仕事が辛い時は転職するべき?自分が行うべき対処法を紹介!

仕事が辛い時は転職するべき?自分が行うべき対処法を紹介!仕事が辛いと感じていませんか?

この記事では、仕事が辛いときにあらわれる身体・心のサインや辛い仕事を乗り切るための対処方法、退職を決意した時に取るべき行動を紹介しています。仕事が辛いけど、対処方法がわからないという人は参考にしてください。

記事のまとめ

1.仕事が辛く感じたら、転職も選択肢に入れる

2.ストレスが溜まるとあらわれる主な心身の症状

3.辛い仕事を工夫して乗り越えるための方法

4.辛い仕事を乗り越えられないときに取るべき行動

仕事が辛いなら転職しても大丈夫

仕事が辛いなら転職しても大丈夫仕事が辛いなら転職を考えても大丈夫です。

仕事が辛く感じてしまうのは、意志が弱いからと考える人も多いですが、意志の弱さだけに原因があるとは限りません。

会社側に問題がある場合もあるからです。働く環境でつねに怒鳴り声が飛び交っていたりパワハラ・モラハラ、いじめなどが頻発している環境の職場ではいくら意志が強い人でも、もたないことは目に見えています。

また、思ったより給料が安かったり、休暇もまともに取れないので、モチベーションが上がらず余計に仕事が辛いと感じてしまう人もいます。

なので、あなたの意志が弱いから仕事が辛く感じるんだと自分を責めるのではなく、会社側に問題がないか今一度確かめてみましょう。

会社側に問題があるなら、転職も選択肢に入れて考えてみましょう。

仕事が辛いときにあらわれる身体・心のサイン

仕事が辛いときにあらわれる身体・心のサイン仕事が辛いときにあらわれる身体・心のサインにはどんなものがあるでしょうか?

近年では、月に100時間を超える残業を強いられて、社員が自殺してしまった痛ましいある企業の過労死事件がありました。

過酷な労働環境で働いていたために、大事な社員を自殺に追い込んでしまうなど、本当にあってはならないことです。あなたを守れるのはあなたしかいません。

ですので、末期の症状になってしまう前に身体や心のサインに気付く必要があります。

以下に、仕事が辛いときにあらわれる身体・心のサインの例をあげましたので、あなたに同じような症状がないか注意しながら参考にしてみてください。

なかなか寝付けなくなった

なかなか寝付けなくなったのであれば注意が必要です。交感神経が働き過ぎていたり、ストレスが原因となっているからです。

今まではすぐに眠りに付けていたのに、なかなか寝付けない最悪の場合は一睡もできないということもありえます。

一睡もできない状態が続けば、あなたの身体は確実にボロボロになるのは目に見えているので、早めの対処を検討しましょう。

身体のあちこちが痛い

身体のあちこちが痛い場合も注意が必要です。

今までは感じていなかった頭痛、肩こり、背中の痛み、脚の痛みなどを急に感じるようになったら安易に考えたりしないでください。

ただの頭痛や肩こりと思って放っておいたら、病気に繋がってしまったということにもなりかねませんので、早めの対処を検討しましょう。

家を出る時間が遅くなった

家を出る時間が遅くなっているようなら注意が必要です。精神的、心身的ストレスが原因で無意識に会社に行く時間が遅くらせているからです。

会社に行く前にしなくても良い作業を始めたり、朝の身支度に異様に時間をかけてしまうということはありませんか?

もし、思い当たるようなら知らず知らずのうちにストレスをため込んでいる可能性があります。

うつ病にまで発展するおそれもあるので早めの対処を検討しましょう。

ちょっとしたミスでも落ち込みやすい

ちょっとしたミスでも落ち込みやすい人も注意が必要です。

ちょっとしたミスをして怒られると落ち込みやすい・傷つきやすい人は、「自分は仕事ができないんだ」と思い込み、マイナス思考に陥ってしまうからです。

マイナス思考に陥ったまま立ち直れず、そのまま精神疾患を患ったりうつ病を発症してしまう人もいます。

ですので、上司に怒られたことは自分への愛情と受け止めるようにしたり、怒られたことを気にし過ぎないなど楽観的な気持ちを持つことも重要です。

【対処法】辛いなら病院への相談をオススメします

上記の症状の対処法として、辛いなら病院への相談をすることをオススメします。

ストレスが原因で自分を追いつめている、毎日のように自殺を考えてしまうような状態なら、うつ病をはじめとした精神疾患を患っているかもしれません。

医者に相談することで、精神的に少し楽になる可能性もあります。

無理して我慢せず、早めに病院に行くことをオススメします。

辛い仕事を乗り越える方法(仕事が辛いときの対処方法)

辛い仕事を乗り越える方法(仕事が辛いときの対処方法)辛い仕事を乗り越える方法を解説します。

  • なんとか乗り超えたい
  • 逃げずに立ち向かいたい

乗り越えたいと考えている方は、参考にしてみてください。ただし、無理をして体調を崩すのも本末転倒なので、無理だけはしないようにしましょう。

嫌いな上司がいる

嫌いな上司がいる場合は、業務上必要なこと以外では関わらないようにしましょう。

不用意に関わると嫌がらせをされるからです。

  • 目を合わせない
  • 話しかけられないよう、距離を保つ
  • ランチも一緒に行かない

対策についてはいろいろありますが、男女で対象方法も異なるので、紹介していきます。

【男性の場合の対処法】

嫌いな上司がいる男性は、体育会系のノリで理不尽な要求をされることも。明らかに業務に関係ない理不尽な要求は、無視が一番です。

業務と関係ない理不尽な要求は、ただのいじめだからです。関わらないのが一番です。

「部下をいじめることで自分を保っている、かわいそうな人」くらいに思っておきましょう。

【女性の場合の対処法】

男性上司だと、セクハラまがいのことをしてくる上司もいますね。

これも距離を取るのが一番。休日にもメールがきたら、無視が一番です。関わるとどんどん近づいてきますよ。

女性上司の場合は、いじめも発生しやすいです。女性同士のドロドロした関係になったら最悪なので、距離をとりましょう。

仕事ができない自分への憤り

自分の仕事ができないことで辛いなら、仕事ができるようになりましょう。仕事ができれば自信もつくので、やる気も出るからです。

仕事の内容によっても異なりますが、以下のような対策をして仕事を覚えていけるようにしていきましょう。

  • 先輩の仕事をメモにとる
  • ボイスレコーダーに録音させてもらう
  • 動画を撮らせてもらう

せっかくスマホがあるなら、メモはもう時代遅れです。なぜなら、メモを取ってる間はメモに集中してしまうから。

結局、大事なことを聞き逃すリスクがあります。先輩の話に集中しすぎると、メモがおろそかに。後で見返しても、なんと書いてあるかわかりません。

ボイスレコーダーや動画なら、先輩の仕事をすべて記録できるので効果的です。

【男性の場合の対処法】

男で仕事ができないと、価値がないように感じてしまいますが、安心してください。誰でも最初から仕事ができる人はいません。

何年も仕事ができないなら、今の仕事が合ってないだけです。仕事ができない=無価値ではないので、悲観的にならなくて大丈夫です。

【女性の場合の対処法】

年配の上司だと、「これだから女は…」みたいなことを言ってくることもあります。

でも、そういう人は言わせておけばOK。今のあなたは、まだ仕事を覚えていないだけ。

きちんと1つずつやっていけば、仕事を覚えられます。

「これだから女は…」とか言われても、仕事ができるようになれば問題なしです。

パワハラ・セクハラやいじめを受けている

パワハラ・セクハラ・いじめも無視が一番です。いじめっ子は、反応するからエスカレートするんです。

業務と関係ないことは、徹底的に無視してください。業務に集中すれば、あなたが正しいです。

パワハラ・セクハラ・いじめをしてくる人は、かわいそうな人なんです自分の人生を向上させられないから、弱いものいじめをしてるだけ。

「あ~あ、かわいそうに」と思いながら、無視してOKです。

【男性の場合の対処法】

一番は仕事ができるようになって、出世してやることです。パワハラやいじめをしてくる人の、上司になるのが一番。

だから、パワハラやいじめは無視して、業務に集中しましょう。仕事ができれば、何も言われなくなります。

【女性の場合の対処法】

セクハラやマタハラがあり得ますね。これらは、録音・録画が一番です。いざというとき、あなたを守ってくれます。

録音・録画して、嫌がらせをしてくる人の上司に見せましょう。

激務で辛い

仕事量が多すぎたり労働時間が長すぎると、辛いものですよね。これは、無駄を徹底排除するのが一番です。

会社のルールであっても、あなたは一番効率的な業務をしましょう。

例えば、いちいち上司と会って会議するのは無駄なので、Youtubeの限定動画を撮影してメールで送るなど。

会議は会話が生まれてしまうので、時間が無駄です。

そうした無駄の積み重ねが激務を生んでいるので、無駄を徹底的に排除しましょう。電話も時間の無駄なので、極力メールにしましょう。

【男性の場合の対処法】

社内で、「無駄を省く男」というイメージ作りを心がけましょう。「あの人は無駄なことは、一切やってくれないよ」とイメージを作れば、無駄を削減できます。

無駄なことには一切関わらないという姿勢を続けていくと、イメージが定着します。社内のキャラ作りも仕事のうちです。

【女性の場合の対処法】

女性の場合は、少し甘えることを覚えてもいいかもしれません。どうしても激務すぎて辛いなら、周りに助けを求めましょう。

もしかしたら、誰かが手伝ってくれるかもしれません。もし誰も手伝ってくれないなら、男性と一緒で「無駄を省くキャラ」を作りましょう。

社風が合わない

社風が合わない場合は、社風を無視して独自のポジションを貫きましょう。「付き合いが悪い」と言われても、業務さえしてればいいわけですから。

例えば、体育会系の社風で飲み会が多くても、行かない方がいいです。文句を言われながら付き合わないことで、「どうせあいつは誘ってもこない」と諦めてくれます。

業務ができれば、業務外のことは無視でOKです。

【男性の場合の対処法】

例えば体育会系の社風であれば、どうしても上下関係の文化に巻き込まれやすいもの。判断基準は、下記のようなものが挙げられます。

  • 業務に関係あるか
  • 利益が上がるのか

それと関係ない上下関係は、むしろ効率を悪くするだけなので無視してOKです。

【女性の場合の対処法】

社風が合わないようなら、業務中にあまり笑わないことが重要。笑うと社風を受け入れてるように見えるからです。

仕事では笑わず、業務に集中すること。そうすれば、仕事人間みたいなキャラができて、業務と関係ないことに巻き込まれにくいです。

給料が安い

給料が安い場合は、副業しましょう。会社の給料が上がる見込みがないなら、会社で必要以上に頑張っても無意味です。

今は在宅で副業もできる時代なので、副業で稼ぎましょう。もし副業の収入が本業を超えたら、辞めてもいいかもしれませんよ。

【男性の場合の対処法】

もし、昇給を狙えるなら狙いましょう。

  • 営業成績を上げる
  • 役職につく

成績や役職につけば、給料が上がるなら、目指してみましょう。でも、可能性がないなら副業です。

【女性の場合の対処法】

女性も基本は出世で昇給を目指し、ダメなら副業です。というか、女性でもきちんと稼げる仕事に転職を検討しても良いですね。

辛い仕事が乗り越えられなかった場合

辛い仕事が乗り越えられなかった場合辛い仕事が乗り越えられなかった場合の最終手段はやはり退職することです。退職するまでの手順を以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

就業規則を確認する

まずは就業規則を確認することです。就業規則の退職に関する項目に「退職は〇ヶ月前に申し出ること」と書いてあります。

会社によって期間が違いますので、よく確認しておいてください。

消化してない有給休暇の確認

消化してない有給休暇の確認をしておきましょう。有給休暇が残っていれば、転職活動に充てられるからです。

有給休暇を消化しづらいことを理由に使いきれない人が多いようですが、退職する旨を伝えた後でも有給休暇を取っても大丈夫です。

あなたのための有給休暇なので、有意義に使いましょう。

仕事の引継ぎをしっかりしておく

仕事の引継ぎもしっかりとしておきましょう。退職するなら、引継ぎをしておくことは社会人として最低限のマナーです。

次の人がしっかり引き継げるような一例として、記録の仕方・保存方法については下記の通りです。

  • ファイリングして見やすくしておく
  • 動画や写真に収めておく
  • PDFにまとめておく

あなたが作りやすく、次の人にも分かりやすいことが1番です。また、引き継いだ人も明確にできるため有効的です。

退職理由を考えておく

退職理由を考えておきましょう。退職理由は、会社が引き留めにくい理由がベストです。

例えば、理由としては以下のような退職理由があります。

  • 起業する友人の仕事を手伝うことになった
  • やりたい仕事がみつかった
  • 家族の介護をすることになった

引き留められにくい理由の主な例です。ただし、ウソをつくことは絶対やめましょう。

特に「家族の介護」はウソであれば、絶対にバレないということはありません。よく自分で考えて、退職理由を用意しておきましょう。

上司と1対1で話す機会を作る

上司と1対1で話す機会を作りましょう。上司に「お話があるのですが…」と切り出し、30分くらい時間を割いてもらうようにお願いしましょう。

立ち話では流される危険性もあるので、じっくり1対1で話せる時間を設けることが重要です。

辞めるとはっきり伝える

辞めるとはっきり伝えることも重要です。退職を決めたなら「辞めます」とはっきり伝えてください。

あいまいな言い方をすると、会社によっては引き留められる可能性もあるからです。なので、あいまいな言い方はせず「辞めます」と一言はっきり伝えましょう。

さらに詳しい退職方法

さらに詳しく退職方法を知りたい場合は、ブラック企業を辞めたい人の退職方法【ほんとに辞めていいかチェック】を読んでみてください。

特に、ブラック企業の辞め方について解説しています。引き留めに遭った場合の対処法もまとめているので、事前に読んでおきましょう。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC