就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

就職できなかったら人生終了?その後の選択肢や注意すべきポイントを解説

就職できなかったら人生終了?その後の選択肢や注意すべきポイントを解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「就職できなかったら人生終了?就職したいけど、失敗したら人生がどうなるのか心配…。」と悩んでいる方も多いと思います。この記事では、就職できなかった人の割合や理由、その後について解説します。就職できなかった人が注意すべきポイントや対処法についても紹介しています。

更に、自身だけで就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。
この記事を読んで、自分らしい就職を勝ち取りましょう!

新卒で就職できなかったら人生終了?

新卒で就職できなかったら人生終了?

高校や大学を卒業後に「新卒で就職できなかったら人生終了?」と考えている人も多いでしょう。希望の就職先から内定をもらえなかったり、内定取り消しになったりして就職できない人も存在します。

周りが内定獲得就職していくのを見ると、正社員になれていないことから焦りを感じるでしょう。しかし、新卒で就職できなかったからといって、人生が終了するわけでは当然ありませんし、それほどのことではないことをまずは理解しましょう。

ここでは、就職できなかった人の割合や理由現実について解説します。

就職できなかった人の割合

文部科学省が発表した「R2年度学校基本調査 結果の概要」によると、大学卒業後に進学就職できなかった人の割合は、全体57万3,947人のうち7.1%に当たる4万809人となりました。

つまり、家庭の事情や怪我内定獲得に失敗したなど、様々な理由から約7%前後の人が就職できていないということになります。しかし、就職できなかった人全員が人生を終了しているわけではありません。

後述しますが、多くの人が就活を続けることで就職に成功しています。非正規でも働きながら就職活動を実施することで、希望する会社に就職することも可能です。

また、就職できない人は年々減少しています。総務省統計局が発表した「労働力調査(基本集計)2021年(令和3年)11月分」では、2021年11月の就業者数は6,650万人、3,546万人が正規雇用となります。

前年同月の結果と比べると、約1万人ほど減少しているのです。非正規雇用者に関しても、2,087万人から37万人減少しています。そのため、正社員として就職できなかった人は、年々減少していると言えるでしょう。

引用:文部科学省「R2年度学校基本調査 結果の概要」

総務省統計局「労働力調査(基本集計)2021年(令和3年)11月分」

就職できなかった理由

在学中に就職活動を実施している場合でも、就職できなかった人は存在します。就職できなかった代表的な理由は、以下の通りです。

  • 就活に取り組んだが内定を獲得できなかった
  • 内定を取消された
  • 入社予定の会社が倒産してしまった
  • 獲得した内定を辞退した
  • 親の介護や家庭の事情で就活できなかった

どれだけ真剣に就活へ取り組んでいても、内定取り消しや新型コロナウイルスの影響などで内定先の会社が倒産してしまうことはあります。

また、親の介護など家庭の事情でやむおえず内定を獲得できない人も多いです。全ての学生が大企業から内定を獲得できるわけでも、家庭の事情をすぐ解決できるわけではありません。

様々な悩みを抱えながら、日々生活しています。そのため、正社員として働きたかったにも関わらず、就職できなかった人もいると言えるでしょう。

就職できなかった人の現実

様々な理由で就職できなかった人ですが、具体的にどのような影響が出ているのでしょうか。

独立行政法人労働政策研究研修機構が発表した「大都市の若者の就業行動と意識の展開 第3回 若者のワークスタイル調査」によると、卒業後6ヶ月間フリーターとして活動していた人の64%が就職に成功しています。

新卒として就職できなかった人の約6割以上が、6ヶ月以内に就職しているのです。生活のために短期間だけでも非正規雇用として働いていても、就職活動さえ実施すれば、正社員として就職が可能です。

ただし、就職できなかったタイミングから、3年以上非正規で働いている場合は、全体就職率が48.9%となります。フリーターなど、非正規としての活動が長ければ長いほど、正社員としての就職は困難になると言えるでしょう。

引用:独立行政法人労働政策研究研修機構「大都市の若者の就業行動と意識の展開 第3回 若者のワークスタイル調査」

新卒で就職できなかったら終わりではない理由

新卒で就職できなかった場合でも、人生が終了するわけではありません。「安定した正社員として就職できなかったのに、なぜ人生終了ではないの?」と考える人も多いでしょう。

ここでは、新卒で就職できなかったら終わりではない理由について解説します。

既卒でも十分就職できる

新卒で就職できなかった場合でも、既卒としてなら十分就職が可能です。就職できなかったことにより日本は求人倍率が高いと思われがちですが、社会全体を見ると人手不足が深刻化しています。

厚生労働省が発表した「一般職業紹介状況(令和3年3月分及び令和2年度分)」によると、2021年3月の有効求人倍率は1.1倍となります。有効求人倍率とは、求職者1人に対しての求人件数のことです。

つまり、求職者1人に対して、1.1件の求人が存在しています。求人があるからといって希望する会社に就職できるわけではありませんが、多くの企業が人手不足と言えるでしょう。

新卒として企業に就職できなかっただけで、既卒としてじっくり就職活動を行うことで、十分就職が可能です。30歳以上の求職者に比べても、20代前半であるだけでも大きなアドバンテージが存在します。

新卒で就職できなかったとしても、既卒として就職活動を実施すると良いでしょう。

一度就職すると実力を重視される

新卒として一度会社に入社してしまうと、退職後に第二新卒就活すると学歴ではなく実力を重視されることが多いです。新卒入社から約3年未満の求職者を第二新卒として定義している会社は多く、既卒ならではのチャンスがあります。

第二新卒として就職活動する場合、学歴だけではなく前職ではどんな仕事をしていたのか、なぜ仕事をやめたのか、などを重要視される可能性が高いです。一度就職していることから、場合によっては既卒よりも不利になることがあるでしょう。

そのため、新卒で就職できなかったからといって終わりではなく、まだまだチャンスがあると言えます。新卒で就職できなかった場合でも、諦めることなく就活を続けることで状況によっては第二新卒よりも有利に進めることが可能です。

若ければチャンスを掴める可能性が高い

新卒で就職できなかったとしても、若ければチャンスを掴める可能性は非常に高いです。厚生労働省が発表している「新規学卒者の離職状況」によると、2018年までに新卒として入社した人の約30%以上が3年以内に退職しています。

また、令和2年に関しては新卒入社した人に関しては、1年以内に約12%も退職しているのです。つまり、1年〜3年以内で新卒入社した会社をやめる人は多く、別の道に進んでいます。

30代以降でも就職自体は当然可能です。ただし、就職先を探すことが困難になり、若くから働いてきた人と比べるとキャリア設計に苦労しやすくはなります。しかし、20代の内は若さが重要視される企業が多いため、十分チャンスを掴めます。新卒で就職できなかったとしても、若さを生かして活動することで就職が可能です。

そのため、新卒で就職できなかったからといって、就活を辞めて非正規で働き続けるのではなく、活動し続けることで若さで採用してもらえることがあるでしょう。

引用:新規学卒者の離職状況

新卒で就職できなかった人のその後

「新卒で就職できなかった人は、どんな生活を送っているの?」と考えている人も多いでしょう。新卒で就職できなかった場合、正社員として就活を頑張る他に、フリーターや留年、フリーランスなど、様々な選択肢があります。

ここでは、新卒で就職できなかった人のその後について解説していきます。

フリーター・派遣社員でも生きていける

新卒就職を目指していた場合、失敗したらフリーターや派遣社員など、非正規と呼ばれる形態で働く方法があります。厚生労働省が発表した「平成30年若年者雇用実態調査の概況」によると、大層でフリーターなどの非正規で働いている人は全体の約20%存在しているのです。

つまり、大卒でも就職に失敗した場合、フリーターや派遣社員として働いている人は一定数います。派遣社員の仕事の場合、マニュアル完備・大量採用など即戦力を求められない案件に限り、実務経験なしで働ける職場も多少はあります。いわゆる一般的な働き方が正社員とされ、それ以外の働き方がそこまで浸透していない日本では、フリーターや派遣社員といった働き方は悪いイメージを持たれることもありますが、実際にはメリットも存在しています。

たとえば、正社員は1日の大半が仕事となりますが、フリーターの場合はシフト制が一般的ですので、「夜の時間帯だけ」「早朝のみ」働くということも可能です。また、合わない仕事は比較的簡単にやめることができます。意識が高い人であれば、働きながら興味のある分野について学びを深めることもできるでしょう。

ただし仕事を休んだ分だけ給与が減少するなど、一定のデメリットも存在します。また、長期間フリーターをしてきた場合、正社員として就職したくても、スムーズにすぐにはできない可能性も高いです。

厚生労働省は卒業から3年以内は新卒採用枠として就活ができると発表しているため、3年以降は中途採用枠で就活する必要があります。中途採用枠では若さではなく、経験やスキルを重要視される傾向にあるため、あらかじめ注意しましょう。

引用:厚生労働省 平成30年若年者雇用実態調査の概況

留年して就活を続けられる

新卒で就職できなかった場合、留年して就活を続ける人も存在します。学費面に問題がないのであれば、留年して就活を続けることで、希望の会社に就職できる可能性が高いです。

一度就職したり就職したりしてしまうと、一部企業では新卒採用枠として扱ってくれないことがあります。一方、留年して大学に残り続けることで、新卒として就活が可能です。

大学生として就活を続ける場合、1日に利用できる自由な時間が多いです。昨年なぜ就活に失敗したのか、どのような会社が自分に向いているのかなど、失敗を活かした就活も進められます。

再度自分を見つめ直して就活することで、効率的に希望する会社へ就職を目指せるでしょう。

公務員を目指すことができる

新卒で就職できなかった場合、公務員を目指す人もいます。公務員は学歴や就職履歴に関係なく目指せる職種です。日本では、30歳までなら公務員試験の受験資格があれば、ペーパーテストと面接対策を実施することで、十分就職できる可能性があります。

また、基本的に公務員は学歴不問ですが、求める学力レベル「高卒程度」や「大卒程度」などで分けていることが多く、高卒程度より大卒程度の方が給与が高くなることがあります。

公務員は倒産する心配が無い分、安定した職場環境で働くことが可能です。業務量を抑えて働きたいのであれば地方公務員、実績を残していきたいなら国家総合職など、幅広い選択肢が用意されています。

さらに、公務員試験は1年に一度しか実施されないため、学習時間が十分に設けられています。新卒で就職できなかった場合でも、試験対策を実施することで、公務員として働くことができるでしょう。

大学や専門学校で学び直せる

就職することなく大学を卒業した場合でも、別の大学や専門学校に入学することができます。新卒で就職したからといって正解ではありません。気になる職種会社で専門的な知識やスキルが必要な場合は、新たに大学や専門学校へ通い直すことも重要です。

正社員やフリーターとして独学で専門的なスキルを身につけるには、一定の時間や努力が必要になります。一方、大学や専門学校に入学することで、集中して知識スキルを身に着けることが可能です。

ただし、明確な理由が定まっていないにもかかわらず、大学や専門学校に入学するのはおすすめできません。「専門学校に入学すれば就職しやすそう」「やることがないから違う大学に行ってみる」など、目的がない状態で進学しても、成果を得られない可能性が高いです。

進学には費用や卒業するまでに時間もかかります。一度卒業してから進学する場合は、明確な目的目標を決めることで、充実した生活ができるでしょう。

フリーランスや起業も選択肢の一つ

新卒で正社員として就職できなかった場合、フリーランスや起業も選択肢の一つです。会社員は企業に雇用されながら、仕事をこなしていく働き方です。一方、フリーランスや起業は自分自身で新たなビジネスを作り上げて、お金を稼ぐ働き方となります

正社員として働くよりも難易度が高いものの、人に縛られることなく好きなビジネスを発展させられます。しかし、フリーランスや起業して必ず安定して生計を立てられるわけではもちろんありません。給与や万が一のときの保障・労働時間に制限がないことから、体を壊す心配や、いざというときのリスクはあります。

雇用のメリットである安定感はないものの、誰かに雇われて働くのではなく、自分の力でお金を稼ぎたい場合は、フリーランスや起業は最適な働き方と言えます。

就職できなかった人が注意すべきポイント

新卒で就職できなからといって、人生が終了するわけではありません。就職できなかった人は、自分を責めすぎたり、同じ失敗をしないように注意が必要です。

ここでは、就職できなかった人が注意すべきポイントについて解説します。

自分を責めすぎない

新卒就職に失敗したからといって、自分を責めすぎないことが重要です。状況を把握するためにも、失敗を必要以上に責めてしまう人も多いでしょう。「就職できなかった自分は人生終了だ」「就職に失敗した自分は何をやっても終わりだ」など、必要以上に自分を責めすぎたとしても、現状が変わるわけではありません。

就職に失敗した場合でも、これからどのように行動するのかが重要です。必要以上に自分を責めると、自信がなくなり、思うように行動できない可能性があります。失敗に落ち込んだ後は、次に向けてポジティブに行動を開始し始めるようにしましょう。

他人と比較する

新卒就職に失敗した場合でも、他人と比較するのはやめましょう。「他の人は大手企業に就職成功しているのに、自分は失敗してしまった」など、他人と比較したとしても結果は変わりません。

他人と結果を比較してしまうと気分が落ち込み、やる気が削がれてしまいます。就職に成功できた結果を比較するのではなく「就職できた人と自分は何が違うのか」について考える今日にしましょう。

正社員として就職を考えている場合は、就職に成功した人と自分との違いを分析し、より良い結果を残せるように改善することが重要と言えるでしょう。

同じ失敗をしない

新卒就職に失敗した場合、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。例えば、面接時に上手く志望動機を答えられずに失敗した場合は、同じ失敗をしないよう重点的に面接練習を実施する、などが挙げられます。

就職に失敗したことだけに着目して落ち込んでいても、正社員として就職できるわけではありません。失敗しても繰り返し行動することで、希望する会社や業界に就職が可能です。

また、なぜ失敗したのかわからない場合は、内定をもらえなかった企業面接の内容を思い起こし、客観的に分析を行いましょう。失敗した原因がわからなければ、改善はできないため、時間をかけて分析が必要です。

同じ失敗を繰り返すのではなく、少しづつでも成長することで、就職成功に近づくことができるでしょう。

全く行動しない

新卒就職に失敗してしまい、全く行動できなくなるのは控えましょう。失敗を思い返して自分を責めてしまったり、他人と比較してしまったりして、行動できなくなってしまう人がいます。

しかし、行動しなくては正社員就職や進学を目指すことはできず、現状を変えることはできません。隙間時間で自己分析を行う、なぜ失敗したのか分析するなど、失敗時と全く同じ行動をしないようにしましょう。

失敗を基に行動を改善することで、成功に繋げることができます。まずはなぜ就職に失敗したのかを分析して、成功につながる行動を実施すると良いでしょう。

就職できなかった人の対処法

就職できなかった人は、失敗を基に行動を改善する必要があります。ここでは、就職できなかった人の対処法について解説していきます。

プライドや承認欲求を捨てる

就職できなかった人は、まずプライドや承認欲求を捨てるところから始めましょう。目的もなく就職活動をしていた場合、漠然と「大手企業に入社してすごいと思われたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

もちろん、大手企業に入社することのメリットはあります。しかし、プライドや承認欲求のみをモチベーションとして行動している場合、企業に就職できても満足感は低い可能性が高いです。「自分なら大手企業に入社できるはず」や「大手企業に就職して自慢したい」などのプライドや承認欲求はすぐに捨てて、自分のキャリアプランを考えることが重要です。

自分が働きたいと感じる会社に勤めることで、入社してからも満足感を得ながら働き続けることができるでしょう。

なぜ就職できなかったか分析する

就職できなかった人は「なぜ自分が就職できなかったのか」について考えることが重要です。就職に失敗した原因がわからない状態で、就活を続けていても成功する可能性は非常に低いでしょう。

しかし、就職に失敗した原因を洗い出し、どのような対策を講じることで成功に繋げられるのかを考えて行動すると、就職成功に近づけます。

筆記試験や面接対策、身だしなみや企業研究など、内定を得られなかった原因が必ず存在します。失敗原因を突き止めた上で対策を実施すると、就活成功に繋げる事つではができるでしょう。

視野を広げてみる

就職できなかった人は、視野を広げてみることも重要です。例えば、一つの業種に絞って就活していた人も、視野を広げて様々な業界も検討することで、自分に合った会社を見つけられます。

自分に合っていると考えていた業界でも、会社とマッチしなければ働くことはできません。視野を広げて就活を行うことで、思わぬ業界で自分の才能を見出せることもあります。

企業選びの軸を決めておくことで効率よく就活できますが、考えが凝り固まってしまうと良い会社には巡り会えない可能性が高いです。就活に失敗した場合は、焦ることなく自分の考え方やキャリアプランについて視野を広げることで、より良い就活ができるでしょう。

新たなスキル資格を身につける

就活に失敗した人は、新たなスキル資格を身につけることも検討しましょう。なぜ就活に失敗したのかを把握した上で、目指している業界に必要なスキル資格があれば積極的に取得に向けた行動がおすすめです。

求められているスキルや資格を取得しておくことで、スムーズに就活を進められることがあります。特に卒業後にフリーターとして働きながら就活を実施する場合は、資格取得が有効です。

目指している業界内で需要の高いスキル資格を保有している場合、既卒でも十分新卒と戦えます。資格を保有することで就活のモチベーションを上げることもできるため、検討してみると良いでしょう。

自分は何がしたいのかを考える

就職できなかった人は「自分は何がしたいのか」を考えましょう。就職することを目的にしている場合、入社しても充実感を得られずに退社してしまう可能性が高いです。自分自身のやりたいことを明確化し、行動に移すことで就活を成功させられます。

また、自分は何がしたいのかを考える場合、自己分析がおすすめです。自己分析を行うことで、自分の強み弱みを顕在化し、向いている業界や本当にやりたいことを把握できます。

自己分析を行い自分がしたいことを明確化することで、就職したい業界企業に向いて、効率的に行動できるでしょう。

目的に向かって積極的に行動する

就活に失敗した人は、自分が立てた目標に対して積極的に行動しましょう。就活もエントリーする企業が少なければ、相対的に成功できる確率は下がります。

自分が何をしたいのか把握しただけでは、成功に繋げることはできません。行動しなければチャンスを掴むことはできないため、気になる企業の分析や求人へエントリーなど、行動に移すことで失敗を防げるでしょう。

就職エージェントを利用してみる

就職に失敗した人は、就職エージェントの利用を検討してみましょう。就職エージェントとは、専門的な知識を持ったアドバイザーが、求職者に対してサポートを行うサービスです。

自分一人では実施しづらい自己分析や企業分析など、就活に関する様々な内容をサポートしてくれます。新卒就職に失敗した場合でも、就職エージェントなら具体的にやるべきことを提示してくれます。

そのため、就職エージェントを利用することで、自分のやりたいことを明確化し、積極的に行動へ移すことができるでしょう。

就職カレッジ®を利用して正社員就職にチャレンジ

就職エージェントの利用を検討している場合でも「どの就職エージェントを選べばいいかわからない」と考えている人も多いでしょう。

就職エージェントを選ぶなら就職カレッジ®がおすすめです。就職カレッジ®とは、20代の就職に強い就職エージェントである弊社ジェイックの就職支援サービスです。フリーターや大学中退既卒の場合でも無料で利用可能なサービスとなります。

就職カレッジ®がこれまでに支援してきた利用者は2万人以上、就職成功率は80%以上にのぼります。数ある就職エージェントの中でも、手厚いサービスを期待するなら就職カレッジ®が最適と言えるでしょう。

下記にて、就職カレッジ®のおすすめポイントを3つ解説していきます。

未経験の就職に特化

就職カレッジ®は就職未経験のサポートに特化しています。新卒就職に失敗してしまった既卒の場合でも、専任のアドバイザーがしっかりとサポートします。

また、フリーターや第二新卒など就職経験がない少ない方でも、安心して働ける企業への就職を支援してくれます。就職カレッジ®の就職成功率は80%以上の高い数値となるのです。

未経験から就職に挑戦する場合は、就職カレッジ®の利用が最適と言えるでしょう。

就職に関する幅広いサービスを提供

就職カレッジ®は、専任のアドバイザーが在籍しているため、就職に関する幅広いサービスを提供しています。就職カレッジ®は定期的に無料の就職講座を開催しています。

就職講座では、ビジネスマナーや履歴書の書き方、面接対策まで学べます。専門的な知識と経験を活用して、自己分析や企業研究のサポートも受けることが可能です。

アドバイザーによる手厚いサポートを望むなら、就職カレッジ®は非常におすすめのサービスです。

就職後1年間もサポートしてもらえる

就職カレッジ®は就職から1年間、アドバイザーによるサポートを実施しています。就職カレッジ®は就職をゴールにしておらず、安定した状態で社会人生活を送ることを目標としています。

就職後もいつでもアドバイザーに相談できることで、不安を解消しながら社会人生活を送れます。定期的に無料の新入社員向け講座を実施しているため、社会人として適切な行動マナーを学ぶことが可能です。

まとめ

以上、就職できなかった人の割合や理由、その後について解説しました。

就職できなかった場合でも、人生が終了するわけではありません。様々な理由により就職できなかった人は存在するため、正しい対処法を身につけることでチャンスを掴めます。

しかし、就職できなかった場合でも、同じ行動を繰り返していると、失敗する可能性が高いです。就職を成功させるためには、プライドや自尊心を捨てた上で、自己分析を実施しましょう。自己分析が苦手な場合は、就職カレッジ®の利用がおすすめです。

就職カレッジ®では、専任アドバイザーが自己分析から、企業研究・面接対応までサポートいたします。ぜひ、参加をご検討ください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター