相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

事務職がきついと言われる理由は?事務職の魅力や向き不向きを解説

事務職がきついと言われる理由は?事務職の魅力や向き不向きを解説

事務職きついといわれる理由は、人間関係に気を遣うことや単調な業務が多いことが当てはまります。記事では、事務職がきついといわれる理由から、向いてない人などについて解説します。

事務職がきついと言われる理由7選

事務職がきつい理由は以下の通りです。

一つずつ解説します。

人間関係に気を遣う[事務職がきつい理由 1/7]

事務職がきついと言われる理由として、人間関係に気を遣うことがあげられます。
事務職は他の部署や同僚と密に連携し、円滑なコミュニケーションが求められます。多方面への人間関係の構築は、精神的な負担がかかりやすくなります。

たとえば、部署間の調整や上司への報告、同僚との連携が日常的に求められ、対人スキルが必要です。また、対立や誤解が生じることもありストレスの原因となります。さらに、事務職は問題解決やトラブルシューティングが多く、迅速かつ的確な対応が求められます。

これらの要素が重なり、精神的なプレッシャーが増すことがあります。
加えて、業務の正確さや効率も重視されるため、常に集中力を保つ必要があり、心身の負担が大きくなることもあります。

依頼業務が多い[事務職がきつい理由 2/7]

事務職がきつい理由は、他部署や上司からの依頼業務が多岐にわたり、常に多忙で時間管理が難しいことがあげられます。

事務職は会議の準備、資料の作成、データ入力、電話対応、顧客対応など、多様な業務を同時並行でこなさなければならず、これにより仕事の優先順位をつけるのが難しくなります。
タスクに追われる状態が続くため、急な依頼や変更にも柔軟に対応する必要があり、ストレスが溜まりやすくなります。このような状況では、迅速な対応と高い適応能力が求められます。
また、複数の業務を同時に進める中で、ミスを防ぐために常に集中力を保つ必要があり、心身の負担が大きくなります。
そのため、事務職がきついと感じるのは、多岐にわたる依頼業務と多忙なスケジュール管理が原因です。

給料が上がりにくい[事務職がきつい理由 3/7]

事務職がきついと言われる理由として、給料が上がりにくいことがあげられます。これは、会社の評価制度が売上や業績に直接貢献する職種を重視するためです。

事務職は、日常業務のサポートやデータ管理など、企業運営に不可欠な役割を果たしていますが、その貢献度が目に見えにくいため、評価が低くなりがちです。

比較対象として、営業職は新規顧客の獲得や売上増加など、直接的な成果を上げやすく、その成果が給料に反映されやすいです。

そのため、事務職は昇給の機会が少なく、また、管理職への昇進も限られているため、キャリアアップが難しいという現実があります。これらの要因が重なり、事務職は給料が上がりにくく、モチベーションの維持が難しくなることがあります。

単調な作業が多い[事務職がきつい理由 4/7]

事務職がきついと言われる理由は、単調な作業が多いことも影響しています。
事務職は、毎日同じような作業を繰り返すことが多く、これが単調さを生み出します。

具体例として、データ入力や書類整理といった業務は、日々同じ手順を踏む必要があり、これが自己成長や達成感を感じにくい原因となります。

ある社員が毎日データ入力を行っている場合、正確さを保つために高い集中力が求められますが、作業自体に大きな変化や挑戦が伴わないため、モチベーションの維持が難しくなります。

このように、ルーティンワークの連続は仕事に対する刺激を欠き、結果としてモチベーションの低下や飽きが生じやすくなります。
さらに、単調な作業が続くと、新しいスキルや知識を習得する機会も限られ、キャリアアップの機会が少なくなることもあります。

座りっぱなしのデスクワークになる[事務職がきつい理由 5/7]

事務職がきついと言われる理由として、座りっぱなしのデスクワークが多くなることがあげられます。

長時間同じ姿勢でいることで、腰痛や肩こりなどの身体的不調が生じやすくなります。

さらに身体を動かさないため、精神的なリフレッシュが難しくなり、ストレスが溜まりやすくなるでしょう。

これらの問題に対処するためには、事務職に従事する人々が定期的なストレッチや短い散歩を取り入れ、仕事の合間に体を動かすことが重要です。

たとえば、1時間ごとの軽いストレッチで血行を促進し、筋肉の緊張を和らげることができるでしょう。また、適切な椅子やデスクの選定、正しい姿勢の維持も、身体的負担を軽減するために有効です。

努力を評価してもらいにくい[事務職がきつい理由 6/7]

事務職がきついと言われる理由として、努力を評価してもらいにくいことがあげられます。

なぜなら、事務職の仕事は売上や目に見える成果を直接生み出すわけではないため、その努力が評価されにくいからです。

例として、ある事務職員が日々正確なデータ入力や書類整理を行い、チームのサポートに貢献したとします。
しかし、これらの作業は目に見える成果として上司に伝わりにくく、その努力が評価される機会は少ないです。
また、同じ業務を繰り返す中で改善提案を行っても、業務の性質上、その効果が明確に見えるまで時間がかかることが多く、すぐに評価されることが難しい場合があります。

同じ業務で飽きが来てしまうことがある[事務職がきつい理由 7/7]

事務職がきついと言われる理由として、同じ業務で飽きが来てしまうことがあげられます。

実際に、事務職はルーティンワークが中心で、毎日同じ作業を繰り返すことが多いため、仕事に対する新鮮さが失われやすいです。

具体的には、データ入力、書類整理、電話対応などの業務が多く、これらは変化が少ないため、単調さを感じやすくなります。
また、業務内容が固定化されているため、新しい挑戦や創造的な仕事をする機会が少なく、仕事に対する意欲が減少します。
さらに、同じ業務を繰り返すことで、新しいスキルや知識を学ぶ機会が限られ、自己成長の実感が得にくくなります。

例として、毎日同じ形式のデータを入力し続ける事務職員は、その作業に対するモチベーションを失いやすく、仕事に対する満足感が減少することがあります。

事務職がきつくて退職する理由

事務職がきつくて退職を考えている理由は以下の通りです。

  • 単調な業務に飽きる
  • 過剰な残業に追われる
  • 人間関係の悩みを抱える

これらの理由を一つずつ解説します。

1. 業務に飽きてしまう

事務職がきつくて退職する理由の一つに、業務に飽きてしまうことがあります。

事務職は毎日同じような作業を繰り返すため、単調さが生じやすく、新しい挑戦や創造的な仕事が少ないことから刺激が不足します。

また、同じ業務を続けることで新しいスキルや知識を学ぶ機会が限られ、自己成長の実感が得にくくなります。

これらの要因が重なり、最終的に退職を考えるようになります。

したがって、事務職に従事する人々は、業務に変化を取り入れたり、新しいスキルを学ぶ機会を作り出すことが重要でしょう。

2. 残業が多い

ホワイトな職場が多い事務職ですが、退職する理由として、、残業が多いことがあげられます。

残業が多いと、ワークライフバランスが崩れ、心身の疲労が蓄積します。

長時間労働は身体的な健康だけでなく、精神的なストレスも増加させます。また、家族や自分のための時間が減少し、生活の質が低下します。

たとえば、ある事務職員が毎日数時間の残業を続けると、週末や休日も仕事の疲れが取れず、家族や友人と過ごす時間が減ります。

さらに、長時間労働が続くことで健康診断で異常が見つかることもあります。

このような状況が続くと、仕事に対する意欲やモチベーションが低下し、最終的には退職を考えるようになります。

3. 人間関係が上手くいかない

事務職がきつくて退職する理由の一つに、、人間関係が上手くいかないことがあげられます。

事務職は他部署や上司、同僚との連携が求められ、円滑なコミュニケーションが必要です。

対人ストレスが増加し、職場のコミュニケーションがうまくいかないと精神的な負担が大きくなります。

例として、上司からの過度な要求や同僚との意見の対立が続くと、職場環境が居心地悪くなり、ストレスが溜まります。

このような状況が続くと、働き続ける意欲が減少し、最終的には退職を考えるようになります。

仕事を行う上で社内連携が必要になるため、円滑なコミュニケーションと対人スキルの向上が重要です。

事務職に向いてない人

ここでは、事務職に向いていない人の特徴をご紹介します。

  • PC操作が苦手
  • 数字に弱い
  • 単調な作業が嫌い
  • ミスが多い
  • 社内コミュニケーションが難しい

一つずつ解説していきます。

1. PC操作が得意ではない人

事務職はデータ入力、書類作成、メール対応など、ほとんどの業務がPCを使った作業であるため、PC操作のスキルが必要です。

PC操作が苦手な場合、作業に時間がかかり、業務効率が低下します。

また、ミスが多発し、その修正にさらに時間がかかることでストレスが溜まりやすくなります。

たとえば、PC操作が遅いために他の同僚より作業が遅れ、業務の進捗に影響が出ることがあります。

このような状況が続くと、業務の効率が低下し、職場での評価も下がり、最終的には事務職に向いていないと感じるようになります。

2. 数字を扱うことに苦手意識がある人

事務職はデータ入力、経費管理、予算計算など、数字を扱う業務が多く、正確さが求められます。

数字に苦手意識があると、計算ミスやデータ入力ミスが増え、業務効率が低下します。

例として、経費管理を行う際に計算ミスが頻発すると、その修正に時間がかかり、全体の業務進行に遅れが生じます。

また、予算管理や財務報告など、正確な数字が求められる業務でもミスが生じやすくなり、不安やストレスが増加します。

このような状況が続くと、事務職が自分に向いていないと感じるようになるでしょう。

3. 似たような作業の繰り返しが苦手な人

事務職はデータ入力や書類整理など、同じ作業を繰り返すことが多く、単調な業務が多くなります。

繰り返しの作業に飽きやすい人はモチベーションを維持するのが難しく、精神的な負担が増えやすくなります。

たとえば、毎日同じ形式のデータを入力する業務は、単調さゆえに集中力が低下し、ミスが発生してしまう場合があります。

ルーティン業務など新鮮さがない仕事に取り組むことが苦手な場合、苦労してしまうことがあります。

4. ミスや見落としが多い人

事務職はデータ入力、書類作成、情報管理など、正確さが求められる業務が多く、ミスや見落としがあると致命的な影響を及ぼします。

例として、頻繁にデータへの入力ミスをする事務職員は、その修正に時間がかかり、業務効率が低下します。

また、誤ったデータが報告されると社内の意思決定に支障が出るため、信頼性が損なわれます。

したがって、事務職には注意力や正確性を高める努力が求められます。

5. 社内コミュニケーションが苦手な人

事務職は他部署や上司、同僚との連携が不可欠で、効果的なコミュニケーションが業務の円滑な進行に重要です。

コミュニケーションが苦手な人は情報の伝達ミスが生じやすく、業務に支障をきたします。

たとえば、会議の準備で情報収集が不十分だと、会議資料に不備が出てしまいます。

さらに、職場の対人関係でストレスを感じやすくなり、職場環境が悪化することもあるでしょう。社外の人との関わりが少ないからこそ、コミュニケーション能力や人間関係をつなげていく力が求められます。

事務職がきついと感じた人に向いてる仕事

事務職がきついと感じた人には、対人スキルや動きのある仕事、創造性や問題解決能力を活かせる職種が向いています。

例として以下の職業が挙げられます。

  • 営業職
  • クリエイティブ職
  • フィールドエンジニア

これらの職種は、成果が見える仕事を通じて達成感を得やすく、モチベーションを維持しやすい点が特徴です。事務職が合わないと感じる人にとって、これらの仕事は適職となる可能性があります。

事務職のデメリット

ここでは、事務職のデメリットをご紹介します。

  • 会社の利益への貢献度が見えにくい
  • 単調な業務を行うことが多い
  • 車内からの依頼で柔軟な対応が必要になる

一つずつ解説していきます。

1. 会社の利益への貢献度が見えにくい

事務職で働くデメリットとして、会社の利益への貢献度が見えにくいことがあげられます。

なぜなら、事務職は日常業務のサポートやデータ管理など、間接的に会社を支える役割が多く、直接的な利益を生む仕事とは見えにくいからです。

たとえば、事務職員が営業チームの基盤を整えることで間接的に貢献しても、その貢献度は売上数字として見えにくくなっています。

そのため事務職に従事する人は、自身の役割と貢献を理解し、自己評価を高める工夫が重要です。

2. 単調な業務を行うことが多い

事務職で働くデメリットとして、単調な業務を行うことが多いことがあげられます。

事務職はデータ入力や書類整理、電話対応など、同じ作業を繰り返すルーティンワークが多く、創造的な作業や新しい挑戦が少ないため、仕事に対する刺激が少なくなります。

これにより、達成感を感じにくく、モチベーションの維持が難しくなります。

単調な作業になるからこそ、モチベーションに頼らない、スケジュール管理が必要になります。

3. 社内からの依頼で柔軟な対応が必要になる

事務職で働くデメリットとして、社内からの依頼で柔軟な対応が必要になることがあげられます。

事務職は多様な依頼に対応し、頻繁に内容や優先順位が変わるため、スケジュール管理が難しくなります。そのため、仕事の優先順位を付けることやコミュニケーションを取ることが重要になってきます。

このため、事務職で働くためには、、効率的な時間管理やコミュニケーション能力を含めた柔軟な対応力が求められるでしょう。

事務職の業務が辛いと感じたときの対処法

事務職の業務が辛いと感じたときの対処法は、業務の優先順位を明確にし、ストレス管理と自己啓発を行うことです。

業務が多岐にわたる場合、重要度や緊急度に基づいて優先順位を設定し、効率的に仕事を進めることが大切です。
また、適切な休憩やリラックス方法を取り入れることで、精神的な負担を軽減できます。

例として、定期的に短い休憩を取る、深呼吸や軽いストレッチ、リフレッシュのための散歩などが効果的です。さらに、新しいスキルの習得やキャリアアップを目指すことで、仕事に対するモチベーションを維持することができます。

一例として、Excelのマクロ機能やプロジェクト管理ツールの使用方法を学ぶことで、業務効率を向上させるとともに、キャリアアップの道を探ることができるでしょう。

これらの対処法を実践することで、効率的に仕事を進め、精神的な負担を軽減し、モチベーションを維持することが可能です。

よくある質問

事務職に関するよくある質問は以下の3点です。

  • 事務職の嫌なところは?
  • 事務職をやめとけといわれる理由は?
  • 事務職の給料が低いのはなぜ?

ひとつずつ解説します。

1. 事務職の嫌なところは?

事務職の嫌なところは、単調な作業が多く、社内からの依頼で柔軟な対応が求められることです。

データ入力や書類整理など、同じ作業の繰り返しは飽きやすく、モチベーションの低下を招きます。また、社内の様々な部署や上司からの急な依頼に対応するため、予定が頻繁に変わり、スケジュール管理が難しくなります。

一例として、日常業務を中断して急な会議資料の作成を行うことがあり、これが精神的なストレスの原因になります。
したがって、効率的なスケジュール管理やストレス管理が重要です。

2. 事務職をやめとけと言われる理由は?

事務職をやめとけと言われる理由は、単調な作業が多く、評価が見えにくいことにあります。

事務職はデータ入力や書類整理など、毎日同じような作業を繰り返すため飽きやすくなります。また、間接的に会社を支える役割が多く、業績や売上に直結しないため貢献度が評価されにくいです。

たとえば、データ入力を行う事務職員の仕事は重要ですが、直接的な売上貢献が見えにくく、評価が低くなることがあります。

このため、モチベーションの維持が難しくなります。事務職には業務に変化を取り入れ、自己評価を高める工夫が必要です。

3. 事務職の給料が低いのはなぜ?

事務職の給料が低い理由は、直接的な売上貢献が見えにくく、昇進の機会が少ないからです。

事務職はデータ管理や書類整理など、間接的に会社を支える業務が多く、直接的な売上や業績に直結しにくいため評価が低くなりがちです。

さらに、キャリアパスが限られているため、昇進のチャンスが少なく、給料の上昇も緩やかです。

たとえば、営業職は新規顧客の獲得や売上増加に直接貢献し、その成果が給料に反映されやすいのに対し、事務職は評価されにくいです。
したがって、事務職に従事する人はスキルアップや自己成長を意識し、キャリアの幅を広げる努力が重要です。

まとめ

この記事では、事務職がきついと感じる理由を解説してきました。

具体的な理由は以下の通りです。

  • 人間関係に気を遣う
  • 依頼業務が多い
  • 給料が上がりにくい
  • 単調な作業が多い
  • 座りっぱなしのデスクワーク
  • 努力を評価してもらいにくい
  • 同じ業務で飽きが来る

事務職にはこうした側面がありますが、業務に変化を取り入れたり、新しいスキルを学ぶことで、仕事のモチベーションを維持することが可能です。

自分に合った対策を見つけ、働きやすい環境を作りましょう。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫キャリアアドバイザー
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター