就活で好印象を与えられる髪型とは?!男女別のポイントを解説!

就活で好印象を与えられる髪型とは?!男女別のポイントを解説!

就活はその後の社会人人生を左右する一大事ですが、そんな一大事にも関わらず、ほんの限られた機会、時間にしか自分をアピールすることができません。短時間しか話せなくてもばっちり好印象を与えられるように、髪型にも気を配りましょう。就活で選ばれるための髪型のコツを紹介します。

人事は髪型を気にしている!?

人事は髪型を気にしている!?

短時間の面接や限られた期間のインターンシップでしか就活生と接することのない担当者からの印象に残るのは就活生の外見、身だしなみです。中でも髪型は9割の人事担当者が気にしている、と言われています。例えば奇抜な髪色や明るすぎる髪色は印象がよくありません。髪が短いと爽やかと感じますが坊主頭のように極端に短すぎるのも威圧感があると取られますし、髪が長すぎる場合や表情を隠してしまう長さも良く思われません。寝ぐせなどの髪の乱れは清潔感が無い、と受け取られてしまいかねません。

女性の就活における髪型=就活ヘアのポイント

女性の就活における髪型=就活ヘアのポイント

ここでは女性の就活における髪型=就活ヘアのポイントをまとめました。

【女性の就活ヘア】髪の長さにあわせたおすすめヘアスタイル

女性の髪形では、その長さによって第一印象で与えるイメージが変わってきます。例えば、ショートカットは元気で活発な印象を与えることの出来る髪型であると言われています。ハキハキとした話し方をする人であれば、明るいエネルギッシュな人柄がより際立つことでしょう。ショートカットであれば、前髪は顔にかからないように斜めに流す方が無難だと言えます。サイドの髪も、動いた際に顔にかからないようにピンなどでとめるようにしましょう。同じように短い髪型にボブカットがありますが、ボブカットは動いた際に髪が乱れやすいので注意しなければなりません。お辞儀をした際に髪が顔にかからないよう、ヘアピンやワックスなどで乱れないようセットしましょう。

それよりも長い髪型であるミディアムは、長さによって後ろで一つにまとめることが難しい場合もあるものの、まとめたほうが無難です。髪を下ろしたままだとまとまりに欠けて、髪型に無頓着な印象を与えてしまう可能性もあるためです。まとめるのであればハーフアップがお勧めです。それより長いロングヘアの女性であれば、耳くらいの高さかそれより低いくらいの位置で一つにまとめるのが定番のスタイルです。髪をまとめるほうがよりスッキリとしたシルエットになるため、スーツの印象も手伝って聡明そうな印象を与えられるはずです。

【女性の就活へア】前髪が大きく印象を左右する

前髪が顔にかかっていて表情が隠れてしまうと、第一印象で暗い人物というイメージを抱かれてしまいかねません。そのくらい印象を大きく左右する前髪は特に気にするべき部分のひとつで、もし前髪が長いのであれば前髪が顔にかかって表情を隠してしまわないような配慮が必要です。お勧めの前髪アレンジは前髪を斜めに流したスタイルやセンター分け、オールバックなど表情を隠さないように前髪をとめてしまうものです。眉や目などの表情を特に印象付けるパーツが隠れないようにすることで、明るく快活な人物と面接官に受け取って貰いやすくなります。

ただし、いくら表情を隠さないからと言ってあまり就活生として好まれない、と感じられる髪型も存在します。例えば、ぱっつん前髪とも言われる、前髪を一直線に切り揃えたヘアスタイルなどは見る人によっては受け取る印象が変わる髪型だと言えるでしょう。ぱっつん前髪は爽やかで明るい髪型と感じる方もいれば、就活生としてふさわしくない幼い髪型、と受け取られる場合もあります。あまり短すぎる前髪も同様ですので、前髪が短すぎるならある程度までは伸ばした方がベターだと言えるでしょう。社会人として働くことを考えて面接試験を受けるのですから、社会人らしい落ち着いて大人っぽい髪型を意識したほうが良さそうです。

【女性の就活ヘア】NG事項

女性の就職活動ヘアとして不適切、と見なされる身だしなみの条件はいくつかあるため注意しなければなりません。例えば、髪色は明るく派手すぎるものを選ぶと就活生としては不適切だとみなされる可能性があります。そのような派手な明るい髪色は避けて、黒やダークブラウンなどの落ち着いたトーンにするべきでしょう。派手にすることを避けるべきなのはヘアゴムやヘアピンなどの装飾品も同じであり、存在感のあるシュシュのようなヘアゴムやバレッタのようなヘアピンを選ぶことは就活生として適切とは言い難いです。シンプルで落ち着いたデザインで、なおかつ目を引かない黒など落ち着いた色のものを選ぶとしっかりした印象を与えられるはずです。

また、エクステなどの付け毛やおくれ毛も一般的には就職活動に適していない、と判断されます。髪型にアクセントをつけるのでなく、シンプルにスッキリとまとめたほうが印象はずっと良くなるはずです。同様に、過度にパーマを当てるなどの髪型のアクセントも就活生として不適切、と受け取られかねません。もし少しボリュームや動きをつけたいのであればアイロンを使って整える程度にする、あるいはワックスやスプレーを使ってボリュームを軽くつける、などのアレンジに留めるべきでしょう。

男性の就活における髪型=就活ヘアのポイント

男性の就活における髪型=就活ヘアのポイント

ここでは男性の就活における髪型=就活ヘアのポイントをまとめました。

【男性の就活ヘア】おすすめのヘアスタイル

男性の就職活動に適した髪型はいくつかありますが、それぞれの長さやデザインで相手に与える印象は大きく変わってきます。ショートレイヤーは男性の髪型としては非常にオーソドックスなものであり、短く爽やかでスポーティーな髪型であることから新卒など若さや爽やかさ、清潔感をアピールしたい就活生には特に適した髪型だと言えます。プライベートでもセットしやすく、様々な髪質の方に向いている髪型なので困ったらショートレイヤーを選んでいい、という気楽さが魅力の髪型です。

刈り上げベリーショートもまた、就活生には人気の髪型のひとつです。その魅力は短く揃えられた髪が寝ぐせなどで乱れることが少なく、ドライヤーやワックスで整えるだけの簡単なヘアセットでスタイルが決まってくれる手軽さが魅力の髪型として知られています。ショートレイヤーよりもさらにスポーティーな髪型で、実際にスポーツに打ち込んでいる方にも人気です。元気さや活動性、快活な印象をアピールしたいのであれば、刈り上げベリーショートを選んでみてはいかがでしょうか。

明るい表情をアピールしたいのであれば、アップバングも就活生に適した髪型として選べます。アップバングは前髪を少し持ち上げながら流すスタイルであり、額が露わになった表情がハッキリ見える髪型として人気です。短く爽やかな髪型なので男らしい印象を与えられるだけでなく、顔にかかる前髪がなく表情が隠れにくいため好感を持って貰いやすいことも魅力です。ある程度、トップ部分の髪の毛に長さがあるので、セットの仕方では少し動きをつけられることも清潔感を出す上で重視したいポイントです。

【男性の就活ヘア】NG事項

就活生として適した男性の髪型は、出来れば爽やかな印象を与えられる短いスタイルであり、表情を隠さないもののほうが好印象を残しやすいことも紹介してきました。しかし、いくら表情が隠れない短い髪型でも就活生として相応しくない髪型も存在します。それは、オールバックや坊主頭などの威圧感を与える髪型です。こういった髪型は爽やかという印象よりも恐い印象を与えてしまいかねず、就職活動に適しているとは言い難いです。また、フレッシュな印象を与えたいならば古風なサラリーマン然とした七三分けには避けるべきでしょう。七三分けそのものが賛否両論ある古風な髪型であり、新人としての魅力をアピールするには不適切です。

他に就活生として不適、とされているのは髪型の印象が強すぎるものです。例えばマッシュヘアや目立ちすぎるパーマ、流行のツーブロックなどもナチュラルな仕上がりのもので無ければ避けるべきでしょう。ロングヘアは髪型の印象が強いだけでなく、不潔とも見られてしまいかねないことに注意しなければなりません。ワックスをつけ過ぎてベタベタになってしまった場合はどのような髪型であれ、清潔感とは程遠くなってしまいます。ワックスなどのスタイリング剤を適切に使っていたとしても、毛先を遊ばせすぎていたのであれば軽薄な印象を抱かれてしまうため、セットに気合を入れるのも程々にするべきです。

【男性の就活ヘア】こんなときどうする?

これまで理想的な就職活動向けの髪型を紹介してきましたが、髪質などが原因で思うようなスタイルが作れない場合も考えられます。そんな思い通りにならない髪型はどうすればいいのでしょうか。例えば天然パーマと言われる酷い癖毛の場合は、後から当てたパーマのように白い目で見られることは少ないとされています。ただし、清潔感やしっかりとした印象を出したいなら、天然パーマの癖を活かした短めのスタイルを確立しましょう。ただし、丸坊主のように極端に短くするのはダメではないものの、威圧感があると受け取られかねないのでベリーショートくらいの長さにするのがベターです。

地毛の色が明るく茶色っぽいという悩みをお持ちの方でも、ナチュラルな茶色であれば特に気にする必要はありません。しかし、短時間の面接では地毛か染めているものか判断できないことがあり、染めていると判断されかねない明るい髪色なのであれば黒染めしたほうが面接官の心証を損ねずに済むかもしれません。その他の悩みとして、前髪を切りたくないけれど面接官の心証を損ねたくない、という就活生の悩みも前髪を左右に流すことで解決することが出来ます。前髪が長いことではなく前髪が顔を隠していることが問題なのであり、動いたときに顔に髪がかからないように注意すれば前髪を切らなくても済みます。

就活では髪型が大事。自分に合った就活ヘアで将来を切り開こう!

就活では髪型が大事。自分に合った就活ヘアで将来を切り開こう!

就職活動の面接試験は、短い時間で就活生の人となりを探る試験であり、話す内容だけでなく身だしなみまで総合的に見られている試験です。髪型や服装を社会人として通用するように整え、社会人として働く準備が出来ていると面接官に思ってもらえることが重要です。良い印象を面接官に与えられて、しかも自分の魅力を最大限に引き出せるような髪型を見つけましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC