就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

就職ができない人は死ぬしかないの?死ぬしかないと思う原因や取るべき行動を解説!

就職ができない人は死ぬしかないの?死ぬしかないと思う原因や取るべき行動を解説!
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

就職ができない人は死ぬしかないのか、とまで考えてしまっている人もいるのではないでしょうか。当然ですが、就職ができないからといって、死ぬしかないなどと思い詰める必要はありません。なぜならば、これから適切な就職活動をすれば必ず就職することは可能ですし、いま就職できていないとしても、自分次第で将来は明るくなるからです。

こちらの記事では、就職ができずに死ぬしかないと考えてしまう原因と、やるべき行動について解説しています。就職できずに死ぬしかないと考え落ち込んでいた人でも、就職成功のヒントがわかる内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

就職ができなくても死ぬ必要はない

就職ができなくても死ぬ必要はない

今回の記事でご紹介する「就職ができない」は、いわゆる「就職活動に失敗してしまった人」のことを指しています。

就職できないこと(内定がもらえないこと)に悩んだり、悲観したりする人はいるかもしれません。落ち込んでしまう気持ち自体は自然ですが、当たり前ですが「もう死ぬしかないんだ」などと考える必要も、そこまで思いつめなければいけないことでもないので、考えすぎはやめましょう。

就職できないことに苦悩し、深く思い悩んでしまう人の特徴として、以下が考えられます。

  • 自己肯定感が低い
  • 自分を否定・卑下しがち
  • 周囲と自分を比べる癖がある
  • 「働いていない=ダメ」という思い込みがある
  • 過去に大きな失敗や挫折経験がない

就職できないというだけで、「自分は世の中に必要とされていない」と飛躍して考えてしまいがちな人は要注意です。普段から「自分なんて」と考えることが多かったり、就職が決まったり社会人として活躍する同級生や友人と自分を比較したりしてしまう人も、悩みやすいでしょう。

また、無意識のうちにニート・フリーターを下に見ていたり、これまで比較的順調な人生を送ってきたりした人なども、「こんなはずではなかったのに」と落ち込みやすいかもしれません。

しかし、就職に成功したから良い人生を送れるわけではありません。大手・有名企業に入ることができたとしてもそこで心を病んでしまう人もいますし、いわゆる出世のルートからは外れてしまったり、仕事におもしろみを感じられないことがあるかもしれません。

一方で、就職に失敗した過去があってもそこから挽回し、自分らしく働きながら楽しく生活できている人もいます。結局のところ、良い人生は就職だけで決まるわけではなく、最終的には自分次第といえるでしょう。

就職ができなくて死ぬしかないと考えてしまう3つの原因

就職できないときに死ぬしかないとまで考えてしまう原因としては、以下の3つが考えられます。

原因1:将来のビジョンが見えない

就職できないと、「将来、自分はどうなってしまうんだろう」という不安に苛まれてしまうことがあります。特に「就職活動に失敗すると、とろくな仕事に就けない」「正社員になれない」などの刷り込み・思い込みがあると、希望を抱けなくなってしまうことがあるかもしれません。

ちょっとした思い込みから、どんどん負のスパイラルに入ってしまい、次第に行動することが怖くなってしまうこともあります。

特に若いうちは、正解を求めたり、「白か黒か」などのはっきりした思考になってしまいがちなところがあります。なかには「就職できたかどうか」が自分のものさしになってしまう人もいるかもしれません。人生経験も少なく、出会ってきた人も限られているため「就活に失敗した=人生詰んだ」などの極端で間違った思考に走ってしまうことがあるのです。

原因2:自分の価値がわからなくなる

就職の採用選考に落ちた理由として考えられるのは、たとえば採用基準を満たしていなかった、自社にマッチする人材ではないと判断された、ほかの応募者でより良い人がいた、僅差で落ちた、準備が不十分・アピールが適切でなかった、などが考えられます。いずれも、本人の価値とは無関係な理由です。

落ちた理由を分析し、改善策を考えて次に活かすのは良いことですが、落ちたこと自体を過剰に気にする必要はありません。それにもかかわらず、「採用選考に落ちた=自分を否定された」ととらえてしまう人もいます。特に、応募したが不採用になった企業の数が多ければ多いほど、そう感じてしまうかもしれません。

そもそも、自分がどの企業に応募するかが自由であるのと同じように、誰を採用するかも企業側の自由です。しかし、冷静にそうとは考えられなくなってしまい、自信をなくしてしまうケースも少なくないのです。

原因3:周りからの視線や扱い

就活に失敗して就職できない場合、「周囲からどう思われるのだろうか」と、自分の想いよりも人からの見られ方を過度に気にしてしまう人もいます。また、親から「努力が足りない」「真面目に就職活動をしなかったのでは」と誤解されることもあるかもしれません。

良い企業に就職して働いている兄や姉、年齢の近い親戚などがいる場合、比較されてしまうこともあり得ます。親からそういった言葉や扱いを受けてしまうと、よりショックやダメージを受けてしまいやすいといえます。

また、就職できずに無職になることで、世間からは「若いのに働いていないなんて」と見られたりすることはあり得ます。ただし、働いていない人を厳しい目で見る人はいますが、基本的には、人は他人にそれほど興味はありません。にもかかわらず「就活に失敗したことをバカにされているのでは」と、過度に敏感になってしまう人もいるでしょう。

就職ができないから死ぬしかないと考える人のやるべき行動

最後に、就職できないことを気に病んで「死ぬしかない」というネガティブ思考に陥ってしまっている人に試してほしい行動を5つ、ご紹介します。落ち着いて、できることから取り組んでみましょう。

行動1:経験やスキルを身につける

就職ができない場合、たとえば以下のような方法で、経験やスキルを積むことができます。

  • ハローワークの職業訓練を受ける
  • オンライン講座などで学ぶ/スクールに通う
  • 書籍や動画などから独学で学ぶ
  • 在宅ワークや短期バイトなどをやってみる
  • その他(アフィリエイト、動画やブログの発信など)

職業訓練は条件を満たしていれば受講でき、興味のある分野の技術・知識を無料で身につけることができます。現在はオンラインなどをはじめとした講座・スクールも比較的安く利用できるため、評判のよいものに参加してみるのもひとつの方法です。人によっては、独学で学んでみるのも良いでしょう。

また、就職でなくとも実際に仕事をしてみるのも良い経験になります。身につけられるスキルなどは限定的ではあるものの、働いた経験を積むことで得られるものがあったり、仕事をしてお金を稼ぐことが自信を取り戻すきっかけになることもあるでしょう。また、自主的にネットを使った活動をしてみるのも、思わぬ収穫を得られるかもしれません。

行動2:リフレッシュ(気分転換)をする

一旦、就職に関することからすべて離れてみるのも良い方法です。たとえば、以下のようなことをしてみるのもおすすめです。

  • ひとりで、または親しい友人と旅行をする
  • ひとりでホテルなどに滞在してみる
  • 就職・就活に関する情報を見ない日をつくる
  • 一日、ネットやパソコンから離れて過ごしてみる
  • 趣味・好きなことに徹底して没頭する

ポイントは、「就職のことを考えずに過ごす時間をつくる」ことです。就職できないと落ち込んでいる状態では、なかなか気分を切り変えることはできないため、強制的に、就活について考えなくて良い環境に身を置くのもひとつの方法です。

もちろん、ずっと就職のことから逃げ続けるのは好ましくありません。しかし、本格的に思いつめてしまう前に楽しめることをしたり、疲れた心をケアしたりすることも、自分を大切にすることにつながります。まずはリフレッシュして気持ちが落ち着かせ、自分のメンタルを回復させてから就職活動をしても遅くはありません。

行動3:ハローワークを利用する

ハローワークは求職者であれば誰でも利用できることや、厚生労働省が運営を委託している施設ということもあり、就職活動のための第一歩として利用しやすい点がメリットです。ハローワークを利用したからといって、ハローワークの求人に応募しなければいけないという決まりもないため、気軽に通ってみても良いでしょう。

主に、求人の閲覧や応募、相談、職業訓練の申し込み、セミナーやイベントの参加などがあります。若者や既卒者、フリーター・ニートなどに特化したハローワークがあったり、就職活動に役立つセミナーなどの情報も得られたりと、使い方によっては良い情報収集の場にもなります。

特に、地元での就職を希望する人どんな求人があるのか見てみたい人には、ハローワークの利用はおすすめです。

行動4:就職/転職サイトを利用する

就職/転職サイトは、自宅にいながら就職活動ができたり、スキマ時間や自分のペースに合わせて調べたり応募したりできる点が大きなメリットです。運営会社が主催するイベントへの参加ができたり、企業からの「オファー」「スカウト」をきっかけに、応募したい企業が見つかることもあり得ます。

就職サイトは、基本的には新卒の学生を対象としたサイトで、大学などの在学中に利用するサイトです。一方で転職サイトは、社会人経験がある人や第二新卒、ニートやフリーターなども登録・利用できます。(※ただし、転職サイトのことを就職サイトと呼ぶこともある)

求人の応募のみならず、企業との連絡等もサイト内で完結できる点もひとつのメリットといえます。直接ではなくサイトを介したやりとりが基本になるため、複数の企業に応募している場合でも管理がしやすく、安心感があると感じる人もいるでしょう。

ある程度就職活動の基礎を理解できている人、ほかのサービスと併用している人は、就職/転職サイトを利用するメリットがあるでしょう。

行動5:就職/転職エージェントを利用する

就職/転職エージェントは、自分に合ったアドバイスや非公開求人を紹介してもらえたり、書類・面接対策をはじめとした就職活動の対策を万全にしてから臨める点がメリットです。また、面接や入社日の調整といった企業との交渉をしてもらえるため、就職活動そのものに集中できる点は、エージェントを利用するからこそといえるでしょう。

就職エージェントと転職エージェントの大きな違いは、主に就職エージェントは「はじめて就職する人」や「社会人経験がない・または浅い人」向けで、転職エージェントは「ある程度社会人経験やキャリアがある人」向けである点です。そのため、一度も就職したことがない人が転職エージェントに登録しても、希望するサービスは受けにくいため注意が必要です。

就職/転職エージェントは、自力ではなくプロのサポートを受けながら納得のいく就職や転職がしたい人、正しい方法で効率的に就職/転職活動をしたい人におすすめです。

弊社ジェイックも、就職/転職エージェントとして、特に「未経験者の就職に強い」という特徴を持っています。扱う求人は正社員求人のみのため、安心してご利用いただけます。「就職カレッジ®」では、既卒・フリーター・第二新卒などに特化したサポートを実施しています。就職が決まらない、就活に失敗した方も対象としていますので、ぜひ参加をご検討ください。

まとめ

繰り返しになりますが、就職できないから死ぬしかないなどと思いつめるのは絶対にやめましょう。就活に失敗したからといって自分を卑下する必要はありませんし、就職で人生が決まるわけでもありません。

いま就職できない状態にあっても、あきらめなければ、自分に合った仕事や企業は必ず見つかります。弊社ジェイックにご相談いただければ、プロのキャリアアドバイザーがアドバイスをさせていただくことが可能です。まずは以下のフォームから、お気軽にお問い合わせください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター