10年後の自分??就活面接でよくある質問にどう答えるか考えよう!

10年後の自分??就活面接ででよくある質問にどう答えるか考えよう!

「10年後の自分はどうなっていたいですか」という質問は就活中、特に面接において頻出です。とはいえ10年後の自分といわれても漠然としすぎてどう答えていいかわからない人も多いのではないでしょうか。この記事ではこの質問をする企業の意図や、答え方について解説していきます。

10年後の自分について聞かれる理由は?

10年後の自分について聞かれる理由は?

面接やエントリーシートで10年後の自分について聞かれた場合、適当に回答してしまっては良い印象を与えることはできません。質問の意図を知り、それに合った回答を行うのが大事です。では質問の意図とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか?

理由1.仕事の理解度を確認するため

企業が面接等で10年後の自分について尋ねるのは、その企業の仕事について就活者がどれくらい理解しているのか確認するためです。仕事への理解度が低いと、曖昧で漠然とした回答に終始してしまいます。それではその企業に対し、「なんとしても働きたい!」という意欲の少ない人材だと思われてしまいかねません。企業へ強くアピールするためには、仕事に対して理解を深めておくのがとても重要です。また、仕事への理解度が深くないと、具体的なキャリアプランを回答することもできなくなってしまいます。

具体的なキャリアプランは、高評価を得るために必要不可欠なものです。具体的なキャリアプランを有していれば、それに向かってしっかりと努力し続ける人材だという期待感を持ってもらえます。逆にキャリアプランがあやふやな人材は、「いい加減な仕事しか行わないのではないか?」という疑念を持たれてしまう可能性が生じます。そういったマイナスな印象を与えないためにも、その企業がどのような業務を行っているのか理解しておくのが大切です。また、企業がどういった人材育成を掲げているのか、しっかりと押さえておくことも必要です。

理由2.将来のビジョンが明確か確かめるため

将来のビジョンについて、明確なものを有しているのかどうか確かめることも、10年後の自分について質問する意図の1つです。明確な将来のビジョンを有している就活者は、しっかりと将来を見据えた上で会社を選んでいるという、良い印象を企業に持ってもらえる可能性が高まります。将来の明確なビジョンを持つためには、その企業と業界の現状をきちんと把握しておく必要があります。また、市場がどう動くのかについての想像も欠かせません。

将来のビジョンを聞くことには、さらに次の2つの点を確認したいという意図も含まれています。

  • 企業とマッチしている人材かどうか
  • 成長が期待できる人材かどうか

将来のビジョンを聞くことにより、企業とマッチしていると判断された場合、会社に役立つ人材だという印象を与えることができます。また、明確なビジョンをしっかりと持っている人は、それに向かって成長することが期待できる人材だと目されます。企業とマッチし、成長も期待できる人材だとアピールするためにも、明確なビジョンをしっかりと持つよう心がけましょう。ビジョンを描くことにより、志望理由もさらに明確になっていきます。

理由3.将来像がマッチしているか確認するため

企業が考えている将来像と、その求職者の将来像がマッチしているのか確認することも、10年後について聞く意図に含まれます。企業が共に仕事を行いたいと考える人材とは、企業理念や経営理念に共感できる人。将来像がマッチしないと、企業理念・経営理念に共感できない人材ではないかと思われてしまいます。まず企業理念や経営理念をしっかりと調べ、それに応じた将来像を前もって考えておくのが大事です。とはいえまだ実際に仕事を行っていない状態では、どんな将来像がマッチしているのか、簡単には掴めないかもしれません。だからといって企業理念に合わせるために、実現不可能な将来像を無理やり描くのは避けましょう。

自分の将来像が企業側と近いのに越したことはありませんが、大枠を捉えておけば十分です。企業の将来像をできるだけ把握しておき、企業に入った後にどのようなことをしたいのか、面接等でしっかりと説明できるようにしておくのが肝心です。

理由4.成長意欲があるかどうか確認するため

10年後の自分を聞くもう1つの意図は、成長意欲があるかどうか確認するためです。企業が求める人材とはどんな人材でしょうか?入社時は基本的に全員横並びです。そこから意欲を持ち、どんどん成長していく社員こそ、企業の求める人材だと言えるでしょう。成長する意欲があるかどうかは、将来像を聞くことによりある程度把握できるものです。また、成長意欲があるということは、その企業に「是が非でも入りたい!」という意識の表れでもあり、そういった意欲のある人材を企業は求めています。

これは逆に言えば、10年後の自分をきちんと想像できていない人材は、成長意欲やその企業に入りたいという意欲が低いのだと判断されかねないということ。なぜなら成長するためには、しっかりとした目標が必要だからです。そしてその目標は、個人的なものではなく企業に関係したものにするのが鉄則。入社を希望する企業で自分が成長するという点を念頭に置き、それに合った将来像を設定しておくのはとても重要なことです。

10年後の自分を考えるための方法

10年後の自分を考えるための方法

10年後の自分について聞かれる場合に備えてあらかじめ考え、準備しておくのは大切なことです。事前に考える際に役立つのが、次の3つの方法です。

方法1.企業研究をする

10年後の自分を考えると言っても、10年後なら何でもよいというわけではありません。プライベートなことを回答してしまっては、質問の意図を理解していないと判断されてしまいます。大事なのはその企業と自分の10年後を関連付けること。そこで必要になってくるのが、企業研究です。事前に企業研究をしっかりと行い、どのような事業展開をしており、それに合わせてどのような業務を行っているのか知っておきましょう。企業研究にはいろいろな方法がありますが、おすすめなのは次の3つです。

企業研究の方法1.企業HPをチェックする

企業HPには、その企業の規模や所在地などといった基本的なことから、企業の行っている事業、そして企業が掲げている企業理念まで、企業に関する情報が詳しく紹介されています。そうした情報を知ることで、企業内で働く自分というものがイメージしやすくなりますし、10年後の自分のビジョンもある程度明確になるものです。また、同業他社のHPをチェックして比較し、入社を希望する企業が持つ強みなどを割り出しておくことも役に立つ方法です。

企業研究の方法2.採用サイトをチェックする

採用サイトは、一般的な訪問者を対象とした企業HPとは異なり、就活者のみを対象としたサイトです。職種や部門についてより詳しく紹介されていますし、先輩社員が働いている写真や体験談が載せられていることも。そのため10年後の自分というものを、よりイメージしやすくなっています。具体的な活動内容を知ることができるので、将来像を明確にするのにも役立ちます。

企業研究の方法3.IR情報をチェックする

IR(Investor Relations)情報とは、投資家情報のこと。本来は投資家のためのものですが、就活者にとっても参考になるのがIR情報です。なぜなら経営に関する客観的な情報が得られますし、IR情報には今後の経営戦略なども載せられているからです。経営戦略を知り、自分の将来像とマッチさせておくことは、評価のアップにつながります。

以上の3つの方法で企業についての知識を深めておき、自分の将来を考える際の参考にしましょう。

方法2.短期的なイメージを持つ

短期的な将来像をイメージしておくことも、10年後の自分について考えるのに役立ちます。短期的な将来像をイメージするのには、短期的な目標を作るのがおすすめです。短期的目標があると取り組むべきものが具体的に見えてきますし、それにより10年後に関しての根拠がより明確になります。また、10年後について漠然と考えるよりも、短期的な目標の方を設定する方が取り組みやすいのもメリットの1つ。まずは足元を照らし、自分が可能だと思える目標を立てましょう。

短期的な目標を達成した場合に備え、次の目標を設定しておくのも大事です。なぜならその繰り返しによって、長期的な目標を作るのが可能になるからです。最初から10年後をイメージした漠然とした目標と比較し、より現実味のある目標が設定できるようになります。また、企業によっては10年後の自分ではなく、3年後や5年後について聞いてくることがあります。短期的目標を設定しておけば、そういった場合にも対処可能です。

方法3.長期的なイメージを持つ

10年後の自分を考えるのには短期的目標の設定が有効ですが、それと同じくらい長期的目標を設定しておくのも大事です。というのは、長期的目標というのはある意味、自分にとっての夢でもあるからです。10年後には30代になっているでしょうし、役職を持ち溌剌として仕事をこなす、やる気にあふれた自分の姿を夢見てみましょう。そしてその夢を長期的目標として設定するのです。ただし夢とはいっても、ある程度の根拠が必要です。具体的な根拠が乏しくては、文字通りただの夢で終わってしまいます。そこで役に立ってくるのが、企業研究の結果導き出した短期的目標です。

短期的目標をもとにして、将来的な長期目標(先ほど夢見た役職や仕事)を設定し、それを10年後の自分の姿としてイメージしておきましょう。短期的目標と10年後の夢を結び付けることで、現実的でありながら自分の夢でもあるという、魅力的な将来像が完成します。

10年後の自分について面接で答えるポイント

 

10年後の自分について面接で答えるポイント

10年後の自分の姿が明確になったのなら、次に大切なのが面接での答え方です。次の3つのポイントを意識して回答するとよいでしょう。

ポイント1.明確な目標を伝える

面接等で心がけたいのが、明確な目標を伝えるということです。目標が明確でないと、アピールポイントがぼやけてしまいます。明確な目標は相手に対し、具体的なイメージとなって伝わります。そしてそれが、相手へのしっかりとしたアピールとなるのです。ただし明確な目標だとしても、それだけでは単なる夢物語。大事なのは、それに向けてどういった努力をするかです。明確な目標と、それを可能にする努力の道筋を相手に明示しましょう。

明確な目標と努力を明示するのには、もう1つの効果があります。それは相手に対し、向上心と熱意も同時に伝えられるということ。向上心と熱意のある人材は企業が欲しがる人材でもあり、その点をアピールできるのはとても大きなメリットです。ただしここで注意しておきたいのが、現実的ではない目標を設定してはいけないということです。将来像の要素をもとに、現実的に想像できる範囲内で答えるよう心がけましょう。あまりに非現実的目標は、マイナスな印象を与えてしまいかねません。

ポイント2.職種などを明確にする

自分が10年後に所属している職場や部署を明確にしておき、目標とともに伝えるのが肝心です。というのは、職場や部署といった細かい部分まで伝えることで、自分の設定したキャリアプランをより効果的にアピールできるからです。面接等において大切なのが、相手に自分が働いている姿をイメージさせること。職場や部署を明確にすることで、それが可能になります。リアリティを感じさせるためにも、相手にイメージさせながら伝えるよう心がけましょう。

ここで生きてくるのが、採用サイトなどによる企業研究です。研究する時点で面接等を考慮し、どういった職場や部署があるのかチェックしておくのが大事。目標とともに職場や部署を明確にしておくことで、本気度が相手に伝わります。

ポイント3.ストーリーを作る

10年後の自分を効果的に伝える方法があります。それは、ストーリー仕立てにして伝えるやり方。最終的な長期的目標の達成に向け、どのような過程で実現するまで挑むのか、ストーリーにして伝えます。その際、具体的な準備方法などといった、明確な根拠を盛り込みながら伝えるのが大事です。なぜなら熱意だけでは説得力にかけ、ストーリーが単なるおとぎ話になってしまいかねないからです。相手にありありとした臨場感を与えるためにも、根拠を盛り込みながら伝えるようにしましょう。

もう1つ心がけたいのが、曖昧な表現は避けること。曖昧な表現では、伝えたいポイントがぼやけてしまいます。また、控えめな表現もあまり使わないよう気を付けましょう。控えめな表現は、自信の無さを相手に感じさせてしまいます。曖昧で控えめな表現は避け、具体的で自信に満ちたストーリーを相手に伝えるのが大事です。

10年後の自分をイメージしよう!

10年後の自分をイメージしよう!

面接等に備え、10年後の自分に関するイメージをきちんと持っているのは重要なこと。明確なイメージを持っている人材は、企業に対する高い志望度や、仕事への熱量などにおいても評価をされます。逆に明確なイメージを持たない場合、評価はあまりされません。希望する企業に就職したいのならば、10年後の自分についてしっかりとしたイメージを持ち、相手に伝えられるよう努めましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

© JAIC