就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

就職相談をして理想の就職を叶える!何を聞くかの例や誰に聞くべきか解説

就職相談をして理想の就職を叶える!何を聞くかの例や誰に聞くべきか解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

就職相談の重要性を理解できていない人は少なくありません。就職活動は人生を左右することもあるほど非常に重要な分岐点となり得ますので、できるだけ多くの人に相談をして進めていくことが大切です。この記事では、就職活動で相談を上手く活用し、理想の社会人生活を送るためのコツやポイントについて解説します。特に初めての就職活動をしようとしている人は、本記事の内容を参考にしてみてください。

就職相談をする目的

就職相談をする目的

就職相談とは、文字通り就職活動を始める前や最中に、第三者に相談することを言います。まずは、就職相談はなんのために行うのかや、どんな意味があるのかについて解説します。

後述する「末路」と一緒に確認した上で、就職相談の必要性について考えてみてください。

どのように就職活動を進めていけばいいか知る

就職相談の相談目的は様々ありますが、まずは就職活動の始め方や、大まかな進め方を理解するというものが挙げられます。

就職活動は、初めて行う人からすれば「何から始めればいいのか分からない」「どこでどのように就職活動を進めればいいのか知りたい」など感じやすくなっています。

実際に、就職活動の具体的な手段はいくつもありますし、人によってどの方法や流れが向いているのかは異なります。

もし間違った就職活動の方法をしてしまうと、さまざまなデメリットにも繋がりかねず、最悪の場合就職そのものを諦めることにもなるでしょう。

そうならないためにも、やや面倒に感じるかもしれませんが、就職相談にしっかり取り組んでおくことがおすすめです。

就職成功率を上げる

就職相談をすることで、自分に合っている仕事が見つけやすくなります。

自分に合っている仕事とは、「自分のスキルや経験が活かせる」「自分の希望する働き方が叶う」「ストレスを感じずに働ける」といった仕事のことを指します。

自分一人で就職活動に向き合っていくと、そもそも自分はどんな仕事に就職すればいいのか見失ってしまいます。

場合によっては、知っている名前の会社や仕事に手当たり次第に応募をしてしまう人もいるでしょう。しかし、当然ながら適当に応募を繰り返していては、選考に通過するのは難しいのが現実です。

就職相談を経て、自分に合っている仕事を見つけることにより、就職成功率が上がるといった期待が持てます。

また、就職成功率が上がるということは、就職活動にかかる時間も短縮できるということにも繋がります。いつまでも就職活動をしていたいと考えるような人は別ですが、多くの人にとって就職成功率を上げられることに越したことはありません。

就きたい仕事が明確になっている人こそ、就職相談をして就職成功率を高めることを意識してみてください。

自信に繋げる

就職相談は、自分の就職活動における自信にも繋がります。

人はなにか不安に感じていることや、自信がないことに直面した時、誰かに相談するだけで心が落ち着くようにできています。

就職活動という未知の行為を目の当たりにすれば、心が落ち着かなくなってしまうことも十分考えられます。そうした時に就職相談をすることで、落ち着いて就職活動と向き合えるようになるはずです。

また、就職相談そのものも立派な就職活動の一つですので、「就職活動を一歩進められた」という自信にも繋がるでしょう。

今まで何をしたらいいか分からず、ただ就職をしたいと思っていただけの毎日から脱却できることから、就職活動を始めたいと思ったら、まずは就職相談から行ってみると良いでしょう。

就職相談をしなかった時の末路

就職活動に慣れてない人が、就職相談をしないまま就職してしまうと、次のような末路を迎える可能性があります。

いずれも将来の人生に大きく影響してくることが考えられますので、可能な限り就職相談を行った上で就職活動を行うことがおすすめです。

就職活動の時間がかかる

就職相談を行わないと、進め方や流れが分からないまま就職活動を進めていかなければならなくなります。

「求人サイトと就職エージェントの違いは?」「企業に応募する時の履歴書はどのように書けばいいのか?」「自己PRと自己紹介はそれぞれどんなことを話せばいいのか?」など、就職活動を進めていく上でさまざまな疑問点が湧くことになるでしょう。

そうした疑問にぶつかった時、一回一回自力で調べる必要がありますが、どうしても時間がかかっていってしまいます。

自分が納得する仕事に就くため、就職活動に時間をかけることは問題ありませんが、ただ進め方が分からずに時間がかかってしまうことは次のようなデメリットにも繋がります。

  • 興味のあった求人の募集が終了してしまう
  • 就職活動のやる気がなくなる
  • 就職活動の全体感が把握できない

このように、多くのデメリットに繋がるかもしれないことも理解しておきましょう。

自分に合っていない職場に就職してしまう

就職相談をすることで、自分にどのような仕事が合っているかが理解できるようになります。

逆を言えば、就職相談をしないと、どんな仕事が自分に合っているのかが掴めなくなってしまうと言えることから、自分に合っていない職場に就職する末路を迎えると考えられます。

自分に合っていない職場で働き続けるのは、想像している以上につらく苦しい毎日を過ごさなければなりません。

例えば営業職にコミュニケーション能力の弱い人が就いてしまえば、顧客との商談の度に強いストレスを感じることになるでしょう。

また、ストレスを感じるだけでなく、仕事で力を発揮しにくくなることも考えられます。なかなか結果が残せないことから、上司に叱責されたり、昇格・昇進も難しくなるかもしれません。

職場を転々とする可能性も

昨今は多くの業界・企業で人材不足が問題になっていますので、仕事を選ばなければ、就職相談をせずとも何らかの職場に就職することは可能です。

だからといってどこでもいいから就職してしまうと、自分に合っていない職場に就職することになり、結果として短期離職→転職を繰り返すことにも繋がります。

「職場が合わなければ、すぐに辞めて転職すればいいのではないか」と簡単に考えるかもしれませんが、実態はそれほど簡単ではありません。転職回数が多くなるにつれ、面接官から「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と思われやすくなります。

その結果、どんどん転職が難しくなり、最終的には、自分に合わない職場で働き続けなくてはならなくなる可能性もあるでしょう。

就職の相談をする場所や相手

就職相談の重要性について解説してきましたが、実際にどんな相手や場所に就職相談ができるのでしょうか?

ここでは、代表的な相談先を6つご紹介します。それぞれの特徴を理解して、自分に合った方法で就職相談をしてみてください。

ハローワークの相談窓口

国の運営する公共職業安定所の愛称でもあるハローワークでは、就職に関するあらゆる相談が可能です。

各自治体に設けられているハローワークに行き、窓口で就職相談をしたいと申し出ることで、ハローワークの職員との相談が可能です。

ハローワークの就職相談では、単なる相談に限らず、以下のようなことが行えます。

  • 興味のある求人票に関する質問
  • 就職活動の方法に関する相談
  • 応募書類の添削や指導
  • 企業に応募する場合、紹介状の発行

基本的にハローワークでは、地元の中小企業への就職がメインとなっているため、中堅〜大企業に入社したいと相談する相手としては適切とはいえないかもしれません。

また、ハローワークの職員は相談の回答がバラバラだったり、相談員の質(キャリアや資格の有無等)にムラがあるといったデメリットもあります。

とはいえ、就職活動の一歩としてハローワークは十分活用できますので、近場にあるハローワークに足を運んでみることから始めてみてもいいでしょう。

ハローワークでの相談については、以下の記事で詳しく解説していますので、気になる人はチェックしてみてください。

ハローワークの職業相談とは?相談の流れや失業保険の受給について紹介

都道府県が運営するジョブカフェ

若年層であれば、ジョブカフェという場所でも就職相談が可能です。

ジョブカフェとは、都道府県単位で運営されている「若年者のためのワンストップサービスセンター」の愛称であり、若者のための就職支援施設の一つです。

受けられるサービスとしてはハローワークに似ており、サービスの展開方法は各都道府県で異なりますので、自分の住んでいる都道府県のジョブカフェ情報を検索してみてください。

相談をする上での注意点としては、希望する仕事の求人がないことが挙げられます。ジョブカフェはハローワークよりも規模が小さいため、集まる求人の数や種類が少ない傾向にあります。興味の持てる求人となかなか出会えない、というケースもあるかもしれません。

また、ジョブカフェは若年層向けサービスとなっていますので、30代〜40代以降となってしまうと、望ましいサポートが受けられない可能性もあります。

もし中年層以上で就職相談をしたいのであれば、ハローワークや、後述する就職エージェントの活用を検討する必要があります。

就職エージェント

就職エージェントは登録することで専任の担当が付き、就職相談のみならず、就職活動における様々なサポートをワンストップで提供してくれるサービスです。

具体的には、以下のようなサポートが受けられます。

  • どのように就職活動を進めればいいかのアドバイス
  • キャリアカウンセリングで自分に合った仕事が分かる
  • 履歴書や職務経歴書の書き方の指導、添削
  • 模擬面接の実施
  • 自分の希望にあった求人を紹介してもらえる
  • 企業との面接日時の調整代行
  • 面接のフィードバック共有
  • 年収交渉の代行
  • 現職の退職交渉のアドバイス

このように、就職活動の始めから終わりまで手厚いサポートが受けられますので、就職相談だけでなく、具体的な就職活動も進めていきたいという人にぴったりの相談先と言えるでしょう。

また、就職エージェントにはキャリアコンサルタントの国家資格を持つ担当も複数在籍しているケースが多く、担当の質が一定して高くなりやすいといった特徴もあります。

そのため、少しでも安心して就職相談をしたいという場合も、就職エージェントの活用がおすすめです。

なお、就職エージェントによって紹介を受けられる求人の数や種類が異なります。自分に合った求人と出会いやすくするためにも、気になるサービスを見つけたら複数並行して利用するようにしましょう。

両親や友人

両親や友人も、就職相談する選択肢として考えられます。

ハローワークや就職エージェントよりもフランクに話せるため、相談するハードルが低いというのが魅力です。

また、自分の性格や長所短所を理解した上でのアドバイスが受けやすくなり、思ってもいなかった自分の可能性を見つけることにも繋がる可能性があります。

しかし、相手の年齢によっては相談の回答が的外れになりうることに注意が必要です。

就職活動の市況感は毎年大きく変化しており、特に、両親が就職活動をした数十年前と現在では、就職活動の現状は大幅に異なっています。そのため、年齢が大幅に違う人に相談して、そのアドバイスを間に受けて就職活動をしてしまうと、思わぬトラブルに繋がる恐れもあります。

学校のOB

学校のOB経由で相談者を見つけるのも一つの手です。

各大学のキャリアセンターなどでは、OBの情報が蓄積されていますので、興味のある企業でOBが働いている場合は、就職相談の申し出をしてみると良いでしょう。

OBへの就職相談は、他の相談方法に比べてより実践的なアドバイスをもらえる期待が持てます。「どのサービスを使って就職活動を行ったか」「他に検討していた業界や企業の情報は?」など、事細かに就職活動のイロハを教わることができるでしょう。

また、実際にどのような働き方をしているのかであったり、やりがいや大変なことも聞けたりするので、その企業への選考通過率を上げられるといったメリットもあります。

OBへの就職相談は頻繁に行えるものではないので、他の相談方法の「サブ」的な立ち位置で活用するのがおすすめです。

ネット掲示板

匿名で投稿できるネット掲示板でも就職相談は可能ですが、あまりおすすめはできません。

なぜなら、匿名かつ相手の詳細状況が分からない中ですので、仮に相談を投げかけたとしても、的を得た回答をもらえる期待が持てないためです。

それだけでなく、偏った回答に心を傷つけられてしまう可能性すらありますので、ネット掲示板での就職相談はやめるのが無難です。

就職相談を成功させるコツ

比較的気軽に行える就職相談ですが、気軽に行えるからこそ、どうなったら相談が成功と言えるのか判断が付きづらいといった特徴があります。

ここでは、就職相談を成功させるコツについて解説します。

できるだけ早めに相談する

就職相談は、就職活動を考え始めた段階で、できるだけ早めに行うようにしましょう。就職相談をすることで、自分に合った仕事や発揮できる強みスキルが分かるようになります。

これらが理解できていないまま就職活動をスタートさせても、思うように進められなくなる可能性がありますので、就職相談は早めに行うに越したことがないのです。

ハローワークに行く、就職エージェントに登録する、家族や友人に相談を投げかけてみるなど、就職相談は行動を起こそうと思えば今すぐにでも行うことができます。

もし就職エージェントに登録することから始めたいのであれば、以下のリンクから30秒程度で就職カレッジ®︎というサービスに登録できます。

行動を起こしたいなら、早速以下のリンクをクリックしてみましょう。(登録無料)

今までの経歴を簡単に振り返っておく

就職相談をすることが決まったら、相談するまでに今までの経験を簡単に振り返っておくようにしましょう。

また、合わせてぼんやりとでもいいので「どんな仕事に興味を持っているか」「どんなことはしたくないか」と考えておくと、よりよい相談に繋がりやすくなります。

就職相談を受ける側の立場になって考えると、何も考えていない相談者の心情や能力を完璧に理解することは不可能です。しかし、仕事や就職に対してどのように思っているかが分かれば、より的を射たアドバイスがしやすくなります。

回答者の立場に立って、より具体的なアドバイスを受けるためにも、最低限のヒントとなり得る自己の経験については振り返っておきましょう。

事前に何を聞くかを考えておく

就職相談をするということだけを意識して、いざ相談の場になってから質問内容を考えるというのは、目的と手段が入れ替わってしまっている証拠です。

当然思っていたような結果は得られませんし、相談の時間が終わってから本来聞きたかったことを思い出すといった無駄が発生してしまいます。そうならないためにも、事前にどんなことを聞くか考えておくことが大切です。

また、可能であれば相談する相手に対し、事前に聞きたい質問項目を送っておくと、より内容の濃い回答がもらいやすくなるのでおすすめです。

就職相談での質問例

就職相談における質問例としては、以下のようなものが考えられます。

もし質問が思いつかないという場合は、以下の内容を中心に聞いてみるといいでしょう。

  • 履歴書のこの部分の書き方が分からない
  • どのように仕事を探していけばいいか
  • 自分に合っている仕事の探し方
  • 今の就職市場はどうなっているか
  • 持病がある場合就職活動に不利になるのか
  • 自己分析はどのように行えばいいか
  • 企業研究はどのように行えばいいか
  • キャリアプランはどのように立てればいいのか
  • 自己PRできる経験がないがどうすればいいか
  • 志望動機は複数の企業で使いまわしていいのか
  • 未経験から○○職に内定は獲得できるのか
  • 短期離職を繰り返している時の伝え方は?
  • 応募してもなかなか選考に通過しないのはどうしてか
  • 自分には正社員か正社員以外のどちらが合っているか
  • 給与を上げるためにはどうすればいいか
  • 自分の年齢でこの求人に採用されるか
  • 研修制度が充実している企業を知りたい
  • ワークライフバランスを重視して働ける企業の特徴は?
  • (興味のある企業)の平均勤続年数や離職率が知りたい
  • 年間休日日数の目安は?

就職相談の結果の活かし方

ここからは、就職相談をした結果の活かし方について解説します。

自己分析に活用する

就職相談により、自分の経験や活かせる経験スキルが明らかになると思いますので、その内容を自己分析に活用しましょう。

自己分析とは、自分自身の理解を通じて、自己PRの作成や志望業界職種の特定に役立てるための分析のことを言います。

自己分析のやり方についてはいくつか種類があります。

就職相談が終わったり、あらかじめ自己分析の方法を知っておきたいという人は、以下の記事で自己分析のやり方を解説していますのでチェックしてみてください。

自己分析のおすすめのやり方は?転職成功や社会人を目指す人に向けて解説

企業選びに活用する

相談先によっては、就職相談をした後に企業に応募できる場合があります。もらったアドバイスを元に、どんな企業や求人に応募していくのかについて考えていくようにしましょう。

企業選びにはまた違った疑問点が出てくると思いますので、初回の就職相談とは別に、求人の選び方といった相談の場を設けてもいいかもしれません。

面接での受け答えに活用する

自己分析も企業選びも行えたら、次に待っているのは面接対策です。就職相談で明らかになった自分の強みを伝えられるよう、面接の受け答えの準備に活用していきましょう。

特に、多くの企業で聞かれることのある「自己PR」については念入りに準備しておくことが大切です。

自己PRについては以下の記事で詳しく解説しています。

自己PRとは?受かる書き方や例文など一挙解説!

就職相談をする時の注意点

基本的にメリットしかない就職相談ですが、取り組む上でいくつか注意しておきたいポイントがあります。

次のような点には注意した上で、上手く就職相談を活用していきましょう。

相談結果が全てだと思わない

就職相談による相談結果は、必ずしも全てが正しいとは限りません。「相談した相手の主観」が少なからず入っていますので、それが全てだと思わないように注意してください。

もし相談結果が全てだと思って就職活動を進めてしまうと、自分の選択肢を狭めることにも繋がりかねません。

従って、就職相談は自分の就職活動をサポートするツールという立ち位置で活用する意識を持っておきましょう。

相談しただけで就職活動をした気にならない

就職相談は就職活動の一歩と言えるものの、就職相談をしただけで就職活動をした気持ちにならないようにしましょう。

就職活動は大きく分けて「調査分析→企業への応募→書類選考・面接→内定・就職」といった4つのフェーズとなりますが、就職相談は最初のフェーズのごく一部にしかなりません。つまり、就職相談は就職活動の序の口にすぎないということです。

もし就職相談をして「就職活動を進められた」と安心してしまえば、就職活動が遅れてしまうだけでなく、もらったアドバイスを上手く応募や選考に活かせないということもあり得ます。

できるだけ複数の方法で相談をする

就職相談は、できるだけ複数の方法を用いるように意識しましょう。この記事で紹介した相談先は、それぞれで就職サポートに対する意識が異なりますので、得られる回答内容も方向性が変わってくることが考えられます。

多角的に情報収集をすれば、物事の一面だけを見て就職活動を進めてしまうことが防げます。

自分が本当に納得できる就職を成功させるためにも、複数のサービスを組み合わせて就職相談を行っていくようにしてください。

就職相談をしたいなら就職カレッジ®︎がおすすめ

就職相談や、その他の手厚いサポートを受けたいという方には、就職カレッジ®︎がおすすめです。

ここでは、就職カレッジ®︎の4つの特徴についてご紹介します。

20代の正社員就職支援に強い就職エージェント

就職カレッジ®︎は、20代の正社員就職支援に強い就職エージェントである弊社ジェイックの就職支援サービスです。

特に「フリーター、ニート、第二新卒、既卒」のサポートを専門に行っており、今までの就職支援実績は23,000名以上※に上ります。

登録から内定獲得まで全て無料で利用いただけますので、まずは就職相談の目的で登録いただいてももちろん問題ありません。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料就職講座で8割を超える就職率

就職カレッジ®︎に登録した後は、就職活動支援のプロが直接教える「無料就職講座」に参加できます。

この講座では、以下のようなカリキュラムを集中的に学ぶことが可能です。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の書き方
  • 面接の個別対策

上記のほかにも、就職に関する相談はいつでも可能です。

このようなサポート体制もあり、就職カレッジ®︎を利用した方の就職率は81.1%※1 という実績を誇っています。

一般的なフリーター既卒の就職成功率は約34.4%※2 と言われていますので、普通に就職活動するよりも約2倍就職しやすいと言えます。

※1:2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

※2:2020年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査より

集団面接会で企業に直接相談も可能

無料就職講座の受講後は、就職カレッジ®︎が独自で主催する集団面接会に参加できるようになります。

集団面接会は、1回の開催に十数社の企業が参加します。未経験者を積極的に採用したいと考えている企業しか参加しませんので、社会人経験の浅い人でも問題なく内定獲得が可能です。

また、集団面接会では書類選考をパスしていきなり企業の担当者と面談ができるのもポイントです。企業担当者に直接相談・質問することも可能ですので、より安心して就職活動が進められるでしょう。

徹底的なサポート体制でいつでも就職相談ができる

就職カレッジ®︎では、登録から内定獲得まではもちろんのこと、就職後のサポート体制も徹底しています。

「仕事をなかなか覚えられずつらい」「人間関係で困っている」など、就職してから悩みを感じたら、いつでも無料で専任のアドバイザーに相談が可能です。

このような徹底的なサポート体制もあり、就職カレッジ®︎で就職した方の定着率は91.5%※と非常に高い数値となっています。

就職後も気軽に相談できる環境で、安心して就職活動を進めていきたいという方には、就職カレッジ®︎の利用がぴったりです。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

就職相談をすることで、効率的な就職活動に繋がるだけでなく、自分に合った職場が見つけやすくなるなど、様々なメリットに繋がります。いつでも就職相談できる状況で、安心して就職活動を進めていきたい方には、就職カレッジの利用がおすすめです。

以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気になる方はぜひ、チェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター