志望動機は例文を参考にして効果を上げよう!オリジナル性も忘れずに!

志望動機は例文を参考にして効果を上げよう!オリジナル性も忘れずに!

就職や転職をする時志望動機を書くことになりますが、どんな内容にすればよいか悩んでしまう人も多いです。そういう時は例文を参考にしてみるとよいです。今回は業種ごとの志望動機の例文を紹介すると共に、志望動機の詳しい書き方、なぜ企業が応募者に志望動機を求めるのか、NGの例、書き方のポイントなどの役立つ情報をお届けします。

志望動機が求められる理由は?

志望動機が求められる理由は?

企業が志望動機を求める理由の1つが、入社後のミスマッチを防ぐためです。どんなに強い志望動機があっても、それが会社の社風やビジョンと合っていなければ意味がありません。応募者が入社した後、会社と同じ方法を向いて一緒に頑張ってくれるか、それを志望動機から見極めようとしているのです。もし自分の志望動機が会社の方向性と真逆だった場合、それほどの強みにはなりません。応募者の意欲がどのくらいあるかをチェックするのも、志望動機を求める理由です。

企業はたくさんいる応募者の中から、戦力になる人材を探そうとしています。もし同じようなスキルを持っている応募者が二人いた場合、採用担当者はより意欲のある応募者を採用したくなるものです。熱意や意欲があれば、仕事で何か失敗してしまった時、つまずいてしまった時でも頑張ってくれそうな印象を持ちます。他の応募者と差をつけるためにも、志望動機で自分を印象付けることが大切です。

志望動機の書き方の基本を押さえよう!

志望動機の書き方の基本を押さえよう!

志望動機は、はじめに応募先の企業を選んだ理由を具体的に書くのが基本です。この時、ほかの企業にはない魅力を合わせて書いておくとよいでしょう。ただその企業の魅力を書くよりも、他の企業と比較しながら優れている部分を強調すれば、自分が応募先の企業をしっかり調べていることが伝わりますし、自分の意欲をより印象付けることができます。新卒ではなく転職の場合は、今まで働いてきた職場ではできなかったことが、応募先の企業なら実現できる点を強調しましょう。

今の仕事を辞めてまで、応募先の企業で働きたいという強い気持ちが伝わります。自分のスキルや経験を志望動機に書くことも重要ですが、オリジナルの文章を書くことを心掛けましょう。例文を参考にしながら、しっかり自分の言葉で伝えるようにしてください。最後は自分が応募先の企業で貢献したいと思っていること、実現したいことなどを書くと上手くまとまります。

志望動機で書かないほうがよいNG例

志望動機で書かないほうがよいNG例

NG例その1:入社して学びたい

志望動機を書く時、「御社で学びたい」という表現を使う人がいますが、基本的にこういった表現はNGです。応募者がよく使うありふれた表現なので、これだけでは採用担当者の印象に残りません。志望動機はいかに自分を印象づけられるかが重要なので、ありふれた表現は避けるようにしましょう。また、企業に対して依頼心が表れているように見えるのもNGの理由です。入社して学びたいという表現は、現在は何もできない、即戦力にならないのではないかと思われマイナス評価に繋がります。「御社で学びたい」という表現を使いたいなら、「積極的に吸収したい」といった前向きな言葉で学びたい気持ちを表現するとよいでしょう。また、「自分の経験にこだわることなく」のように、謙虚な姿勢を見せておくこともよい印象を与えるポイントです。

NG例その2:理念に共感した

「御社の理念に共感した」という表現も志望動機でよくあるものなので、なぜNGなのか不思議に思う方もいるかもしれません。企業の理念に共感すること自体は悪くないのですが、とりあえず書いておけば良いという軽い気持ちで使うのはNGです。これだけの文章では、どのような部分に共感したのかが全く分かりません。大切なのは、どこに共感したのかを具体的に明記することです。採用担当者が見た時、どこに共感しているのか読み取れないと「ただ書いているだけかもしれない」と思われ、マイナス評価に繋がることもあります。理念に共感するには、しっかり企業理念を分析して理解しなければなりません。軽い気持ちで「御社の理念に共感した」と書いてしまうと、面接で質問された時に具体的な答えが返せず、印象を悪くしてしまうこともあるので注意しましょう。

志望動機を書くときのポイント

志望動機を書くときのポイント

ポイントその1:企業研究を入念に行う

志望動機を書く時に重要なポイントになるのが、企業の業務内容についてもしっかり言及しておくことです。企業理念に共感したことや、応募先の企業のサービスへの魅力を述べるだけでは、ただの企業のファンにしかならないため志望動機として十分とはいえません。業務内容までしっかり把握し、自分のスキルや経験がその業務にどう活かせるかをしっかりアピールしましょう。そのためには、事前の企業研究をしっかり行っておくことが大切です。

業務内容までしっかり言及しておけば、採用担当者の印象もよくなるでしょう。ただし、付け焼き刃の内容では採用担当者を納得させることはできません。企業の採用担当者は多くの志望動機を読んでいるため、付け焼き刃をすぐに見抜くことができます。なぜその企業を選んだのか説得力のある理由を書くことが大切なので、企業研究をする時は少しでも多くの情報を集めておきましょう。

ポイントその2:書類と面接

志望動機は履歴書などの書類に記載するだけでなく、面接の時に面接官から直接質問されます。この時重要になるのが、面接時に答えた志望動機と書類に記載した志望動機が矛盾しないようにすることです。矛盾してしまうと、せっかくアピールのために考えた志望動機の説得力がなくなり、面接官に悪い印象を与えてしまいます。また、面接の時にはエントリーシートや履歴書に書いた志望動機を、より深く聞かれることが多いので、肉付けをしてより詳しく話ができるようにしておくとよいです。

そのためにも、志望動機はなるべく具体的に、深い所まで掘り下げるようにしましょう。せっかくよい志望動機を考えても、話し方によって相手にしっかり伝わらないことがあるので注意が必要です。志望動機の内容だけでなくそれを話す時の態度も大切なので、自信なさげに話すのはよくありません。相手に自分の意欲を伝えるためにも、自信を持って堂々と臨むようにしましょう。

志望動機の例文8選!

志望動機の例文8選!

例文その1:具体的な理由

志望動機は、具体的な理由を述べることが大切です。「社員の意見をしっかり取り上げてくれる企業の姿勢に魅力を感じました。企画やマーケティングに関わり自分のスキルや経験を活かしたいです」のように、自分が感じた企業の魅力と合わせて自分ならどう貢献できるかをアピールしましょう。ただ「働きやすそうな企業だと感じた」と書くだけだと、どういうところを見て働きやすいと思ったのかが分かりません。「社員の意見をしっかり取り上げてくれる」のように、具体的な表現も含めておくと説得力が増します。また、ただ自分が感じたことを書くだけでなく、自分が入社してからどんなことをやりたいかについても明確にしておくとよいです。具体的にやりたいことを伝えれば、応募者が入社した後どんな働きをしてくれるのか、採用担当者もイメージしやすくなります。

例文その2:技術の向上を目指す

スキルアップしたいことを志望動機にしたい場合には、「これまで経験してきた技術を活かして御社に貢献したいと考えています。スキルアップを目指すために入社を希望しています」のような書き方をするとよいでしょう。自身の職歴をアピールした上で、入社後に自分がどんなことに貢献できるかを伝えると効果的です。ただスキルアップしたいことを伝えるだけでは、よい印象を与えることはできません。自分がどんな経験をしてきたのか、それによってどんな貢献ができるのかを伝えることが大切です。その上でスキルアップしたいという思いを書くことで、さらに技術を磨こうとしている向上心をアピールできます。

例文その3:未経験の職種への転職

自分がこれまで経験したことがない職種へ転職を考えている方もいるでしょう。そういう時は、未経験でも自分にはしっかりスキルがあることをアピールしましょう。例えばゲーム開発の職種へ転職したい時は、「学生の頃から趣味でプログラミングを学びゲーム作りをしていました。前職では企画営業の仕事をしていたので、その経験を活かして売れるゲーム作りに関わりたいと考えています」のような志望動機にするとよいです。転職では未経験はマイナスになりやすいので、ゲームを作る上で重要なスキルであるプログラミングをしっかり学んでいたことをアピールしましょう。また、前職の経験の中で活かせるようなものがあれば、それも自分の強みとして伝えておくとよいです。未経験でも入社後に役立つことをしっかり志望動機に書くようにしてください。

例文その4:経験のある職種への転職

「営業から事務職へ転職しましたが、自分のやりたいことができずに悩んでいました。これは、営業の仕事にじっくり向き合っておらず、自分が本当にやりたいことは何なのかを理解できていなかったことが原因です。前職の経験を活かして、また営業で活躍したいと思い転職活動を行っています」。これは、経験のある職種へ転職する場合の志望動機の例文です。営業職から事務職へ転職し、また営業職へ転職する時の例で、ブランクはあるが経験を活かせることをしっかりアピールしています。また、前回の転職が失敗してしまった原因を、自分でしっかり理解していると伝えることも大切です。1度目の転職が自分の判断ミスで失敗してしまったのは事実ですが、それをどのように理解し改善しようとしているのかを素直に伝えることで、マイナス面になるのを回避しています。

例文その5:営業

営業職へ転職する時の志望動機は、「メーカーでカスタマーサービスの業務をしていました。そこで培ったヒアリング能力を営業でも活かしていきたいと考えています」のように書くとよいでしょう。前職の経験で培ったヒアリング能力を、営業で活かすことができると意欲を示しています。営業の仕事だけでは身につかないような能力を、他の業種で身につけたことは充分アピールポイントになります。他にも接客のアルバイトをしていたなど、他の業務の経験があればそれも志望動機に書いておきましょう。サービスを工夫しより営業成績を上げられるようなスキルがあれば、積極的にアピールすることで採用担当者によい印象を与えることができます。

例文その6:接客業

「前職は転勤が多かったため、色々な顧客と関係を築いてきました。その経験を活かしながら、今度は同じ顧客との継続的な関係を大切にしたいと考えています」。これは、転勤の多い販売業から、ブランド重視の販売業へ転職した場合の志望動機の例です。同じ接客業への転職ですが、転勤が多かったことを具体的な転職理由として挙げています。どちらも同じ業種なので、志望動機を書く場合はなぜ前職を離れようと思ったのか、明確な理由を述べることが大切です。もし未経験の場合は、なぜ販売業に興味を持ったのか具体的な理由を挙げるようにしましょう。

例文その7:事務職

「前職の不動産事務では、一般事務を行ってきました。そこではWordやExelなどの基本的なPCスキル、相手によい印象を与える電話対応の方法などを身につけることができました。その経験を活かしながら、自分のスキルをさらに磨くためにもっと生活に密着している仕事をしたいと思い、食品メーカーでの仕事を希望しています」。不動産事務から食品メーカーの事務職へ転職する際の例文です。前職で得た事務能力やコミュニケーションスキルをアピールしながら、さらなるスキルアップを目指していることも述べています。もっと生活に密着した仕事をしたいという希望を具体的に書いておくと、なぜ転職しようと思ったのか相手に伝わりやすくなります。

例文その8:IT関連

「前職でもシステム開発を行っていましたが、ルーチンワークが増えもっと自分のスキルを活かせる職場で働きたいと考えるようになりました。大きな規模でシステム開発を行っている御社で、前職で身につけたjavaのスキルや知識を用い活躍したいと思い志望いたしました」。IT関連の志望動機は、転職理由や入社してやりたいことを盛り込むとよいでしょう。前の職場ではできなかったことが、応募先の企業では実現できることを具体的に書けばより説得力が増します。自分が身につけているスキルを書いておくことも大切です。もし未経験の場合は、なぜIT業界を転職先として選んだのか理由と意欲をアピールするようにしましょう。

志望動機の例文から学ぼう!企業研究も十分に!

志望動機の例文から学ぼう!企業研究も十分に!

どんな志望動機を書くかによって、採用担当者の印象は大きく変わります。そのため、魅力的な志望動機を書けるかどうかが、就職や転職を成功させるためには重要です。書き方がよく分からない場合は例文を参考しましょう。例文から学ぶことはたくさんあるので、それを参考にしながら充分な企業研究を行い、オリジナリティある効果的な志望動機を考えてみてください。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC