就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

工場勤務を辞めたい方必見!おすすめの職種と転職方法を紹介します

工場勤務を辞めたい方必見!おすすめの職種と転職方法を紹介します

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

工場勤務辞めたい人、必見!

どんな人が工場を辞めて転職した方がよいのか、またどんな人は向上を辞めない方がいいのか をご紹介いたします。

そして交代制の夜勤や単純なライン作業など、皆が工場を辞めたくなる理由はどこにあるのかをご紹介した後に、ホワイトカラーの営業職や技術職に転職する方法についても、具体的にご紹介していきます。

記事のPoint
  • 工場勤務を辞めた方が良い人の特徴5選、当てはまるかどうかチェックしてみよう
  • 工場勤務を辞めたい人におすすめのスキルは「ITスキル」と「英語スキル」
  • 工場勤務を辞めてホワイトカラーに転職するなら、就職エージェントの活用がおススメ

工場勤務を辞めたくなる理由10選

工場を辞めたくなる理由11選

工場勤務を辞めたいと思っているあなたへ!

工場勤務は、夜勤などで稼げる一方、ラインでの単純作業について人によっては「合う・合わない」が顕著にあらわれるという特徴があります。勤務に向いている人であれば問題ありませんが、なかには辞めたいと思う人もいることでしょう。

ここでは、工場で働く人たちが「工場勤務を辞めたい」と思う理由をご紹介します。

  • 理由1:単純な作業がきつい
  • 理由2:交代制の夜勤がきつい
  • 理由3:仕事でミスをしてしまう
  • 理由4:人と話さない
  • 理由5:やりがいを感じられない
  • 理由6:成長しづらい
  • 理由7:肉体労働がきつい
  • 理由8:労働環境の衛生面が気になる
  • 理由9:危険が伴う場合もある
  • 理由10:職場の人間関係の悩み

以上の10選が、主にあげられる「工場勤務を辞めたい」と考える理由です。それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

理由1:単純な作業がきつい

工場勤務でよくあるのが「ライン」と呼ばれる作業で、正式には「ライン生産方式」といいます。ライン業務の担当になると、製品を生産するラインの各工程に入り、原則として同じ作業を繰り返すことになります。

一定の作業を集中して行う働き方を得意としたり好む人には向いていますが、そうでない人には作業が苦痛になって辞めたくなることが多いようです。具体的には「勤務中に時間が経つのがとても遅く感じる」「一定のリズムで仕事をしていると眠くなってしまう」「ミスをしないよう集中力が求められることがツラい」などの理由があげられています。

また、こうしたライン作業は、今後ますますロボットに取って代わられる領域が拡がることが考えられるため、将来的な雇用の継続や安定性にリスクを感じる人もいます。

理由2:交代制の夜勤がきつい

工場勤務の中でも「交代制」の勤務は生活時間の調整が難しい傾向にあり、人によってはうまく睡眠が取れずに体調を崩すケースもあり、辞めたい理由になるようです。

工場では、生産量を一定に保つ上で長時間稼働させるため、2~3交代制であることが多く、夜勤が発生することもあります。夜勤には別途の手当などが付くこともあるので、お金は稼げます。しかし、夜勤のタイミングは工場の生産量によって不定期に決まるため、生活のリズムが崩れてしまうおそれがあります。交代制や夜勤で生活の時間帯が変わることで、家族や友人との予定が合わせづらくなることもあります。

また、本人の意向に沿わない交代制を強要される職場については、特に注意が必要です。

理由3:仕事でミスをしてしまう

工場勤務は、決して簡単な業務ではありませんし、ミスが商品の品質低下やブランドの棄損に直結するケースもあります。

ミスが発生すると後工程の担当者にも影響が出ますし、ラインを止めてしまった場合はその時間分の生産量が失われて大きな損失になることもあります。当然、上司からは叱責されますし、周囲にも迷惑がかかることで、辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。

理由4:人と話さない

人と話すことに苦手意識があって工場勤務を選んでいる場合は問題ありませんが、工場勤務では「人と話す機会が少ないこと」がストレスになって辞めたくなる人もいます。

工場での勤務は、各工程の機械を扱うチームや課はありますが、仕事中は各自が持ち場の作業を続けるため、休憩時間などを除くと勤務中の会話が少ない傾向があります。

人との会話やコミュニケーションが好きな人には、かなり苦痛な職場になるでしょう。

理由5:やりがいを感じられない

工場勤務では、機械を操作しての作業が中心で、人とのコミュニケーションが少ないことから、人によってはやりがいを感じられず、辞めたい理由になり得ます。

機械を操作して自らの業務をまっとうしたり、製品の品質を保つことに達成感ややりがいを感じられる人には最適な環境です。しかし、仲間と共に仕事を成し遂げたり、上司や取引先に感謝されることでやりがいを感じる人にとっては、工場勤務は適さない可能性が高いでしょう。仕事にやりがいが感じられないと、働く上でのモチベーションの維持が困難になります。

理由6:成長しづらい

工場勤務の仕事では特定の作業を行う場合が多く、自らの成長を感じられないと捉えて辞めたいと考える人もいます。特定の作業を行う仕事においては、多くの場合、裁量(自分で判断できる範囲)が少ない傾向があるためです。

一定の業務の質を向上させることも成長ではあるのですが、新しい仕事にチャレンジすることで成長できると考える人にとっては、求める方向性に違いがあると言えるでしょう。

理由7:肉体労働がきつい

工場での勤務では肉体労働が基本になるため、年齢を重ねていくと体力的に耐えられなくなり、辞めたいと考える理由になります。

業務の性格上クーラーが設置できない製造現場や、逆に非常に寒い冷凍倉庫内での作業など、身体的に厳しい環境で仕事をする職場もあります。

また、ラインでの立ちっぱなしでの作業も、自由に動き回れない分、建設現場などよりもきつい肉体労働と言えるかもしれません。

理由8:労働環境の衛生面が気になる

工場勤務では、職場の衛生管理の状態に不安を感じて辞めたくなる人もいるようです。

肉体労働であるが故の発汗、機械類を円滑に動かすための油や薬品類、製品の原材料を扱う中での汚れなど、業務上さけられない衛生面でのデメリットが気になってしまうというケースです。衛生面における許容範囲は個人差が大きく、感覚的なものであるが故に、いったん「受け入れられない」と感じた場合には決定的な退職理由になり得ます。

理由9:危険が伴う場合もある

工場での勤務には、身体的な危険を伴う業務が含まれる場合もあります。

重量のある荷物や機材を扱うことで腰などを痛めるおそれがありますし、機械や薬品類を扱う際には細心の注意が必要です。

危険を伴う作業には自分は向いていないと感じたら、無理をせずに転職を検討したほうが良いかも知れません。

理由10:職場の人間関係の悩み

工場勤務において、各部門の業務や機器類の操作に精通すると、人事異動がほとんど行われない職場もあります。すると、良くも悪くも、職場での人間関係が固定化される傾向が否めません。人間関係が良好な職場であれば問題はないのですが、あまり芳しくない職場では逃げ場がないように感じてしまうかも知れません。

工場勤務を辞めることを検討したほうがいい人の特徴

工場を辞めた方が良さそうな人

まずは、どんな人が工場を辞めて活躍できるか、具体的なポイントを4つご紹介していきます。

当てはまる人は、ホワイトカラーへの転職を検討してみてもよいでしょう。

ホワイトカラーは「白い襟=スーツにワイシャツ」のことであり、事務や営業を行う、いわゆる一般的なサラリーマンやOLを指します。

今後工場勤務などのブルーカラーを辞めて、ホワイトカラーに転職したい!と考えている方はぜひ参考にしてください。

特徴1.仕事で評価されたい人

工場勤務では、ホワイトカラーの仕事と比べ、評価されづらい仕事です。

自分で仕事のやり方を変える裁量がなく、ミスがないことが普通であるため、目に見えるプラスの成果を出しづらいためです。

仕事で評価されることをモチベーションにしたり、仕事を通じて周囲から尊敬されたり、感謝されることを求めるようであれば、工場勤務で実現することは難しいでしょう。

仕事で評価されたい!と考えている方は、ホワイトカラーの仕事へ転職することをオススメします。

特徴2:仕事で多くの人と関わりたい人

工場勤務では、人との関わりが少なく、コミュニケーションが生まれづらい環境にあります。

一方で、ホワイトカラーである外勤の職種(営業や販売など)では、お客さまと直接接したり、社内でも企画や経理など、様々なセクションの人と関わることになります。

多くの人とのかかわりの中で仕事をしたいと考えている方は、工場勤務でかなえるのは残念ながら難しいため、転職検討した方がよいでしょう。

特徴3.給料を上げたい人

工場勤務では、一般的に給料は上がりづらいと言われています。もちろん、各工程でのリーダーになり、その後管理職になっていく道もありますが、ホワイトカラーと比べると、平均給与も低いです。理由としては、与えられる裁量が少なく、作業が単純なため、成果を出すことが難しいからです。

もしあなたに、キャリアアップを目指し、給料を上げていきたい!という思いがあるのであれば、成果がわかりやすいホワイトカラーの「営業職」や「販売職」が向いているといえます。

特徴4.AIに置き換えられないスキルを身に着けたい人

工場勤務の単純作業は、他で流用できるスキルが身に着くことが少なく、今後AIやロボットに置き換えられていくことが予想されます。

最近では大手企業を中心に、「ファクトリーオートメーション」といって、ほとんどの作業を自動化した工場が増えてきています。

この先AIやロボットに置き換えられないスキルを身につけたい!という方は、ホワイトカラーへの転職を検討すべきです。

特に営業力、マネジメント力、企画力などのスキルは、人に依存する力であり、すぐにAIに変わることは少ないでしょう。

特徴5.仕事に変化を求める人

工場勤務では、毎日同じ作業をこつこつと、同じクオリティで繰り返すことが求められます。毎日同じことを繰り返すことに安心する人にとってはとても働きやすい職場なのですが、中には繰り返しが向いておらず、毎日違う刺激を求める人もいます。

仕事に変化を求める人、変化に柔軟に対応しながら成長実感を得たいと考える人にとっては工場勤務は物足りないかもしれません。

工場勤務を辞めたい人におすすめのスキル2選

工場を辞めたい人におすすめのスキル2選

工場を辞めたい人は、ITか英語スキルを身につけることで将来の可能性が広がります。

スキル1.ITスキル

基幹システムは社内エンジニアや外部ベンダーに開発を任せても部門内の局所的なシステムはエンジニアですらない一般社員が独学の上、自ら開発するというシーンが増えている一方でパソコンはよくわからないというアナログな企業もいまだたくさんあります。

ITスキルがあれば、あらゆる企業に活躍の場が広がるので、工場を辞めて好待遇の仕事に就きたい人はまずITスキルを身につけるようにしましょう。

なお、あらゆるITスキルを習得するというのは現実的に無理なので、就きたい仕事を明確にしたうえで必要なスキル、資格の勉強を効率的に進めるようにしましょう。

スキル2.英語スキル

少子高齢化が進み、国内消費の低下が見込まれる中、海外への販路拡大を望む企業が増加しています。

いわゆる「英語ペラペラ」でなくても、英語の手順書が読めたり、海外とメールでやりとりできる人は活躍の機会が多くなることが考えられます。

なお、TOEICなどのテストの点数が高得点であれば、企業に対して自分が努力できる人間であるということを明示できるため、就職活動の際、企業に対して好印象を与えることが可能です。

ホワイトカラーへの転職はエージェントを活用しよう

ホワイトカラーへの転職はエージェントを活用しよう

ここまで工場勤務からホワイトカラーへの転職は可能でることをご説明してきました。

しかし一般的には、ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は難しいと言われています。

先ほどご紹介した方法以外にも、就職エージェントを活用することは、採用される可能性を上げるうえで非常に効果的です。

私たちジェイックは就職エージェントとして、「就職カレッジ」という無料で受けられる研修を実施しています。

ビジネスマナーや営業研修があり、書類選考なしでホワイトカラー20社の面接を受けることも可能です。未経験者の就職に特化しながらも、就職成功率は81.1%となっています。

ホワイトカラーへの転職を志す、あなたの力になれますので、ぜひお気軽にご相談ください。

あなたの転職成功を全力で支援させて頂きます。

工場勤務を辞めたい人によくある質問

工場勤務を辞めたくなる理由とは?

工場勤務は、人によっては「合う・合わない」が顕著にあらわれるという特徴があります。「工場勤務を辞めたくなる理由10選」の章では、工場で働く人たちが「工場勤務を辞めたい」と思う主な理由をご紹介しています。気になる方はチェックしてみてください。

工場勤務を辞めた後のおすすめの職種とは?

工場勤務から、オフィスワークへの転職は難しいと言われていますが、年齢が若い場合や、職種の選び方によっては転職が十分可能です!「工場勤務を辞めた後のおすすめ職種」の章では、工場勤務から転職する場合にオススメの職種を5つ、ご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

まとめ

工場勤務を辞めたい人に向けて、おすすめの職種と転職方法について解説してきました。

この記事のポイントをまとめてみます。

  • 工場勤務は向き・不向きがはっきり分かれる職種。自分の特性にあわせて見極めを
  • 工場勤務を辞めたいと思ったら、この記事の「まず取るべき行動」を確認!
  • 工場勤務を辞めた後におススメの職種5選も参考にしてみよう

気になるポイントについては、もう一度該当する章に戻ってチェックしてみてください。

いずれにしても、就職・転職活動はなるべく年齢が若い方がより有利になります。最終的に転職するかどうかは、実際に内定が出てから決められるので、まずは工場勤務以外の選択肢を知るために就職エージェントを活用してみてください。

未経験就職に強い「就職カレッジ®」とは

社会人FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

【共通】CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等