就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

施工管理がやめとけと言われる理由7選!働くメリットや向いている人を解説

施工管理がやめとけと言われる理由7選!働くメリットや向いている人を解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

施工管理やめとけと言われる理由って何?施工管理の仕事に就きたいけど、自分でもできるのか心配…。」と悩んでいる方も多いと思います。この記事では、施工管理はやめとけと言われる理由や魅力、施工管理はやめとけと言われる人の特徴について解説します。また、施工管理はやめておけばよかったと思わないコツについても紹介しています。

更に、自身だけで施工管理への就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。

施工管理がやめとけと言われる理由7選

施工管理がやめとけと言われる理由7選

未経験から施工管理に挑戦する場合、周囲から「やめとけ」と反対されることも多いかもしれません。しかし、なぜそう言われやすいのでしょうか。

ここでは、施工管理がやめておけと言われがちな理由を7つ解説します。

施工管理はつらいと言われる理由については、下記記事をぜひチェックしてみてください。

長時間労働・残業が多い

施工管理は長時間労働や残業が多い仕事であるため、経験がない場合はやめておけと言われることが多いです。2019年にJCU日建教が発表した「2019年時短アンケートダイジェスト」では、全産業中で建設業は他に比べて3倍も残業時間が多いとされています。

また、国交省が発表したデータでは、全産業と比較しても建設業は年間総労働時間が336時間多いと報告されており、産業構造的に長時間労働や残業が多い仕事と言えます。

長時間労働が当たり前の仕事は、身体的・精神的に影響を及ぼす危険性があるため、そのことを知っている人から反対される可能性が高いです。

できるだけ早めに帰宅して、プライベートな時間を充実させたい場合は、やめておいた方が良いかもしれません。

引用元:JCU日建教「2019年時短アンケートダイジェスト」

引用元:国交省「建設産業政策2017+10」について

マネジメントスキルが求められる

施工管理は異なる業種の人とコミュニケーションを取りながら、納期に間に合うように仕事を進める必要があります。突発的なアクシデントが発生した場合でも、異なる業種の人たちをまとめるマネジメントスキルが求められます。

リーダーとして活動したことがない場合やマネジメントスキルが低い人は苦戦する可能性があるため、施工管理はやめておけと言われる可能性が高いです。

業務・待遇改善に力が入っていない職場の場合、施工管理は非常につらい仕事になってしまうこともあります。

業務内容と給与が見合わないケースがある

施工管理の業務内容は非常に多くなっており、1日の具体的なスケジュールは、以下の通りです。(一例)

  • 7時:現場入り
  • 12時:昼食
  • 16時:帰社
  • 17時:事務業務
  • 21時:帰宅

日々の業務をこなすのはもちろんのこと、定められた納期までに現場を完成させる必要があります。現場の仕事が完了した後は、事務所やオフィスで事務関連の業務を進める必要があるため、必然的に対応する業務量が増えてしまうのです。

また、施工管理の平均年収は約469万円となり、無資格で低キャリアの場合、400万円を下回るケースも多いです。そのため、日々の業務量や内容を考えると、給与見合わないケースもあると言えるでしょう。

引用元:求人ボックス

休日出勤が多い

施工管理は業務時間が長いだけではなく、休日出勤の多い仕事です。国交省が発表したデータによると「建設工事」の93%以上が、4週間連続で週6休以下と報告されています。つまり、1ヶ月間に4回しか休みがなく、他は通常出勤と休日出勤していることになります。

また、年間総労働時間が336時間を超えていることから、他の産業と比べても1ヶ月多く働いていると言えるでしょう。年々長時間労働・休日出勤の環境は改善されていますが、企業によってはいまだにブラックな状態が残っています。

さらに、納期が立て込んできた場合は長時間の残業や休日出勤が増えてきます。基本的に定められた納期は絶対となるため、忙しい時期には有給休暇の取得も難しいのが現状です。

厚生労働省が発表している「令和2年就労条件総合調査」では、全産業で平均年次有給休暇の取得率は56.3%となりますが、建設業は44.9%です。全体平均よりも10%低い状態は、有給休暇が取りづらい環境であると言えるでしょう。

そのため、絶対に休日出勤したくないと考えている場合、施工管理はやめておけと言われる可能性が高いです。

引用元:厚生労働省「令和2年就労条件総合調査」

業務中に危険がある

施工管理は1日の半分以上を現場で過ごす仕事となるため、業務中に危険が存在します。1日の大半をオフィスで過ごす業種と比較すると、施工管理は危険な仕事と言えるでしょう。

厚生労働省が発表した「令和2年の労働災害発生状況を公表」では、建設業の業種別死亡災害発生数は全体の32.2%を占めており、全産業の中で最も高い水準です。業務中に死亡事故が発生する仕事であれば、やめておけと言われることもあるでしょう。

また、休日が少なく長時間労働が続くと、どれだけ注意していても事故が発生する可能性は高いです。そのため、業務中に危険を感じたくない場合は、やめておいた方が良いでしょう。

引用元:厚生労働省「令和2年の労働災害発生状況を公表」

肉体労働が中心だから

施工管理として現場に出る場合、周りの建設員に指示出しやマネジメントするだけではなく、実際に肉体労働をするケースも多いです。現場での仕事が完了した後は、オフィスで別の業務を進める必要があります。

肉体労働をしているにもかかわらず、ゆっくりと休むことができないのは、非常につらい部分と言えるでしょう。また、工事現場の環境は「夏は暑く冬は寒い」ため、体力を必要とします。

肉体労働ではなく、オフィスワークを中心に働きたいと考えている場合は、やめたほうが良いでしょう。

幅広い年齢層とコミュニケーションを取る必要がある

工事現場には様々な職種・幅広い年齢層の人材が集まっており、そういった人たちをマネジメントする必要があります。どのような状態でも、コミュニケーションを取りながら指示を出します。

うまくコミュニケーションが取れず、自分の伝えたいことが相手に伝わらなけば、思うような仕事になりません。予定したスケジュールで仕事を進めるためには、幅広い業種・年齢層とコミュニケーションが要求されます。

そのため、コミュニケーションを苦手としている場合は、やめておけと言われる可能性が高いです。

施工管理はやめとけと言わない人がいるのはなぜ?

施工管理はやめておけと言われる一方で、施工管理は「おすすめ」と言われることもあります。一見、デメリットが多い仕事にも見える施工管理ですが、なぜおすすめする人がいるのでしょうか。

続いては、施工管理の仕事が向いている人について解説します。

ものづくりに関わる仕事がしたい

ものづくりに関わる仕事がしたい場合は、施工管理をおすすめします。施工管理をはじめとする建設業界は形に残るものを作る仕事であるため、何年も多くの人から見られるようなものを作りたい場合は、最適な仕事と言えるでしょう。

様々な業種・幅広い年齢層の人材と一緒に作り上げるため、達成感や充実感があります。また、建物を作り上げるまでの具体的なスケジュール設定や、業務の割り振りを考えるのは施工管理の仕事です。

切迫した納期や長時間労働、休日出勤が発生する場合でも、好きな仕事であれば苦に感じる可能性が低いです。施工管理がいるからこそ、別業種の人材は仕事に集中できます。そのため、ものづくりに大きく関わる仕事がしたい場合は、施工管理もひとつの選択肢です。

やりがいがある仕事をしたい

やりがいのある仕事をしたい場合は、施工管理がおすすめです。長時間労働や残業などの印象からやめておけと言われやすい施工管理ですが、自分の時間を削ってでも力を入れた建物が出来上がる瞬間は、他にはないやりがいを感じられます。

また、国土交通省が発表した「建設従事者向けインターネット調査集計」では、建設業の魅力は「地域や社会への貢献度の高さ」「形に残る仕事だから」とされています。実際に建設するわけではないものの、進捗管理や現場のマネジメントなど、重要な役割を果たします。

そのため、業務量の多さや危険がある仕事ではあるものの、やりがいがある仕事であるため、やめとけと言わない人がいるのです。

引用元:国土交通省「建設従事者向けインターネット調査集計」

体力には自信がある

体力に自信がある場合は、施工管理におすすめです。施工管理は現場とデスクワークを繰り返す仕事であるため、相応の体力が求められます。体力に自信がある場合は、やめておけと言われる可能性が低いです。

体力がある場合、ペースを落とすことなく割り振られた仕事を完了させられるため、全体的な残業を減らせます。そのため、人よりも体力に自信がある場合は、施工管理のデメリットを感じるケースも少ないと言えるでしょう。

施工管理はやめとけはウソ-施工管理の魅力-

やめておけと言われることも多い施工管理ですが、年々業界の構造や内容は変化しています。施工管理をおすすめする人がいるように、就職するメリットも多く存在する仕事です。ここでは、施工管理の魅力について解説します。

未経験でもキャリアアップが可能

施工管理は他の仕事に比べて、未経験でもキャリアアップが十分可能な仕事です。国土交通省が発表した「建設業界における年齢別の技能労働者数」では、40〜44歳がボリュームゾーンであり、30歳以下よりも55歳以上の方が多いとわかります。

つまり、未経験でも若い人材であれば非常に参入しやすい業界であり、成果を出すことでキャリアアップも見込めます。多くの業界が若年層の人材獲得を目標としているため、施工管理も若手に優しい職場環境に作り替えています。

従来までは、入社してすぐに現場に出されることが多かった施工管理ですが、早期離職を防止するために、十分な経験を積んでから配属する企業が増えています。さらに、研修制度や面談など、定着支援制度も充実しているため、未経験でも働きやすい環境を整えているのです。

そのため、施工管理は未経験でも、長時間労働や残業休日出勤することなく、キャリアアップを目指せる仕事と言えるでしょう。

引用元:国土交通省「建設業界における年齢別の技能労働者数」

IT技術が進歩している

従来までの施工管理はアナログ環境で業務を進めているケースが多く、効率の悪い環境でした。しかし、現在はDX化が進められていることもあり、IT技術が進歩しています。施工の進捗管理もデジタルツールを利用し、各業種の連絡もチャットツールが活用されています。

これまで非効率的だった業務もIT技術の進歩により、施工管理の現場も効率的に業務を進められます。ITツールを使用して効率的に業務を進めることで生産性が向上し、長時間労働や残業の削減が期待できるでしょう。

転職のチャンスもある

施工管理はインフラに関連する仕事となるため、常にニーズのある仕事です。そのため、一度施工管理の職に就いておくと、転職のチャンスも獲得できます。また、施工管理技士の資格を取得しておくことで、さらに活動の幅が広がります。

施工管理技士は国家試験であり、取得すると工事現場に必要な「監理技術者」として認められます。監理技術者が現場にいなければ工事は進められないため、非常に重要な資格です。

若ければ若いほど施工管理の職につきやすいため、できるだけ早く就職することで、経験や知識資格を身につけられます。施工管理に関連する資格を一つでも保有していれば、関連する仕事に転職できる可能性が高まります。

そのため、施工管理は常にニーズのある仕事だからこそ、転職のチャンスが他の業界よりも多い仕事と言えるでしょう。

将来性のある職種

施工管理はニーズだけではなく、将来性もある仕事です。国土交通省が発表した「社会資本の老朽化の現状と将来」では、1980年代に建設した建物の老朽化が問題視されています。建設してから50年経過した建物は改修工事が必要とされており、今後爆発的に増えてくると試算されています。

2033年には、全国にある道路橋やトンネル港湾岸壁の50%以上が老朽化するため、施工管理のニーズが高まり続けるのです。長期間仕事がなくならない点は、施工管理に就く大きなメリットと言えるでしょう。

また、長時間労働や残業休日出勤が常態化している施工管理は、国土交通省が定める「建設業働き方改革加速化プログラム」によって、環境の改善が進められています。施工管理は日本のインフラを支える仕事だからこそ、若年層を中心とした人材が重要視されています。

そのため、国が全面的に建設業界の働き方改革を実施して、働きやすい環境に整えています。いまだに長時間労働や残業の多い企業も存在しますが、若者が働きやすい企業も増えているため「やめておけ」という声が減少していると言えるでしょう。

引用元:国土交通省「社会資本の老朽化の現状と将来」

引用元:国土交通省「建設業働き方改革加速化プログラム」を策定

施工管理はやめとけと言われる人の特徴

業界全体で働き方改革が行われている施工管理ですが、人によっては「やめておけ」と言われることがあります。ここでは、やめとけと言われる人・言われない人の特徴について詳しく解説します。

やめとけと言われる人の特徴

下記のような人が施工管理に就く場合、やめておけと言われる可能性が高いです。

  • コミュニケーションが苦手
  • リーダシップが取れない
  • マネジメント経験が浅い
  • 気が弱く一つのことを考え込んでしまう
  • パソコンを利用する仕事が苦手
  • 体力に自信がない
  • マルチタスクが苦手

上記のような特徴を持つ場合、施工管理はやめておけと言われる可能性が高く、就いた場合もすぐに離職するケースが多いです。

特にコミュニケーションやマネジメント、マルチタスクが苦手な場合は、施工管理に向いていない可能性が高いです。施工管理は多くの人とコミュニケーションを取りながら、スケジュール通りに仕事を進める必要があります。

また、現場のマネジメントだけではなく、オフィスや事務所にも仕事が存在します。複数の業務を同時並行で進める力も必要とされるため、マルチタスクスキルも重要です。

このような仕事が難しい、自分には向いていないと感じる場合、施工管理はやめとけと言われるでしょう。

やめとけと言われない人の特徴

施工管理に就くのをやめとけと言われる人がいる一方で、向いている人も存在します。施工管理をやめとけと言われない人の特徴は、以下の通りです。

  • 体力や気力に自信がある
  • リーダーとして周りを引っ張っていける
  • 様々な状況にも臨機応変に対応できる
  • どんな業種、年齢層の人材ともコミュニケーションが取れる
  • ものづくり、やりがいのある仕事が好き

上記のような特徴がある人は、施工管理に向いている可能性が高いです。施工管理はコミュニケーションやマネジメントスキルだけではなく、臨機応変な対応力も必要とされます。

工事現場は天気やクライアントからの要望に合わせて、スケジュールが変更されることが多いです。急な事態にも冷静に対応しながら、リーダーシップを発揮できる人、施工管理の仕事を楽しむことができます。

また、建設関連のものづくり、やりがいのある仕事がしたい場合は、肉体的にきつい業務内容でも、乗り越えながら勤められるでしょう。

施工管理はやめとけばよかったと思わないコツ

国をあげて働き方改革を実施していることで、施工管理の業務環境は年々改善されています。しかし、施工管理に就職した後に「やめておけばよかった」と思う人が一定数いるのです。

ここでは、施工管理の仕事に就職した後、やめておけばよかったと思わないコツを解説していきます。

自身の向き不向きを把握する

施工管理に就いた後、やめとけばよかったと思わないためには、自分の向き不向きを把握しておく必要があります。上記で紹介している通り、施工管理は向いている人であれば働きやすく、向いていない場合は非常にしんどい仕事です。

事前に自分が施工管理に向いているのか把握しておくことで、やめておけばよかったと思わないようになります。また、施工管理はひとつの能力だけではなく、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルなど、複数の能力が求められます。

そのため、自分が得意としている能力を活かせるか把握しておくだけでも、就職の失敗を減らせるでしょう。

事前に施工管理として働いている人に話を聞く

施工管理の就職を失敗させないためには、あらかじめ働いている人に話を聞くと良いでしょう。ネットやSNS上では施工管理についての悪い評判やよくない口コミなどが多く、具体的に業界の実態を把握するのは難しいです。

しかし、実際に施工管理として働いている人からの意見を聞くことで、仕事のつらさや良い点を聞くことができます。どのような環境で働くことになるのか知ることで、就職後の公開を大幅に減らせるでしょう。

友人や家族に施工管理として働いている人がいない場合は、SNS上で建設業界について発信している人がいないか、知人に関連する職業に就いている人がいないか確認しましょう。経験者からの話を聞くことで、公開なく施工管理の仕事を目指すことができます。

施工管理に就職する目的を明確にする

施工管理に就職してから後悔しないためには「なぜ自分はこの仕事に就きたいのか」を明確にした上で行動しましょう。目的が定まっていない状態で、施工管理に就職してしまうと「思っていた仕事と違う」と感じてしまい、早期退職してしまうことがあります。

一方、自分のやりたいことや施工管理に就職して成し遂げたいことを明確にすることで、ギャップを感じることなく仕事を続けられます。就活には時間とコストがかかるため、無駄のないようにあらかじめ行動目標を設定しておくと良いでしょう。

必要なスキルを把握しておく

施工管理として就職する際は、どのようなスキルが必要なのか把握しておきましょう。求められるスキルを知らないまま施工管理に就職すると、精神的な負担を感じるケースが多いです。

また、施工管理はコミュニケーション能力をはじめとする、さまざまなスキルが必要とされます。自分が得意としているスキルがなければ、思うような成果を出せない可能性が高いです。

そのため、施工管理に必要なスキルを把握し、得意としている内容であれば突き詰めていくと良いでしょう。

自己分析がおすすめ

施工管理に必要なスキルが自分にあるかわからない場合は、自己分析がおすすめです。自己分析とは、自分がこれまで経験した経験キャリアの整理やどのようなスキルを持っているか確認できます。

自己分析を行うことで、保有しているスキルだけではなく、他の人にはないスキルや長所・短所を把握可能です。さらに、自分が施工管理に向いているか、必要なスキルを持っているのかを認識できます。

しかし、自己分析は一人では難しく、うまく進めることができません。このような場合は、就職サポートサービスを利用して自己分析を進めましょう。

就職サポートサービスでは、就職に特化したアドバイザーが在籍しているため、求職者の自己分析をサポートします。客観的にどのような長所短所スキルを持ち合わせているのか教えてくれるため、スムーズに自己分析を進められるでしょう。

施工管理の仕事にチャレンジするなら”就職カレッジ®”がおすすめ

就職サポートサービスを利用することで、効率的に自己分析を進められます。しかし、「サービスが色々ありすぎて、どのサービスを利用すれば良いかわからない」と考えている人も多いでしょう。

就職サポートサービスを選ぶなら、弊社ジェイックが実施している就職カレッジ®が最もおすすめです。20代の就職に特化しており、フリーター、大学中退、第二新卒に充実したサービスを提供しています。

就職カレッジ®の就職成功率は約80%以上、就職支援実績は約2万人以上と非常に高い水準を誇ります。サービスは全て無料で利用できるため、コストを一切かけることなく就職に関するサポートを受けることが可能です。

下記にて、就職カレッジ®のおすすめポイントを3つ紹介します。

自身に最適な仕事を探せる

就職カレッジ®には専任のキャリアアドバイザーが在籍しているため、フリーターや第二新卒など社会経験が無い・少ない方でも、自身に最適な仕事を探すことができます。

一般的なフリーターの就職成功率は34.4%ですが、就職カレッジ®の参加者は約80%以上となるため、通常よりも約2倍就職しやすいと言えます。

また、アドバイザーが自己分析をサポートするため、求職者の長所や短所を客観的に指摘し、どのような職種が向いているのかアドバイスしてくれます。

自分の強みがわからない場合やどのような仕事が向いているのかわからない場合でも、就職カレッジ®を利用すると明確にできるでしょう。

引用:2020年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

高い内定率を実現

就職カレッジ®では、定期的に無料の就職講座を開催しています。この講座では、ビジネスマナーや自己分析面接対策など、就職活動に必要な内容を提供します。実際に就職活動で使えるスキルですので、講座を受講することで高い内定率を実現可能です。

また、未経験者を採用したいと考えた優良企業による集団面接会も実施しています。面接会では、書類選考なしで担当者と面接できるため、スピーディーな採用も期待できます。

企業とマッチする人材がいれば、最短2週間で内定を得られるため、就職カレッジ®を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

就職後もサポート

就職カレッジ®では、就職してから1年間はアドバイザーによるサポートを受けられます。就職後の支援を受けられるのは同サービスでも珍しく、手厚いサポートと言えます。

また、専門スタッフによる新入社員向け講座や悩み相談も実施しているため、施工管理の仕事に就職した後も、上手に活動するためのアドバイスを得られるでしょう。

まとめ

施工管理はやめとけと言われる理由や魅力、施工管理はやめとけと言われる人の特徴について解説しました。施工管理は長時間労働や残業休日出勤が多いことから、やめとけと言われることの多い仕事です。実際にデータとして、他の職種よりも残業時間や休日出勤数が多いと発表されています。

しかし、施工管理はインフラに関わる仕事であるため、非常にニーズや将来性の高い仕事です。若年層の人材不足を懸念して、国が業界全体に働き方改革を実施したため、年々職場環境は改善されています。

「やめとけ」と言われる部分は減少している仕事と言えるでしょう。しかし、施工管理はコミュニケーション能力やマネジメントスキルが求められる仕事です。職場環境が良い場合でも、自分に向いていなければ後悔する可能性があります。

このような場合は、就職サポートサービスによる自己分析を行いましょう。弊社ジェイックの就職カレッジ®を利用することで、自分自身の長所や短所保有しているスキルを再認識できます。そのため、施工管理が自分に向いているか把握するにはおすすめです。

施工管理の仕事に就きたい人は、ぜひ就職カレッジ®を利用して、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター