工場勤務を辞めたい!スーツを着る仕事への転職方法をご紹介します

工場勤務を辞めたい!スーツを着る仕事への転職方法をご紹介します

工場を辞めたい人必見!交代制の夜勤や単純なライン作業など、皆が工場を辞めたくなる理由をご紹介していきます。どんな人が工場を辞めて転職した方がよいのか、ホワイトカラーの営業職や技術職に転職する方法についても、具体的にご紹介していきます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

工場を辞めたくなる理由11選

工場を辞めたくなる理由11選

工場を辞めたいと思っているあなたへ!

工場勤務は、夜勤などで稼げる一方、ラインでの単純など作業など特徴的な部分が多くあります。

このような業務が向いてる人であれば問題ありませんが、辞めたいと思う人もいるでしょう。

まずは工場で働く人たちが、工場を辞めたいと思う理由11選をご紹介していきます。

単純な作業がきつい[1/11]

工場勤務でよくあるのが、「ライン」と呼ばれる作業で、正式には「ライン生産方式」といいます。

ラインでの勤務になると、製品を生産するラインの各工程に入り、1日中同じ作業を繰り返すこともあり、辞めたくなる理由になることが多いです。

時間が経つのがとても遅く感じ、眠くなったり、トイレにも自由に行けず、ミスができない環境のためです。

しかし、このような単純なライン作業は、今後ロボットに取って代わられる可能性が高いでしょう。

交代制の夜勤がきつい[2/11]

工場勤務の中でも「交代制」は生活のリズムが崩れ、体を壊しやすく、辞めたい理由として多いです。

工場を長い時間稼働させるために、2~3交代制であることが多く、3交代制では夜勤も発生します。夜勤をすればお金は稼げますが、夜勤のタイミングは工場の生産量よって不定期に決まるため、生活リズムが崩されてしまいます。

交代制や夜勤で生活リズムが変わると、家族や友人との時間も合せづらくなってきます。

特に交代制を強要される現場では、注意が必要です。

仕事でミスをしてしまう[3/11]

工場勤務の仕事は、決して簡単ではありませんし、ミスが商品の品質に直結する場合もあります。

ミスをしてしまうと、後工程の人々にも迷惑をかけてしまいますし、ラインを止めた時間分の生産金額が、大変な損失になることもあります。

当然上司からは怒られますし、周囲にも迷惑がかかることで、辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。

人と話さない[4/11]

人と話すことが苦手で、工場を選んでいる人は問題ありませんが、人と話せないことがストレスで、辞めたくなる人もいます。

工場での仕事は、各工程の機械を扱うチームや課はありますが、仕事中は皆が持ち場の機械について作業をし続けるため、休憩時間以外の会話はほぼないためです。

会話やコミュニケーションが好きな人には、かなり苦痛な職場に感じるでしょう。

やりがいを感じられない[5/11]

工場勤務では、機械相手の作業や、人とのコミュニケーションの少なさから、やりがいを感じられず、辞めたい理由になります。

一般的にやりがいとは、仲間と共に仕事を成し遂げたり、上司や取引先に感謝されることで発生することが多く、機械相手の作業では発生しづらいでしょう。

やりがいを感じられないと、働く動機が起こらず、ただ機械のように仕事場に行き、時間を使ってお金を得るだけの繰り返しになってしまいます。

成長しづらい[6/11]

工場勤務の仕事では、単純な作業や機械相手の作業が多く、自分を成長させられないことが辞めたい理由になることも多いです。

単純な作業は、仕事上の裁量(自分で決められる範囲)が少ないためです。

成長とは、新しいことにチャレンジすることで得られることが多く、マニュアル通りだけでなく、自分で考え、実行することで生まれます。

工場勤務は、仕事を通じた成長を得る環境ではないことがわかります。

肉体労働がきつい[7/11]

工場での勤務は、肉体労働が基本になり、年齢を重ねる分きつくなっていき、辞めたくなることも多いです。

クーラーのない製造現場や、マイナスの冷凍倉庫内での作業など、肉体的に厳しい環境で仕事をすることも多いためです。

さらにラインでの立ちっぱなし作業や、梱包や輸送などの肉体労働が重なり、自由度が少ない分、建設現場よりもきつい肉体労働かもしれません。

労働環境が汚い[8/11]

工場勤務では、汚さが理由で辞めたくなることもあります。

作業中の汗や機械の油、食品の汚れなどが体や服についてしまうことが多いためです。

敷地の大きい工場を清潔な状態に保つことは難しく、ネズミやゴキブリが出たりすることもあり、汚れからは逃れられないことが多いです。

危険が多い[9/11]

工場勤務での作業は、危険も多くあります。

重い荷物で腰を痛めてしまったり、機械に巻き込まれて、手や足を切断してしまったりする危険もあるでしょう。

危険な作業が嫌で、辞めたくなる理由になることも多くあります。

フォークリフトや薬品など、命に関わる作業もあり、危険な場合はすぐに転職検討した方がよいでしょう。

意識の低い同僚が多い[10/11]

工場勤務をしていると、成長欲求のある、やる気のある人が少ない傾向にあります。

休憩時間に話していても、テレビ番組の話、ギャンブルの話、人の悪口などを言う人が多く、話が合わなくて辞めたくなったという意見も多くあります。

工場勤務でも実績を上げるために、皆が一丸となって頑張るチームであれば成長できるかもしれませんが、皆の意識が低い状態にある現場では、1人だけやる気を出して頑張っていくことは難しいでしょう。

モテない[11/11]

工場勤務は異性にモテることが少ないです。交代制の勤務で時間が合わなかったり、職場が汚いイメージもあります。

職場にいるのも男性ばかりで、実際の出会いも少ないでしょう。

あくまで工場=モテないということではありませんが、都市部の大きなビルにスーツで通っているイメージと比較されると、女性からのウケは悪いといえるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

工場を辞めた方が良さそうな人

工場を辞めた方が良さそうな人

工場を辞めたくなる理由をお伝えしてきましたが、あなたはどう感じましたか?

ここからは、どんな人が工場を辞めて活躍できるか、具体的なポイントを4つご紹介していきます。

当てはまる人は、ホワイトカラーへの転職を検討してみてもよいでしょう。

ホワイトカラーは「白い襟=スーツにワイシャツ」のことであり、事務や営業を行う、いわゆる一般的なサラリーマンやOLを指します。

今後工場勤務などのブルーカラーを辞めて、ホワイトカラーに転職したい!と考えている方はぜひ参考にしてください。

仕事で評価されたい人[1/4]

工場勤務では、ホワイトカラーの仕事と比べ、評価されづらい仕事です。

自分で仕事のやり方を変える裁量がなく、ミスがないことが普通であるため、目に見えるプラスの成果を出しづらいためです。

仕事で評価されることをモチベーションにしたり、仕事を通じて周囲から尊敬されたり、感謝されることを求めるようであれば、工場勤務で実現することは難しいでしょう。

仕事で評価されたい!と考えている方は、ホワイトカラーの仕事へ転職することをオススメします。

仕事を通じて人脈を広げたい人[2/4]

工場勤務では、人との関わりが少なく、コミュニケーションが生まれづらい環境にあります。

一方で、ホワイトカラーである外勤の職種(営業や販売など)では、お客さまと直接接したり、社内でも企画や経理など、様々なセクションの人と関わることになります。

今後仕事を通じて人脈を増やしたい!と考えている方は、工場勤務で改善することは難しいため、転職検討した方がよいでしょう。

給料を上げたい人[3/4]

工場勤務では、一般的に給料は上がりづらいと言われています。
もちろん、各工程でのリーダーになり、その後管理職になっていく道もありますが、ホワイトカラーと比べると、平均給与も低いです。

理由としては、与えられる裁量が少なく、作業が単純なため、成果を出すことが難しいからです。

もしあなたに、キャリアアップを目指し、給料を上げていきたい!という思いがあるのであれば、成果がわかりやすいホワイトカラーの「営業職」「販売職」が向いているといえます。

スキルをつけたい人[4/4]

工場勤務の単純作業は、他でも使えるスキルが身に着くことが少なく、今後AIやロボットに置き換えられていくことが予想されます。

最近では大手企業を中心に、「ファクトリーオートメーション」といって、ほとんどの作業を自動化した工場が増えてきています。

この先AIやロボットに置き換えられないスキルを身につけたい!という方は、ホワイトカラーへの転職を検討すべきです。

特に営業力、マネジメント力、企画力などのスキルは、人に依存する力であり、すぐにAIに変わることは少ないでしょう。

工場を辞めた後のオススメ職種

工場を辞めた後のオススメ職種

一般的に、工場勤務などのブルーカラーから、ホワイトカラーへの転職は難しいと言われています。

しかし、年齢がまだ若い場合や、職種を選べば転職は十分可能です!

ここまでの記事を読んで、ホワイトカラーへの転職に興味が出てきたあなたに、工場勤務から転職するオススメの職種をご紹介していきます。

20代ならポテンシャル採用にチャレンジ[1/6]

工場勤務などのブルーカラーで働いていても、あなたがまだ20代であればホワイトカラーへの転職チャンスがあります。

今の日本は少子高齢化が進み、企業側が今後活躍できる若手を集めることに苦労しているためです。

「ポテンシャル採用」とは、人材の潜在能力を評価する採用方法です。

経験がなくても若さと、新しいことにチャレンジする姿勢があれば採用される可能性は高いです。

ポテンシャル採用を掲げている求人を探してみましょう。

未経験歓迎の職種にチャレンジ[2/6]

工場勤務での経験やスキルは、他の企業で通用する経験やスキルにならないことが多いです。

あくまで工場や機械、生産する商品の特性に合わされたものであり、一般的な経験やスキルにはなっていないためです。

しかしながら、企業側は新たな人材の確保に苦労しており、未経験者歓迎と掲げている企業もあります。

特に業績が急上昇し、新規出店などを検討している企業は、急いで人材を集める必要があり、未経験歓迎の求人を出していることが多いです。

このような未経験歓迎の職種は、以下に挙げる3つの職種に多く見られます。

  • 営業職
  • 販売職
  • ITエンジニア

人の入れ替わりも激しいため、常に人手不足になっていることが多く、チャレンジする価値があります。

営業職[3/6]

コミュニケーションが好きな人は、営業職にチャレンジしてみましょう。

一見工場勤務とかけ離れていますが、営業マニュアルがある場合もありますし、一度やり方を覚えてしまえば、様々な営業の職場で活躍することができます。

自社商品の良さを見つけたり、お客様の要望を聞いたりして、どうしたら買ってくれるのか考えながら行動をしていくことは、成果も見えやすくモチベーションにもなりやすいです。

営業が評価されるポイントは、新規顧客の開拓であり、外に向けて自社製品やサービスを広げていくことです。

販売職[4/6]

販売職は、販売現場(店舗など)に立ち、個人のお客様と話をしながら、商品を販売していく仕事です。

営業職によく似ていますが、新しい顧客の開拓というよりは、既存のお客様のサポートをしながら、商品をオススメしていくスタイルが多いでしょう。

営業職が「開拓するやる気」や「体力、精神力」が求められることに対し、販売職は、「礼儀正しさ」「真面目さ」が必要になります。

同じように商品やサービスを売る仕事でも、どちらがあなたのタイプに合っているか考えてみましょう。

企画職[5/6]

工場のように、ものづくりに関わりたいという場合は、企画職もオススメです。

企画職とは、商品やサービス自体を企画する商品企画や、商品をどのように売っていくか考えるマーケティング企画があります。

人気の職種なので、いきなり企画職への転職は難しいかもしれませんが、まずは営業職や販売職に転職して数年現場を学び、その後企画職になるという流れが一般的です。

技術職[6/6]

技術職は理系の大学を出ていないと難しいと思われがちですが、現在はWEBエンジニアやシステムエンジニアなど、学歴が関係なく採用される職種でもあります。

IT系のエンジニアは、全く未経験だとしても、スキルを学びながらエンジニアとして育ててもらえる会社もあります。

プログラミングが好きとか、PCでの作業が苦にならない人は、目指す価値があります。

可能であれば、独学でも勉強し、多少でもスキルがあることをアピールしましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

ホワイトカラーへの転職はエージェントを活用しよう

ホワイトカラーへの転職はエージェントを活用しよう

ここまで工場勤務からホワイトカラーへの転職は可能でることをご説明してきました。

しかし一般的には、ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は難しいと言われています。

先ほどご紹介した方法以外にも、職種転職エージェントを活用することは、採用される可能性を上げるうえで非常に効果的です。

転職エージェントとは、転職したいあなたと企業をマッチングさせるサービスを行っている会社です。費用は、マッチングが成功した際に企業側からもらうため、すべて無料でサービスを受けられます。

さらに、自己分析求人の紹介面接の練習履歴書の書き方サポートまで転職に関わるあらゆる部分で支援をしてくれます。

 

私たちジェイックでは、「就職カレッジ」という無料で受けられる研修を実施しています。

ビジネスマナーや営業研修があり、書類選考なしでホワイトカラー20社の面接を受けることも可能です。未経験者の就職に特化しながらも、就職成功率は81.1%となっています。

ホワイトカラーへの転職を志す、あなたの力になれますので、ぜひお気軽にご相談ください。

あなたの転職成功を全力で支援させて頂きます。

【第二新卒向け】高い転職成功率を実現するおすすめな方法!

第二新卒から転職を
目指すなら、
転職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの転職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから