就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

仕事を覚えられない人必見!すぐに忘れてしまう原因とその対処法について解説

仕事が覚えられないと悩んだら!その原因と原因解消のための工夫をご紹介

仕事が覚えられないという悩みがある方は少なくないでしょう。自分はなかなか仕事を覚えられないのに、周りの人たちが仕事を要領よくこなしていると、不安になるものです。本記事では、仕事が覚えられない原因について考察したうえで対処法を紹介しています。仕事が覚えられないという悩みを解決するヒントになれば幸いです、

社会人FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

仕事を覚えられない原因

仕事を覚えられない原因

仕事を覚えられないのには、必ず原因があります。まずは、仕事を覚えられない人によくある原因をご紹介します。

仕事を覚えられない原因1:仕事の内容と目的を理解していない

仕事の内容と目的を理解していないことと、仕事が覚えられないことは密接に関係しています。自分の仕事がその職場全体にとってどのような意味や役割を持つのかを理解していないと、ただ頼まれた作業をこなすだけで終わりとなり、作業が済んでしまえば記憶にも残らないでしょう。

記憶に残らないため、二度目もそれ以降も毎回聞き直したり同じミスを繰り返したりするようになります。これが、仕事が覚えられないという悩みにつながるというわけです。

作業をするたびに同じことを繰り返し聞かれたり、同じミスを重ねるようでは、教える側もイライラしてしまいます。また、いつも同じ人が教える立場だとは限りません。教える側によっては、くわしくその仕事の意味や内容を教えてくれない場合もあり得ます。

最初に教えてもらった時に、疑問点や不明点を解消せずそのままにしてしまうことで、ずっと覚えられないままになってしまうことが多いでしょう。

仕事を覚えられない原因2:メモを活用できない

仕事を覚えるのに役立つツールとして「メモ」がありますが、仕事の覚えが悪い人は、メモを上手に活用できていないことがほとんどです。

たとえば、なんでもかんでもメモを取っていると、かえって情報の整理がしづらくなります。何をどこに書いているのか、要点が何なのか、読み返したときによくわからないメモは役に立たず、結局仕事が覚えられなくなってしまいます。

また、メモを取るだけ取って見返さないことも、仕事が覚えられない原因となっているでしょう。

仕事を覚えられない原因3:わからないことをそのままにする

説明を受けたときにきちんと理解できなかったのに、それ以上聞くのが申し訳ない、恥ずかしい、面倒くさいなどの思いから聞き返さず、わかったふりをしてしまうと、いつまでも仕事を覚えられません。

一度「わかりました」と答えてしまうと、その後わからないことが出てきたときに聞きづらいと感じ、わからないまま進めるために同じミスを繰り返してしまう人もいます。

その場では「わかりました」と言いながらミスを繰り返していると、やがて周りからの信用を失い、自分の評価を下げてしまうことにもなりかねません。

仕事を覚えられない原因4:覚えるべきことの取捨選択が苦手

覚えるべきこと、忘れてもいいことの取捨選択ができないために仕事が覚えられないケースもあります。

仕事には、すぐに対応すべきものと特別な期限のないもの、重要なものとそれほどではないものなど、それぞれ優先順位があります。仕事のやり方のなかにも、すぐに覚えておかないと困ること(何度もやらなければならないことや、忘れるとトラブルにつながるようなこと)と、すぐには覚えなくても困らないことがあるのです。

この優先順位がわからずに、指示された仕事を順にこなしていると、後回しにするべき仕事に時間をかけ、重要な仕事に取り組む時間が足りなくなってしまうといった事態に陥ります。また、必要なことを覚えずに、覚えなくても困らないことを覚えているような状況にもなります。

働いているときは、時間はかかっても慎重に取り組むべき仕事やスピードを要求される仕事など、この仕事は何を最優先にするべきか常に判断しながら動かなければなりません。そのような仕事の選択が上手にできないと、仕事を覚えることは難しいでしょう。

仕事を覚えられない原因5:仕事に対する興味がない

そもそも仕事に対して興味がないと、覚えようというモチベーションも上がりません。教えてもらった仕事が興味を持てない分野だと、覚える気が失せて説明してもらってもあまり耳に入らなかったり、真剣に覚えようという必死さがなかったりと、さまざまな原因が積み重なり、いつまで経っても覚えることができません。

仕事に興味がないということは、仕事を覚えないだけでなく、ミスも多くなり信用も低くなります。また、職場の人とコミュニケーションを積極的に取ろうという気持ちにもならず、人間関係もうまく構築できない可能性もあります。

そのため、ますます仕事が楽しくなくなり覚えなくなる……という悪循環に陥ってしまうでしょう。

仕事を覚えられない原因6:長時間労働やパワハラが横行している

総務省「労働力調査」によると、2019年の週あたりの労働時間が60時間以上の長時間労働者の割合は6.5%という結果が出ています。

一方、厚生労働省「あかるい職場応援団」によれば、職場内のいじめや嫌がらせなどのパワハラに関する相談は年々増加しており、2019年の相談件数は8万7560件です。

長時間労働やパワハラが横行する職場にいると、周囲の人にも余裕がなく仕事を教えてもらえなかったり、そもそも殺伐としていて質問しづらかったりするなど、普通に働くことすら難しくなってしまがちです。職場によっては「仕事を覚えられない」というよりも、そもそも仕事を覚えられるような環境にないというケースはあるでしょう。

仕事を覚えられない原因7:会社側の教育体制が整っていない

会社によって、教育や研修などの制度は異なります。教育体制がきちんとしている会社であれば、上司や先輩がついてフォローしたり、定期的にミーティングの機会を設けたりして、仕事を覚えて一人前になるまでサポートしてもらうことができます。

一方で、しっかりとした教育体制がない会社も少なくありません。誰が何をどうやって教えていくかや目標などが決まっていない職場だと、周囲から「放置」されたような状態が続くことがあるのです。

そういった環境でも自力で仕事ができるようになっていく人もいますが、人によっては、そのような職場にいる限り、いつまでも仕事を覚えられないことにもなりかねないのです。

何年たっても仕事を覚えられない人の特徴

何年たっても仕事を覚えられない人の特徴

仕事を覚えられない原因について理解できたでしょうか。人によっては、いまの会社に数年勤めているのに、いまだに仕事が覚えられないというケースもあります。何年経っても仕事が覚えられない人にありがちな特徴を5つ、ご紹介します。

特徴1:そもそもメモを取らない

仕事で、メモを取らない人は一定数います。メモを取らない人の理由としては、以下が考えられます。

  • 「メモを取らなくても覚えられる」と思っている
  • そもそもメモを取るという発想がない
  • 「自分がやるときにまた聞けばいい」と思っている
  • メモを取るのが面倒だと感じている

いずれにしても、メモを取る必要性を感じていないといえます。しかし、一切メモを取らずにすべての仕事を覚えられる人は、極めて少ないはずです。

特徴2:コミュニケーション不足

仕事は、少なからず人とのコミュニケーションが発生します。職種や業務内容によってどの程度人と関わるかは変わってきますが、最初から最後まで、一切誰とも関わらずに完結できる仕事はありません。

職場でコミュニケーションが取れていないと、以下のようなことが起こり得ます。

  • 上司や先輩が求めていることを理解できない
  • 「報告・連絡・相談」という基本ができない
  • わからないときに相談できる人がいない

いずれにしても、仕事を覚えるまでに時間がかかってしまうことにつながるでしょう。

特徴3:単純に記憶力が足りない

記憶力は、人によって差があります。学生時代から、記憶力が問われる試験などが得意だった人ばかりではないでしょう。「人よりも覚えるのに時間がかかる」「忘れっぽい」という人は一定数いるはずです。

記憶力が悪い人は、教わったことを何度も繰り返し紙に書いたり、仕事の手順をまとめたものを手元に置きながら仕事を進めるなどの工夫が必要です。記憶力のなさを別の方法でカバーしなければ、やはり仕事の覚えは悪いままになってしまうでしょう。

特徴4:メモを残しても要点を押さえられない

一生懸命メモだけを取っても、残念ながらそれだけで仕事を覚えられるわけではないでしょう。なぜならば、メモは「大事なところだけ取る」ことに意味があるのであって、メモを取ること自体を目的にしても無意味だからです。

あとから自分のメモを見直したときにかえって混乱したり、教わったことをすべて書いてはみたものの結局よくわからない、ということになりがちです。

特徴5:自分の能力(スキル)に自信を持てない

自分の能力に自信がない人は、無意識のうちに自分のことを低く見てしまいがちです。「自分なんて」「どうせ」などとネガティブな気分のままでいると自分を信用できず、結果として仕事を覚えるのも遅くなってしまうのです。

本来であれば、能力が高くなくとも自分なりに一生懸命取り組めばよいはずです。しかしそれをしないと、仕事を覚えられないまま成功体験もなくさらに自信をなくす、という悪循環になってしまいます。

特徴6:仕事の優先順位を決めることができない

仕事には重要なものとそうでないものがあり、仕事の優先順位を常に意識して仕事をすることがビジネスマンには求められています。優先順位を意識しないまま手当たり次第に目についたものから仕事をしてしまうと、仕事の全体像をいつまでたっても理解することができず、優先度の低い(どうでもいい)仕事ばかりすることになり、忙しそうにしているわりに会社への貢献度が低い人という低評価を受けて昇給に響く可能性もあります。

特徴7:業界における専門知識が足りない

異業種からの転職してきた人にありがちですが、業界において常識とされている専門知識が不足していることによって同僚や取引先の会話を正しく理解できておらず、仕事をなかなか覚えられないというケースもあります。その場合は専門書籍や業界紙に目を通したり、資格試験に挑戦するなど、業務時間外の努力で挽回可能ですし、職場からもそのような努力を期待されているケースが多いです。

仕事が覚えられない時の対処法

仕事が覚えられない時の対処法

仕事が覚えられない人は、以下7つの対処法を試してみてください。仕事を覚えられるようになれば、いまの会社での仕事にもやりがいを感じられるようになり、周囲からの見られ方もきっと変わっていくはずです。

対処法1:メモを取り活用する

効果的にメモを活用すれば、仕事をしっかりと覚えられます。ポイントは、要点をキーワードや短い一文で表すことです。後で見返すときに必要なことを見つけやすく、一目見ただけで思い出せます。そのためのコツのひとつは、小さいメモ帳や付箋に書くことです。小さい紙に書けば、自然に短くまとめるようになります。

「〇〇さんに確認する」「●日までに提出する」など忘れてはいけないことは付箋に書き、関連するものに目立つように貼りつけておくのもおすすめです。パソコンのドキュメントやチャットツール、カレンダーなどに記入しておくのもよい方法です。

対処法2:仕事の優先順位を常に考える

仕事の優先順位を正確に把握しながら取り組むことで、仕事を覚えやすくなるでしょう。優先順位を誤って仕事を進めてしまうという問題は、前述の通り、仕事の目的や意味を考えながら行うことで防ぐことができます。

仕事を受けたときに、相手が特に締め切りを言わなくても「いつまでですか」と確認することも大切です。それぞれの仕事の期限がわかれば、期限が迫っているものから優先順位をつけられます。

指示された仕事の重要度・緊急度を確認し、自分が抱えている仕事の中での優先順位を決め、どの仕事をいつまでに終わらせるのかということを意識しながら取り組むと、仕事を効率よく覚えられるようになります。優先順位を常に考える癖をつけておくと、覚えなくてはならないこと、覚えなくても困らないことの区別もつくようになるので便利です。

対処法3:自分から積極的にコミュニケーションを取る

職場の人たちに対し、少しでもコミュニケーションを取るよう努力することも大切です。コミュニケーションが苦手な人もいるかもしれませんが、以下のようなちょっとしたことから取り組んでみましょう。

  • 相手に質問する/自分のことを話す
  • 会話ややりとりの量を増やす
  • 感謝の気持ちを言葉や態度で表す

職場で良好な人間関係を保つことで周囲から目をかけてもらう機会も増え、結果として仕事を覚えられることにつながっていきます。お互いに気持ちよく仕事をしていけるようになるため、以前よりも働きやすいと感じるようになるでしょう。

対処法4:わからないことは素直に聞く

わからないことを聞くことは、仕事を覚える上で非常に大切です。一生懸命説明してもらったのによくわからなかったときに「わかりません」ということは勇気がいります。しかし、説明する側にとっても、説明がわかりにくいことを知るきっかけとなるので、思い切って聞きましょう。

相手の話を一生懸命聞いてそれでもわからないときは、わかっていないのにわかったフリをするよりも質問した方が、説明する人からも「ちゃんと理解しようとしてくれている」と高評価になることが多いでしょう。

もしすでに「わかりました」と言ってしまい、聞きにくい状況にある場合でも、わかるまで聞くほうが、わからないまま進めて後からトラブルになってしまうことを避けられます。

わからないこと以外にも、仕事で悩んだときには、自分の話を親身に聞いてくれそうな上司や先輩がいたら、話を聞いてもらいましょう。

対処法5:仕事の意味と目的を考える

仕事をするときはまず「これは何のためにやるのか」「何が求められているのか」を自分なりに考える癖をつけましょう。そのほうが、なんとなくやるよりも圧倒的に意味のあるものになります。

ただ「頼まれたから」「担当の業務だから」という理由だけでやるのではなく、自分がその仕事をすることで会社や顧客にどんなメリットをもたらすのかを常に意識することで、意欲的に仕事に取り組めるようになるはずです。

対処法6:仕事の中に楽しみを見つける

仕事に関心が持てない場合は、楽しいと思えるような工夫をしてみましょう。たとえば、毎日のルーティーン業務から好きだと思える作業を探したり、予定通りに仕事を終えたら自分への小さなご褒美をあげたりするなど、身近なことから始めるのです。

また、何事もイヤイヤではなく楽しんでやろうとしたり「楽しい」と言ったりしながら取り組んでいるうちに、不思議と気分が上向いて本当に楽しくなっていったりするものです。その積み重ねが、仕事に対する姿勢を前向きなものに変えてくれるかもしれません。

対処法7:仕事に関わることをしっかりと勉強する

自分がいる業界や自社のビジネスモデル、自社と競合との違いなどについて情報収集をすることで、仕事への理解度は変わってきます。

また、自分が就いている職種に関する学びも大切です。自分のスキルがアップすれば、仕事を覚えられないという悩みはなくなっていくでしょう。

営業の仕事をしているならば、営業という仕事に関する知識全般を深める時間をつくってみるとよいでしょう。営業トークのコツや営業成績アップの方法などに関する書籍を読むなどして学ぶのもおすすめです。いまはネット上にアップされている動画や記事なども多いため、正しい情報を選んだうえで参考にするのもよいでしょう。

仕事を覚えられずにすぐ忘れてしまう病気とは

仕事を覚えられずにすぐ忘れてしまう病気とは

仕事が覚えられない時の対処法をご紹介しました。これらを試しても一向に仕事を覚えられない場合、病気という可能性もあります。病気は誰のせいでもないため、仕事が覚えられないからと自分を責める必要はありません。

仕事を覚えられず業務に支障が出ることが多い方は、一度専門の病院で診てもらうことも検討してみてください。ここでは、診断後の働き方についても解説します。

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群は、広汎性発達障害・自閉症スペクトラム障害(ASD)の一種であり、脳の機能障害によるものです。

LITALICOワークス「アスペルガー症候群の方の仕事の悩みとは?有効な解決策をまとめました」によると、アスペルガー症候群の場合、仕事で以下のような悩みを持つ可能性があります。

  • 相手の発言を文字通りに受け取ってしまう
  • 自分なりの手順やルール通りでないとストレスを感じる
  • アクシデントへの対応が苦手

自分なりの強いこだわりがあったり、予想していないことが発生したときにどうしていいかわからず非常に混乱する、などの特徴が考えられます。

ADHD

ADHDは「注意欠如・多動症」「多動性障害」などとも呼ばれるもので、落ち着きのなさや注意力のなさなどが特徴の、発達障害の一種です。

LITALOCOワークス「ADHDの方が仕事をする上での悩み・解決策・復帰方法」によると、ADHDの場合、仕事で以下のような悩みを持つ可能性があります。

  • 計画を立てる/優先順位をつけることが苦手
  • 約束ごとや予定を忘れる
  • 注意力が続かない

悪気なくミスを連発したり「話を聞いていない」などと指摘されることが多かったりする、などの特徴が考えられます。

仕事を覚えられない病気と診断されたら

日々の仕事に影響が出てしまうような病気を持っていると診断されても、仕事を続けることは可能です。

LITALICOワークス「大人の発達障害で困ったときに利用できる支援は?就職サポートサービスについても説明します」を参考に、以下3つの方法をご紹介します。

  • 通院しながらいまの仕事を続ける
  • 就労移行支援を利用して就職を目指す
  • 障害者雇用の仕事を探して就職する

まず、診断を受けた場合でも、必ずいまの職場に報告しなければならないという決まりはありません。ただし、信頼できる上司など相談できる人がいる場合は伝えることで、今後の仕事の担当ややり方などを考慮してもらえることもあるでしょう。

「自立支援医療」という制度を利用すれば一割の医療費負担で通院できるため、いまの仕事を続けられそうな場合は、そういった制度を活用するのもひとつの方法です。

いまの仕事の継続が難しそうな場合は、「就労移行支援」と呼ばれる、障害を持つ人が自分に合った仕事を探すための福祉サービスを利用するのもよいでしょう。就職活動の支援や、就労後のサポートなどもしてもらえるため、無理のないペースで取り組むことができます。

就労移行支援を利用せずに「障害者雇用」の仕事に就く方法もあります。障碍者手帳を所持していることが条件ですが、最初から障害があることを理解し、配慮してくれる職場で働くことが可能です。ただし、職場によっては軽作業などの比較的簡単な業務が中心となることもあるため、事前に自分に合う職場を検討する必要はあります。

仕事を覚えられず辛くて仕事を辞めたい時は転職もあり

仕事を覚えられない理由が理解できていて、自分なりに工夫や努力をしてもなかなか改善されないという人もいるでしょう。その場合、そもそもいまの仕事に適性がないか、どうしてもその仕事を好きになれないという可能性が考えられます。その場合は無理に働き続けても、仕事を覚えられるようにはならないかもしれません。

いまの仕事が覚えられないからといって安易に辞めるのはおすすめしませんが、どうしても覚えられずつらいと感じる場合は、転職という選択肢もありです。職種や職場を変えたことで、いきいきと働けるようになるケースもあるためです。

まとめ

仕事が覚えられないのはほとんどの場合、原因があるものです。難易度の高い業務や新しい仕事などは覚えるまでに時間がかかることもあるかもしれませんが、工夫次第で必ず覚えることができるはずです。

どうしても仕事を覚えられず大きな支障が出てしまっている場合、いまの仕事が向いていないか、生まれ持った障害によるものという可能性もあります。自分に合った仕事や働き方を見つけるためにも、仕事が覚えられない悩みを解決するために早めに行動することをおすすめします。

「仕事が覚えられない」ことに関するよくある質問

仕事を覚えられない病気とは?

「仕事を覚えられずにすぐ忘れてしまう病気とは」で触れていますが、仕事を覚えられない要因は、アスペルガー症候群やADHDなどの生まれ持った障害による可能性もゼロではありません。仕事が覚えられないことで日常的に困っているという方は、一度病院を受診してみてもよいかもしれません。

何年たっても仕事を覚えられない人の特徴は?

入社から何年も経過しているのに仕事を覚えられない人の特徴としては、メモを取らない、職場でのコミュニケーションが不足している、自分の能力に自信を持てない、などがあります。詳細は「 何年たっても仕事を覚えられない人の特徴」でご紹介しています。

仕事が辛いときの転職はあり?

仕事が覚えられないことでつらいと感じている場合、その仕事が向いていないことも考えられます。その場合、自分に合った仕事や職場に転職をすることで解決できるケースもあるでしょう。ジェイックでは、就職支援のサービスを実施しています。ぜひ一度「就職相談」にお申込みください。

仕事が辛いと感じた時の相談先は?

仕事が覚えられないという悩みを抱えながら働くのは、つらいものです。ジェイックにご相談いただければ、いまの仕事が覚えられない原因や、現職を続けるべきか転職すべきかなどについて、就職のプロが親身に考えます。転職したい方は「就職カレッジ」への参加もご検討ください。

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター