『残業がしたくない…』仕事や会社が合わないなら転職するべきか解説!

『残業がしたくない...』仕事や会社が合わないなら転職するべきか解説!『残業したくない...』と考えているものの仕事が終わらずに残業している方はいませんか。この記事では残業したくないならしなくてもいい理由や残業が少ない会社の特徴について紹介します。おすすめの仕事に関しても紹介するので、転職を考えている方は参考にしてみてください。

残業したくないならしなくてもいい?残業しないメリットを紹介!

残業したくないならしなくてもいい?残業しないメリットを紹介!残業したくないと考えていても、仕事が終わっていない場合も多いかと思います。しかし、仕事が終わっていても定時に上がりづらい会社も存在します。

ここでは、残業したくないならしなくてもいい理由や残業しないメリットについて紹介します。

残業したくないならしなくていい理由

仕事をする上で残業をしたくないという考えを持っていると、周囲から甘えていると言われてしまったり、甘えているのではないかと自己嫌悪に陥ってしまうこともあるでしょう。ですが、残業をしたくないということは、決して甘えているわけではありません。労働者として、残業をしたくないと素直に意思表示をすることは当然の権利なのです。残業することが常態化している職場は業務効率が下がっている場合が多く、良い働きかたとはいえません。もっと大切なことのために時間を割くことの方が懸命な判断といえるのではないでしょうか。

残業しないメリット1.プライベートが充実する

残業をしないことによって、プライベートが充実するということは大きなメリットです。定時に帰ることにより、家族や友人とゆっくり過ごす時間を確保することが出来ます。また、趣味に時間を使うことも出来るので精神的にもリラックスすることが出来ます。仕事をしていることにより、緊張感を感じたり、仕事でミスが続いてしまうと精神的にも落ち込んでしまいます。毎日の業務で疲れを感じてしまいます。プライベートを充実させるということは、日々の疲れを解消することに繋がります。

趣味に没頭する時間を作ることで、仕事で感じるストレスを自然と解消してくれる効果があります。また、時間に余裕が出来ることで地域活動やボランティアに参加することも出来ますし、独身の人は婚活に取り組むことも出来るのです。残業をしないことで、新しい分野へ挑戦することも出来るのです。

残業しないメリット2.収入が増える可能性がある

残業をしないと残業代がなくなってしまい、収入が減ってしまうと考える人もいるでしょう。ですが、そういった考えはナンセンスです。残業をしないようにすることは、時間内で仕事を効率的にこなそうという考えが働くため、生産性を上げることも出来ますし、自分の仕事力をブラッシュアップすることにも繋がります。そして、残業をしないことにより、転職に有利な習いごとや副業を始めることにも繋がります。転職に有利になる習いごとを始めることによりスキルが身に付き、より良い条件の会社へと転職することへと繋がりますし、副業を始めることで臨時収入を得られることへと繋がる可能性もあります。残業をしないことにより、収入を増やすことが出来る可能性があります。

残業しないメリット3.心にゆとりが持てる

残業をしないメリットは、心にゆとりが持てるということです。残業をしたくないのに無理をして行うというのは、精神的にもかなりの負担になります。本当はしたくないことをするのは、心からゆとりを奪ってしまうことに繋がりストレスが増加します。ストレスを抱えるようになると仕事の効率が上がらず、不満ばかりが募ってしまい、そのことで更にストレスが増えるという悪循環に陥ってしまいます。逆に、したくない残業をしなくてもいいという状態にすることによって、心からストレスを排除することが可能になります。

ストレスを解消して、心にゆとりが持てるようになるとあらゆる面に意識が向かうようになるかもしれません。プライベートが充実することにより、仕事に対する意識も変わっていく可能性もあります。心の余裕は他のメリットへと繋がります。残業を断ることは、人生の充実度向上にも繋がることなのです。

残業しないメリット4.人間関係が良好になる

残業をしないことは、人間関係を良好にすることへと繋がります。残業がなければ、早く帰宅することも可能なので、家族や友人そしてパートナーとの時間を増やせるようになります。積極的に家事や子育て、更には介護などに参加することへと繋がります。仕事で忙しい時というのは、イライラすることも多く、相手に対して優しくなれない時もあります。そのことで、相手とのコミュニケーションがうまくとれず、お互いに不満が溜まる可能性があります。残業をしないことで、イライラすることが少なくなり、心に余裕がある状態になることができたら、相手に対しても優しくなることが出来ます。

相手への気遣いが出来るようになることで、家族やパートナーといった大切な人の心の機微にも気づくことが出来ます。コミュニケーションをとる時間が増えれば、相手との心のすれ違いを減らすことも出来ます。大切な人との関係性をより良好にするためにも残業をしないで、日々の生活にゆとりを持たせることです。

残業しないメリット5.健康でいられる

残業をしないことは、健康にも繋がります。残業が常態化すると睡眠時間が削られてしまったり、自炊が出来ず栄養バランスが乱れがちになってしまいます。残業がなければ、睡眠時間を確保することが出来るので疲れを癒すことが出来ます。自炊などに時間を割くことが可能となれば、栄養バランスを考えた食事も可能となり、結果的に健康にいい食事をすることでもあります。更に、健康は肉体だけの問題ではありません。精神面での健康も守る必要があるのです。残業をしないことで空いた時間で体を鍛えたり、好きなことに時間を使うことが出来るので、ストレス解消となり精神面も健康を保つことが出来ます。

残業をしていると、時間に余裕がなく体を労ることは難しくなります。ですが、残業がなくなれば空いた時間にジョギングをしたり、ジムに通ったりして体を鍛えることも出来ます。体が健康でなくては仕事を続けることも難しくなります。まずは、自分の健康を第一に考えましょう。

残業したくないなら、残業がない会社へ転職しよう

残業したくないなら、残業がない会社へ転職しよう残業したくないが、しなくてはいけない場合が多いと転職を考えることも多いでしょう。ここでは、残業をしなくてもいい会社の特徴について解説するので、転職を考えている方は参考にしてみてください。

残業がない仕事や会社はある!

残業という言葉があたりまえになっていて、どこの会社にも残業はあると考えている人もいるかもしれません。ですが、そんなことはありません。数ある会社のなかには、残業がまったくないという会社もあるのです。帰宅ラッシュは17時には起きていますし、21時前には既に飲み会を終えている社会人の姿を、街中で見かけることもあります。これらのことからも、実際に定時で退社出来ている人が多いということがうかがえます。働きかた改革により労働時間などが見直され、残業がない会社や残業が少ない会社が増えています。

残業がない会社の特徴

残業がしたくないなら、最初から残業がない会社を選んだ方がいいと考える人もいるでしょう。そこで、残業をしなくてもいい会社の特徴を紹介します。まず、残業がない会社というのは社員の不満が少ないことが多く、離職率が低い傾向にあります。そして、1年を通じて業務量が安定している会社は、繁忙期にも残業を強いられることが少ないので、そういった点を重視して探すことが必要です。更に、労働組合が強かったり、会社の体制として社員の意見が比較的通る場合は、比較的風通しがいい会社だと言えるので、残業に対する対策が進んでいる可能性もあります。

残業をしたくない人にオススメの仕事を紹介

残業をしたくない人にオススメの仕事を紹介残業したくないのにしないといけない場合は仕事内容に問題があることもあります。ここでは、基本的に残業が少ない仕事について紹介します。

残業したくない人におすすめの仕事1.医療機器メーカー

残業したくないという人におすすめの仕事として、医療機器メーカーがあります。医療機器メーカーとは、病院などの医療現場で使用する機器の製造や販売をする会社で、職種も営業職から技術職までと様々です。営業職を選択した場合は、直行直帰をすることも出来ます。直行直帰というのは、会社へ出勤することなく家から取引先へと出向き、就業時にも会社へは帰らず取引先から帰宅するというスタイルですので、残業がほとんどありません。営業販売職の場合には、希に夜間対応が発生することもありますので、営業販売職を目指す時には注意が必要です。また、技術職の場合は定時終業で週休2日が一般的です。

残業したくない人におすすめの仕事2.工場

工場での仕事も残業が少ない仕事です。その理由は、工場の生産ラインは終業時間で止まり、シフト制なので終業時間もきっちりと決まっていて、残業する日は少ないことが多いのです。更に、土日が休みの場合が多いというのも魅力的なことです。ただ、繁忙期になると季節商品などが出て忙しくなります。この場合は、一定の時期だけ残業が発生するということがあるので、まったく残業がないというわけにはいかない可能性があります。工場の仕事は給与が低いというデメリットがあるので、求職時には注意が必要です。

残業したくない人におすすめの仕事3.事務

一般事務や医療事務といった事務職も、残業が少ない職種になります。業務の多くは、会社の終業時間と同時に終了する傾向が高く、残業することは比較的少なくてすみます。営業事務を選択したとしてもほとんど外出することはありませんし、アシスタント的な仕事がメインになることが多いので、難しい業務が少ないのも特徴的です。そして、休日出勤することが少ないので、肉体的にも無理なく働くことが出来ます。

事務職は特に女性に人気がありますが、男性の事務職が増えているという傾向もあります。男性が事務職に就くことは難しいと考えている人もいるかもしれませんが、パソコンスキルやコミュニケーション能力など事務職に必要なスキルを身に付けておくことで、男性も事務職を目指すことが出来ます。

残業したくない人におすすめの仕事4.受付

受付の仕事というのは、主に企業や病院などの入り口で来客が来た時に対応するというものです。ですが、その働きかたには様々な方法があります。企業の受付の場合は、来客が来た時だけ接客することがほとんどなので、定時で仕事を終えることが出来ます。ですが、病院の受付の場合は選択によって、働きかたが変わることがあります。大きな病院ならば、定時に帰ることが出来る可能性が高いのですが、小規模なクリニックの場合には仕事が忙しくなってきた場合は、定時に帰ることが出来ない可能性があります。

同じ受付の仕事でも、選ぶ企業で違いが出ますし、病院などによっては帰宅出来る時間が違ってくる可能性があります。受付を選択する場合は、残業の有無を先に確かめてから選ぶことが必要です。

残業したくない人におすすめの仕事5.スポーツ関連施設

スポーツ関連施設というのは、スポーツジムやプールなどのことです。施設のほとんどは店舗を構えて、会員向けに営業しているため、営業時間は決まっています。営業時間が終了したことによりほぼ業務は終了です。そのため、残業になることは少ないのです。ですが、多くの施設では年中無休だったり、土日も営業をしていたりすることもあるので、残業はほとんどありませんが、年間休日数が少ないということも考えられます。また、店舗によっては営業時間が遅い場合もあるので、残業はありませんが終業時間が遅くなるということも考えられます。スポーツ関連施設を選択する時には、先に休日や終業時間について確認しておくことが大切です。

残業したくない人におすすめの仕事6.薬局

薬局もまた、営業時間が決まっているため、残業はほとんどありません。職種は薬剤師や調剤薬局事務など様々あり、勤務先も幅広いのが特徴です。特にドラッグストアの場合は、扱う商品も多く業務内容も薬剤師としての仕事だけではなく、品出しやレジなど多岐にわたります。そのため、ドラッグストアに勤務する場合は一つの業務にとどまらない可能性があります。更に、土日祝の場合も休みになるということは少なく、休みがなかなか取りにくいということもあります。

ですが、大手のドラッグストアの場合は人員もしっかり確保され、交代制で休みがとれるため、忙しい職場でも比較的休める職場です。求人などの条件の中には、残業が少なめと記載がある薬局やドラッグストアもあるので、就職を決める場合には休暇について先に確かめておくことが大切です。

残業したくない人におすすめの仕事7.BtoBメーカー全般

BtoBというのは、個人ではなく企業を相手にした商売のことで、企業間取引ともいわれています。安定している企業が多く、営業職の場合は取引する顧客が決まっているため、新規に顧客を開発する必要はほぼありません。そのため、個人を相手に行う営業とは違ってノルマが緩いケースが多くみられます。更に、得意先が休みの場合は出勤する必要性がないため、休日出勤もほとんど発生しません。時間に対してもゆとりがある働きかたをすることが出来るという点も、残業がしたくない人に向いているといえます。残業がない企業を選ぶ時には、企業がどんな相手と取引をしているのかを知ってから決めることも大切です。

残業したくないなら残業がない仕事につこう!

残業をしない働きかたというのは、肉体的にも精神的にもメリットとなることが多く、また残業をしたくないという人に向いている仕事も様々あるということがわかってもらえたのではないでしょうか。ぜひ、紹介した情報を参考にして、数ある残業のない仕事のなかから自分に向いている職種や企業を探してみてはいかがでしょうか。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC