人条件を紹介します。

  • 業務内容が明確になっている
  • みなし残業時間が多くない
  • 自分の資格やスキルが活かせる環境や条件

それぞれ解説します。

1. 業務内容が明確になっている

未経験から事務職を探している人には、業務内容が明確になっている求人をお勧めします。

なぜなら業務内容が具体的であれば、自分に適したポジションかどうかを判断しやすくなり、入社後のギャップを減らすことができるからです。

例として、「一般事務」とだけ記載された求人よりも、具体的な業務内容が明記されている求人の方が適性を判断しやすく、準備もしやすくなります。

明確な業務内容を持つ求人を選ぶことで、スムーズな業務開始とキャリアの成功が期待できるでしょう。

2. みなし残業時間が多くない

未経験から事務職を探している人には、みなし残業時間が多くない求人をお勧めします。

理由としてみなし残業時間が多いと、実際の残業時間も多くなりワークライフバランスを保つのが難しくなるからです。

たとえば、「月に40時間のみなし残業」と記載された求人よりも、「月に10時間のみなし残業」と記載された求人の方が、実際の残業が少なく仕事に慣れるための時間やリフレッシュの時間を確保しやすいです。

したがって、みなし残業時間が少ない求人を選ぶことで、健康的な働き方と公正な労働環境が期待できるでしょう。

3. 自分の資格やスキルが活かせる環境や条件

未経験から事務職を探している人には、自分の資格やスキルが活かせる環境が整った求人をお勧めします。

一般的な例をそれぞれ紹介します。

  • MOS資格を持っているならExcelやWordのスキルを活かせる一般事務
  • 簿記資格を持っているなら経理業務を含む経理事務
  • 秘書検定を持っているならスケジュール管理や文書作成が求められる秘書業務

自分の強みや資格を発揮できる職場を選ぶことで、業務の質を向上させキャリアアップの機会を増やすことが可能です。

未経験から事務職に就くメリット

未経験から事務職に就くメリットは以下の通りです。

  • PCスキルが身につく
  • 多くの体力を必要とされない
  • スケジュールの組みやすい仕事が多い
  • 社内コミュニケーションが増えるため人間関係が構築しやすい

などが挙げられます。

一つずつ理由を解説します。

1. PCスキルが身につく

未経験から事務職に就くことで、PCスキルが身につくという大きなメリットがあります。事務職では、PCを使った業務が多く、日常的にさまざまなソフトウェアを使用するため、自然とPCスキルが向上します。

例として、仕事をする上でMicrosoft Office(Word、Excel、PowerPointなど)を頻繁に使用します。

PCを使っての具体的な業務は以下の通りです。

  • 文書作成
  • データ管理
  • プレゼンテーション作成
  • メール対応
  • スケジュール管理

また、業務効率化のためには簡単なプログラミングやデータベース管理を学ぶ機会もあるでしょう。したがって未経験から事務職に就くことで、PCスキルが身につき他の職種でも役立つスキルを得ることが可能です。

2. 多くの体力を必要とされない

多くの体力を必要としないという大きなメリットがあります。

事務職は主にデスクワークが中心で、重労働や長時間の立ち仕事が少ないため、体力的な負担が軽減されます。

具体的な業務内容としては、パソコンを使ったデータ入力や書類作成、電話やメール対応が主です。これらの仕事は基本的に座って行います。
さらに、オフィス内での軽作業や書類整理も無理のないペースで進めることができ、体力に自信がない人でも安心して働けるでしょう。

したがって事務職は、体力を温存しながら長期的に安定して働ける職種として魅力的と言えるでしょう。

3. スケジュールの組みやすい仕事が多い

未経験から事務職に就くメリットとして、スケジュールの組みやすい仕事が多いことがあります。

事務職は定型業務が多く、勤務時間が安定しているため、プライベートの時間を確保しやすいです。

一例として定時帰宅の勤務が一般的で、残業が少ない職場も多く習い事や家族との時間を取りやすいです。またフレックスタイム制度や時短勤務が可能な職場もあり、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。

これらの理由により、ワークライフバランスを保ちながら、効率的に業務を進めることができるでしょう。

4. 社内コミュニケーションが増えるため人間関係が構築しやすい

未経験から事務職に就くメリットの一つに、社内コミュニケーションが増え人間関係を構築しやすいことがあります。

事務職は他の部門やスタッフと連携する機会が多く、自然とコミュニケーションの場が増えるため、職場での信頼関係を築きやすくなります。

たとえば会議の準備や資料作成、電話対応、社内イベントなどを通じて、他部署の職員と情報共有の機会やサポートの依頼が増えます。

これにより会社全体のチームワークが向上し、働きやすい環境が整っていくでしょう。

未経験から事務職に就くデメリット

未経験から事務職に就くデメリットは以下の通りです。

  • 似たような業務が多くなる
  • 会社の利益への貢献度が見えにくい
  • 社内からの依頼への柔軟な対応が必要
  • 事務職の中でも幅広いスキルが求められる場合がある

などが挙げられます。

一つずつ理由を解説します。

1. 似たような業務が多くなる

未経験から事務職に就くことで、似たような業務が多くなるというデメリットがあります。

事務職は日常的にルーチンワークが多く、同じ作業を繰り返すことが多いため、業務に変化が少なく単調に感じることがあります。

例としてデータ入力や書類整理、電話応対などがルーチンワークとしてあるでしょう。

ルーチンワークの継続により新しいスキルや知識の習得が難しくなり、キャリアの成長が停滞する可能性があります。

また単調な業務に対するモチベーションの維持も難しくなる可能性があります。

結果として、仕事に対する興味や関心が薄れることがあるでしょう。

2. 会社の利益への貢献度が見えにくい

未経験から事務職に就くデメリットで、会社の利益への貢献度が見えにくいことがあります。

なぜなら事務職は主にサポート業務が中心で、直接的な売上や利益に直結しないため、自分の仕事がどれだけ会社に貢献しているかを実感しにくいからです。

たとえばデータ入力や書類整理、電話応対などの業務は成果が数値化されにくく、貢献度を感じにくいでしょう。

これにより、日常業務に追われて会社全体の成績や成果に対する意識が薄れ、自分の役割の重要性を見失うことがあります。

3. 社内からの依頼への柔軟な対応が必要

未経験から事務職に就くことで、社内からの依頼に柔軟に対応する必要があるというデメリットがあります。

事務職は会社全体のサポート役として、さまざまな部門やスタッフからの急な依頼に対応しなければならず、計画的に業務を進めるのが難しくなることがあります。

一例として営業部からの資料作成依頼や経理部からのデータ集計要求など、突発的な業務が日常的に発生します。

これにより臨機応変な対応力や優先順位を見極める能力が求められます。

結果として、事務職は常に柔軟な姿勢で業務に取り組む必要があるでしょう。

4. 事務職の中でも幅広いスキルが求められる場合がある

未経験から事務職に就くことで、幅広いスキルが求められる場合があるというデメリットがあります。

事務職は多岐にわたる業務や知識が必要です。

その内容は以下の通りです。

  • 基本的なPC操作
  • データ管理
  • 会計知識
  • コミュニケーションスキル
  • Excelを使ったデータ分析
  • プレゼン資料作成
  • 基本的な簿記知識
  • IT機器のトラブルシューティング
  • 社内イベントの企画運営

などさまざまな業務をする中でスキルと知識が必要とされます。

したがって、事務職は常に新しいスキルを学び続ける姿勢が必要でしょう。

未経験から事務職を志望する人のよくある質問

未経験から事務職を志望する人からのよくある質問は以下の通りです。

  • 事務職の何が楽しいですか?
  • 事務職をやめとけと言われる理由は?
  • 事務職で働いていて難しいことは?

一つずつ解説します。

1. 事務職の何が楽しいですか?

未経験から事務職を志望する人にとって、事務職の楽しさは、多様な業務を通じてスキルを向上させ、職場全体をサポートする充実感にあります。事務職はExcelでのデータ分析やプレゼン資料作成、顧客対応など、多岐にわたる業務を通じてスキルアップを実感できます。また、他の部門のスタッフと連携し、チームワークを築きながら仕事を進める楽しさもあります。業務効率化の提案が実現したときの達成感も大きいです。こうした経験を通じて、仕事に対するモチベーションが高まります。

事務職の仕事内容や種類について以下の記事で詳しく解説しています。

事務職とは?仕事内容や種類から向いてる人の特徴まで網羅的に解説

2. 事務職をやめとけと言われる理由は?

未経験から事務職を志望する人が「事務職をやめとけ」と言われる理由は以下の通りです。

  • 業務の単調さ
  • キャリアの停滞
  • 貢献度の見えにくさ

また事務職はルーチンワークが多く、毎日同じ作業を繰り返すため、飽きやすくなります。
さらに事務職は、直接的な利益を生む業務ではないため、自分の貢献度を実感しにくく、モチベーションの維持が難しいです。

したがって事務職のデメリットを考慮し、自分のキャリアプランや適性をよく考えることが重要です。

事務職で働いていてきついことは?

事務職で働いていて難しいことは、多様な業務への対応と優先順位の管理です。
なぜなら事務職は幅広い業務をこなす必要があり、急な依頼や突発的な業務が多く発生するため、適切な優先順位をつける能力が求められるからです。

たとえば、データ入力や書類整理を行いながら、急な会議準備や上司からの特別な依頼に迅速に対応する必要があります。

複数の部門からの依頼に対して重要性や緊急性を見極め、効率的に作業を進めるため、マルチタスク能力とストレス管理が重要です。

事務職がきつい理由について以下の記事で詳しく解説しています。

事務職がきついと言われる理由は?事務職の魅力や向き不向きを解説

まとめ

事務職は未経験でもチャレンジしやすい職種で、実務経験がなくても応募可能な求人が多く、専門的なスキルを必要としません。

総務、人事、営業事務、経理など多様な分野があり、基本的なPCスキルやコミュニケーション能力があれば対応可能です。

事務職に就くことでPCスキルが身につき、体力的な負担が少なくスケジュールの組みやすい仕事が多いです。
よって事務職は、社内コミュニケーションが増え人間関係を築きやすい点も魅力です。

この記事を参考に、未経験からでも安心して始められる事務職でキャリアアップを目指してみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫キャリアアドバイザー
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター