ハローワークの職業相談とは?相談の流れや失業保険の受給について紹介

ハローワークの職業相談とは?相談の流れや雇用保険の受給について紹介

「ハローワークの職業相談の利用方法を知りたい」という人もいるのではないでしょうか。会社を退職して新たな就職先を探す場合だけでなく、失業保険を受給するための条件のひとつや、新卒での就活に用いられる手段のひとつとしても、ハローワークの職業相談があります。今回は、ハローワークの職業相談の流れやハローワークで受け取れる失業保険の受給、ハローワークで職業相談をする際のポイントや注意点について解説します。

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

ハローワークについてや職業相談の基本をチェック!

ハローワークについての基本情報をチェックしよう!

ハローワークの職業相談に行く前に、ハローワークの職業相談とはどのようなものなのか、雇用保険の手続き方法や受給資格などについて知りましょう。

ハローワークとは

ハローワークは公共職業安定所とも呼ばれていて、厚生労働省が各自治体の労働局を通しておこなっている雇用対策の窓口となる機関のことを指しています。

主なサービスは登録されている求人の紹介による就職活動の支援であり、失業した人や転職を検討している人はハローワークに登録することでサービスを利用することができます。登録した後は求職者が希望する求人があれば、企業への紹介や連絡、さらに面接の段取りなどのセッティングなどの仲介業務も行ってくれるのです。

ほかにも就職に関する相談も受け付けていますし、失業後に受け取ることができる雇用保険の受給手続きもハローワークで行われています。さらに求職者に対する雇用対策の支援の一環として、ハロートレーニングと呼ばれる職業訓練も行っています。このように様々なサービスを通じて、求職者に対する雇用支援を行っているのがハローワークの特徴です。

ハローワークの職業相談とは

ハローワークでは、求職者からの相談に応じて企業を紹介する職業相談をおこなっています。ただハローワークでの職業相談は予約制となっており、事前に電話などで申し込むのではなく直接ハローワークの窓口で職業相談を利用したいと申し込む必要があるのです。

タイミングによっては待ち時間が長くなることもあるため、職業相談を利用したい場合は時間に余裕をもって申し込みをしておきます。なお職業相談を利用する際に持参するものとして挙げられているのが、自分の履歴書や求人活動実績シート(求人活動報告書)などです。すぐにでも求人に応募したい場合は履歴書を持参しておくと、スムーズに手続きができます。

実際に職業相談ではどのようなことをするのかというと、適性検査や自己分析、求職活動のやり方の指導、応募企業や気になる求人があればそちらへの問い合わせなどさまざまな内容となっています。相談内容によってはセミナーの案内を紹介してくれたり、面接対策などの具体的な指導も受けることが可能です。

失業保険受給のためにハローワークの職業相談が必要

新卒であっても仕事を辞めた場合、条件を満たしていれば自分の住んでいる自治体の所轄にあるハローワークで手続きをすることができます。その際には、退職した企業から受け取った離職票を持参しなければいけません。

ただし、失業保険受給のための手続きをするのであれば、職業相談を利用しておいた方がよいと考えられています。その理由として挙げられているのが、失業保険を受給する条件のひとつに「求職活動をしていること」が明示されている点です。

実は、ハローワークの職業相談も求職活動のひとつと認められているので、ハローワークの職業相談を利用すれば、失業保険を受給するための条件を満たすことができます。

ただ職業相談は1回利用すればいいというわけではなく、職業相談をした回数など色々な条件があります。そのため新卒で失業保険の手続きをしたい場合は、できる限り複数回の職業相談を利用した方がよいのです。

失業保険の受給資格とは

ハローワークで手続きができる、失業保険の受給資格について知っておきましょう。

雇用保険に12か月以上加入している

求職活動をしていることをはじめとして、失業保険を受給するためにはさまざまな条件があります。必須条件として挙げられるのが、雇用保険に加入していることです。加入しているだけではなく、退職するまでに最低でも12ヶ月以上加入していなければいけません。

ただし所属する企業が倒産してしまったり解雇されてしまったなど、企業側の都合で退職した場合は「特定受給資格者」という特例の扱いになります。その場合は雇用保険の加入期間は6ヶ月と短縮されるため、自分が特例に当てはまるのかどうか確認しておく必要があります。

仕事が決まればすぐに働ける状態にある

注意しておかなければいけないのが、受給資格の対象外となる条件です。失業保険は、あくまでも次の就業先を見つけるまでの生活を安定させたり、就職活動を支えたりするためのものです。そのため、すぐに働ける状態ではない場合には、失業保険を受給することができません。病気やケガなどのほか、妊娠や出産、育児なども、すぐに働けない状態として挙げられています。

すぐに働くことができない状態だと判断された場合は、雇用保険の加入期間を満たしていても失業保険の受給はできません。求職活動をしていないのに「求職活動をしていた」と虚偽の報告をして受給しようとした場合、不正受給として罰せられる可能性もあるため注意が必要です。

手続きをすれば受給する期間の延期は可能

通常、失業保険を受給できるのは退職してから1年以内です。「退職してからすぐは働くことができないけれど、将来的にはまた働くつもりだ」という場合、失業保険を受給できる期間を、最大4年間延期することが可能です。

会社を辞めたけれどすぐには働けない事情がある人は、退職後は早めにハローワークに相談し、所定の手続きをしておきましょう。

ハローワークに職業相談をするための準備

ハローワークに職業相談をするための準備

ハローワークに職業相談をするための準備や流れ、おもな質問内容についてご紹介します。

ハローワークに職業相談をする際に必要なこと

実際にハローワークで職業相談を受けたい場合、まずはある程度準備をしておく必要があります。準備をしてから職業相談を利用することで、自分の就職に対する具体的な希望や条件を明確にすることができ、相談したい内容をスムーズに伝えやすくスムーズな対応をしてもらいやすくなります。

そのための準備としてまず大切なのが、自分の経歴をまとめておくことです。経歴をまとめる場合に最適な書類として職務経歴書などがありますが、用意する際には自分がどのような仕事内容を経験してきたのか具体的に書き出してまとめます。また自分がどのような仕事を希望しているのか、性格や強みについても振り返ってまとめておくことが良いと言われています。

このように、具体的に自分の経歴や今後希望する内容をまとめることで自分の中でも整理ができ、希望の仕事や条件を具体的に伝えやすくなるのです。ハローワーク側にも具体的に希望や条件を理解してもらえるので、自分に向いている職業や希望の仕事に対して何が足りないのかなど、相談した内容に適したアドバイスを期待することができるのです。

職業相談の流れ

ハローワークに職業相談へ行く際の流れについて知りましょう。

職業相談の流れ1:所轄のハローワークへ行く

職業相談を利用するためには、まずハローワークに足を運ばなければいけません。雇用保険の受給手続きや職業訓練を受けたい場合も、ハローワークに直接足を運ぶ必要があります。

ここでまず確認しておかなければいけないのは、自分の住んでいる自治体の所轄のハローワークの所在地です。職業相談のみであれば所轄以外のハローワークでも対応してもらえますが、雇用保険の受給手続きや職業訓練は所轄のハローワークでなければ手続きをすることができません。このため職業相談以外の用事があるという場合には、所轄のハローワークを利用した方が時間をかけずにスムーズに対応してもらえるというメリットがあるのです。

自分の住んでいる地域のハローワークは所在地をもとに検索することができますし、ハローワークのインターネットサイトを利用すれば誰でも簡単に登録されている求人票を確認することが可能となっています。このため事前にインターネットサイトで気になる求人票を確認してから、所轄のハローワークに足を運ぶとよりスムーズに職業相談が利用できます。

職業相談の流れ2:手続きをする

所轄のハローワークに到着した後は、受付で手続きを行います。初めてハローワークを利用する人は受付で登録を行い、ハローワークカードと呼ばれる個別に発行されるカードを受け取ります。ハローワークカードは全国のハローワークで利用することができ、ハローワークの求職活動では欠かせないアイテムです。そのため一度ハローワークカードを受け取った後は、登録手続きは必要ないので受付でカードを提示するだけとなります。その後は受付で番号札を受け取り、自分の順番が来るまで待合室で待機します。

順番が来たら相談窓口に向かい、担当職員とのマンツーマンでの職業相談を行います。職業相談は長くても10分程度とされており、終わったら職業相談を受けた実績として必要書類に捺印をもらって終了です。

職業相談の流れ3:求人票を見る

職業相談は担当職員との対話のみで終わるのですが、待ち時間の間や職業相談を終えた後にハローワークにあるパソコンで求職票を閲覧することもできます。ハローワーク内のパソコンには登録されている求人の情報が全て入っており、自由に閲覧できるだけではなく求人票を印刷して持ち帰ることも可能です。

職業相談では必ず求人票を持っていく必要はありませんが、待ち時間に気になる求人票を見つけたのであれば持参して相談してみるというのも有効だと言えます。雇用保険の職業相談も同様で、どちらの場合も気になる求人票がなければ持参する必要はありません。

求人票を印刷する際の注意点としては、多くの求人票を印刷して持ち帰らないことが挙げられています。実は求人票の印刷枚数には上限が設定されているため、気になった求人票を全て印刷できない場合があるのです。そのため印刷するのであれば、希望にマッチングしたものや持ち帰って確認したいものに留めておく必要があります。

ハローワークの職業相談では何を質問すればいい?

ハローワークの職業相談を利用する上で気になるのが、どのようなことを質問すればよいのかという点です。相談窓口では基本的に求職活動を打診されるほか、就職活動に関することや求人に関するさまざまな質問ができます。

たとえば求職活動に関して打診された時には、特に希望が固まっていなければ自分が働いてみたいと思っている業種を質問してみるというやり方があります気になる業種があったり気になる求人票を持参しているのであれば、そちらを提示して詳しい業種や企業情報を質問してみることも可能です。

ほかにも未経験でもできる求人があるのかどうかなど、自分が希望する条件を提示して質問することで、具体的な求人を印刷してもらえるなどの対応が期待できます。

ただ、質問をする際に自分の気持ちが固まっていないのに具体的な企業の名前を不用意に出してしまうと、不本意な形で話を進められてしまう可能性があります。このため職業相談で質問する際には、気持ちが固まっていない企業の名前を出さないように注意が必要です。

ハローワークの職業相談のポイントと注意点

ハローワークの職業相談のポイントと注意点

ハローワークに職業相談をする際のポイントや注意点、具体例についてご紹介します。

ハローワークの職業相談のポイント

ハローワークで職業相談をする際は、以下のことを意識して利用しましょう。

時間帯やタイミングに注意する

ハローワークの職業相談を利用したい場合、まずポイントとなるのが利用する時間帯です。職業相談は予約制ですが、時間帯や曜日によっては混雑していることも少なくありません。受付が開始される時間帯や昼頃であれば比較的混雑が少ないとされているので、できる限り時間に余裕を持っておくだけではなく人の少ない時間帯を選ぶことも大切です。雇用保険の認定日やハローワークのイベントがある日は混雑しやすいため、職業相談だけで利用したい場合はそのようなタイミングを避けることも必要だと言えます。

勧められた求人に応募しなくてもOK

職業相談で担当職員に勧められた求人に、必ず応じなければいけないという決まりはありません。担当職員が勧める求人の中には、自分が希望しないものも少なくありません。そのような場合に断ったとしても責められることはないので、自分の希望を伝えて断っても良いとされています。断りにくい場合には「検討する」という対応をして、妥協して後悔しないようにすることが重要です。

相談窓口ではわからない情報もある

企業それぞれの詳細は、ハローワークの相談窓口だけではわからないことがほとんどです。そのため基本的には、質問をしてもハローワークでわかることには限度がかかったり、ハローワークから企業に問い合わせをして返答までに時間を要したり、自分で調べる必要が出てきたりする点を認識しておくことも大切です。

ハローワークで職業相談をする際の注意点

ハローワークの職業相談をする時に注意しておきたいのが、妥協や相手の意見に流されないことです。職業相談では、担当職員も就職支援としてさまざまなアドバイスをしてくれますし、希望の条件にマッチする求人を紹介してくれます。

このような対応や配慮をしてくれる職員への気遣いは大切ではありますが、その結果として妥協したり相手の意見に流されてしまうと、せっかく就職してもミスマッチですぐに退職してしまう可能性があります。長い目で見るとそのような結果になることはハローワーク側としても不本意ですし、職業相談その物がお互いにとって無駄な時間となってしまうのです。

このため、職業相談をする時には自分の働きたい条件や希望の仕事を明確に相手に伝えることが大切になります。また相談内容はハローワーク側が録音して記録しているので、同じ質問を何度も繰り返すことがないように注意しなければいけません。同じ質問を避けるためにも、自分が相談した内容をメモに取るなどの対策を取っておくことが必要です。

ハローワークの職業相談の具体例

ハローワークでの職業相談で「実際に何を相談すればいいのかわからない」という場合は、以下を参考にしてみましょう。

基本給や手当について

ハローワークにある多くの求人票には、書かれている賃金の範囲が広すぎたり賞与の表示が明確でないものが多い傾向があります。そのため基本給や手当の計算の方法について質問をすることで、具体的な賃金の計算や賞与に関する計算をすることが可能です。

労働環境について

残業や休日出勤などの労働環境に関する質問をしたい時には、残業が少ない業種について質問してから残業の有無や実際の残業時間に関する点などどんどん掘り下げていくという質問のやり方もあります。

履歴書の書き方について

履歴書の書き方がわからないという時には書き方に関する質問やアドバイスをもらうこともできます。書き方のコツだけではなくどのようなフォーマットのものを使えばよいのかなど、具体的な部分も押さえて質問するとよいでしょう。

ハローワークに職業相談するメリット・デメリット

ハローワークに職業相談をするメリットとデメリットについて簡単に紹介します。

ハローワークに職業相談するメリット

ハローワークに職業相談をするメリットは以下のようなものがあります。

  • 地元での就職に強い
  • 求人数が多くて情報を得やすい
  • 相談窓口がある

以上のようなメリットがあります。

ハローワークに職業相談するデメリット

ハローワークに職業相談するデメリットは以下のようなものがあります。

  • 地元の求人に偏ってしまう
  • 求人の質がバラバラ
  • 相談員の質がバラバラ

上記のようなデメリットがハローワークの職業相談にはあります。両面を理解してから相談をするようにしましょう。

詳しくは以下の記事で紹介をしているので参考にしてみてください。

ハローワーク以外のも多くの就職支援をしているサービスが存在します。自分に合った就職支援サービスを利用しましょう。

ハローワークの職業相談を活用しよう

厚生労働省が提供する就職支援の場であるハローワークでは、就職活動だけではなく失業保険の受給手続きや職業訓練なども利用することができます。実際に職業相談を利用する際には、事前に自分の希望を明確にして具体的に担当職員に伝えるとともに、提案に関して安易に妥協しないなどポイントを押さえながらうまく活用していくことが大切です。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC